人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

タグ:日本画 ( 7 ) タグの人気記事

イマドキの朝にて

b0057675_09223248.jpg

梅雨に入ったのはいいものの、、。
豪雨で被害が出ない程度に雨が降ってくれたら〜〜と思う今日この頃です。

b0057675_09233604.jpg

伊佐蔵とキンタロウとでご挨拶の図。

キンちゃんは、犬種の特性もあって吠え声がかなり凄いんですよ〜。
身体はちっちゃいのにね(≧▽≦)
時々、、他所のイヌと遭遇した際に吠えている様子に、、遠くからでも気づく事があります。

んが。
先日も「ホンッと、お宅の犬だけは絶対に吠えないんですよ」とお母さん。

b0057675_09450509.jpg

橋を渡っていて我々を見つけたキンちゃん(≧▽≦)

いつものように。
「相手の犬が落ち着いて穏やかだったら、キンちゃんも吠えないんだと思いますよ〜」とお話しましたよ〜。

どうしても、散歩コースで遭遇した際に犬が吠えてしまうと、吠えた犬側が「悪い」感じになりがちですが。
吠えられる側にも、吠えられるだけの要因が多々ある、、というワケですな。

だもんで、、吠えてしまう自分ちの子だけを、"悪い子扱い"しないで欲しいな〜と思うんですよね。

b0057675_09492440.jpg

夏の早朝の散歩では、、夜の湿気が露となって、それが朝日を浴びて輝いてから消えて行くまでの様を見る事が出来ます。

朝日で角度がついているおかげで、プリズムのように露が光るんですよね。
その七色に輝く様子を、つい佇んで眺めてしまうワタクシですよ。
、、いっちゃんを横に待たせて(≧▽≦;;;)

b0057675_09551881.jpg

ブルームーンストーンのような、露のひとつぶ。
露が流れ落ちた跡の模様。

b0057675_09552022.jpg

ああ、美しい。。

チビズと毎日散歩していなければ、、多分、、ずっと気にもしてなかった景色ですよ。
この刹那で美しい時間を堪能出来るのは、チビズと暮らしているからこそ。

有り難うね〜珊ちゃん、いっちゃん。


b0057675_10081495.jpg

話は変わって。
本職ネタ(≧▽≦)

先日、一枚の絵を里に出しました(≧▽≦)

b0057675_10084620.jpg

デトックスのネタに登場してもらっていた内の1枚です。

有り難い事に、ブログにUPした当日夜に「お迎えしたい」とお話がありまして。。
慌ててブログの記事を修正した、という。。

通常は、直接見て所望してくれたヒトにしかお渡ししてないんですが、今回は珍しく、ちょっぴり遠くまで旅をしてもらいましたよ〜。
この子に似合う額縁も着てもらいたかったので、額縁付きで(^^)

b0057675_10124803.jpg

日本画は他の絵画に比べて剥離しやすいですので、、。
これでもかと緩衝材を使いまくって、梱包して、保険もかけて、アート専用の送付ですがな。。

無事に到着するまでヒヤヒヤしながら過ごします。わはははは!
何日か寿命が縮んでるかもしれん(≧▽≦;;;;;)
(だもんで、送付前に写真を撮っておきまする)

そういえば、少々前に"いつか個展をする"ネタでオシャベリしていた時に。
「だいたい在庫は何枚あるんですか」と尋ねられ。
「さ、、3枚かな」と答えたら。
「えっ、、(汗)!?」って言われたんですよね〜わはははは!

在庫が残ってないのは、実は、こんな感じでほとんど手元に残らないからなんですよ(≧▽≦)/
けけけ決してさぼっているワケでは無く!!!!←力説


ただ、、。
犬関係にしても絵にしても。
こうやって良い縁を頂ける事、本当に有り難い事だと思うんですよねえ〜。

、、ワタクシはシアワセもんですわ(≧▽≦)

b0057675_10310539.jpg


復活シバツレ漫画ですよ〜。
平蔵の賢さが分かる!?(≧▽≦)/



人気ブログランキング

b0057675_10265846.png

by koryu_misumi | 2019-06-30 10:28 | Comments(0)

日差しが強くなりました

b0057675_10522285.jpg

日差しが強いので、木陰でオヤツタイムを儲けるようにしております。
オヤツといっても、我が家ではたいていお芋を蒸かして小さくカットしただけのもの。

ふたりとも、ママン様からもらうの待ち遠しそうな様子が可愛いのぅ(≧▽≦)

b0057675_10574690.jpg

ワタクシの大好きなネジリバナが、散歩コースに出没するようになりました。
極少の花が螺旋を描きながら茎を上に登って行ってます。

b0057675_10580796.jpg

小さな小さな、、本当に小さな蘭ですよ〜。
ああ可愛いのぅ。。。
見つけたら、そうっと愛でてやってくれると有り難いです。

話は変わって。
ワタクシの本職である、日本画ネタ。

b0057675_11383216.jpg

先日、和紙に「ドーサ」を引きました。
和紙に、にじみ止めの処置をするんですが、それを「ドーサを引く」と言います。

和紙は吸水性が高いため、膠で溶いた絵具を乗せても、膠液だけが浸透して絵具が定着しにくいんですね〜。
ですので、絵具をキッチリ定着させる意味もあります。

既にドーサを引いてしまった紙も売っていますが、、、ワタクシはこの作業をするのがけっこう好きでして(≧▽≦)
なんというか、市販の墨汁を買わずに墨を摺るのと同じような感覚なんですよ。

時間をかけて墨を摺っている最中、、ジワジワと氣が研ぎすまされて行く感じがするでっしゃろ〜?
自分の世界がジワジワと構築されて行って、周りが消えて行くような感じ。
墨を摺り終わった頃には、静かなココロの状態になってたり、、、しませんかね。

写真は、三六・さぶろく(3尺×6尺・約90㎝×約180㎝)サイズの和紙で、強度の高い値段も高い「雲肌麻紙(くもはだまし)」2枚です。

本当は、下に引くのは毛氈(もうせん・茶道とかで敷いてる赤いヤツご存知でっしゃろ)が良いんですけど〜〜ボロ毛布で充分(≧▽≦)

b0057675_11213008.jpg

2枚分のドーサ液を作る為に用意したもの。

1リットルの水、約20gの膠(にかわ)、約5gの明礬(みょうばん)

膠も明礬も"だいたいその位"で大丈夫(≧▽≦)←テキト〜なワタクシ向き
が、あまりにも明礬が多すぎると、紙が酸性化しやすくなって保ちが悪くなるし、膠が多すぎると描きにくくなる、、という。
ちなみに雲肌麻紙よりずっと薄い美濃紙や絹に描く時はこれの2倍くらい薄めて使うんですよ〜。

b0057675_11360864.jpg

膠を一晩水に漬けてふやかすと、こんなん戻ります〜。

b0057675_11363429.jpg

湯煎で溶かす。
膠はドーサに限らず、全ての利用で沸騰させずに70度くらいで溶かすんですな。

b0057675_11365803.jpg

明礬はゴ〜リゴ〜リと乳鉢ですりつぶし。

明礬って、、煮物とか漬け物とかで使う、アレですよ(≧▽≦)

b0057675_11374590.jpg

膠液に、すりつぶした明礬を少しずつ入れて、更に溶かす。
すっかり溶けたら、冷めるまで置いておきます。
温かいウチに引いてしまうと、紙がテカってヨロシクないんですな。

b0057675_11471952.jpg

なにしろ「にじみ止め」の作業ですので、、普段描く時に使う筆類は一切使えません。
ドーサ用の刷毛を用意です。

これは、学生時代から使っている年代物の刷毛ですよ(≧▽≦)
他の刷毛と見分けがつくように、テケトーにマジックで書いてます。

b0057675_11505230.jpg

出来上がったドーサ液を、和紙の表面にこうやってズズズイと吸い込ませて行きます。
が、、、相当吸い込むんですよコレがまた。
だもんで、時間もかかります。

b0057675_11513085.jpg

端まで言ったら、折り返し〜。

b0057675_11023064.jpg

表面終了〜〜。
写真の和紙が濡れている感じ、見えますか〜?

一面終わった頃には、腰も痛いしすっかりヘトヘト〜(≧▽≦)ハハハ。

b0057675_11543658.jpg

後は、ワタクシのベッドを昼寝の場所にしている伊佐蔵が上を歩かないように、、(≧▽≦)

表面が乾いたら、裏面もするんですよ〜。
でも、表面程にはもう吸い込みませんので、裏面はあっという間に終わります。

やっぱりそれなりにお天気のよい時にするのがいいです。
なにしろドーサ液はかなり腐りやすいんですよ〜。
勿体ないですが、残った分は捨てるんですね。

地味〜〜ですが、こういう基礎的な処置があるからこそ、絵を描けるようになるんですわ。
考え方が古いかもしれませんが、、ないがしろにはしたくないワタクシです(≧▽≦)

b0057675_12091356.jpg

マガモのオス&メスと遭遇しましたよ〜。

でも、オスをよく見ると、羽の色が見慣れた綺麗な色合いじゃ無いですよね。
なんかちょっとメスっぽい感じにも見えます。

b0057675_12102427.jpg

繁殖が終わった頃に、鴨達は換毛するんですが、、その頃、一時期的にこういう状態になる子がいます〜。
「エクリプス状態」とか「エクリプス羽」なんて言うんですよ。

エクリプスって、日食とか月食の事ですよね。
面白い表現ですね〜(≧▽≦)


復活!!2004年3月4日のシバツレ漫画追加です〜。



人気ブログランキング

b0057675_12191258.jpg

by koryu_misumi | 2019-06-24 12:20 | Comments(8)

描くワタクシ

b0057675_08595986.jpg

暑くなったら、テキメンに歩く速度が遅くなった、、、と3週間くらい前に書いたお嬢さん。

ですが。
何やら彼女もデトックスが済んだのか?
先日書いたのがウソのように、ここ10日前あたりから、天候や気温や湿度に関係なく、やたら張り切ってガンガン歩いてくれてます。

もうこの年になると、お嬢さんが歩きたがった時には、とことん付き合ってやりたいので。。
ヒーハー言いながら一緒に歩く我が家ですよ(≧▽≦;)

b0057675_09095523.jpg

2003年6月のホームページのトップに載せたラクガキです。
平蔵だけと散歩していた頃、散歩コースにある、警察の射撃訓練場の横の広場の階段にて、、。


このところ、無性に絵を描きたい衝動に駆られているワタクシです。
本来、寝食忘れるくらい没頭するニンゲンなんですが、ワタクシにとっては、チビズとの日々の暮らしの方が重要性が高い。
だもんで、今は、本来の姿を封じて(≧▽≦;;)、余裕を見ながらボチボチ描いている感じです。。
、、描いてないわけではナイ。

ちなみに。
ワタクシの中では「チビズ=大切・大事・愛」てな具合なんですが、「絵を描く事=」は、そういったのとはちょっと属する所が違います。

絵を描く事=、、。
描いている時は、もの凄く気持ちがいいんですが、同時に、もの凄く苦しいんですよね~。
大好きであり大嫌い。だし。
光であり闇。
白であり黒。
清で濁。
、、。

良く判んないけど、、。
自分の中の宇宙みたいな感じ?
決してヤクでラリッてるワケではアリマセン(≧▽≦)

これ、、"どこか"でチビズとは繋がってるんですよね。

b0057675_09312105.jpg

少々前に納品した絵ですよ~。
F6号というサイズで、額縁入れると上下で60センチくらいにはなりますかね。。
相変わらず、写真を撮っても実物通りには写りませんが、、(^^;)
、、、初めて"現物"が無いモノを描いたように思いますワ~。

ワタクシの場合は、たいてい先にイメージがやってくるんですよ。
それで「あ、これは描かなきゃ」と感じてから描く、、。

、、ので、何か描こうと思ってからイメージを思い浮かべるわけでは無いんですわ。


普段の暮らしの中で、脈絡なくポッと浮かんできたり。
誰かとしゃべっていたらフッと浮かんできたり。
そしたら、後になってそういう絵を頼まれたりする、という。

毎日、朝から晩まで、星の数程に生まれては消えて行くイメージ達がありまして。
その中に、いつまでも残り続けるモノが幾つかあるんですよ。
で、それがあんまりしつこいと「あ~これを描けって事なんだな」という(≧▽≦;;)

もしくは、浮かんだイメージがあまりにも強くて、脳裏から消えないヤツもあります。
これも「描けって事なんだろうな」と。

b0057675_09391985.jpg

この一角獣も、、最初は馬かと思ったんですよ~。
初めてイメージが浮かんだ時、馬の顔というか鼻がグッとこちらに「フガフガ」と何やら訴えるように飛び出してきたんですわ、、。

思わず頭の中で「うわっ、ちょっと近い近い!もうちょっと下がって」とグイッと押しやるんですが、なかなか言う事を聞いてくれない(≧▽≦;;;)
それを何度かやり取りをした後に、、「あれっ?」と気づいた。

角があるじゃん。

鼻面がイメージいっぱいいっぱいになっていたので、すぐ気づかなかったんですよね~。

え~馬じゃないの?
ちょっと待って、ワタクシ、そういうの描いた事ないんだけど。。
、、と思う間も、嬉しそうにグイグイ突き出して来る鼻(≧▽≦)

浮かんだイメージが強くて消せないヤツです。はい。

んで、描く事にしたんですが。
これまた、はしゃいで暴れ馬みたいに立ち上がってこっちにグイグイアプローチしてくる、、、。

のを。
いやちょっと、落ち着いて!横向いてもらわないと角があるの判りにくいから!!
と、押し問答。。。
顔がこっちを向いていると、パッと見た時に、角が判りにくいんですよね。
せっかくなんだから、その角を描いた方が、、。

いつも、ひとつのイメージが浮かんだ時には、3枚程そのテーマで描くようにしてるんですが、、。
なかなか落ち着いてくれなくて、1枚は途中でバラして描き直す羽目に。。

落ち着いてくれたのは、しばらく描いてからですね~。

b0057675_09422195.jpg

こちらは同じテーマで描いた、F3号というサイズ。
額縁を入れると、、上下で50センチくらいかな?
、、、やっぱり写真と実物は違う。。

まあ、ちょっと変に思われるかもしれませんが!
こんな風に、絵とは、あれこれ心の中で話しかけながら描いています。
いや、普段はもうちょっと静かなやり取りなんですが、今回はちょっと元気が良かった、、。


う~ん、、。
話しかける。という程「言葉」にはなっていなくて、言葉になる前の言葉です(≧▽≦;;;)


以前、「降りてきている状態」について書いた事があります。


そういう、、なんというか、アチラの世界の中で対話をしているような感じ。。
自分でもウマく言い表せないんですが。。
なんとなく「こんな感じかな」ってのが伝わればいいな~(≧▽≦;;;;)アハハハ。。


こんな具合だもんで、描こうと思っても同じモノは二度と描けません。。
絵に「入る」モノが違うんですわ。

同じテーマで描いても、やっぱりそれぞれ違うんですね。
例えば、同じ家族でも兄弟姉妹くらいに違う(≧▽≦)


自分で言うのもなんですが、、、唯一無二の存在なんだと思います。

b0057675_09535767.jpg

そういえば。
描くようになってからちょっと調べてみたら。
一角獣の角には、解毒とか浄化のチカラがあるんだそうですね~。

、、、知りませんでしたよ、アハハハ。。。。←そんな事も知らずに描いていたという(汗)

少々前に「デトックス」ネタをちょこちょこ記事に書いてましたが、まさにこれを描いている最中だったんですよ〜。
もしや?
まさか?
はてさて〜(≧▽≦)フフフフ。


ちなみに。
デトックス後(かも!?)の珊瑚の、昨日の朝の散歩が、凄く元気だったので思わずスマホのショットスクリーン撮ってしまいました。
b0057675_10185440.jpg


8月で16歳になる老犬珊瑚の、朝だけの散歩データですよ〜。
3.5キロとな。
思わずビックリです。

b0057675_10215703.jpg

我が家のお宝放出グラビアアイドル(≧▽≦)

復活シバツレ漫画追加しました〜。
2003年11月3日の第二弾です。



人気ブログランキング

b0057675_21062414.jpg

by koryu_misumi | 2019-06-03 10:29 | Comments(4)

お腹ブラッシング珊ちゃん

b0057675_20512423.jpg

伊佐蔵との朝散歩から帰って来たら、珊瑚がママン様にブラッシングしてもらってました。
お腹を(^^)

b0057675_20512702.jpg

この胸の辺りは自分でもカキカキしにくい場所なので、、。
かいてもらうと、たいていの子が気持ちよく感じる場所なんですよね。

気持ちいいねえ〜珊ちゃん。

このまま、ウトウトする事もあるんですよ(^^)

b0057675_20513110.jpg

これでも換毛が進んでいて、かなり毛量が減っているのです(≧▽≦;;)
写真見ても、全く減っているようには見えませんが!わははは!

普段ならレインコートがパッツンパッツンなんですけど、今はちょっと着せやすいんです。
だから、確実にいつもよりは毛が少ないのは確か。

、、ええ、、。
今の我が家では、毎日のように、、、。
掃除して〜から〜のデジャブ「あれ?掃除したはずなのに」現象が起きてます。わははは!


コチラは、こないだ2頭引きした時の。

b0057675_20570445.jpg

珊瑚〜オヤツですよ〜。
ワタクシの指の怪我はスルーのコト(≧▽≦;;)

b0057675_20570738.jpg

b0057675_20571541.jpg

b0057675_20571815.jpg

b0057675_20572266.jpg

はぅ。

ああ可愛い。
何万回見てても可愛さに飽きない〜〜〜(≧▽≦)

b0057675_21014594.jpg

先日、フクオカでは春一番が吹きましたよ〜。

今季の冬は、、とうとう中途半端なままでしたわ。
なにしろシモヤケ出来ませんでしたもんね。。

ほぼ毎年出来てるワタクシなんですケド(≧▽≦;;;)
嬉しい事のはずなのに、、悲しいような、、なんかちょっと寂しいのは何故〜〜〜!!

b0057675_21135551.jpg

黄色い菜の花の次は、、黄色いセキレイ、、キセキレイ。

b0057675_21135977.jpg

カメラ目線有り難う(≧▽≦)


b0057675_21032898.jpg

こちらは、洗い立ての商売道具、絵皿と乳鉢と硯(≧▽≦)

日本画では、白い磁器の絵皿を使います。
数十枚持ってますが、、美大生時代から使ってきた絵皿は、もう約30年ものお付き合いですわ。

絵皿に岩絵の具を入れると、その鮮やかな色合いが判ります。
一つのお皿に一色しか入れません。
岩絵の具を混ぜて使う事は滅多に無いんですねえ〜。

b0057675_21125424.jpg

小さな最新作(SM号)。
どう撮っても、見たままの色合いに写らないんですよ…。

岩絵の具を紙に乗せる(塗る)、という事は、、石等を砕いて出来た小さな結晶や粒を紙の上に乗せて行く事なんですよね。
その結晶と結晶の隙間から、前に乗せた絵具の結晶の色が見える、、、事で、色合いに重なりや深みが出て来るんですわ。

その結晶や粒が光を乱反射するため、日本画って発色が美しいんですよ〜。
多分、そのおかげ(せい?)で、なかなか見たまんまに写真が撮れないんだと思います。

b0057675_21215377.jpg

カメラについてるありとあらゆる機能を駆使しても、やっぱり「見たまま」に撮れません。

だもんで、基本的に、絵をお譲りするのは直に絵を見てくれた人にしとります。。
でないと「写真で見たのと違う」って言われてしまいますからね〜。

ワタクシはそういう目に遭った事はありませんが〜〜。
世の中には、それを利用して安く買いたたく人もいらっしゃるようですので。。。
まあ、それでも"文句言わんから欲しい"って言う奇特な人がいらしたら声かけて下さいな(≧▽≦)ハハハ。



人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!
b0057675_21303870.png
「aromaticdragon」のラインスタンプ

「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」「秋田犬ざんまい」「にゃんこざんまい」

by koryu_misumi | 2019-02-20 21:31 | Comments(4)

いっちゃんの好きな空間

b0057675_20484952.jpg

前回は珊瑚の寝姿だったので(≧▽≦)
今回は伊佐蔵。

警戒心の強い子なんですが、ワタクシの部屋で寝る時は安心しきってます。

b0057675_20485430.jpg

実はこれ、ワタクシのベッドの上なんですわ。

布の柄がアレコレあるのは、、。
いっちゃんてば、屋上から戻って来てそのままベッドの上に飛び乗って来たりするので、汚れ防止に犬用の毛布でカバーしてるからです(^^;)

b0057675_20485705.jpg

ワタクシが絵を描いている時は、何故か必ずと言って良い程、ワタクシの部屋にやってきます。

そんで、必ずいつもグースカ寝てしまうんですよ(^^)
冬はベッドで。
夏は描いているワタクシのそばの床で。

絵を描くワタクシのそばに居るのは、なんだか居心地がいいらしいです。
彼には全く構わないんですけどね。
逆に、絵を描いてない時は"遊んで"とか"構って"とかアレコレ言って来るのに。。
ワタクシの様子が、描いている時とそうでない時で、何か違うのが判るのかもしれませんね。

よく、お経を唱え始めると、、犬や猫がそばにやって来て眠る…というハナシを聞きますが。
そういう感じなんじゃろか(≧▽≦;;)

b0057675_20490423.jpg

これは日本画には欠かせない、白い色に使う「胡粉(ごふん)」と言うモノです。

原材料は貝殻を長い間干したモノ。。昔々は貝殻を焼いていたらしいですよ(^^)
それを粉砕して細かくしたのを売ってます。

それを、更に乳鉢でゴ〜リゴ〜〜リとすりつぶして、粒子をこれでもかと細かくします。

ところで、、、乳鉢って凄い発明品ですよね(≧▽≦)
今でも様々な研究分野で、しかも最先端でも利用されてる程の道具ですもんね〜。
もうこれが最終形態?なのかな。

b0057675_20490811.jpg

すりつぶし終えたら、それに膠を混ぜて練り練りして「胡粉だんご」を作ります。
それを高い場所からお皿に何度も叩き付けて("百叩き"という(≧▽≦))、、膠がだんごの隅々まで均等に行き渡ったら、こうやってお皿にくっつけるんですよ〜。

そのまま置いて乾かして完成。

他の岩絵の具と違って、胡粉だけは特別な用意をするんですわ。
墨をするみたいに、固まった胡粉に水をかけて指でゴシゴシすって"白い"液体を作るんですな。
墨の逆バージョンみたいな感じかな、、?

日本画を描くのに言えてる事は、、気が長くない人は向いてないかな〜と思うトコ(≧▽≦)
前準備だけで色々ありますからね〜。。

そういえば、もうけっこう前ですが…いつだったか「職業別"長生き"の順位」の一位が日本画家だった。というのを見た事がありましたっけ(≧▽≦)わははは!

b0057675_21214989.jpg

ノスリさん。
、、、もやっぱりカラス達に追われてましたよ〜。
「も」って言うのは、ここらのミサゴとかトンビとかチョウゲンボウとかとかとか、、みなカラスに追われてる、という

この辺りのカラスは強気なのが多いのかな(^^;;)
それとも全国的にそういうモノなのかな〜。

b0057675_21225799.jpg

お手入れ中カワラヒワ。
、、の、黄色が鮮やかですね〜(≧▽≦)

b0057675_21232461.jpg

集団で朝から聞かされる鳴き声が可愛い。

b0057675_21241786.jpg

他所の地域は凄いお天気になっているというのに。
、、ここらは寒いんだか暖かいんだか、良く判らない感じの福岡西部です。

冬らしい冬は感じられないのかな〜。


人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!
b0057675_21345963.jpg
「aromaticdragon」のラインスタンプ

「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」「秋田犬ざんまい」「にゃんこざんまい」

by koryu_misumi | 2019-02-13 21:36 | Comments(8)

ワタクシ経由コトダマ

b0057675_14312342.jpg

旧暦にて新しい年を迎えましたね〜。
改めましてあけましておめでとうございます(^^)

過去にも書いて来ましたが、、。
やっぱりワタクシには、この旧暦のバイオリズムが合っているようで(^^;)
周囲の世間の動きとはち〜とズレているかもしれませんが、ヨシとしときます。


前々回(「いっちゃん14歳なんですょ」)
にチョイと振っていたように、今年はもうちょっと…チビズネタ以外にも絵の事等々…を、ここに書いて行こうかな〜と思っています。
今日はチビズのハナシはナシ(≧▽≦)
トップの写真の絵は玄関先に飾ってるヤツ(^^)

まあ相変わらずバタバタ中でマメに更新出来るかどうかアヤシいんですけど(≧▽≦;;;)
犬のハナシも途中で止まってるしね〜わはははは!
でも、一応、"今年の抱負"という事で"宣言"です。


一見、犬とは関係無いハナシに思えるかもしれませんね。
でも、実はここに書いてきた事は全て、根っこの部分でつながってる事なんですよ〜(^^)
それは、これから書く絵の事でも同様で、以前と変わりありません。
そこんとこが読んでくれる人にもウマく伝わってくれるといいな〜、、、と自分の文章に期待したいな。

ちなみに、前々回に載せたアヤシいプルルン写真(≧▽≦;)
b0057675_14352151.jpg

これは、日本画を描く時に使う「膠(にかわ)」というモノです。
まあ早いハナシが、ゼラチンです。

溶かしたゼラチンに岩絵の具を混ぜて紙や絹に乗せ、乾くと定着する、という理屈。

写真は「鹿膠」、鹿のゼラチンを干して乾かしたもの。
を、水に漬けてふやかすと、何倍にも膨らみます。
それに更に水を足して湯煎して溶かして、絵の具を溶く液体にするんですな。
透明度が高いので、絵が濁りにくい所が気に入ってますよ(^^)

b0057675_10095209.jpg

絵を描いている時のワタクシは、何度かここに書いて来た表現で言えば、たいてい「降りて来ている」状態でして、、。
世間からというか現実から、乖離するというか、、五感が消えます。

お腹も減らないし、痛みも感じなくなるし、悩みや不安やイヤな事や嬉しい楽しい等の感情的な事が消え失せるし、周囲が視界に入らなくなるし、音もほぼ遮断してしまうので、、何度も呼びかけられても全然気づかないですし、、、。
まず時間という概念が吹っ飛びます。


、、意識はちゃんとあるんですが(≧▽≦;;;)
なんというか、静謐な世界の中に浮かんでいます。
まあこういう事も既に書いて来ましたっけね。


どういう状態か、書けばキリが無いですが、、まるで死人のようでしょ(≧▽≦;;)ワハハハ!
見方を変えれば、生きながらアッチの世界に行ってる、、みたいなモンですよね〜。

ただ、、この状態を「人」と呼ぶには、ちょっと、、いやかなり何かが欠けていますわな。

b0057675_14483366.jpg

こうやって描き上げた絵は、自分で言うのもなんですが、"イケてる絵"になります。
というか、、成ってくれます。

"成って"くれたその子達は、喜んで絵の持ち主となる人の元へ送り出せるワタクシなんですが、、。
やっぱり時には、そうでない絵も出来上がってしまうワケですよ。。
まあ、描いてても"降りて"来ない事もあるワケで。

そうすると、、送り出せない、、違う表現をすると「売る事が出来ない」んですよね(^^;;;;)
たいていはパネルから剥がしてバラしてしまいます。

周りは「それでも欲しがる人には売ってやればいいのに〜」って言ってくれるんですが。。
どうにもそれが、苦痛と言うか、なかなか出来ない。
でも生活かかってますので、、ええ、、そりゃあ時にはね、、ゴホッゴホ。。
まあ、そこらがワタクシがリッチになれない原因なんでしょうけども(≧▽≦;;;)ヒャヒャヒャ。

ワタクシにとって、魂にウソをつくのって、、凄くしんどい事なんですよ。

b0057675_09563185.jpg

で、この降りて来た状態。。
実は、シバツレで文章を書く時や、メール相談でメールを書く時、、直接の相談でオシャベリをする時、禅タロットでリーディングをする時、等々、、、何割かその状態になってる事が多いんですわ(≧▽≦;;)

絵を描く時ほどの"自分"だと、とても会話なんて出来ませんので、、何割か。です。
以前、ドライブの時の事を書きましたが似たような感じでして。
(↓の後半部分)

何割かニンゲンらしさを残しつつ(≧▽≦;;;)
とりあえず、人として体裁を保てるレベルで、、、書いたりしゃべったりしております。

そんで、、降りてない時に自分の文章やメールを読むと、、、元々の予定とは全く違った内容だったりする事が多々あります(≧▽≦;;;)
「おいおい、こんなん良く書いたな自分〜!」ってツッコミをする事もしばしば。。


意識していた事と違う結果になったりするんですな。
絵なんてモロですよ。ワハハハ!
それは、過去にその重要性を書いてきた「無意識」、、と直結してるような状態なのかな〜?と、考える事もありますが。。
まあ、そのままだとこのニンゲン社会では生きて行けませんからね!!(≧▽≦;;)


そうして書いた文字と文字の間、文章のフレーズの中、オシャベリの合間に、、。
目には見えない「何か」がある事に気づいてくれると有り難いです。
自分で「念力込めて書いてます」なんて言う事もありますけどね〜(≧▽≦;;)

b0057675_14565302.jpg

この、文字や絵の中に入り込む「何か」。
個人的な感覚なんですが、、それが"言霊"というモノなのかな、と思うんですよね。
文字そのもの、文章そのもの、絵そのものではなく、、誰かが"それ"に面した時に、その中から受け取る事の出来る、目に見えないモノ。


ちょっとスピリチュアルなハナシになりますが。
知人の某スピリチュアル人が、、ワタクシの過去の絵を何点も憶えてくれていて「あの絵は"上"に通じてるよね」「あの絵は通じてないよね」って、、話してくれた事がありましてね〜。

まさにそれは、、「イケてる絵」と「売る事が出来ない絵」だったんですよね(^^;)
ほとんど誰にも指摘された事のない"違い"なんですが、、、ゴホッゴホ。。。
いや尋ねられても絶対に教えませんので!!!悪しからず(≧▽≦;;)

でも、そういう経験をすると、、無意識の先はスピリチュアルと繋がってるのかも〜、、とか思っちゃいますね。

え〜、、スピリチュアルなハナシはその程度にしておく事にして(≧▽≦;)


これらの文章や絵や言葉の中に入り込むモノ(ワタクシ的には"言霊")は、特別なモノではありません。
誰もが世界から感じ受け取る事が出来るものだと思うんですよね。
それを、、ワタクシというフィルターを通して「そこ」に表しているだけの事でして。

b0057675_15053448.jpg

説明するのはちょっと難しいのですが。。
太陽の光を浴びる時、風に吹かれる時、大地を踏みしめる時、雨や雪を頬に感じる時、、草木のささやき、星々の歌声、月の癒し、鳥達の羽ばたき、虫達の舞い、、、、足元を一緒に歩く犬達、、この世界から受け取る事の出来るありとあらゆる、目に見えない音律というか振動というか、、ひと言には表現出来ない「何か」の素晴らしさ。

それらを、絵や言葉の中に表そうとしている…のがワタクシのやってる事だと思うんですよ。


ええ、ニンゲンの使う「言葉」とは違いますよね。
でも、、、そう。犬や猫と「会話」をしている人なら良くお判りでしょう(≧▽≦)
ニンゲンの言葉とは違う、でも確かにそこに彼らの「言葉」がありますよね。

我々は、常にそれらの中に浮かんでいて、常に受け取り続けている事、、。
その気になれば、幾らでも受け取る事が出来る、という事。

例えば。
都会のど真ん中で、目を閉じてビル風の向こうに微かに聞こえるスズメの声を受け取った時。
身体はビルの足元にあったとしても、その意識はビルの向こうのスズメのそばに在る、、。
意識が飛び越えたビル風すらも、語ってくれている事も。

その、見えない世界に投じた時に自分の意識が無限に拡大する様を、感じ取って欲しいと思うのです。

b0057675_15105207.jpg

この世界は素晴らしいのだと。
「そこ」に生きる事も死ぬ事も素晴らしいのだと。。
ただ、それだけの事なんですけども(≧▽≦)

今の世は、、ひょっとしたらスマホの世界だけに生きている人もいらっしゃるかと思います。
でも、その人の上にも"常に"降り注いでる事に気づいてもらえたら。


絵も文章もオシャベリも、、ワタクシはただのフィルターでしかないんですよ。
"誰か"の為に世界から降り注ぐモノを、、判りやすく(で、出来る限り汗)変換したら、その中に言霊が鏤められていた、、、そんな感じかな〜。

空海さんがこんな事言ってますよね。
「五大にみな響きあり、十界に言語を具す、六塵ことごとく文字なり」

ワタクシが言いたい事と、、似たような感じ、、だといいんだけど(≧▽≦lll)
いや、勿論、、全く足元にも及びませんが。。


でも。
ワタクシが最もワタクシらしく居られるのは、フィルターで居る時なんですよね。

b0057675_14464839.jpg


人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!
b0057675_15233703.png
「aromaticdragon」のラインスタンプ

「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」「秋田犬ざんまい」「にゃんこざんまい」

by koryu_misumi | 2019-02-06 15:23 | Comments(6)

ゆらゆら珊瑚

b0057675_14540962.jpg

先日の寒波襲来の折。
ママン様に抱っこしてもらって、気持ち良くお昼寝ちぅのお嬢さんを動画に撮りましたよ〜。

ママン様の手の動きに合わせて、頭がユラユラしている様子が可愛いったらありません。

、、、ただでさえ足りない脳味噌が揺さぶられて大丈夫か。
という心配も若干ありますが(≧▽≦)わはははは!





動画撮りながら笑っていたら、、。
ちょっと目を覚ましましたよ〜。

でも、すぐまたママン様の腕に顔を埋めておりました(≧▽≦)
b0057675_14563634.jpg



こんな様子を見させてもらえるだけで、ホントに癒されますわ〜。
わざわざ「癒して〜!」なんて言う必要なんか、これっぽっちもナシ(≧▽≦)

、、要求する必要もなく、彼らの存在そのものに癒しを感じる事が出来るって、有り難い事だと思います。

b0057675_15020231.jpg

フェンスの上に留まったチョウゲンボウのそばに、後からやってきて圧をかけるカチガラス(カササギ)。
「ちょっとアンタ、ここらをウロウロされるのイヤなんだけど…あっち行ってくれないかな」的な(^^;;;)

カチガラスの黒い羽が、朝日で青緑に反射してて綺麗ですねえ。



さて話は変わって。
今年もあと少しになりましたね〜。

ワタクシは、、本職の方では年内2つのグループ展を無事に終わらせる事ができて、ちょっとホッとしております。
何しろ1年前から準備して……(^^;;)
後、控えているのが和散歩が2回と、ヲトナのアートスクールです。

b0057675_15052066.jpg

2つ目のグループ展で展示していた絵です〜。

b0057675_15060366.jpg

おかげ様で、このグループ展で唯一売れた作家でございました。。エヘヘへ。

人によって、絵の受け取り方が違って面白いんですよ。
で、ちゃんとその絵に合った人が、その絵の持ち主になってくれる、という。。

絵が持ち主を呼んでくれるのかもしれませんね〜。


年内の展示はもう終わり、、かと思いきや(≧▽≦)
実は、後一点、別の場所に展示してあります〜。

b0057675_15105207.jpg

以前、ここで三毛猫バージョンの「福猫さん」を紹介しましたが。
それの姉妹作品です。
黒福猫さん(≧▽≦)

全く同じ構図で描いてみたんですけども、、こんなにもイメージが変わるモンなんですな。

福岡市の警固四つ角…警固交差点の所にある、黒猫屋珈琲店にしばらく展示してもらう事にしています〜。
お近くにお越しの方、おヒマでしたらチョイと寄って、美味しい珈琲を飲みながら黒福猫さんと会話してやって下さいませ(^^)
年明け直後まで置いてもらおうかと思っています。





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_15185206.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2017-12-14 15:19 | Comments(6)