人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

タグ:夢 ( 4 ) タグの人気記事

ちょっとビビった夢々

b0057675_13241878.jpg

えらく可愛い珊ちゃんです〜。
何をしてる笑顔なんでしょう。

b0057675_13242160.jpg

ウソに決まってます(≧▽≦)カカカ。


昨日今日と、寝起きの夢が妙にリアルでアヤシかったので、ここに書いて厄除けしようと思います(≧▽≦;;)
ほら「正夢は人に話すと叶わなくなる」って言うでっしゃろ〜、、それですがな。

b0057675_13280068.jpg

ひとつめの夢は、、、。

どこぞの駐車場から出ようとしつつ、シートベルトを締めようとしていたら、目の前にパトカーが居て、バッチリサイレン鳴らされた。という夢です(≧▽≦;;;;;)
な〜んか妙に現実的でしょ〜〜。

ポリスマンに「もっと前にシートベルト締めとかなきゃイカンでしょ!」と言われてましたよ〜ワタクシ。

勿論、現実生活では、いつも車を動かすよりも前にキッチリ締めてますけどね。
夢から覚めた時に「あ"ーーー夢で良かったー」と思うくらいナマナマしかったんですよ。

頭の中で「あ〜〜これでゴールド免許が、、、」とかって、めっちゃ落ち込んでました(≧▽≦)

b0057675_13333521.jpg

なんかメッチャ太って写ってるがな…撮り方マズかった?

もうひとつの夢は、チョイ長くて(^^;)

和散歩メンバー達と、どこぞへ旅行に行ってるらしいんですが、ワタクシが自分のホテルの代金を払おうとしたら、、。
なんと!財布だけ持ってきてて、中身を入れてくるのを忘れていた!!という始末(≧▽≦;;;;;)

「現金も!カードも入れてない!ナイナイ〜〜〜!!」って。

いや〜〜ワタクシを知る人達は、これが如何に現実にあり得るかご存知でしょうけども!!
メッチャ冷や汗かいてましたわ〜〜アハハハ。
でもって誰かに借りなきゃ〜ってワタワタしてたんですよね〜。

b0057675_13374744.jpg

小洒落た首輪でっしゃろ〜(≧▽≦)

その後、その件については、とりあえずなんとかなったようで、、、(≧▽≦;;;)汗
あ、今、和散歩メンバーの誰か「私が建替えたに違いない」って思ってませんかね?

実は夢の中で、行きたい場所がワタクシにはありまして、、。
近くの森に洞窟があって、、ちょうど狼のメスが、出産&子育て時期になってる事を、どうも知ってたらしいんですよね自分。

暗くなって洞窟に行くと、既に数頭が生まれていて、、。
離れた所からそれを見届けてニンマリして帰るんです。(多分ホテルに)

b0057675_13461344.jpg

ところが、メン・イン・ブラックみたいな、全身黒ずくめの某集団が仔狼達を黒い車で連れ去ってしまうんですわ〜。
ワタクシが慌てて洞窟に駆けつけた時には、もう子供達は居らず、洞窟の奥にメス狼が一頭だけでぽつねんと。。。

ガックリとして、メス狼を見つめていると、、。
なんと!!
また産気づいたんですな。
どうも、あと2頭くらいお腹に居るらしい。

b0057675_13531787.jpg

ワタクシは「あいつら(MIB)はこの事は知らないだろうから」と、せめてこの2頭は、、とホッとしてるんですが。

いつの間に来ていたのか?
このメス狼を可哀想に感じた誰か(誰だ?)が、そばに居て。
狼をそうっと撫でようとして「ウ”ーー」って唸られてました(≧▽≦)

慌てて「ああ、触らない方がいい。見守るだけにしよう」と声をかけるワタクシでした。

彼女は我々が思う程に弱いイキモノではない。
残された仔達を全身全霊で育てようとするに違いない。

、、、そこで目が覚めたんですよ〜。

b0057675_13582643.jpg

くますけさん作、波千鳥の柄ですね〜(≧▽≦)

何と言っても、、さ、さ、財布ですよ、財布。
本当にやっちゃいそうでコワい〜〜(≧▽≦;;;;;;)
いや、過去にやった事はありますが
どちらも、妙にリアルで現実っぽくて、朝「ヤヴァイ〜」てな寝起きだったんですよぅ。

狼達の話は、、何か別の意味がありそうですよね〜。
いや、何の意味も無いかもしれませんけども、ちょっと考えてみたりして(≧▽≦;;)

日本犬好きにしてみれば、狼のような魂を抱きたいと常々思うモンですが(≧▽≦;;)←思うだけ
大事なモノを奪われる事があっても、真に全てを奪われるワケでは無いし、逆にそこから返り咲く事も出来る。。そんな感じがしたんですよ〜。

b0057675_14240664.jpg

まあ、どちらにしろ、、未だに巷の氣がざわついているようですので、、。
なんらかの警告みたいなモノなのかなも〜と思ってます〜。

ほんっと、ちょっと外出すると、普段に比べてパトカーや救急車との遭遇率が異様に高いんですよね。
ワタクシの周りだけでもないようで。。

もうしばらく、、用心して、気を引き締めて過ごしなさいよ!!!的な?
夢でも有り難いですわ〜。

それにしても、このざわつき…そろそろ落ち着いて欲しいような気もしますね。
まあ、ワタクシ個人がどうこう出来る事象でもありませんけども。。

b0057675_14334238.jpg


復活シバツレ漫画追加しましたよ〜(≧▽≦)
2004年に入りました!!
2004年1月1日にUPしたものです〜。


沢山の頂きもののお礼です(≧▽≦)/

b0057675_14363527.jpg

秩父のお菓子です〜(≧▽≦)
なんじゃこりゃメッチャ可愛い、、、。
熊の手のカタチ、、わははは!
濃い珈琲と一緒に堪能いたしました、有り難うございます〜!

b0057675_14364154.jpg

オニツカタイガーの靴!
わ〜ちょうど靴を買おうと思っていた所になんという巡り合わせ。
履きやすく歩きやすく、重宝しております〜(≧▽≦)
有り難うございました!!

b0057675_14365679.jpg

しっかり昔ながらの漬け込みで激ウマ梅干しと、お赤飯です〜。
お赤飯のもちもちな感じがグーの即日完売です!わははは!
梅干しラブなワタクシ〜(≧▽≦)/))
美味しく頂いております〜有り難うございます〜!

b0057675_14370230.jpg

沢山のお土産、お菓子(≧▽≦)
そそそして〜手にした瞬間、ニヤ〜〜っとほくそ笑んでしまったのは言うまでもありません。
酒ですよ〜酒〜〜!
あ、勿論、節度を守って愉しませて頂きまする。。
有り難うございます〜!!

b0057675_14371489.jpg

かのココロの杜より、美味しい品物の数々〜。
飴ちゃんは、和談会の時にでも、皆で美味しく分けあって頂きますね!
麹水は、超〜薄めた甘酒みたいな味です(≧▽≦)
暑くなってきた季節に、ヒンヤリと美味しく頂いております。
有り難うございました〜!


人気ブログランキング

b0057675_14465444.jpg

by koryu_misumi | 2019-06-13 14:47 | Comments(0)

夢と言えば

b0057675_10421720.jpg

前回は、良く判らない初夢の話を書いたワタクシでしたが(≧▽≦)
↑あれどう見てもトヨトミストーブじゃ、、、というツッコミは却下

夢と言えば、昨年の夏に見て忘れられなかったのがあったのを思い出しました。

平蔵が逝ってしまうひと月くらい前だったかなあ〜。。
当時はドタバタしてて「いつか書こう〜っと」と思って、そのまんまだったのです(≧▽≦;;;)

b0057675_10484140.jpg

書いてしまえばメッチャカンタンな話なんですが。
数年前に書いた「還元の夢」という記事に書いた事が、とうとう現実になった、という夢でした。

こうなるといいなあと想い願っていた「夢」が、現実に叶ったという「夢」。



夢の中で、その時のワタクシはホントにシアワセでした。
平蔵といっしょに、、居間を泳ぐクジラを眺めてるんですよ、、。

「ああ、文明の利器がやっと、とうとうここまでこれたんだなぁ」とね。

b0057675_10531118.jpg

この光景が可能になったという事は、、。

ありとあらゆる人工的なモノが、一定期間を過ぎれば自然に還る物質で作られていて。
もう、マイクロプラスチックがこの海中のイキモノを脅かす事も、徐々に無くなっていくに違いない。。。

ニンゲンがここまでこの星の事を考えるようになったって事は。。
良かったなあ。
ホントに良かったなあ。。

と平蔵と見つめあって、、、。

b0057675_11015281.jpg

という所で目が覚めました。ワハハハ(≧▽≦;;;;)

ワタクシが生きているウチに、少しでも叶ってくれるかな。
そうだといいなあ。
一応、、個人的に出来る範囲内でエコな生き方を心がけてます。

ワタクシの場合。
犬を愛する事がどんどん広がって行くと、色んな事を大事にしようと思うようになったんですよね。
すると、、彼らが生きているこの星、この世界全体までその想いが広がって行って。

彼らの健康を願えば、自然なモノを食べさせたいし、そうなるとそういう食料を作っている環境も大事にしたいし、彼らの生きている環境も大事にしたいし。

b0057675_11121169.jpg

面白かったのは、、。
その夢で一緒に居たのが平蔵だった、って事ですわ〜。
やっぱり彼はワタクシのココロの共なんだな〜(≧▽≦)

彼のおかげで、諸々を大事にしようと心がけるようになったんですもんね。

何かを買う時は、必ず裏を見て成分チェックするようになったし(≧▽≦)
出来るだけ地元の、、、生産者が無理をしてなさそうな、、、。

例えば有機栽培無農薬ったって、そのために、世界の何処かでヒドイ労働を課せられている人々のおかげってモノもありますもんね。。
そんなオーラを帯びたモノはとても与えたくありませんから。

b0057675_11190237.jpg

ちょろり彩雲

そうそう。
夢と言えば、もっとビックリな夢があったんでした(≧▽≦)/))
これもドタバタしてて書き損ねていたんだった。

なんと、平蔵が逝って3日後に見た夢なんですよ。


それは。
ワタクシが台所でご飯を作っている最中の事でした。。

足元に、黒柴のオンナノコがやってきて、、。
ちょっと不安そうに「抱っこしてぇ」という仕草をするんですわ。
まだ若犬な雰囲気。

b0057675_11203150.jpg

「おや、どうしたん。
、、しょうがないなあ」と言いながら、その子を抱き上げるワタクシ。

珊瑚くらいか、珊瑚よりちょっと小ぶりなので、上着の懐にひょいと入れてあげるんですよね。

夢の中では「普段はこんなに言って来ないのに、何かあったのかな?
まあ、たまには甘えさせてやってもいいか」と思ってるんですワ。

んで。
懐の中で、お姫様抱っこ風に仰向けにちょこんと入っているその子の顔を見ながら。。
「●ちゃんは甘えん坊やなあ〜」と、、、。

えっ!?

b0057675_11280278.jpg

その顔が平蔵でした(≧▽≦)わはははは!


「平ちゃん!!
あれ?
なんだ平ちゃんだったん!?」


、、、、という夢でした。


これをね〜、、。
まさか3日後に見るとは想像だにしてませんでしたよ(≧▽≦)
いつか、似たような(平蔵が還って来るような)夢を無意識に欲して、見るかもしれないな〜とは自覚してたんですが。

思い残す事も無く、清々しく見送れた事がホントに有り難くてしょうがなかった時期に見るとはね〜。ワハハハ。

b0057675_11372825.jpg

でも、夢でもまた会えてニンマリしてしまったのは言うまでもアリマセンでしたよ(≧▽≦)

まあこの夢をどう読むかは、、。
皆様にお任せいたします(≧▽≦)

ワタクシは先の事はあんまり考えないタイプのニンゲンでして。
というのも、先の事を決めて行動して、その通りに成った事がほぼナイ。という人生でしたので(≧▽≦)
というか決めれば決める程、逆の作用が起きるという、、、。

自分の前に流れてきたものを受け入れる、、というのがどうやらワタクシの生らしい。と気づくまでに、随分遠回りしました。
この夢も、、「一応(≧▽≦)」夢。とだけ考える事にしておりまする。

ちなみに、、。
可愛い黒柴のオンナノコでしたよ、、、ニンマリ。

b0057675_11460346.jpg

先日、頂いたプレゼント(≧▽≦)

メジェド神(中央)、、、新鮮な心臓喰う〜〜!!わはははは!
他にもラー神とメジェド神のラバーストラップも頂きまして、、。
ママン様に「どっちがいい?」と聞くと「最高神」とアッサリとラー神取られました(≧▽≦)

心臓喰うカミサマ、、どこにぶら下げようかな〜(≧▽≦)/))
相当笑いました、有り難うございました〜!


それから、、年末に書いた記事に関して、、。


「犬道でも、"甘やかし過ぎ"を例え話にしている事が多い〜。
他の例えも書け〜。そんでもってもっと判りやすくしろ〜」という"天の声"がありまして。。

近いうちに書きたいと思います(≧▽≦;;;;)





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_11574573.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2017-01-16 11:59 | Comments(6)

こんな夢を見た

b0057675_20522822.jpg

突然ですが。
たまには、、、夢のハナシでも書いてみようかなという気になりました。
いつぞやの「宝くじ」とか「際限なく金が使える」とかって夢ではなくて〜。
今回は、寝て起きて…の合間に見る「夢」ですよ(≧▽≦)わははは!

チビズや犬ネタとは全く関係ありませんので、悪しからず。


ワタクシ、割と良く夢を見るタチではないか、、と自分では思っているんですが、、。
たいていは、何かの断片のようだったり、前日の記憶が影響していたり、、まあそういうのが普通なんでしょうけども。
時々、凄い長編を見るんですワ(^^)

本当に長い時には、3日連続で見る事があります。
もちろん、連続ドラマのように「前日の続き」を見るんですよ~。わははは!

b0057675_20531618.jpg

ジョウビタキ♂

事故で入院した時も、相当長い夢を1度見ましたよ~。
その時は、、何故か昼間だと言うのにエラい睡魔に襲われまして。
うつらうつらして寝て起きてはその度に時計を見たので、眠った時間を覚えてるんですが。
結局、お昼過ぎから夕方までの間に何度も夢(続きモノ)を見たんですワ。

有り難い事に、この時はキチンと始まりから終わりまで見届ける事が出来まして。
なんというか、、タダで映画を見られたような、、わははは!!!

ただ、そういう夢を書くとなると、漫画か小説が一冊出来上がってしまいますので、とても書けませんけどね〜(≧▽≦;;;)

んで。
つい先日見たのは、まあまあ書ける程度に長い夢だったし、、なんとなく不思議な夢だったので、ちょっと書いてみようかなあと思い立った次第。
、、、身近に精神分析の専門家が居るのに、夢のハナシ書いちゃうワタクシって、大丈夫か?と自分でも思ってしまいますけども~わははは!

b0057675_20544380.jpg

ミサゴ、デカイ魚をゲット

さてさて。。
それは。
子猫を保護した夢でした。

夢の中のワタクシは別人で男性のようでした。
便宜上「私」と書きますワ。

夢の記憶が始まった時点で、既にその子猫は獣医さんに診てもらい済みで「もう長くない」という事が判明しておりました。
しかも「私」が居る場所は標高の高い、寒い場所のよう。。

だもんで、私は左手にその子猫を抱いて、何枚も重ね着した服の2枚内側の懐に左腕ごと子猫を入れる…という光景が夢の始まりでした。

そこは、どこかの村にある食堂の入り口。
食堂が客で一杯なもんだから、空く順番が来るのを連れの人達と一緒に座って待っているんですワ。

視界に「そんな事をすると服が汚れてしまうのでは」という雰囲気で(言葉ではない)止めようとしている連れの手が見えるのですが、、。

「この子が逝く時にウンチとかチッコとか漏らしてしまうかもしれないけれど、そんなのは構わない。後で洗えば良いんだし。
この子に何かしてあげる事が出来る事とすれば、あとはもう"温もり"だけだから」と「私」は思っているわけですな。

b0057675_20571771.jpg

ところで「この村」は「私」が住んでいる所ではなく、かつて訪れた事がある場所を、今回、何年(何十年?)かぶりに再び訪れた、という事のようでした。

この村は高地にあり、切り立った崖ばかりの場所に張り付くように家々が建っています。
人が住める場所が少ないので、もの凄く深い峡谷の上に大きな石橋をかけ、その向こうにも家々が、、あったのですが、、。

実は以前私が訪れていた時に、村の一部が崩落する…という、大変な出来事が起きていたのです。

今は、大きな橋は残っているものの、その向こうには荒れた土地が残るばかり。
その村に、何を思ったかまた久しぶりに訪れた「私」でした。

b0057675_20595899.jpg

どうやらその崩落の場所は、記念の地として、特別な場所になっているようです。

さて。
食事を済ませた我々がそちらへ向かうと、、そこを訪れている人々の姿が橋の向こうに見えます。

目を凝らすと、橋の向こうに渡っている人達は皆、地面に寝転がったり座ったりしているんですな。
少し不思議に思いながらも、橋を渡り始めると、、。

突然、右の首、、顎の脇あたりに、奇妙な感触を感じました。
「わっ!?」と思って、思わず手をあてると、何かフニャフニャしたモノに触れ、、、。

と、その時「ダメだ!横になってないと!!」と、村の男性が私を押し倒すようにして、身体を横たえました。
「奇跡が起きている内は、動いたらダメだ!!」とね。

奇跡?

良く判りませんが、言う通りにじっとしていると、、首元に触れていたフニャフニャした物が、だんだんはっきりとカタチを作り始めて、、小さな風船のような物体になりました。

手に乗せてみると、カタチもサイズもリンゴのよう。
半透明で、ビニールの風船のようで、中に気体が入っているけどもパンパンには詰まっておらず、、ちょうどエアパッキンのように少し気が抜けた感じの触り心地なんですワ。
そして、何かをパウチした時に端っこに出来る切れっ端のようなヒダが、その風船のアチコチにくっついてます。

見渡すと、、アチコチに横たわったり、座っていた人々の中に、同じように風船(?)を手にしたヒトがチラホラ。。

b0057675_2131989.jpg

先ほど、私を押し倒した人は、この奇跡の研究をしている村人でした。

かの崩落以来、、この不思議な出来事が村で度々起きるようになったそう。
何年かおきかに「その時」が訪れると、村に居る誰かの身体から、このリンゴが生まれるんだそうですワ。

偶然なのか、、それともかつての崩落を経験した者として呼ばれて、その日その場所に居たのかは分かりませんが、それが私の身にも起きた、、というワケです。

しかし、奇跡と言っても、これが何を表しているのか、一体何を伝えようとしているのか、サッパリ分からない。との事。
ただ、奇跡が起きる時は、だいたい当てられるようになったそうです。
それで、その事を知っていた人々は、先に横になったり座ったりして「その時」が来るのを待っていたんですな。


その後、村の集会所のような場所に、大勢の人達が集まりました。
今回生まれた「リンゴ」を記録し、発表するんですワ。
例の研究家が、写真だか移し絵だかを壁に張り、人々に説明しておりました。。

リンゴは、光を当てると美しい色を反射するんですが、、今までひとつとして同じ物は無いそうです。
今回は6個「生まれ」て、、2色を反射する物から、最も色数が多い物では20色も反射するものがあったそうな。
ちなみに私のリンゴは8色でした(^^)

村人達も訪れていた人達も、今回起こった奇跡に、皆、頬を上気して興奮したように話し合っていましたよ~。

b0057675_2135015.jpg

翌日。

私はいつまでもこの村にいるつもりはありません。
「私のリンゴ」をどうしよう。と思います。

これをこれからの旅に持って行くにはちょっと、、、。
そんなに沢山の荷物を持ち歩いているわけではないのです。
いつか割ってしまいそうですし、、そんな事をしたら、皆が悲しむかもしれない。

この村に置いて行った方がいいのか、自分が持っていなければならないのか、あの研究家にちょっと聞いてみよう。
と、狭い村の中の、これまた狭い石の階段を上っていると、、、。

懐の左腕の中の子猫の身体がキューッとつっぱりました。
「あ」と思って、懐の中を覗き込むと。
子猫は、、長く長く息を吐き出して、、、吐ききってしまいました。


ああ、逝ってしまった。


そう思いながらも、、そのまま研究家の所へ行こうと、足は止まらなかったのですが、、。

しばらく歩いて。
ふと。
本当にこの子猫は死んでしまったんだろうか?
だってまだこんなに暖かい。。

獣医に生死をキチンと診てもらおう。
専門家なんだから、ひょっとしたら仮死状態だとか、教えてくれるかもしれない。

と、いつの間にか足がそちらへ向いていました。


ところが。。
獣医に「この子が死んだのかどうか、ちゃんと診てやって下さい」と頼むのですが。

獣医は私が何を言っているのか、ピンと来ないようです。
それでも何度か繰り返してお願いすると。。。

「アナタはこんな時に何を猫の生死なんぞ言っているんですか?」と言うのです。


その目が。。
奇跡にすっかり我を忘れ、嬉々として浮かれている目だったのですワ。

見渡せば、村全体が奇跡が起きた事への歓喜に満ちあふれていました。
たった一匹の死にかけた子猫が逝ってしまった事なんか、奇跡に比べれば無いに等しい出来事だと。。


この人達の喜びを邪魔してまで、子猫の生死を確認する必要は無い事に気づきました。

そうだ。
獣医に確認するまでもなかったんだ。
私は、、あの時に子猫が逝った事をちゃんと感じていたはずなのに、何を認めたくなかったんだろう。。
それ(生死の認定)を他者に委ねようとするなんて。


この「歓喜」はしばらく続くだろう。
私はここにはもう居られない。
私はこの歓喜の中には居ないのだから。


私は村を離れる事にしました。
、、リンゴは宿の部屋に置いて行く事に。。


私には、少なくとも2人以上の連れが居るらしいのですが。
その誰もが、この奇跡の村に残りたければ、それはそれでいいのだと、、何も言わずに出発したのですが、全員勝手について来ておりました。

高地の凍るような風を受けながら、それでも青く澄み切った空を見上げながら、村の出入り口にある石で出来た境界を出て、また旅を続けました。

b0057675_2165958.jpg

、、、とまあ、こんな夢でした。

この、夢の中の「私」にとっては、人々の喜ぶ奇跡と奇跡の産物よりも、、ただ意思疎通もあったかどうかも分からないような死にかけた子猫と一緒に過ごした事の方が、大事だったようですワ。

集会所でろうそくのような物を使っているような感じだったんで、時代設定は昔のようですね。
そして、どう見ても日本ではない(≧▽≦)
スイスとかチベットとか、、ああいう高地のイメージでした。



後になって、ふと不思議に思った事が。

、、連れ達の顔を1度も見てないんですワ。
他の人達はちゃんと顔を見て話したりしたんですけどね。。

そして、彼らが私に話しかける事もありませんでした。
しゃべれないわけでは無さそうなんですよ。
だって、村人とは、、食堂で注文する時ちょこっとしゃべってたのを聞きましたもんね。
でも、私にはいつも、手で何かを指差したり止めようとしたり、、って感じで。

また。
何故か、彼らは私の前に立つ事が1度もありませんでした。
見えるのは、彼らが私の右後方もしくは左後方から手を差し出す光景。。

b0057675_2142572.jpg

いつもいつも、彼ら全員が私の後方に居るのです。。

だもんで、正確に何人の連れが居たか結局分からず、、(≧▽≦;;;)
「私」本人は知ってたと思うんですけどね〜わははは!!

顔を見てはイケナイ人達だったんだろうか、、。
ふ~む。

、、、良く判りませんけど。
ちょっと変わった夢でしたワ。
心理学的にどうなのか?とか、スピリチュアル的にはどうなのか?とか、自分でアレコレ妄想するのも楽しいもんですよ。

ぶっちゃけ、、。
なんだかんだで、やっぱり猫も好きなんだな〜ワタクシってば。
と再認識したのが一番だったかもしれません(≧▽≦)
by koryu_misumi | 2014-10-21 21:17 | Comments(4)

還元の夢

b0057675_9573246.jpg

いつの間にやら「彼岸花の里」なんて幟が立っている、我が家近郊です。

その年が、寒かろうが暑かろうが、多雨だろうが乾涸びてようが、日照時間が多かろうが少なかろうが、、だいたい決まった頃に咲く彼岸花って凄いな〜と毎年感心しちゃいますワ。

、、、どういう体内時計(?)持ってるんだろう〜〜。
それとも「誰か」に教えてもらっているのかな、、(≧▽≦;;)???

b0057675_9133028.jpg

今日は「夢」のハナシ。
誰でも「宝くじが当たったら…」なんて色んな夢を見るモンだとは思いますが、それですな。

ワタクシの夢は沢山あって、その内の1つは、もう何年も前にいつだったかどこかで書いた記憶がありますが、、。
それを読んだ事がある方は、まあ、普通にジャンボが当たった程度じゃ全然足りない夢だってのはご存知かと思います。わははは!!!

b0057675_10132976.jpg

それ、、、、知らない人の為に簡単に書きますと〜。
小山か丘になってる土地か小島を買って〜、そこを囲って、犬達がもう少し自由に暮らせるような環境を作って〜、そこにワタクシの家と、、諸々制作用の建物と、、そこに遊びに来たい人&犬の為のお泊まり用施設と、、自家用の風車か、土地内に通っている川の水流を利用した発電が出来るようにして〜、、、。

いやもう、ジャンボ程度じゃ全然足りんがな。という感じ(≧▽≦)
、、、繰り越しロトでも足りんがな。わははは!!

でも、たま〜〜に世界の何処かで出る大当たりだと足りるかな?と思うので、「宝くじが当たったら…」という言い回しで、時々この夢を語っております。

b0057675_10155914.jpg

でも先日、皆様ご存知かと思いますが球磨&福助&泰蔵オーナーのKさんとオシャベリしていた時、、じゃあ、、、「もしも際限なくお金が使えるとしたら?」というハナシになりまして。

際限なく!!??
おお〜〜!!そういう事なら、、バッチリデッカい夢があるんですワ〜。

というワケで、今日はチラリとワタクシの秘密を書いてみます〜わははは!
もう今日から全然秘密じゃなくなるけど(≧▽≦)

b0057675_1019281.jpg

その夢を想い始めたのは、、、Googleアースで、ストリートビューが見られるようになった頃、なんですワ。

ストリートビュー便利だな〜。
、、これはひょっとしたら、いつか3Dで見られるようになるかもしらんな〜と。
世界中の光景が、目の前に3Dで展開されたら凄いな〜。
何処にも行けない状況にある人だって、素晴らしい光景に接する疑似体験が出来るし。

その内、映像も全部「今」の景色…ライブになるかもしらんな〜。
道を歩いている人々、その景色の中の木々が揺れる光景。

b0057675_10243077.jpg

そうすると、世界中にカメラが必要だよな〜。
でも、カメラも今は盗撮に使われるくらい小型化&高性能化している事だし。。

小さな小さな芥子粒程のカメラを世界中にバラ撒く事が、いずれ出来るようになるかもしらんな〜。
それこそ、気流に乗せてバラ撒くんだ。
そして、落ちた場所で周囲のモノを撮り続ける…。

あ、勿論、そうするとなると、、カメラの材質は、全部自然に還るモノで作って、、動物が飲み込んでも害が無いんだな。うんうん。

世界中の山や谷や、平原や、、ありとあらゆる場所に。
上空に滞留するカメラもあるかもしらんな。
深海に降りて行くカメラもあるかもしらんな。

b0057675_10293346.jpg

そして、検索するんだな。
「モザンピーク」「ライオン」なんて。

すると、沢山降り立っていたカメラの幾つかが、近くに居るライオン一家を感知して、我が家の居間にその3D映像を送ってくれて。
で、一家の様子を間近で眺める、、、。
おおーーー想像しただけでタマラン。

ちゃんとフォーカスも設定出来てさ〜。。
ライオンの毛の一本一本をつぶさに見つめたり、瞳の色を間近に見て見たり。。
赤ちゃんライオンが一生懸命オッパイを吸う様子にニンマリしてみたり。
たまには、、彼らが捕えた獲物の血と肉と骨の有様を息をのんで観察しちゃったり。

、、通販で「ニホヒセット」なんて送ってもらえれば、更に臨場感が増すに違いないワ!!

通な人だと「マレーシア半島」「ラフレシア」で、勿論、ニホヒセットも揃えて、、、グフフフフ!!!!
クサいぞ〜〜〜(≧▽≦)タマラン!!

b0057675_10464855.jpg

自然や生き物達に脅威を与えずに済む事が出来て、、でも、彼らを間近に感じる事が出来たら、素敵な事だよな〜。と思うんですよね〜。
少しは自然界を尊重する気持が育つかなあ。
これでこの星の上に生きるニンゲン達の意識が少しでも変わればなあ〜。なんて、ね。

もし、こういう事が出来るんだったら、ジャンジャンお金を投じてしまいそう(≧▽≦)


でも、メチャメチャ非現実的な夢だって事はよ〜〜〜〜〜〜〜く分かっておりまする。わははは!!!
この世界中に散らばった芥子粒カメラを、、ヨロシクない事に利用しようとするニンゲンは、必ず居るでしょうしね。

こういう種類のニンゲンは、、未来永劫無くならないだろうから。
これが我々ニンゲン。
自分の中にもある姿。

だから、本当に「夢」ですワ。
、、、ワタクシが鼻くそほじってる姿だって見られたくないしねーー(≧▽≦)わははは!!!

b0057675_10545714.jpg


by koryu_misumi | 2014-09-22 11:06 | Comments(4)