柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(754)
(205)
(151)
(117)
(47)
(36)
(19)
(11)
(7)
(7)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

平蔵感謝の日

b0057675_23253105.jpg

いっちゃんのベロ可愛いな

今日は平蔵の命日。
まだ2年orもう2年?と言った所でしょうか(≧▽≦)

彼との暮らしは、今思い出してもやっぱり、、相変わらず。
あれは夢だったのではないかという感覚が残り続けています。

b0057675_23264382.jpg

愛犬を見送った人とハナシをする事があるんですが。
逝く前日あたりからゴハンを「要らない」という犬は少なくないみたいですね〜。

平蔵も他聞に漏れず。
時間のズレでいつもの時間に食べたがらなかった事はそれまでにも何度かあったのですが、、ゴハンもオヤツも水も丸一日間、要らないと言ったのは逝く前だけでした。

ゴハンはまだしも、水も要らないと言うのは気になっていたので、何度か水分を含ませたモノを与えようとしたりしたんですけどね〜。


まあ、晩年になると毎日が新しい事だらけになっていきましたので(^^;)
これもその内のひとつなのかな〜と。
晩年、バイオリズムがゆっくりになって、2日がその犬にとっての1日…みたいなパターンの子も居ましたので、ひょっとしたら平蔵もそういう事かも?なんて思ったり。

「丸一日、何も身体の中に入れていないけどな、、、」と心配するワタクシを尻目に、直前まで元気に歩き回って、グウグウ昼寝して、、、。
そんな時にお迎えが来たワケですよ。

b0057675_23264713.jpg

それから、今思い出しても鮮明に残っているのは、平蔵の目が澄んでいた事ですね〜。
老齢による白濁が進んでましたので、、ママン様も「なんか今日、平蔵の目が綺麗じゃない?」と。ふたりで何度か会話してたんですわ。

ひょっとしたら、身体はもう逝く準備に入っていて、、、そのせいで白濁していたのが溶解してたとか、、なんかそういう出来事が体内で起きていたのかもしれません。

そのせいか、その日抱っこをすると、まじまじとワタクシの顔を見つめてたんですよねえ〜。
それはママン様も同じ事を言っていて。
目が澄んでいたおかげで、ひょっとしたら家族の顔がよく見えるようになっていたのかもしれませんね。

とにかく、顔が会う度にじ〜っと食い入るようにコチラを見てたんですよ。

何かしゃべれたら「今日お別れなんだよ。判ってる?」とか言ってたのかもしれませんわ(≧▽≦;;)
イキモノ達はなんとなく、、「その時」を知ってるように感じる事は多々ありますからね。
、、まあ、平蔵にはニブチンな家族で申し訳なかった。と謝りたいですね。

b0057675_23283120.jpg

彼は、お昼寝(というか夕寝?)をしている突然お迎えが来まして。
盛大に伸びをしているな〜と思っていたら、実はそれは身体が突っ張っていたという。
見送った飼い主さんは、誰もが経験済みとは思いますが、ウンチを出して身体の中を綺麗にしてまして。

ああ、その時が来た。と。

慌ててそばに行って「平ちゃん、平ちゃん」と呼びかけていると、寝ていた平蔵の目が開きました。

この瞬間に、床を見つめさせながら逝かせてたまるものか。と。
彼の上半身を抱っこして、その目を見つめ返しましたよ〜。

何の根拠も無いのに。
「大丈夫、大丈夫。
怖くない、怖くない」と頭を撫でて。

ワタクシを見返すその目の色と光が、、、徐々に消えて行くまで、見守ってましたワ。

目が見えなくなっても、皮膚の感覚はまだ残っている、と聞いてましたので。
それからしばらくは頭や身体を撫で撫でしていました。

痛みや苦痛も無く呆気なく。。
"その時"にその目の奥を見ながら見送れて。
本当に有り難かったです。

b0057675_23313969.jpg

彼が教えてくれた事は、、まあ犬の事も山ほど教えてくれましたが(≧▽≦)
その最たるものは「内観する事」です。
まあ、この場合は自分自身を深く見つめる事、、みたいな感じでしょうか。

何度か書いた事がありますが、彼はワタクシに逃げ道を与えてくれなかったですね〜。
散々逃げ道ばかりを捜し続けてきたワタクシの、その道をことごとく断つというか。
や〜なヤツですよ、ホントに。わはははは!

そこから色々と見えて来るものが増えて行って、、いやまだ続行中ですが(≧▽≦)

犬相談、メール相談、、犬と関係無い禅タロットにも繋がっています。

b0057675_23314355.jpg

見て見ぬ振りをして生きたければそれもアリですよ。
自分に嘘をつき続けながら、、その嘘を護る為に新たな嘘を積み重ねながら、、そんな生き方もアリですわ。

その人の人生は、その人の選択の上に成り立っている。

それをジャッジする権利はワタクシにはありませんし、どんな選択にしろ尊重したいと思っています。

ただ、ワタクシには、平蔵がそれを許す犬ではなかった。というだけで。
そんな犬を迎える事がワタクシの運命だった。というだけです。


もし、3頭の内の最初の犬が平蔵ではなく、珊瑚だったり伊佐蔵だったら。。
今立っている場所には、到底辿り着けなかっただろうな〜。

と。
やっぱり感謝感謝ですよ(≧▽≦)


b0057675_23332409.jpg

美しいヤマガラさん


人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!

# by koryu_misumi | 2018-08-30 23:38 | Comments(4)