人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

カテゴリ:柴と徒然漫画( 112 )

2004年9月7日のシバツレ漫画

こちらは掘り出し記事です。(2019年8月16日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年9月7日にホームページ上にUPしたものです。
既に当日には別記事が入ってますので、近日でupしております〜。

2004年9月7日のシバツレ漫画_b0057675_09162437.jpg

まあ、平蔵御大もたまにはバランスを崩す事があったと言う(≧▽≦)
シニアになってからは逆に四つ脚踏ん張ってウンチしてましたので、その心配は無くなったんですが。。

ところで、犬って、、ホントに放置ウンチを踏みませんよね〜。
ここらは田舎なのでけっこう放置ウンチがあるんですけども、、テケテケ歩きながら絶対踏まない。。
「へ〜〜ちゃんと感知出来てるんだな〜」っといつも感心してたんですわ。

、、と過去形で書いているのは。
珊瑚も伊佐蔵もシニアになってからは回避能力が衰えたようで(≧▽≦;;;)
今(2019.8.169では、ニンゲンが眼を光らせて踏まないようにリードを引いてやらんといかんようになりましたわい。

2004年9月7日のシバツレ漫画_b0057675_09162879.jpg

だんだん、オモチャをポイとする場所が顔に近づいて行ったという。

とうとう、オカシさに耐えきれなくなって馬鹿笑いしましたよ〜(≧▽≦)
そしたら珊瑚ってば、ワタクシが遊ぶ事を受け入れたと思ったようで。。

ええ〜もう。
最後には遊びましたよ、もぅ(≧▽≦;;)
珊瑚なりにアタマ使って誘ってるんですもんね〜。

2004年9月7日のシバツレ漫画_b0057675_09163214.jpg

今もそうです(≧▽≦)カカカカカ。

珊瑚はお手入れが大好きで、、よく念入りに自分のお手入れをしていますよ〜。
でも、どんだけ長時間お手入れしていても、舐め壊したり齧り壊したりした事はアリマセン。

たまに、ワタクシをお手入れしてくれる事がありますが、やっぱりソフトで優しいんですよね。
オトコ組はなんだかんだで微調整が珊瑚よりもヘタですわ。
そういう所は、、やっぱり珊瑚ってオンナノコなのかなあ(≧▽≦)


人気ブログランキング

2004年9月7日のシバツレ漫画_b0057675_14525837.jpg

2004年8月21日のシバツレ漫画2

こちらは掘り出し記事です。(2019年8月7日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年8月21日にホームページ上にUPしたものの、第二弾です。
既に当日には別記事が入ってますので、近日でupしております〜。

2004年8月21日のシバツレ漫画2_b0057675_11212349.jpg

8月中旬と言えば、お盆の季節ですのでね〜(ここらは)

でもって、平蔵は弟が大好きでしたよ。
彼を迎えた頃、ちょうど弟が長逗留してたんですよね。
だもんで、平蔵の脳にはキッチリ「弟」が刷り込みされてたんですわ。

んで平蔵は「迎えに行く」という事を理解してましたっけ〜(^^)

2004年8月21日のシバツレ漫画2_b0057675_11212717.jpg

夏と言えば、台風ですのでね〜(ここらは)

お嬢さん、カミナリは全然問題無いんですよ。
ただ、強風の吹き荒れる音はちょっと苦手でしたっけ、、。
それでよく平蔵や家族にくっついて過ごしてましたよ〜。

平蔵もニンゲン家族もそういう時に「コワいの?」な〜んてチヤホヤする事もなく。
ただ、そうやって珊瑚が「やり過ごす」事が出来れば、その力を失わずに済むよう、そのままにしておくのがベターかと。
これは珊瑚の回避能力のひとつなんですからね〜。
可哀想に感じてヘタに手を出す事は、この小さな能力の芽を積む事にもなる。。というワケ。

今(2019.8.12)は、耳も遠くなってますので(≧▽≦;;)、強風がビュウビュウ言っても普通に過ごしてますよ〜。
ある意味有り難いかもです、わははは!

2004年8月21日のシバツレ漫画2_b0057675_11213198.jpg

はひふへ…シリーズでしたっけ(≧▽≦;;;)

まあ散歩中にこういう光景は珍しくないですよね。

、、、、。

ねっ???



人気ブログランキング

2004年8月21日のシバツレ漫画2_b0057675_11080828.jpg

2004年8月21日のシバツレ漫画

こちらは掘り出し記事です。(2019年8月7日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年8月21日にホームページ上にUPしたものです。
既に当日には、当時の記事が入ってますので、近日でupしております〜。

2004年8月21日のシバツレ漫画_b0057675_09181019.jpg

珊瑚の食事に関する話は、既に過去の復活漫画の内容に書いてきてますが〜(^^;)

犬を食事時にからかうと悪化する事が多々あります。
からかう以外にも、食事時の過干渉でそうなりやすい子は居ますですね。
ニンゲンがそのつもりでなくても、犬にとってはそう感じられている場合も同様ですね〜。

(これ、からかっていたのはオヤジ様ですが…。
当時(2004.8月)のある時、オヤジ様に食事を与えてもらうようにしたら、たった3日で噛むようになり。。戻ってもらうのに3ヶ月かかりましたよ〜)


こういう状態になって「こりゃイカン」って、無理矢理食事時のシツケを厳しくするのも悪化する事があり。
それはだいたいキャパが小さいコが多いみたいですね。

まずは、ひとりでゆっくり食べられる場所を提供してあげる事が良いと思いますですね。
「ニンゲンは食事の邪魔をする存在ではない」「ニンゲン家族のおかげで安心して食べられるんだ」と納得してもらってから、シツケを始めると良いかと。

2004年8月21日のシバツレ漫画_b0057675_09181657.jpg

この当時の珊瑚は、よくこうやって平蔵に「遊んで」と言ってましたっけね〜。

平蔵に頭突きしたり〜(≧▽≦)
よく平蔵のアチコチを甘噛みしてましたっけね〜。

ワタクシと平蔵が触れ合っている後ろで、平蔵の尻尾をカミカミしたりやってましたわ〜。
一応「自分が構ってもらう順番待ってる」という感じではあるんですよ(≧▽≦)

こんな事しても、平蔵は怒ったり叱ったりはしませんでした。
珊瑚の甘噛みが限度を越えたモノではないですし、、こんな事は叱る対象ではなかったですね〜。
なんかもう、珊瑚の甘噛みは「空気」みたいな感じでしたわ。


似たような状況でも、伊佐蔵はやたら厳しかったですよ〜。
順番を待てないと見なして、ガツっと叱ってましたっけ、、、同じように伊佐蔵に構ってもらおうとしてた八蔵を(≧▽≦;;;)

2004年8月21日のシバツレ漫画_b0057675_09182177.jpg

平蔵と珊瑚の、ふたりの理解力の違いというか〜〜わはははは!

、、、平蔵の冷めたマナザシがコワかった、アホな飼い主ですよ(≧▽≦;;;;)

珊瑚は想像した通りの反応で、飼い主冥利に尽きましたわ〜わはははは!


平蔵はワタクシが何かやらかそうとするのを、ほとんど先に見通してたんですよねえ〜。
「何かしてやろ」というワタクシの”気”を感じ取っていて、、。
「さあ、コッソリやるぞ〜」という時には、既に「何かするんでしょ」的な顔してコッチみてました。。

なにしろ「明日、平蔵を病院に連れて行こう」と考えただけで、、ソファの上で寝ていたはずが、ムックリ顔を起こしてコッチ見てる。。。
で、翌日は近寄って来ない、、という。。

ああ〜〜暮らしにくいヤツでしたわ〜(≧▽≦;;;)/
でも惚れる〜。


人気ブログランキング

2004年8月21日のシバツレ漫画_b0057675_09491847.jpg

by koryu_misumi | 2004-08-21 00:00 | 柴と徒然漫画 | Comments(0)

2004年8月1日のシバツレ漫画2

こちらは掘り出し記事です。(2019年8月5日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年8月1日にホームページ上にUPしたものの、第二弾です。
既に当日には、当時の記事が入ってますので、近日でupしております〜。

2004年8月1日のシバツレ漫画2_b0057675_09325896.jpg

これやられるとですね、、、、修行ですよね、修行(≧▽≦)

だって可愛いんですもん。わはははは!

てか、珊瑚だけでなく、平蔵も伊佐蔵もやってますわ〜。
「そんなん言わんでいいやん〜ねっ、ねっ、ねっ」って感じ。

勿論、真剣に叱らなければならない場合の時には、元から彼らもこんな事はしません。
彼らもちゃ〜んと判ってやってる、って事ですわ〜(≧▽≦)

2004年8月1日のシバツレ漫画2_b0057675_09330022.jpg

平蔵は、こういうトコに余裕がありましたね〜。
食べる事を楽しむ、、というか。。

伊佐蔵もそういう所はちょっと受け継いでいて、、。
誕生日等に、ゴハンの上にカットした犬用ケーキをプラスしてやっていたら、ケーキだけそうっとくわえて器の脇に置いておいて、先にゴハンを食べて、後からゆっくりケーキを楽しむ。。という事をやってましたっけね。

、、、、。
、、、そういうのんは珊瑚には皆無です(≧▽≦)
我が家では時々ハイエナちゃんと呼ばれてます、かかかか。

2004年8月1日のシバツレ漫画2_b0057675_09330344.jpg

これは〜〜大きさや数等を判断する平蔵、、のネタだったんですが。

チビズにヒヅメを与えていたのは黒歴史ですよ、これ。。。
真似しないでくださいね〜〜〜。

この当時は、犬の歯の強度とか、、知らなかったんですよね〜。
顎の力は強くても、歯そのものはニンゲンの歯より弱いんですよね。
エナメル質の厚さもニンゲンのよりずっと薄い。

チビズには申し訳ない事をしていたと思います。
彼らの歯の劣化に影響が無いはずが無いんですもん。

知ってからはもう、ヒヅメのような固いモノを直接与えるような事はしなくなりました。
固いモノを与えたいときは、例えばふやかして少し柔らかくしたり。
骨のような者はレンジをかけると、ボロボロになって砕けやすくなりますので、そうしたり。。

ニンゲンが噛んでみて、歯形が残らない程に固いモノは避けた方がいいみたいです。

牧場の犬達が、、、馬等のヒヅメを削った後に落ちたモノを食べるのは、、削ったヤツなので大きな塊ではないんですよね〜。
それに毎日食べてるワケでもないですしね。


人気ブログランキング

2004年8月1日のシバツレ漫画2_b0057675_10131252.jpg

2004年8月1日のシバツレ漫画

こちらは掘り出し記事です。(2019年7月30日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年8月1日にホームページ上にUPしたものです。
既に当日には、当時の記事が入ってますので、近日でupしております〜。

2004年8月1日のシバツレ漫画_b0057675_13380564.jpg

知能が高い場合、単調な繰り返しは嫌がる事が多々あります。

、、平蔵の遊び相手は、、本当に小さな頃から色々と苦労させられました。
とにかく単調にならないように、変化や工夫を積み重ね、、新しい技を生み出し、、、、。

知育オモチャなんてね、、最初はちゃんとオヤツをその中から出すんですよ。
ええ、オモチャからオヤツを出せないワケでは無いのです、、。

でも2度目からは「なんでこんな面倒くさい事やんなきゃイケナイんだ」という感じで、、「ほら、早く出してよ」とニンゲンを使う。。という。
そういう嫌なヤツでしたよ、平蔵は(≧▽≦;;;;)も〜〜〜。


珊瑚は可愛いアフォですので(≧▽≦)
同じ遊びを繰り返しても飽きる事がありません。

かといって、ボールに執着しているわけではないんですよ〜。
執着がヒドくなると、ボールを素直に渡さなかったり、噛んできたり、、アヤシい様相を見せるようになりますが。
珊瑚は、ワタクシが「もう終わり」と終わる時には「え〜?」と言いつつも「は〜〜い」と受け入れる。。
彼女のボール好きは、そういうメリハリはキチンとついております。

ただワタクシが、、珊瑚が遊び疲れるまで付き合っていただけです。はい(≧▽≦)

、、、ん?

一番のアフォはワタクシ、、、?

2004年8月1日のシバツレ漫画_b0057675_13380830.jpg

当時は、今(2019.7.30)よりは暑くなかったんじゃないかと思いますが。

、、それでもやっぱり暑かったんだろうな。
この漫画を見ると(≧▽≦;;;)

2004年8月1日のシバツレ漫画_b0057675_13381168.jpg

暑かったみたいですね。ハハハハハ。

カキ氷なら、ちょっぴりあげたりしてますよ。
添加物があんまり無いヤツ。

彼らが若い頃は、暑い時期には氷を食べさせたりもしてましたけども。。。
一定年齢から先は、歯を温存する事を考えた方がいいみたいですね〜。
犬の歯はニンゲンの歯より弱いんですよね。


人気ブログランキング

2004年8月1日のシバツレ漫画_b0057675_10221967.png

2004年6月19日のシバツレ漫画2

こちらは掘り出し記事です。(2019年7月27日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年6月19日にホームページ上にUPしたものの第二弾です。
既に当日には、当時の記事が入ってますので、近日でupしております〜。

2004年6月19日のシバツレ漫画2_b0057675_11474136.jpg

幼少期〜若犬の頃の珊瑚嬢は、良く音に反応しては遠吠えしてましたよ(≧▽≦)

だいたい、小さい頃なら多くの子が遠吠えを本能的にやるみたいですね〜。
でも、家庭犬には「遠吠え」という伝達手段は必要ありません。
ので、、結局、定着しない、という子が多くなるんじゃないかと思いますわ。

これ、時々遠吠えする機会を与えて絶やさないようにしておくと、、オトナになっても遠吠えする犬になる率が高くなりますよ(^^;)


ちなみに、このピィイ〜と高い音がするオモチャ類は、性質によっては向かない子がけっこう居ます。
音に異常に反応して興奮がどんどん高まるようなら、早々にこの手のオモチャは忘れてもらうようにするのがベターかと。
もしくは、過剰興奮しないようにキッチリ憶えてもらうんですね〜。

これらの音は、、「狩られる獲物の悲鳴」を聞いた時に狩る側が興奮する、ああいう感じの興奮を呼び覚ますんですな。
獲物の断末魔の悲鳴は、狩るイキモノにとってどういう音なのか、、、、想像頂けるかと思います。

犬によっては繰り返す内に、音がするオモチャに対して、、やがては音がしないオモチャに対しても、眼の色がおかしくなっていきます。
オモチャに対する執着が高く、落ち着いて穏やかにオモチャを渡せなくなっているのなら、もう"問題"の領域に入りかけているかもしれませんよ〜。

2004年6月19日のシバツレ漫画2_b0057675_11474494.jpg

落ち着いて合理的な平蔵。
平蔵は嬉しい時に、よく「ツン」とそれをつついて"嬉しいな"ってやってましたよ。

一生懸命で非合理的な珊瑚。わはははは!
「ツン」なんて、やってるの見た事ありませんわ(≧▽≦)
見た瞬間、脳内はそれでいっぱいですもんね。

どちらが良いとか悪いではないんですよね。
どちらもそれぞれの個性。

どっちも可愛くてタマリマせん(≧▽≦)

2004年6月19日のシバツレ漫画2_b0057675_11474710.jpg

見抜く犬は見抜く(≧▽≦)

誰が本当に自分を愛しているかを。かかかかか。


人気ブログランキング

2004年6月19日のシバツレ漫画2_b0057675_12115660.jpg

by koryu_misumi | 2004-06-23 00:00 | 柴と徒然漫画 | Comments(0)

2004年6月19日のシバツレ漫画

こちらは掘り出し記事です。(2019年7月25日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年6月19日にホームページ上にUPしたものです。
既に当日には、当時の記事が入ってますので、近日でupしております〜。

2004年6月19日のシバツレ漫画_b0057675_10334938.jpg

この頃から、我が家の近所でもあまりフリーに出来ない環境になってきてたんでしたっけね。
車の往来が増えてきてたように思います。

だもんで、時々こうやってフリーになれると、凄く嬉しそうでしたよ〜平蔵。
犬も気分でスキップみたいな事やるんですよね、ピョンピョンって。

彼はけっこうこういうヌケた所があって(≧▽≦)、時々相当笑わせてもらいましたわ〜。
オンナノコに見とれて歩いていて、ブロック塀の角にぶつかったりとか、、わはははは!

でも「嬉しいよ〜!」ってワタクシを見て共感を求めて来るあたり、やっぱりこちらも嬉しいモンですね。

2004年6月19日のシバツレ漫画_b0057675_10335282.jpg

ワタクシと一緒になって珊瑚をからかう平蔵。。。

珊瑚は16歳間近の今(2019.7.25)でも、散歩の最中にオチリや尻尾を「食べちゃうぞ〜〜」とすると、「ウヒャヒャー逃げろーー(≧▽≦)」ってなるんですよ〜。
か〜わいいんですわ。


2004年6月19日のシバツレ漫画_b0057675_10335616.jpg

珊瑚ってばも〜。。(≧▽≦;;)

平蔵もキッチリ叱ればいいんでしょうけども。。
そこはニンゲン家族が、、、まあ器のサイズで限界もありますが(≧▽≦)ハハハ。

まあ、叱っても珊瑚の受け入れる許容量には限界がある、という事を平蔵は良く判っていたんだと思います。

でもって、こういう所に支配性が現れて来るワケですな。
勿論そんなん許しませんけどね〜。
てか、平蔵が居ないとてんでダメだったくせにねえ、珊瑚嬢は。


人気ブログランキング

2004年6月19日のシバツレ漫画_b0057675_10483433.jpg

by koryu_misumi | 2004-06-20 00:00 | 柴と徒然漫画 | Comments(2)

2004年6月4日のシバツレ漫画2

こちらは掘り出し記事です。(2019年7月16日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年6月4日にホームページ上にUPしたものの第二弾です。

2004年6月4日のシバツレ漫画2_b0057675_22160251.jpg

だいたい、子犬の間は色々と許容されるもんなんですけどね(^^;)

まあ平蔵は珊瑚には甘かった。わはははは!
何度書くかこのフレーズ。

こういうやり取りを見てると、珊瑚の方が「強い」ように見える事もあるかもしれませんが、、。
肝心な時の両者の違いを見れば一目虜然。

何かあると、平蔵に守ってもらうのが当たり前の珊瑚でしたっけね〜(≧▽≦;;)

2004年6月4日のシバツレ漫画2_b0057675_22160686.jpg

我が家では、、とにかくニクジュウ三昧です。わははは!

当時の珊瑚はこれがけっこう気に入ってまして(≧▽≦)
生地を通して、なんとなく周りも見えていたようで、このまま遊んでましたよ〜。

でもって。
「わ〜珊ちゃん、靴下マスクカッチョいいな〜」なんて言ってると、喜んで靴下マスクの余った部分を振り回してましたわ。わはははは!

こういったニクジュウは、ただのニクジュウではありませんで。
普通だったら嫌がるような事も、面白いとか楽しい事と繋げて記憶する事で、病院にかかった時なんかにも役立つんですよね〜。


あ、そうそう。
大事な事ですが!!
犬に、水虫持ちの人の靴下で遊ばせてはイケマセンですよ(≧▽≦)!!

2004年6月4日のシバツレ漫画2_b0057675_22161032.jpg

珊瑚は本当に平蔵を頼りにしてましたわ〜。
まあ、我が家に来たら親犬の代わりですもんね。

孤高のオトコが、甘えん坊ベッタリちゃんに付いて回られる。。。
そんな感じでした(≧▽≦)ハハハハ。

その内、、珊瑚がだんだんオトナになってきたら、いつか平蔵が「いいかげんにしなさい」と教えるんじゃ無いかと思って見守っていたんですけども。
結局、、、、(≧▽≦)ははははは。

平蔵はやっぱり優しいオトコでしたよ。。


人気ブログランキング

2004年6月4日のシバツレ漫画2_b0057675_22330516.png

2004年6月4日のシバツレ漫画

こちらは掘り出し記事です。(2019年7月14日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年6月4日にホームページ上にUPしたものです。

2004年6月4日のシバツレ漫画_b0057675_10405832.jpg

ワタクシはけっこう、家の中でもライトを着けずにウロウロするニンゲンなんすよ(≧▽≦;;)
夜の散歩も出来れば懐中電灯を着けずに歩きたい、という。


え〜、今(2019年7月)コレを読んでいる方の為に、この漫画の補足をしますと。

平蔵はママン様の部屋で寝るのが好きだったんですよ。
でもそれは、夜寝る頃になって「ママン様の了承を得てから」という決まりでして。

というのも、放っておくと布団の中に潜り込んで勝手にヌクヌクしちゃうんですな。
んが。この当時の平蔵は皮膚が弱かったのですが、それだと皮膚にとってヨロシクないんです。

本来、日本犬は、寒くなったらその寒さに震える事で、ブワッと立派な冬毛が湧いて来るワケでして、、、四季折々の変化を皮膚で体感する事が、皮膚の健全さを保つのには大事な事でもあるんですよねえ〜。
こういう部分を甘やかしてもいいのはすっかりシニアになってからですかね。

んで。
「勝手にヌクヌクすると叱られる」という事を平蔵は勿論知っておりまして。
だから、家族の眼を盗んでコッソリとママン様の部屋に行くわけです。

、、ところが、闇の中にワタクシの脚が見えたんだと思いますワ(≧▽≦)
多分、彼なりに「しまった」と思ったんじゃないですかね。

でも、敢えてそれには気づいてないフリをして。
「ちょっと廊下を歩いてみてるだけ」という風情で、すすすーーー、、、っとUターンして、戻って行った。。。という平蔵なんですよ。

だって、ワタクシと目が合ったら、瞬殺で叱られそうでっしゃろ(≧▽≦)
あの、なんともさりげなさを装った平蔵のUターンは、今思い出しても笑えます。わはははは!!!

2004年6月4日のシバツレ漫画_b0057675_10410348.jpg

平蔵は、、よく「誰か」を観察するヤツでしたっけね〜。

しかし、犬的には「見る」という行為は色々意味がありまして。。(≧▽≦;;;;;)

そういう意味では、平蔵はかなりニンゲンクサい所が多かったですわ〜。
中に小さいオッサンが入ってるんじゃないかと、よくツッコんでましたもんね。

また、犬が強い子の視線ってのは、それだけで相手は”何か強いモノ”を感じるんですよね。
でもって、珊瑚は器が小さいので、余計に気に障る、という。。

まあそういうワケで平蔵にとってはただの観察だったかもしれませんが、珊瑚にとってはハラスメント的な?(≧▽≦;;;)
、、てか、だんだんからかうようになっていったのは確かです。。アハハハ。。

2004年6月4日のシバツレ漫画_b0057675_10410671.jpg

気をつけましょう。

まあ、愛する平蔵のウンチですんで(≧▽≦)ハハハ!!!

手を中途半端に持ち上げたまま、犬と歩いているヒトを見かけたら、、。
こういう理由かもしれませんよ(≧▽≦)


後は、、自然に還りやすいビニールがもっと沢山出回ればいいなあ。。と思います。
時代のお陰か、随分増えてきたみたいですね(^^)


人気ブログランキング

2004年6月4日のシバツレ漫画_b0057675_10555294.jpg

by koryu_misumi | 2004-06-04 00:00 | 柴と徒然漫画 | Comments(0)

2004年5月17日のシバツレ漫画

こちらは掘り出し記事です。(2019年7月10日記)

何年か前にプロバイダ側の都合で閉鎖になった、シバツレホームページのバックアップから、15年ぶりにブログに再掲載しております(^^)/
2004年5月17日にホームページ上にUPしたものです。

既に当日は別の記事が入っていましたので、近い日程でUPです。

2004年5月17日のシバツレ漫画_b0057675_09173103.jpg

犬だって「何か咎められている」というのは判るんですよね〜アハハハ。

咎められた時に「いえ、何でもありません〜」的に取り繕ったりしますもんね。

ちょっと注意された時に地面をクンクンしたり。。
これは、注意した側が感情的だと「まあ落ち着いて」って意味合いもありますけども。
そうではない時は「え〜っと、違うんです、今ボクは地面のニホヒを嗅いでたんですよ」ってごまかそうとしていたりします。
勿論この両者は微妙な表情とかは違いますけどね〜。
でも、ごまかしてる感アリアリな時は、その様子が可愛くてけっこう笑える。。という(≧▽≦)

2004年5月17日のシバツレ漫画_b0057675_09174282.jpg

初体験ってこんなモンですよね(≧▽≦)

初めてのシャンプーはメッチャオリコウさんだったりする、、、のは、まだそれに対しての経験値がゼロで、付随する感情が存在しないんですもんね。

最初は、ただビックリしたり、「何が起きたのか」と固まったりする事が多いです。
経験値が無いので、判断のしようがない。

だもんでその子は、自分のその時の感覚を記憶すると同時に、、その際の周囲のニンゲンやオトナ犬の反応を「判断材料」にもしつつ、経験を積み重ねて行く事になる、、という感じですかね〜。

器の小さい子は特にマイナス経験を強化しやすい傾向がありますので、せめて周囲だけでも安定している様子を見せてプラスの判断材料として受け入れてもらう事。がベターですね〜。

犬自身の器によっては、自力でこれを乗り越えて行く子も少なくありませんけどね。

2004年5月17日のシバツレ漫画_b0057675_09174623.jpg

9ヶ月〜1歳半のあたりの、、ちょっとオトナになっていく、あの時期というのは、面白い時期だと思いますワ〜。
いっちょまえにオトナぶってアレコレし出す。
まあ確かにガタイはそうなってますな。

ニンゲンもそうですけどね(≧▽≦)
思春期とか反抗期とか、、ブレやすいのが当たり前な頃ですね。
ホルモンの影響とか色々あると思います。

まあ「そんな時期が来た」程度に思って、あんまり大騒ぎしない事が肝要かと。
誰だってそんな時期あったでっしゃろ〜(≧▽≦)

こういう時こそ中途半端に感情的になると余計に反発を喰らう事が多いですね。
勿論、叱る時は叱る。ってのは大事ですけども、、、だいたい反抗期ってそうだったでしょ(≧▽≦)
今となってみればど〜でもいいような事に過剰にイラついたり、過剰にムキになってみたり。。
愛を持ってこの時期を乗り越えてもらえたら、と思います。


ちなみに。
ワタクシが見てきた柴犬の場合は、、。
この時期を迎える以前の接し方が、その子に合ってなかった率が高ければ高い程、この時期の荒れ具合がヒドイように思いますね〜。

子犬の時期に子犬らしく過ごさせてもらったか。
その子を、ありのままのその子として受け入れてもらっていたか。
愛されるよりも前に、従順さばかりを要求され抑圧されてなかったか。
などなどなど。。。

当たり前の事なんですけどね。
でも、色んな事に振り回されてできなくなってしまった家は少なくありません。
専門家も、、ですね。

犬を愛する事は、犬を甘やかす事と同じ事では無い。という事を今一度、再認識してもらえたら、と思います。


人気ブログランキング

2004年5月17日のシバツレ漫画_b0057675_10430703.png

by koryu_misumi | 2004-05-16 00:00 | 柴と徒然漫画 | Comments(2)