人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

2009年 09月 13日 ( 1 )

犬貸すよ〜!

b0057675_17272124.jpg
もうすっかり秋の風情となってまいりました。
上の写真は、散歩コースに植えてある古代米の「赤米」です。
朝露が光ってとても綺麗ですね。
フツウの白米に混ぜて炊くと、綺麗なお赤飯のように全体が染まるんですよ。
同じように「黒米」というのもありまして、、こっちは沢山混ぜて炊くと、、、、ゴハンが紫になります、、。


b0057675_17323955.jpgさて、ハナシはコロっと変わりますが、先週だったか、、こんな事がありました。

朝、男組と一緒に自転車走をしていたところ、、。
散歩中のオジサンが「よ〜走らせよるな。ウチの犬も貸しちゃるバイ(よく走らせてるな。ウチの犬も貸してやるよ)」と笑いながら声をかけてくれました。

ええ?と思わず笑い返すと。
「ウチは犬の8匹居るとよ(ウチには犬が8匹居るんだよ)」とオジサン。
「ワハハ!8匹もカンベンして下さい。ワタシはこの2匹でもう精一杯ですよ〜!」

てな訳で、、ついつい自転車を止めてワンコ談義に、、。
ワタクシ達の間でマッタリ休むオトコ組を見て「どれくらい走らせようとな?」と聞かれましたよ。
「まあ、波はありますけど、だいたい平均して5〜6キロですかね」
「ふーん、そうやろ、そうやろ」

b0057675_2153061.jpgどうやら、オジサン的には相応の距離らしかったです。
、、で、オジサンの犬についてこちらから尋ねると、、なんとそのオジサンちのワンコ達は猟犬なんだそうですワ。
聞くとイノシシ猟とか。

我が家のチビズはせいぜい伊佐蔵が鳥を時々仕留める程度なので、なんだかカッチョ良いなあと思って、更にハナシを聞きましたよ〜。
オジサンちのワンコは、紀州犬と屋久島犬(だったと思う)の掛け合わせで、専門のミックスだそうでして、、そこから犬種談義に、、。
紀州犬も良い、とか、屋久島犬のシャープな動きも良い、とか、、四国犬も好きなんですよね〜、、とか、、昔見た有色紀州犬のハナシとか。

、、オジサンの犬が、ほとんど無理だろうと思われる程直角に近い崖を、カモシカのようにピョンピョンピョーンと軽々飛び上がって行く様を話してくれてる時は、本当に表情が生き生きしてらっしゃいましたよ。
あ〜、オジサンの犬が一番輝いて見える瞬間なんだなあと。
ウチのチビズにはきっと無理だ、ワハハハ!!

b0057675_2132654.jpgするとオジサン「アンタ犬に詳しそうやけん、聞くけどさ、北海道犬に興味あるんやけど。俺はどげな犬か知らんとよ(アナタ犬に詳しそうだから聞くけどね。北海道犬に興味があるんだけど、俺はどんな犬か知らないんだよ)」なんて尋ねられて、、。

ワタクシも実物は確かどこかで一度だけ見た事あったと思うんですが、、。
その時の記憶と、本に載ってる事くらいしかオハナシ出来ませんでしたねえ〜。
「熊猟とかに向いてるとか、、?」
「おお、そう聞いとるね」

その辺からまた、ハナシが変わっていって、、。
「どげな犬種使ったっちゃ、、人を噛むごたあ犬はイカン(どんな犬種を使ったって、人を噛むような犬はイカン)」とオジサン。
一緒に猟をしている方々に対しては勿論ですが、、、やはり猟の最中にはぐれてしまう犬は時々居る様でして、、。
そうやってはぐれている最中に、見知らぬ人と接した時でも、人に危害を加えるような犬は絶対に猟犬として使ってはイケナイ、、という事なのですワ。

b0057675_21464582.jpgそういうハナシ自体は時々聞きますが、、実際に犬と猟をしている人が念押しするように強く言われているのを見て、少し感動を覚えましたよ。

、、そんな、人に対しては"良い子"達なのに、イノシシと戦って「腹を切り裂かれた」なんてハナシを聞くと、ビックリです。

そこから、今度は獣医さん談義にハナシが変わって行って(≧▽≦)
ワタクシの生活範囲内の色んな獣医さんが「ヘタ」だとか「ウマい」とか、、手術なら「アソコ」とか、バベシアなら「●●の◆先生」とか、、。
ふ、伏せ字にしないとね、ハハハ。

「アソコに新しい病院の出来とろうが(アソコに新しい病院ができただろ?)」とオジサン。
「知ってます。ワタシまだ偵察に行ってないんですよ〜」
「オレ行った〜」
「どうだったんですか!?」

b0057675_2210258.jpgオジサンは新しい獣医さんに必ず聞く事があるそうで。
「バベシアの治療経験がどれだけあるか」
「イノシシに裂かれたキズの縫合の治療費はだいたい幾ら位か」という事だそうです。

東日本にお住まいの方には耳慣れない言葉かもしれませんが。
「バベシア症」とは、ダニによって媒介される感染症でして、、だいたい関西以西で見られる病気なんですワ。
特に野生生物の生息場所に入り込む猟犬が感染する事が多い、、という事を以前かかりつけの獣医さんに聞いた事があります。
家庭犬の場合は、キャンプ場・登山道等の周囲の薮や森林など、、やはり野生生物の生息地域に入り込み、ダニに吸い付かれて感染してしまう事があるようです。

原因はダニの体内に居たバベシア原虫が、血液を介して入り込むからなんですが、、。
症状的には元気が無くなって、血尿や貧血、、等々。詳細はウィキペディアでも見て下さいな。

b0057675_23474014.jpg完治しない病気と聞いていますが、治療によって良い状態まで回復し、それをキープして、緩解(寛解)みたいな感じで生活する事はできるようです。
ただ、元気な状態に戻っても、キャリアである事には変わりがないので、、老衰や虚弱などによって再発する危険性は高い。

ワンコの一生で、、特に我が家のような田舎住まいだと100%ダニの吸血を防ぐ事は不可能でしょうね。
かといって、チビズの身体にダニがくっついた瞬間死んでしまうような強い薬を使うのは個人的にイヤ。

例えば都会住まいのワンコに、キャンプ遊びの当日だけそういう薬を使って、帰って来たら即洗い落とし、、なんてのはアリかと思いますが、、。

我が家の場合、庭にイタチやらタヌキやらアナグマやらイノシシやら、、入り込むような所じゃあねえ〜。
まあ、山に入ってダニに噛まれたワンコが皆感染してしまうって訳でもないので、、。
とにかく、ダニを見つけたら即チビズの身体から離す事を徹底するしかないなあと。
後は丁寧なブラッシングと、白いタオルでの拭き上げですね。

b0057675_23514438.jpgダニはモノからモノへ乗り移る性質がありますので、吹き上げのタオルに吸い付く前のダニが乗り移って来る事は多いんです。
で、見つけたら即セロテープで封印。(潰すのは御法度)

それから、普段から元気な状態で居てもらうように気をつける事、、かな。
やっぱり病原菌を撃退するチカラは常に養っておかないとね。

、、おっと、ハナシがずれてしまいました。


で、オジサンによると、バベシアの治療には獣医さんの腕がかなり左右するそうですワ。
完治に近い状態まで治してくれる獣医さん、、。
バベシアにかかった犬を連れて行く度に、犬を死なしてしまう獣医さん、、。

b0057675_23572316.jpgまあ、その、某新しい獣医さんは「経験無し」だったそうなので、バベシアの治療には連れて行かないと言われてましたけどね、、。
他にも、縫合手術の腕の善し悪しの見分け方をチラっと教えてもらいました(≧▽≦;;)
そこんとこはオフレコなので、ここには書きませんけど!!!


この日は気がつくと30分ちかくも立ち話してしまっていたようです。
今日の記事だって、長いオシャベリのほんの一部に過ぎないんですよ。

、、また時間がある時にお会いしたいなあ〜。



b0057675_235941100.jpg写真1/赤米
写真2/散歩から帰ってきた平蔵
写真3/可愛い珊瑚
写真4/可愛い、、伊佐蔵
写真5/ビクター(オンナノコ)とシッポフリフリ合戦
写真6/ディンゴ
写真7/蕎麦
写真8&9/寄り添うご夫婦
写真10/珊瑚の桃尻
by koryu_misumi | 2009-09-13 17:34 | Comments(18)