人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

色んな相談

b0057675_20492695.jpg

こんな田舎で愛玩犬種でもない3匹もの柴犬と、しかも室内で一緒に暮らしていると、、。
ハッキリ言って「もの好き」扱いもされますが。
反対に、散歩コースや何かの機会で会った時、何故か他のワンコオーナーから色々相談される事もあります。

b0057675_20545794.jpg多分、プロでもないのに、3匹連れで仲良く歩いている姿や、日本犬では制御の難しいとされている未去勢の雄が複数一緒に居る事から。
手練の猛獣使いと勘違いされているのかもしれません…。←大げさ。

と、とにかく、相談を受ける事があるんですワ!!

先日はこんな事を尋ねられました。
、、Gちゃんというダックスのオスワンコ君。
ごくフツウの元気なワンコらしいのですが、、。
ダンナさんの前では別犬のように変貌するんだそうです。

それは、ダンナさんがそこに居るだけで、すっかり鳴りを潜めてしまい、ゲージに入り込んで出て来なくなる、、という事でした。

b0057675_21113844.jpg例えば、庭で遊んでいても、そこにダンナさんの車が帰って来ただけで、はっとして遊びをやめて、ゲージに入り込んだり。
1階の居間でのんきに昼寝をしていても、2階のダンナさんの部屋のドアが開く音がしただけで、これまた息をひそめてゲージに入り込む、、と言った具合。
、、、そして、そこにダンナさんが居る間は絶対に自主的に出て来ようとはしないんだそうで。

相談された方は、そんなGちゃんが気の毒で、ストレスになっているんじゃないか、これが原因で病気にでもなったらどうしよう、、という事でした。

更にハナシを聞いてみると。
そんなGちゃんとダンナさんの関係をもっと良くしようと、散歩の時にダンナさんにリードを持ってもらったり、、時にはオヤツやゴハンをGちゃんに与えてもらったりするそうですが、、。

b0057675_23394967.jpgこれまたGちゃん。
ダンナさんと一緒の時には、とんでもない程オリコウさんで品行方正な散歩をするそうな。

ハナシを聞くだに、おもしろくなってきたワタクシ。
失礼ですが、念のために、ダンナさんがGちゃんに何かよからぬ事をした事が無いか、尋ねましたが、、。
そんな事は全くなく、まあベッタリ可愛がるって訳でもないけれども、ビビらせるような事なんぞしたこともないとの事。

ちなみに、他の家族、、じ〜さまやば〜さま、お子様達には、ヤンチャで甘えたり、言う事を聞かなかったり、、といわゆる普通の家庭犬らしさを見せてくれるらしい。

で、、この関係を改善すべく、できるだけダンナさんと仲良くなるようにしむけたいんだけど、どうしたらいいと思います〜?
やっぱり、いつも一緒に居させた方が良いでしょうか?…という事らしい。

ま、まあ、ワタクシなんぞの言う事が当てはまるかどうか責任は持ちませんよ〜と一応念を押しておいて(≧▽≦)


ふむふむ。

b0057675_23453624.jpgなんとなく、、そうかな、、?

「Gちゃんは、別にシッポを巻いてしまう訳じゃないんですよね?」とワタクシ「怖がるとか、、ビビったり、縮こまったりしてます?」

「いえ、そんな事は無いんです。なんというかとにかく静かになるというか。
ダンナが来るとダンナの事をじ〜っと見つめてるんですよね、、。
必ずゲージに入っておとなしくするんです。
怖いんだったら、、家を逃げ出しだそうとしたっておかしくないのにねえ?」

確かに、、Gちゃんの様子は聞けば聞く程、気の毒に見えてしまいますが、、。

b0057675_001594.jpg「ひょっとしたら、それって、、ダンナさんの事をボスと思ってやってるんじゃないですかねえ〜」

「え〜?」

「Gちゃんにとって、ダンナさんは雲の上の存在ってくらいに、"凄いボス"になってるんだと思いますよ。
だから、ダンナさんの前ではかしこまってしまって、出来る限りキチンとしてしまう…みたいな。
多分、Gちゃんダンナさんの事を嫌いって訳じゃないでしょう?」

「ああ、そうです、嫌いじゃないんです。声をかけられたらシッポは振るし、、。
でもなんというか、、怖がってるのに近いような感じを受けるんですよね」

「別に心配しなくてもいいんじゃないですかね〜。自主的にやってるんだったら」

「でも、凄くストレスになってると思うんですけど」

b0057675_10503219.jpg「う〜ん。
もし、ワタクシの言う事が当たってたら、、ですけど。
ニンゲンが見たら、Gちゃんの様子は凄く可哀相に見えるかもしれませんが、、。
犬って群れの生き物だから、例えオメガになったとしても、群れを追放される方が辛いんですよね」

「え、そうなんですか?」

「たまにテレビとかでも見ますけど、、野生のイヌ科の群れではオメガのコは皆にイジメられたり、食べ物をもらえなかったり、、すごく辛い目に遭ってたりしますよね。
それでも、皆と一緒に居る方が良いんです。
そしてオメガって、他のコと入れ替わる事もあって。
でも、替わった子もやっぱりそれを受け入れて一緒の群れに居るんですよね〜」

「そういうの、見た事ありますよ…」

b0057675_10515124.jpg「ダンナさん、別にイジメたりしてる訳じゃないし、フツウに可愛がってるから、オメガ的にはちっとも辛くないと思いますよ〜。
、、というか、それだけダンナさんの事を恐れ敬ってるんだったら、、逆に四六時中ダンナさんと一緒に居させる方がストレスになる可能性もあるかも〜、わははは」

「ふ〜ん、、」

イマイチ納得してもらってないようなので、ワタクシの考えを判りやすく説明してみました。

「つまり、"王様と平民"みたいな感じで、、王様の事を嫌いじゃないけど、一緒に居るとかしこまって緊張する、ってな具合だと思うんですよね。
王様の存在そのものはそうストレスじゃないでしょ、平民にとっては。
でも王様に失礼の無いように、平民は王様の前では常にキチンとする。
ただ、王様に声をかけてもらえば嬉しいけども、四六時中そばで一緒に居るのはストレスになるでしょ?
その分、他の家族とは身分の近いもの同士で楽しく遊んだりしてるんだから、多分大丈夫ですよ〜」

「は〜、なんとなく判りましたよ、、言われてみれば、そうかも…」

Gちゃんの様子は、怖がってるとはちょっと違うと感じていたらしい、この方。
極端な例かもしれませんけど、ワタクシが沢山ハナシを聞いた所ではまさに「恐れ敬う」感じに近いと思いました。

b0057675_1115181.jpgワタクシ「我が家の場合は"王様と平民"どころか、せいぜい"上司と部下"くらいのモンですよ〜、、それもちょっと悔しいような(≧▽≦)」

「じゃあ、このまま放っておいてもいいかもしれませんね」

「実際にちゃんと見たわけじゃないから、確定は出来ませんけど。
、、そう思いますよ〜。もう少しダンナさんを近い存在にしたいんだったら、イキナリそばに、ってんじゃなくて、落ち着ける場所とか、いつも居る場所にダンナさんの匂いがするものを置いておくとか、、その辺りから近づけて行った方が良いと思いますね〜。
あまりストレスにならない程度のところから、、あははは」

「あ、それなら、今はダンナの靴の置き場所の横にゲージがあるんですけど、、あは」

「それくらいがちょうど良いかもしれませんね、ははは(≧▽≦)」

b0057675_114599.jpgてなハナシでございました、、。
なんというか。
逆に、ちょっと感心しましたよ〜、このハナシは。

だって、Gちゃんはちゃんと誰がボスであるか理解してるし、ボスへの態度をここまで極めてるなんてねえ〜。
ある意味、理想を上回る程の上下関係の成立具合だと思いましたよ。
相談された方にしてみれば、、ダンナさんにも甘えてヤンチャにして遊んでもらえるGちゃんの姿を見てみたかったのかもしれませんけどね、、。

ワンコって、小さい頭でも一生懸命考えて行動してるんですよね〜。
Gちゃんはちゃんと愛されてるワンコですから、その自主性を尊重してやりたいですね。

ニンゲンって「この方がワンコにとって嬉しいに違いない」と思って色んな行動をしますけれども、、。
時々、そうでもない事がままあるんですよね。
特に日本犬なんて、オトナになってしまうとだんだん新たなワンフレンドを増やす気も薄れて来て、、、家族と一緒に居る時間をこそ大事にするようになるコが多いんですが。
その事に気付かない家族を見る事もありまして。

「アナタと一緒に居るだけで、もう充分幸せなんですよ〜その子は」と時々言う事がありますわ。


写真1/背後獣の存在に気付かない珊瑚の笑顔
写真2/掃除機で吸ってもらう平蔵
写真3/そんな平蔵を呆れて見つめる珊瑚
写真4/オヤツを待っている伊佐蔵
写真5/なんだかイヤラシイ目つきの平蔵
写真6/遊ぶ赤柴ズ
写真7/朝ご飯の後の珊瑚、落ち着いた頃に覗くとこんな格好で!
写真8/平蔵ご機嫌
写真9/伊佐蔵もご機嫌
写真10/クチビルめくれた平蔵
by koryu_misumi | 2008-10-04 11:19 | Comments(14)
Commented by hako at 2008-10-04 15:37 x
Gちゃんとダンナさんの様子を読ませていただきながら
私なりに、「○○ではないかしら?」と想像しておりました。
そして、香龍さんのアドバイスへと読み進んでいったところ
全くといって良いくらい、同じご意見でございました。(笑)
人間は、ついつい犬を擬人化して見てしまいがちです。
人間からすれば当然に思えたり、良いと思われることでも
犬にとっては、決してそうではないことも多いわけで…。
人間と暮らしていく上での最低のルールは守らなくてはなりませんが
犬の気持ちになって考えてみることも、時には必要ですよね。
平蔵殿、珊瑚姫、伊佐蔵坊ちゃんは、良いリーダーをお持ちです。
Commented at 2008-10-04 19:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まめママ at 2008-10-04 21:07 x
私も香龍さんの事を手練の猛獣使いと思っていますわぁ~(笑)
なかなか躾が難しいと言われている柴ワンコをこんなにも
いい子達に育てている香龍さんをみると手練の柴使いと思います!!
香龍さん家が近かったら、きっと相談所のように何でも相談をしに毎日通っていたかも知れません(笑)
私も犬を擬人化して見てしまいがちなので気を付けなければと
思います。
クチビルめくれた平蔵君。。。。プププッ クチビルがめくれている姿ってはじめてみましたよ~ 何故こんなお口になっちゃたの~~
Commented by さくらの母 at 2008-10-04 22:38 x
ここでのコメントは初めてで~す^^

さくらも、ドッグランに入ろうとしなくて、寂しくベンチに座って遊ぶワンたちを眺めている時に、係りのおじさんに言われたことがありました!
「アナタたちと一緒に居るだけで、もう充分幸せなんですよ〜その子は」
その時に、ハッと目が覚めた気がしたんですよね~。
ワンコと遊びたい子もいれば、そうじゃない子もいる。
さくらは私たち家族と一緒にいることが一番嬉しいんだなって思ったら、何だかものすご~く愛しくなりました(笑)
やっぱり香龍さんは手練の猛獣使ですよ~。
ワンコのことをよ~く分かっていらっしゃるもの~。
Commented by りくママ at 2008-10-04 22:39 x
3匹もいて…室内飼い羨ましいです♪
うちは室内飼いしたにのダメって言われます…
だからいつか絶対にりくと一緒に住めるお家が欲しいです~
りくとべったりずっといたいよ…
Commented by koryu_misumi at 2008-10-05 11:03
●hakoさん、こんちは!
こういうのって、以外と気付かないみたいですね、当人達にしてみれば。
でも第3者から見ると、なんとなく判ったりして、、犬に限った事ではありませんけど(≧▽≦)
特に過去にワンコと暮らした経験がない人とかにしてみたら、犬の気持ちって判りにくい部分もあるみたいですね〜。
こればっかりは経験を積み重ねて行くしかなかったりして。
愛情一杯でアレもコレもしてあげたい!!という気持ちは凄く良く判るんですけど、、ワンコにとってはそれが「ありがた迷惑」「おせっかい」になっている光景は良く見ます〜わはははは。
(見てて微笑ましかったりもしますけどね!)
ワタクシなんか、欠点だらけですよ(≧▽≦)
でもイロイロ試行錯誤でやっていくのが楽しいんですよね〜。
Commented by koryu_misumi at 2008-10-05 11:23
●匿名希望Cさん、こんちは!
おや〜、そんな心配事が。ワタクシなんぞで判りますかねえ〜?
上の記事も2〜30分くらいアレコレ話をしてから、考えを伝えたものでして、、。
ちと情報量が少ないので、かなり自信無いですよ〜。

ん〜、ワンコさんより、ダンナさんの方が気になりますね。
ダンナさん指事件の時は甘噛みが高じて?でしょうか。
本気噛みじゃないですよね、そうなら、またちょっと変わって来ると思いますが、、。
ダンナさんはワンコの扱い方をよく判ってらっしゃらないのかな?
でも、文面を見た限りでは、、ダンナさんの事好きそう。ボスと思ってるかもしれませんわ。
面会って事は、その時だけしか姿も見られないって事ですか〜?
ただ「触れ合いの時間」って事で、ゲージから姿が見られるんだったら、それはそれで満足できるんですよね。
面会も「落ち着けたら構ってあげるよ」と覚えてもらうと、双方にとって良いと思います。
犬種的にバーニーズとかは、触れ合いが少ないと精神的に落ち着かなくなる子も多いようですけども、、まず"明るくて元気で…"って書けるくらいなら、大丈夫と思います(≧▽≦)
ホントにストレスになると自傷行為が出たりしますからね〜。
Commented by koryu_misumi at 2008-10-05 11:31
●まめママさん、こんちは!
わはは!やっぱり一番の猛獣は伊佐蔵ですね〜(≧▽≦)/
日本犬のブリーダーさんで、洋犬種もブリーディングされてる人とも話した事があるんですけど。
「複数の日本犬のオスをみるのと比べたら、、洋犬は、ホント楽や〜」と言われてましたわ。
でも我が家のチビズも欠点だらけなので、、猛獣使いの見習い程度です、ワタクシ〜(≧▽≦;;)
いやいや〜、相談なんて、やっぱりプロに尋ねるのが一番だと思いますワ。
ワタクシが出来るのは一緒になって「ああかな、こうかも」と言う程度です。
だからシバイヌだらけのドッグランパーティはホント勉強になりますよね〜。
それぞれ個性も違って、色んなハナシが聞けて面白いですワ。
平蔵のクチビル、、オモチャでひっぱりっこしてたら、クチビルの水分がオモチャにとられて、こんなめくれてたんですよ〜。
思わず写真とってしまいました、わははは!
Commented by koryu_misumi at 2008-10-05 11:37
●さくらの母さん、こんちは!
お〜、初コメありがとうございます〜(≧▽≦)/

さくらちゃん、ドッグランが苦手なんですね〜。
日本犬のコは、若い頃はランで遊べても、だんだんランに行っても遊ばなくなる子は多いですよね。
さくらの母さん、係のオジサンに頂いた一言で目が覚めたなんて、良かったですよ〜!!
さくらちゃんも良かったですね〜〜!!
そりゃ〜、ランで遊べるにこした事はありませんけども、、一緒に暮らしてるのは家族なんですもんね。
家族を大事にする子は、やっぱり家族との時間が一番!!
そういうのを残念がる人も居ますけど「ランで遊ばせるために、その子を迎えたんじゃないでしょ〜?いつも一緒に居るために迎えたんでしょ〜!?」と言ってやってます〜(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2008-10-05 11:44
●りくママさん、こんちは!
シバイヌの室内飼いって、ここらではかなりビックリされます。
田舎では庭に置くのがフツウですからね〜。
なにしろご老人ばかりの過疎地なもので、、はははは。

りくママさん、いつか一緒に居られる家に住めるといいですね、、。
友達は週に一度、昼間だけ入れてあげるように両親を説得して、イベント的にやってましたよ〜。
そしたら、、やっぱり室内だと触れ合いの密度が高いし、、だんだん両親が、変わって来て(≧▽≦)
かな〜〜り室内飼いっぽい感じになってきたそうです、、、!!
Commented at 2008-10-05 16:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by エルママ at 2008-10-05 17:45 x
こんにちは。ドッグランの様子がUPされてたんですね♪ そう、あの抱っこはみんなビックリでしたね(^^)珊瑚ちゃん、フワフワで抱き心地が良かったです。
Gちゃんの件ですが、ホントに香龍さんの言うとおりだと思います。ちゃんとボスがいるってのは、ワンコにとってもストレスにならないって聞きました。なので、香龍さんちは上手くいってるんだな・・とも(笑) ウチも子供が小さい時に子犬を迎えたので、上下関係はちゃんとしなきゃと思ってました。と言っても、エサは人が食べ終わってから、とか、ごく基本的な事なんですけどね。元々温厚な犬種だけど、やっぱり念を押して、と思いました。Gちゃん、お話聞く限りじゃ全然OKだと思います。パパさんは淋しいかもですが。
Commented by koryu_misumi at 2008-10-06 10:22
●匿名希望Cさん、こんちは!
いえいえ〜。お役に立てましたでしょうか(≧▽≦)
こっちがメイワクなってないか心配ですよ〜はははは。

あ〜、そのハナシを聞くと、、。
やっぱりダンナさんの方が気になります〜あははは。
ワンコさんの方は、多分ニンゲンが思う程気にしてないと思います。
ワンコって、怖々触ろうとしたりすると、敏感にその感情を感じ取ってしまうので、本能的・反射的にそれに反応する事があるんですよね〜。あんまり悪気は無かったりして。
でも犬だから、ちょっとした事でも大きな怪我になる事もあるのが、ちょっと辛い所で。
ワンコさんが大喜びで迎えるのも、ちょっと「ごめんなさい」の気持ちが表れてるのかもしれませんわ〜。
でも、今の感じでちょうどいいかもしれませんね〜。
ダンナさんも無理に克服しようとするのは良くないですし。
自然に、いつの間にか…ってくらいで行ければ(^^)
Commented by koryu_misumi at 2008-10-06 10:29
●エルママさん、こんちは!
おお、そうなんです。ミクスイ〜の方で告知してなかったですね、わははは。
珊瑚を抱っこしてもらってありがとうございました(≧▽≦)
珊瑚も最初はビクビクしてましたけど、後半はすっかり慣れてましたね〜。
Gちゃん、なんとなく可哀相に見えてしまうのが辛い所なんですよね、あははは。
ダンナさんも楽しく相手をしたいのかもしれませんけど(≧▽≦)
エルちゃん、すごいオリコウさんですよ〜。
前ドッグランで、喧嘩の仲裁に行っていたのには「優しい子だなあ」って感心しました!
ウチのチビズにはとても無理です、、ははは。
我が家では一応ワタクシがボスらしいんですが、やっぱり思う程甘えてくれないんですよ〜。
チビズが一番甘えるのはママン様。
ひっぱりっこをして遊んでも、平蔵や伊佐蔵はすぐに離してしまって、、ワタクシ相手に本気をだしちゃイケナイとおもってるらしくって、ちょっぴり寂しいんです〜。
、、、そのヘン、珊瑚はオバカなので、全力で遊んでもらえるのが嬉しいですけど(≧▽≦)/”
ワンコの世界は、なんだかんだいって奥が深いですね〜。