人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

動物病院にてオシャベリ

b0057675_1529523.jpg
この時期は日本各地でワン達が狂犬病注射に連行されていると思います。
病院が大好きで注射なんて「なんて事ないさ〜」って子も居れば、病院嫌いで「注射なんかされたら死ぬー!」と悲鳴を上げている子も居る事でしょうね〜。
、、我が家のチビズは、意外にも注射そのものは大した事ないようです、、、チッ面白くないなあ(≧▽≦)

ちなみに、我が家の場合、お役所から届くハガキとは別に、我が家のスケジュールで狂犬病注射をしてもらってます。
要するに生まれた月齢から計算して「そろそろ」という頃に最初の注射をするのが発端なんですが、、。
以降は、単純にこの時期病院が混む事と、暖かい季節の間はノミダニ&フィラリアの出費が毎月あるためで、その時期を外して連れて行った方が一時期に出費が集中しないって事が理由の一つ。

多頭飼いは、楽しさも倍増ですが、出費も倍増ですからね〜わはは!!!

b0057675_15301053.jpgてなわけで、ノミダニ&フィラリアの出費が無い時期に、連れて行って注射してもらってます。
、、、今月はちょっと出費がかさむなあ〜、という時はチビズをバラして月別に連れて行ったりとかね。
予防注射類は、厳密にきっちり1年後にしなければイケナイ、、という訳ではなく、その効き目にはある程度余幅がありますので、こちらの都合で少々接種期をずらす事は時々あるんですわ。

まあ一部には、これら予防注射の副作用のハナシもたまに聞きますし、ワクチンなどは"数年置きでも良い説"や"元来必要無い説"も巷で聞きますので、、あまりガッチガチに頭が固まらないようにしたい、、というのも隅っこにはあるんですけどね、、。
いや、勿論、法で定められてますので、チビズにはキチンと受けさせてますよ〜!!

b0057675_15312595.jpgで、ハナシは変わって。
先々月、、だったかな?
珊瑚に狂犬病の注射を受けさせに連れて行った時です。
ちょっぴりお知り合いの方と病院で偶然会いました。
この方は色んな犬種のワンコを多頭飼いされている方でして、以前は時々散歩コースですれ違ってましたが、、ここ数年はアチラの時間帯が変わったのかあまり会えなくなっていまして、、。

あちらの連れはやや高齢になりつつあるオンナノコ。
少々健康問題が起きた為に避妊手術をしたそうで、この日は抜糸のために来られていたのです。
心配しましたが元気そうにしていたのでホッとしたところ。
ワタクシの連れである珊瑚を見ながら、「珊瑚ちゃんは、避妊しないんでしょ?赤ちゃんの事考えてるの?」なんて尋ねられまして。

「いや〜、色々考えては居るんですが、、あはは。でも今の所、避妊は考えてないですね〜」

「やっぱりオンナノコは一度は出産させた方がいいんでしょ?」

「は?…いや、そういう事はないと思いますよ」

「でも●ちゃん(別の子)のブリーダーさんからはそう言われたわよ〜。一回でも出産したら、そういう病気にもかかりにくくなるし、性格は丸くなるしって。だから絶対一度は経験させなさいって」

「、、まあ確かに性質が若干変わる子は居るようですけども、、でも出産は絶対させないとダメって事は無いですよ」

「だって▽ちゃんの(さらに別の子)時なんか、それが条件で譲ってもらったんよ。大きくなったら子犬をとる為に交配させろって。じゃなきゃ譲らないって」

「…えっ!?子犬の時点で、次の子犬をとるためにそんな約束を?」

b0057675_15324932.jpgいやちょっとビックリしました。
こちらのワンコは皆洋犬種の愛玩犬達なんですが、そういう確約をしているブリーダーさんも居るんですね、、。

「そりゃあ、性質とか、体質とか、、その犬種としてちゃんとしてれば、別に問題ないとは思いますけど、、犬ってけっこう遺伝的要素とか大きいんですよね、、、それらをきちんと把握して、そういう事言われてるんでしょうかねえ〜」

「性格もそうなの?」

「ほら、例えば"噛む犬"って実はものすごく恐がりで、その恐怖から噛む犬が多いって、言うじゃないですか」

「うん、そう聞く聞く」

「ああいう性格もけっこう受け継ぐんです。だから良心的なブリーダーは、そういう子はあまり交配には使わないんだそうですよ」

「ウソ〜、、この子なんかすっっごい恐がりで、、ちょっとした事で病気みたいにブルブル震えてねえ。見てて可哀相になっちゃうのよ、そういうのも?」

「あるかもしれませんね。体質もそうですよ、、だからウチの平蔵も皮膚が弱いから珊瑚との結婚は一度っきりで、、子犬をもらってくださった家にはその事をちゃんと承知してもらってますし」

「平ちゃん、そうなの〜?全然そうは見えないけど」

「今は体質改善して問題ないですし、交配も先生とかにも相談して決めたんですよ。あの凄く頭の良い所を受け継ぐ子が欲しくて。イザと言うときは皆我が家で育てるつもりで。
、、でも、子犬をもらった人に、ひょっとしたら同じ苦労をさせるかもしれないわけですから、、金輪際平蔵はあり得ません。
まあ、、不幸な子の交配は、また不幸な子を作る可能性が高いって訳で、不幸の連鎖になる可能性もありますから」

「ウソ、平ちゃん幸せじゃないの〜」

「うへへ〜〜、そうですか〜〜ありがとうございます〜」

「はあ〜、、、そんな事考えた事もなかったわ」

「ブリーダーさんでも、"もうけ"ばっかり考えてる人は、、」

「そういう事を考えないってワケやね」

「そういう事になりますかね」

「そうよね〜、交配するからには、そういう所まで考えなきゃダメよね」

「色々問題のある子は捨てられたり、処分される率も高くなりますし、、福岡はとりわけ殺処分数が多いですから、なおさらですね」

b0057675_15354212.jpg、、、とちょっぴりディープなハナシをしたのでありました。
ワタクシも人の事言えませんが、自分ちの可愛いチビさんの子供が欲しいと思うのは、、誰だって当たり前と言えば、当たり前ですよね。
そして自分ちのチビさんの事となると、良い所しか見えなくなってしまうのも当たり前と言えば当たり前ですが、、。
交配ともなると、冷静に自分ちのワンコを見る必要が有ると思います。
それは良い所も悪い所も後世に受け継がれて行く可能性が高いからです。
そして、勿論、ずっと責任を持って見続けて行く必要もあります。

この方は、交配の事をあまり深く考えていらっしゃらなかったかもしれません。
たまたま、ワンコを迎えたブリーダーさん達の"教え"がこうだったから、、ってのもあるかと思いますが。
でも、ワタクシは、過去に生まれた子犬達の行く末を、この方がちゃんと責任もって対処されてきているのを知っています。
中にはブリーダーさんの所へ残された子もいたようですが、、一番問題を抱えた子を自分ちに残されたりもしています。
「こんな子を外に出したら、ちゃんと可愛がってもらえないんじゃないかと思って」と、今でもその人にちっともなつかないその子を、ちゃんと面倒みていらっしゃいます。
こういう方にこそ、もっと色々知って欲しいなあと思うんですよね。

ホントウに犬の事を好きな気持ちはいっぱいあるのに、色々知らずにいる人は沢山いらっしゃると思います。
この方には、、この時のちょっとしたオシャベリでも、少しはお役に立ててると有り難いんですけど、、。

b0057675_15374696.jpgネット上では、モノを知っている人が、知らずにいる人に対して腹を立てる光景も時々見かけますが、、。
自分が"物知らず"で居た頃を忘れてしまったんだろうか、このヒトは、、とワタクシは思います。
知っているのに、それを考慮しない人には、そりゃワタクシも腹が立ちますよ、勿論。
でも知らないでいる事は悪い事ではありませんよね、、。
世の中には、知っている人が伝えないと気付かない人だっているんですよね。
だから少しでも自分が知っている事を、伝えられる機会があったら何度でも伝える。
この日記にだって、同じ話題を何度でも書きますよ〜。

、、当然、聞いた事をどう判断するかは本人次第ですし、ワタクシの知っている事だって全部正しいとは言いきれませんけども。
これはワンコと一緒に暮らしている我々の、ひとつの使命じゃないかと思いますね。
多分、こういう事に終わりは無くて、ヒトとイヌが一緒に暮らして行く以上はどうしようもない問題なのかもしれませんが、、。
それでも、あきらめる訳にはいかないとも思うんですよね。


、、、こんな我が家の大失敗と言えば、、。
平蔵はあんなに頭がいいのに、、。
珊瑚のあの理解力の無さ、、、。
、、で、伊佐蔵坊ちゃんは、ちょうど平蔵と珊瑚の中間くらいの頭になった事、、かな、ウヒャヒャ(≧▽≦;;)

「平蔵、ごめん、あんたにはもっと賢い子を嫁さんにもらうべきやった!」とジョーダン半分に笑ってますよ〜。

ウソウソ、珊瑚は珊瑚なりに賢いんです。
ホントですよ〜〜。

、、こう書いておかないと般若が、、般若がやって来る〜!?

写真1/ご夫婦
写真2/実は春先に火事を目撃&通報しまして、、御山の登山道にも飛び火してこんな事に。
写真3/皆でおねだり
写真4/デレッとした笑顔の伊佐蔵
写真5/風呂桶の中で拗ねている珊瑚(これから足を洗う)
写真6/やっぱ平蔵の笑顔は最高やね
by koryu_misumi | 2008-04-16 15:45 | Comments(12)
Commented by もなか at 2008-04-16 20:35 x
そっか、そういうことで平蔵くんと珊瑚ちゃんの結婚は一度っきりなんですね~。
何でなのか、不思議に思っていたところでした。
でも、平蔵くんの性質の良さを考えると残念な気もします。
うちは、今まで飼った子はみんな終生一匹飼いで、交配のこととか
考えたこともありませんでした。
そういえば、みんな柴ですけど、それぞれ違うところから縁あってうちに来たので、
みんな全然性格やら性質が違いましたしね。
Commented at 2008-04-16 23:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はるか at 2008-04-17 00:15 x
一度は絶対に出産させろ!!だなんて変な事を言うブリーダーさんも居るんですよね~
出産させた事で病気になりやすくなる場合もあるのに・・・
うちのりくは2回出産してますが、乳腺腫瘍にかかりました
幸い良性のものだったので摘出手術で事なきを得ましたが・・・
こういう病気になる・ならない。も体質や遺伝が関係してしまいますよね・・・

香龍さんは本当にワンズのことを第一に考えていらっしゃるのが
ブログのあちこちから伝わってきます。
そして私が気づいていない事もこうやって書いてくださる事で
こちらも勉強できるのでありがたいです!
これからもイロイロ勉強させていただきますので
よろしくお願いします(笑)
Commented by ムツゴロウおばさん at 2008-04-17 11:02 x
香龍さんの長文はいちいち同調しながらよませていただいています。
我が家のワンコは12才ですが、、ヒートのたびに想像妊娠してしまい、必ずおっぱいもでてきてしまうんです。腫れて熱をもってかわいそうなんですが、いままで手術はしませんでした。、結局、乳腺腫瘍で右側全摘しましたが、おかげさまで元気です。
病気は出産したかしないかで左右されるものばかりではないと思うし、統計的にそういう結果がでたものであっても<必ず>罹るものとも限らないから、やはり飼い主の考え、環境、諸事情のなかで熟慮して結論をだしたいですね。
我が家の狂犬病の予防接種は、市が地域ごとに行う集団接種会場に連れていき、背中にプス。。混合ワクチンは病院て゛。ただし、これが、初めての接種は12月ごろ始まったと記憶していますが、1年に一度のはずなのに最近は5月ごろになってます。ハハ、おはずかしい!!
香龍さんの文章を読んでいると、先生のような雰囲気(それも、とても人気のある先生)で、娘達の担任になってもらいたいような気分です。
もう、28と26ですが、、
平蔵くん一家も香龍さんご一家もおだやかなバタバタを続けてください。
いつも楽しみにしています。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2008-04-18 00:31 x
平蔵殿の良い所だけを残すなんて難しいのでしょうねェ。。。
戯言ですが、銀牙は如何・・・なんて (@^▽^@)

我が家は、基本的に終了と考えています。
たま~に、『次はいつなの?』 とか 『もう一回くらい』 とか 『次に生まれたら珊瑚ちゃん似の仔をお願いね』
なんてお声を掛けて頂きますが、半分位冗談なんで、間に受けたくも無く

改めて遺伝や、妊婦犬の事、色々と勉強不足です。
Commented by koryu_misumi at 2008-04-18 11:21
もなかさん、こんにちは!
そうなんですよ〜、こういうのって、やっぱり慎重にしないといけないなあと思います。
でもおかげで自分なりに勉強する事ができたので、やっぱり平蔵と珊瑚のおかげですね!
伊佐蔵もQちゃんも健康そのものだし、性質も良い子なので、その点はホントウにホッとしています。
でもやっぱり、、次はもう無いですね〜。
どんな子でも、皆元気で、可愛がって欲しいですもんね。
Commented by koryu_misumi at 2008-04-18 11:28
匿名希望Tさん、こんにちは!
ああ〜〜、そうですね〜、コミュなんか見てると、、ホント「集中攻撃」とかあって、ちょっと悲しくなる事ありますわ〜。
でもワタクシの書き込みも、、ちゃんと意味が伝わったかどうか〜〜、文章が淡々としててイカンなあ〜と自分で思ったりもしますよ(≧▽≦;;;)
文章だけのやりとりって、思ったよりもその人と成りが伝わって来ますよね。
でも、怒ってる人達って、、、多分、自分が知らなかった頃を無意識に思い出してしまって、無意識に腹ただしくなってしまうんだと思いますよ。
ホラ、「自分に似てる人程嫌いになる」とか言うじゃないですか〜あはは。
だから怒る人達の気持ちも分らなくもない、って部分もあるんですよね(≧▽≦;;;)←ハッキリしないーー!
Commented by koryu_misumi at 2008-04-18 11:35
はるかさん、こんにちは!
ホントですよ〜、こういうブリーダーもどうかなと思います。
やっぱり迎えてしまったら、その家の子ですもんね〜、最終決定はその家にさせるべきで、勝手に決めないで欲しいですね。
裏で、子犬を優先的に確保したいって考えがミエミエですし、、。
病気になる、ならないって、これは遺伝的なものもありますし、住環境やストレスのたまりやすい性格とか、、ホント色んな要素があると思うんです。
だから一概には言えないんですけども、そういう要因を可能な限り排除していくには、、やっぱり交配以前からも考えないとイケナインじゃないかなあ〜〜っと、、。

こんなワタクシの考えに、賛同される方もいれば、いや違うって方もいらっしゃるハズですけども。
それでもこれから犬と暮らして行く人には考える要素が沢山あった方がやっぱりいいですよね〜〜(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2008-04-18 11:46
ムツゴロウおばさん、こんにちは!
わはは、、スイマセン書き出すとついつい長くなってしまうんです〜。
お〜そういう事があったのですか〜。
体質的にはお産に向いているタイプだったのかもしれませんね。
今は元気だという事で良かったです(^^)
ホントそうですよね。その子と暮らして行くのはその家の家族なんだから、その家族が考えた末に出した結論なら、その子はきっと受け入れると思うんですよ〜。
家族が無理に行ったり、逆に後悔するような事が一番イケナイ事なんじゃないかな、と。
そういう事は肌で感じますもんねワンコって。
だから、手術してもしなくてもそれがその家の考えなら、どちらも応援したいです。
それなのに強要する人が多いのには、いつもビックリ。
注射はちとお高いから、、あはは。どうしてもそうなりますよね〜(≧▽≦)←類友が嬉しい
いいんですよーちょっとくらいずれたって!!
せ、、センセイですか。
ワタクシ教育実習やりましたが、自分には完全に向いてないと思いましたよ〜。
生徒達は可愛いんですけど、先生達の派閥争いというんですか、、もお1週間で死にそうでした、、グフ。

これからもオバカな我が家を見守ってあげてくださいませ〜!
Commented by koryu_misumi at 2008-04-18 11:50
珊瑚&銀牙パパさん、こんにちは!
ブリーディングの難しさ!?ってヤツでしょうね〜。
やっぱり欠点の無いワンコなんて居ませんからね〜あははは。
銀牙君素敵ですね!あの穏やかな感じがワタクシは大好きですよ〜。
、、ウチの珊瑚に好かれるかどうかは、、分りませんよ〜。

やっぱりファミリーで暮らしていると、どうしてもそういう事を言われますよね。
我が家も時々そんな事言われますよ〜。「平ちゃんの子が欲しいなあ」なんて、、(≧▽≦;;)
ワタクシも笑ってお返事濁してます、あはは。

ワタクシもまだまだ勉強足りません〜。
もっと一杯知りたいです(≧▽≦)
Commented by てと at 2008-04-21 09:51 x
般若がやってくるーーに笑けました(^^)
うちもよく小春ちゃんの子は!?とかなんの気なしに聞かれることがあります。でも、新しい土地で結婚してから住んでいるので、もらい手を探すことが出来ません。なので、交配はしないつもりでいてます。
やっぱり、子のことまできちんと考えないとね。かわいいだけじゃ、無責任になってしまいますもんね。

そうそう。香龍さん。最近、姫ちゃんを抱っこしている時に、小春に近づくと、(特にごはんがある時にひどいかも)今まで聞いたことのない声できゃんきゃんとかん高く鳴くんです。鼻にも少しシワが・・・・。
もし、えさに姫ちゃんが手をだしたら噛むかもしれない。
困りました(><)どうしたらいいのでしょう????
Commented by koryu_misumi at 2008-04-21 14:48
てとさん、こんちは!
ワンコってコソコソしゃべってる事とか、ちゃんと聞いてますよね〜?用心しないとわはは。
日本は一昔前は簡単に子犬を生ませたりもらったりしてた時代があったから、つい、そういう事を聞いてしまうのかもしれませんね。でも生んでもらうからには皆幸せになって欲しいですね。

小春ちゃん、ひょっとしてヤキモチでしょうか。
たいてい、ダッコされている方を優先してると見なすんですよ〜ワンコって。
てとさんが姫ちゃんの方を大事にしていると思って、ヤキモチだか怒ってるのかもしれません。
ダッコしないでいる時の二人はどんな感じでしょう。
何度も「お姉ちゃんなんだから、姫ちゃんには優しくしようね」と教えて分ってもらえるようなら、いいんですが。
ワンコによって分ってもらえる場合と、そうでない場合があるようです。母性が出る子と、出ない子ですかね。
分ってもらえないんだったら「姫ちゃんの方がエラいんだよ」ときっちり教えるのも必要かも〜。
ゴハンの時に怒るのは、そういう意味でライバル心が芽生えてる可能性もありそうです。