柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(755)
(205)
(151)
(117)
(48)
(37)
(19)
(11)
(7)
(7)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

眠れずに、ココロのつぶやき

b0057675_9462141.jpg

※和散歩のために読まれている方へ…。
この記事は特に読まなくてもいいですよ〜。
飛ばしておいてくださいませ(^^)



最近、寝付きの悪い日々が続いています。
今年に入ってから、あちこちで知っているワンコが事故や病で亡くなったり、、先日書いたように迷子になるワンコが居たり、、コスタリカのアーティストが犬の生命を使ったアートを展示したり、、。

ワタクシは犬バカですから、、その子達がその時何を思ったか、今何を思っているかを考え始めると、、もうどうしようもなくなります。

b0057675_9471763.jpgネットの世界は、ネット上に載せられた世界中のありとあらゆる事柄を時差もなしに、、真贋確かめようも無いままに、知る事が出来ますが。
知ったからと言って、、それに対して大した事も出来ないと言う事は、ほとんど何も知らない事と変わりはありません。
ネットの世界に入ると、世界中のすべての物事を見渡せる場所に立っているような錯覚に陥りますが、、、実は…結局は自分の小さな世界から出る事も出来ない。

本音を言えば、亡くなったワンコのオーナーさんの元へ行って、胸に溜まったハナシを聞かせて欲しい。
熊本へ行って迷子のワンコを捜して回りたい。
コスタリカのアーティストの展示だって、その展示品扱いされた犬が死んでしまう前に、その事を知れれば。
出来るものなら展示会場のある国まで飛んで、つながれたヒモを切り離して、その子を抱えて逃げられれば。

b0057675_9485517.jpgしかし、現実的には自分の属する世界とそれを天秤にかけてしまうワタクシ。
しようと思えば絶対出来ない事ではないのに、出来ない。
てなワケで、、結局は悶々とした夜を過ごす事に、、。
中にはそれを実行できる行動力や、財力、権力を持つ人もいるでしょうけども。
ワタクシは小さなニンゲンでしかありません。
毎日生きて、家族やチビズと暮らしていく事に精一杯。

こんな時、無力感を味わわずには居れません。
、、同じような状況に置かれたら、、多くの人もワタクシと同じ思いをするのでは。
またそれも言いだすとキリがないのですが、、。
しかし、それを言い訳にもしたくないので、出来る事を自分に出来る範囲でする事しかありません。
そりゃあ、砂漠の砂の一粒にもならないような事かもしれませんけどね。
その一粒で、自己満足だと言われればそうかもしれませんが、、。

そして、あとは祈るだけ。
そしてそして、冷静になるように心がけるだけです。

b0057675_951536.jpgただ感情に流されては、見失うものも多いと思います。
当のオーナーさん達と心を一緒にしながらも、その事から得る事も確かにあるはずです。
たとえ、自分の小さな世界から出る事ができなくても。
この小さな世界を見てくれる人が居る以上は、自分が得るものをここに書いて行きたいと思います。

ワタクシ達は価値観や感性はそれぞれ違うかもしれないけれども、同じものを見る事は出来る。と思うからです。





コスタリカのアーティストの「展示」については、今なら検索すれば山のように該当記事が出てくると思います。
(ここに詳細を書くのはやめておきます。あまりにも情報が多過ぎて、どこまでがホントウかデマか判断しにくいのですが、検索を重ねて行くうちにある程度の姿は見えて来ると思います。どうぞ個人で納得いくまで調べてみてください)
この事に関して、何を感じるかは個々の価値観におまかせします。
命の大切さや、アートとは何ぞやと、色んな人が色んな考えを書いていますね。
ワタクシはアートって、この世の森羅万象がアートだと思っておりますので、、これを当人がアートだと言うんなら、アートなんでしょうな。
おぞましくも素晴らしき「表現の自由」というヤツです。
しかし、これによって、確かに命の大切さに気付いた人が少しでも居るなら、そういう意味ではワンコの死は無駄になっていないと思います、、。

が。

それはこのアーティストの所業とはワタクシは思いません。
このワンコが死をもって広めた所業だと思います。

そのアートに関してアーティストがどんなもったいぶったウンチクを言おうと、行為そのものはネット上で虐待ムービーをオモシロ半分に載せるニンゲンと大差ない。
ワタクシが残念なのは。
このアーティストは、ニンゲンとして"考える脳みそ"を持っているはずなのに、、このアートのメッセージを、、ワンコの命を使わずとも世界に発信できたハズなのに、なぜこのような選択をしたのかという事です。
自分の種以外の生物を思いやる事が出来るのは、ごくわずかな生き物にしか出来ない事なのに。
しかも、それが最も出来るのは人類だと言うのに。
そこにこのアーティストの人間性をかいま見たような気がします。

またぞろ真似をするニンゲンがワサワサ出てきそうで、嫌な気分です。
でも、逆にこのヒトは、、狂信的な動物愛護家達に命を脅かされるような事になるかもしれませんね。
当然その覚悟もあったのかもしれませんが。

ただ、ワタクシはワンコが可哀相だからという事だけで、アーティストを弾劾するような事は出来ません。
そんな事ができるようなニンゲンではないからです。
何故、と突っ込まれそうですが、、。
では。、、それがワンコだから怒りを覚えるのでしょうか?
もし展示で餓死したのがニャンコだったら?ウマだったら?ウシだったら?ニワトリだったら、、サカナだったら?

ワンコとサカナでは違う。と言われる人もいらっしゃるでしょうが。
ではその差は何なのか?
サカナを可愛がっている人には怒られそうですよね。
ワタクシの知人にはニワトリを我が子のように可愛がってる人も居ますし。
日本人は、少し前まではウマやウシを犬同様、家族同様に可愛がって「四つ足を食べる事は残虐だ」と言っていたのですが、、その事を知らない日本人は多いですね。
でも、欧米の文化がなだれ込んで来て、いつしか食べるようになってしまい、、そんな文化があったことも忘れてしまいつつある。
今の日本人は、かつての日本人が残虐だ野蛮だと言っていたニンゲンになっている。
不思議なものですよね。
そんな矛盾も知らずに、今は、犬を食べる文化を野蛮だと言う人も沢山居る、日本人、、。

ワタクシは、殺されたウシや、殺されたブタや、トリや、サカナ……の肉を食べたり、皮で作られたバッグや財布や靴を身につけたりして暮らしています。
綿や麻の服だって、刈り取る機械に巻き込まれた鳥の巣に居たヒナ鳥や虫などの小動物を殺しているでしょうし。
植物だとて同じ事。
たとえそれらを殺しているのが代行者だとしても、、気に入らないからと食べ残したり、簡単に捨てたりすれば、それはまさにイノチを無駄にする行為、イノチを大切にしていない行為なのでは。
これらは、アーティストの行為とどれだけの違いがあるのか?

殺されたウシやトリ達はこの世に生まれてからどれだけ自らの生の喜びを全う出来たでしょうか?
それだけではアリマセン。
ワタクシが一生の間に乗る乗り物が、一体どれだけの生き物をひき殺しているか。
地面を歩く一歩一歩が山ほどの小さな生物を殺しながら進んでいる、なんて、普段は考えもしない。
どれもこれも、結局はニンゲンの都合で強引に無慈悲にイノチを奪う事に変わりはないのにね。

とどのつまり、イノチを大切にすると言う事は、自分を取り巻く全ての物事を大事にするという事にたどり着く。
イノチを大切にする事を考えるなら、その対象が特定の生き物に限られてしまうのはおかしいと思うワケです。
ただ、ワタクシにとって最も身近な愛する異種生物の代表がチビズなだけで。
彼らはワタクシにとって「イノチ」の代表でもある、という事なだけなのです。

時々、チビズを見ていて無性に愛おしくなったり、なんとなく切ない気持ちになったりするのは、ひょっとしたら、、自分でも無意識にこの世界のイノチの輪の片鱗を感じさせてもらえるからなのかも、、。
自分が"イノチを大切にするという事"をどれだけ忘れていたか、思い知らされるからかもしれません。

ワタクシは過去に山ほどイノチを奪ってきています。無駄にもしています。
いくらそうしないように気をつけていても、これからもしていく事でしょう。
もしもこのアーティストにこの事を指摘され、オマエにそんなエラそうな事が言えるのかと問われれば窮するしかありません。
しかし、聖人でも無い限り、ただ一つのイノチも奪わずに生きて行く事は無理。
それらの業を背負いつつ生きて行くという点では、、どんな奪い方をしても、我々は皆同じなのでは。

ですから、アナタの都合でイノチを奪うな、と言える程ご立派なニンゲンではないワタクシなのですよ、、。

、、、と考えるに、やはりワタクシの怒りは、アーティストが自分の都合でワンコのイノチを奪った事そのものではなく、先に書いたように、このアーティストのアートの表現方法にたどり着くような気がします。
自分の最も身近な愛する異種生物と同じ生き物が無惨な死に方をした事で、まずは感情的な怒りが湧くのですが、、それに溺れては本筋を見失いそうになる。
、、で、ツラツラと眠れないままに思考して行くと、結局はこの事に行き着くんですワ。

確かにワタクシには奪うなとエラそうな事は言えないけれども、奪わずに済む事を何故しなかったのか?と糾弾する事は出来る、、。

他の選択も出来たはずなのにしなかったアーティスト。
いえ、その選択をわざわざ選んだ。
その人間性に、です。
…これって、毎年殺処分に犬猫を持ち込む人と同じですよね。

結局ニンゲンのする事は、世界の裏側でも、どんなご立派な大義名分がついてこようと大局を見ればたいして変わりはしないのかな。
目に映る衝撃につい腰を浮かしてしまいますが。
見渡せば同じくらい残虐な光景は身の回りにもある。
恥ずかしい事に、何でもすぐに影響されてしまうワタクシですので、、左右されてしまわないように気をつけなくては、と肝に命じる事に、、。

ワタクシに出来る事は、相も変わらず限られています。
せめて絶対こんなニンゲンにならないでおこうという決心や。
足元に居るチビズを、こんな目に遭わせないでおこうという決心。
そしてそして、足元から周りを見渡して、自分が出来る限りの範囲で出来る事をしようという決心。
の、再認識、でしょうかね。

最後に出来る事は、、やっぱり祈る事かな。
もう「今」は苦しんでいないワンコが、、もっと素敵な所へ行けるように。
はたまた、生まれ変われたらもっと素敵な生を授かるように。
by koryu_misumi | 2008-02-04 10:16 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(14)
Commented by なりごま at 2008-02-04 13:45 x
う~ん、重い。。。
あくまでもあくまでも私見です。
コスタリカのはアートだとは捉えられません。
動物でも虫でも、この世に生を受けて生きているものの「死」をもって作り上げるものがアートといえるのでしょうか。
であれば、そのアーティスト自身の「死」をもって表現すべきでしょう。
せめて同じような事をする人達が出てこない事を祈りたいです。
Commented by 星の母 at 2008-02-04 16:11 x
こういう話を聞くたびに、実家のサチが眠る動物霊園の管理人さんの言葉を思い出します。そこは比叡山の山中の為、そこには住んでおられず、出勤してこられるんですが、来ると入り口の前に犬が捨てられていることが多いのだとか。それも老犬や病気の犬。その当時で7,8頭いました。もちろん管理人さんたちが世話をしておられます。

『犬を捨てる人は、いつか自分が捨てられるんだよ。』

因果応報、という言葉を知っているか、と問いたいです。世界大会?に参加するというそのアーティスト、次は自分がくくられてくれるんならまだしても(それでも許せないけど)。世界大会に参加させない、という署名活動もあるようですね。
言葉を持つ唯一の存在としての価値があるのかどうか。人間の尊厳と存続が問われているような気がします。
Commented by めりはり at 2008-02-04 21:38 x
私もあれをアートだとは認めたくない者の一人です。
アートを冒涜していると思うし、真のアーティストに失礼です。

うちの近所でも、迷子犬の張り紙をよく目にします。
その犬の安否とおうちの人の心中を思うと、いたたまれなくなります。探し回りたい気持ちになりますが、そうもいきません。外出時に気にかける程度のことしかできません。
私も小さくて狭い世界で暮らしています。それを守ることに手一杯。
でも、自分の言動の届く範囲内では、ベストを尽くしてみようかな~と思ったりしてます。
Commented by きつね at 2008-02-04 21:54 x
・・・じっくり繰り返し読ませていただきました。
本当に、私たちは私たちのできることをする、
それしかできないですね。
だけど、大切なのは、そのキモチではないかと思います。
香龍さんが、そういうキモチを持っている限り、チビズたちを幸せにしてあげることはできる、それって素晴らしいことだと思います。
それしかできない、ではなくて、そんなにイイことができる、と考えて、どうか一日も早く、ぐっすり眠れる日が来るように祈っております。。それが今、私のできることだから・・・
Commented by あちゅこ at 2008-02-05 07:10 x
なんて胸の詰まるような思いをさせられるのでしょう・・・
このアーティストと名乗る人の行為に、確かに命の大切さや人間の身勝手で偽善的な弱さを考えさせられるかもしれません・・・
だからってこんな事が許されると思っているのならなら、それこそなんて身勝手で弱くて偽善的で・・・情けない!
本当に強い意志を持ってメッセージを発したいなら、病気で飢えた自分が街角に横たわればいい。それも最善策とは思えませんが・・・
少なくともこの人がやってる事はアートではない。

そう強い憤りを感じつつも、今日本で命の火を消そうとしているワンコデすら救えない自分に打ちひしがれる気持ちになっています・・・
本当に人間なんて小さな小さな存在ですね・・・
Commented by chocooo at 2008-02-05 16:14 x
う~ん、何がこんなに気持ち悪くさせているんだろうと思ったら、
自分の妄想を成就したいだけの異常な犯罪(性的犯罪も含めて)のニュースを聞いた時と同じ感覚でした。
しかも、その行為を国あげて支持した(国代表にした)というとこが、気持ち悪さを増幅させてます。

人間は、思想という名の下に、どんなことでも行動でき、自分を正当化できる生き物なんですね。
人は、無意識のうちに精神が破綻しないですむように生きている気がします。
今こうして私がコメしてるのも、彼が実行してしまったのも、人間でいたいがための行為だった気もします。(彼の行為は認めませんが)

人間の群れからはぐれてしまうと、周りを気にしなくてすむ分、思想も独りよがりのものになりやすい気がします。そうなった時の精神コントロールが鍵だと思います。
支離滅裂ですみません。彼の餌食になったワンコの冥福を祈るばかりです。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2008-02-05 23:17 x
スミマセン ワタシ知らなかったです。
皆さんのコメントこ拝見する限り、見たくもないと思います。
眠れない事は無いかもしれないけど、うなされそうで怖い。

伊佐蔵坊ちゃんとママン様の横を、ネコバスが通り過ぎて行く様な・・・
ステキだなぁ、この雰囲気 ( ◎≧艸≦)

我が家の4(5)柴を連れて行ったら、1日中遊んで居そうな気がします。
そんな姿を、お茶をススッテ、柴談議・・・ああ・・・そんな時間が欲しい。
あの・・・誕生日イベントをパクって開催しております。
遊んでやって下さいまし (///∇//)
Commented by koryu_misumi at 2008-02-05 23:32
なりさん、ごまちゃん、こんばんわ!/なんだかこんなハナシ書くだけでズ〜ンときちゃいますけどね、、。
でも意外と、多いんですわ、アーティストって、こういうの、、。
虫とか小動物を使うのは時々あるようですけど、、。
でも、このコスタリカ出身のアーティストは、アーティストとか言う前の問題のような気もします。
心底ホントにこのメッセージを発信したいのなら、まさに自分自身を使って欲しいですよね。
こういうのって、真似する人が必ずといっていいほど出て来るのが、、余計嫌ですね。
Commented by koryu_misumi at 2008-02-05 23:38
星の母さん、こんばんわ!/全くそれってまさにアーティストと大して変わらない事やってますよね。
そんな事しても、夜はぐっすり眠れる人達なんでしょうね、、。
そんな自分が恥ずかしいとかも思わないんでしょうね。

そうです!因果応報!!
絶対そうなって欲しい!そうでないと益々腹が立ちます。
世界大会にこのアーティストを選んだ人達も、なんだかなあ、という感じですよね。
確かに作者のメッセージはその通りだと思うような事言ってますけども、、誰もが後ろめたい事を今更見せつける為に、やる事がね、、。
署名活動は世界中で数十万人になっているそうですね。
こんな事言ったら怒られるかもしれませんけど、、勢いだけで署名してる人も居るんだろうなあ〜。
それもこのアーティストの思うつぼで、むかつきますね。
Commented by koryu_misumi at 2008-02-05 23:44
めりはりさん、こんばんわ!/そうですね。ネット上でも色んな解釈を見ましたけど、それって、当たり前な反応ですよね。
そんな当たり前な人が沢山居る事が、せめてもの救いのような気がします。

そう、、迷子。殺処分される子達。色んな生き物達。
みんなみんな、ホントウは幸せになって欲しいのに、、。
現実的にそれが出来ないって、悲しいですよね。
でも、出来るだけの事をするのとしないのではやっぱり違いますもんね。
それで、ほんの少しでも何かが変わって行けば。
こうやって生きて行くしかないんですから、せめて前向きに行かないとですね!
Commented by koryu_misumi at 2008-02-05 23:49
きつねさん、こんばんわ!/あんまり考えずにバ〜っと書いてしまったので、読みにくかったと思います、、。
そう言ってもらえると、有り難いですよ〜〜!
気持ちがあるのとないのでは、やっぱり行動にもそれが出てきますもんね。
ワタクシは、チビズがシアワセに違いない、と思えるように毎日生きてます。
これが広がって、もっと沢山の生き物がそうでいられるようになるといいなあっと思いますね。
寝付きは悪いんですが(≧▽≦;)ちゃんと眠れてますので、大丈夫ですよ〜!
心配してもらってありがとうございます〜!
Commented by koryu_misumi at 2008-02-05 23:55
あちゅこさん、こんばんわ!/ワタクシも知った時にはもお、、胸が苦しくなりました。
ホントに情けないですよね。
メッセージそのものは、それらしい事を言っているくせに、やる事は才能あるアーティストのする事ではないような気がします。
自分だって該当者なはずなのに、卑怯ですよね。
誰かやったらいいんですよね。
このアーティストを壁につないで餓死させるアートを!

誰だって、全ての生き物は救えませんよね。
大抵の人は自分の世界で生きるのに一生懸命で、そんな余裕が無い、、けども。
そういう事を真剣に考える人程後ろめたかったりしますもんね。
でも、それでも暮らして行くしかない、、、。
やっぱりせめて出来る事くらいはする事しかアリマセンよね。
Commented by koryu_misumi at 2008-02-06 00:02
chocoooさん、こんばんわ!/そうなんですよ〜〜。
こんな展示場に展示されてるけども、まさにそこらに溢れているアブナい行為と同じ!
この人を代表に選んだ人達は、、、相当ワタクシ達と価値観が違うんだろうなあ、としか思えませんね。

人が人である事を考えだすと、難しいものがありますよね。
例えば戦場では綺麗ごとなんかは言えないし。
倫理とか法とか言いだすと生き残れない、なんてありますよね。
でもそういうトコロでこそ、ニンゲンとして試される部分もありますし、、。
宗教とか法律という枠に、はまる事で安心できている、まだまだ未熟な生物ですからね。
ワタクシ思うに、この人はセンセーショナルにする事で、自分のアートを凄く見せたい、話題になりたいという、陳腐な思惑を感じますわ。
このワンコは今、世界中の人に思われているから、、きっと素敵な所に行けていると思います、、。
Commented by koryu_misumi at 2008-02-06 00:06
珊瑚&銀牙パパさん、こんばんわ!/知らない方が良かったかもしれません、、。
ついつい記事にしてしまいました。
写真も捜すと色々あります。死にかけたワンコを「鑑賞」している人達も写ってますよ、、。

いいでしょ〜我が家の近辺は、もうド田舎ですから(≧▽≦)/
地形的に「風の道」がありますので、時々本当に猫バスが通ったような風がふく事があるんですよ〜!

いいですね!柴ワンだらけで柴談義、、。ウットリ。
ウチのチビズがヤキモチ焼きそうですけど、あははは。
おっ!イベントですね。すいませんでした、既に知ってましたけども、まだ行ってないのですよ〜。
散歩コースの銀牙君体型の子を見て、数字を決めようと思ってるんです、ムフフフ!
あのダッコした感触、、忘れられませんね〜!!