人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

K2君

b0057675_10583995.jpg
前々からここにアクセスされている方には、ご記憶の方もいらっしゃるかと思いますが、、以前「K君」というワンコのハナシを書いた事があります。
つい「ワンコのシアワセとは何ぞや」と思わずには居られない経験を書いたのですが。
某日、某情報筋から、そのK君が、、、実は、既に半年以上も前に亡くなっていた、、というハナシを聞いて、なんとも言えない気分になっておりました。

b0057675_1115724.jpg思えば「K君」を書いて2〜3ヶ月もしない内に、彼の姿を見かけなくなってはいたものの、、。
その前から、元気いっぱいの新人同居犬君とは別の散歩スケジュールをしていたので、、そのせいで見かけなくなったんだろうとばかり思っていたのです。
が、、どうやらその頃に亡くなっていた模様。

まだ逝くには早かったんじゃないかと、、。
、、今頃楽しくアチラで過ごしているといいな、、。

ところでそのK君の後輩犬君は、、この子も頭文字だと「K君」になっちゃうんですが、、あははは。
このK2君、亡くなったK君のようにブクブク太ってない所を見ると、こちらのオーナーさん(特にオジサンの方)もさすがにK君の事で何か学んだらしい。
K君とは違って、標準体型を維持しているどころか、元気いっぱいなのですよ。
あのオジサン、、ヒトの言う事は聞かなかったけど、、K君の命と引き換えにやっと判ってくれたに違いない。
もっと早く気づいてくれれば、とも思うのですが、同じ経験をしても気づかないヒトだって居る事を考えれば、ずっと良い方かも。
まあ、元気いっぱいのK2君が幸せそうな様子を見るのはいいもんです。

b0057675_1143654.jpgところがですね。
このK2君。
初めて出会った頃から"ガウガウまっしぐら"な子でして、、他のワンコと散歩中にすれ違う度に、あまりの凄さにオーナーさんがいつも抱え上げて通り過ぎているのですよ、、。
勿論、我が家のチビズも例に漏れず、散歩コースですれ違おうものなら大騒ぎでギャンギャンされ。
まあ我が家のチビズは相手にしないで通り過ぎる事にしてますので、別に問題は無いんですが。
「駄目でしょ!」と言われてはいるものの、K2君は全く聞く耳持たず、、一生懸命ダッコするオジサンorオバサンが気の毒な程なのです。

そんなK2君をすれ違うたびにチラリチラリと観察していたワタクシ。
ど〜もK2君はビビリが変じてガウガウいってるような、、、?

で、ある日。

b0057675_1110945.jpgたまたま伊佐蔵が別コースで居なかった時に、K2君とゆっくり挨拶する機会を得ました。
ぼっちゃんは興奮したワンコが相手だとすぐ自分も興奮してしまうので〜〜。修行が足りませんわ、まだまだ。
いつものようにギャンギャン吠え立てるK2君を目の前に。
「どうも怖がって吠えているように思えるんですが、、」とワタクシ。

「え?そうなんですか?何度言っても判ってもらえないんですよ、、」と困った風情のオバサン。

「もしそうなら、怖くないって教えてあげられれば、少しずつ良くなると思うんですけど」

「どうしたらいいんでしょう?」

「、、、そうですねぇ、、、」

ふと傍らを見ると、人間同士の立ち話の間、シレ〜っと立っている平蔵と珊瑚の姿。

、、そうだ。

「平蔵、K2君に"怖がらなくていいよ"って、教えてやってよ」と試しに平蔵に言ってみました。

b0057675_11131519.jpgその言葉を察したのか、すぐに吠え続けるK2君に近づく平蔵。
一応、紐の長さはギリギリにしておいたのですが。
フンフン。とK2君に鼻を近づける平蔵に、、。
なんと、K2君はピタリと吠える事を止めてしまったのです。
そして、最初はおっかなびっくりでしたが、、やがて、ごくフツウに犬達が挨拶するようにお互いの鼻先をクンクンしあってました。

「あらー!?ホントー!K2ちゃん、ちゃんとご挨拶できるじゃない〜〜!」

オバサンもビックリ。
ワタクシは心の中で”やっぱり”(≧▽≦)。

そう。
やっぱり平蔵ってば、頼りになるなあ〜〜!

勿論、平蔵にも好みはありますが、、彼は過去に何度も書いて来たように、迷子になって怯えているワンコや、弱いワンコにはホントウに優しくできるヤツのようですね。
こういう時の彼は、ワタクシの期待を裏切りませんワ!
よかったなあ、K2君、これでお友達も増えるに違いない。

b0057675_11192074.jpg「まあ〜、そうなんですね、怖がってたんですね〜。
それにしても、嬉しいわあ!フツウに他の子と挨拶できるなんて!」とオバサン。

「こんな風に、K2君に優しそうなワンコと挨拶させてやっていたら、きっと良くなると思いますよ〜(≧▽≦)」とワタクシ。

「でも、よそのワンちゃんに噛み付いて怪我なんかさせたら、いけないでしょう?」

「最初はヒモをギリギリ届かないくらいで様子を見てみるといいかもしれませんね」

「そうね、そうします」

、、、で、、結局。

今もK2君が挨拶できるのは平蔵だけのようです、、。
多分、オバサンが、、"相手に怪我させたら"と怖くて他のワンコと挨拶させきれないみたい、、。
、、あははは。

でも我が家のチビズがすれ違うときだけは、吠えられなくなりましたよ、K2君(≧▽≦)

写真1/オトコ組寄り添う、、というか一方的に寄りかかってる。
写真2/平蔵と珊瑚夫婦、、換毛の具合でシッポの太さが違い過ぎ
写真3/軍手引っ張り合い母子
写真4/廊下にたたずむ伊佐蔵
写真5/昼寝中平蔵、前足浮かんでます
写真6/ぼろ毛布に包まる珊瑚
by koryu_misumi | 2007-11-30 11:26 | Comments(16)
Commented by 星の母 at 2007-11-30 11:41 x
おぉ~~~!リアル更新に立ち会ってしまいましたよ!!
さすが私の平藏様(は?)、ぜひうちの星にも教育的指導をお願いいたします・・・・。

その身に降りかかって初めて・・・というのは良くあることで。
思わず自分と星の体形を見直している次第です。(自爆)
いや、おやつはほとんど食べてないんですよ・・・!運動が足りないだけ・・・・(解ってるならやりなさい)
いっちゃんにお肉をプレゼントしたいです。(傍迷惑)
Commented by koryu_misumi at 2007-11-30 11:58
星の母さん、こんにちは!/わはは!!たった今更新しなおしたら、いつのまにかコメントが〜〜。
まさにリアルコメントですわ(≧▽≦)

K君のハナシは、あちこちで見かける光景ですよね、、。
わ、ワタクシも「明日からオヤツ制約しようっと、、」と言いつつ、いつもその明日の明日のあした、、、、と延長してしまいます(≧▽≦)
チビズには健康管理をやらせておきながら自分は〜〜あはは、、、。
伊佐蔵にオニク、ありがとうございます。
、、、ひょっとして星の母さんのオニク、、!!!???
Commented by ころわん at 2007-11-30 13:16 x
う~ん…平蔵君って特別なパワーがあるワンコなのかも。。。

K君…虹の橋に旅立ったんですね・・・。
ワンコの犬生は飼い主次第って所もありますよね・・・。
愛情表現を間違ってしまうと大変な事になってしまいますしね。
相手が命あるモノだけに結構その辺が難しい所ですよね~。
K君がアチラで楽しく過ごしてると良いですね。。。
K2君…平蔵君との出会いが何よりだったと思います。
ワンコ同士で社会性を身につけるって大切なことですしね。
ワンコも人間も出会う相手って凄く重要だと思います。
K2君が平蔵君に出会った事で他のワンコとも段々
挨拶できるようになれば良いですね~。

子供は親を選んで生まれて来ると何かで聞きましたが…
いっちゃんはそういった意味でも平蔵君&珊瑚ちゃんの子供として
生まれてきたんでしょう。。。
Commented by 凛ママ at 2007-11-30 19:25 x
平ちゃ~ん。
うちの凛にも挨拶教えてくださ~い。
凛はある程度までならワンコが近づいてきても大丈夫なんですけど、限界距離を超えると、ガウガウ(近寄らないで~)となってしまうんですよ。香龍さんもご存知でよね。
もともと神経質、臆病、慎重な性格のようです。拾い食いも一切しないんです。家の外ではおやつも食べないんですよ。お散歩では緊張でいつも泡ふいちゃってます。お散歩に誘うと家中を逃げまくるんですよ。
家が一番くつろげるみたいです。
Commented by まろまろ at 2007-12-01 08:13 x
K君、気の毒でしたね。
でも2代目のK2君が元気でいる所を見ると
愛情とは何かを学んだようで、ホッとしました。

平ちゃんはやはり、すごいシバイヌさんですね~。
さすがです。
Commented by コロスケ at 2007-12-01 10:10 x
愛情とはなんぞや・・・
正解などないのかもしれませんが
ヤッパリ限度がありますからね、極端なのはいけませんね
K2君も心配だわ、臆病と警戒心が強いのとはちがいますからね、いぬとして社会性をみにつけさせたいとおもってみえるんならきちんとしたトレーナーの所に相談されるのも良いと思うんですが、よそ様のワンコですからね、私の地区では動物愛護センターで無料相談や躾教室を行ってます。何度か見学にいかせてもらいましたが私自身もとても参考になりました。
K2君とたのしい犬の居る暮らしをしてほしいものです。
Commented by まーく40 at 2007-12-01 18:47 x
はじめまして~。 K君のお話(過去記事)なんともいたたまれない気持ちで拝見しました。取りようによっては暴力無き虐待のように感じてしまいますが、飼い主さん(おじさん)にその自覚がまったくないのではどうしようもないですねぇ。
でも無責任に捨てたりする飼い主よりはまだマシだというべきでしょうか。。。車椅子生活になってもおじさんなりの愛情で最後まで可愛がったようですし、K君自身も幸せだったのかも(これを考えるとなんともいえない気持ちになります)しれません。
おばさん(&K2君)の方はただ無知なだけで、まだ見込みがありますね!平蔵くん、今後もしっかりサポートしてあげて下さいね♪
Commented by chocooo at 2007-12-02 00:00 x
平蔵さま、ファン度ますますアップですよ~(≧▽≦)/
なんて懐の深いワンコなんでしょう。
平さまの性格は小さい頃からそんなだったんですか?
いつも落ち着いて冷静だったんですか?
いっちゃんみたいなやんちゃなところはあまりなかったんですか?
(ああ、質問攻め・・・気になる殿方ゆえ・・・すんません)

ワンは時に飼い主のために喜んで犠牲になることがあるって聞きますが、K君も、おじさんの欲求を満たし、術後回復を助け、精神を癒してあげて、結果的には、おじさんの寿命を伸ばしてあげてた形になってたんでしょうね、身を挺して。
K君が、最期におじさんにありがとうって言ってもらったと信じたいです。

K2君、平蔵君とふれ合えて本当によかったね。
香龍家のワンの皆さん、彼をよろしくね♪
Commented by 8朔@おばちゃん at 2007-12-02 00:04 x
さすがだの、平蔵くん! 惚れなおしたぞ。
ウチのこむぎも友だちにしてやってくれ!
こむぎは他犬他人無用のガウガウ犬だが、噛んだことはない。
慎重で我慢強い、日本犬らしい柴犬さ。
なにより美人だぞ〜〜!
さらに胴長短足、柴犬目線での女の魅力を備えておるぞ。
(⋯あ〜あ。近くだったら会いに行くのに)

K2って⋯ 一瞬、山岳部云々かと思っちゃったよ。
Commented by koryu_misumi at 2007-12-03 12:53
ころわんさん、こんにちは!/平蔵はワタクシの言わんとする事をものすごく理解しているように見えるときがあって、ホントウにビックリします。
、、偶然かもしれませんけど、ひょっとしたらホントウに判断できているのかも〜〜親ばかですね〜!

そうなのです、K君、、すっごく幸せそうではあったんですけども、、。複雑ですよ〜。
身を以てK2君にホントのシアワセを運んでくれたのかな、、って思うようにしてます。
ワンコと暮らすには、やっぱり同居するニンゲンの影響をよく考える必要がありますよね。
ニンゲンにはそんな大した事無いかもしれないけども、それが大きくワンコの犬生を左右するんですもんね。
K2君の事は気長に、、やっていくしかなさそうです。
K君の時にも書いたけども、このご夫婦の意思疎通にも少し問題がありそうな気もするんですよね。
まさかそこまで口を突っ込む訳にもいかないし、、あははは。

伊佐蔵でしょ、、。
ホントにどういうワンコになるんだか、さっぱり判りません。今でも(≧▽≦)
でも平蔵と珊瑚を見て、色々学んで欲しいですね〜。
そして男前に育って欲しいです!!
Commented by koryu_misumi at 2007-12-03 13:13
凛ママさん、こんにちは!/憶えてます凛ちゃん。ワタクシも怒られちゃいました(≧▽≦)
K2ちゃんちょっと似た感じです〜。
でも平蔵が可愛い凛ちゃんに会ったら、、、、「好色一代オトコ」の血が騒いで、やっぱり凛ちゃんに怒られてしまうかもしれません〜あははは!
凛ちゃんは他の子との触れ合いが苦手なんですよね。
こういう子って、幼児期の経験もありますけど、生まれつきの性格の子も居ます。
でも家族と一緒に居る事がワンコの一番のシアワセですよね!
K2君も家族に可愛がられてシアワセそうだから、それはそれでもいな〜とワタクシは思います。
社交性は無理しない程度に、、自然に養って行くくらいでいいかもしれませんね〜。
Commented by koryu_misumi at 2007-12-03 13:15
まろまろさん、こんにちは!/そうなのですよ〜、まだまだ若かったのに、知ったときはショックでした。
K君の命が代償でしたけど、それでもK2君が健康で幸せそうで居られるのを見ると、ホッとします。
K君には申し訳ないんですけど「もうこれで大丈夫」って思うんですよね〜〜。

平蔵にはホントに感心させられます、、。
オンナノコに会ったときはスケベ心丸出しで全然言う事聞かないんですけど、、あはは。
Commented by koryu_misumi at 2007-12-03 13:21
コロスケさん、こんにちは!/こればかりはそれぞれの家のそれぞれの生き方がありますよね。
どれか正しいって言えませんよね〜。
このお家は、、オバサンには、K君を迎えた頃からワンとの暮らし方についても色々聞かれていたんですよ。
ですから、コロスケさんが言われるような地域の教室とか相談所とかも教えてましたし、、そういう所の冊子を持って行ってあげたりもしてたのですよ〜。
新しいワンコを迎えた時にも子犬の本を差し上げたりとか、、。
それで「K君」のような事になってしまったし、K2君の今があるんですよ〜〜〜。

それに、、教えた事を忘れちゃうみたいです、、あははは。
Commented by koryu_misumi at 2007-12-03 13:25
まーく40さん、こんにちは!/いや〜、K君の時は、オバサンがオジサンの行為を止めさせようとされていたのが、せめてもの救いだったんですが、、。
オジサンは最後まで自分の行いを「愛情故」と思ってらしたんでしょうね。
こういうのって、いくら言っても本人が理解しない事にはどうしようもアリマセンワ〜。
そうなんです、可愛がってはいらっしゃるのですが、それが道をずれているというかなんというか、、あははは。
でもおかげで目が覚められたようでホッとしました。
少なくともK2君は健康で居られるんですものね。
よそのワンコの事なんですが、、ワタクシも可能な限りサポートしていきたいなあと思ってます(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2007-12-03 13:33
chocoooさん、こんにちは!/おお〜平蔵ファン度UPですか〜!
いいんですか、ホントウはドスケベなんですよ〜、コヤツは(≧▽≦)
平蔵は迎えた時から妙に落ち着いてて、孤独を愛する生意気なヤツでしたよ。
子犬の頃から、褒められても「フン、その手にはのらないぜ」って感じで、常に対等で居たがりましたし、、、。
いや〜〜ホントウに育てにくかったんです!!!!!
ワンコらしくないというか、、小さなオッサンが着ぐるみ着てるんじゃないかと疑いたくなるような。
沢山のワンコと触れ合って来たヒトから「こんなワンコは初めて見ました」と言われる事もありますよ〜、あははは。

K君もオジサンも相思相愛だった事は確かです。
散歩しているときもふたりとも嬉しそうでしたもんね〜。
オジサンはホントに死にかけた程悪い時があって、まさに救い主だったと思います、K君。
今のK2君が多分健康で居られるのはK君を見送る時に、オジサンがちゃんと気づいてくれたからでしょうね。
きっと感謝の気持ちがいっぱいだったのでは、、。

K2君はまだ若いのでまだまだ見込みがありますよ〜。
あとはオジサンとオバサンにもっとワンコの事を勉強してもらう事、でしょうね、あははは。
Commented by koryu_misumi at 2007-12-03 13:38
8朔@おばちゃんさん、こんにちは!/おお〜平蔵の株が上がりましたね〜!
ちなみに平蔵は元気なオンナノコワンコには「お尻におわせて〜!」って好色ぶり爆発で言いよります、、、ので、たいてい振られます、、、。
た、多分こむぎちゃんにも、、あははは。
こむぎちゃんの性質って、日本犬らしいですよね、あははは。伊佐蔵なんてまさにそれですよ。
ヒトには気を許さず。
ワンコには「家族との大事な散歩の邪魔すんなよな!!」ってガウガウ言う事ありますわ〜。
日本犬ってホントウに家族大事ですよね、、、友達作るより優先だったりしますもんね〜。