人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

悲しいB君

b0057675_14334640.jpg
シバツレをご覧の方にはご存知の方も多いかと思いますが、以前傘で叩かれた子犬の話を書いた事があります。「目撃した事」
この子の家は、我が家の散歩コースにありますし、道に面した駐車場に繋がれているので、そばを通る度に声をかけておりました。
散歩コースを回る他の人から聞いた名前はB君。
一生懸命番犬する姿はまだ子犬っぽさが残っていて可愛かったし、ちょっと声をかけると「ボクの知り合いだっけ?」と一瞬黙る姿も可愛かった、、。

そう「可愛かった」と過去形なのは、もうそこにB君が居ないからです。

人づてに聞いた事ですが、つい最近、B君は生まれた里に「戻された」らしい。
なんと、その情報が入るほんの2〜3日前に、珍しくも家族総出で散歩している姿を目撃していたワタクシ。
、、そうか、あの家族総出の散歩は『サヨナラ散歩』だったワケか。と合点が行きました。

b0057675_14344168.jpg"珍しくも"というのは、B君がその家に迎えられてからというもの、散歩に連れていってもらっている姿を見たのは片手の指の数にも足りない程だったからです。
この辺りを回る他の人々も「そういえば見た事無い」と言っていたので、おそらくその通りだったのでしょう。
この10ヶ月もの間、彼はほとんど散歩にも連れていってもらえず、一日中駐車場にポツンと繋がれっぱなしでした。
この家にはパパママも、小学生くらいの子供達も複数居ます。
勿論全員健康体のようにしか見えません。
、、、大勢のニンゲンが一緒に暮らしながら、最後の最後までろくに散歩もしてもらえず、あげくの果てに戻されたとは。

彼が居た間にはこんな話もありました。
実はB君は成長するにつれ、前足の関節が変形していってました。
それはパッと見ても判る程で、、バセットハウンドなどによく見られる、前足がX脚になってしまうヤツです。
変形が軽度ならばあまり気にしなくても良いらしいのですが、ヒドい場合は変形したまま固まってしまったり、まともに歩けなくなるので手術が必要だという話を、以前外国の特集番組で見た事がありました。
太り過ぎが原因もあるようですが、そうでない場合そういう犬は遺伝を考えて繁殖に使わない、、という話も。
ワタクシは、ワタクシの知人で、その家に出入りする某商売人に"その事を指摘して、病院に見せてもらった方がいいのでは"と伝えてもらった事があります。
なにしろ散歩中に会う事もなかったし、その家の前を通る時はたいてい話の分かるオトナが居ない事が多かったですから。

b0057675_14351236.jpgその事を伝えてから1週間も経つと、B君は立っているときに片足を持ち上げて、痛そうにキュウキュウ言うようになりました。
時々交互に足を入れ替える所を見ると、両前足共に痛いのでしょう。
それを見て「ああ、やっぱり、、」といたたまれない気持ちに、、。

ところが、その知人に後日会った時に、こんな情報を聞く事に。
「あの話を伝えたんですけどね。後でまた尋ねてみたら、、あの犬をくれた人(繁殖した人)が、"あんな風に前足が曲がる方が良い犬なんだ”って言ってたって言うんですよ。だから病院に連れていく必要もないと言ってました」と。

はあ!?

もうビックリ仰天です。
テレビで見た限りでは、繁殖も避けられるような事なのに、それを”良い犬”!?
ハッキリ言って繁殖したニンゲンも信用出来んのじゃないか?
知人も「あんなに痛そうにしてるのに『良い』だなんて絶対変ですよね」と怪訝な表情でした。

それよりなにより、あの子があんなに痛そうにしているのに、人が『良い犬』と言ったから病院にも連れて行かないとは、、。
B君が平蔵なら…もしそう言ったのが有能で有名なブリーダーだとしても、疑問を抱かないワケは無い。
最低でも一度は病院に連れて行くだろうし、その病院で納得出来る答えを得られなければ何件でもハシゴする。
、、、この家の人はあの子の痛みが気にならないんだろうか?
誰が見ても普通ではない様子は明らか。気づいてないはずはない。
犬の為にわざわざ治療費を出したくないとか、犬の為に病院に行くヒマを作るつもりもないという事か、、?

b0057675_14354650.jpgやがてB君の足は変形したまま固まってしまったようでした。
痛みは引いたようですが、、普通に真っ直ぐ立っていても、手首の部分が触れ合う程Xの形に変形した前脚、、。
それでも食事はちゃんともらっているようだったし、汚れがヒドいような状況でもなかったし、性質も攻撃的な部分も無く、人なつこくて良い子だった。
ごくたまに駐車場で遊ぶ子供達のそばで嬉しそうにしている姿も見てました。
これはこれで、この家のワンコの可愛がり方なのかもしれない、、と思っていたのです。
B君の表情はそれなりに幸せそうでしたからね。

それなのに、先日里に戻された話を聞いた時は、、。

捨てたり、処分に回さなかっただけでも喜ぶべきモノなのか?
、、、でもあの「繁殖した人」の所に戻って、幸せになれるんだろうか?
その人がB君をこれからどう扱うのか想像すると、、良くない考えばかりが浮かんでしまいます。
家族に裏切られたB君は、この10ヶ月の間、幸せだったんだろうか。

b0057675_1441637.jpg一体彼の何が戻される原因になったんだろう?
きっと彼にはなんの咎も無いに違いないんでしょうね。

子犬だったB君が傘で殴打されていた風景。
散歩に連れていってもらえず駐車場でポツンとしていた風景。
痛いのを一生懸命我慢していた風景。
主の居ない犬小屋だけが放置してある風景。

その風景が、この家を象徴しています。
彼の世話をする事が面倒になったから。
彼と暮らす事に飽きたから。
彼の存在そのものが要らなくなったんでしょう。

、、そんな気がします。

写真1/チーズの香りに真剣なオトコ組
写真2/オヤツを前にベロはみ出してます平蔵
写真3/オヤツくだちゃい親子
写真4/ポリポリクッキーを小さいクッキーにしてみました。赤いのは「紫イモ」緑のは「青菜」黄色いのは「チーズ」
写真5/皆でオネダリ。巨柴は耳だけ(≧∇≦)
by koryu_misumi | 2006-12-16 14:49 | Comments(26)
Commented by たなやん at 2006-12-16 15:29 x
なんだか、いたたまれないというか、虚無感が残るお別れですね。
存在そのものが要らないなんて、考えたくもないけど世の中にはそういうふうに思ってしまう人もいるのでしょうね。
実際、保健所に「大きくなったから」といって持ち込む人もいるとか。
もちろん大きいってのは体の大きさ以前の問題で「子犬じゃなくなったからかわいくなくなった」ってことですよ!
そんな理由がまかりとおっていいんだろうか。
信じられないし、理解できない。
雷がどんなに難しい性格であっても、うちに来たからには、最後までうちで面倒を見ます。
っていうか、誰かに頼まれたって、あげないよ!
調子が悪い時だって、獣医さんが大丈夫って言ったって、いらん心配しちゃうぐらいだし、痛いか痛くないかなんて、見ればわかるやん。
だいたい、そんな無責任なアドバイスするところに返して幸せになんかなれそうにないよ。。。
くうううううう、ほんまにすごいやりきれない。。。。
香龍さんは直接その子と会ってるから余計に心が痛んでしまうでしょうね。
ほんと、そういう人には今後二度と生き物を飼ってほしくないですね。

Commented by まろまろ at 2006-12-16 15:44 x
こんな仕打ちをする飼い主がいるとは、驚きました。
痛そうにしてるのであれば、病院に連れて行くのに、
いらないから戻されたなんて本当にかわいそうです。
同じ家族なんだから、当然でしょ!
それに里の人がひどい!こんなウソをつくところに
返しても幸せになれないですよ。無責任さにも程があります。
こういう人は生き物を飼う資格はありませんね。

お話は変わりますが、
オヤツおねだり姿、かわいいですね~。
3者3様でこれまたステキ。
手作りオヤツもおいしそう!
個人的にはいっちゃんのお手てに一票。
Commented by 星の母 at 2006-12-16 16:24 x
たまらん話ですね・・・・。うちも玄関で繋ぎっぱなしで日中はひたすら寝ておりますが(苦笑)それでも通ったときに小屋から出て来たら撫でたりウリウリしたり(笑)してますよ。今は小屋の中で柴ダンゴなので、解いて出てきたお腹がホカホカしていてタマリませんです!!
「ここがこんな風に痛いの」と言葉にできない犬だからこそ、同じように言葉に出来なかった頃の子供のように医者に連れて行くことがどうして出来ないのか。いや、傘で殴っている段階でもうその心が見えているわけですが・・・。「類友」なのかもしれませんね、飼い主&ブリーダー(もはや敬称略)。

さて。
おやつクッキー、美味しそうですね~~♪是非私用にも・・・・。香龍さんちの犬になろうかしらと真剣に考える今日この頃。そうしたら平様とも一緒にいられるし~~珊瑚ちゃんの般若顔も堪能できるし~~いっちゃんの頭に咲いたお花も見れるし(は?)これはこれでかなり本気な願望なんですが?
Commented by よしか at 2006-12-16 19:09 x
香龍さん、こんにちは。
コメントは久しぶりですが日記はいつも拝見していました。

今日の日記は胸が痛くなりました。
犬と暮らしている人がみんな犬が好きなわけじゃないんですねぇ。
なんだかやりきれない思いです。

まだまだ動物への意識の低い人が多く悲しい限りです。
Commented by きなこパパ at 2006-12-16 21:04 x
「目撃した事」の日記は読んでいました。
ずっとどうなったのかな~と気にはなっていましたが・・・
なんか胸が痛みます。言葉が出ないです。。。


最後の写真、ほのぼのしちゃいました(^m^)
Commented by シバイロ at 2006-12-16 22:06 x
香龍さん、こんばんは!B君は、そのご家庭で子どもの最良の遊び相手であり、人生を考える時期には命を持って生きることの尊さを教えてくれる、かけがえのない存在になってくれるはずだったのでは・・・。
Commented by ころわん at 2006-12-17 00:33 x
・・・・・・・読んででたまらない気持ちになりました、、、。
胸が詰まる想いです・・・・・。
気持ちは↑の皆さんと一緒です。
その飼い主…同じ人間として情けないです。
三角家のワンコ達は愛情いっぱいに包まれて
幸せなんで見てて嬉しいです。。。

ポチたまのまさお君の訃報に涙が出ました。
時間があればテレビ東京まで手を合わせに行きたいのですが・・・。
心からご冥福をお祈りします。。。
Commented at 2006-12-17 11:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2006-12-17 20:44 x
専門家の言葉を鵜呑みにして、普通に善し悪しの判断が出来ない人がワタシの友人にもいました。
世間体やお金・見栄・・・ かけがいの無い命が余りにも軽率に扱われる様は・・・。

今日、テレビ東京に行き、献花とご冥福をお祈りしてきました。
写真に掛けられたバンダナ
小さい箱の中に収められた姿を見た瞬間に、押さえていた涙が溢れ出てきました。
献花台の横には、思い出の写真が数枚張り出され、A1版の3枚ほどの紙にコメントを書いてきました。
Commented by もなか at 2006-12-17 22:58 x
はぁぁ~。
なんともやりきれなく、悲しい話ですね。
どうして「どんな扱いを受けても、飼い主を慕う優しい生き物」を
大事に出来ないんでしょう。
犬は、飽きたらすてられるおもちゃじゃないんです。
こんな人は、犬を飼う資格はないですね。

三角家のお三方は、幸せですね~。
顔を見れば、幸せなのがうかがえますよ。
Commented by むつき at 2006-12-18 10:34 x
こんにちは。
私も「目撃した事」を読んで気になっていました。
Bくん、本当に可哀相です。読んでいて彼の10ヶ月を思うと苦しくなります。
杏と散歩をするようになって、杏がいると犬が吼えるので、こんなところに犬がいたのかと驚くことがたくさんあります。家の裏や、幅50cmくらいの家の横や、塀で隠れた暗い場所・・・。こんなところに居て、家族に会えるのは1日に何回もないでしょう。それでも犬は家族が好きなんです。そんな健気な子にどうしてそんな事が出来るのか不思議でなりません。

杏のお里に他の犬舎出身の犬を置いていった無責任な飼い主がいます。ブリーダーさんはその子を繁殖には使わず、個人のお宅で飼っていた犬はたくさん犬のいる状態は相当なストレスだろうから、繁殖をしないお宅を探したいと言ってました。そのときにブリーダーさんが、犬にひどい扱いをする人は何らかの形で報いがくると言ってました。本当にそう思います。

おやつをねだる3ワンコ、本当に癒されます(^^)
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:16
たなやさんさん、こんにちは!/本当に、戻された話を聞いた時はしばらく言葉が出ませんでしたよ、、。
こんな風にしか扱えないなら、どうしてB君を迎えたんだろう?と不思議でなりません。
大きくなったから、なんて問題外ですよね!イキモノには感情なんてないと思ってるんでしょうかね?
自分だって大人になって全然可愛くもないくせに、同じように処分されてみないと判らないんでしょうか。
こんな理由で保健所にイキモノを連れ込む人間性の低さには目の前暗くなってしまいます。
そうですよね!我が家のチビズだって、それなりに色々問題か変えてますけど、そんなのもみんなひっくるめて愛してる。
雷君はホントに可愛がってもらってるなあ〜って良くわかりますもん(^∇^)
B君の場合はせめて里が良い所だったら、まだ安心できるのに、、里さえもアヤシいのが、余計に悲しいです。
全然問題のあるような子じゃ無いんですよ、B君。
目がクリクリっとしてて、他人でも可愛がってくれる人にはお腹を見せて喜んでくれるような、、、ホントに良い子だったんです。
せっかくこの世に生を得たんだから、、なんとか幸せになってて欲しいんですが、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:21
まろまろさん、こんにちは!/本当に毎日の風景の中にあっただけに、余計に信じられませんよ〜。
それでも、まだ保健所に連れていかなかっただけ、良かったのかも、、なんて思います。
また新しい家に迎えられるような事になれば、いいんですけど。
それにしても、10ヶ月も一緒に暮らしておきながら、この家にとってB君は家族でもなんでも無かった、、って事ですよね。
子供達もなんだか同じような感覚のようです、、コワイです、この家族。大きくなって同じような事繰り返さないで欲しいですね。

オネダリ姿、真剣なまなざしがタマリマセンでしょう〜(^∇^)
今週末も可愛いオネダリ姿を激写したので、次の日記に載せてますよ〜ムフフフ。
手作りオヤツはニンゲンが食べても美味しいです〜ソボクで、昔っぽい味ですね(^∇^)
いっちゃんのお手手は、テーブルに乗ると丸めた軍手があるようで、、、デカイですよ〜〜!
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:27
星の母さん、こんにちは!/なんとも後味の悪い経験でしたよ、、B君良い子だったのに。
いや〜、室内外でも同じ事する人大勢居ますよ〜!
室内で何年も一緒に暮らしたのに、、病気になったからと処分したりする人は毎年何千何万と、、。
やっぱり愛情の問題ですよね。外に繋がれてる子でも、ホントに可愛がられてる子って、見てても安心出来ますよ〜。
なにしろ目が違いますよね。
そうなんです、あの傘で殴ってるのを見た時から、、ついついB君ちの前を通るとチェックしてしまってました、、。
やっぱりどこかで信用出来なかったからです。
まさかとは思ってたんですが、、案の定という事になってしまって悲しいです。

オヤツクッキー!こんなんで良いのでしたら、作って差し上げますよ〜ウヒョヒョヒョ(≧∇≦)
ワタクシもついついポリポリ食べちゃうんですけど、カボチャが一番美味しいような気がしますね〜。
チーズ風味もけっこうイケます。
伊佐蔵の「花」を見るには、ちょいと遊んでやればもう、大輪の花がユラユラ〜〜。その崩れた笑顔見るだけで吹き出してしまいますから!アハハハ!
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:32
よしかさん、こんにちは!/いつもはオバカな事ばっかり書いてますが、つい書かずには居れませんでした、、。
ここにアクセスしてくれる方は、皆さんワンコを愛する方ばかりで良かったですよ〜〜(T_T)

この家の人達は子犬ならではの可愛さだけでB君を見てたって、事なんでしょうね。
これでは「犬好き」とは言えませんよね!
本当の可愛さはその後に育って来るもんだと、個人的には思うんですけど、、。
まるでモノのように扱う人間性が、許せませんね。
日本のペット処分数は世界的にも恥ずかしいくらい、、。
小さなイキモノにも、ちゃんと愛情や感情があるって、大勢に理解して欲しいですね〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:35
きなこパパさん、こんにちは!/あの日記はけっこう皆さん覚えてくださってるようですね。
おなじワンコオーナーとしては気にならずには居れませんですもんね、、。
こんな事を報告しなきゃならなくなって、ホントに悲しいです。
戻される直前まで、良い子だったし幸せそうだったんですよ、それでも、、。

オネダリ風景、ホントにこんな風景でも可愛くてタマリマセンね〜。真剣な表情が、また愛しくなってしまいます(^∇^)
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:37
シバイロさん、こんにちは!/そうなんです、、ワタクシ、傘で殴られていた風景を見た後でも、、。
ひょっとしたらB君に触れ合う事で、この家族は変わって行ってくれるんじゃないかと期待してたんですよ〜〜。
ワンコを迎えてから、何か大事な目に見えない物を得た人は大勢いらっしゃいますからね、、。
でも、この家は10ヶ月の間、、あまり変わってなかったようです、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:40
ころわんさん、こんにちは!/なんだか辛い話だけど、傘事件を書いた事もあったので、皆さんには知って欲しいなあと思って書きました。
、、でもやっぱり悲しいです、ホントに。
チビズには、あんな体験は絶対させたくないですね!
きっと辛くて悲しくてたまらなかったんじゃないかと思います、B君。

まさお君はテレビを見てたらホントに色んなワンコとも優しく挨拶ができてて、良い子でしたよね。
まあ、ちょっと食い意地が張ってたり、女の人大好きだったりでしたけど、そんな所も可愛かったです。
ゆっくり旅の疲れを癒して欲しいですね、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:44
匿名希望S・Mさん、こんにちは!/ホントに、、悲しいです。全然問題もないような良い子だったから、余計に、ですね。
まさお君の事、確かにそれはワタクシも気になってましたよ〜。
特に最初の頃はけっこうそうでしたよね。
後になってだんだん気を使ったコメントが画面に入るようになったりしてましたけど、、。
次のダイスケ君には同じ事にならないようにして欲しいですね。

ホントに、チビズを迎えてから、未だに勉強ばっかりだと自分でも思います。小さな家族だから余計に沢山の事を知りたい、と思うのは当たり前ですよね。
B君の家族は、そういう風にはならなかったんでしょうね、、、。
せめて里が新しい家を探していてくれると有り難いです。
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:48
珊瑚&銀牙パパさん、こんにちは!/ワタクシの知人にも居ますよ〜。「専門家」とかに何の根拠も無く絶対の信頼を寄せる人が、、(-∇-;)
目の前にある事をそのまま受け入れる事すらしないんですよね、そういう人達って。
病気の治療だってそうだし、、。
B君から家族に対して、目に見えない沢山の大事な物がプレゼントされているのに、それも気づかなかったり、、。

まさお君にサヨナラを言って来られたんですね。
沢山の方が行かれたんでしょうね、、。
福岡からは、お祈りだけですけど、、でも、まさお君の事は忘れません。
色々面白い事もしててくれたけど、良い子でしたよね、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:52
もなかさん、こんにちは!/そうなんです、、あの可愛い目を知っているだけに、、。
ワンコって、虐待されてても嬉しそうにシッポ振ってオーナーの所に行く子も多いんですよね、、。
ちょっと優しくしてやるだけでも、本当に違うのに。
そういう気持ちさえ持てないんだったら、最初から一緒に暮らさなきゃ良いんですよねえ!?

チビズ、皆可愛い笑顔を見せてくれるので、幸せなのかな〜と思ってます。
でも一番幸せなのは、この笑顔が見られる事ですね(≧∇≦)/
Commented by koryu_misumi at 2006-12-18 12:58
むつきさん、こんにちは!/むつきさんも読んでてくれたのですね〜。あの話を書いたからには、悲しい結末になってしまった事を知って欲しいな、、とまた書いたんですよ、、。
こんな風に暮らす人が増えて欲しくないなあという願いも込めてるつもりなんですが、、。
散歩すると、ホントにそういう子が多いのに気づきますよね。
ワタクシの散歩コースにも、まだまだ沢山の悲しい子が居るんですよ、、。
それでも家の人が出て来ると本当に嬉しそうにしてます。
、、ホントに複雑な気持ちになりますね。
杏ちゃんは幸せいっぱいに可愛がられてるのが、良くわかりますよ〜。やっぱり同じワンコオーナーとしては、杏ちゃん見たいな子が沢山増えて欲しいですね!!

あのブリーダーさんはとても良い方ですもんね、そんな風に言われるの良くわかります。
ワンコも人も同じイキモノなんですもん、、。
そういう扱いをする人はそういう人生しか歩めないと思いますよ。

おやつをねだる時の真剣な様子って可愛いですよね!
で、ついついイタズラしちゃったりするんですけど、、(≧∇≦)
Commented by たにゃ at 2006-12-20 12:52 x
うー。いたたまれないですね。。。傘で叩くなんて、この子は大事にしてもらえてないんだな、幸せになれないんだろうな、とは思っていましたけど。ろくに散歩にも連れて行ってもらえず、おそらく、たとえ遊んでもらえたとしても本当に子犬の時だけだったんじゃないかと思うと、そんな状況でB君がよくそんないい子に育ってくれたなぁと思います。そしてそのことがいっそう悲しいですね。子犬の頃は子犬の頃で特別なかわいさがあるけど、一緒に暮らせば暮らすほどいっそう愛しくなるものだと思っていたんですが。。。そうではない人もいるのですね。
動物のことをかわいい、愛しいと思わない人がなぜ家に迎え入れるのでしょうか?本当に不思議です。別に無理やり押し付けられたわけでもなく、自ら迎え入れたはずなのに。。。B君のブリーダー、一体なんなんでしょうか?本心でそう思っているのか、取り繕っているのか、いずれにせよそんなブリーダーが金儲けのためだけに、遺伝のことなど考えずにとにかく繁殖させているのでは?と考えるとぞっとします。
Commented by 香龍 at 2006-12-20 15:04 x
たにゃさん、こんにちは!/B君が居なくなった話を知った時は、、喪失感が残りましたよ〜。
B君のおかげでこの家族がイキモノと暮らす素晴らしさを判ってくれたらなあ、何かえてくれたらなあ、、と思ってたんですけど。
ワタクシの考えは甘かったようです。
実際そういう風に、変わってくれる人も多いんですけどね。
通りすがりの人達はB君の事可愛がってたようですよ。ワタクシの知人の某商売人も行く度に遊んであげてたみたいで、、。
そういうのもあって、良い子だったのかもしれません。
残念な事に子犬の頃の可愛さだけで、子犬を迎える人は本当に多いですね〜、日本のペット処分数はもの凄いですもんね。
オモチャ感覚です。だからオモチャを買ったり捨てたりするのと変わらないんでしょう、こういう人達にとってみたら、、。
ここにアクセスしてくれる人は皆、一緒に暮らす素晴らしさとか、暮らして行くうちに育って行く大事な物とか、そういうのを知ってる人ばかりで嬉しいです。
イキモノをそんな風に思ってくれる人ばかりになったら、、ホントに有り難いですよね。
Commented by ちこりん at 2014-03-21 14:09 x
今頃偶然この記事に辿り着き、も〜心の痛みと涙が止まりません。
「目撃した事」を知ってから、お里に戻された、迄はお聞きしていましたが、こんな経緯があったとは…。

どうしてこういう事が出来るのか、理解できません、飼わなければ良いのに…。
でも、こういうご家族、世の中にはザラにいるのも現実なのでしょうね…。

散歩中に顔を見上げて話し掛けてくる、そんな話せない動物との会話を楽しむ事もなかったそのご家族が、なんだか哀れです。それ以上にB君が可哀想で…B君は寂しいと言う感情さえわいてなかったかもしれない…。楽しいを知らないのだから…。

今も元気で居て欲しいですが、そんなお里だとしたら、ただ生きているだけの虚しい生活を送っているのだろうか…と、心は複雑です。


この記事を読むと香龍さんの今、言わんとしている事が何もかもよく理解出来ますね。昔の記事迄「今」私の糧になります。


今頃こちらにコメントすいません。

Commented by koryu_misumi at 2014-03-21 21:37
●ちこりんさん、こんちは!
わ〜2006年の記事まで読んでくれているとは〜。。(≧▽≦;;)
B君は、、まだマシな方なのかもしれませんね。
殺処分に持ち込まれる犬の多くは、なんと「家族の持ち込み」なんですよ。
持ち込もうとせずに、戻した、、ってだけで、、まだずっと可能性がありますもん。
もう想像するしかないですけど、、少なくとも、あの時に殺されて無かったのは確かです。
今は、ひょっとしたら、別の家族が見つかっているかもしれないし、、ひょっとしたら、ブリーダーの元で暮らしているかもしれないし。。
少しでも素敵な暮らしをしてくれていたらなあ、と願います。
この家族は、、、申し訳アリマセンが、、この家族よりはシアワセだと実感させてもらえる存在、ですかね、ワタクシにとっては。

B君のような想いをしているコは、犬だけでなく、猫や、他のペットや、そして、、ヒトも。今もたくさん。
、、きっと無くならないでしょうね、、。
でも、割合なら、変えられそうな気がするんですよね。
少しでもシアワセを感じてくれる人々が増えたらいいなあと、願いながら暮らす毎日ですよ〜(≧▽≦)