人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

親子の違い

b0057675_11364273.jpg昨日は久しぶりに余震がありました。
ゴン!ゴゴゴ、、、。
「おお〜〜」
修復中だった志賀島への道路が1年7ヶ月ぶりに開通したと、昨日のニュースで見たばかりなのになあ〜。

ところで地震と言えば、我が家の面々が近所の空き地に非難している間、父の両腕にダッコされていたQちゃんと伊佐蔵を思い出してしまいます。(「福岡の地震」)
あの時、Qちゃんはブルブル震えていて、、。
伊佐蔵は父の親指をガジガジして遊んでましたっけ、、。

コヤツ、、ニブ、、、。
怖いモノ知らずか、、?

とあの時思ったのですよ(≧∇≦)
確かに物怖じせずにアチコチ探検するような子犬ではありました。
散歩を始めた頃も、自分の何倍もあるような大御所ワンコに向かってガウガウお仕事して、ヒヤヒヤさせられ、、。

ところがこの頃。
どうも相手の年齢等を判断して応対しているようなフシがあるのですよ。
一応お仕事はするのですが、相手の年齢によっては目上の犬に対するちょっと甘えた吠え声を出すように、、。
おお!やっと伊佐蔵も経験者に対する認識を改め出したようだゾ〜。
今年初めの下克上期には、ただ単に力さえ強ければいいという考えがミエミエだったのですが、アレ以降彼も随分色々学んだようです。(「下克上週間」)
、、、ちょっと遅過ぎるような気もするけども、、(-∇-;)。

b0057675_11381227.jpg散歩中の人との挨拶も上手になってきました。
一見さんでも、もうすっかり警戒吠えせずにお利口にご挨拶できます。
様子を見ていると明らかに、まず平蔵の様子を見て、その上で判断している模様。
ヨシヨシ。
自分の判断より平蔵の判断を尊重している。
伊佐蔵にはホントに平蔵から沢山の事を学んで欲しい、、と常々ここでも書いてきましたが、、。
やっとその祈りが通じてきたようですワ。

ちなみに珊瑚はああ見えて、外に出ると完全に平蔵に依存してます(≧∇≦)
何か判断材料がある時には、ほとんど平蔵頼り。
、、、人間よりも、、、(-∇-;)

あとは、、。
伊佐蔵坊ちゃんには、もうすこし冷静になる事を学んで欲しいなあ〜。
なにしろハンター気質あり余りの彼。
猫なんゾ見かけた日には、、もぉ〜興奮しまくり。
接近しようものならワンワン大声で吠え出して、狩人伊佐蔵まっしぐらです。
その様子は、、、。
「もうどう見たって猟犬やね」と父。
「でもこんなウルサイんだから、ヤマドリ猟とかには向かんね。イノシシを追い立てるとか、、大物相手やろ、アハハハ」とワタクシ。

まあ、これは父が伊佐蔵のリードを持っている時に激しいので、、。
半分は父の制御力不足が原因なんでしょうけども(-∇-;)
ワタクシがリードを持っているときは必死で興奮を抑えようとしつつ、、つい吠えてしまうという感じですかね。
今もワタクシが持つ時には、興奮を抑える訓練をしておりますので、徐々に良くなってはいますが。


b0057675_1140997.jpgそんな伊佐蔵坊ちゃんとは対照的に、、同じ年頃だった頃の平蔵には、驚くべき過去があります。

ふたりで散歩中に、堤の渕に立って堤の中央の枯れ木に泊まる鷺を、ジッと見ていた事がありまして。
その時、ふと「カサ」と小さな物音に気づいたのです。
ハッとして音のした草むらを見ると、、可愛いイタチが時々立ち止まりながらもチョコマカと居るではアリマセンか。
このイタチ、まだコチラに気づいてないようだったので「平蔵、動いてビックリさせたらイカンよ」と小声で指示。
ふたりで身体を動かさず、すぐそばをうろつくイタチを見ておりました。
イタチは止まっては歩き、また立ち止まっては歩き、、とうとうふたりの足元にまで近づいてきたではありませんか。
そして、、なんと、チョコンと上半身を起こして、我々を見つめたのですよ。
その可愛い顔と真っ黒いつぶらな瞳はいまだに忘れられません。
、、、ここにある、コレ、ナ〜ニ?
と不思議そうに数秒我々を見つめてました。
、、、そして、また上半身をおろすと、我々の前を横切って、、草むらの中に帰って行ったのです。

「可愛かったねえ〜」と平蔵に話しかけながら、散歩コースを帰りました。
平蔵も何か特別な体験をしたと思ったのか、ニコニコしながらワタクシを見上げていた事を思い出します。
彼は言葉そのものの意味は判らなくとも、ワタクシが何を指示したのか理解していたのでしょうね。
本当に微動だにせず、自分の足元を横切るイタチを黙って通り過ごさせたのですから、、。
勿論「行け」と指示すれば、躊躇せずに飛びついたでしょうけど。

b0057675_11413760.jpgああ〜、親子でこんなに違うとは(≧∇≦)

今になって思うと、一番ヤンチャな1歳半頃に、しかも特別訓練もしてないのに、これだけ自分を抑制出来るワンコって凄いのかもしれない!?
、、、などと今更ながらに驚いてしまうワタクシ。
やっぱり平蔵は特別なのかも〜ホホホ←親バカ無限大

言い換えれば、平蔵はヤマドリ猟向きなのかもしれませんねえ〜。
でも最近はさすがの平蔵も炸裂母子に影響されてきているようで、少々変わりました、、。
3匹で炸裂親子になってしまったらどうしよう〜。


、、そ、それだけはカンベンしてくれえ〜。



写真1/母の太ももに顔を埋めて甘えん坊伊佐蔵(※母は小柄です。伊佐蔵がやたらと大きく見えるのは気のせいです、、)
写真2/田んぼチェックをする人を怪しむ伊佐蔵
写真3/我が家の可愛いおひな様達
写真4/岩の上に乗ってみた父と伊佐蔵
by koryu_misumi | 2006-10-19 11:48 | Comments(20)
Commented by マコのお姉でし! at 2006-10-19 15:31 x
> 3匹で炸裂親子になってしまったらどうしよう〜。

わはははっ!
ワンコは飼主に似ると言いますしねぇ~。
飼主de飲み会の時に「叩いてかぶって、ジャンケンポン」を
獲物を狙うハンターのごとく、
嬉々としてしていた、飼主様の笑顔が浮かんだ次第でございます。

ぶぶぶっ(´^ิ∀^ิ`*)
Commented by ころわん at 2006-10-19 17:29 x
余震があったんですね!
福岡の母親とは毎日メールしてるんですが
全然言ってなかったな~。<もしや超鈍感母!?(爆)
今後も気をつけてくださいね~!

またまた大好きないっちゃんネタ!!(≧▽≦)
いっちゃんも段々相手を見て判断できるようになったんですね(^^)
今後が楽しみ♪楽しみ♪
しかし平蔵君は本当に賢いワンコですね~!
平蔵君は訓練したら警察犬や麻薬探知犬、
救助犬等にもなれそうですね!<働く男犬??
その平蔵君の遺伝子を受け継いだいっちゃんも
更に賢いワンコに育つ事間違いなしっす!
3匹で炸裂親子・・・ふふっ…楽しみ(・~・)ニヤリ
Commented by ひなまま at 2006-10-19 23:20 x
ぶふっ!!
いやいや、いっちゃんの大きさって、小柄なお母様と比べたとしても、、、、で、今、何キロですか??
Commented by まろまろ at 2006-10-20 00:41 x
地震はその後大丈夫ですか?
くれぐれもお気をつけてくださいね。

いっちゃん大人になったんですね~。
きっと平ちゃんのいいところをこれからも
いっぱい学んでくれるんでしょうね。
楽しみですね。

平ちゃんって、本当に人間のコトバがわかるんですね~。
ホントにすごいですね!
普通は動くものには反応してしまうんでしょうけど、
ちゃんという事を聞いてエライ!

3匹炸裂・・・でも、それはそれで見てみたい気もします(爆)
Commented by たなやん at 2006-10-20 11:33 x
ますます平蔵さんのオオモノぶりがわかるエピソードですな。
しっかし、動かないからといって足元までくるイタチもイタチやと思いますけどね~(笑)
うちもお友達にゃんこと初めて会ったときに、「動いたらびっくりするから座って待ってたらきてくれるかもよ~」と雷に声をかけたら、ちゃんとお座りして待っていたのでびっくりでしたわ。
きっと相手がイタチでも待っていたんでしょうね。
でも、平蔵さんのようにオオモノの予感は感じられませんが・・・(笑)

伊佐蔵君がお母さまの股の間に顔をうずめている姿はまさに雷そのものです。
うちの雷は気分が乗ってくると、そのままお尻を振り振りして、めっちゃかわいいですわよー!

Commented by なりごま at 2006-10-20 21:02 x
いっちゃんに甘えてもらいたい!

いやぁ平蔵さんの阿吽の呼吸は絶妙ですね。
とても若犬とは思えない行動です。
達観してるというか、何というか。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2006-10-21 00:13 x
平蔵殿∠( ̄∧ ̄)
何というリッパなエピソード、感服です。
持って生まれた個性って面白いですよね。
人間にとって、ワン仔にとって、生活を共にする上で難しい事や困難なことも有りますが、リーダーの平蔵殿のお陰で、色々と良い事が!
我が家も銀牙の社会性や躾けは珊瑚の存在が、スッゴク大きい!
そして、光牙や雲母へは両親である珊瑚と銀牙の対応は、本当に感謝です。
まあ、銀牙は自分が遊びたいのを我慢して居る様なので(珊瑚も)、たまには、1柴で散歩をして私とのコミニュケーションを取る様に心掛けています。
炸裂親子になりましたら、我が家も混ぜて下さい(笑
Commented at 2006-10-21 09:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by はる at 2006-10-21 10:15 x
1枚目の写真、確かに中型犬というより大型犬にみえます~
うちは2ショットだと私が大型人間なので犬は超小型に見えますよ(^▽^;)
平蔵様は相変わらずステキなエピソードをお持ちで。
小動物をみて静かに見届けることができるなんて!
知性を感じます♪
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 10:48
マコ姉さん、こんにちは!/ぐわっ!!そ、それを言われると〜。
ワタクシは、好色で炸裂で甘えん坊の先祖返りニンゲン!?
わははは!!
そ、そういえばあの時そんな事もありましたかねぇ〜(≧∇≦)?

マコちんともみじ〜の政権争い?一応治まって良かったですねえ。
マコちんが急にオトナに見えました。あれはあれでもみじ〜の成長に欠かせないエピソードなのかも、、な〜んて個人的には思ってマスよ〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 10:52
ころわんさん、こんにちは!/そうなのですよ。まあ大きな余震じゃなかったので、震源に遠い所ではほとんど感知しなかったかも、、。

伊佐蔵の成長ぶりは、これまた平蔵や珊瑚と違ったものがあって毎回楽しいですね〜。
ニンゲンと一緒で個々で本当に色々です。
平蔵は今になって思うと、やっぱり子犬の頃からちょっと異色だったかも〜なんて(≧∇≦)
平蔵が警察犬!?無理無理〜〜!
なにしろオンナノコがその場に現れただけで犯人追跡も放り投げてしまうと思いますよ〜アハハハハ。
ホントに伊佐蔵は平蔵と珊瑚の良い所を沢山受け継いでて、、なかなかこれからも興味深いワンコになりそうです。
でも、、さすがに3匹で炸裂されると、、グエ〜(≧∇≦)
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 10:53
ひなままさん、こんにちは!/わはは、やはり見る所見てますね!!
いや〜、母と散歩してる所見ると、どうみても中型犬ですワ(≧∇≦)
ち、、ちなみに、まだ12キロ台ですから!!
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 10:58
まろまろさん、こんにちは!/ハイ〜、余震と言ってももうかなり小さなものなので、た、、多分大丈夫と思います(≧∇≦)
有り難うございます〜。

伊佐蔵だんだん大人になって行ってますよ〜。
いい所も学んでるようですけど、悪い所の方が学ぶの早いんですよ、何故か、、アハハハ(-∇-;)
オネダリの仕方とか〜〜。

平蔵にはホントに感心させられるハナシが沢山ありますね〜。
なんというか、ワタクシの考えを察知するのが凄いと言うか、、お風呂のときも、あっという間に察知して、、アハハハ。
それだけ見透かされてるって事かもしれません〜(≧∇≦)

3匹炸裂、、、。
そ、、想像したくありません〜(≧∇≦)
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 11:03
たなやんさん、こんにちは!/イタチはホントに不思議そうにワタクシ達を見てましたね〜。
普段の通り道に何かモノが置いてあるような、、そんな風に思ってたのかもしれません。
雷君すごいですね!!それであの猫ちゃんとお友達になれたんですね〜〜!
雷君の方が凄いですよ。イタチはきっとワタクシ達の事生き物とは思ってなかったような、、、。
猫ちゃんと挨拶できるなんてウラヤマシ〜〜〜!!
雷君の方がオオモノになりますよ、きっと(≧∇≦)/””
平蔵はオオモノ、、というより助平蔵ですかね、アハハハ。

雷君も伊佐蔵みたいに甘えん坊するんですね〜、それでそのままオシリをプリプリっと、、。
かっわいい〜。伊佐蔵は気分が乗って来ると、頭をあげてよじ上ってくるんでスよ〜(^∇^)
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 11:04
なりさん、ごまちゃん、こんにちは!/平蔵だけ居た頃は、なんだかそれが普通みたいになっていて、そんなに気にしてなかったんですけど、、。
今個性溢れる3匹になってみると、けっこう凄い出来事だったような気がします(≧∇≦)
あ、でもオンナノコに関しては全然達観なんぞほど遠いですよ〜、アハハハ!!
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 11:08
珊瑚&銀牙パパさん、こんにちは!/なかなか面白いハナシですよね〜。珊瑚と伊佐蔵ではとてもとても、、100%無理な出来事です、アハハハ。
これはホントに個性なんでしょうね。
やっぱり多頭になると、先住犬が後続犬におよぼす影響の凄さを実感します。
光牙君や雲母ちゃんの成長ぶりを見てると、珊瑚ちゃんと銀牙君、そしてニンゲン家族のみなさんの凄さがよく判りますよ〜。
ホントに良いファミリ〜ですもんね〜〜(^∇^)
あ、やっぱり銀牙君我慢してますか。
平蔵も珊瑚が来た頃は一生懸命珊瑚の為に我慢してましたね。
伊佐蔵が生まれた後も、随分母子の為に我慢してましたっけ、、。
最近、それも薄くなってまた自分を出すようになってきましたよ。
1柴で過ごしてあげると本当に喜んでました。パパさんも珊瑚ちゃんや銀牙君と1柴コミュニケーション大事にしてくださいね〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 11:15
匿名希望Nさん、こんにちは!/いや〜。本当に日本犬の賢さって、ただ者じゃないなあと思いますよ。
洋犬の賢さとはまたちょっと違うんですよね。自分の脳味噌で判断する力が凄いと言うか、、。
命令よりそっちを優先する事もあるので、その辺がまた、犬業界の評価に影響しているんでしょうね。
まさに「飼う」じゃないですよね、一緒に「暮らす」という感じ。「飼い犬」というより「相棒」とか、、そんな感じです。
警察犬業も充分出来る犬種と思いますよ〜。
ただ、、好奇心を司る遺伝子が、洋犬とはかなりの差があるようで、個々によってはこれが大きく業務に作用しそうな気がしますよね。
オオカミに近い部分が良くもあり、悪くもあり、、という所でしょうか。
平蔵なんて向いてると思うんですけどね〜。
あ、、それよりもスケベ度の方が遥かに凄いかも、、アハハハ(-∇-;)
Commented by koryu_misumi at 2006-10-21 11:18
はるさん、こんにちは!/わははは!そうでしょう〜。
ワタクシもこの写真を見て「とても小型犬に分類されているとは思えん、、」と愕然。
伊佐蔵も超小型犬に見えて欲しいです、、、(-∇-;)
平蔵はなんかちょっと変なワンコなんですよ〜。
こんなにお利口なのに、スケベな所は近隣のどのワンコにも勝るという、、、(≧∇≦)
知性と欲望がごちゃ混ぜですワ!わははは!!
Commented by フミピョン at 2006-10-21 11:23 x
フェレットを飼っています。家ではイタチと呼んでいるので、
野生のイタチ どんなのだろう?ととても興味津々です。
家の愚犬は家の中すべて、自分のテリトリーと思い込んでいるので 残念ながらイタチーズとは仲良くしません。(T_T)
イタチーズもワンコの性格をちゃんとわかっているらしく近寄りません。 山に散歩に行くとリスと良く会います。
家の愚犬も吼えたりはしないのですが、身体中から喜びオーラを発散させながら 見つめています。 追かけたがるけれど
山の中に放してしまったら いつ帰ってくるやら、な、ワンコなので お見送りさせます。 でも 五感を研ぎ澄ませてワクワクしている風のワンコを見ていると 家のワンコ けっこうステキかもぉ~ なぁんて 思ってしまう愚飼い主です。w
お雛様画像 いいですね。 平蔵君、珊瑚ちゃん いつもいい顔してますね。 
Commented by koryu_misumi at 2006-10-23 12:09
フミピョンさん、こんにちは!/フェレット可愛いですよね〜!首に巻いたりしてみたいです〜。(フェレットに怒られそう、、)
野生のイタチもあんな感じですよ。目がつぶらでタマリマセンね。日本のはフェレットよりもうちょっと地味?、、かな、アハハハ。
ワンコさんとイタチちゃんは仲良くしてないんですか〜。
そ、、それはそうかもしれませんね、どっちかというと狩りの対象、、。
その上リスが居るとは、いい環境ですね!
それはもう、狩り魂に火がつきますよ〜。伊佐蔵と珊瑚だったら、もうあっという間に追いかけてるでしょうね〜。
平蔵もモチロン嬉々として見つめますけど。勝手に飛び出して行けないと判ってるのでジッとしてますよ。
でもああいう時のワンコの姿は本当にキレイですよね〜!いつでも飛び出して行ける体勢に、集中してピンと立った耳、動くものを見逃すまいとする目!!
ワタクシも、野生を彷彿とさせる姿は大好きなのですよ〜。
本当なら狩りに出してあげるのが一番なんでしょうけど、、現実にはなかなかそうも行きませんね(≧∇≦)