人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

伊佐蔵、、またまたしても初体験

b0057675_1033168.jpg
月曜日は弟こと「しんちゃん」が帰省してきたので、夕方の散歩は弟と父に頼む事にしました。
まあ男同士、つもる話もあるでしょうし、、なにしろ平蔵がやる気満々なのですよ(≧∇≦)
「しんちゃん、もうそろそろ散歩に行こうよ」と早い時間から準備体操し〜の、ペロペロして弟に催促し〜の。
その姿の微笑ましい事と言ったら、ホントに弟との散歩を楽しみにしているようです。
しかし、、、その後まさかあんなイベントが起こるとは、、。

その間ワタクシは夕飯の準備をしたのですが、、さあ、あとは彼らが帰ってくるのを待つだけ、という頃に。

ワンワンワン!ギャンワン!

なにやら激しい犬の吠え合う声が我が家のすぐ近くで聞こえるではアリマセンか。
はっとして耳をすますと、、、珊瑚と伊佐蔵の声!

慌てて外を見渡しました。
すると、隣の家の前の道に困った様子の父と弟、大騒ぎしているチビズの姿。そして、帰路を塞ぐように立ちはだかるノーリード犬が。
すぐさま外履きを履いて飛び出していきました。
チビズとの間にノーリード犬を挟んで近寄ってみると、、なんとも大きなブチの犬です。
見た目はブチ模様も体格もまるでカレリアン・ベアー・ドッグのよう。
しかし大きな犬と言えども、フツウは3匹もの犬が相手と見ると、たいていは分が悪いと思って立ち去るものですが、、。
その犬は睨みつけるようにチビズを見ています。

b0057675_1043475.jpgと同時にチビズを見やると。
平蔵はまるで正眼で構えるかのように、ただ静かにその犬を見ております。牙も剥かず一言も声を発しません。平蔵らしい姿です。
珊瑚は後ろの方で吠えています。一生懸命牙を剥いておりますが、、あくまでも後方に居るあたりが珊瑚(-∇-;)。しかしシッポを下げずに懸命な様子を見ると、珊瑚も少しは度胸がついてきたのかと一瞬嬉しくなりました。
そして血気盛んな伊佐蔵は、絶えず吠え続け、身体中に「来るなら来い!!」と溢れんばかりの闘志です。伊佐蔵のリードを持つ父が半分引きずられそうになっている姿は、、やる気派満々だけども、やはり青さが一杯。

ワタクシはゆっくりその犬の背後に立ちました。
ワタクシに気づく犬。
「な〜に?迷子になったとね?」とフツウに声をかけると、駆け寄ってきてワタクシの匂いをかぎ、シッポを軽く振るのです。見上げる目も、飼い犬らしいマナザシ。
フム。人を襲うような犬ではないらしい。、、ん〜?この犬どこかで見た事あるような、、
そのブチ犬は、平蔵とは決して目を合わそうとしません。、、というか避けているようです。
、、、平蔵の静かな気迫に負けているらしい。
その様子を見ると、何とかイケルかも、、と思ったワタクシ。なにしろ家までたったの数メートル。
これまでも、攻撃的なノーリード犬と出会った時には、たいてい、平蔵を先頭に睨みつけながらゆっくりと近づくと逃げていく場合が多いですし、、この時はニンゲンも含めれば、総勢5匹も居るんですからね〜。

b0057675_1053539.jpg「そうっとおいで」と父と弟に声をかけました。

しかし、これはワタクシの判断ミスでした。チビズの後ろに立つ父と弟は、平蔵の気迫の方が勝っているとは気づいても居ません。
あっと思う間もなく、すっかり興奮しきって吠えまくる伊佐蔵が真っ先に飛び出して来るではアリマセンか。
いや、父が伊佐蔵を制しきれなかったのかもしれません。あのガタイですから本気になれば相当な力なのですよ。
しかも悪い事に、そのブチ犬、、挑戦的に地面を後ろ足で蹴り上げて見せつけております。
そして、、、その犬がひたすら見ているのは、伊佐蔵のみ。
平蔵は相手にするつもりは無いが、青二才の伊佐蔵なら相手にしてやるぞ!という感じでしょうか(-∇-;)
さ、、珊瑚は言わずもがなですがな。

ああ〜しまった。

ワタクシの心の声が聞こえたのか、伊佐蔵へと詰め寄るブチ犬。
「ダメ、ダメ!」とワタクシや父がどちらの犬にも言いますが、、例え伊佐蔵が聞いても、ブチが聞くはずも無く、、。
鼻と鼻が擦れ合う程に近づき、お互いの目を睨みつけ合います。
その瞬間がひどく長く感じました、、。
、、、が!
とうとうたまりかねた二匹が戦闘状態に!
伊佐蔵の倍以上もありそうなブチ犬と伊佐蔵が半立ちになってガウリあった瞬間。その体格差を活かし、覆いかぶさるように襲うブチ犬の牙を避けた伊佐蔵の身体が巻き込まれたように転がってしまいました。しかしすぐさま立ち上がり、反撃。
どちらも引く様子は全くナシ、、。こうなるとヘタにニンゲンが手を出しては危険です。
伊佐蔵は喧嘩の最中に身体を捕まえても、間違って人の手を噛むような事はしませんが、、このブチ犬はワカリマセンしね。ちゅ〜か大きくて捕まえるなんて無理(-∇-;)

b0057675_1073133.jpg喧嘩の決着がつくまでノンビリ見守るつもりは毛頭アリマセン。
咄嗟に離れて事の次第を見守っていた弟の手から平蔵のリードを奪い取り、喧嘩の場へ駆けながら「平蔵ッ!」と平蔵に声をかけると、ワタクシの意図が分かっているらしく鉄砲玉のごとく飛び出します。
(念のため書きますと。勿論ホントに平蔵に喧嘩をさせるつもりは無く、追い払う為の演技ですよ、エ・ン・ギ)
と。平蔵が参戦と見るや、ブチ犬は飛び上がって伊佐蔵から離れました。平蔵にはかなわないと思っているのです。
その姿をすぐさま追おうとする伊佐蔵。彼のリードを一生懸命引く父。
「平蔵!追え!」と声をかけ「ゴルァ〜〜!!」と一緒になって追いたくると、ブチ犬はあっという間に後ろを向き脱兎のごとく逃げ出して行きました、、。

、、必要以上に追う事もアリマセン。もう我が家の前でしたしね、、。

例によって、何も無かったかのように澄ましている平蔵を他所に、伊佐蔵は初めての強烈な体験だった為に、家に入ってもひどく興奮していました。
パッと見た所怪我もしてないようなので、自信喪失しないように「いっちゃん逃げんかったね!エラかったね〜、強かったね〜〜」と褒めてあげましたよ、、。
後で身体を吹き上げる時に念入りに点検をすると、横腹のあたりに食いつかれた跡が、、、とは言っても、毛がブチ犬のヨダレで濡れていただけで、身体そのものは無傷。ギリギリの所で上手に避けていたのでしょうね。
その後も身体を吹き上げてもらった伊佐蔵は、すかさず窓辺にはり付き、あのブチ犬がまだ居ないかと厳しい目つきで番犬業にいそしんでおりました。
この様子なら自信喪失なんて事も無いでしょう、、、まあ、伊佐蔵にトラウマなんて似合いませんしね〜アハハハ。
ちなみに珊瑚は、やっぱりちょっぴり怖かったのか、ワタクシが居間に戻るとシッポをフリフリして甘えてきましたよ(≧∇≦)

b0057675_1081448.jpg「それにしても、あの犬、、なんか見覚えがあるんよね」とワタクシが頭をひねっていると、、。
実は割と近くの家の子だった事を母が思い出しました。
小さな子犬の頃はおばあさんが散歩させてあって、平蔵とも軽く挨拶するカワイイ子でした。年齢的には珊瑚と同世代だったような気がします。
しかし、おばあさんの息子さんであるオジサンは、、いわゆる防犯ベル犬が欲しくて保健所からブチ犬を貰われてきたようで。
引っぱりクセをそのままに巨大化するにつれ、おばあさんでは手に負えなくなり、、代わりにオジサンが散歩させている姿も以前は時々見かけてました。
、、、しかし、思えば最近見かけた記憶がアリマセン。
そして、"オジサンが散歩のかわりに夜になると外に放している、、"という事をおばあさんが母にこぼしていたそうな。(この事件が起きた時は、、まだ夜では無かったですけどね)
ワタクシも散歩姿を見かけなくなって久しかったので、見覚えはあったものの咄嗟に思い出せなかったんですな。

この辺りは本当に田舎です、、。
こういったモラルの低さそのものが、"イナカモン"のイメージになっているのがイヤですね。
昔はヒトとイヌとの暮らしも、そういうモノではありましたが、、今はそれが許される時代では無くなってきました。
我が家の近隣は、それを知りつつも、、昔のままの認識を変えるつもりの無いヒトが大勢居る所なのですよ、、、ハア(-_-;)。

b0057675_1085249.jpgところで、後でふと思ったのですが、、。
あの時、伊佐蔵が居なかったら、喧嘩沙汰にもならず、ブチ犬と平蔵はお互いを思い出して、、挨拶してたかもしれない。
思い出せば、子犬の頃散歩コースで出会ったら平蔵にじゃれついてましたし、、。
そういや平蔵は、喧嘩沙汰の最中も自分のリードを持つ弟を困らせる程引っ張ったりしてなかったような気もするんですよね。

、、これまでも幾度となく日記に書いてきましたが、、。
散歩中の伊佐蔵の「群れを守ろうとする」排他的意識は相当強い(T_T)
ドッグランではあんなに優しい犬になれるのになあ〜。
「散歩コース」と「ドッグラン」では、彼の認識に天地の差があるようです。
散歩コースも縄張りだとして、排他的っちゅ〜のは分からなくもないのですが、あんなにギャアギャアいきり立たずに、平蔵のように落ち着いて黙っていれば、ブチ犬もわざわざ文句つけに寄って来なかったと思うのです。
彼のリードを持っていたのが"チビズの信頼に欠ける父"、、という事も要因の一つですが、これは運が悪かったとしか言いようが無い(-∇-;)
しかし、今一番血気盛んな年齢ってのも勿論あるでしょうが、、なんとか平蔵のように冷静な犬になっていって欲しいものですな〜。
、、、って、同じ事ばっかり言ってるような、、、(-∇-;)。

あ、でも勿論、今回の件で一番悪いのは誰かと言うと、、、ブチ犬を放したヒトですけどね!!
by koryu_misumi | 2006-08-17 10:17 | Comments(32)
Commented by Saori at 2006-08-17 10:38 x
伊っちゃん、、、怪我がなくて良かったぁ~。
そして、平蔵さん、、、やっぱりカッコイイ!!
福を抱っこして泣きそうだった自分を思い出しましたよぉ。
伊っちゃんの男気と平ちゃんの冷静さ、、、ウチのボンボンにも分けておくんなまし~。
Commented by みほ at 2006-08-17 11:11 x
なんと!チビズファミリーも、ノーリード犬に遭遇しちゃったのね~?!
いっちゃん、怪我せずにホント良かったよぉ~。
しかし、読めば読む程に、いっちゃんとこたちんは似ている(^^;
みほも「平ちゃんのよぉになってくれ」と、いつも願っているけれど、決して届かぬ親心・・・(爆)
いっちゃんはドッグランではフレンドリーなのよねぇ、羨ましい・・・。こたちんはもはや、何処であろうとも「俺様状態」なんだもん~(^^;
しかし。ホントに迷惑なんだよね、ノーリード・・・(--;

今回はバタバタしていて、クイズをゆっくりと考える時間なかったから、次回こそは!参加させてもらいます~~~♪
あ。連絡いただいた件、後でメールしま~す(^^)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2006-08-17 15:53 x
人間・ワン仔とも大事無くて何よりです。
平蔵殿さすがです∠( ̄∧ ̄) 正眼の構えから抜刀術・・・いいや奥義「天翔龍閃」・・・オタクッポいでスミマセン。
珊瑚姫は尻尾下がっていなかったって事は、経験値が上がったのでしょうね。いまでも十分「やるときはやる!」って強さ?
伊佐蔵坊ちゃんは、群れのリーダーに近い意識なのでしょうね。
でも怪我しないでね!ドッグランではフレンドリーになれるの良いですね。

今の銀牙の悩みは家族を持ってそれを守る為の行動が前面に出ていて、気が合わない?相手には凄い事です。
これは習性+まだ経験値が少ない銀牙へはコマンドが効きません。
いつも仲良く遊んでいるワン仔は♂♀関係なくフレンドリーですが、家族に何か有るとすぐに寄って来ては対処・・・此処までは良いのですが。
久しく行っていないドッグランではどうなる事やらです。
Commented by yoshi at 2006-08-17 16:29 x
平蔵さん、やっぱり賢い&かっこいいです。コウを弟子入りさせたいと思ってしまいます。

>「散歩コース」と「ドッグラン」
は全然違いますね。なんでそこまで違うんだ?と突っ込みたいくらいです。やっぱり縄張りと遊ぶ場所という認識の差なんでしょうね。コウはいっちゃんのミニサイズのようで、行動・仕草・顔立ちが似ているんだなぁ・・・と思ってしまいました。(でも、いっちゃんよりも確実にコウはヘタレです/笑)

>お散歩に行かなくなる人
うちのご近所にも、子犬のときはお散歩しやすい&可愛いから連れて行くけれど、大人になってしまったら連れて行かない人がいます。どうして犬と暮らしたいの?と疑問に思ってしまいますね。

いっちゃん何事もなくてよかったですね。ブチワンちゃんも事故なんかにあわないといいんですけどね・・・。あまりにも無責任で腹が立ちますね。
Commented by ネソ at 2006-08-17 20:48 x
はじめまして、いつものぞかせて貰ってマス。ノーリード困りますよね。お姫様時期のうちのメス犬はノーリード犬か野犬か知りませんが犯されました。人間に置き換えて考えると、とても身がつまされる思いをしました。そのあとに避妊手術はしましたが...。でも生まれた子供はかわいかったですけど(苦笑)遠い昔の話です、でも忘れないです。
Commented by たなやん at 2006-08-17 21:26 x
平蔵様、かっこよすぎます!
人間なら即効福岡までアタックに行きます!!
いや、人間でなくとも会いに行きたいわー♪!!!

それにしても誰にも怪我が無くてなによりです。
ノーリードにしてる人!自分ちのわんこが怪我する場合もあるってことわかってるんでしょうかね(怒)
Commented by 美和&あられ at 2006-08-17 22:30 x
うーーーー、どきどきしちゃいました。
やはり、平ちゃんの凄さは普通じゃない!!!
以前、徒然漫画で、平ちゃんは浪人風ってありましたが、まさしく!!(≧∇≦)
昔はどこぞの藩で、かかえられていた剣豪だったのでしょう。
それが、藩で何かあって、流浪の身になったと・・・・・。うんうん。
それで、今回のようなたたずまい、静かなる闘志、気迫勝ち・・・・。
あっ、今は、妻&子連れ狼なのか!!!
な~んて、勝手に想像していたりして。わはは。(≧∇≦)

それにしても、いっちゃん、さすがに若き狼ですな!
ケガがなくてヨカッタです。
ノーリード犬は、本当に大変。 気まま散歩させる人が許せません!!
あられも昔、ノーリードの♀ワンコが寄ってきてしまって・・・・。
あられはぷりぷり、でも、そのワンコの背毛が、ぶわーーーっと逆立ったのを見た時は、冷や汗ものでした~。
結局、私がそそそそそーーっと、あられを引き離して何事もありませんでしたが。
はぁぁぁぁ、( ̄▽ ̄)。o0○  やっぱり平ちゃんカッチョエエ。
Commented by ナオキ at 2006-08-17 23:08 x
いっちゃん、怪我がなくて何よりでしたね。
 しかし、ノーリード犬には憤慨させられますな。
 ウチの田吾作も四度ほどノーリード犬(vsバーニーズマウンテンドッグ、vsドーベルマン、vs北海道犬、vs甲斐犬)に襲われていますから、他人事ではありません。
 戦法は、平蔵君と同じように、相手が突進してくるのに任せ、射程内になったら間髪入れずに相手の急所(喉など)に噛みつくというものでした。「肉を切らせて、骨を断つ」というか、戸川幸夫の「高安犬物語」でも、似たような描写がありましたから、これが真の日本犬の戦術なんでしょうね。
 すべてKO勝ち&田吾作無傷ではありましたが…、無責任な飼い主と、そいつのせいで負傷した犬たちのことを思うと、胸くそ悪いです。
Commented by namimama at 2006-08-18 08:48 x
ケガ、無くてなによりです。
読みながら、嫌な汗が出てきましたし、涙も滲んできてしまいました。
はあぁ~。みんな無事で何よりです。
しかし、最後にしっかりとオチ?があって、笑わせて頂いたのでちょっと、このヒンヤリ感は、なくなりました。
心臓に悪いですよねぇ。ノーリード。
Commented at 2006-08-18 09:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なおなお母 at 2006-08-18 10:01 x
田舎ではよくある話ですな~
ノーリードワンコのところへは苦情言いに行きます。
言いにくいけど。
いっちゃん、平ちゃんがいるのに自分から行くんだ。
「若頭」なんやね。
しかし下手すると流血騒ぎだもの~やっぱりコワイ。

それにしても香龍さん、よう外履きはいて出てったね。
ワタクシなら裸足で出てってしまいそうだ。
Commented by なりごま at 2006-08-18 11:43 x
もうドキドキして一気に読んじゃいました。。。

まずはチビズに大きなケガもなくほっとしました。
いっちゃんの群れを守る意識もさることながら、平蔵さんの様子には参りますね。
香龍さんの意を汲むあたりは感心しきりです。
本当に皆さんの立場や状況を理解しているんでしょうね。

うちのは間違いなく珊瑚ちゃん系です。
きっとしっぽは下がっていることでしょう。。。はぁ。
Commented at 2006-08-18 17:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by dtiti at 2006-08-18 18:33 x
みんなにけがなくて良かったですね。ノーリードの犬が向かってくると私がまず、ぐーを握ります。グーぱんちするイメージを浮かべて睨み付けて追い払います。だいたいへたれな、どんが先に吠え出すんですけどね。平ちゃん男らしいわ。
Commented by シバイロ at 2006-08-18 20:28 x
今回のブログ、ひとつのドラマを観たような気がします…。
皆様ご無事でよかったですよーーー、ほんとうにToT。

我が家の柴♂も、2歳前で伊佐蔵くんと同じタイプです。
ドッグランと散歩コースでは、違うんです。どうしたものかと、
日々悩んでます。訓練士さんに相談しても、対症療法のみ。
群れを守ろうとしている犬は、人間のルールだと社会性の無い犬
ですけど…気持ちがスゴーク分かるんですよね。結局、
愛犬とアイコンタクトをとって、新入り犬たちを避けてます。
犬のリーダーとしては、その意識は褒めることなんですよね〜。
柴オーナーの先輩たちは、だんだん落ち着く年齢になっていくよ
って言ってくれますが。・・・そうなのでしょうか?
ノーリード犬に対しては、吠えずにスッと伏せて(骨伝導?)待ち、
相手の首に噛みついたことがあります><。。。
平蔵くんが落ち着いているのは、香龍さんが日々の生活の中で
リーダーシップをキチッ☆と とれているからのでしょうね。
犬にとって、リーダーがいて服従できるということは、安心で
幸せなことなのだ、と本で読みました。見習いたいです!!
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:08
Saoriさん、こんにちは!/心配かけてしまいましたね〜、有り難うございます〜。
平蔵はこんな時もホントに冷静で頼りになります。
、、その息子なのに、全然落ち着きのない伊佐蔵、、、(-∇-;)
いっちゃんの男気は危険だからヤメた方がいいですよ!平蔵の冷静さは、いいと思いますけどね、エヘへ。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:11
みほさん、こんにちは!/ノーリード犬って、全国津々浦々に居ますね〜、困り者です。
こたちんは、いっちゃんより優しいですよ〜。ことりちゃんにあんなに優しいこたちん、、、取り替えっこしてください(≧∇≦)
こういう性格って、生まれつきもあるみたいですね。
たまたまですけど、我が家のチビズの1匹目が平蔵で良かったなあ〜と思いますよ〜〜。
あとは年齢的なものも、、さすがにオヤジですから、平蔵は、、アハハハ。
こたちんもいっちゃんも、もうちょっとオトナになったら、カッチョイイオヤジになるかもしれませんよ〜(^∇^)/

メールの件は急がないので、おヒマなときでいいですからね〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:21
珊瑚&銀牙パパさん、こんにちは!/ハイ〜有り難うございます。怪我が無いのが何よりです。
平蔵は、、わはは、ホントにそんな感じですよ。まさに時代劇柴犬です〜。でも来ている着物は浪人風、、、(≧∇≦)
珊瑚は少しはヘタレが治ってきましたね。でも最後尾に居たところがやっぱり珊瑚です、アハハ。
伊佐蔵は、喧嘩好きというか、、、平蔵が居るからこそ、強気で居られるのかなあという気もしますね〜。ホントの群れのリーダーともなると、軽率な行動はとらないものなんですよね、、(-∇-;)

平蔵も、まさにそうです。珊瑚が来るまでは本当にフレンドリーでしたけど。守るべきものが増えると急に変わりましたね。元々日本犬は群れとしては排他的傾向が強いので、、犬種故の行動で仕方ない部分もありますけどね〜。
仲良くしたいときは、挨拶は後回しに、しばらく一緒に歩いたり散歩をして「疑似群れ」になってから、キチンと挨拶させると、かなり違いますよ。それでも嫌いなヤツは嫌いでしょうけどね、アハハ。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:26
yoshiさん、こんにちは!/うえへへ〜そんな事言ってると、好色一代男も継承してしまいますよ〜(≧∇≦)

コウちゃんもそうなんですね。やはりドッグランは遊ぶ場所としてちゃんと違う認識でいるんでしょうね〜。
平蔵や珊瑚はそれほど気にしてないようなんですが、、伊佐蔵だけは特別気にするんです。これも個性でしょうか、、。
あとは時間をかけて覚えてもらうしかないですね(-∇-;)

子犬の頃だけ可愛がる人って、、本当に犬好きではアリマセンよね!生きているぬいぐるみ、、という感覚なんでしょうか。
大きくなるとほったらかしって、、、自分が同じ目に遭ってみないと分からないんでしょう。腹が立ちます、ホントに。

ブチワンは、本来は良い子なんですよ〜。多少しつけが足りない部分もありますけど、一応は可愛がられているので、、、。
でも、オーナーがコレでは、いつ迷子になってもおかしくないですよね、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:30
ネソさん、こんにちは&初めまして!/ええっ!!そうなんですか!
そのノーリードのオーナーは、その事知ってるんでしょうか、、。ヒドい話です。ウチの近所もこうやって放されている犬に良く似た子犬が生まれた家があったりしますけど、、。証拠が無いので泣き寝入りですよ、、。
これだから、田舎なのに、ついつい室内飼いしてしまうのですよね。
それも、人間だったらとんでもない犯罪なのに、どうして犬だと深く考えもしない人が多いんでしょうね。
ホントに悲しい事です、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:33
たなやんさん、こんにちは!/わははは!!
こういう時「だけ」かっこ良いようですけど、好色一代男だという事もお忘れなく〜〜(≧∇≦)

ホントに怪我が無かったのが幸いでした。あのまま喧嘩を続けていたら、どちらか怪我をしたでしょうね。ブチ犬も怪我してなかったようなので、それはホッとしてますよ〜。

もっと困るのが、、夏休みで子供が夕方暗くなるまで遊んでいるんですけど、、そういう子達が遭遇して、、怖くて逃げ出したりした時の事を考えると怖いです〜。犬って逃げるものを追いますからね〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:38
美和さん、あられちゃん、こんにちは!/ドキドキしました!?なにしろノンフィクションですからね、アハハハ。
平蔵はこういう時は妙に肝が座ってるんですよ。いえ喧嘩が強いわけでも無いんでしょうけど、腹をくくるというか、、。
本当に喧嘩したら負けるかもしれないんですけどね(-∇-;)
そうそう、流浪の身、、追っ手があって、今は身分を隠して忍び暮らしの身です、、、わはははは(≧∇≦)/”!
ワガママ妻&巨大子連れ大神〜。
、、、なんか想像すると、平蔵が一番可愛そう〜〜!

伊佐蔵の血の多さには参ってしまいます。もうちょっと冷静になって欲しいなあ〜。ガキです、ガキ!
ノーリードに遭遇した時って、たまらない緊張ですよね。ああいう時って、妙に無表情だし、、、。
見つめ合って数秒は固まってしまうし、、。
あられちゃん、その時は無事で良かったですね〜。やっぱりオンナノコに戦えって言えませんよ〜〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:45
ナオキさん、こんにちは!/ホントにブチ犬も怪我してなさそうだったので、それが救いですね〜。
伊佐蔵をチェックしてて、毛だけが噛まれていたのは、さすがに「オワ〜、ギリギリやんけ」と思ってしまいました(-∇-;)
剛君は大型犬ばっかり相手に、、!ウヒ〜。だいたいそんな大型犬がノーリードってのが怖いですね!
そうです、そうです。平蔵の戦い方っていつもそうなんです。それって日本犬の戦い方なんですか?うひょ〜。知りませんでした。
自分からは行かないんですよね。向こうが飛びついた瞬間に居合いのように反撃するんですよね〜。
す、すると伊佐蔵ボッチャンは、まだまだ日本犬の神髄にほど遠いところに居るわけですね。むう〜ガキンチョめ。
それにしても、ホントに無責任な飼い方をする人には腹が立ちますね、、こうやってノーリードで保護されて、、姉妹には処分されている子も多いと思うと、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:48
namimamaさん、こんにちは!/ありがとうございます〜、なんとか無事でした、フウ〜。
ノーリードはホントに心臓に悪いです。
とっさにどうするか、頭に浮かびませんよね。
向こうが黙って立ち去ってくれればいいんですけど、時々唸りながら駆けて来るのも居ますからね〜。
やっぱりオチ効いてますか?わはは。こうでないとですね(≧∇≦)
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:50
匿名希望Nさん、こんにちは!/昨日今日と、福岡をまたいで行きましたよ〜台風。
足が遅くて(時速6キロ)、かなり滞在してました(-∇-;)
クイズ惜しかったですね!皆さんけっこう当たっていたのでドキドキしてしまいましたよ〜。正解が沢山いたら、どうしよう!と。
おお!土佐犬ご覧になったんですか。あれは凄いですよね〜。見てるだけで怖い!ウチには小さくて(伊佐蔵はちょっと、、)かわいい柴犬くらいがお似合いですワ〜あははは。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:56
なおなお母さん、こんにちは!/そちらも多そうですよね(-∇-;)
ウチの近所も腹立つくらい、田舎です。しかも苦情を言っても聞かない家も多いんですよ〜〜ムカ〜〜!!
伊佐蔵でしょ、、。ホントに青いというか、、。
パッと見たって平蔵に気迫負けしてるのが分かるんだから、今更喧嘩売らなくても良いのに、、と思ってしまいました。
でも普段の様子を見ると、自分がリーダーとは思ってないようですよ。単にけんかっ早いだけのようです(-∇-;)

わはは、平蔵が居るから、それほど心配してませんでしたよ〜。それに人間のオトコが二人も居ましたしね!
でも、、あんまり頼りになりませんでしたニンゲンは(≧∇≦)
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 12:58
なりさん、ごまちゃん、こんにちは!/ノンフィクションですよ〜わははは。

ホントに怪我が無くてなによりです。ブチ犬も大丈夫そうでしたし、早々に追い払えて良かったですよ〜。
平蔵はこういう時程すごく冷静になるんですよ〜。お姫様に会って頭真っ白になっているときとは別犬です。ひゃひゃひゃ。(≧∇≦)/
伊佐蔵は逆にお姫様に会ってもあまり興奮しないんですよ〜。やっぱりHの権利はボスにあるんでしょうね。

ごまちゃん、喧嘩なんて似合いませんよ〜。珊瑚みたいに、後ろでチアガール応援団、、くらいが丁度です(^∇^)
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 13:09
特名希望Oやんさん、こんにちは!/平蔵は、普段は適当に言う事聞かないときもあるんですけど、本当に必要なときはバッチリ意思疎通が出来ているのはビックリですよ〜。

ええっ、そちらでもノーリード犬が!
喧嘩にならずに無事に保護出来て良かったですね〜。
でも、そのオーナーにはちょっと、、というかエラい腹が立ちます、、。
ビニールヒモなんかをリード代わりに使うとは!信じられません。
それに、せっかく保護されて戻ってきたのに、、その態度!
迷子が戻ってきたら、ホッとして喜ぶのがフツウなのに、、、その子は愛されてないんですね、、。
なんだか保護したのに、、、保護しない方が良かったのかと悩んでしまいそうです。
一番可哀想なのは、その子ですよね。
こんなんでどうしてワンコと暮らそうと思うのか、全く分かりません。
こういう人達は全国どこにでも居るものなんですね、、。
はやく日本人の意識が高まってくれると嬉しいんですけど、、。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 13:11
dtitiさん、こんにちは!/ハイ、怪我が無いのが、何よりです〜。
グーですか。ワタクシは自分が犬か狼になって睨みつけてるつもりになってますよ〜。アハハ。
伊佐蔵みたいにすぐ吠えるってのは、ちょっとかっちょわるいですよね〜。
ホントに喧嘩したら負けてしまうかもしれないんですけど、こういう時の平蔵は本当に頼りになります(≧∇≦)←親バカ
Commented by koryu_misumi at 2006-08-19 13:25
シバイロさん、こんにちは!/今回の事件はまさにイベントと呼べるようなものでしたね、、。お恥ずかしい〜。

散歩コースでは毎日毎日、よそのワンコとすれ違う時に黙って気にせずすれ違えたら、すかさず褒めるようにしてるんですよ〜。
これだけでも、随分伊佐蔵は良くなりました(^∇^)
今回は相手がノーリードで挑戦的だったので、さすがに興奮してしまったようですけど、普段の散歩ではあまり困らなくなってきたところです。
日本犬のように群れを守る排他的行動が強い犬種としては、まさに日本犬らしい行動とも言えて、本当ならエラいのかもしれませんけど、、現実には褒められないですよね〜、アハハ。
知り合いの人に出会ったら、しばらく一緒に歩いてもらったりしてます。それだけでも随分違います。
あ、一緒に散歩してもいいんだ。守らなくていいんだ、、という感じで少し警戒が解けるようですね。
生まれつきの性格もありますけど、年齢的にも落ち着く時期がありますね。
平蔵は、ぼ〜っと一緒に散歩してたらこんな犬に、、アハハハ。
本当ならもっとボス犬らしくしてたら、伊佐蔵もこんなに飛び出さなかったと思うので、、あまり褒められたもんじゃないかも(≧∇≦)
Commented by たにゃ at 2006-08-28 18:23 x
「群れを守ろうとする」排他的意識、日本犬らしい日本犬というか、オオカミの血、なんですかね~。うちは他のわんこを見つけると遊びたくて興奮しちゃうんですけどね。(でも好き嫌いが激しくて、寄ってこられても相手しないことも多々。。。)
ノーリード。先週ギリシャに行ってたんですが、ノーリードでふらふら歩いている犬が(しかもみんな大きい!)いっぱいいました。でもみんなおりこうさんなんですよ~。人の接し方の違いなのかなぁ。みんな普通に道を歩いたり、寝ていたり、信号待ちしていたりして(≧∇≦;) 幸せそうでした。その点、日本は暮らしにくいのかもしれませんね。だからと言って、今の日本の状況でそういう暮らし方は絶対にムリですけど~。
Commented by koryu_misumi at 2006-08-30 11:47
たにゃさん、こんにちは!/これは、特にオスに多いようですね。野生が強いと、さらにこの傾向が強まるみたいです〜。やっぱりいっちゃん、、野生生物、、。
日本犬は遺伝的にも相当狼に近いようなので、そういう風になりやすい犬種のトップバッターでもあると思いますよ〜。
また、多頭飼いになるとボス犬は余計にその気が強くなりますね、平蔵も珊瑚が来てすぐの頃はかなりそうなりましたから。

ギリシャでそんな光景が、、、!ウラヤマしい〜〜。やっぱりあちらの犬は性質が穏やかなんですね〜。
その狼の遺伝子と犬の遺伝子のグラフを見たんですけども、、洋犬はかなり狼とは離れてましたから、、よりニンゲンに近い犬という感じなんでしょうね。
、、、、日本犬達がウロウロしてたら、、それどころじゃないと思います(≧∇≦)