人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

昨日の続き

b0057675_1174693.jpgえ、、え〜〜、伊佐蔵が標準サイズだったという衝撃の事実にショックを受けている人が若干いらっしゃるようですが、、。
、、、ゴホゴホ。

ハイ、昨日の続き(≧∇≦)。
珊瑚が参加する展覧会の見学にと、ついでに連れて行った伊佐蔵ぼっちゃん。
会の最中にちょっと笑ってしまった事がありました。

それは、成犬オスのリングをワタクシが熱心に見学している時です。
昨日も書いたように会場の雰囲気はどうにも落ち着かない状況でしたが、さすがに成犬ともなると動じない犬が多く、堂々とした振る舞い、、、。
感心するワタクシの足元で、伊佐蔵はお利口にたたずんでおりました。
ワタクシの手首にかけていただけのリードを引っ張る事もせず、妙に落ち着いた風情。
そうこうするうちに、成犬オス犬のリングも中盤にさしかかり、、、。

「ん?」
ふと気づくと、リング内の、ちょうどワタクシ達の目の前にいる立派な成犬オスがこっちを向いて、もの凄い形相でいるではアリマセンか。
鼻には深いシワを寄せ、歯を剥き出しております。
今にも飛びかからん風情で、ガルルルル、、、、と怖い声を( ̄□ ̄;)!!
んが!?
と足元の伊佐蔵を見ると、、ただフツウに立ってるだけです。別に変わった様子も無いような、、、。

いえ、背中の毛が逆立ってました(≧∇≦;;;)
表情は変わらないのですが、ただひたすらに無表情のまま、恐れ多くも目の前の成犬オスにガンたれとるがな!!
ぐわっ!いっちゃん!相手は成犬やが。貫禄が違うっちゅ〜に〜〜〜〜!

ワタクシが気づかないうちに目が合っていたんでしょうね、この2匹、、。
で、ガンたれ合戦になっていた模様。
リング内のオス犬に迷惑がかからないよう、早々に引き離しましたよ(-∇-;)
もぉ〜、いっちゃんてば。
しかし若干1歳のバカイヌワカイヌのクセに、成犬オスに先に声をあげさせるとは。
だてに平蔵に鍛えられてるワケじゃないのねん。、、と、少々困ったような、でも嬉しいような、おかしな気分でしたよ(-∇-;)

b0057675_1194026.jpgところで、昨日から展覧会のハナシを色々書いて来ましたが、、。
実はワタクシの「理想の犬」は、展覧会犬が基準ではアリマセン。
本当なら、日保会員たるもの、そうであってはイケナイのかもしれませんけど(-∇-;)
まあ個人的な見解と読んでやってくださいな。

ワタクシが心に描く、素晴らしい犬は、、。
健康で、人と強い信頼関係を築ける犬で、、頭が良く、優しさと静けさと、、滅多に使う事はなくても必要な時には必要なだけの猛々しさを持つ、野生を忘れない犬です。見た目はそれほど重視されません。
ま、まあ極論を言えば、犬種も関係アリマセン、、が、やっぱり日本犬ならではの性質が大好きである事は確か。
ちょっとフツウと違うかもしれませんが、わははは!

だもんで、ついつい展覧会に出てる犬で、良い評価を得ている犬を見ても「この犬は薮の中で大きな音をたててガサガサ走ってしまい、獲物に逃げられそうだな〜」とか、ちょっと違う所を見てたりするんですよね。
まさに珊瑚がそのタイプなんですが、アハハ
展覧会には光源氏は沢山居るけれど、椿三十郎はあまり居なさそう〜と思ったりも(≧∇≦)。
この事を、犬先輩方に正直にぶつけた事がありますが、、それは確かにそうだと認めておられました、、。
「展覧会に出とう犬で、ちゃんと狩りの出来る犬は、あんまり居らんやろうね」と。

b0057675_1111931.jpgケンネルクラブの展覧会でも似たような話を聞きます。
例えば、猟犬、、、猟の仕方によって、様々な改良がなされて来たのはご存知ですよね。
でも同じ犬種なのに、見た目重視のアメリカの犬と、猟が出来る事を大事にするイギリスの犬では、、もう違う犬種のように違いが出ているのだと。
アメリカでは首をすっと立てて、美しいポーズの出来る犬を求めるあまり、肩甲骨の位置が微妙にズレ、、結果、長時間獲物を追って荒れ野を走れなくなっている犬種、、。
また、獲物をくわえて持ち運ぶための大きな口なのが、、、展覧会向けにと見た目はいいが獲物をくわえて持ち運ぶには適さなくなった口の犬種、、。
そしてその姿形を受け継ぐ子犬が更に増えて行く。

こうなると、犬種で「ハウンド」とか分類されている意味なくなってきますね(-∇-;)だって本来の猟ができなくなってるワケでしょ。
洋犬だけではなく、剛毛が”受けないから”と、フワフワの毛を持つようになったシャーペイ。
でも考えようによっては、元々人間の都合によって改良を重ねて来たわけですから、猟のためだろうが、見栄えのためだろうが、これはこれで時代の流れかもしれませんね。
というか、逆に時代の流れというのは、どんな世界にも避けられないものだとも言えますか、、。
これから書く事は、ワタクシの頭が古くて固いって事の証明になるのかもしれませんが、、やはり、時代の流れに抗いたい事もあるワケで、、。

b0057675_11204068.jpg日本犬の良い所は、そんな改良がほとんどなされてない部分ではないかと、個人的には思います。
決して昔の日本人に、改良するだけの技術が無かった訳ではないと思うんですよ。
昔の人々は、現在でも復元できない程の、素晴らしい花びらの形をした朝顔を沢山作り出したりしてますよね。
きっと、意思を通じあえるイキモノとして犬の事を尊重していたんだと、勝手に思います。
オオカミ(狼)だって「良いケモノ」という字を書くくらいですもん。
日本人のそういう所、ワタクシは大好きなのですよ。
シャーペイが日本の犬だったら、剛毛は剛毛らしく。そしてその剛毛のシャーペイが好きな人だけがシャーペイと暮らせば良いのだと言う事になっていたかもしれませんよね、、。
そこにあるものをそのままに、愛したい人が愛せばいいという部分。

また、上記では猟犬のハナシを書きましたが、日本犬=猟犬であるとは思ってません。
昔々はもっと応用の効く、犬だったんじゃないかと思います。
ワタクシが小さな頃は、農家の作物が取れる間は番犬として作物や家を守り、、そして狩りの季節になると狩りの手伝いに山へ連れて行かれる犬がアチコチに居ました。
、、、ワタクシの年齢とか、田舎度がバレバレですが!!!(≧∇≦)
なんというか、そういうオールマイティなワンコだと思うんですよね。
番犬としての静と、猟犬としての動を併せ持つ、、。
だからこそ、特化した改良がされなかったのかもしれませんけど。

b0057675_11215239.jpg種としての、古来からの日本犬を後世に継いで行く目的を持つ日本犬保存会。
そのチェック機能もある展覧会。
しかし、どうしても展覧会だけで犬の全てを見る事は難しそうですよね。
しかもそのオオカミらしさを強く持って来た犬を、古来のままに保つには適さなくなって来た日本の状況、、。
このあたり、素人が言うと叱られそうですが、、、ジレンマに落ち入る所ではないかと。
そんなモヤモヤを心のどこかに抱えつつも、やっぱり展覧会も好きなんですよね、、、ああ〜〜優柔不断。

ちなみに、我が家のチビズはワタクシの理想とはほど遠く、、、アハハハ!!!そりゃそうだ。
あくまでも「理想」ですからね〜〜(≧∇≦)
全然違いますよ、なんつったって室内家庭犬ですし!
でも結局は、理想とどんなに違ってもやっぱり我が家のワンコが世界で一番って事ですよ!!!

b0057675_11225379.jpgb0057675_112369.jpg


写真上/いっちゃんの開き
中央上上/掃除機で吸ってもらう掃除機フェチ平蔵
中央上/いつものツチノコ珊瑚
中央下/オヤツねだりモード平蔵
中央下下/母子ウトウト
下/気分屋珊瑚、平蔵にチュ〜
by koryu_misumi | 2006-03-08 11:33 | Comments(20)
Commented by 花ままっ@ばばー at 2006-03-08 12:05 x
アツアツカップル、ご馳走様でした(爆)。
珊瑚ちゃんの後姿のしっぽのもこもこが好きです♪
うちの子らは、どーもしっぽのもこもこ感が少なくてちと寂しいですが、2匹とも狩りは上手そうだ(爆)。
昨日、オモチャを買ってあげたのですが、2匹で取り合いで暴れまくっておりました。いよいよ家の中は、戦場に化してきましたよ!
Commented by Saori at 2006-03-08 13:23 x
ショーで目にする秋田犬も別モンですね。
福はあぁ見えて鳥を狙っている時の眼はコワイものがあったりします。
キジを追った時もノーリードなら追い詰めていただろうなぁ。って思いました。
まぁ、その後の“咥える作業”は出来ないだろうけど。ヘタレなんで。
いっちゃんの開き・・・ビックリィ~!

時差がありますが・・・福はヒヅメを1/3位しか噛めない(食べられない)のですが、1週間水につけたものを与えたら、それ以上噛んでいました。今までは硬くて噛めなかったのかもしれません。いっつも勿体無い捨て方をしていたのですが、これからも少し軟らかくしてから与えようと思います。
Commented by ナオキ at 2006-03-08 20:28 x
 「型」と、本質の乖離のおそれがあるんでしょうね、昨今の柴犬や紀州犬は。
 日保の「日本犬標準」は、日本犬のあるべき姿から抽出されたものなんでしょうが、その「型」を遵守するあまり、「本質」が省みられなくなったのかもしれません。あるいは、「型」そのものすら、時流に影響されて、配慮なく変化していった感じすらありますから、現状はかなりアブナイ状況でしょうね。
 悪く言えば、「型」すなわち外見を真似るのはそう難しくないですから。
 犬ではないですが、能などは、単に所作を真似ただけでは評価されない厳しさがあるからこそ、その本質を今に伝えているような気がします。
 日本犬も、能のように「型」と「本質」の両方を健全に備えるようになって欲しいものですね。

 「型」とは別の、「本質」を競うイベントが、日保には必須だと思います。
Commented by ころわん at 2006-03-08 23:42 x
まずは…展覧会お疲れ様でした。。。
珊瑚ちゃん…良く頑張ったね。。。
珊瑚ちゃんは超美犬でころわん的には一位です!!!
え~!??い、いっちゃんが標準サイズ???
それって…本当にいっちゃんの年を知っての事…ですよね?(笑)
うむうむ…いっちゃんの尻尾がチャームポイントって事は確かに納得!個人的には白足袋部分も好きなんですが~。
後、もう少し大きくなったらマロ眉にも期待しております。。。
三角家のワンコはみんな可愛くてサイコーっす!!!

それから今日3月8日は忠犬ハチ公の命日らしいですね。
以前ころわんも秋田犬を飼ってた事がありますが・・・
日本犬ってやっぱ良いですよね~。。。
Commented by シオン at 2006-03-09 01:05 x
え、いっちゃんって標準サイズ?あら、ショック~。
でも、性格が大物だものね。

本来、動物は自然に淘汰されて、良い血統が残されていくものなので、人為的にその種の特徴を固定して残そうとするのは、その種を”退化”させていることになる...とこれはどこかで読んだ本のウケウリです。柴もずっと長い間自分達で良い血統を残してきたのですものね。でも、じゃぁ、わんこの好きにさせておけばいいのかというと、そんなこと、今の世の中ではとても無理だし。難しい問題ですね。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2006-03-09 03:08 x
こんばんは、主題とは関係なく申し訳ありません。
昨晩、我が家の珊瑚が無事3柴を出産致しました。
詳しく?はブログをご笑覧下さい。
Commented by KAN at 2006-03-09 09:15 x
いっちゃん、標準サイズだったんですね(笑)
・・・ってことは、実はうちの実家のブンタも標準サイズだったりして!?
あーーー。でもアイツはホントにデカイからなぁ(^^;;;)

日本犬気質。一番最初に飼った柴犬はホント、日本犬気質を持った犬
だったと思います。飼い主以外に懐かず、番犬もしっかり務め、我慢強い
・・・という感じで。そう言えば散歩中にお爺さんから「この犬は猟犬にした
ら良いよなぁ」と声を掛けられたこともありましたわ。
今は、実家のブンタも我が家の凛も、あまりそういった日本犬気質は感じ
られないかなぁ・・・。それが良いか悪いかはよく分からないですけどね(^^;)
Commented by なおなお母 at 2006-03-09 09:57 x
香龍さんのおっしゃる理想の犬像こそ、
実は「悍威・良性・素朴」の姿の具現なのでは~。
うちではさっちゃんが一番本質的にいいものを
持っていると思うのですが、あまりにもお気楽な生活がたたって、
だんだんおバカになっているような気がするのは私のせいだわ、、。

いっちゃんは澄み切ったいい眼をしていましたよ。
ホホ毛がなんとかして生えてこないですかね。



Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 09:41
花ままっ@ばば〜さん、こんにちは!/けっこう後ろで見ているだけでも、可愛いんですよ〜。平蔵と珊瑚がいちゃいちゃするの。
でも珊瑚の気分のいい時だけなんですよね、アハハハ。
花ちゃんとナルちゃん、、かなりワイルドな感じになって来ているみたいですね〜〜読んでますよ!
怪我だらけでしょ、花ままっ@ばばーさん(≧∇≦)
写真載っけてくださいよ〜〜ナルちゃんの写真!!
Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 09:44
Saoriさん、こんにちは!/やっぱり、そう思います?わははは。
福ちゃん、日記を読ませてもらってる限りでは、けっこう野生味持ってますよね〜。
パッと見た目は可愛くて静かそうなイメージですけど。やっぱり済んでる場所とか関係あるんでしょうか〜?
確かに福ちゃんがワンワン言ってる姿は想像できません(≧∇≦)/
でも黙って、しとめてそうじゃないですか、、、?!

ヒヅメ、そうなんですよ〜。ふやけるんですよ、わはは。更に臭いが強烈になります(-∇-;)
あ、これからは暖かくなるので、腐らないように気をつけないとダメですよ〜。
冷蔵庫とか、、、そうそう、煮ると短時間でふやけますよ。
Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 09:53
ナオキさん、こんにちは!/素人ながらに、この犬は、見た目は凄いけど、中身はどうなんだろう、、っていつも展覧会では思います。
焼き物も初めは「型」からですね。なんでもそうなんでしょうけど、、。脱サラした人でも、子供の頃から始めた人でも同じ。
でも、「型」で終わってる人は、長続きしないですし、作品にも何か足りないんですよね。型を求めてるうちに、目に見えない何かを見つけた人は、素晴らしい作品を作ってると思います。

今の展覧会では、犬の性質とかパッとみるのは難しいのではないかと思います、、、。でも目の肥えた方は、瞬時に見分ける事ができるのかもしれませんけど、、。
でもこのまま行くと、いつか軌道修正が必要になりますよね。
Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 09:57
ころわんさん、こんにちは!/あと2回程、今季は出陳して、ホントに引退です〜。小さいからだでよく頑張って来ましたよね!
イキナリ朝早くから車に乗せられて、全然面白くもない事を一日やらされるワケですからね〜アハハ。
伊佐蔵のシッポは、珊瑚のシッポを見慣れているので今までそんなに感じた事は無かったんですけど、、時々ドッグランでも「立派なシッポですね〜」と言われるので、、そうなんでしょうね(≧∇≦)
確かにフサフサで太くて、長さも充分、力強いシッポなんですよ。
マロ眉でたら、顔の相が変わりそうな感じがしますよね。突然オトコ前になったりして〜〜わははは!!!

ハチ公は、いまだにホントに有名なワンコですよね。日本犬らしい話ですし、、あれのおかげでヘレン・ケラーは秋田犬が好きになって飼うようになったとか聞いてますよ〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 10:03
シオンさん、こんにちは!/わはは、す、スイマセン〜〜。巨柴脱落です、、残念〜〜。
性格は大物というよりは、、ぼ〜〜っとしてます(≧∇≦)

血統は本来そういうものですよね。長い長い時間をかけて、自然が作って来た遺伝子は、それなりの意味があると思います。
まさに、淘汰ですよね。
生存に有利な遺伝子が選択されてきたんですから。
それに人間が介入する事で、それまでの何万年もの淘汰の意味が亡くなって行ってるのではないかっって、、そう思う時あります。
だからと言って、、、現実には簡単に一言でまとめられないモノがありますよね〜。
実際人間には、そういう力を与えられてる訳ですし、、。何が良いとか悪いとかって問題でもないんでしょうね。
こういう「コレ」という答えの無い問題は、、これからもず〜〜っと引きずっていかなければいけないのかもしれません。
Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 10:07
珊瑚&銀牙パパさん、こんにちは!/見ました、見ましたよ〜〜!
おめでとうございます!
トトサンゴッチョには残念ながら当たりませんでしたけど。
でも珊瑚ちゃんも子犬達もみんな元気で生まれて良かったですよ〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 10:14
KANさん、こんにちは!/わはは!ホントに標準サイズってウソみたいですよね〜。
何故見た目はこんなに大きく見えるのが不思議です(≧∇≦)
ブンタ親分もそんなに大きいんですか?た、確かに凛ちゃんと並んでるときのサイズの差はありますけど、、そんな風には見えませんね!

KANさんの最初の柴犬さんは、昔ながらのカッチョイイワンコだったんですね〜。何かあっても、ちゃんと守ってくれそうですよね!
我が家のチビズも、、アヤシいもんですよ。アハハハ!甘えん坊だし、ワガママ言うし、、。
それが良いとか悪いとかって無いと思うんですよ〜。人間もワンコもシアワセで居られれば、それが一番!
日記に書いたのは日本犬保存会の本当の目的が、展覧会でちゃんと確認されてるのかな、、、?という素人ながらの疑問をチョコッと書いてみたんですよ〜。
Commented by koryu_misumi at 2006-03-10 10:17
なおなお母さん、こんにちは!/なるほど〜。
あ、でもそれに「野生味」ってのがちょっと欲しい所なんですよ。ワタクシの理想は〜(≧∇≦)
そうなんです、ワタクシがさっちゃん好きなのは、そんな雰囲気を持ってるから!最近はちょっとオープンになって来てるみたいですけどね、わははは!
でもそんなさっちゃんの笑顔がカワイイから、いいんです(^∇^)/
とってもシアワセそうですもんね〜。

いっちゃん、目が小さいのに、澄んでるように見えました!?(≧∇≦)
ホントにホホ毛生えて欲しいです、、毛が密じゃないので、ホホ毛がちょっと寝てるんですよね。長さは充分あるんですけど。毛吹きが良ければ自然と張り出してきそうな感じなんですが、、。
Commented by たにゃ at 2006-03-10 12:14 x
人間だって見た目じゃないですもんね。見た目だけ引き継いでいったって、中身が伴わなきゃね。しかも、見た目だって、引き継いでるのかどうか微妙なんですねぇ。難しいなぁ。
いっちゃん。。。「ギリギリ」標準サイズかぁ。ってことは、これから成長したら!?(≧∇≦;)
いっちゃんのへそ天、ハート♪がついてないんですね。
Commented by よっち at 2006-03-12 22:33 x
いろいろ考えさせられますね~。
もちろん「型」も大事だけど、日本犬の強くて優しく飼い主に従順なところが私は好きです。
ももったら腰が痛いのに何も言わずにじっと耐えてるし、、、。
あ、ご心配かけましたけど、ほとんど元通りになりました、でも当分高いところと走るのは厳禁!ですけどね~。
そうそう、日保の会報を読んでて目に止まったのが、鹿児島支部の概評。
警察犬訓練所で訓練された柴犬の演技があったそう。
折角の展覧会、来てくれた人を喜ばせるこんな企画もいいなぁって思いました♪
Commented by 香龍 at 2006-03-13 21:17 x
たにゃさん、こんばんわ!/ホントに、そうですよね、、どんなに見た目が良くても、中身はどうだろうって、、思いますよね〜。
でも、展覧会ではパッと見て、それを判断しないとイケナイんだから、難しい所です。
そ、そうなんですよ!いっちゃん標準、、、、ウソっぽいですが(≧∇≦)
逆に筋肉が着いて幅広になって来ると少し体高が下がる事があるんですよ〜、、そうなるとますます標準、、、わははは!!
伊佐蔵のヘソ天、、ハートあった方がいいですか(≧∇≦)?
せっかくのタマタマを〜〜〜(ヘンタイです)
Commented by 香龍 at 2006-03-13 21:25 x
よっちさん、こんばんわ!/そうですよね。ももちゃん、ホントに小さな体で一生懸命頑張ってるなあ〜って思います。
まさに日本犬らしい我慢強さ。
それに、よっちさんちの家族の一員としてとても自然な感じで溶け込んでて、ももちゃんが家族を大事に思ってるの分かりますよ〜。
ももちゃんの腰、ホントに良くなって良かったですね!
また笑顔で散歩できるって嬉しいですよね〜(^∇^)/

鹿児島支部、いいですね〜それ。他の支部でもそういうの、してくれるといいんですけど。
柴犬は見た目以外にも素晴らしい所があるって事を、再認識できるようなイベント!