人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

リンクの先のリンクから

b0057675_13571707.jpg

ネジリバナと一緒に撮影伊佐蔵坊っちゃん。

あ?やっぱり見えません?わははは(≧▽≦)

b0057675_13572066.jpg

拡大。
ああ可愛いのぅ。

ネジリバナの根っこは、菌根と共生する根っこなんですよ〜。
だもんで、居場所は定着しないんです。
年月とともに移動して行くんですよ〜。


「オヤツ食べるヒト〜!!」


b0057675_14001534.jpg

ポイッ!!!

b0057675_14004626.jpg

見た目は凄いが、珊瑚無事キャッチ(≧▽≦)

b0057675_14011765.jpg

いっちゃんも見た目がオカシイぞ(≧▽≦)はははは。

よっしゃ、もう1個!

ポイッ!!

b0057675_14014635.jpg

b0057675_14014910.jpg

安定の(?)失敗珊ちゃん(≧▽≦)

やっぱりすっごい顔ですわ〜わははは!

b0057675_14015236.jpg

落ちたお芋さんを簡単に見つけきれないシニア達でありました(≧▽≦)



話は変わって。
先月、こんな記事を載せました。


本当はとても素晴らしく成長出来るはずの柴犬達の個性が、、まっとうな評価をされてない事へのワタクシの愚痴を書いたもの。。

そしたら、くますけさんが、こんな記事を載せてくれました(≧▽≦)

この、上のリンク先の中の、更に張ってあったリンク。。


これ、、2011年のハナシなんですよね〜。
、、そう、時々登場してもらっている泰蔵は、まさにそういうタイプの子犬だったんですわ。

当時子犬だった泰蔵は、、その個性のおかげで殺処分になるやもしれなかった。

あの時、彼に会えて良かったと思います。
今ではすっかり、当初ワタクシが予言していた通り、素晴らしい犬に成長してくれましたもんね〜。
てか、遭った瞬間から彼に「問題」なんてカケラも感じませんでしたよ。。。

そりゃあ〜〜ヤンチャで可愛くてはしっこくて、、今思い出しても食べたいくらい可愛い子犬でした。
初めて会った瞬間から、、死ぬ程遊んでやりまして(≧▽≦)
なにしろ子犬相手の遊び方に於いては百戦錬磨のワタクシですからね〜〜わははは。
おかげもあって、彼はワタクシの事が大好きになってくれました。

b0057675_14274204.jpg

こんな、、泰蔵のような子犬は、世の中には沢山居て。。
ただ、知らないだけの飼い主さんならまだしも、それを専門家が、、ね。

泰蔵のように、、、ほんのちょっと認識を変えるだけで、その子とその子を取り巻く世界が変わるんです。

リーダーウォークとか、従順とか、、そんな事よりももっと重要な。。。
その子に注ぐものがあるはずなんですよね。

この世界に生まれ出たのなら。
その事をこそ、、奇跡に近い事をこそ、、大切にする事だと思うんですよ。
可能な限り生きる喜びを感じる道を歩きたいのが、イキモノなんじゃないかな。と思うんですよ。

b0057675_14454973.jpg

「子犬を迎えたけど、予定と違う。こんなハズじゃなかった」と言う飼い主さん、、少なくないんですよね。

それは裏返せば、、「そのままのその子」を受け入れていないから出る言葉なんですわ。
つまり「自分の想定外」は受け入れられない。

でも、安易に批判する気にはなれません。

というのも。更に掘り下げると。。
他者に自分の「想定」を当てはめて、自分の物差しでジャッジするのは、、裏返せば、ありのままの自分自身を受け入れる事が出来ていないから。
だって、ありのままの自分を素直に受け止めていられれば、他者に対しても同じ事が出来るんですもんね。

b0057675_14542826.jpg

もし、、。
「ありのまま」の自分に駄目出しをしているのなら、、、。
まず真っ先に、その認識を変える事だと思います。

どれだけ多くの飼い主さんが、、自分のココロを大切にしていないか。
それが犬を鏡として表面化するんですよね。

自分自身を真に大切に想う事は、目の前の犬や、身の回りの存在を大切に想う事と変わりはないのだと、ワタクシは思うんですよ。


復活シバツレ漫画です〜。
2004年6月4日の(≧▽≦)



人気ブログランキング

b0057675_14581901.png

by koryu_misumi | 2019-07-14 14:58 | Comments(6)
Commented by RUPIKA at 2019-07-14 16:05 x
こんなはずじゃなかった…そういえば、私は
その子がどんな事を感じているかは注視しますが、
自分の気持ちをゴリゴリ押し付けるというのは
あまり無いかもしれません。
もちろん、危険な事とか、ギスギスが無いように
指示を出したりはやりますけども。
犬だけでなく、どのペットでもそうですが、
こんな予定じゃなかった。だから手放すというのは
本当に悲しくなりますね。
うちは今、デグーという最近話題のゲッシ類を育ててますが、
1匹、人を全く信用してない噛みデグーがいます。
世の中ではベタなれ!と言われてますが。
きっとこういう子が、『話と違う!』と
言われてしまうんだろうなと思いますね。
噛みデグーだけど、とっても可愛いんですよ(親バカ)
Commented by koryu_misumi at 2019-07-14 23:09
> RUPIKAさん
こんちは!
犬を迎える前から、ステキな犬暮らしを夢見るのは誰でもアリだと思うんですよね〜。
でも夢と現実はやっぱり違うわけで(≧▽≦;;)
そこを受け止める事が出来るかどうか、ってのは人によりけりみたいですわ。

で、目の前の犬は「これは違う」という眼で自分を見られている事を感知する。。
「そこに愛はあるんか?」って某コマーシャルみたいになりますね、あははははは!

想定内の世界で生きようとするのは、実はけっこうシンドイはずなんですよ。
応用が利かない、パニクりやすい、、から「想定内じゃないとダメ」って事ですもんね。
未知の世界をドキドキして迎える事も想定外でしょうから、人生楽しくない率高いかと思います。

デグーって良く知りませんでしたよ〜〜(≧▽≦)
早速ネットで検索して見てみました!
か〜わいいい〜ですやんけ〜〜〜〜!!!
「人馴れしやすい」って確かにあちこちにありますね。
でも、中にはアウトローっぽい子も居るんですね〜わははは!!
RUPIKAさんちの子は、そんな感じなんでしょうか(≧▽≦)
ワタクシそういうの好きですわ〜〜!!!
可愛いの判るような気がします〜〜。
Commented by ah-kichi at 2019-07-15 12:03
そうそう!!
香龍さんの上げてらっしゃる問題行動(?!)一覧って、程度の差はあれど仔犬なら「あるある」ですよね(≧∇≦)

我が家のアオイ(雑種)は好奇心と狩猟本能が強すぎて雨粒すら捕まえようと何事も全力!!!なタイプでした。そこへもってきて若犬の底なしな体力!!!
知識と経験の増えた今なら、もう少しお互い楽に関係を築けただろうな~と、申し訳なく思ったり(>_<)

ほんと、色々だから面白くて可愛い!!!
Commented by daisy at 2019-07-15 13:22 x
4年前、夫にとっては「想定外」だったらしい仔犬のクマを迎えた時は、「もう犬だと思うのはやめて猫だと思うことにする!」と彼なりにクマの個性を受け入れようとしていたことを思い出しました( ´艸`)

私もパピースクールでトレーナーにダメ出しされまくった時はかなり凹みましたが、「他の人から何て思われようと、私とクマが幸せに暮らせたらそれでいい!」と腹をくくったらすごく楽になりました。
外国でそこの基準に合わせようとする自分。理想の犬にクマを近づけようとするプレッシャー。どちらも必要なかった。そのことに気づけて、本当に良かったと思います。

ぜんぜん自信はなかったですが、当時たどりついた香龍さんのブログに「それでいいよ」って言ってもらったような気がします。
百戦錬磨の香龍さんが仔犬と遊んでいる所、ぜひ見てみたい~♡クマもオヤツキャッチが苦手で、失敗珊ちゃんすごく可愛いです^^
Commented by koryu_misumi at 2019-07-15 23:31
> ah-kichiさん
こんちは!
あのリストですね〜(≧▽≦)
実は他所の専門家の方々が「問題」としてあげていたのを、書いただけなんですよ。
ね〜〜。あんなの、問題でもなんでもないですよね〜。

好奇心が強くて体力が有り余ってると、確かにけっこう大変ですよね(≧▽≦)わははは!
でも若犬のハッチャケた感じの時期なんて、、、犬の一生からしたらほんの数年ですもん。
思う存分付き合ってやって、で、後で「オトナシくなったら寂しい〜〜」という(≧▽≦)のも「あるある」でしょうか。

その時に出来るだけの事をやっていたら、それで良いんじゃ無いかと思いますワ〜。
ワタクシも平蔵に申し訳ない事沢山ですよ(≧▽≦)グハハハ!!
Commented by koryu_misumi at 2019-07-15 23:50
> daisyさん
こんちは!
おお〜ダンナさんのその脳味噌や〜らかい感じ、ステキですね〜(≧▽≦)
世の中の皆がそんな受け止め方が出来たら、犬達ももっとずっと暮らしやすくなるに違いありませんわ。

専門家って、ホンッとピンキリ。
その子を愛している自覚があれば、どんな専門家だって好きに切り離していいと思いますワ。
それをバッチリやってのけたdaisyさん、さ〜すが〜〜(≧▽≦)/
って、ワタクシも専門家のひとりではあるんですが〜アハハハ。

どうしても周りに合わせようとする面を、、社会性のイキモノとして我々は持ってます。
だからと言って、自分で自分に無理を課すとろくな事無い。という(≧▽≦;;;)
無理をしてまで周りに合わせる必要なんて無い、、家族としてシアワセであればそれで充分だと思いますわ〜。

ワタクシのブログがお役に立てて何よりです〜(≧▽≦)
いつか子犬を転がす動画を載せないとイカンですねっ。