人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

柴犬と、とても悲しくて残念な事

b0057675_13411846.jpg

たまには愚痴を書きます。


このブログに何度か書いてきた事ですが。
ワタクシの元へは、他の専門家を経て辿り着く柴犬の飼い主さんは少なくありません。

勿論、わざわざ前の専門家から離れてここに辿り着くのですから、、、当然、犬との暮らしが改善しているワケでは無いんですよね。
、、、逆に悪化している状態である事がほとんどです。

b0057675_13423639.jpg

伊佐蔵と、コジロウとキンタロウ

多くは、それらに対して使われていたモノは、ショックリードや、"調教用"・"矯正用"の首輪類、、。

道具は、しっかりとした理解の元、「正しく使える技術」と、「感情的にならず冷静に使える心理状態」であれば、それはそれでアリかと思いますが、、。
まあそこで冷静になれるような飼い主さんなら、そもそも犬問題も抱えないような気が以下略(≧▽≦;)

あ、ワタクシは使ってませんけどね。


で、犬の「何」に対して、その専門家がそういう道具を使用したのか?と尋ねると。。

過剰に活発
落ち着きが無い
集中力が無い
モノゴトに過敏
空気が読めない
自分の好奇心優先
呼んでも戻らない
執着心が強い
言う事を聞かない
反抗的
攻撃的
などなどなど。。。

いわゆる、一般的に「しつけが出来てない」と思われる犬の行動や状態に対して、道具を利用して「矯正」しようとした、という事らしいんですね~。

犬世界ではよくある事のようですね。

b0057675_13454539.jpg

こんな何気ない光景がシアワセに感じる

そして、自分がその犬を「"矯正"出来ない」と判ると、次に良く出てくるのが。
こういう犬を「病気扱い」する事ですね。
、、別に、、ひとりの特定の専門家の話ではありませんよ。

「頭が悪い(知能がとても低い)」「脳の異常(病気)」「精神性の病気」「神経性の病気」等々、、という「診断」を飼い主は伝えられる。

後者の3つは「薬」で解決。というハナシもよく聞きます。
薬を使われれば、問題は起きづらくなるようですので、、それで終了。とする家庭もあるかと。
、、それはそれで、各家庭で決断すれば良い事だとワタクシは思います。

b0057675_13480687.jpg

雨粒が飾りのようで美しい

さて、今まで、このような専門家を経て、ワタクシの元に辿って来られた犬と飼い主さん達にフォーカスしますと。

ワタクシは、犬と直に接したり、飼い主さんからその犬の様子をつぶさに聞いて、その犬を「見」ますが、、。
承った犬の「全て」が、病気とは感じられなかったですよ。
(あ、1頭だけ、、昔、本当に知能が低めの子が居ました(^^;))


そして彼らに、何度となく、同じような事を繰り返し繰り返し伝えてきました。

「こんなん、柴犬なら普通ですよ。この子は頭がいい子ですね」

、、心当たりのある方は、沢山いらっしゃると思いますが(≧▽≦;;)ハハハハ。
まあ実際に、どの犬もそうだったんですよね。

b0057675_13510834.jpg

真珠みたいですね〜

そして、この子が何故「こう」なのか。をひとつひとつ。
そして、そういう子にはどう接していけば良いのか。をひとつひとつ。
、、、ワタクシなりに伝えて行くんですよね。

「この道具をこう使って"矯正"しろ」だの、「薬を飲ませろ」だのは、過去に1度も伝えた事がありません。
(勿論、飼い主さんの在り方は、キッチリ踏まえて頂きますよ~~~(≧▽≦))

でも、伝えた事から、犬への理解が深まっていく事で、、自然と飼い主さんの中で、「そういう子」との接し方や試行錯誤が進むようになる。と思うんですよ。

b0057675_13530204.jpg

空ではなく地で熱唱中、雲雀さん

、、上記の一覧の中で、反抗的・攻撃的というのは別要因も多いために、ちと外しますが。

一覧のような行動は、子犬~若年期の柴犬で、知能の高い子なら当たり前に見られるものなんですよね。
ワタクシがコドモの頃は、ごく普通に見られる犬の姿で、ちっとも変に感じた事は無かった。

そして、そういう犬に限って、すっかりオトナになった時に、落ち着いて穏やかで見事な姿を見せてくれるようになっていたんですから。。。
そういう特徴を、"悪い事"と感じる事も無かった。


ただ、近年は、、その事を知る人もめっきり少なくなってしまったようです。専門家も。

つまり「そういう犬」を判断出来る人も同様に、、"めっきり"、、という事ですかね。

b0057675_13575439.jpg

桔梗のような花、桔梗草

別にパーフェクトに育て上げなくても、ヒトとイヌがシアワセに暮らせればそれで充分だと思います。
ワタクシが悲しいのは、、本来、素晴らしい可能性を持つ犬なのに、上記のような「診断」をされている子が非常に多い。という事なんですよ。。。


ちょっと、、例えが難しいんですが、、。
天才の行動を理解出来ずに「アイツは頭が悪い」だの「アイツは病気」だの、と言うのと同じような感じでしょうか。

アインシュタインやエジソンは、コドモの頃は相当アホ扱いされたみたいですね(≧▽≦;;;)
そういう感じ、、、?
まあ、ニンゲンの専門家ですら、高知能の子のこういった行動と、病気による行動を判断するのは難易度が高いようです。(ニンゲンの子も、まさに一覧のような行動を)
よく注意欠陥多動性障害(ADHD)やアスペルガー等と「誤診」されているという。。

b0057675_14004697.jpg

獲物ゲットのミサゴさん

まあ、そういうワケで今回書いた話。

ワタクシにしてみれば、、なんと勿体ない、、。と言わざるを得ないんですね。
ダイヤモンドの原石を磨くどころか、利用する事も出来ないような「質の悪い石ころ」扱いしているとしか思えなくて悲しいんですよ。


見抜くチカラの強い犬が、自分をそう見るニンゲンを相手に、はたして真の姿を見せるようになるでしょうか?

否です。



本当に悲しくて残念でなりません。

b0057675_14025448.jpg

何とも言えない気分を処理したくて(≧▽≦;;;)
地面に穴掘って叫ぶのはヤメて、自分のブログに吐露してみました。

どうか、どうか、、、どうか柴犬を、本当に理解してくれる人が、今よりも増えてくれますように。。


あ。
大事な事を書き忘れてた(≧▽≦;;;)

おかげ様で、ワタクシが相談に乗った「誤診された子達」は、今はすっかりシアワセ街道を進んでくれていますよ〜。
歩く速度はそれぞれですが、、。

ええ、、勿論、日々、輝きを増して。

b0057675_14050920.jpg


復活シバツレ漫画追加しました〜〜2003年12月19日の第三弾です。




人気ブログランキング

b0057675_14065578.jpg

by koryu_misumi | 2019-06-10 14:17 | Comments(10)
Commented by RUPIKA at 2019-06-10 16:56 x
本当に柴犬って纏っている空気が、洋犬と違いますもんね。
個が強いというか。1匹しか一緒に暮らしてないけれど、
らっきーさんは自分が悪い事した時には反省するけど、
そうじゃない時には反抗的な顔を見せたり、
飼い主に必ず服従という感じではなかったです。
柴犬って愛玩犬というよりも、
パートナーという言葉の方がしっくりきますね。
パートナーとして見れるようになったら、
解決しそうな問題も多いんだろうなと感じました。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2019-06-10 21:46 x
トレーナーを職業とする方々は色々と勉強や体験をして…いない方が多いと感じます。

特に柴犬に対しては…呆れるくらい
駄目だコリャレベルを通り越して
ワタシが胸ぐら掴んでやろうか?!
ってな人が多いのはなんでだろうと思う悩んでいたら、巡り会えたのが柴徒です( ◠‿◠ )

巡り会わせてくれた2人の珊瑚には
運命を感じております(^ ^)
感謝無限大(^O^)
Commented by koryu_misumi at 2019-06-10 21:53
> RUPIKAさん
こんちは!
そりゃ〜犬種によって違いますけど、日本犬はかなり違うと感じる事がしょっちゅうですよ〜。
ニンゲンに合わせた改造が進んでないというか、、多様性も凄いですし、、。
らっきーさんは聞けば聞く程、柴犬の良さ満載ですよね(≧▽≦)/

この間も、ワンフレンドさん達と話が盛り上がりまして。
柴犬は、ツーカーの(言葉ではないけども)会話が出来る相手なんだと。。
以前、他犬種と暮らした事があって、柴犬と暮らしている方も、その違いは言われてましたよ〜。
犬の皮をかぶったニンゲンみたいですよね、柴犬って(≧▽≦)
そこを、犬だからって服従させる事に躍起になっていたら、、そりゃ〜話し相手にすらなろうともしませんよね。
Commented by koryu_misumi at 2019-06-10 22:06
> 珊瑚&銀牙パパさん
こんちは!
そりゃ〜素晴らしい方もいらっしゃるでしょうけども。。
中には、井戸の中で勘違いしてる"お山の大将"的な人もいらっしゃるようですね〜〜(^^;;;)

日本人なのに、しかも「専門家」を名乗っているのに、、ワタクシに辿り着かれた飼い主さん達から聞かされた話は、耳を疑うような事が沢山です。
飼い主さん側も、、専門家だってただの人なんだから(^^;)思う存分疑ったりしていいんですけどね〜〜。

それにしても、パパさんとはもうかなり古いご縁になりましたね〜。
パパさんちの珊瑚ちゃんと同じ名前の珊瑚が居て良かったですわ(≧▽≦)
こちらこそ、有り難いご縁でございます〜〜!
Commented by marronmaison at 2019-06-11 11:24
ウチもマロンをお迎えした頃に、『しつけ教室』というものに行ったことがありました。
動物病院推薦のトレーナーとの事で、期待も大きかったのですが 1回だけで止めました。 私たちが考えていた 犬との暮らし とは違ったので。
ま、他人に危害を加えかねない犬は別として、ふつうに暮らしていれば 『矯正』まがいの しつけは必要ないだろうと思います。
ショックベルト? 聞くだけでも恐ろしいです。

犬なので、こちらの思う通りにはいかない事もありますが それをどうにかしようというのも違うかな? と思いますねえ。
トイレのしつけとか、人間と一緒に暮らす上での「決まり事」としてのしつけは OKだと思うのですが、
活動的すぎるとか落ち着きがないとか、集中力にかけるとか・・・ (笑)
そりゃ、犬だから~ (笑) って思いますけど💦

一緒に暮らしている内に、だんだんと家族になっていく。 それが一番のしつけのような気もするのですが・・・

Commented by koryu_misumi at 2019-06-11 21:05
> marronmaisonさん
こんちは!
わ〜マロンさんもそういう経験があったんですね〜。
そういう所に行ってても、結局犬相談を承る事になっている子は少なくないですよ〜(^^;)
maronmaisonさんみたいに「自分の家でこう暮らしたい」という明確なビジョンがある家は大丈夫なんだと思います。

犬との暮らしに「自信が無い」とか「不安がある」とか「経験が無くて判らない」、、。
逆に「他者と同じように暮らさなくてはいけない」みたいな固定概念に囚われている、、。
ような、「自分の家の暮らし」に明確なビジョンが無い家だと、専門家が断定する事を鵜呑みにしたり、妄信しやすいみたいですね〜。

「しつけ」って、本当にその通りだと思います。
犬の姿形をしているけども、家族なんですもんね。

やってきた子犬に、勝手に「犬はこうあるべき」って押し付けずに、「世界でただひとつの個性」をまず受け止めてもらえたら、楽しくなると思うんですよね〜〜。
Commented by そら at 2019-06-12 10:06 x
初めまして。いつも拝見してます。
柴犬 雄5歳(未)の飼い主です。今、アジリティを頑張ってます。
香龍さんとくますけさん(この方で食事に目覚めました)尊敬しております。
我が家は小さい頃、簡単なしつけ教室に通いました。その時の先生は柴犬の性格等よく分かっており、自由に伸び伸びさせて下さりました。時間はかかりましたが良かったです。
その後、アジリティをしたいので、本格的なしつけをしてから、飼い主を認めてくれたのか変わりました。
柴犬はすぐ懐きますけど、信頼関係を築かなければそれ以上の関係は無理だと思いました。柴犬は奥が深いです。
今は何処に行っても褒められるので嬉しいです。

柴犬という犬種をよく理解した上で飼ってほしいし、ネット情報に惑わされず、飼い主さん自分の犬に合う方法を色々試して欲しいですね。

我が家唯一、トイレ問題。 外でしかしないので、これだけ出来ませんでした。

近くなら和散歩会行きたいぐらいです。
柴犬普及に頑張ってください。



Commented by asuka_maru at 2019-06-12 12:33
こんにちは!
色んな「犬の専門家」 いますよね。
私は 単なるイチ飼い主にすぎませんが
>「「犬はこうあるべき」って押し付けずに、「世界でただひとつの個性」をまず受け止めてもらえたら」

これに尽きると思います。

うちは 柴より大きい秋田だし 成犬保護だし
やっぱり 周りの目を気にしちゃうことが
あるんですよね。
「いい子ですね」
「大人しいですね」
「よく躾けられてますね」
気持ちいい言葉ですよね(笑)

日本犬 洋犬って 一括りでは語れないけど
やっぱり 日本犬の方が繊細で神経質で
プライド高くて表現がへたくそで
だからこその「愛すべきヤツら」なんですけどねぇ

最近の柴犬は 大人しくって いい子過ぎて
私なんて 物足りないくらいです(笑)
もっと吠えろよ~
もっと鼻にシワ寄せてごらん

とか言っちゃってます(笑)
「うがぁ~」とか言われると
「君きゃわいいねぇ~」
と抱きつきたくなりますが
飼い主さんに迷惑をかけるので 抑えています


Commented by koryu_misumi at 2019-06-12 13:32
> そらさん
初めまして&こんちは!
シバツレ見てもらって有り難うございます〜(^^)
お〜アジリティですか、身体を一緒になって動かすのは楽しいですよね〜。
よい先生に出会えて本当に良かったですね!!
他所で壊れた子を沢山知っているだけに、そういう方がいらっしゃる事が凄く嬉しいですわ(≧▽≦)
今は、専門家も通信教育で簡単に免許が取れる時代になってますので、、。
飼い主さん側も目を養う必要が増えてきたみたいですね。

日本犬は、一旦信頼を失うと取り返すのには苦労する事が多いようで〜。アハハハ汗。
でも、一旦信頼してもらえると、とことん付き合ってくれますよね(≧▽≦)

何処にいっても褒められると、ますます親バカ炸裂でしょう〜〜。
我が家のチビズも「この家の子だけは大丈夫」と散歩コースの沢山の飼い主さん達に言われて、ニヤリとしてますよ〜。

トイレは〜そうですね〜日本犬は縄張りや巣のような場所を汚したがらない性質が強い子が多いですので、、「キレイ好き」って事で(≧▽≦)/))

和散歩、そう言ってもらえる方が沢山いらして、嬉しい限りですよ〜。
何て言う事の無い、、、ただ歩くだけなんですが(≧▽≦)
でも犬と人の間で、見えない部分に様々な影響を及ぼし合う、、そういう会です。

ステキな柴犬暮らしをしている家が増えてくれると有り難いです(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2019-06-12 13:55
> asuka_maruさん
こんちは!

専門家、、本当にピンキリですね〜〜。
良い方ばかりだと有り難いですが、そうじゃない方も沢山。。。
元は犬好きで選んだ職業なんでしょうけど、、今は全く犬への愛が全く感じられない人も居るのが、、ちょっとゾッとします。
ニンゲンって、金や名誉や支配性で変わって行くもんなんだな〜と。

「犬」って色メガネがホントに邪魔だな〜って思う事もしょっちゅうです(^^;;)
でも、それが飼い主さんの中にも強固に巣食っている事が多いんですよね〜。

asuka_maruさんちの子達を、見て来てますから〜(≧▽≦)
ひとりひとりの個性を受け止めて暮らしてある事、バッチリ感じてます〜。
でもって、遠くの親戚のオバちゃんみたいに、飛鳥丸君の写真見ては「ご機嫌そうだな〜」とか「なんか拗ねてるっぽい〜」とかニヤニヤしてます。わははは!

日本犬は、なんというか、、小さいニンゲンが(しかもキャラが立ってる感じの(≧▽≦))が中に入ってそうな、そういう感じがします〜。
万人に良い子ぶらなくていいから、彼らの良さを判る人だけが判っていれば、それでいいのかな〜と思いますワ。

最近の柴は、、確かに、本来の柴らしくない子増えて来てますね。。。
まあ、それはそれで飼いやすいと言えるのかもしれませんが〜。
ワタクシは、昔ながらのクセモノタイプが好きですわ(≧▽≦)わはははは!

昔、散歩コースで会っていた某オジサン、、色んな犬種を5頭程、、代々種類を変えつつ暮らしてきた方がいらっしゃったんですよ。
シェパードとか、コリーとか、、、で、6頭目に柴犬を飼ってしまったら、、それから7頭目も柴犬って笑ってました(≧▽≦;;)
もう柴しか飼えないって。

日本犬にハマる良さが判ってる人なんだな〜って、ニヤニヤしましたよ〜(≧▽≦)