人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

元保護犬の噛みのハナシ ラスト(≧▽≦)

b0057675_21100158.jpg

前回の記事をUPした日に、がんちゃんから頂いたタッキーの写真。
ハナデカに写ってますが(≧▽≦)、穏やかな良い顔してるでっしゃろ~。

もうその時にもね「ここ数日、たきがとても嬉しそうにすり寄ってくるんです」だそうですわ。
タッキーがホッとしたのが分かるって。

ワタクシも、犬がホッとしている様子は相談に行った家で何度も目にして来たので良く判ります。
いや~こういうの聞くの、ホントに嬉しいです。

勿論まだまだ油断は禁物、これからもしっかり腰を据えて、、が大事ですけども(≧▽≦)/!

やっぱり、犬って、自分をバランスよく居させてくれる人が好きなんですよね~~。
心が楽になる感じが判るんだと思うんですわ~。

b0057675_21104224.jpg

支配性と言えば。
「支配的な立場にいられるんだから気持ちいいんじゃないの?」と考える人、多いのではないかと思います。

、、、職場で重要なプロジェクトを任されたり、重要な立場で神経すり減らしたりしてる人なら良くお判りかと思いますワ(^^;)
そういう立場になってしまうと、実際はとてもストレスフルだと思うんですよ。
まあ、ニンゲンの場合は、仕事をしなくてもそれにしがみついて権力振り回す方もいらっしゃいますが~~。

タッキーは片寄りから支配性が高まっていたワケですが、、。
今は、もう肩の荷を降ろした感じなのかもしれませんね。

要するに、犬はやっぱりバランスよく暮らしたいイキモノなんですよ(≧▽≦)/


声かけして3日目あたりにはがんちゃんが「そんなにすぐに変わる?」と言うくらいに変化が出て。
その後もコツコツ頑張って、先日はこんな良いマナザシ(^^)

元々、ほころびがごく一部だった事もあって、ソレ以外の状況では以前と同じようなタッキーだったそうですが、、やっぱり、総じてバランス取れれば言う事はありませんね~。

b0057675_21171873.jpg

珊瑚LOVEな、しょうたろう君。庭から珊瑚を見つけてピスピス(≧▽≦)

今になって考えてみれば、今回の前に、前兆というか、伏線みたいな感じの事はあったんですよ。。

実は初夏の頃に、タッキーがご飯の際の興奮がちょっとアヤシい感じになった事がありましてね。
いわゆる「フードアグレッシブ」と言われるヤツです~。

シリーズ最初の記事に書いたように、そもそもタッキーにはクスリの関係で強い飢えの感覚があるっぽい。
、、それもある意味「ほころびやすい」点ではあったんですな。


このフードアグレッシブ。
ワタクシが知る限り、がんちゃん一家の中で一番優しそうながんちゃんのお母さんに対して発動していたんですわ。
優しそう、、言い方を変えれば、、甘そうとか、弱そう、、とかとかとか(^^;;;;)


薬の影響ってのはどうしても把握が難しい部分があると思うんですよね。
だから、それ程基点が片寄ってなくたって、そういう事になってもおかしくない、とも考えてたんです。
だもんで、当時はとりあえず出来る事を伝えておりました。
、、今になってみれば、この時にもう少し深く考えておけば良かったかも。と反省ですよ。

この、最も優しそうなとか、甘そうな、とか、、弱く感じる人を対象に発動する辺りに、、。
タッキーがプラスに片寄ってきてるってのが出てたかもしれないんですよねえ。。
、、その後は落ち着いた風情に見えていたので、すっかり忘れておりました。

ワガママや八つ当たりをしやすいのは、、"そういう"相手だって事は、ヒトもイヌも似たようなモンなんですワ。

b0057675_21233554.jpg

今回、タッキーが家族に対してだけ問題を起こしたのは、、こういった要因かと思います。

他者や知らない場所では、その状況自体がタッキーにとって軽い抑制条件になるんですよね。
「知らない相手」や「知らない場所」、、、どんな人か判らないし、何が起こるか判らない、という不安感や緊張感が、彼にとってマイナスを受けている状態となっていたんだと思いますワ。
(、、これには、彼の経験値不足も"不幸中の幸い"になっていたと思います)


その反面、家族や家など、かって知ったる人や場所等、"条件"が揃うと、、。
自分の言い分が「許容される」と判っているので、自己抑制が効かなくなる、、という。
(、、これに過去の経験がスイッチとして重なっていたと思います)


最初は案外気づかないんですよね。
甘えたりワガママ言ったり、ってけっこう可愛いですから(^^;)
別に問題が起きて無ければ全然構わないと思うんですけども、、。

それなのに「コレ以上は危ない」という線引きが目に見えるわけでは無いのがミソ。


しかし、もしタッキーの器が小さかった場合は、もっと早い段階で対象が他者にまで及んでいた可能性はあると思います。
彼がそこまで器が小さいタイプではなかったのが、これもある意味"不幸中の幸い"だったと思うんですわ。
勿論、それでもほころびが広がって行けば、、いつかは、、でしょうけどね。

b0057675_21170223.jpg

それから、11月の終盤にタッキーがアナグマを捕まえた事。。です。。。(≧▽≦;;;;;;)グハハハ!!

ワタクシ、ドタバタ中でもがんちゃんのブログを読んでた事は読んでたんですが、、どういうわけか「追いかけた」程度だと勘違いして憶えてたんですよ。
つ、つ、捕まえてたんですよねえ~(^^;;)

これが、ちょうどタッキーの支配性が高まってきていた所に、一気に自信をつける経験となってしまっていた。という(≧▽≦;;)
そんな大物捉えるって、、、普通の家庭犬の経験にはなかなか無いですよ~わははは!

まさにその頃から急に強気になったそうなんですよね~。
運が悪かったというか、タイミングが絶妙だったというか(≧▽≦;;)
この事件が無かったら、、今回のようになるのは、もっと先だった可能性は高いですわ~。


ちなみに。
何かを捕まえる事そのものが、犬の基点に影響する事は無いとワタクシは思います。
我が家の伊佐蔵は名(?)ハンターですが、皆さんご存知の通りの犬です。
ちなみに、彼の一番の大物はカラス(≧▽≦;;;;)スマンカラス。←何故か鳥ばかりという。

基点がズレてなければ、それまで眠っていたハンター魂が燃え上がったって、家族への攻撃性には繋がらないと思うんですよ。
でも、今回のタッキーの場合、このおかげで(?)急激に支配性が強まった可能性は高いと思いますワ~。


そう言えば、生肉を食べさせたら攻撃性が高まる、という伝説((≧▽≦)!?)を、たまにネット上で見かける事がありますが~、、似たようなもんかなと。
血や肉のニホヒってのは、犬にとって確かに興奮を呼び覚ますモノだとは思いますが、、。
だからといってそれが攻撃性に直結するってのは、、そもそもの関係性を先に疑った方がいいのでは。

b0057675_21341112.jpg

まあ、アナグマ事件ひとつ考えただけでも、、。
やっぱり犬にはバランスを整えてもらっているって、大事だな~と思います。


勿論、犬がバランスを崩すのは、甘やかしだけではないですよ。
例えば、、、。

不安が強い人、年中心配事ばかりしている人、、、のそばに居る犬は、いつもいつもそういうニホイを嗅ぎながら暮らすんですよね。
マイナスのニホヒですね~。

まだ起きてもいない悪い未来を想像して、不安でいっぱいになる飼い主、、。
犬は「家族をビビらせているのが何なのか」判らないまま、共に過ごす事になります。

なにしろ「何も起きてないのに」、目の前の家族がビビっているのですから。
犬にしてみれば、、。
「何が」居るのか!?
「何が」起きているのか!?って、、。

犬は、元々そんなエネルギーの無駄使いをするイキモノではありませんので、、多くの子が、理解出来ないでしょうね。

自分がその犬だと想像してみて下さいな、、この状況。
怖いでっしゃろ~~??

器の小さな犬なら、、姿が見えない上に、飼い主をこんなにビビらせるヤツに勝てるわけが無いって、パニクりやすくなる子、居るでしょうね~。
飼い主さんを護ろうと必死になって、見えないヤツを探そうとする犬も居るかもしれませんね。
その延長線上で「おまえか!?おまえだろ!」って誰彼とも無く噛み付くようになるかもですね~。

b0057675_21364880.jpg

上記は、山ほどある中のほんの一例ですが。
与えるつもりが無くても、知らない内に犬にマイナスを与えてしまっている例です。

心当たりある人、、少なくないのでは、と思いますが~~(≧▽≦;;;)
犬を愛するなら、犬の為に何が出来るか、、よ~くよ~くよ~~~く考えてみるといいと思いますですね~。

まあ、がんちゃんは↑そういうタイプじゃないと思いますけど。わはははは!


勿論、ヒトとイヌの組み合わせは千差万別ですので、バランスの歪みがどのように出るかは、それぞれだとは思いますが。
そこへんは、犬道!!シリーズを読んで頂ければ、、、あ~判りにくいかと思いますが(≧▽≦;;)、、、少しはお役に立てるかと思いますよ(^^)


繰り返し書いてる事です。

目の前の犬が、バロメーターになってくれるんですよね。
自分の在り方の。

犬って、ホントに有り難い存在だと思います。

b0057675_21393410.jpg


最後に。
がんちゃんは基点を片寄らせる事がどういう事なのか、実はず~っと前から知っていたんですよ~。

でもそれは「頭で理解していた」って事だったんでしょうね〜。
今はすっかり「心で理解した」んじゃないかな~っと想像します。

ハートでモノゴトの芯を掴む事が出来れば、もう心配要りませんよね!


、、、多分(≧▽≦)わはははは!!←悪



人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!

by koryu_misumi | 2018-12-25 21:43 | Comments(2)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2018-12-29 12:53 x
以前にもお話したかなぁ?
私は犬に噛まれたことが事が無いんです。
ヤバイ!っと思って引くか押し込むかは何回かあります。
アマ噛みは痛楽しい思い出です(#^^#)

反対に、ムツゴロウおばさんは良く噛まれていました。
分かっているのに手を出すんですもん((+_+))

珊瑚も銀牙も、チビ達も
牙と爪を持った4本足の獣です。
群れの中外の状況を察知してくれます。
なので私は彼らの様子を見ていれば
何か異常が有る事に気が付ける事を学びました。

有る時は私が前へ、或る時は銀牙に任せる。
銀牙は光牙に任せながらも、対応可能な体制を崩さない
皿には雲母や珊瑚の安全を保つ!
それが当たり前化の様に
これに気が付いた時は心が震えました。
そうすることで互いの信頼関係:繋がりが保てる。
やがてそれは人間家族へも。
あ、家族の中も、それに気が付いていないのは
銀牙に任せる事が出来なくて彼の状況を悪化させて
それゆえに自分も傷つけてしまった例もあります。

逆に誰かの感情も伝わってしまい
不安に落ち着きが無くなったことも多々(#^^#)

でも、そんな時も、珊瑚の笑顔がねー
みんなの心を癒してくれたんです。
我が家のラスボス
(#^^#)


Commented by koryu_misumi at 2018-12-29 21:06
> 珊瑚&銀牙パパさん
噛まれた事が無いって、いいですね〜〜〜(≧▽≦)
噛まれた痕って、なかなか痕が消えないんですよ。。
ワタクシは〜〜お尻にいつまでも痕が残っていた事がありますよ〜わはははは!!
甘噛みは可愛くってタマリマせんね!!
そんで、ワタクシを「こっちに来て!」って連れて行こうとしたりすると、もう「ハイハイ(≧▽≦)」って言っちゃいそうです〜〜。

ムツゴロウおばさん、ちょっと好戦的なんでしょうか〜!?わははは!!←読んでますよね!?
みんなナウシカみたいな事が出来ればいいんでしょうけど(≧▽≦;;;;)

犬と一緒に歩くだけで、本当に色んな事を教えてくれますよね。
彼らのおかげで誰よりも「何か」に気づけるし、対処出来るし。
あっちを向いていても、気配とかリード越しに伝わるあの感じ〜〜。

群れで歩いている時に、群れの一員になってしまっているあの感覚は。。
ゴリラの研究者が、ゴリラの群れの一員同様に扱われている事を実感した時も、そんな感動だったかもしれませんね〜(≧▽≦)
あ?変な例えになっちゃいましたっけ!?わははは!
なんというか、種を越えた関係って、、凄いな〜って思います。

任せるってのは、、けっこう多くの人がなかなか出来ない事みたいですね〜。
掘り下げると、どこかで自分を信じる事が出来ないという所に根っこがあるようなんですけども。。
そういう場合は、犬と一緒に成長出来るといいですわ。
日本犬は感度が良い子が多い犬種だと思いますしね(≧▽≦)
その分、学びを得るには適した犬かもしれません。
元々、野生の繊細さや鋭敏さがそのまま残されているような感じですしね〜。
欧米犬種の場合は野生と比べると、、その辺りかなりフラットというか、、、。

珊瑚ちゃんはうちの珊瑚と違って(≧▽≦)
他の子の面倒を見る感じとか、、も〜〜オトナとコドモくらいの差がありますよ〜。
平蔵には「アホちゃんの面倒見させてごめんね〜」ってワタクシがしょっちゅう謝ってましたから!わははは!