人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

元保護犬の噛みのハナシ2

b0057675_23440095.jpg

前回書き忘れた事がありました(≧▽≦;)

それは、タッキーの問題は「対家族」に限って起きている、という事です。
家族以外で、タッキーの事を沢山可愛がってくれてる・た人達…昨日の記事を読んで「うええええ〜!?」と思われたかもしれませんが、、わははは!
この問題は、他人には発動してないのでご心配なく〜。



さて。
前回の続きです。

顔以外の、、足拭きやブラッシングや歯磨き等が出来ている状態なのですから、まだ彼の"ほころび"は始まったばかりと想像出来ます。
そのまま放っておけば、顔・家族では済まずに、どんどん範囲や対象が拡大していく可能性大、、、。
"ほころび"って、犬に関わらず服でも何でもそういうモンなんですよねぇ。

ほころびは、気づいてすぐの、早い時期に対処するのがベターである事は、言うまでもありません。
そして、気づいた当初であれば、対処する範囲・対象が小さくて済むのも有り難い所ですね〜(^^)

b0057675_23453693.jpg

細かい事の前に、まず最初にがんちゃんに伝えた事は。

「タッキーの支配性(って言葉はどうもしっくり来ないんですが…まあしゃあないです)は、基点がプラスに片寄って表面化したものと思う」という事と。

「とりあえず、顔を触られると入るスイッチを入れないようにしてもらう為に」という事です。

、、その他には「体質改善が大事」、、、なんてのは、がんちゃんはとっくの昔に判ってて実行されてる事だとは思うんですけどね(^^;)
やっぱり痛みを抱えているのと居ないのとでは雲泥の差ですもんね〜。
ニンゲンだって、病んでいる時は気弱になるし情緒も安定しにくくなります。


プラズに基点がズレると、オレ様度がUPしますので支配性が高まりますし、不満を抱え込みやすくなりますが、、。
タッキーのようにそれまで表面化せずに済んでいたものがあれば噴出しやすくなるんですよね。


「犬道!!シバツレ流4」を読んでくれた方は、だいたいどういう事かお判りかと思います。
え〜、、読んだ事の無い方は、ヒマ〜〜な時にでも読んで下さいな(^^;)長文ですから〜。



そしてとりあえず、スイッチを入れないようにしてもらう、憶えてもらうには、、。

敢えて顔を触りに行って、噛まれてもそのまま動かず、犬が落ち着いたらまたそうっと動かして、、また噛んだ瞬間は動きを止めて、、様子を見て動かして、、タッキーが反応しなければそのまま自然体で犬の顔から離してから褒める。というのを時々練習します。


ちょっと念押しですが、あくまでも、これはタッキーのような状態の噛みの場合です。

噛まれても慌てず動かず、冷静によく観察していれば、犬の表情や身体から微かにフッと力が抜ける様子が分かります。
犬の意識が一点に集中していたのが、途切れる瞬間、、みたいな感じです。
それを見てまた動かすんですね〜。
すると、たいていはまた噛んできます。
で、また繰り返す。。

叱りません。
出来たら褒める。
それでその場は終了。

気が向いたら時々やる感じです。
やり過ぎるとかえって良くないんですね〜。
ムキになったり、結果を急いだり、褒め過ぎたりするのも良くないです。(何だって「過ぎ」るって事は、つまり"過剰"って事ですから(^^;))

そして、この練習の時や場所を一定に決めてしまわない事。

噛ませるものを用意しておくといいですが、手に似た物がベター。
何かに手袋をはめたりするのが、まあ常套手段かもしれませんね。

ちなみにがんちゃんは、丈夫なグローブをはめて練習してるようですよ(≧▽≦)

b0057675_23483990.jpg

何故叱らないのか?と思う方もいらっしゃるでしょうね〜。
まあ、少なくとも「今のところは」なんですけどもね。

それには理由があります。

有り難い事に、ワタクシが直接タッキーを観察する事が出来たのは、出雲に行った時の一度だけですが、、。
それでも直接彼を見る機会があって良かったと思います。
今回がんちゃんから頂いた情報だけ、だと、どうしても限界がありますからね〜。


会った時に感じたタッキーは器が充分に育ちきれていない、情緒の安定度が低い、経験値が低い。あたりが強かったですね。

タッキーが生まれてから最初の飼い主の元に来るまでの、社会化不足による未発達さや。
その最初の飼い主〜がんちゃんの前までに接した人々が、それを補う接し方が出来ていなかったのではと思える感じ。
特に、、やっぱり最初の飼い主さんでしょうな。

、、、まあこれは、イマドキの日本の犬世界のありがちなハナシですね。

b0057675_23543075.jpg

でも、タッキーの為に追加で書きますと(≧▽≦)
彼の許容量は小さいわけでは無く、これからでも充分学んで受け入れる力がある、とも感じましたよ。
痛みに関してはまた別問題ですが、、それでも、ウマい事成長すれば、いい感じになりそうだな~って(^^)


社会化の重要性については、もう随分前に「八蔵子育てゥヒ話3」に、書いています。

今現在も尚、こういう事を知らずに犬を迎える家庭の多い事。。。。
日本には「小さい頃が高く売れるから」という理由で、将来的な不安要素を抱えたまま新たな家族の元へ迎えられた犬が沢山居るのが現状です。


、、、少しずつ愛護法の改正はなされてますけども。
身も蓋もない事を書きますと、、店で売る時期が遅くなったからって、必ずしもその子犬が直前まで親犬と一緒に居られたとは限らないんですよ。


この、社会化不足に関しては、親犬と早くに引き離された可能性があっても、ニンゲンがそれを補う事は可能です。
それは、子犬のうちに、キチンと子犬を見る事が出来る犬達に触れ合わせて叱ってもらったり、可愛がってもらったり。(同系の犬種がベター)
、、、これはオトナになった後でも子犬の頃程ではないにしろ、ある程度までは補える、、という事は和散歩をご存知の方ならお判りかと。

意外に思う人も多いかと思いますが、ニンゲンの接し方次第でも、補える部分は沢山あります。


こういった要因から、情緒が安定しづらい犬は世の中に沢山居て、問題を抱える事も多々あります。
が、、それを安易に「ニンゲンを舐めてる犬」とか判定する人も少なくないようですね。
ただ舐めているからか、基礎にこういった要因を持っているからか、その見極めが出来る専門家は、、、、、、以下略。

b0057675_23553469.jpg

「八蔵子育てゥヒ話3」を読んだ方には、、何故叱らないか、なんとなくお判りかと思います。

社会化不足の影響の出方は、犬それぞれで個体差がありますが。
中には「叱られる」事を、普通に「叱られる」と認識出来ない、もしくはその認識が低い。
叱られる事を"攻撃"のように感じ、受け入れる事が出来ずに、逆切れする傾向を持つ犬が居ます。


と同時に、犬の社会化の発達を補う事の出来ない飼い主さんの多くに見られる傾向があります。
他所の犬に自分の子犬が叱られる事を、受け入れる事が出来ない。という傾向です。

例えば。
飼い主さんに、犬が犬を叱る光景を目にした経験が無く、いじめられたと認識してしまう。
叱られる子犬が可哀想でとても見ていられない。
犬は関係無しに、他者との触れ合いを避けたい。
、、等々の理由で、、犬の社会化の促進を助けられずにいてしまうのです。


そして、これらの飼い主さんに、更に同様に見受けられる傾向が、、。
犬を甘やかしてしまう、過干渉である、、等のバランスを欠いた接し方をする傾向が高い、という事です。

b0057675_23562421.jpg

基点がプラスに片寄った犬は、通常の犬にとって受け入れる程度のレベルでも、その犬にとってはマイナスレベルに感じられる、、、という話は、「犬道!!シバツレ流4」に書いている通り。

基点がプラスに片寄った犬も、叱られる事を受け入れる事が出来ずに逆ギレする傾向を持つようになります。
社会化不足によるものと違うのは、バランスさえ戻せば受け入れるようになる所。


これは、、身内を対象に発動する割合が高いと思います。
更に輪をかけて悪化させる要因が、犬に対する飼い主さんの恐怖心や、犬に対する飼い主さんの怒りなんですが。
そもそも犬をプラスに片寄らせてしまう接し方をする飼い主さんは、その裏返しとして冷静に𠮟る事が難しい傾向があると感じます。


タッキーの「過去」にそういった人が居た可能性は非常に高い。
、、それは"ギュッと目を閉じるクセ"が染み付いたタッキーを見れば、誰にでも判るかと思います。

がんちゃんは正直に自分の恐怖心をワタクシに伝えてくれましたが、、。
ワタクシの経験上、任せても安心と感じるセルフコントロール力をがんちゃんは持っていると思いますわ(^^)


長くなりましたので、今回はここまで(^^)


人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!

by koryu_misumi | 2018-12-17 23:58 | Comments(4)
Commented at 2018-12-20 15:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koryu_misumi at 2018-12-21 13:37
> 匿名希望Dさん
こんちは!

ワタクシが知る限りでは、家族としてシアワセであるのが大事で、それは充分クリアしてるように見えますけども~。
ちょっとくらいなら迷惑かけたってヘーキヘーキ(≧▽≦)/
、、、とか言ってたらイカンですね。わははは!
でもそれ、どっちかというと柴犬あるあるですよ。。。。ゴホッゴホ。。


柴犬の場合、5歳過ぎた辺りでもう1段階緩やかなシフト変化がありますが、ひょっとしたらOさんもそういう変化があった可能性はありますね〜。
まさに成熟した自信を持つようになる頃ですから、、ちょうど重なったのかもです。


それから、、柴犬の場合はだいたいそうなので、Oさんに当てはまるかどうかですが。
でもOさんはそういうの理解してくれそうな感じがしますので(^^)

そのダンナさんの行動がOさんにそう影響しているなら、それはダンナさんに跳ね返るだけではないかと思います。

チビズの場合、家族でも、ワタクシやママン様、オヤジ様相手ではそれぞれ反応が違うんですよね。

つまりDさんがOさんとの関係をダンナさんとは違う姿で構築してれば、、自然とOさんはDさんの言う事は聞いて、ダンナさんの言う事は聞かない、、という感じになる可能性があるんじゃないかと(≧▽≦;;;)ヒャヒャヒャ。

そこで、Oさんは自分の犬じゃないから、とか、元々私の言う事は聞かないから、とかって意識がDさんの心の何処かにあるのなら、、それは対処した方がいいと思いますわ〜。
そういう事にも、小さな小さなマイナスを感じ取りますからね〜犬って。
Oさんの犬種は賢いですもんね〜(^^)

タッキーのハナシ、ちょっとくどいですが機会を得たのでコンコンと書いております〜。
少しは犬達の役に立つといいですわ。
Commented at 2018-12-22 00:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by koryu_misumi at 2018-12-22 13:49
>匿名希望Dさん、こんちは!

ええ〜?誰だって迷惑かけながら生きてるんですもん〜。
ヘーキヘーキ!わははは!
ま、、まあ、それに甘んじてしまうのもアレでしょうけどね〜(≧▽≦;;)/←…。

そうですね、その年齢の緩やかな変化は、ニンゲンで言えば「中堅どころ」になった辺りです(^^)
「けっこう世の中の事判ってるぞ」的な、、わははは!

柴チームがどんなチームに変わって行くか楽しみですね〜(≧▽≦)
Aチームみたいに、枠にはまらないとんでもないチームになったりして〜!
多頭の場合は「群れとしての行動」が強くなる傾向ありますので、そこらは気をつけておくといいかなと思いますね〜、、まだ先のハナシですが〜〜。
3歳前後は遺伝的なモノが表面化し、、野生が急に強くなると排他性がその分強くなる事が多々ありますよ〜。
、、、巷の柴ブログはその頃で止まっているのが多いです、わははは!

人が自分なりのこだわり(?)というか、思い入れを持って犬と接している場合って、、尚更他者の言う事は聞き入れないんじゃないかと。。
、、何か事件が起きない限りは(^^;)ワハハハ。。。
「その時」が来るかどうか判りませんが、そのままにしとくのが一番かな。とワタクシは思いますですね〜〜。

Dさんはダンナさんに合わせる必要も無く、自分にしやすい接し方で居れば、いつの間にかその結果がOさんに表れて来ると思いますワ〜。
ニンゲンだって相手によって使い分けるでしょ〜犬も大差無いんですよ(≧▽≦)

タッキーのハナシ、、犬に限った事ではありませんで、、読む人には何か感じ取ってもらえたら嬉しいです。