人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

ゾンビの夢から〜の

b0057675_10092016.jpg

え〜っと、、今日は全く犬ネタ関係アリマセン。
まあ、犬問題を抱える飼い主さんとワタクシ…間には関係あるかな?

実は書き終わった後、自分でも何を書きたかったのかが良く判らなかったんですが、、。
読み返すと、どうも「みんな愛してるぜ〜!」って事を言いたいらしい自分(^^;;;)

犬ネタ以外興味の無い方は、今日の記事はスルーのコト。
写真だけは散歩コースの野鳥達をちょこっと載せとります。

b0057675_13471320.jpg

先日の夜、寝る前にテレビを消そうと思って、ふと見た時に偶然映っていたゾンビもののドラマのCM。

、、がチラッと記憶に残っていたせいだからか、たまたまなのか。
翌朝の目覚めの夢は、ゾンビに占領された世界に生きている話になってました(≧▽≦;)

幸いな事に、"ワールド・ウォーZ"並に素早いゾンビ達ではなく、ホウキの柄でグイッと胸を押しやったら「おっととと、、、っとグラグラ~」ってなレベルで動作が鈍い連中でしたので、囲まれさえしなければなんとか逃げる事が出来たのですが。

朝目が覚めて、やっぱりゾンビの居ない世界がいいや。と痛感したのは言うまでもアリマセン(≧▽≦)

しかし彼らってば、、全身腐敗してるんだから、月日と共に身体が崩壊していくはずなんだろうけど、ドラマでは何年もウロウロしてんのはそれ言っちゃドラマになりませんよって事でっしゃろか。

b0057675_13490530.jpg

空を見上げるカワセミさん

ところで、話は繋がってるんですけども。
ゾンビと言えば、先日、弟夫婦がチョイと里帰り(と言うか九州旅行の途中の民泊利用(≧▽≦))してきた時の事。
これまた、たまたまテレビに映画「28週後…」のCMが映った際に、弟が「ゾンビものって色々あるけど、、」とつぶやきまして。

「このイギリスのがリアリティあると思う~」ってワタクシが後を続けて言うと。

同じコトを言おうとしていたらしく「そうそ、リアリティ。リアリティあるよね」と弟。

「あの、奥さんを見捨てて逃げるアレね」
「ニンゲンらしいよね~」
「そそそ、あれこそがニンゲンの姿というか」
「あの後"罪悪感"とか色々抱える感じがね~」

てな具合で、ふたりでウンウンとうなずいたのでありました。

b0057675_13512287.jpg

ニンゲンって、誰もがどうしようもなく選択をしてしまう。
刹那的・長期的に、究極の選択、葛藤の淵に立たされて、自分の内に消えないものを抱え込む。

これは、修行を積んでいる人だって例外ではなく、全てのヒトに言える事だと思うんですよね。
今日、親子愛の素晴らしさを説いていた人でも、明日には自分の子を殺してしまうかもしれない。

それが我々ニンゲン。

そして、誰もが紙一重の存在なのではないかとワタクシは思うんですわ。

b0057675_13521174.jpg

あ、気づいたゾ

弟は精神分析の専門家やってますが。
「28週後…」のプチ盛り上がりに、ワタクシと似たような価値観を持ってるんだな~と。

登場人物が抱えるモノに思いを馳せると、、。
ハンニバル・レクターが、、クラリスから羊の話を打ち明けてもらった時に、聞き入って涙する感じ?(≧▽≦;)
ウマく言えませんが、あの「味わい」というか、、なんとも言えない感覚になります。


余談ですが、イマドキ流行のアメリカの某ゾンビドラマは、やっぱりエンターテイメント性が高いですわな(≧▽≦;;)
確かに現実味は乏しいけど、でも、ドラマだから面白けりゃそれでいいんですワハハハ!
無限に夢物語を積み重ねて行ってチョ!って感じです。
で、楽しみながらもついツッコミまくるのがワタクシのサガ(≧▽≦)

b0057675_13524996.jpg

見つめあうふたり…

でもまあ、事実は小説より奇ナリ。って言葉がありますが。
"現実"って、やっぱりエンターテイメントじゃありませんもんね~(^^;)

だもんで、現実に、内に"何か"を抱える行為を取ってしまうヒトを見ても、、結局は、自分も全く例外ではない、と感じざるを得ないワタクシ。。


え~とですね。
こないだ、外出先で「人に寄り添う事」について、友人とオシャベリしたんですよね。

例えばのハナシ。
当人のためを思って言っても、言う事を聞かない時って、結局、何度言っても聞かないワケで(≧▽≦;;)
イヤ勿論、これもヒトの事は言えませんけども。ハハハ。

でも、それで当人が失敗したとしても、、だからといって「ホラ見ろ~!ヒトの言う事を聞かないから、そういう目に遭うんだよ、ダァ~ホ」と馬鹿にするのではなく。
そういう時こそ、寄り添う事なんじゃないかな~と自分は思う。って話したんですよね。

b0057675_13554046.jpg

大きな獲物ゲットのミサゴさん

誰だって色んな選択で失敗します。
でも、失敗した自分自身がいつまでも許せなかったり、失敗を他者に責められたりで、内に抱え込む。
中には、抱え込んでいる自分に気づかない程に麻痺してるヒトもいるかもしれません。

「許せない」「許されない」と思い込むと心理的に先に進めなくなると思うんですよね。
麻痺してるなら尚更。
、、そこは無意識的なものかもしれませんけども、、。
何度も何度も似たような失敗する人は、このような何らかのブロックがかかってるような感じなんじゃないかと。

そこにやっぱり何らかの「味わい」を感じてしまうわけなんですよ。
だって、自分も大差無いんですもんね。

b0057675_13561062.jpg

カラス達が集団で奪いに来る事があるので用心用心

誰に責められようが、お説教されようが、、ワタクシ自身麻痺していた頃もありますが、、結局は自分の経験を受け入れる事で前に進めた自分なのですから。
同じように「失敗の選択」をして抱え込むヒトが居たら、ワタクシは寄り添う事を選択したいな~と思うんですわ。

それが仮に何度言っても聞かなかった相手でも(≧▽≦)
麻痺して感じてない相手でも。

いや、だからこそ。かもしれません。

b0057675_13590608.jpg

反対側も用心用心

何度となく言っても、アレコレ角度やタイミング等を工夫して言っても、聞き入れない、感じない、、、。
おや、もうこれはエネルギーの無駄遣いだな~と思ったら、、。
後はもう、その人がいつか「経験」するのを見守るしか無いとワタクシは思います。

これは見放したわけでは無く(≧▽≦;;)
「その時」が来るのを待つしか無いと思うだけで。

別の言い方をすれば「この人は(無意識に)失敗を経験したがっている・実感したがっているのではなかろうか」とワタクシは解釈しとります。
ひょっとしたら、その人の無意識が経験の為の最適な時期を捜しているのかもしれないし、、時が来れば一種の天啓みたいな出来事が降りて来るのかもしれない。

b0057675_14012746.jpg

渡りの時期にここらに現れるノビタキさん♂羽毛が冬専用に移行中


というわけで、失敗をしたからって馬鹿にする気も無く。。
あ~実感する機会が来たんだな~って内心ニンマリするんですよね。
世間一般的に、一応、顔は心配そうにしとりますが(≧▽≦;;;)
いやぶっちゃけ「キター」と思って目の前で大笑いする事もままありますが~。。アハハハ。


失敗経験をした時、、それを自分・他者が責めると、多くの場合、せっかくの経験そのものを否定したくなるもの。
すると、経験そのものを無かった事にしたがったり、失敗を他者の責任にしようとしたり、逆に同じような失敗をした他者を卑下する事で"自分は違う"と思い込もうとしたり、、。
まあ、"受け入れていない"行動を取る、と思うんですわ。

しかし、それでは成長しないですよね。

b0057675_14065754.jpg

ノビタキジョシ

その人の経験は、その人の過去であり、その人の一部。
当人がしっかりと受け入れるには、、傍らに居るニンゲンとしては、そりゃ~責めるより寄り添った方が受け入れやすいのではないかと。
勿論、失敗したのに過剰に褒めそやすのも、責めるのと大差ないと思うからしませんけどね(^^;)


色んな生き方をアリだと思うし、どんな選択をしても尊重したい。と時々書いているのは。
ひょっとしたら読む側には責められるような気がするヒトも居るだろうけども(^^;)
本当にアリだと思うからそう書いてるに過ぎません。

現実から目を逸らして夢を見ながら暮らすのも、本当にアリだと思うんですよ。
ワタクシは「いつか」を思い描いて寄り添うだけですが。
だって、その人は、ひょっとしたら自分だったかもしれない。

b0057675_14131983.jpg

周りにも複数羽居ましたよ〜。

それで何かを抱え込むのはワタクシではなく当人であり、当人以外に抱えるものを処理する事は出来ないと思います。

でも、もし、ワタクシが替わりに"処理してあげたい"なんて言い出したとしたら、それこそ勘違いヤロウも甚だしいかと。
それは一種の侵略行為だし、それこそが、当人を尊重してない行為ではないかと、ワタクシは思うんですよね。

そういうヒトを目の当たりにして、手を出さないのはセルフコントロール力が必要とされますが。
しかし、そうでないと自分のエゴを満足させる事になりそうで(^^;;)

b0057675_14141784.jpg

無事に渡って行けますように。。

変な話かもしれませんが、ワタクシは勝手に信じたいだけ信じる事にしています。

相手がこちらを信じてくれるかどうかは、さほど問題ではない、、というか。
上記までに書いた事がどこか根っこにあるので、裏切られる事も想定内というか。
嫌いになったりしません残念には思いますけども、、(≧▽≦;)
また戻ってきてくれたらやっぱり嬉しいから、それでエエですやんけ。
自分も似たようなモンだしね。ワハハハ!

ウマく言えませんが、、それがニンゲン、と思うから、、なんでしょうかね~。

b0057675_14172490.jpg

弟夫婦が民泊代として置いて行った柴犬スリッパ(≧▽≦)
この子達の耳や尻尾がいつまで保つか……

でも、理想を思い描いてそれを追い続けるのも、ニンゲンの姿だと思うんですよね〜。

理想って、、辿り着いてしまうような事では、そもそも理想とは言えないですよね。
目指し続ける事こそが理想なんだと思います。
上記のヒトが、明日には子を殺してしまうかもしれないけれど、それでも親子愛を説い続ける、、。
のも、理想を思い描くニンゲンだからこそ。かな。


ゾンビの夢の話を書いてたら、、なんか話が(^^;)こんなつもりじゃなかったんですが〜。
ワタクシあるある。です。
、、ここんとこは、セルフコントロールが全く働いてない、、という。。

う〜ん、、日本画描いている時に似てるんですよね。。
描き上がったら最初の思惑と全く違ってた、、みたいな感じ。
実は今、ちょうど絵を描いてる最中なんですわ。
そ、そのせいかな〜〜〜(≧▽≦;;;;)


人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!


by koryu_misumi | 2018-11-05 14:25 | Comments(0)