柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

夢で会えたら

b0057675_09353068.jpg

先日、久しぶりに平蔵が夢の中に出てきてくれました(≧▽≦)

夢の中で、ちょうど出かけようとしてて、、その時そばに伏せていた伊佐蔵に「留守番頼むね〜」と撫でながら、ふと横を見たら。
その隣に一緒に伏せてたんですわ(≧▽≦)

夢の中でも彼がもうこの世に居ないのはちゃんと判っていて、その上で「平ちゃん!やっぱりそばに居たんだね〜」と。
直に触る事が出来る姿で出てきてくれたおかげで、久しぶりにその頭や被毛の感触を味わいましたよ〜。

夢の中でも、たまにはこうやって触らせてくれると嬉しいな。

b0057675_09444892.jpg

そうそう。
以前も書いたと思うんですが、、。
平蔵の話をしてると、よく勝手に作動する事があるiPod、、が、動いた時の写真(≧▽≦)

繋いでいたオーディオには電源入ってないんですけども。。

b0057675_09462754.jpg

画像処理して見やすくしてみた。

突然、iPodだけ電源が入って、何やら曲を再生して、10秒程度で再生を止めて、それからキチンと(?)電源オフしてくれます(≧▽≦;)
オーディオには電源が入ってないので、音は聞こえないんですけどね〜〜。

暗がりで突然ピカッと光るので、ちょっとビックリはします。わははは!


b0057675_09510641.jpg

前にも書いた事がありますし、、先日、出雲を訪問した時のメンバー間でも、ちょっと話をしたんですが。
、、愛犬を老衰で見送る事が出来るって、本当にこんなシアワセな事は無いと思います。

世の中には、愛犬を、病気や事故や、やむを得ず安楽死を選ばなければならない場合等、、。
後々、罪悪感や後悔や未練を抱かずにはおれないような別れ方をしてしまう家が沢山あります。

初代犬を、闘病の苦しみの中に亡くしてしまった経験を持つワタクシとしても、それらを想像するだにココロがざわつかずにはおれません。

ワタクシ的には、愛された犬達は、そんな事で飼い主さんを責めたりはしない、とも思うんですが。。
やっぱり、苦しいのや痛いのは経験させたくないし、可能な限り天命は全うしてもらいたい。

b0057675_09571450.jpg

だから、、ひょっとしたら突然のお別れになってしまう事もあるかもしれないけれど。
どうやら天命を全う出来たんだろうな、と思うような別れ方をした犬達の話をネット上で見たりすると。

ああ、シアワセな事だな〜。って思わずにはいられないんですよね。
、、、まあ、飼い主さんはその事を引きずったりするかもしれませんけども。

いいんですよ。
好きなだけ引きずって、逝った愛犬を想う事は、悪い事でも何でもないです。
そんな姿を、、愛された犬達はそばでニコニコ見守ってるかもしれませんね〜。

平蔵は、珊瑚や伊佐蔵と違って、甘ったるい輩ではアリマセンでしたので(≧▽≦;;;)
ワタクシがウダウダ言ってると、ケッて鼻であしらわれてたに違いアリマセン。わははは!

う〜ん、今思い出してもヒドイ奴だ(≧▽≦)/))

b0057675_10115404.jpg

あ?

せっかく平蔵の夢見た!って良い話書こうと想ったのに〜。
最後は悪口になっちゃったゾ。わはははは!!

ごめ〜ん、平ちゃん(≧▽≦)
許してくれ〜。

また忘れた頃にでも、夢登場所望します〜。


今でも、、彼を見送ったときの気持ちに変わりはアリマセン。
見送らせてくれて有り難う。という気持ちですね〜。


b0057675_10243021.jpg

話は変わりますが(≧▽≦)

先日の急激な冷え込みの際、、。
なんと、福岡西部でも雪が降ったんですよぅ〜〜〜!!
し、し、四月なのに!!

だもんで、隅っこに引っ込めていたストーブを引っ張りだして久しぶりに火をつけたんです。

、、で、ふと見ると。
春の日差しの角度の関係か、それまでは気がつかなかったのか。
ストーブの周りに虹が出てました(≧▽≦)

b0057675_10263917.jpg

な〜んか朝からプチハッピーでしたよ(≧▽≦)

こんな事でニンマリしてしまうとは。
安上がりな奴でっしゃろ〜、ワタクシ。


b0057675_10282520.jpg

こちらは、すっかり散ってしまった桜の花びらの中に見つけたタシギ(と思う多分、、)。チュウシギ?難易度高いシギの見分け(T0T)

こういう季節的な写真は、すぐ載せないと季節外れになってしまいますね〜。

b0057675_10294255.jpg

ワタクシに気づいた所。
目がクルクルっとしてる所が可愛いですワ(≧▽≦)

おや〜?
b0057675_10303282.jpg

クチバシに花びらが、、、、。
可愛いのぅ!!!

相変わらず、ち〜さな事でも嬉しい毎日でございます(≧▽≦)

b0057675_10345567.jpg

いつものシアワセのお裾分け(≧▽≦)

14日の和散歩…散歩しやすいお天気でありますように〜!!


人気ブログランキング


ワタクシ作ラインスタンプ、ヨロシクドウゾ!!

by koryu_misumi | 2018-04-12 10:40 | Comments(6)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2018-04-12 20:20 x
触れるなんて夢の中では無くて
特別な世界だったのでは?

だから精密家電製品も動作してしまう様な
摩訶不思議な事も有り有りで(≧∇≦)

御大はどんな笑顔でしたか?
新しい彼女でも出来たかな?

私は、、、
光牙に会いたいなあ。
爪音はたまーに聞かせてくれるのですが
妻は声も聞いたらしいです。
あんなに苦しませてしまったのに
そばに居てくれるなんて
\(//∇//)\
Commented by daisy at 2018-04-12 23:26 x
一枚目の写真、大好きです♡
読ませていただいて、じわ~っと心に染みました。

私は20歳近くの老犬を家族全員で見送ったことがあるのですが
最後に大きな後悔があって思い出すたび心が痛くて
こんな自分にはもう犬を飼う資格がないんじゃないか、と思ったことも。

でも、その時の自分はそれが精一杯で
そこから学んだことを今の犬達にできる限り注ぎ込んでいるつもりだけれど
やっぱりまた後悔はどこかに残るのかもしれません。
そうやって成長させてもらって、犬達と一緒に過ごしている一日一日が宝物で
命の最後をどう迎えたか、だけが全てじゃないんだと思います。

20年近く家族として一緒にいてくれたことに
最後家族みんなで見送らせてもらったことに
ありがとうの気持ちでいっぱいです。
私も夢で逢えるといいなぁ。


Commented by mahoroba-diary at 2018-04-13 09:12
香龍さん、初めまして、こんにちは。
イイネをいただき、ありがとうございます。まほろばと申します。
今日のお話、ほんとうに心救われます。
1か月前、13年近く共に過ごした愛犬が旅立ちました。
健康診断もずっと問題なく、まだまだ一緒に過ごせると過信していましたが、とても稀な病が、小さな小さなところで発症していたらしく、直前まで症状が出なかったため、かなり突然のお別れとなりました。我が家の場合は、老衰ではなかったのですが、それでも、どうやっても成す術がなかった病、、、直後は自責の念に苛まれましたが、やはり天命だったのだと思うようになりました。最後の時、夫と二人で住み慣れた自宅で過ごし、見送れたことだけが何よりの救いとなっています。ちょっと早いお別れだったけれど、濃密な時間、思う存分愛することができたと思えることを心の支えに、愛犬との出会いに感謝して前を向いて歩みたいと思います。平蔵くん、夢に出てきてくれたのですね。ipadのお話も、、、やっぱり天国ってあるんだと私は思います。そして魂は存在していつも見ていてくれている気がします。不思議なことですけれども。。。これからも可愛いワンちゃんのブログ、とっても愉しみに伺います。今日は素敵なお話をありがとうございました。
Commented by koryu_misumi at 2018-04-13 14:37
> 珊瑚&銀牙パパさん
こんちは!
あの感触は、、夢の中でも「ああ〜この手触り久しぶり〜」って喜んだんですよ(≧▽≦)
ひょっとしたら、別の世界だったのかもしれませんね〜。

ん?
そこに登場する伊佐蔵って、、、?わははは!

先日は〜車でお出かけした際に、助手席の友人にナビ頼んでたら「今、ホームセンターの中を車が突っ走ってます…」って。。。ニャハ。
後、ワタクシと会って2時間で、スマホの残留電池が1%になったそうです。。。

実はそろそろカミングアウトしてみようかな〜とか思ってます。。
か、かる〜〜く。。ゴホッゴホ。。

おお!爪音を聞かせてくれるとは嬉しいですね〜。
家の中に居るよ!って言ってくれてるみたいで(≧▽≦)

愛された犬が、逝った後で愛してくれた人達を責めたりするでしょうか。
光牙君は、そんな子でした?違うでしょ〜!!
彼らは飼い主さん達が悔いたり思い悩む事よりも、もっとずっと大切な事を知ってるんですから(≧▽≦)
それは、、今でも光牙君は、家族がだ〜い好きって事ですよ〜〜!
Commented by koryu_misumi at 2018-04-13 14:37
> daisyさん
こんちは!
トップの写真は、平蔵御大の優しい所と、他の犬達に好かれる所が同時に出てる写真だと思うんですよ〜。
親ばかですけど(≧▽≦)わははは!

おお!20歳とは、凄い大往生ですね〜。
それでも、愛するモノを見送った後の時間って、、あれこれ考えたり想ったりしますもんね。
どんな見送り方をしたとしても、多くの方がそうなんだと思いますワ〜。

そうやってdaisyさんみたいにココロの整理がついてるって、素敵な事だと思います。
後悔は、キツいですけど悪い事では無いですよね。
その後をより良くする為の成長の証?みたいなモンですかね(^^)
だって、その後に迎えられた犬達が、その後悔のおかげでどれだけ「よりシアワセ」になれるか。。考えるまでもないですわ〜。

多くの飼い主さんを見てきましたけども、10年、20年と経っても自分を責める飼い主さんが沢山いらっしゃいます。
判っていても、なかなか整理がつかない…。

daisyさんが言われるように、シアワセは毎日毎日、雪が降るように我々の上に降り注いでいると思います。
逝った犬と暮らした日々の中で、その降り積もったシアワセな記憶にこそフォーカスすれば、自ずと整理はつくのではないかと思うんですけどね。

夢で逢いたいな〜と願っていたら、出てきてくれるかもしれませんよ〜!
オヤツを枕元に用意しておかないと〜(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2018-04-13 14:37
> mahoroba-diaryさん
こんちは!&初めまして!

そうなんですか、、けっこう最近の事だったのですね。
それはまだまだココロの整理がつくには時間がかかるかもしれませんね。。。。

ワタクシ、仕事柄、犬の飼い主さんとオハナシする機会が多いんですよ〜。
家族と愛し愛された犬って、逝った後でもやっぱり家族の事が大好きなんだと思うんですワ。
そんな子が、今そばに居たら何て言ってくれるかな〜って。
ちょっと想像してみて下さいませ(≧▽≦)
飼い主さんだからこそ、沢山思い浮かぶんじゃないかなと思います〜。

どんな逝き方をしても、愛し愛されていたなら、犬はやっぱりそこで尻尾をフリフリしてると思うんですよね。
病気で苦しんで逝った子だって、事故で突然お別れした子だって、飼い主が取り憑かれてしまうその出来事を取り上げたりせずに、、「楽しかったよ〜」とか「オヤツ美味しかったよ〜」とか、そういう事を言ってるんじゃないかなって思うんですよ。
今はもう、その身体は無くなってしまっているかもしれませんが、その子への愛が消えるはず無いですもんね。

見えない世界って、ありますよね(≧▽≦)
ワタクシは、自分が逝く時には、平蔵が迎えに来てくれそうな気がするんですよ〜。
勿論、まだまだず〜〜〜っと先の話のつもりですが(≧▽≦;;;)