人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

柴犬のお勉強 日本犬標準「一、本質と其の表現」

b0057675_13532890.jpg
柴犬中興の祖 中号


日本犬標準

「一、本質ト其表現」
「一、本質と其の表現」

悍威二富ミ良性ニシテ素朴ノ感アリ、感覚鋭敏、動作俊敏ニシテ歩様軽快弾力アリ。
悍威に富み良性にして素朴の感あり、感覚鋭敏、動作俊敏にして歩様軽快弾力あり。


本質とは、日本犬本来の性質資質の事であり、其の表現とは、有型無型対者に其の本質を感得せしむる処のものである。
悍威に富み即ち威厳あって、きりっとして居る事は日本犬の最も重要な本質であるが、然も良性即ち忠実従順であって狂暴ならず、素朴の感がなくてはならない。
即ち華々しいけばけばしい犬ではなく、素朴な、地味な中に品位のある汲んでも尽きぬ味のあるものではなくてはならぬ。
感覚鋭敏、即ち過敏ならぬ、落ち着いた中に鋭敏な感覚を持ち、果断にして警戒心あり、動作敏捷、黙するときは静かなること林の如きも一度動くや電光石火の如くの例えの如く動作敏捷であって、歩様軽快、歩態は重々しくなく速歩駈歩共に軽快で弾力がなくてはならない。
以上は日本犬の最も重要な本質と其の表現である。
(日保出版物「日本犬のすべて」より)



戌年からやりたかった事。。
柴犬を愛する人々に柴犬をキチンと知ってもらう場を提供したい。という我欲を発揮します。
てか、自分のブログだから書きたい事を書いていいんだろうけど(≧▽≦;;)
間違いの無いよう、日本犬保存会の出版物の内容を紹介しながら、先輩方々から教わった事も元にしつつ、書いて行こうと思っています。

*****


日本犬の本質とは、日本犬が本来持っていなければならない特質です。
それは古来よりこの国に生きてきたからこその犬種として、脈々と受け継いできた天賦のモノ。

この特質を日本犬標準として「悍威に富み良性にして素朴の感あり」とし、中型・小型には「感覚鋭敏、動作俊敏にして歩様軽快弾力あり」、大型犬には「挙措重厚なる可し」として日本犬保存会で規定されています。


特筆すべきは。
「日本犬標準」とは、いわゆる巷で聞く事の出来る「●犬種スタンダード」と同様のものですが、完全に同じモノではアリマセン。
それは、「日本犬標準」には、日本犬に於いて非常に重要な「本質と其の表現」を含むが故に「標準体型(スタンダード)」という表現は適切でないからです。


「日本犬標準」の中に「本質と其の表現」及び「スタンダード(体型)」が含まれている、と言った方がいいかもしれませんね。


この「日本犬標準」のまず第一に、この「本質とその表現」がある、という事は、その重要性がどれほどのモノか…という事を示唆しています。
この事を、どうぞ日本犬を愛する人々には理解して頂きたいと思います。

裏返せば「本質と其の表現」は日本犬が日本犬として在るに、外すことの出来ないもの。
天然記念物として、この素晴らしいイキモノを後世に繋いで行くにあたって、重要なのは何なのか。という事ですね。


そういう意味でも、日本犬保存会の展覧会は「"見てくれ"だけ良い犬を選ぶ」モノではない。
少なくともそうでなくてはならない&そうであるはず。
、、、という事を踏まえて、是非、近場だけでも展覧会を見に来て頂けたらと思いますワ(≧▽≦)

ちなみにケンネルクラブのスタンダードは日本犬保存会のモノをお手本としているハズですが。
この部分がどうなっているのかは知りませんねえ〜。




勿論、我が家の犬が書いてある事に全く当てはまらないゾ!なんて思われた方も少なからずいらっしゃるかと思いますが(≧▽≦)←その筆頭飼い主ですんで!ワハハハ!

それは全く問題アリマセン〜。

これを踏まえて世代を重ねているからこそ、その中に我々の愛する日本犬らしさが受け継がれている。という事なんだと思うんですよ。
沢山の犬達の多様性の血の中に一本通った見えない筋、、みたいな感じですかね(^^)
多様性の豊かさは、原種に近い故。
勿論、この筋を踏まえた作出があるから多様性が保たれているのだと思うのです。


さて、冒頭の簡潔な文章には、山盛りの内容が盛り込まれています(≧▽≦)

でもそれを1度に書くとドエライ事になりますので、これから少しずつ、判りやすく(心がけて(^^;))ボチボチ書いて行きますね〜。
今日のところはここまでにしときます。ワハハハ!

*****

十数年前、展覧会場の隅っこで、、珊瑚を世話していたワタクシをじ〜っと見ていた日保の大先輩(亡くなられてます)が、、ふと話しかけられました。

「アンタは犬の事が判っとるみたいやから言うけどな…。
本当は、日本人が日本犬の事ば判らんやら、恥と思わなイカンとよ。本当はね。」

あなたは犬の事が判っているみたいだから言うけどね。
本来は、日本人が日本犬の事を判らない…なんて、恥と思わなきゃイケナイんだよね。本当はね。


まあ、こんな感じだったと思います。


「本当はね」という所に、この方も既に「(今の日本は)もはやそういう状況ではない」という事を判って言っていた、という事が理解できます。


でも、言わずにはおれなかったんでしょうね。
当時、オジサン達にとって、無知丸出しの場違いな雰囲気で(≧▽≦)家庭犬で出陳していたワタクシは「家庭犬の飼い主代表」でした。
、、ですので、これは、家庭犬として犬を迎える(た)人々に言いたかった言葉だったのだと思います。


他にも、こんな事を言われた事がありますよ。
「アンタ達は、せっかく俺達が大事に作出した犬達をメチャメチャにしてしまうやろ。
だからやりたくないんや
(家庭犬として外に出したくないんだ)ともね。

これも、家庭犬の飼い主代表としてのワタクシに、でしたね。
ちっっっっとも腹が立たなかったですよ。
だって、そうではない家庭犬も勿論沢山いるけども、その通りの家庭犬もやっぱり沢山居る事も知っているからですワ。


でも、逆に、オジサン達が、普段心の中で思っていても言えなかった事を色々聞かせてもらって、本当に有り難かったと思います。。
、、、最近はもうトウが立ってきたようで言われなくなりましたけども(≧▽≦;;;)



オジサン達も、家庭犬の飼い主さん達も、どちらも犬を愛しているはずなのに、、以前も書きましたが、この溝を、、なんとかしてもっと埋めたい、という想いがワタクシの中にはずっとあります。

日本犬の、この美しい、命在るイキモノとして輝ける姿を愛しているからです。


b0057675_14161741.jpg


ワタクシは普段は「べき」とか、断定する表現はあまりしないニンゲンなんですが(^^;)今日は特別。

"日本犬の在るべき姿"を周知させるに、日本犬を心底愛する人なら…誰でも伝えたければ伝えていいのではないかと思います。

ですので。
今、犬と暮らしている人も、これから犬を迎えようと考える人も。
「日本犬が好き」と胸を張って言える皆様、一緒にお勉強しましょ。






チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_14272176.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2018-01-19 14:27 | 柴犬のお勉強 | Comments(6)
Commented by RUPIKA at 2018-01-19 17:51 x
ペットとしての柴犬の中にも、
ふと感じる古来からの性質というか感覚みたいなものが
見えた時、凄く惹かれます。
らっきーさんも柴犬なんだなーと思う部分なんですが。
洋犬にはない何かに、私はときめくので、
確かに変わっていってほしくないなーと思いました。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2018-01-20 20:47 x
これは!
嫁を質に入れても参加しなければ 一一
あ、、ご内密に( ;∀;)

生き物に標準企画を定義付ける難しさ
そもそも、、日本犬とは、、、
ぐっふふふふ楽しみです~。

銀牙出身の犬舎さんでは
ご存知の通り とにかくデカい柴が大好き!
優しくて、凛としている子達に
掛けられる愛情が半端ない。
これはこれで、ひとつの「あるべき姿」と言えるのかなあ
と思います。


Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2018-01-20 20:50 x
企画じゃないですね
規格ですwwwww
(#^^#)
Commented by koryu_misumi at 2018-01-21 22:17
> RUPIKAさん
こんちは!
そう!そうなんですよ〜〜(≧▽≦)/
ふっと「あ、これは欧米犬種には見られないよな」と思う時があります。
柴犬にもフレンドリーな子も沢山居ますけど、やっぱりどこかに日本犬らしさがちゃんとあったりするもんなんですよね〜。
近年、だんだん欧米犬種化(?)が進んでいると言うか、、、天然記念物から遠ざかっていってるようで心配ですわ、、。
Commented by koryu_misumi at 2018-01-21 22:24
> 珊瑚&銀牙パパさん
こんちは!
わ〜コラー〜〜!何を書いてるんですか〜〜!

こういう規定を作る事は本当に難しいと思います〜。
ちょっと憲法みたいな感じで、、四角四面ではなく、ゆるい部分も沢山あるけれど、決まり事としてあるような、、。
まあ、そうでないとクローン作れば良いって話になってしまいますしね(≧▽≦;;)

ワタクシのまわりにも色んな子が居ますよ〜。
ジロウはデカ過ぎるし、レイカは小さいし(≧▽≦)わははは!
でも、日本犬として一本筋が通った部分がちゃんとあるんですよね〜。
それでいいんだと思いますワ。
天然記念物を後世に繋げて行く事にチカラを注ぐ人達が居てくれますからね!

その上で、日本犬好きとして知ってて損は無いお勉強を一緒にしていけたらな〜と思います。
今、外国にも日本犬を愛する人が増えてますけども、、もう既に日本人の方が知らない事が多いかもしれませんね。
Commented by koryu_misumi at 2018-01-21 22:25
> 珊瑚&銀牙パパさん
ラジャ〜(≧▽≦)/