柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

伊佐蔵とレイカ

b0057675_10302775.jpg
最近のレイカ嬢、、先日「ホントの家族になった」と書いてから、、会う度に良い雰囲気を感じるようになって来ました。

もうすっかり、我が家のチビズの中で「レイカのしつけ役筆頭」は伊佐蔵になっている模様、、。
平蔵はレイカと触れ合っていても「ハイハイ、あ〜、元気な子やなあ」と軽く受け流している程度だし。
珊瑚は機会があればしつけておりますが、、彼女的には、もうレイカは基準値をクリアしている感じ。

ところが伊佐蔵はまだ厳しい態度を崩さないんですよね〜。
一応、レイカの事は受け入れていて保護者ぶってはいるんですよ。
多分、他所の犬が寄って来たら、とりあえず守ろうという姿勢を見せると思います。
しかし、まだ遊び相手をしてやってもいいよ。というレベルではないらしい。

まあね、、あれだけ「犬が強い」んだから、、(≧▽≦;;;)
多分、伊佐蔵はそれをコントロールさせたいんだと思います。
子供のレイカにはちょっと酷かな〜、、内から発する強さは、抑えようが無いんだと思いますワ。

そんなふたりの様子をチョイとお見せしましょう。
先日、散歩の途中でちょっと寄ってみました。

b0057675_10491165.jpg


b0057675_10491112.jpg


b0057675_10491297.jpg


b0057675_10491241.jpg


b0057675_10491336.jpg


b0057675_10491238.jpg


もうこのふたりの様子を見ていたら、おかしいのなんのって。

レイカはそんな厳しい伊佐蔵が大好きなんです。
一生懸命、伊佐蔵にスキスキと言いながらも、、、それが行き過ぎて叱られずに済むように、一生懸命自重しようと頑張ってるんですね〜。

犬が、目上の犬に失礼が無いようにするしぐさは、低姿勢を保つ事や、こうやってお腹を見せる事等等。。
下から口元をペロペロしに行くのも、そうですね。
この日は写真には撮れませんでしたが、自主的に伊佐蔵に横腹やおしりを匂ってもらうしぐさも見られましたよ。

よく「子犬の社会化の充実」をうたって、ショップ等では子犬達をひとつの場所で遊ばせたりしていますが、、。
「社会化」とはそれだけでは無いんですよね。
こうやってオトナ犬に沢山の事を教えてもらう事、オトナ犬にも色んなオトナが居る事、、。

つまり「犬の社会とはこういうモノなんだよ」という事を学ぶ事ではないかと思います。
「社会」って、、コドモだけじゃないですよね。
オトナ、老人、、色んな人が居る。

ニンゲンだって、もし幼稚園や保育園にコドモだけ置いていたとしたら、何の意味があるでしょう?
子供達を率いる先生方が居るから、「園」として成り立つんですよね。
ただの「預かり場所」では無いんですよね。

多分、初めて子犬と暮らす人は、、子犬が叱られる様子を見る事に、耐えられない人が沢山いらっしゃるのではないか、、と思います。
子犬には「叱られる事」をろくに知らないまま売られている子も沢山居ますし。
オトナ犬ったって、、社会化に貢献出来る犬がどれだけ居るのか、という問題にぶちあたります。

この、日本の状況を考えると、なかなか難しい問題だと思います。
まあ、いつもようにワタクシは自分に出来る範囲で出来る事をするしか無いんですけどね。。

少なくともワタクシが直接関わった家庭には、、。
それが子犬だろうと、保護した犬だろうと、、そこに確たる絆を結べるように、、捨てない家族になってもらう事、捨てられない犬になってもらう事。
その為の知識を、方法を、知る限り、出来る限り伝えていけるように志してます。


レイカのような子は、そういう危険性をはらんでいた、、と言えるのでは、と思います。
この日も「一時期はどうなる事かと思った」と言われてしまいましたし、、アハハハ。。。

彼女のような子を、、その知識や経験がないままに、、彼女の本質を曲げずに、しかし、バランスの取れた犬として素直に育てて行くには、やはり、ある程度のフォローが必要なのでは。
、、人の子も、親だけが育てるのではない、と言いますよね。
暮らす地域やその地域の沢山の人との関わり。。

日本の犬社会もそうなっていけたら、と思います。

、、、、なんかマジメに書いちゃったなあ〜、、、、。
、、、風邪引いたのかな!?
by koryu_misumi | 2010-11-08 11:54 | Comments(12)
Commented at 2010-11-08 14:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-11-08 14:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ランまま at 2010-11-08 14:24 x
あらホント、、、どうしちゃったんですか香龍さん?? (いえ、冗談です・・・)

レイカちゃん、、どんどん“社会”の様子が分かってきて、オリコウさんになってきて、ますます皆に愛されて、、ってイイ循環ができてるみたいですね~♪

保護者がイッパイ居て、みんなに育ててもらって羨ましい!!

やっぱり、ワンコ育ては性格の良い?(オトナな)ワンコさんにお願いするのが1番ですね~(^^)/ 

ウチも育てて欲しかった・・・。


所で、、、例のモノ、どんな感じでっしゃろ!?
Commented by きり父 at 2010-11-08 19:32 x
 子犬にとって大人の犬から叱られる経験というのは、かけがえのない一生の宝になると思います。最初の段階は、離乳期に母犬から「もうダメ」と叱られる事でしょうけど、父犬や教育係の年長犬にもシゴかれる必要がありますよね。

 うちの最近の記事で書いたですが、社会化期にたっぷり叱られて経験値が上がった子は、成長してから少々ガウられた程度ではパニックを起こしにくいです。人間が同じように仕込むのは不可能でしょう。

 また叱る側の成犬も、子犬時代に叱られた経験がないとダメでしょうね。このあたりは、人間の成長過程に伴う役割交代と同じだと思ってます。

 レイカちゃんの教育に一番熱心なのが伊佐蔵さんだというのは彼の性格の問題もあるでしょうけど、平蔵一家の中では伊佐蔵さんが両親から叱られた経験が一番多いからだと思いますよ。
Commented at 2010-11-09 21:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2010-11-09 22:02 x
ご無沙汰っす(#^.^#)
ま、マサカ ワタシの熱が・・・なんて♪

環境って大切ですよね。
レイカ姫 ちゃんと導いてくれる教育係と
慕う事、甘える事が出来る相手が居るって素晴らしい。
時には叱咤激励してくれたり・・・

我が家の4柴
特に銀牙は 家族、友達、ライバル、
そして人間の家族に接することで 今の様に成長出来たんだなぁっと
感謝してます。

いっちゃん ガンバ(^O^)/
Commented by koryu_misumi at 2010-11-10 23:28
●匿名希望Mさん、こんばんわ。
ご無沙汰しております。
、、なんと、、Mちゃん、そんな事になっていたのですか、、。
知らなかったとはいえ、お返事書くの遅くなってすみません、、。
そうだったんですか、、。
いつか来るとは判っていても、それがこんなに突然だとは、思ってもみませんよね。。
心の整理がつかないの、良く判ります。
ワタクシも初代ワンコの時はホントに、、そうでしたから。
一日中一緒に居るわけじゃないけども、やっぱり心の何処かで繋がってるんですもんね。
ある日それが断たれてしまうと、、その時になってその有り難さに痛感して。。

でもきっと、Mちゃん笑顔で見守ってくれていると思います。
こういうのって、すぐに癒えるわけじゃないとは思いますけど、、。
Mちゃんを思い出した時に、可愛い表情ばかり思い浮かんで、、それで、思わず泣いてしまう事を通り過ぎて、、笑えるようになれますように。
Commented by koryu_misumi at 2010-11-10 23:28
続き

我が家も他人事ではないと思います。
ワンコはしゃべらないし、人より痛みに強いから、なかなか気付かれない事が多いと獣医さんもおっしゃってました。
平蔵もどんどんお年になって来てますから益々気をつけようと思います。

時々Mちゃんのハナシを書いてくれて、有り難うございます。
これからもどうぞチビズを見に来てやってくださいまし。
Commented by koryu_misumi at 2010-11-10 23:28
●ランままさん、こんばんわ!
いや〜気付くといつのまにかマジメ路線になっておりました。
でも、ホントにニンゲンの子育てと一緒で、、社会全体の歪みが、ワンコ世界の暗い部分を生み出してると思うんですよね。
ワタクシが直接関わる子には、絶対にそんな眼に遭わせたくないですワ〜。
ランちゃん、良い子だと思いますよ〜いつも言ってますけど(≧▽≦)
珊瑚とも普通に一緒に居られたでしょ〜。充分ですよ〜。
例のもの、バッチリです!!
Commented by koryu_misumi at 2010-11-10 23:28
●きり父さん、こんばんわ!
子犬の時期はやはり基本に近い部分での脳の発達がありますから、出来る限り充実させておくのが、勿論ベターだと思いますね〜。
日本の現状では、なかなか難しい部分が多いみたいですけども、、。
犬の教育はやっぱり犬が行うのが一番ですね、しかも同じ犬種の方がやっぱり良いみたい(^^)
我が家では、、社会化不足で成犬になってる子も、、様子を見ながらチビズに叱らせてますよ、ワハハハ!!!
子犬の頃程劇的な吸収力ではないですが、根気よくやれば、ちゃんと発達していけてますね。
教育熱心と言えば、、珊瑚が一番熱心な子なんですよ〜。子犬なら誰彼かまわずしつけしたがるんですワ。
反面、伊佐蔵はワタクシが世話をすると決めた子にだけ反応します。
彼は群れのボスの側近に居る教育係的な行動なんですよね。
ワタクシが「レイカは強くシツケが必要」という意思表示をしたので、強く対応してくれてる部分があるようですよ。
Commented by koryu_misumi at 2010-11-10 23:29
●匿名希望Hさん、こんばんわ!
こんな事あんまり書くとアレなんですけど、、レイカはやっぱり難易度が高い子だと思いましたよ、、。
それでも、ワタクシがフォロー出来てホントウに良かったと思います。
実を言うと、ちょっと不安もあったんですよ、ワタクシのフォローで無事にバランスが取れてくれるかどうか、、。
もし、ワタクシの手に余る子だったらどうしようか、なんて(^^;)
、、多分、日本のワンコの多くは、何かしら皆不安とか悩みとか、、抱えてるんじゃないかと思います。
我が家だって、平蔵の小さい頃の弊害が歳を取ってどう噴出してくるか、判りませんからね〜〜。
それでも、やっぱり、昨日より今日、、でやって行くしかないです。
例のマルチーズズは8歳とかだったんですけども、、それでも学習出来る事を飼い主さん達は知ってくれました。
でも一番は飼い主さんの考えが変わってくれた事ですワ。
Hさんも、すこしずつでも変わっていけてるって、凄い事ですよ〜!
Commented by koryu_misumi at 2010-11-10 23:29
●珊瑚&銀牙パパさん、こんばんわ!
パパさん〜、、体調は如何でしょうか。
ひょっとして部屋を変えたらコロっと元気になったり、、!?しませんよね〜〜〜!!
パパさんちの柴軍団は、沢山素敵なワンフレンズが居ていいですワ〜。
あ〜バーベキュウ〜〜ワタクシも食べたいです(≧▽≦)
あんな風に距離感がそれぞれあっても、同じ場所にくつろげる。立派な社会ですよね。
銀牙君、やっぱりファンですよ、ウヒヒ。
銀牙君の存在があるからって、言えると思いますね〜。
銀牙君マクラでお昼寝したいです(≧▽≦)/
伊佐蔵、けっこう張り切ってるみたいですよ。
レイカを特別扱いしてるのが、良くわかります〜実は気に入ってるんじゃないかな〜。