人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

カオスないっちゃん

b0057675_9414438.jpg
伊佐蔵坊ちゃん、少々前に"またしても"ママン様にドライブ連れてってもらってました。
もうすっかりドライブ大好きっ子になっているようです。
しかし、これから季節的にも日差しが強くなり、車で留守番させる事が難しくなっていく事を考えると、、今年のママン様との「ふたりドライブ」はしばらくお預けになりそうだな〜。

b0057675_9451053.jpgトップの写真は、例によってママン様が車に戻って来た時の伊佐蔵の様子。
既にベロがはみ出して「ご褒美オヤツ受け入れ体勢」に入っている模様です。

でもその前に、荷物を後部座席に積み込むママン様。
そんなママン様の様子を覗き込むいっちゃん(右の写真)、可愛いのう!

そうは言っても、こんな時でもホントに落ち着いた風情。
珊瑚だったら大喜びしちゃって、ドライブボックスから出て来ようとしますからね〜。

b0057675_9485765.jpg


b0057675_949123.jpg


b0057675_9492524.jpg


b0057675_9493820.jpg


いっちゃん、ホントに良い子やな〜。
ママン様がこんなニクジュウ、、い、いえ、食べ物目の前で食べてるのに、ちゃんと自分の順番を待ってるんですもんね。

伊佐蔵ってば、人間家族に対して、負の意識を持った事があるんだろうか、、。

こんなオリコウさんなんですが。。
相変わらずコレです。
b0057675_954208.jpg

※ミクスイ〜のラクガキ日記より
こんな事をしでかしてくれると、彼がただ従順なワンコってだけではない事を思い出します。

ワタクシは毎日屋上のチェックをするのですが(伊佐蔵のトイレ後の掃除とか、寝転がってる伊佐蔵にニクジュウするため)、必ず異物が飛んで来てないかという事もチェックします。

で、、、。
、、、、屋上にコロンと転がってる訳ですよ、哀れなスズメちゃんが。
大喜びで「褒めて!!」って言って来るので、、、ええ、まあ一応褒めてあげます、、凄いねえって、、。

その度にいつも「食べる事を教えてなくて良かった、、」と安堵(!?)するワタクシ。
我が家の庭には、いったい何羽のスズメちゃんが埋まっている事でしょう。
カラスも何度かヤヴァイ所をワタクシが見つけた事もありますしね、、。
↑ワタクシが見つけてなかったら多分犠牲に、、。

伊佐蔵はホントに面白い子ですワ。
もの凄くニンゲン寄りなワンコな所も持つかと思ったら、全く自然に野性寄りな姿も見せてくれます。

こないだ、彼を狂犬病予防注射に連れて行ったんですが、、。
普段なら、全く平静で居られるのに、その日は病院の駐車場で「クンクン、、」と匂いを嗅いだと思ったら、急に不安そうにし始めたのです。

これは、、病院に行く際に、ごくたまに見られる現象なのです、、。
ワタクシの推測なんですが、、どうも病院の患畜の死に面した匂い、もしくは死の匂いを感じ取った時に、こうなるんじゃないかなあと、、。

b0057675_10104227.jpg

そんでまあ、妙に緊張しているために、受け付けの他のワンコに迷惑かけるかもしれない事を考えまして、、、。
彼をダッコして病院に入ったんですよ。
すると、彼的にはダッコされる事でなにやら安心感を得られているようでした。

まあ、そんな不安そうな伊佐蔵がデッカい図体でおとなしくダッコされてる様子は、他のオーナーさん達の目にエラく可愛く写ったようで、ハハハハ。

スズメを狩ったり、、イタチやアナグマを追おうとしたり、、はたまた自分より巨大なワンコが喧嘩売って来るのを買おうとしたり、、するかと思ったら。
こんな可愛くワタクシを頼ったり甘えたり。

平蔵は直接売られた喧嘩は受けるタイプですが、こんな風にワタクシに甘える事はしません。
「早く帰ろうよ」とは言いますが、ワタクシにダッコしてもらう、、なんてところまで頼らないんです。

珊瑚は元々、自分が非力な事を判っているので、喧嘩は買いません。
でも、その分ワタクシの事をとても頼ってくれます。

平蔵プラス珊瑚、、割る2、、、×野生の二乗。

そんな感じなのかな〜、いっちゃんてば(≧▽≦)
by koryu_misumi | 2010-04-26 10:24 | Comments(14)
Commented by ころわん at 2010-04-26 16:52 x
またまた いっちゃんワールドにどっぷり。。。
もぅ、いっちゃんの可愛さにキュンキュンきてますよぉ~!!!
いっちゃんってほんと子供らしい可愛い面と野生児の面を兼ね備えた
二面性が魅力ですねぇぇぇ!!!(≧▽≦)
あの大きな体で(爆)香龍さんに抱っこしてもらってる事を
想像するだけで可愛くってたまりましぇん!!!
平蔵君は香龍さんにも抱っこしてもらわないんですね。
それだけ精神的に強く頼もしいワンコなんでしょうね。
三匹三様で可愛いですね~。。。

狩られたスズメちゃん…安らかにお眠り下さい・・・。
Commented by はぴママ at 2010-04-26 20:55 x
いっちゃんは、どんなに書いても書ききれないくらいの
ネタの宝庫ですね
ユニークさは天下一品、可愛さも天下一品、
家族に対する信頼度も天下一品、
野性味も天下一品!!!
いっちゃんと暮らしていると毎日が楽しいでしょうね♪
実物に面会したい!!!
でもご家族以外には素っ気なくて
ますます恋心が募っちゃうんだろうな~
私も、助手席からあんな勢いで見られたいデスよ
くーっ!
Commented by きり父 at 2010-04-27 13:20 x
 うちのきりさんは、散歩コースでタヌキとかハクビシンなんかに遭遇すると、背中の毛を逆立てて戦闘態勢で追っかけようとします。柴犬だから、本能的な猟欲はあるのでしょうね~
 でも、真性の家犬ですから、甘ったれで布団に潜って抱っこねんねがデフォルトです(笑)

 犬が他の動物の死を感じ取るというのはアリだと思いますよ。そういう場面を見たことがあります。
 きりさんが妊娠のレントゲン検査を受けに行ったとき、たまたま急患のウサギさんが息を引き取るところでした。その後の診察でレントゲン撮影する時に、珍しく先生をガブリとやったです。身重の身体でしたから、他の動物の死に直面した動揺が激しかったのでしょう。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-27 20:39
●ころわんさん、こんちは!
いっちゃんファン第一号様、いらっしゃいませ〜(≧▽≦)
伊佐蔵はホント、ワタクシが自分で言うのもなんですが面白い子ですワ。
勿論、平蔵も珊瑚もそれぞれ面白さがあるんですが「ツッコミ所満載」の面白さは、伊佐蔵がダントツじゃないかと〜。
伊佐蔵はああみえてけっこうダッコ好きなんです。
正座した膝からはみ出るのに「ダッコ〜」と言って乗って来る事があるんですよ。
平蔵はやはりワンコの長としての自覚もあると思いますし、
ワタクシの前でもキチンとしなきゃという意識が強いみたいです。
珊瑚はもう、、何も言う事ありません、ワハハハ。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-27 20:39
●はぴママさん、こんちは!
毎日ツッコむ相手が居るので、毎日おかしくてタマリマセンよ〜。
これで顔がオトコマエだったら、ちょっと、、なんですけど!!
顔がブチャイクな所がまた、ツッコミやすくていいですわ〜アハハハ!!
伊佐蔵と暮らすには、ニンゲンもちょっと野生化しなくてはイケナイ時がありますよ、、、ニヤリ。
これでも家族以外にも随分ご挨拶できるようになったんですよ〜。
相変わらず、警戒を解くまでは時間がかかりますが(≧▽≦)
けっこうニクジュウしてくれる人が好きらしいです。。。
でも、いつか会って、あのデッカいタマタ●に触れてやって下さいませ〜!!
いやだなんて言わせませんよ!!グフフフ!!!
Commented by koryu_misumi at 2010-04-27 20:39
●きり父さん、こんちは!
お〜ハクビシンと出会えるんですか、ウラヤマシイ!!実物見た事ないですよ!
平蔵はイノシシと会った時でも直接接触が無い限りは落ち着いて見送ってますが、、伊佐蔵は全身の毛が逆立ってた事がありましたよ。
その姿を初めて見た時はびっくりしましたね〜。
あ、勿論、吠えたり飛びかかっていかないように制しますが、、。
なんというか、、伊佐蔵の血が瞬時に沸騰してるようなイメージ。
ああいう姿を見た時は、ワタクシもシバイヌの猟の血を間近に感じます。
どこかのイノシシ猟の紀州犬が、夜は家の中で一緒に寝てる子がいるそうですよ〜!その子も家の中じゃ甘ったれみたいです(≧▽≦)
日本犬って、思ったより家庭犬も猟犬も、本質は変わらないんでしょうね〜。

わあ、きりさんセンセイをガブしてしまったのですか〜〜。
そうですよね、間近に見なくても、多分感知する能力は持ってると思います。
「死」の意味もちゃんと知ってると思いますワ〜。
ニンゲンだって「死」について考え出したら、怖くなったりしますもんね。
感知したその瞬間、恐怖とか衝撃を感じる事だってありそうです。。
Commented by きり父 at 2010-04-27 21:55 x
>日本犬って、思ったより家庭犬も猟犬も、本質は変わらないんでしょうね〜。

 日本犬の場合は、本当に優れた猟犬=本当に優れた家庭犬のハズですよ。
 日本犬の猟犬訓練では「呼び戻しは絶対命令」と言われているそうで、例えイノシシとやり合っている最中でも、主人が駆けつけて銃を構えて「戻れ」と言えば戻るそうです。ちゃんとモード切り替えができる能力があるのです。

 追い込み式のグループ猟なんかに使う洋犬は、はっきり言えば自爆特攻型で頭の中のブレーキが壊れた犬種です。品種改良と称して、犬がオオカミから受け継いで備えていたハズの慎重さとか自分で考えて行動する能力をそぎ落とし、猪突猛進するようにされた犬種です。頭の中のブレーキが甘いので、家庭犬向きではない面もあります。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-28 00:26
●きり父さん、こんばんわ!
そうですね〜、ホントは全ての日本犬にそうあって欲しいと思いますね。
実際にはそういう能力を育てる状況が近年はなかなか、、という日本ですが、、。
見た目は変わらず、獲物を見てもハンター魂が燃えるような子でも、急な階段を下りるのがヘタだったりすると、ああ、この子は気持ちはあっても向いてないなあなんて思ったりします。
判りやすいのは、薮の中を走らせてみると、、無駄にバサバサ音を立てる子が居るんですわ〜。そういう子も向いてないなあ、、と。
これが平地を走ってる時はホントに見分けができません、ワタクシは。

洋犬は昔から判断をニンゲンに依存するように改良されてきた歴史もありますしね〜。ハンターのオジサンとオシャベリすると、犬自身の判断力あたりに違いがあるみたいです。
Eフォックスハウンドなんか全然家庭犬向きじゃないですよね!!
気は優しいけど、、数十頭で飼わないとノイローゼなっちゃうし(≧▽≦)
Commented by ランまま at 2010-04-28 21:10 x
いっちゃん、なんか狼に育てられたニンゲンの逆バージョンぽいですよネ!

ニンゲンに対して、特に育った家族に対しての信頼感は抜群だし、持って生まれた野生味は、随所に現れるし、、、。

ランは、狼に育てられた少女っぽい気が、、、(汗)
今ようやく、ニンゲン社会に馴染んできたような?
Commented by koryu_misumi at 2010-04-29 11:10
●ランままさん、こんちは!
狼少女のハナシですね〜ワハハ!!!!
あれはどうやら半分作り話のようですね、そういう姉妹が居た事は居たらしいですが、ホントに狼に育てられていたかどうかアヤシいそうで。
どうも姉妹は重度の発達障害だったらしいです。
犬だって、成長期に完全にニンゲンとの接触を遮断して育つと、ニンゲンを受け入れられないように育つんですよ。
完全なる野生生物化、、というか。

犬はやっぱり人と居てこその犬ですよね〜。
ワンコによっては「愛してる」という事が伝わりにくい子が居て、、まあ社会化不足だったり、飼い主の誤った接し方だったり、、。
でも少しでも伝わってる事が感じられるようになったら、どんどん変わって行ってくれると思いますよ。
ランちゃん、すっごく良い子ですもんね〜!!
Commented by きり父 at 2010-04-29 12:35 x
>完全なる野生生物化、、というか。

 ノラ生まれのノラ育ち、いわゆる生粋の野犬ですね。でも、いわゆる野生(オオカミ)とは違います。

 犬(家畜)とオオカミ(野生)を分けるのは、第二次成長期(第二次社会化期)を境に、精神的に大人になるかどうかです。人間が思春期を経て精神的に大人になるのと同様に、オオカミも第二次成長期を経て精神的に大人になって社会的順位をつけるようになります。オオカミは最上位のアルファ個体(雄雌ともに)しか繁殖しませんし、またアルファ個体は下位の個体に繁殖を許しません。この場合の社会的順位とは、自己の遺伝子を残せるかどうかの順位なので、熾烈な争いになります。

 犬はこういう繁殖習性を遺伝的に失っているので、オオカミみたいな激しい順位競争はしません。砕いて言えば、犬=精神的に大人にならないオオカミです。だからこそ、家畜として人間と共存できるのです。

 逆に赤ちゃんの時に人に対する「刷り込み」を行えば、オオカミといえども子供時代は犬みたいに人に懐くそうです。だけど、成長すると野生の繁殖習性が現れるので、結局は犬ではなくなってしまいます。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-29 13:31
●きり父さん、こんちは!
ああ〜おっしゃってる事、判ってますよ〜。
詳しく書いて頂いて有り難うございます。
なんというか、良い表現が思い浮かばなかっただけでハハ。
スイマセン、ボキャブラ少なくて〜。

そうなんですよね、犬は、ほぼ野生生物のような状態になっても、ニンゲンの生活圏から離れて暮らしている事例はひとつもありません。
そこが「犬」生物の不思議と言うか。

犬種とその群れの状態によっては、結果的に致死に到るような争いをしますよね。
また、狼でもその群れの状態によっては、全く争いも起きず、スムーズにボス交代が行われる場合もあります。
まあ、その群れの在り方次第って事なんでしょうね、結局は。
でもやっぱり狼の方が直接生死に関わって来ますので、ボス選択の熾烈さの度合いはハナシにならないと思いますワ。

狼と犬は、なかなか面白い関係だと思いません?
狼には時々真っ黒の皮毛の子が居ますが、これは犬の毛の遺伝子が逆輸入されたから。
そうかと思うと、狼はコヨーテを食材にする事もある、、。
犬の存在は狼にとってコヨーテと、どういう違いがあるんだろうと。
犬って、人と自然界のちょうど仲立ちというか、不思議な動物ですワ〜。
Commented by きり父 at 2010-04-29 15:01 x
この手の話題は好きなので、もう少し書きます~

>そこが「犬」生物の不思議と言うか。

  犬は所詮は頭の中が「お子ちゃま」のまま成長するので、人間から離れた場所で独立して生きていけないのでしょう。オオカミみたいに統制のとれた群れ社会を作って自活するなんてできません。野良犬は人間の生活圏の周囲で、ゴミ漁りをして生活する事しかできません。野生(大人)と家畜(子供)の違いですね。
 オオカミの性質が強く現れたオオカミ犬は、ちゃんと繋いでおかないと、飼い主の元から逃げ出して野生化(野良ではない)するそうです。

 野良犬と家犬の違いは、赤ちゃん時代に人間と接触して刷り込みを受けたかどうかの違いです。だけど、刷り込みというのは時期が厳格なので、タイミングを逃した生粋の野犬はどうやっても家犬になりません。せいぜい特定の給餌者から、どうにかエサをもらうようになる程度です。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-29 23:12
●きり父さん、こんばんわ!
>この手の話題は好きなので、もう少し書きます~
ウヒャヒャ(≧▽≦)どぞどぞ!!

おお、犬を愛する方が「所詮」なんて使っちゃダメですよ〜。
犬には犬の良さが沢山あるんですもんね。
狼犬は人間界に残るのは難しいみたいですね。
自然に生まれたならまだしも、人工的に生み出すのは個人的にあんまり好きじゃありません。。。
でも、触れ合ってみたい欲求も同時にあって〜、ジレンマ(≧▽≦)

ところで、ワタクシが子供の頃は放し飼い犬が普通だったのですが、某小山に野良の"群れ"が出来てました。
狼程に統率取れてた感はなく、昼間はバラバラだけど、夜になると集まって家々の間をウロウロしてましたよ〜。
日本犬ミックスとその連れ(兄弟か夫婦?)が中心のようでした。
家犬のゴハンを食べに来てたんですが、その二匹が食べてて、他の犬は周りで待ってるって風景でしたワ。
保健所が何度も来てましたが、取り巻きは捕まっててもその二匹は捕まってなかったです〜。
群れというにはちょっと中途半端な集団でした。。

そう、野犬をレスキューしてる人を見ると、大丈夫かなと思っちゃいます。
少しは通じ合えるようになれるといいですね。