人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

ワクワクチン

b0057675_14462077.jpg
ワンコ界はこのところ、予防注射ネタで大にぎわいですね〜。
我が家もご夫婦で、、平蔵はワクチン、珊瑚は狂犬病の予防接種に行って来ました。

そういえば昨年も夫婦で連れて行ったっけなあ。
「夫婦で注射!」参照。可愛い写真がアリますぜ!!
このご夫婦、ふたりで連れて行くと割合と静かなんですが、、今日も「ふたりで一緒だと落ち着いてますね」とセンセイに言われました、ワハハハ。

昨年のその記事にも書きましたが、平蔵は珊瑚と一緒に居ると保護者モードに入ってしまうんですワ。
で、ひとりで行った時はピーピー甘え泣きするんですが、、珊瑚が一緒だと、珊瑚の手前、つい頑張ってしまう、、という(≧▽≦)

珊瑚はやっぱり平蔵にはずっと守って来てもらってますからね〜。
ワタクシとふたりだけより、平蔵が一緒に居る方がずっと安心感があるんでしょう。

しょっちゅう珊瑚のヤキモチとかセクハラ切れとかで平蔵は迷惑被ってたりするんですが。。。
やっぱりなんだかんだ言って、仲良しなんだなあ。


b0057675_14481630.jpgところで注射のハナシが出たので、ワクチンについて、ちと書いてみたいと思います。
今日は副作用のハナシじゃなくて、子犬の時期のワクチンのハナシ。
実は、もう随分前に、某子犬のオーナーさんと話した時の事を思い出しまして、、。


その子は生後約5ヶ月までワクチンを受けておりませんでした。
ただし、それ以外は健全な出生と子育て環境だったようで、健康面についてはノープロブレムな子。

その子が、、新しい家に迎えられ、病院に連れて行かれた際に「ワクチンを3回しますから」とセンセイに言われたのですね。

そのハナシを聞いたワタクシ、その時は気付かなかったのですが、後になって「ん?生後150日なのに、3回も射つ必要ないよ」と気付き。
その後お会いした時にその旨を伝えたのですが、、その時には既に3回終了した後だったのですよ、、。

ワタクシが3回も射つ必要ないと言ってるのは、、。
ワクチンは副作用が心配なので、出来れば何度も射たせたくないって事。
そして、、生後150日以降に3回も射つのは、あまり意味の無い事だからなんですね、、、。


b0057675_14511943.jpg子犬は新しい家に迎えられたら、ワクチンの抗体検査や注射を受けに行きますよね。
迎える前に1度目の接種は済んでいる子が多いと思います。
だいたい生後50日あたりに最初のワクチンを受ける子が多いですので、新しい家に来てから2度目のワクチン接種という子が多いんじゃないかな。
抗体検査を受けて、、抗体が出来てなかったら、2度目、、しかし、また出来てなかったら3度目。
そんなところでしょう。

この間、抗体が出来てないと、なかなか散歩に行けなかったりして、ヤキモキしますよね。
まだ社会化期中の子犬なら、、その子の社会化を発達させるためにも、早めにお友達と触れ合った方が良いに決まってますし。

しかし、こればっかりは子犬の身体に合わせるしかありません。
、、、子犬は母犬から病気に対する抗体を受け取りますが、、実は、これが子犬の中に残っている間はワクチンを受け付けない。
しかも、それは個体差があるんですよね。
だいたい、生後50日〜150日という、、、非常に幅があるそうで。

b0057675_1452378.jpg子犬の身体に残る母犬からの贈り物がいつ消えるのか、、?
消えた直後、その替わりにワクチンを投与すれば、その病気にかかる率はほとんどないでしょうから、その「時」が判れば言う事ありません。
しかも病気は一つではありません。どの病気への抗体がいつ消えるのか?
もうキリが無くなりますよね。

健全な母親から生まれた子であれば、それだけ健全でしょうから、おそらく、母親からもらった抗体が残る期間は長いのではないかと思います。
その間にいくらワクチンを射っても意味が無い。金の無駄使いです。

仮に、毎日のように抗体検査を受ける事ができれば、、、かなり精度も高まるでしょうから、言う事ありませんが、、。
そのために毎日血液をとられる子犬へのストレス。
おまけに検査費は安いものではありません。

、、、とすれば、150日待って、母親からもらった抗体が全部消えてしまってから射てば、ワクチンは一回で済むのでは?
ワクチンの副作用の事を考えても、回数は少ない方が良いに決まってる、、。
、、それはそれで非常に危険ですよね。
ひょっとしたら100日で抗体が消えていたかもしれない、ある病気に対して、子犬はそれから50日間完全に無防備な状態になる。

b0057675_14542643.jpgでは、50日目に抗体検査をして、どの病気の抗体が消えたか調べてからワクチンを打てば?
、、、抗体検査の結果が出るのにどれだけの日数がかかるかを考えると、、。
それを待っている間にも、ひょっとしたら子犬の身体からはどんどん抗体が消えて行ってるかもしれないのですよね。
とすると、検査結果が出た時点で、体内の状況と差が生まれるワケです。

というわけで、ニンゲンは、、子犬が最弱であるかもしれない事(母犬からの抗体が生後50日しか保たない)を前提に、お金の無駄遣いをするワケです。
ワクチンは全く効かないかもしれないけども、万が一かかってしまう可能性を考えると、、ね。

しかし、これは現在の日本の子犬状況を思うと、なかなかのジレンマではないかと思いますよ。

健全な子犬を迎える方が良いのは当たり前です。
しかし、そうなると母体からの抗体が元気に残り続け、なかなかワクチンを受け付けない。
もし社会化期中であれば、残った期間を社会化の発達の為に使えない。

早く抗体が消える子は、それだけ健康に不安がある子とも言えます。
しかし、それだと早い内にワクチンを射つ事ができる。
社会化期の終盤はなんとか社会化の発達のために使う事ができる。


b0057675_14562458.jpgしかし、、どっちも、どっち。
、、、やっぱり社会化期を充分過ごしてから迎えるのが子犬のためには理想的なんでしょうね。

社会化期を充分過ごして来た子は、その後少々の隔離期間があっても問題無いんですから。


おっと、ハナシがずれておりました。
そう、最初に書いたのは「3回ワクチンを射つ」と言われた子の事ですよ。
母体から受け継ぐ抗体は最長でも150日程までしか保たないと言われている。
でも、その子は既に生後150日、、。
ここまで読んでもらってれば、その子がもうすっかりワクチン受け付け体勢万全って事はお分かりですよね。

1回射てば、充分効くのでは。
念押ししても、せいぜい2回射てば。

獣医さんなら、判ってるだろうに、、?
、、、最近では生後40日でも既に母体からの抗体を失ってる、、という弱い子が増え続けているそうで、、ブリーディングの質がどこまで下がってるんだって思わずには居られない程なのに、、???

、、、となれば。
、、お金儲けしたかったのかな、このセンセイは、、。


その事を、、その子のオーナーさんに言おうかな、とも思いましたけど。
まあ、、もう過ぎてしまった事だし。
子犬の頃のワクチンのゴタゴタは、ワンコの一生の内の一度だけだし。。

、、、ま、、まあいいか(≧▽≦;;;)

b0057675_1563856.jpg

by koryu_misumi | 2010-04-21 15:06 | Comments(12)
Commented by きり父 at 2010-04-21 15:59 x
>最近では生後40日でも既に母体からの抗体を失ってる

 劣悪繁殖場とかパピーミルでは、法定の狂犬病ワクチンすら接種してない事があります。ましてや法定義務が無い混合ワクチンなんか打たないでしょうから、移行抗体なんか最初から無いので、40日からワクチンを打てるという事なんでしょう。

 もっともらしい衛生面での理由をつけて、子犬や親犬の見学を一切断るようなところは・・・(以下自粛)
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2010-04-21 22:36 x
お金儲けも大事ですが、生体の健康を第一に考えて欲しいと思います。

ワクチンは予防ですからねェ。
我が家のチビズも生後45日で1回目のワクチンを受けた時
ワン友さんからは、「まだ早すぎる」とか色々なご意見を頂いた事を思い出しました。

3柴分のワクチン
母犬からの抗体がいつまでもつかとか…
色々と確率の問題の様な気がしますが、何も無ければと思います。
モチロン、ワンコ達の健康が一番です (●^o^●)
Commented by MTK at 2010-04-22 08:36 x
…そういうことなんですね~。
実家で一緒に暮らしていたチャム君は、自分が子供のころにオウチに来たので、よくわかっていませんでした。
ワンコと暮らすために、ホントウにちゃんとしたブリーダーさんと獣医さんとめぐりあいたいです。
香龍さんのこういうトピックスは毎回勉強になります、ありがとうございます。
Commented by はぴママ at 2010-04-22 10:40 x
はぴ太を迎えるときに聞いた説明よりはるかにわかりやすく、
詳しく、またまたお勉強になりました
それにつけても、はぴ太が社会科不足というのは明らかで・・・
そういうことをきちんと分かってなかった私にも大いに責任が
あると思います
問題が大きくなる前にシバツレに巡り会えていたら・・・
グスン

平蔵さまといっちゃん、2枚ともシンクロ!
オヤツを見てる写真は相似形!
う~ん、毎度いい写真ですね♪
珊瑚ちゃんが格闘してるのは「アタシ・スーパーフライ」!?
1年前の写真も久しぶりに見ましたが、今日4月22日に
ふさわしい「よいふうふ」♪


Commented by むっちゃんママ at 2010-04-22 19:50 x
初めて犬を迎え、獣医さんにかかると、言われた事は当たり前だと思うから、たぶん私も言われたようにしていたかも・・・。陸奥を迎えて、初めてフィラリアが薬だって知った私だから。香龍さんには本当にお世話になりっぱなしで・・・。

いつも思うんですが、珊ちゃんの写真に綺麗に上から色をぬっていませんか?本当に綺麗すぎ!!
Commented by koryu_misumi at 2010-04-22 21:34
●きり父さん、こんばんわ!
そうなんですよね、、そういう悪質ブリーダーの子達は、ホントに可哀相でなりません。骨が変形する程狭い場所で繁殖だけさせられるような一生を送ってる子とか、、。
レスキューされた様子を見ると、少しでも良かったと思うんですが、隠れてやってる業者がどれだけ居るかと思うと。
一見まともにやってるように見えて、きり父さんがおっしゃるように「?」と思う所も多いですね〜。
ショップで買う方はそんな事も知らずに買い求めてる人ばかりですもんね、、。
そんな可哀相な子達。そんな繁殖の子を迎えてドツボにはまる飼い主さん達。
いくら摘発したって、、知らずに買う人が居る限り、闇に隠れてでもやり続けるんだと思います、そういう人達は。。
少しでも健全って事の大切さを伝えられたら、と思って書いて行きたいです。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-22 21:34
●珊瑚&銀牙パパさん、こんばんわ!
ワクチンは、、昔々はそれほど必要なかったかもしれないんですよね〜。
外来種がはびこる前には日本に無かった病気もあるんですもんね、、。
でも今は、そういう訳にもいきません。
45日に最初のワクチンって事は、生後50日前後に射つのと大して変わらないと思いますよ〜。ちょっとだけ子犬への負担が大きいかも。。。でも結果的に2度目も射つ事になったんじゃないですか?
母犬の生命力が強いと、確かに抗体はガッツリ子犬にプレゼントされるんですよ〜。
ただし、ワクチン射った直後に妊娠した子犬と、ワクチン射って1年近くたってから妊娠した子では、差が出ると思います。
それでも、最近は射ったワクチンの効き目が一年保たないような子も増えているそうです、、もうこれは生命力がそれだけ低下してる証拠ですね〜。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-22 21:35
●MTKさん、こんばんわ!
けっこう獣医さんて判るように説明してくれない所が多いみたいですよね?
沢山のワンコオーナーとハナシをしますが、詳しく知ってる人がほとんど居ないのでびっくりします。
まあ、考えたら、最初だけだから「もういいや」って感じかもしれませんが。
同じ診察料を払うなら根掘り葉掘り聞いた方がトクですよね〜ワハハハ!!
で、ろくに説明もしないような獣医さんだったら、そこはやめた方が良いって事ですワ〜〜。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-22 21:36
●はぴママさん、こんばんわ!
割と面倒くさいハナシですもんね〜ワハハ。
今の日本のワンコのかなり多くが社会化不足だと思いますよ。
それでも全部の子に弊害が出る訳でもないし、弊害の度合いも様々なので、、ちょっと昔まではそれほど問題視されてなかったんだろうなあと思います。
最近はショップでもちゃんと社会化の勉強してる所も増えてるみたいですね。
こういう事は、子犬を渡す側がキチンとする必要があるんだと思いますよ。
ホントに子犬の将来を考えているなら、そうするハズです。
子犬の将来より、子犬の値段の方を重要視してるから、、悪循環に、、。
はぴママさん家の責任じゃないですよ。

平蔵と伊佐蔵、時々そっくりな事しますよ〜。
可愛いヤツらです(≧▽≦)
珊瑚のオモチャ、ワンフレンドに頂いたものなんですよ、珊瑚にうってつけですよね!!ワハハ!!
Commented by koryu_misumi at 2010-04-22 21:37
●むっちゃんママさん、こんばんわ!
獣医さんは専門家だから、きっと大丈夫ってイメージが皆さんあると思うんですよね〜。
でも獣医さんも、儲からないと病院をやって行けないので(≧▽≦;;;)
、、中にはホントに必要ないんじゃないの?と言う事も、、やってくれる所もあるようですね〜〜。

ん!?珊瑚のどの写真ですか?オモチャで遊んでる写真ですか〜?
それとも2枚目の写真?
その他に写ってるのは伊佐蔵ですよ〜ワハハハ。
Commented by きり父 at 2010-04-22 23:11 x
>いくら摘発したって、、知らずに買う人が居る限り、

 法律・制度が片手落ちなんですよね。業者の取り締まりは、形だけですが一応は存在します。
 だけど飼い主は、ほぼ完全に野放し状態です。飼い主も飼育免許制にすべきでしょうね。あまりにも無知すぎる飼い主が少なくないです。

 下のように例えれば、判りやすいでしょう。
犬=自動車
飼育免許=運転免許
犬鑑札=ナンバープレート

 国内の犬飼育に関する現状を自動車に例えると、「無免許の人が車を公道で乗り回して、事故やトラブルを起こしまくっている。ナンバー登録率も半分以下。」というのと同じです。上の三要素の中で、飼育免許が欠けているのが根本原因でしょう。
 また犬鑑札=自動車ナンバーと考えれば、保健所に届けを済ませて犬鑑札の交付を受けてからでなければ、犬の引き渡しを受けることができない、というのがスジのはずです。
Commented by koryu_misumi at 2010-04-22 23:50
●きり父さん、こんばんわ!
おっしゃる通りと思うんですが、法律にも限界があると思うんですよね〜。
実際、日本なんかよりよっぽどワンコ状況が進んだ国でも、相変わらず闇取引は健在で、相変わらず知らずに飼う人が後を絶たないんです。
許可を取って飼うって事を知らずに飼う人も多いんですよ。
だから犬と飼い主の関係には問題無くシアワセに暮らしてても、見つかって「違法だから」って引き離されてるケースもあるんですよ。
それも悲しいです。
結局その法律の知識が隅々まで行き渡ってないと意味をなさないんですよね。
現在の法律でさえまともに守る事も出来ない日本で、それ以上の法律がはたしてどれだけ遂行されるかって考えると。ハア。。

法律も充実されるのは勿論ですけど、教育も一緒に充実していって欲しいなあと思います。
犬はこうして生まれて育つんですよ、こうして親犬に愛された子を迎えましょう、こうして最後まで愛情を注いで暮らすんですよ。。みたいな、まあ、犬に限らず、イノチの大切さとか、そんなんですかね。
迎える側の知識を充実させる事が出来れば、、良いブリーダーから迎える事が当たり前になってくれれば、、夢ですかねぇ。