人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

シマシマハナちゃんの事

b0057675_17345427.jpg
今回のハナシを、、どこから書こうか迷うのですが、、。
これはシマシマハナちゃんのハナシです。
相当な長文日記になる事を、先に伝えておきます。

今回の記事に入る前に、ハナちゃんの事を予備知識で書いておきましょうね。

我が家のチビズがハナちゃんと触れ合いを始めたのは昨年の8月だったのですが、彼女が初めてシバツレに登場したのは昨年の11月です。
(「新人ハナちゃん」)

ハナちゃんは、収容施設から救い出された子でした。
この時既に生後半年は過ぎているらしい、、との事だったので、、オーナーさんは希望を込めてハナちゃんの誕生日をクリスマスにしたそうです。
ハナちゃんを施設から出してくれたオーナーさんの奥さんは、福岡の処分ペット数が多いのを悲しんでいるような方で、、誕生日前後に避妊手術をする予定なんですよ。と言われてました。

その後、我が家の散歩コースの某借家に越して来られ、シバツレにも登場してもらうようになったのです。

b0057675_188665.jpgそして、そんな会話をしてしばらく経った頃。
、、なんと、奥さんだけ別の場所に住まう事になった、という事でした。
もうすっかり老犬である先代犬は世話が必要なので連れて行かなければならないけども、、ハナちゃんは連れて行けそうに無い、との事。
ダンナさんはここにお住まいのままなので、ハナちゃんを置いて行こうと思う。
しかし、ダンナさんは仕事で早朝から出かけ、夜遅く帰って来るような毎日なので、どうしたものか、、という事だったのです。

ここでまたハナシがちょっと逸れますが。
、、、実は、我が家の近隣は「調整区域」に指定されており、そのほとんどが「農地」で、農業以外に使用出来る土地があまりありません。
調整区域の施行以前から家が建っている土地は「宅地」でも良いのですが、現在「農地」に新たに家を建てる事はできない。
農家が自分の農地に家を建てたり、分家を建てたりは出来るのです(農業をする事が前提だから)。
仮に農地が放置状態で空き地になっていたとしても、その土地を農業以外に使用する事はできません。
で、、。
そんな事をご存じなかったダンナさんは、、どうやら建築関係のお仕事のようで、資材をすぐそばの空き地(多分、借家の大家さんちの土地を借りて)にドッサリ置いて仕事に利用されていたようなのですが、、。
、、お役所が嗅ぎ付けたのか、そこに資材を置いてはいけないとお達しがあったらしい。

b0057675_1892133.jpgホントウに詳細なハナシは伺えませんでしたが、、この不況のご時世。
仕事があるだけ有り難いと思わねばならないのでしょうか、、とにかく、奥さんが別の場所に住まわれるようになってから、空き地に資材が置かれる事は無くなりました、、。

ハナちゃんの事はどうなったのかと言いますと。
「そういう事ならウチで飼う事にしていいよ」と大家さんから有り難い申し出があった、と、出て行かれる直前に奥さんから聞く事ができました。
この時既に、ハナちゃんの散歩は、別の借家にお住まいのオバサンが毎日してくれていました。
「あたしの散歩に連れてっていいかい?」と、いつも連れ出してくれるのだそうです。
ただ、いつになるかは判らないけれど、、いつかダンナさんもココを離れる事が出来るような状況になったら、改めてハナちゃんを連れて行きたい、というような事も言われてましたよ。
この不況下では、ハッキリした事は言えないんでしょうね。

、、、そういう訳で。
ハナちゃんが住んでいるのは、今まで通り、ダンナさんの借家の庭。
ハナちゃんの飼い主は大家さん。
散歩をする人は並びの借家にお住まいのオバサン。

、、という、なんとも複雑な状況になっているのです。




b0057675_18114179.jpgハナちゃんのオッパイに気付いたのは、、10/4の記事に載せた、ハナちゃんの写真を撮った後でした。
写真を撮って「ハナちゃん、あんなにガリガリだったのに最近おデブちゃんになったねえ〜」と全身をナデナデしてやっている時に、、。
ふと、オッパイが少し膨れているのに気付いたのです。

「えっ!?」

ビックリしたワタクシは、思わず「おデブちゃん」と言ってしまったハナちゃんのお腹を触ってみました。
このオッパイの具合は、、肥満の子でもこんな風になっている子は居るけど。
、、避妊手術はしたはず、、だよな、、!?
想像妊娠?
ハナちゃんのオチンチンを見てみましたが、そんなに大きさを感じる程ではありません。
しかしこれは個体差もあります。

それから、ワタクシは毎日のようにハナちゃんを日参しました。
が、そういう時に限って、オバサンが散歩に連れ出していてハナちゃんが居ません。
、、ワタクシは、不安と心配とないまぜになった心持ちで、毎日ハナちゃんの所に行き、散歩コースのどこかに歩いてないか捜しましたよ。

そして数日後に、ようやくハナちゃんとオバサンが歩いている所に遭遇する事ができました。
「あのう、、ハナちゃん、妊娠しているかもしれません、、」とオバサンに言うワタクシ。
「あら、そうなの?」
「ハナちゃん、避妊手術してますよね?」
「知らん。あたし飼い主じゃないから」
「、、大家さんに、、言っておいてもらえます?」
「いいよ」
オバサンは早く話を切り上げたいようです。
一緒に居る、お友達のオバサンとのオシャベリを継続したいのです。

とりあえず、、ほんの少しホッとしたワタクシ。
ただのおデブだったらいいんだけど、、。

b0057675_1813375.jpgその数日後、今度は庭に居るハナちゃんと会う事ができました。
お腹を触ってみます。
、、、自信はありませんが、妊娠してるような、、と思いました。
これが想像妊娠や肥満でなければ、、。

また数日後、散歩をしているハナちゃんとオバサンに会いました。
「、、ハナちゃんやっぱり妊娠してるんじゃないかと思うんですが、、」
「あたしに言われてもねえ」
「大家さんに言っておいてもらえますよね?」
「言っておこうかね」
、、オバサンは、、お友達のオバサンとのオシャベリの方が大事なようでした。
それでも、また念を押しておく事に、、。

もし、ホントに妊娠してたら、、Xdayはいつなんだろう。
大家さん、ちゃんとしてくれるんだろうか、、。
ハナちゃんにはいつもいつも会える訳ではないのが、もどかしかったです。
どうしても散歩の時間が重なってしまうんですよね、、。
しかも散歩に連れ出しているオバサンは、オシャベリが大好きなので、、どこかで井戸端会議でもしていたら、平気で1時間以上帰って来ない事も。

その数日後、、我が家のすぐそばの家に、ハナちゃんとオバサンが来ていました。
そこは現在、家主不在なのですが、、オバサンのオシャベリ友達が庭を保つために時々手入れに来ているのです。
その時迄、庭の手入れに来ているオバサンと、ハナちゃんの散歩をしているオバサンが友達だとは知らなかったのでビックリです。
そしてオバサンは、庭の木のひとつにハナちゃんをつなぐと、、、友達と延々とオシャベリを始めました。

b0057675_18161843.jpgハナちゃんは、、3分もするとキュンキュン言い出しました。
5分もすると、悲壮に鳴き始めました。
10分もすると、半狂乱に、、、。
出産直後の、サークルに子犬を残してトイレに行った時の、珊瑚の声にソックリでした。
足を洗うほんの数分も待て切れず、子犬の事が心配で心配で泣き叫ぶ珊瑚の声に。
それが延々と30分近くも、、。
オバサン達は、まるでハナちゃんの叫びなんぞ聞こえないかのようにオシャベリに夢中です。

「やっぱりハナちゃん、子犬を産んでるんじゃ、、」とワタクシ。
「あんなに訴えているのに、、ちょっとフツウじゃないよ」とママン様。

もうしばらくもすると、、とうとうママン様が我慢できず、その家に乗り込んで行ってました。
「ハナちゃん、子犬が家に居るんじゃないですか?だからこんなに鳴いてるんじゃないですか?」
「子犬なんか産んでない」
「妊娠してるって言ってましたよ、うちの子が」
「アタシは飼い主じゃないから、知らん」

実際のオバサンのセリフは、、こちらの方言なのですが、、もっと素っ気ないものでしたよ。
ママン様はプリプリしながら帰って来ました。
「アタシは飼い主じゃないッて、、無責任な!」
「、、ハナちゃん、お腹引っ込んでた?」と、先に気になる事を尋ねるワタクシ。
「いや、、それは気付かんかったけど、、」

ママン様が乗り込んだせいか、ハナちゃんとオバサンはそれからすぐに帰って行きました。
ハッと思って、姿を捜したのですが、、もう見えなくなっていました。

まだ、産んでないのかな?
もし、、子犬を産んでいるんだとしたら、、こんなに長時間外に連れ出す事は、、とても考えられません。
生まれたての子犬達は、数十分おきにでもオッパイを求めるんですから、、。
まさかあのオバサンだって、子犬が居るか居ないかくらい判るだろ。

ワタクシは毎日ハナちゃんの庭に行っては、子犬が居ないかどうか探しまわりましたよ。
ハナちゃんに直接会えば、産んだかどうか判るのですが。
例によってオバサンはマメにハナちゃんを散歩に連れ出しているんですよね、しかも長時間、、。

b0057675_1819109.jpg更にその数日後、、また庭に居るハナちゃんに会えました。
「ハナちゃん!?」
ハナちゃんは、ワタクシを見ると、嬉しそうにすり寄って来ましたが、、その体は全身ブルブル震えていました。
しかも、、、お腹がペタンコ、、、。

い、、いつ、、!?いつ産んだんだろう!!??

「ハナちゃん、子犬は!?子犬はどこ!!」
ハナちゃんは、そんなワタクシの言葉なんか判る訳ありません。
ただ、普段より切羽詰まった風情でワタクシに甘えてシッポを振って来ます。
ワタクシは、庭に入り込んで、ハナちゃんが子犬を産んでいそうな場所をアチコチ探しました。
犬小屋。元オーナーのダンナさんが色々置いている物の下、、。
ハナちゃんが穴を掘ったらしい場所も。

でも、、どこにも見つけられません。
子犬が、ほんのちょっとでも声を出してくれたら判るのに!!
、、、大家さんが預かってるのかな?

この時になって、、大家さんが何処の人なのか、でなければ、その連絡先を尋ねておけば良かったと、、。

こんなに探しても子犬が居ない。
ハナちゃんはホントに妊娠してたんだろうか?
ホントに出産したんだろうか?
もし想像妊娠だとしても、、想像妊娠でここまで身体の状態が影響されるなんて事あり得るんだろうか?
、、ただ、、ワタクシの考え過ぎなだけなのか、、?

b0057675_18205610.jpgその二日後だったでしょうか。
たまたまワタクシの仕事の区切りがつかず、普段より遅い時間に夕方の散歩に出ました。
夕方と言うよりは、もう夜だったのですが、、。

やっぱり、なんとなくハナちゃんが居る方へ歩いてしまいます。
すると。
珍しく、元オーナーのダンナさんが、ちょうど仕事から帰って来られたばかりのようでした。
このダンナさん、早朝から夜遅くまで居ないので、、会えたのは数ヶ月ぶりです。
「こんばんわ」
「こんばんわ」

ワタクシは、ダンナさんが何を何処迄知っているのかすら、判らない状況でしたので、、ただ挨拶を交わして通り過ぎるつもりだったのですが、、、。
その時、ダンナさんが、、。

「あのう、、このあいだ帰って来たら、、ハナが子犬を産んでいたんです」

、、ああ、やっぱり、、、!

「どっ、、どこにですか!?」
我知らず切羽詰まって尋ねてしまうワタクシ。

「そこに、、、」
ダンナさんが指差したのは、ハナちゃんの暮らしている庭ではなく、、庭の外、、道路に面した所に置いてあったバイクの下でした。
見ると、地面が掘られた跡があって、凹んでいます。

「二匹産んでたんです」とダンナさん。
「二匹、、、」
「でも、翌日帰って来たら、一匹になってて、、その翌日は、、もう全然居ませんでした」
「、、、、、」
絶句するしかなかったです。

b0057675_2050103.jpg「子犬は何処に居るんでしょう?」とダンナさん。
その口ぶりを聞くと、、誰かが連れ去ったとでも思っていらっしゃるよう。

「子犬は、、多分、、アナグマかイタチが持って行ったんだと思います、、それか、カラスが」

ハナちゃんちのすぐ近所では、何度もアナグマやイタチを目撃しています。
アナグマの足跡も時々残っているし、、。
大きな蛇をハントするイタチを目の当たりにした事も。
生まれたての子犬なんか、さらって行くのは簡単だと思います。
オトナのニワトリすら時々イタチに襲われてるくらいですから、、。

ニンゲンが連れて行ったとは思えません。
生まれたての子は、それなりの知識や経験がないと育て上げられるはずもありませんしね。
"仮に"大家さんが子犬を捨てようと思ったら、、二匹一緒に連れて行くでしょう。

おそらく大家さんも、オバサンも、、ハナちゃんが出産した事と、子犬の存在には気付いてなかった。
オバサンはひょっとしたら「言っておく」と言いながら、大家さんには何一つ伝えてなかったのかも、、。
とすると、今回の出来事そのものも、大家さんは知らないままかもしれませんワ。

子犬は、、ハナちゃんが「長時間の」散歩に行っている間に、ナニモノかに連れ去られたのだと思います。
いくら怖がりのハナちゃんでも、自分の目の前で黙って連れて行かせるはずもありません。
仮に戦えなくても、、異常な程吠えて近隣の人の気を引いたはずです。
そんなハナシは露程も聞かなかったですから、、おそらく、、、。

b0057675_20523425.jpg産んだのがいつだったか、ダンナさんにハッキリと尋ねませんでした。
でも、今になって想像すると、、やっぱりママン様が文句を言いに行った時には、産んでたんじゃないかな、と。

ワタクシは敷地内ばかりを探しまわっていました。
道路側に産んでるとは思いもせず、、何度かチェックはしたのですが、毎回そこを覗き込んでは居ませんでした。
二匹揃っている所に会えなくても、、、日参していたワタクシが別の場所を探している時に、もう一匹はまだ生き残っていたはずなんですよね、、。
多分、子犬は、ハナちゃんが留守の間、じっとじっと静かに待っていたんだと思いますワ。

ワタクシは、、少なくとも一匹を助けられたかもしれない。
、、、しかし、不思議な事に、、一緒に散歩に連れて行ったチビズも、誰もそこを覗くような事はしていませんでした。

こうやってワタクシとダンナさんが話している間、ハナちゃんは嬉しそうにワタクシにすり寄って来てくれます。
「ハナちゃん、辛かったね、、辛い目に遭ったね」

ダンナさんは、子犬がこの辺りの小動物の餌食になったかもしれない事を知って、少しショックを受けているようでした。
今度こそ「大家さんに、避妊手術の事を、、、お願いします、、またこんな目に遭わずに済むように」
、、それだけ告げて、、そのままそこを離れました。

ダンナさんはちゃんと伝えてくれるでしょうか。
それが少し心配です。
なにしろほとんど日中はここに居ないんですもんね、、休日も出られている事がある位。
散歩をしているオバサンが全くアテにならない事は、今回の事で、嫌と言う程思い知りました。

大家さんだって、、無理強いしたら「じゃあウチで飼わない」と言われてしまうかもしれないですね、、。
半分預かってもらっているような状況ですもんね。

b0057675_21104639.jpgせっかく施設から救い出されたというのに、、処分される子達からすれば、イノチが助かっただけ有り難いのかもしれませんが、、。
それでも、ハナちゃんの気持ちを思うと、不憫で不憫で、、。
ワタクシが子犬を探して居た頃、震えながらすり寄って来ている時も、ワタクシに一生懸命訴えていたに違いありません。
「あたしのコドモがどこにも居ないの、、!!!」と。

ハナちゃんの身の上は、複雑で中途半端な状況の上に成り立っています。
オバサンがどんなつもりでハナちゃんを連れ出していたか、今度の事でキッチリ理解出来ましたが、、毎日散歩に連れて行ってもらって、ハナちゃんはとても幸せそうだった。
避妊手術をする、しない、、と言っていた時期にオーナーさんに事情が出来て、、避妊の事はうやむやになってしまったのかもしれませんね、、。


、、遡って思い出せば、、ある時から、伊佐蔵があまり遊び相手をしなくなりました。
いつもスケベそうにハナちゃんのおしりを匂いに行く平蔵も、無関心になっていました。
そして、それと入れ替わって、珊瑚が何故かハナちゃんの事をとても構うようになっていた、、。
耳をペタンコにして、嬉しそうな顔をしてハナちゃんの鼻先を愛おしそうにペロリと舐めたり。

、、チビズには、きっとハナちゃんの妊娠が判っていたのだと思います。
そして、きっと珊瑚は「ハナちゃん、子供がお腹に居るのね!」って言ってたんじゃないかなあ。
彼女は子育てが、、子犬の世話がとても好きですからね。

b0057675_21114820.jpg子犬が産まれたと思われる時期、珊瑚はワタクシと一緒になってアチコチ探してくれてましたよ。
それも、やはり、ハナちゃんにシッポを振って鼻でつついたり、とても嬉しそうな態度を示しながら、、。
珊瑚は子犬の匂いを感じていたのでしょう。
今思えば、、それは、まるで母になったハナちゃんを祝福しているような素振りだったのです。
ハナちゃんの子育ての手伝いをしたかったのかも、、。
でも、珊瑚も、、子犬を見つける事は出来なかった。

父犬には、、実は心当たりがあるんですワ。
ハナちゃんちの、、数件隣のオスイヌが、、時期的にはちょうど”その頃”脱走してた事があったのです。
平蔵と散歩するようになったこの9年間で2〜3度脱走を目撃している子です。
チェーンでつながれているんですけどね、、未去勢のオスイヌが、Hのためにどれだけのチカラを発揮するか、という事を時々思い出させてくれるのですワ。
、、我が家のチビズも、ワタクシの管理如何によっては同じ事をするでしょう。
絶対にそれだけはさせないようにしないと。

ハナちゃんの所には、、それからもやはり日参しておりますよ。
まだ、少しショックが残っているようで、、やや怯えたような不安そうな表情をみせるのですが。。
それでも少しずつ元気を取り戻して来てくれてます。
ここ数日は、伊佐蔵とも楽しそうにプロレスをしてくれるようになりました。

それから、、少しビックリした出来事が。
多分、この事に触発されたのでしょう、、珊瑚が再びお姫様になってしまいました。
前回のお姫様から数えても、通常なら考えられないような短い期間です。
念のため病院で見てもらったのですが、全く健康に問題は無く、、ただの生理不順との事でした。
、、珊瑚は、それだけハナちゃんの子育てのお手伝いを楽しみにしていたんでしょうね、、。

ナイショですが、出産後痩せてしまった彼女のために、ワタクシ作のパンを持って行っては、、コッソリあげてますよ。
自転車走の終盤に立ち寄る事にしています。
パンは、、平蔵に少し、伊佐蔵に少し、ハナちゃんにちぎってあげる分は特大に。

ハナちゃんには、辛い事は忘れて、、とはとても言えませんが、、早く元気になってくれますように。


b0057675_2119231.jpg

by koryu_misumi | 2009-11-12 23:00 | Comments(46)
Commented by 飛龍あね at 2009-11-12 22:47 x
ハナちゃん・・・そんなことがあったのですね。
それにしてもそのオバサン、お友達とのおしゃべりが楽しいのはわかりますが、自分が一緒にお散歩をしてるワンコがないていたら普通気にするだろうに・・。
しかも自分の犬じゃないからって・・。
ハナちゃんにとってはお散歩に連れて行ってくれる人。嬉しい人。と認識してるのかもしれないけど・・・
人間の都合でハナちゃんはえらい目に合わされてしまったのですね。
(もちろん飼い主の奥さん達に引き取られたのはと~~っても嬉しい事だったと思いますが。)

珊瑚ちゃんにとってもハナちゃんのニオイや子犬のニオイをかいで嬉しかったのでしょうね。
人間の女の子でも友達が女の子の日になったらうつるとかいうから、珊瑚ちゃんもうつっちゃったのかな???(ワンコにそうゆうのがあるのかはわかりませんが・・・)

これからの犬生にハナちゃんが幸せになってくれる事をだだ祈るばかりです。
Commented by 大島椿 at 2009-11-12 23:07 x
絶句です。
私にはなにもいう権利はありませんが、とてもやりきれないですね。
それぞれ事情があるのでしょうが、人間がこんな中途半端なことをして
彼女につらい思いをさせてしまった。
昨日、バーネットヒルさんのブログを見ても思ったのですが
すべての犬が恵まれているわけではないし、犬にはその状況を
選べないってことを痛感しました。
せめてハナちゃんが元気になってくれますように・・・。
Commented by ランまま at 2009-11-12 23:11 x
ホントに、切なくて悲しくて、やりきれなさがイッパイ残る出来事ですね~。

自分ではどうにもできないハナちゃんも、もどかしさイッパイの香龍さんも、ハナちゃんを励ましていた珊瑚ちゃんも、何とかしたいという思いが届かなかったのは、ホントに残念でしかたなかったことでしょう!!

それにしても、毎日散歩に行ってるオバサンが、何にも気づかないとはー!!! 気にもならないってことなんでしょうか!?
もう、がっかりと言うより、悲しすぎますね!

ハナちゃんが元気になって、楽しく過ごしてくれる事を願わずには居られない! 香龍さんのパンで、早く元気にな~れ♪♪
Commented by そら&まめ母 at 2009-11-12 23:13 x
お願いだから、ハナちゃんも連れて行ってあげてほしかった・・・
事情があるにせよ、命をなんだとおもってるんでしょう・・・
ハナちゃん、香龍さんのパンで元気になってね!!
Commented by MTK at 2009-11-12 23:26 x
ハナちゃん・・・泣・・・
動物と暮らすことの責任(&愛情)の認識は、こうも人によって違うものなのでしょうかねぇ・・・
ハナちゃんと関わる皆さん、家族や仲間の一員としてホンキで愛情をいっぱいそそいであげて欲しいなぁ。
もちろん諸事情はあるのでしょうけれど、やりきれないオモイです。

(なんかワタシ、飼いたくてもまだ環境が整っていないから、とガマンし続けていることがばかばかしくもなります。欲望のまま、今すぐワンコと暮したーい←いけないですね)

とにかく、とにかくハナちゃんに幸あれ~♪
Commented by SSSGC at 2009-11-12 23:54 x
言葉が見つからないです、悲しいお話でした。
流れが、ネガティブな方向に向き始めると、今回の件のように本当に次々と悪いことが重なり、悲しい結果になってしまいますよね・・・。

運命なのかなぁと思いながら、シマシマハナちゃんに幸あれと願わずにはいられません。

ジロウ君に記事にも書かれていたように、年代によって犬との関わり方、考え方に差がありますよね。人が多く関われば関わるほど、責任の所在がはっきりしなくなって、手はだすけど、実際に誰が管理するのかという問題もでてきます。
お互いに助け合って、、、でも、結果がこうなってしまうと、無責任という言葉も頭に浮かんでしまいます。

チビハナちゃんのこともあって、今回のシマシマハナちゃんの件は本当に心が痛む結果になってしまい、残念で、悲しくて、仕方ありません。必死で仔犬たちを探していた香龍さんの気持ちを考えると・・・。
香龍さんやママンさまの思いや願いも消されてしまうほど、悪循環の力が強かったんですね・・・。


{{香龍さん、ハナのこと、いっぱい気にかけて、心配してくれて、ありがとう。
美味しいパンも、ありがとう。ハナ、香龍さんのパン大好き!!
シマシマハナより。}}
Commented by もも姉!? at 2009-11-13 00:28 x
本当に何とも言葉になりません。

どうぞ、この悲しみの分、よいことがありますように。
どうか、おばさん達、人間を恨むことを知らないわんこにこれ以上ひどいことをしないでください。
Commented by みみこ at 2009-11-13 02:49 x
涙で画面がぼやけました。

九州の、昔気質のヒトタチは、今も健在なんやねぇ、と、昔を思い出して切なくもなったり。←オバサン、あんたのことだよ~
(子犬が捨てられていたのを、何回か拾ったけれど、社宅に住んでいたから「元いたところに返して来!」と。倉庫に隠して牛乳とかやっても、2,3日で死んでしまいました。大体、拾ったときにはもう、ウジがわいてたりしたから)

ハナちゃん、どんなにつらかろう。でも、香龍さんがそのつらさをわかってくれるよ。
珊瑚さんが、慰めてくれるよ。

ウチも、避妊していないので、すごく身近な話です。
ヒート中に、柵を乗り越え(それまで越えられなかったのに)、脱走した我が家の黒柴(♀)。
しばらく、妊娠したかどうか、気をもみました。(生まれたら、責任もって育てるつもりではいましたが)

香龍さん、大変な思いをしましたね。
でも、その思い、けして無駄ではないです。
シマハナちゃんには、癒しとなり、私のような犬を飼う初心者には悲しみではありますが、教訓になるのですから。
Commented by なりごま at 2009-11-13 03:25 x
そうだったんですか。。。
犬には自分自身でめぐり合いを選ぶことはできません。
せめて香龍さんの気持ちが通じて、ハナちゃんがこれから良い縁に恵まれることを祈りたいです。
愛情たっぷりのパン食べて元気になってください、ハナちゃん!
Commented by AMAO at 2009-11-13 07:03 x
切ないお話しですね。
間近で見ていた香龍さんは色々と複雑な気持ちだったでしょうね。
ハナちゃん、、、お母さんになったのに子犬がいなくなっちゃうなんて、、、
何もいえません。
ただ今後 幸せになってくれることを祈ってます。
Commented by エルママ at 2009-11-13 09:52 x
切ないです。。。
オバサンたちに悪意はないと思うけど、ハナちゃんの気持ちを思うと、ただ悲しいです。珊瑚ちゃんは優しいなあ・・ホントにいい子ですね。
飼い主さんのいい加減さが一番腹が立ちます。せっかくレスキューした命なのに、どうして避妊手術しないんでしょう。結局また同じ運命の子を増やしてしまう。。。処分される子が減らない理由が分かった様な気がしました。福岡の処分頭数が多いのは、このような人がいるから。可哀想・・と引き取ったとこまではいいけど、明らかに無責任ですよね。猫が可哀想だから、捨てたヤツが悪い、、とエサをやり、結果とんでもない数に増え、収拾つかなくなって、今度は自分が捨てに行く。。。ってオジサンがかつて近所にいました。目先の「可哀想」では誰も救えないですよね。結局犠牲になるのは幼い命なんですもん、、
Commented by ムツゴロウおばさん at 2009-11-13 10:14 x
「おしゃべりついでにお散歩」おばさん、自分は人助けのつもりだったのでしょうか。それとも、ただひまな時間をつぶす何かがほしかっただけなのでしょうか。
SSSGCさんがおっしゃるように、対等の立ち場でかかわる人間が多いと、ものごとまとまらないし、すすまなくなることが少なくないです。

ハナちゃん、避妊費用カンパしたいほどです。
また半年後、同じ悲劇がおこらないことをいのります。
Commented by コロスケ at 2009-11-13 15:00 x
 香龍さん、お疲れ様でした。
犬は家族をえらべませんからね、そりゃ人間の都合の方が大切なこともわかります。
愛護センターからのレスキュー犬なら、必ず成犬は避妊・去勢の手術がしてあるはずです、悲しい犬をこれ以上増やさぬためにオスだとたとえ3ヶ月でも去勢をしてからのお渡しのはずです。
ハナちゃんは、家の中で産んだら仔犬が捨てられてしまうとおもっていたのでしょう、隠れて産んで育てるつもりだったのでしょう・・。
 まだ、若いハナちゃんです、次回の発情は来てしまいます
悲しい子犬が増えませんように、なんとかならないものでしょうか・・。
Commented by たなやん at 2009-11-13 22:57 x
とてつもなく切なくやりきれない話ですね。
そばにいた香龍さんのもどかしさは計り知れないものがあると思いますが感情的になることなく、日記にのせた香龍さんを尊敬します。
しかし、はっきり言って信じられないです。
仮に飼い主でなくても散歩に連れ出すぐらいシマシマハナちゃんのことが本当に好きであれば、当然妊娠にも気づいたでしょうし、悲痛な叫び声を無視しておしゃべりに興じることなどできないはずです。
そして飼い主として名乗りを上げたのであれば、その大家さんもシマシマハナちゃんの生活にもっと責任を持って欲しいです。
そして、例え仕事が忙しかろうと元飼い主だろうと、ダンナさんも子犬が産まれていたのであれば、ちゃんとしてあげて欲しかったです。
たくさんの悪意のない無関心がシマシマハナちゃんをこれ以上傷つけることがないよう、ただただ祈るばかりです。
香龍さんがナイショでパンをあげたくなる気持ちすごく分かります。
シマシマハナちゃんの心の傷がおいしいパンで少しづつでも癒されますように。。。
Commented by めりはり at 2009-11-14 00:02 x
香龍さん、どうかご自分を責めないで下さいね。
ハナちゃんの回復と幸せを祈らずにはいられません。
パンをいっぱい食べて、元気にな~れ!
Commented by リュウ母 at 2009-11-14 02:40 x
助かった命、助けられなかった命。
なんとも言葉になりません。

おばさんたちが悪い人じゃ無いってのも分かるし・・・
飼い主さんたちも、迎え入れた時と状況が変わってしまったこともわかるけど・・・

けど、けど・・・
切な過ぎるよ。

香龍さん、ご自分を責めないでくださいね。
少しずつ元気になってきてるシマシマハナちゃん。
香龍一家?の励ましのおかげだと思いますよ。



Commented by はぴママ at 2009-11-14 11:54 x
ハナちゃん、ハナちゃん、
辛かったね
香龍さんも悲しい思いをされましたね

同じ母親になるのでも、珊瑚ちゃんとなんという違い
珊瑚ちゃんがどんなに大切にされているかは
ブログを見てわかりますし
ハナちゃんの複雑な環境では望むべくもないことですが・・・
どうしようもないことだけに切ないです
珊瑚ちゃんがお手伝いしたかった気持ちが
空振りもまた切なくて・・・

でもハナちゃんには、近くで見守ってくれておいし~いパンをくれて
安心して甘えられる香龍オネーサマがいることが幸いです!
んでもって、チビズの皆さんと会えることも!

ね~、ハナちゃん!

「そうなの、そうなの♪ 皆が来てくれるのが楽しみなの~♪
 大好き!!!」
Commented by sweety-peach at 2009-11-14 19:01
泣けそうです…
なんでこんなにかわいい子がそんな目に…
それでも住む場所と散歩してくれる人がいるだけマシだと思い込むしかないのでしょうか…やるせなくて辛いです(>_<。
でも香龍さんや珊瑚ちゃんたちがいてくれてホントに良かったです。
避妊きちんとしてくれるといいのですが…
ハナちゃん
このままドンドン元気になってね。


うちも今夜ワンコたちにパンを焼こう。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:20
●飛龍あねさん、こんばんわ!
このオバサン、、ただ独りで散歩するよりはハナちゃんを連れて歩いた方が歩きやすいから、程度の感心しか無いみたいですよ〜。
まあこのあたりは夕方になるとイノシシが道に出る事もあるので、イノシシ対策かもしれませんね。
それでもハナちゃんにとっては、とても大好きな人だと思いますワ。
、、処分されるのを免れた事が出来たのはホントに良かったと思うのですが、、こんな事を目の当たりにしてしまうと、やるせない気持ちになりますね。
珊瑚はホントに自分の事のように嬉しそうでしたワ。
ワンコにもこんな風に、自分以外の子でも生命の誕生を喜んだりするもんなんだなあ〜と改めて感じさせてもらいました。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:20
●大島 椿さん、こんばんわ!
事の顛末を全て知ってしまった後には、、言葉にしようのない喪失感というか、、しばらく悶々としてしまいましたね。
元オーナーさん達も、ハナちゃんを大家さんに託した時は生活がかかっててギリギリの状態のようでしたので、、判らなくも無いんですワ。
ニンゲンの子供だって親は選べませんもんね、、ワンコもどんなオーナーの元に迎えられるかってのは、、運命なのかなあと。
ハナちゃん、かなり元気になって来てくれましたよ。
今日はパンを「パンチョーダイ」と可愛くワンと言ってくれました(^^)
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:20
●ランままさん、こんばんわ!
やりきれない出来事でした。
もっと不幸な子は沢山居るとは思うのですが、、それでもね。
今になって思うと、沢山子犬を助けられるポイントがあったんですが、、どうしてもウマく歯車が噛み合わなかったというか。
オバサン、けっこう適当な人なんですわ、、もう年齢的なものがあるかもしれませんけどね、、。
ハナちゃんは多分散歩に連れ出されても、執拗に帰ろうとしていたはずなんでしょうけど、、それにも気付いてなかったんだと思います。
ハナちゃん、ワタクシの足音が聞こえたら、立ち上がってコッチを嬉しそうに見ながら待ってるんですよ〜。今日もパン持って行きました!!
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:21
●そら&まめ母さん、こんばんわ!
実は、、オーナーさんの奥さんが行かれた所、ホントウは犬ダメらしいんですが、、老犬はなんとか置いてもらうようにした、みたいな事を言われてました。
ニンゲンも突然住む場所も無くなった、なんて方もいらっしゃいますから、、ね。
ハナちゃんはもうけっこう元気ですよ〜。
でも喜び様がちょっと過度なのが、、心底癒える迄時間がかかるかも、、。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:21
●MTKさん、こんばんわ!
ニンゲンの考え方や価値観の違いって、ホントに様々なんだなあと思います。
オバサンなんて、犬にはニンゲンみたいな感情があると思ってないようなんですよね、、。
通じ合えればこんなに素敵な存在なのになあ、と残念に思います。
MTKさん、いつかその日が来ると良いですね〜。
その時は是非、素敵なワンコライフを送って下さいませ(≧▽≦)/
ハナちゃんの事は、今後もなにか出来る事をやって行きます〜。
散歩コースはこのままですからねっ。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:21
●SSSGCさん、こんばんわ!
ホントに、ハナちゃんの気持ちを考えたらいたたまれないですワ。
色々な事が複雑に、、でも今回の事を招く原因なんだなあと思います。
不況だったり、無知だったり。
ハナちゃんの身の上がもう少し固まってくれたらなあと、切に願いますね。
SSSGCさんが言われるように、担当がアレコレ居るような状況だと、、誰かがするだろう的な部分が出て来ますもんね。
オバサンの「あたしは飼い主じゃないから」って良く言うセリフは、まさに責任逃がれのための口上ですワ。
チビハナを見守ってくれるような人達も居れば、、こんな人達も居るんだなあと、、。
シマシマハナちゃんの近所の人も、チビハナのかつての近所の人達みたいだったらなあ、なんて、無い物ねだりですね。

ハナちゃんの事は、今後も出来る事をしながら見守って行きたいと思います〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:21
●もも姉!?さん、こんばんわ!
これを文章にするのは、、難しかったですよ〜。
どうしても思い入れが強くなりそうで、書けないかもと思ってたんですワ。
、、このオバサン達、、悪気は無いんですよね、、。
ただ、無知で無関心なだけなんですよ、、だからヒドい事してるって認識も無いんです。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:21
●みみこさん、こんばんわ!
昔はこのオバサンみたいな人は多かったですね〜〜。
それに、昔の方がもっと無知で、適当でしたもんね、、いや、九州に限った事じゃないですよ、ワハハハ!!!
でもまあ、今の若者でも、どうしようもない人もやっぱり居るもんですワ。
ハナちゃんの辛さは、、珊瑚がハンサム君を失った時の事を彷彿としましたね。
犬に「死」は理解出来ない、という人もいらっしゃいますが、、そんな事はあり得ないと思います。
おお、、ヒート中に脱走を!?そ、それはかなりキワドい経験ですね!
ウチも、オトコ組が脱走してどこぞのムスメさんに手をつけたら、、と思ったら、、も〜〜おしりがモゾモゾしてしまいます、、。
シマシマハナちゃんは、すこしずつ元気を取り戻してくれてますよ〜。
彼女は怖がりだけど、弱い子ではないと思います。
また以前のようになってくれると思いますワ。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:21
●なりさん、ごまちゃん、こんばんわ!
せっかく処分を免れたのに、、またツライ目に遭ってしまうとは、、。
ホントにハナちゃんの事を思うとしのびなくて。
ハナちゃんのこれから、、出来る限りの事をしながら見守って行きたいと思います。
今日も美味しそうにパン食べてくれましたよ。
チビズと並んで、、ちゃんと順番を守ってくれるのです(^^)
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:21
●AMAOさん、こんばんわ!
沢山のワンコのツライ出来事を見て来ましたけど、、その中でもかなりツライ出来事でしたよ。
こうも色んな事がマイナスに働いてしまうとは、ホントに残念です。
ハナちゃんの気持ちを思うと、ホントにやるせないですね。
庭で、、居なくなった子犬を探しまわって、ひとりで疲れて眠っていた日々を思うと。
すこしずつでも元気になってくれるのが救いですワ。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●エルママさん、こんばんわ!
今度の事を思い出すと、珊瑚はホントに良い子だと思いました。
ハナちゃんの事と子犬の事を、とても気にしていましたし、、今も散歩の途中で寄ると一番に駆け寄ってハナちゃんに何か言ってるんですよ〜。
こういう時、、オトコ組は、、全然助けになりません!
元飼い主さんも、家主さんに病院に連れて行って欲しいって言えないのかもしれませんね、、手術費用は出せても、手術の後のフォローとかは長期間頼まないといけないでしょうから。
半分預かってもらってるようなものなので、、なかなか言い出せないのかも。
フクオカの処分数を増やしている原因の大きな要因は、実は転勤族が転勤の際に処分に出して行くからなんですが、、やはりこのような中途半端な出来事が多いのも要因の一つでしょうね。
あ〜猫のエサやりは確かに全国的にトラブルになってるのを見ますわ。
、、、ニンゲンてホント、、考えさせられます。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●ムツゴロウおばさん、こんばんわ!
オバサンは、ただひとりで歩くよりはハナちゃんを連れ回した方が歩きやすいからだと思いますね〜。
お散歩ババ〜ズ、ジジ〜ズはよくいらっしゃいますが、ひとりぽっちで歩いている人は少ないんです。
このあたりは夕方だとイノシシに遭遇する事もありますので、、。
オバサン、歩いている時は独りなんですよ、で、誰かと会うとそこでオシャベリを展開、、。
ハナちゃんに関しては、ダンナさんが居そうな時に寄って、大家さんにちゃんと伝えたかどうか、とか今後確認していきたいと思います〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●コロスケさん、こんばんわ!
今回の事は、、元オーナーさんの家業がトラブルに陥らなければ起きなかったのかなあと思いますワ。
福岡でも連日のように倒産してたり、職を失ったりしている人達がいらっしゃいますのでね、、。
ハナちゃんは保健所から引き出された子なんですよ、数日後には処分に回される予定だったのでは、と思います。
自治体によって、施設の子の待遇は微妙に違うようですよ。
フクオカでも子犬を引き渡す時に新しいオーナーには避妊や去勢の授業を受けさせるようですが、、。
そちらの愛護センターはそこまでしているんですか、凄いですね〜!!
ハナちゃんの今後はワタクシも出来る事をしながら見守って行きたいと思います、、いい方向に向いてくれると良いです。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●たなやんさん、こんばんわ!
そうなんです、、文章に出来るかどうか、自分でも迷っていたんですワ。
このままシバツレに載せずにいようか、とも考えましたね〜、、。
、、散歩してくれていたオバサンは、犬に対する愛情の質が違うんですワ。
なんというか、、もっと動物的な扱いというか、、まあ、動物なんですが、、ニンゲンと心の交流がそこまで出来るとは思ってらっしゃらないんですね。
大家さんは、、、大家さんは何処迄ご存知なんだか、、。
避妊してるかしてないかもご存じないかもしれませんワ。
ダンナさんは、、、アナグマとかイタチがここらに居る事すらご存じなかったと思います。だから、そのままそこで子育てをさせるつもりだったようでして、、。
まさに悪意の無い無関心と無知の段々重ね状態ですよね。
これから少しずつ折をみながら、ダンナさん経由で大家さんとの接触を図って行こうと思いますよ〜。
大家さん、理解の在る方だったらいいんですけどね。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●めりはりさん、こんばんわ!
その状況に面していたと言うのに、ホントに残念でなりませんよ。。
一匹は助けられたかもしれないのになあ、と。
でも産まれたイノチを処分に回して無駄にしてしまうよりは、、少なくともそのおかげで生き延びたイノチがどこかに居ると思うと、、ほんの少しは救われます。
ハナちゃん、随分元気を取り戻してきてくれましたよ〜(^^)
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●リュウ母さん、こんばんわ!
世の中の不条理と言いますか、、。
もっとヒドい出来事も沢山あって、それよりはずっとシアワセだと言われればそうなのかもしれませんけどね。
この流れをどうにか出来たかもしれないのに、出来なかったのが残念ですワ。
ハナちゃんが少しずつ元気な表情を見せてくれるのが有り難いです。
ワタクシも、コレで終わりではアリマセンので、、。
また同じ事が起きないように、出来る限りの事をしていきたいと思います〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●はぴママさん、こんばんわ!
ハナちゃんの気持ちが、、一番それを思う事がツライですね。。
たったひとりで産んで、、それでもきっとオッパイを与える事がシアワセだったと思います、ハナちゃん。
居なくなって、毎日毎日捜したでしょうね。
諦めがつくまで、どれだけ捜したんでしょう。
捜し疲れて、ひとりで夜寝てたんだろうなあって、想像したら、もうホントにツライです。
元気な笑顔を見せてくれるようになってきて、ホントに良かったですよ。
しばらくはワタクシを見てもブルブル震えて、すり寄って来てましたからね〜。
また、伊佐蔵とプロレスごっこをして、短くても楽しい時間を過ごして欲しいです
Commented by koryu_misumi at 2009-11-14 22:22
●sweety-peachさん、こんばんわ!
それはそれはホントに可愛くて良い子なんですよ。
別にコマンドとか教えられてる訳でもないんですけどね、ちゃんとパンをあげる時にワタクシの了解を得るんですワ。ホントに良い子。
これでも、毎日新しいフードと、綺麗な水と、かわいい犬小屋と、、寒くなって来たらフカフカの毛布を入れてもらってるんですよハナちゃん。
毛布は、、ダンナさんかもしれませんね。
全く気にかけてもらってない訳では無いので、、どこかに救いがあると思います。
今後、出来るだけの事をしながら良い方向に向くように、見守って行きたいと思いますよ〜。
Commented by さち at 2009-11-14 23:51 x
涙が止まりませんでした。
ハナちゃんの気持ちを考えると・・・
とっても辛かったでしょうね!
せっかく助かった命なのに、なんだか悲しいです。
一つの命を守ってくれた方ならワンコのこと考えてほしいです。
忙しい・名だけの飼い主・責任のない散歩。
言い方がちょっぴりひどいかもしれませんが
ハナちゃんの事を思うと・・・・
でもこんな結果になってしまいましたが
香龍さんがいてくれてホントによかったです!
ハナちゃんがそのことを一番感じているだろうなぁ~。
そして珊瑚ちゃんや平蔵君にいっちゃん!
素敵な先輩が近くにいてくれてよかったです!!
またハナちゃんが思いっきり3柴ちゃんたちと遊んでる姿アップしてください!
Commented at 2009-11-15 17:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もっち at 2009-11-15 23:58 x
・・・胸が痛みます。
人間の勝手で小さな命が犠牲になっている現実にやるせない気持ちでいっぱいになりました。
オーナーさんも大家さんもお散歩のおばさんも・・・あとほんの少しハナちゃんを思い遣ってあげる余裕が有ったらこんな悲しい結果にはならないで済んだのに、ハナちゃんにとって香龍さんとチビズ達がせめてもの心の拠り所だと思います。
これから先ハナちゃんが悲しむ事など起きない様に遠くから祈っています。
香龍さんもご自分を責める事の無いように!
Commented by よぉぎゅると at 2009-11-16 00:16 x
せつなすぎますね・・・

ハナちゃんの生い立ちだけでも、辛いのに
ハナちゃんはなんにも悪くないのに。。。
全て人間の管理が悪いってことで
被害は全てハナちゃんにいってしまって…

せめて、最初のオーナーさんがハナちゃんを避妊手術まで
責任持ってしてくれてたら…て思ってしかたありません。。。

香龍さんがいてくれてハナちゃんはダイブ救われていると思います。
これからは、まずハナちゃんが元気になってくれることを願いますね。。。
Commented by ころわん at 2009-11-16 12:51 x
今、前文を読み・・・涙が止まりません・・・。
ハナちゃん・・・かわいそすぎます。
ハナちゃんの事は前からとても気になっていたんですが
まさかこんな思いをしていたとはぁ!!
・・・悪いけど、そのおばさんにも正直ムカつきます。
預かったからには責任もって可愛がってあげて欲しいですぅ!!
生まれてきた子供の事を考えても…ホントに胸が痛くたまりません。
でもまずはハナちゃんをどうにか助けてあげたい・・・
・・・今は何もお手伝い出来ない自分に苛立ちさえ覚えます。
でも近くに香龍さんが居てくれる事が何よりもの救いです。
ハナちゃんには本当に本当に幸せになって欲しい。。。
珊瑚ちゃんの出血・・・強い母性を感じますね~。
三角家ワンコの存在も救いですね。。。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-16 18:36
●さちさん、こんちは!
ハナちゃんは、ホントに辛い経験をしたと思いますワ、、。
施設に居た頃も相当怖い経験をしていると思いますが、またこんな経験をしてしまうとはね。。
ハナちゃんの事を考えると、この中途半端な状況にはやるせない気持ちになります。
それでも、やっぱりまさに今処分されている子よりは、、まだ未来があるからマシなのだと思いたいですね。
ワタクシも出来る限りの事をやって行こうと思ってますワ。
今よりも少しでも良くなれるように。
彼女が生きていてくれるから、それも頑張れるんですもんね。
ハナちゃん、もうかなり元気になってくれてますよ〜。
ワンコの犬生はニンゲンの何倍もの早さで進んでますから、、立ち直る早さもきっと早いんだろうなあと思いたいですワ。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-16 18:36
●匿名希望Kさん、こんちは!
おお、その著書は、以前お知り合いのトコロで紹介されているのを見た事有りますよ。
ただ、淡々とそのままを書いているのが良いそうですね。
ワタクシは、読んだ事無いので良く判りませんが、、そういう意味では沢山の人が読んでくれたらいいのかな〜と思いますワ。
一方的&感情的なモノは沢山世の中にありますからね〜。

ハナちゃんの事は、ワタクシも誰も責める気はありませんワ。
誰にも悪気は無いんですもん。
誰もハナちゃんの事をキライじゃないんですもんね。
ただ、これが現実というだけです。
強いて言えば、ワタクシが、、もう少し沢山のヒトに、もう少し意識を傾けてくれるよう努力してれば免れたかもしれない、、って所が悔やまれるんですが。。
これから出来る事をやって行きたいと思いますワ。
、、ってワタクシも、けっこう一方向でしかモノを見ていない気もしますけど(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2009-11-16 18:36
●もっちさん、こんちは!
世の中には、ハナちゃんだけでなく、ニンゲンの子供ですら同じような眼に遭ってる子が沢山いるんですもんね。
捨てたもんじゃないと思う事も多々ありますが、やるせない事も多いですね。
ハナちゃんの事は、、なんというか、皆そこまで深く考えてなかったと言うか、、まあ無関心って事なんですが、、。
今後のハナちゃんのハナシも、しっかり書いて行きますね。
ワタクシに出来る事を出来るだけやって行きたいと思います。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-16 18:36
●よぉぎゅるとさん、こんちわ!
ハナちゃんの身になって考えると、もうホント切ないです。
ワガママも言わないで、ささやかな事でも満足しているような良い子なのになあ、と思いますワ。
元オーナーさんの事は、見てるとけっこうギリギリな暮らしをしていらっしゃるようにお見受けするんですよね。
だから、まあ、判らなくも無い部分もあるんですワ。
ハナちゃんは日々元気な笑顔を見せてくれるようになりましたよ。
チビズと一緒に並んでオスワリしてオヤツをもらってくれるのが可愛くてタマリマセン。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-16 18:36
●ころわんさん、こんちわ!
ハナちゃん、凄く良い子なだけに、余計不憫でなりません。
お散歩してくれたオバサンは、、なんというか、年齢的にアレコレ言っても、もう無理かなって感じがしないでも無いんですワ。
数日後にはけっこう忘れてらっしゃるようで、、。
子犬は、、、せめて他のイキモノの糧となれたのが救いかなと思いますワ。
無駄に"処理"されてしまうよりはよっぽど救いだと思います。。
ハナちゃんの事は、ワタクシも出来る限りの事をやっていきたいと思います。
ハナちゃんがこんな状況に陥ってしまったのは、一部には運もあるのかなあと思いますけど、、少しでも幸運に向きを変えて行けたらなあと。
彼女は、元気になってくれていますよ。
怖がりさんだけど、弱い子ではないんです(^^)