人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

ジロウ君

b0057675_13471524.jpg
はじめまして、ジロウ君です。
先日の展覧会場でワタクシが代理で引き受けて来た子です。


それが始まったのは、、今年の6月あたりからでした。

近隣にはアチコチ「レンタル家庭菜園」がありまして、、。(←この辺りの土地のほとんどは調整区域で「農地」としてしか使えないんですワ。休耕田の再利用です。)
そこの一ヶ所に早朝やって来ているオジサンが、自転車走に出向くワタクシとオトコ組をジ〜〜っと見つめては、なにやら言いたげに、、でも結局は「おはようございます」と挨拶するに留まる、、という現象です。

そして、時々「いいなあ〜シバイヌ、いいなあ」とチョコリとつぶやいてるのが聞こえたり。
↑聞こえるように言ってるっぽかったですけどね(^^;)

日を追うにつれ、オジサンはスレ違い様にもう少し色々しゃべるようになり、、。
やがて、、「あんたがいに子犬はおらんとな?」と尋ねて来るようになりました。
(「あなたの家に子犬は居ないのかい?」)

「子犬は居ませんよ」と答えると。
「コドモ予約できんかなあ」との事。

b0057675_13502100.jpgオジサン、どうやら柴犬の子犬をお探しのようでした。
「ウチは、、コドモはもう作らせないんですよ」と言っていたら、、なんと。
「それでもいい」と平蔵や伊佐蔵を指差すオジサン。
思わず大笑いしてしまいました。
柴犬のオスを、、しかも、年齢問わずで所望のようですワ。

折をみて後日、ちゃんとハナシを聞いてみた所。
ただ"柴犬のオス"が欲しいのではなく、我が家のチビズのような柴犬のオスが欲しいんだと。
それだけでなく「その犬達どっちかの子が欲しいとよ」とまで言われる。

それは無理だと知ると、オジサンは「ちゃんとした柴犬が欲しい」と言われました。
ちゃんとした、、とは最初はどういう事か良く判らなかったのですが、、。
、、詳しくハナシを聞いて行くうちに、オジサンのその言葉に含まれた意味合いはもっと大きなものだという事が判って来たのです。
オジサンが求めているのは見かけの事ではなく、性質のようでした。
近所や他人に迷惑がかからないような、落ち着いた、、でも番犬も出来る、昔ながらの柴犬らしい柴犬が欲しいのです。

そして「ショップの子犬やら要らん」「あんたがいのごた犬が欲しいとよ」「そげんか犬の居らんかねえ」、、。
(「ショップの犬なんか要らない」「アナタの家のような犬が欲しいんだよ」「そんな犬が居ないかなあ」)

何故ショップの犬が嫌か尋ねたら「ウルサイ犬が多い」とのお返事、、。
まあ、確かに社会化の浅い子犬は問題行動も多くなりがちで、ショップに出ている子もそういう子を見かけがちではありますが。

ウチのチビズを買いかぶり過ぎやがな、とワタクシ密かに思いましたよ。
でも、オジサンにしてみれば、大人しく二頭立てで自転車の横を並走し、、オジサンとのオシャベリの間も黙ってオリコウに待つ、、そんな姿を見ているだけでも「そんな犬が欲しい」と思ってもらえたのです。
ワンコのオーナーにしてみたら、、こんな嬉しい言葉はありませんよね。

b0057675_13522825.jpgそこで、日本犬保存会の事を簡単に紹介し、その上で展覧会の先輩方である日保の知り合い何人かに聞いてみますと答えておきました。
プロの所の子犬がショップに出回るのはそんなに無いですが、良い子達ばかりですよ、と。

「その犬達みたいな落ち着いた犬なんやろ?」
「生まれつきの性質もありますが、、勿論、飼い方も影響しますよ」とワタクシ。
「じゃあ、子犬を迎えたら、その辺も教えてもらわんと」
、、どうやらオジサンは簡単に欲しがってる訳ではなく、飼い方からキチンと向き合うつもりのようでした。

んが。
この時期、ワタクシの知人の所はオジサンに紹介出来るような子犬は居ませんでした。

そして、季節は秋となり、、。
ようやく、先日、オジサンは一匹の柴犬のオトコノコを迎える事になったのです。
このオトコノコ、展覧会の見込みがあるかどうか見極めるためにしばらく置いておかれた子だったために、既に生後4ヶ月になっていました。

実はこの秋、ワタクシのネットワーク内で他に産まれた子達はオンナノコばかりで、オジサンに紹介出来るオトコノコはこの子だけ。
まあ、居たとしても展覧会への将来性の見込みのある子はなかなか手放したくないでしょうね。
そうは言っても、如何にプロだとしても、、生まれた子の全てを置いておくワケにはいきませんので、、それぞれのワンコのある時期をもって、見切るか否かの選択を迫られる訳です。

それは、ワンコによって時期が違います。
早い時期に里親を捜される子も居れば、もっと大きくなって展覧会の世界を離れる子も。

b0057675_13542633.jpg、、これは家庭犬オーナーから見るとどうもイメージがヨロシクないんですな(^^;)
どうしても「展覧会で使えなくなったから放出する」みたいなイメージがあると思いますワ。
子犬の頃ならまだしも、すっかり大人になった子も居るんですからね。

しかし、嬉しい事にワタクシの知っている範囲内では、、展覧会を降りた子達は、こうやって責任持って新たに貰い手を捜される場合が多いようです。
この事は、犬達にとってシアワセなのか、はたして不幸せなのか?
ワタクシには、簡単に不幸せとは思えません。

、、、以前にも書きましたが、、。
プロの所の犬達は、犬として充実した暮らしをしていますが、家庭犬としての暮らしをあまり知りません。
こういった新しい生活を迎える事は、かつて知らなかった家庭犬としてのシアワセを手に入れる事にもなると思うんですよね、、。
プロの所で大勢の他の犬達と暮らしながら、日本犬の最も幸せに感じる「一主一犬」「一家一犬」のような暮らしは、知る機会がほとんど無いのですから。

実際に、すっかり大人になりきって、新しい家庭に迎えられた子達を何匹か見て来ていますが。
皆、ホントに穏やかに落ち着いて、、しかも充実した家庭犬になっています。
大げさかもしれませんが、安住の地を得た風情。
かえって子犬の頃に引き渡された子達よりも、充実感を感じる事があるくらいです。
それでも、久しぶりに犬舍の人に会うと、子犬のように喜んではしゃいで、、ちゃんと覚えてるんだなあと嬉しそうな犬舍の方の姿も見られてね、、。

b0057675_13592259.jpg特に賞歴を乞われて貰われて行く子は別としても、、このようなオトナになってしまった子達は、特別な価格がつく訳でもなく渡される事が多いようです。
、、という訳で、、世の中には、こういった取引がある事を知る人はほとんど居ません。

しかし、実際は基本的な事…人が好き、人に噛みつかない、色々触られても何とも思わない、、犬と人との在り方の分別を既に持っている、、等はたいていクリア済みですので、迎える側もそういった点で苦労する事はほとんど無いようです。
まあ、そういった苦労が醍醐味って人もいらっしゃるようですけど(^^)

今回、ワタクシが縁になってオジサンちに迎えられた子も、、。
「4ヶ月になっている子ですが、いいですか?」と何度も念を押して引き受けてきたんですけどね。
結局、引き渡す時には生後4ヶ月半でしたので、初めてご覧になった時には「わあ、大きい!」と言われてましたよ。アハハハ。

しかし、その後、会う度会う度に「最初はこんな大きくて、、と思っとったけど、ホントにこんなに良い犬とは」と言ってもらえます。
かつて飼って来た犬達はこんなじゃなかったと。
この子は人が好きで素直で、穏やかで、、と言うオジサンも可愛くて可愛くて仕方が無い様子。

b0057675_1435114.jpg「母犬や兄弟犬や、その他の犬達と充分過ごせた子は、精神的に落ち着いている子が多いんですよ」と説明すると、深く深く頷いてもらえます。

また「他の犬とスレ違うときも、な〜んも(何も)言わんのなあ」と非常に驚かれていましたよ。
過去の犬は、他の犬を見ると喧嘩をしかけていくタイプのようで、、。
そうやって散歩コースでオシャベリしている間も、無意識にジロウ君のリードをキッチキチに短くしてしまうオジサンでアリマシタ(^^;)
、、もう癖になってるんですね、他に犬が居る時にリードを短くしてしまうのが。
その間も何度も「大丈夫ですから、リード伸ばしてやって下さい」とお願いしてしまいましたよ。

他には既にこんなハナシが。
ジロウ君の犬小屋のすぐ横に、窓があるんですが、、。
そこにジロウ君ちのオバサンが見えたら、大喜びでピョンピョンして、網戸に上半身突っ込んでしまって身動き取れなくなってしまったんだとか(≧▽≦)アハハハハ!!
オバサンが見ると、シッポを振ってキュンキュン言ったそう。
、、4〜5歳のコドモだってやるんだから、とこんな事では叱られなかったそうです。

でも、庭に置いてある寄せ植え鉢の中に顔を突っ込んで、顔を真っ黒にしてしまったときは、、「鉢の中に顔を突っ込んじゃダメ」と叱られたらしい(≧▽≦)

「叱ってると、チョコンと前にオスワリして、申し訳なさそうに下を見るんですよ」と、オバサン、、心から叱れないようです。
そう言えば、珊瑚にしつこくして「ウー」と叱られるときも、チョコンとオスワリしてますジロウ君。

b0057675_147540.jpg新しい家庭に迎えられてたったの一週間なのに、、もう無くてはならない存在のようですよ。
オバサン「毎日ホントに癒されます」と嬉しそうです。
ちゃんと番犬業も頑張ってるようです。
いつも庭に入り込んでトイレをしていく猫達がいたそうですが、、それを追い払っているそうです(^^;)

何か知らない事や、気になる事等あったら、いつでも尋ねてくれます。
ワタクシには、それがかえって安心ですワ。
オジサン世代には、、やっぱり微妙に今とは違った考えがあったりしますのでね、、ハハハ。
それがそのまま良い時もあれば、ヨロシクない事もありますから。

その一つが「獣医さんがナデナデしたから、あんまり触ったらイカンって言ったとよ」とオジサン。
え!?と思って理由を聞くと、、。
「人に慣れたら番犬しなくなるやろ」とのお返事(≧▽≦)「お母さん(オバサン)が独りで居る時も守ってもらわなイカンし」

もうこの時は吹き出しそうになりましたよ〜。
人の手に慣れる事と、番犬業は別モノだと説明しましたワ。
「ウチの犬達もこうやってオシャベリしている間、オジサンに対して何も言わないけれど、、初めてジロウ君とウチの前を通った時は番犬業してたでしょ?」と言うと、、そう言われてみればという表情。

「人の手には出来るだけ慣れさせてやって下さいね」
、、、こんな具合に、ジロウ君と新しい家庭がより幸せになれるように、チョコチョコお手伝いをしております。

b0057675_14124812.jpg勿論、チビズも、、。
平蔵の事は、既に大大大好きになっているようで、カメラが追いつかない程のスピードでコイコイしておりますよ、ハハハ。
(二つ目の写真参照)

珊瑚も母犬を連想するのか、甘えに行って叱られたりして、でもプリプリしています。

、、、いっちゃんは、、ジロウとの触れ合いはもうちょっと先ですナ、ハハハハ!!

という訳で、これから時々シバツレに顔を出してくれる事となると思いますワ。
ジロウ君よろしくお願いします〜。


写真1/ジロウ君
写真2/平蔵にスキスキジロウ君
写真3/先日のいっちゃん
写真4/近所の(マメ)ハナちゃん
写真5/桃尻珊瑚
写真6/ワンフレンドのブンタ君16歳に見えません
写真7&8/散歩コースに現れた沢ガニチェックの平蔵と伊佐蔵
by koryu_misumi | 2009-11-08 14:30 | Comments(18)
Commented by よしか at 2009-11-08 15:34 x
わぁ、ジロウ君。男の子らしい顔つき!かわいいですね~。
(2枚目の写真は何をしているのか全くわかりませんでした。)

ジロウ君には平蔵御大、珊瑚ちゃんがいるし、
ジロウ君のお父さんには香龍さんがいるし。
どちらも素敵な先輩がご近所にいるということで
間違いなく幸せに過ごせそうですね。
これからもジロウ君の登場楽しみにしています。

いっちゃん、、、なぜ米粒に気づかない・・・。
Commented by そら&まめ母 at 2009-11-08 17:39 x
ジロウくん!かわいい~~~♪
読みながらちょっと泣けてきちゃった・・・
幸せって、みんながなって当たり前のことなのに、
ワンコやニャンコは飼い主選べないですものね。
我が家のそらもまめもペットショップで生後4ヶ月すぎまで売れ残ってた仔犬です。でも、とっても良い犬だと思ってます^^
縁があって家族の一員になって。
ジロウくん、たくさんの幸せをありがとう!!

平蔵御大、蟹にチョッキンされませんでしたか?!
Commented by AMAO at 2009-11-08 19:39 x
わぁ~可愛い!
ジロウくん、とっても男の子っぽい柴ワンコですね♪また幸せワンコと幸せなオーナーさんが誕生しましたね。
うちのまろこは生後1ヶ月半でショップに来て、2ヶ月で我が家に来た子です。やっぱり犬社会のことが良くわかっていないようで…。初めは対犬にとてもフレンドリーだったんですが、一度近所の脱走犬に立て続けに2回噛みつかれて以来、神経質になってしまいました(T_T)
ジロウくんはこのまま幸せ路線を突き進んで欲しいなぁ。
平さまや珊瑚ちゃんとはすんなり上手くいきそうだし、いっちゃんとはも弟分みたいになるんじゃないかな~って楽しみです。
Commented by ころわん at 2009-11-09 01:38 x
おお!!ジロウ君も可愛いですね~!!!
うむうむ。。。平蔵君やいっちゃんのようなワンコが欲しいと言われる
おじさんの気持ち…何だかよ~くわかります。
香龍さん家のワンコはみんな可愛くておりこうさんだし
オマケに個性もあって面白い!!
ワンコも香龍さん家のワンコやきゅ~ちゃん、はちじょぉ~君、
ハナちゃん、ジロウ君…のように幸せになるワンコも居れば、
色んな理由から悲しい結末を迎えるワンコも居ます。
世の中が幸せなワンコでいっぱいになれば良いなぁ~。。。
米粒付きいっちゃん…天然ぶりが可愛くてたまらんっ!!!
しばらくバタバタし読み逃げ状態になるかもしれませんが、
また落ち着いたらコメントさせてくださぁ~い(^^)ノ
Commented by 大島椿 at 2009-11-09 06:49 x
はじめまして。ジロウ君。
これから毎日楽しみだね~。
近くに、すばらしい犬先輩も住んでいて、幸せだね。

こちらも成長を見守れる楽しみなわんこが増えて幸せです。
そういえば、ニコの弟君もジロウくんで、展覧会ため1歳近くまで
お里に残されて、1歳くらいになってから譲られたみたです。
佐賀にいるはずなんだけど、幸せでいてくれるといいなぁ。

そうやってみると、いまだにママに会えたりする八蔵は幸せですね。

Commented by sweety-peach at 2009-11-09 13:20
いいお話ですね~~!!

うちの先代の二匹は、やはりなんだかたいそうなコンテスト優勝犬とかたいそうな肩書きの娘でしたよ。
でも一般家庭の我が家がブリーダーさんから買い取れた(高かったですよ(^_^;) )ということは、父親の謎のコネとは別にw出場できないと判断された子たちだったんですね~
いまはじめて謎が解けましたw

それでも連れ歩くと、やたらかわいいと声がかかり、
見知らぬおじさんに「すばらしい赤巻ですな。お父様のですか?」などと
当時の私にはさっぱりわからない業界用語で話しかけられたりしたもんです。でもうちはなーーーんにも芸を教えなかったので
お座りとお手くらいしかできませんでしたw

ちゃんとわんこの行く末を考えてくれるブリーダーさんもたくさんいるのに、そうでないブリーダーが多くて、ブリーダーさんには気の毒です。
ショップで売ってる子もその子自身が悪いわけではなくて、うるさい子にしてしまった人間が悪いんですよね・・・
いいブリーダーさんだけがわんこを販売できればいいのにな、と思います。

香龍さんがいてくれるし、やさしいおじさんおばさんがいてくれてジロウくんはむしろ幸せでしたね~!(^_^)
Commented by 飛龍あね at 2009-11-09 19:39 x
そうゆう事情でジロウ君はおいちゃん家に迎えられたのですね。
ショップに行って、ただカワイイからとゆう気持ちで迎えられる方がいるけど実はその犬種の事を何にもわからずに飼い始めてしまったかたもいると思うのですよね。
ここだけの話、ワタクシ洋犬が苦手なのです。
といってもかわいいとは思います。お友達にも洋犬の子がたくさんいますし。
ただ・・・横を通り過ぎているだけなのにワンワン吼えられたり・・・
(うちの飛龍さんはなぜかシュナウザーに嫌われてるみたいで、全然別のシュナウザーに何回か吼えられたりしました。)
和犬って威嚇でヴーと唸る事はあっても、ワンワン吼える事ってあんまりないですもんね。(番犬業は別ですが・・)
だからおいちゃんが言いたい事、ワタクシなんとなくわかります。
これからのジロウ君の行く末が楽しみです!
Commented by はぴママ at 2009-11-09 21:54 x
前回のランままさんのコメントを見て、
もしや子犬たんは例のオジサンに?と思っていましたが・・・

な~んて可愛い子犬さん! 
ジロウ君、オジサンとオバサンをすっかりトリコにしていますね♪
近くで見守ってくれる香龍さんファミリーがいて、
ジロウくんもオジサン・オバサンも幸せですね
そしてジロウくんの成長を見守れるのも
香龍さんたちの喜びに違いない!!!
素敵です~
ジロウくん、またの登場が楽しみデス

男性陣にチェックされるカニさん、ドキドキ?
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 21:59
●よしかさん、こんばんわ!
なかなかのオトコマエですよね〜。
二枚目、夕方で薄暗かったのもあるんですが、我々と会うとこんなに喜んでくれるんです(^^)
まだジロウ君とチビズの距離感は少しありますが、すぐ慣れてくれると思いますよ〜。
とっても性格の良い子なんですよ。
たいていの子と仲良くなれるんじゃないかと思います。
あとはオジサンとオバサンがタップリ可愛がってくれれば大丈夫ですね(^^)
、、伊佐蔵、ホントおかしいヤツでしょ!!毎日笑わせてくれるんです〜ハハハハ!!!
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 21:59
●そら&まめ母さん、こんばんわ!
ジロウ君は、良い家庭に迎えられれば何処に行ってもいい家族になれる子でしたよ。
ワタクシに出来る事はオジサンを見極める事、、でしたけど、それも大丈夫みたいでホントに良かったです。
気に喰わない人だったら「なかなか居ません〜」ってしらばっくれ通したでしょうね、ハハハハ。
そうですね、子供が親を選べないのと同じで、ワンコも、、。
ワタクシ、そういった手伝いが出来たと思うと嬉しいですワ。
そらちゃんもまめちゃんも、そら&まめ母さんの所に迎えられてホントに良かったですよ〜〜〜(≧▽≦)/

平蔵か伊佐蔵、カニに挟まれないかな〜っとしばらく観察してたんですが、、ふたりとも「クンクンし、危うきに近寄らず」!?でした(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 21:59
●AMAOさん、こんばんわ!
可愛いんですよ、この子!顔も勿論ですけど、性格も可愛くて!!
こうやってこれから散歩コースで時々会えるのが楽しみですワ。
まろこちゃん、脱走ワンコに噛みつかれて神経質になるとは、、ヒドいですね。
そりゃあどんな子だって神経質になりますよ〜〜〜!
その脱走ワンコ、、どういうワンコだったのか、、。
そんな攻撃的な事をする子を飼い主さんも脱走しないようにしておかなかったんですね、、。
ジロウ君、これからどうなるか判りませんが、、。
我が家のチビズとは仲良くなってて欲しいですね。勿論伊佐蔵も、、ハハハ。
仲良くなっておくと、誤って逃げてしまった時に、お手伝いしやすいんですよ(^^;)
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 21:59
●ころわんさん、こんばんわ!
も〜ジロウ君の可愛さときたら、、オバサンの方がメロメロのようですよ。
毎日ジロウと接するのが楽しいって言われてました。
平蔵と伊佐蔵は、散歩しているときはけっこう「よそ行き」の顔なんです、ハハハハ。オジサン、それにダマされたかな!?
ジロウ君はきっとシアワセな犬生を暮らしてくれると思いますワ。
、、、オジサンが、ジロウ君の事をちゃんと見てくれる人かどうか、という事を、ずっと観察してきましたのでね、ハハハ。
でも「子犬を誰かに渡す」って事は、ホントはそこまでする必要があると思うんですよね。
それなのに、金さえ払えば相手がどんな人かも関係無しに引き渡されてしまう実情があるワケで、、。
本気で子犬を迎えるつもりの人は、こうやって何ヶ月も待つ事ができると思うんですワ。
ころわんさん、コメントは無理しないで下さいね〜!
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 21:59
●大島 椿さん、こんばんわ!
何日おきに会えるかな〜っと楽しみです。
できるだけ早い内にチビズと沢山触れ合わせておく方が、しっかり仲良くなってくれると思いますしね〜。
おお、そちらにもジロウ君がいらっしゃるんですね。
ニコちゃんの弟君だったら、美形なんだろうなあ〜(≧▽≦)
展覧会で成犬まで頑張って引退後に家庭犬になった子とかも居ますけど、とっても可愛がられてシアワセそうでしたよ。
でも会場に来たら血が騒ぐのか、相変わらずの立ち姿でしたけど(≧▽≦)
八蔵は八蔵で、世界中に親戚!?のオジチャンオバチャンが見てくれてますよ〜ワハハハ!!
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 22:00
●sweety-peachさん、こんばんわ!
ワタクシもジロウ君とオジサンの縁結びができてホントに良かったですよ(^^)
お〜、そうだったのですか先代ワンコさん達!
ここには書いていませんが、日保の場合、賞歴が一杯になると「完成犬」と言って「この犬は完成しています」として全国展以外に出せなくなるんですよ。(後進に道を譲る意味合いで)
プロの所にはこれから上を目指す子も居るでしょうから、、既に出来上がった子達を、箔がついた犬として一定のお値段で譲られる事はよくあるみたいですよ。
ひょっとしたら、そういう子達だったのかも〜(≧▽≦)!?
芸なんて覚えなくても良いと思いますよ。
家族として一緒に愛情持って暮らせて行ければ、それが一番だと思いますワ。

そうですね、ヨロシクない事をしている人は一部だと思うのですが、、それで世間のイメージが出来上がってしまうのは残念です。
上に書いたような、まっとうな事をしている方は沢山居るのに、、それはほとんどの人が知らないんですもんね。
今の日本は、簡単にやり取りができる状況をどうにか変えて行かないと、イケナイと思いますワ。
売る方も、買う方もですね。
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 22:00
●飛龍あねさん、こんばんわ!
そうなのですよ〜。チョコッと見られましたよね。可愛い子だったでしょ(≧▽≦)
ショップの存在は、、最近は良い所も増えて来ているようですが。。
やっぱり目の前に可愛い子犬が居たら「欲しい」ってなるのは当たり前ですもんね〜。
ワハハハ。ここだけのハナシって、皆見ちゃいますよ〜。
我が家の散歩コースで吠えて来るのはテリア系が多いですよ。
まあ、元々は獲物を見つけたら吠えて知らせる猟犬種だったりするので、よく吠えるのは判らなくもないんですけど。
シュナウザーは家畜の護衛犬をしてた歴史があるから、オオカミに近い日本犬には防衛本能が働くのかも!?「あっ、オオカミ追い払わなくちゃ!」って。
防衛本能は強い犬種らしいですからね〜。
オジサンは、、昔ながらの、日本犬との暮らしをしたかったんだと思いますワ。
散歩している様子も、既にそんな風情なんですよ(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2009-11-09 22:11
●はぴママさん、こんばんわ!
うへへへ、そうなんですよ〜。
ランママさんの観察眼鋭いですね(≧▽≦)/

もう、このジロウ君が可愛いのなんのって!
毎日会いたい位ですが、、あんまりノコノコ出て行くのも、新しい家族の絆を作るのにメイワクになったらイカンと思って、、。
草葉の陰で見守らないと〜〜あっ。まだ生きてましたワタクシ(≧▽≦)
実は、ワタクシとジロウ君が触れ合ってるのを見て「やっぱり慣れてらっしゃる」と言われてましたので、、、。
オジサンよりワタクシに懐いてしまったら、、いけませんよね〜ハハハハ!!
これからのジロウ君、楽しみですよね。

カニさんは、この後、無事に川に戻って行ってましたよ〜。
沢山居たら捕まえてカニ飯にでもするんですけどね(≧▽≦)
Commented by ランまま at 2009-11-09 22:28 x
えへ~!それほどでも~~♪ (?!)

それにしてもジロウ君、可愛か~!
オジサン・オバサンを虜にするのもわかります!!
性格も きっちり“良い子”みたいだし、これからホントに楽しみですね~♪

チビズチームとのやり取りも、観察したい!
Commented by koryu_misumi at 2009-11-10 07:41 x
●ランままさん、おはようございます!
実は時々垣根の向こうでこっちをジ〜っと見ているストーカーがランままさんに似………(≧▽≦)/

ジロウ君可愛いでしょ!!
こないだは平蔵に軽く叱られてしょげてたので、「ごめんごめん」とワタクシがなだめたらギュ〜っとしがみついてきたんですよ、、ウヘへへへ。
思い出してもカワイ過ぎ。。
会うのはいつも夕方の散歩なんですが、あたりはもうすっかり暗いので良い写真が撮れるかどうか、、今後はそれが問題ですワ〜。