人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

融通の利かない犬種

b0057675_9565452.jpg
ここ数日、朝に百舌の甲高い声を聞く我が家でございます。
、、百舌が鳴いて何日後(何日だったか?)に初霜が下りるという言い伝えがありますが、、ひょっとして、もう秋!?
というか、もう夜になると鈴虫やらコオロギやら、、ウマオイやら、、、。
ハイ、もう秋ですね。

b0057675_9572868.jpgさて、ハナシは変わりますが、ちまたで話題の映画「HACHI」。
、、ママン様は濃いめのサングラス(帰りの泣き顔隠し用)を持って見に行ってましたよ。
もう、イキナリ子犬時代役の柴犬っこが画面に出てるだけで泣いたって言ってました(≧▽≦)

ワタクシ?
ワタクシは、、まあ、ワンコやニャンコが画面に出るだけで目頭熱くなってしまうタイプですからね、、ゴホゴホ。

いや〜実は、外国であの有名なハチ公のハナシを映画にするとは、、またぞろアメリカンアキタを使うんじゃなかろうな〜と勘ぐっていたんですよね。。
でも、どうやらちゃんとしたアキタイヌが登場してるようで。

アキタイヌには、マタギ犬と呼ばれた古くからの土着犬を言う事もあれば、やや昔に別犬種の血が混入され、現在我々が見慣れたいわゆる秋田犬もあります。

b0057675_9585481.jpg、、また、その秋田犬が近代アメリカに渡り、アチラでまた交雑した後固定されたアメリカンアキタ(グレートアキタとも言うそうな)という犬種も存在します。

"日本の"動物番組が「アキタイヌ」と言ってアメリカンアキタを紹介してるのを見て、なんだかガッカリした事もあるワタクシですが、、、。
ハリウッド版でも、"ハチ公"にちゃんと日本犬が使ってあるのは嬉しかったですワ。

最近は俳優のリチャ〜ド・ギぁさんがアチコチでインタビューに応えている姿を見る事ができましたね。
彼の逸話は「日本犬ならでは」だなあと思うような事ばかりでしたね〜。

彼は、トレーナーさんとのやりとり等も沢山紹介してくれていましたが、、。
「日本犬に初対面で悪いイメージを持たれてしまうと、もうオシマイだよ」とか。
「初日はとにかく犬達を見ない、犬達と目を合わせない」とか。
「日本犬は最もトレーニングが難しい犬種だ」とか。
、、そう言っておきながら、トレーナーさんはすっかり秋田犬が好きになってしまって自分ちのワンコに引き取ってしまった、、とか。

八蔵の秘話にもカブる事が沢山あって、日本犬ってやっぱり"こう"なんだなあ〜と思いましたよ。

b0057675_1022780.jpgギア氏と犬達の初対面のハナシは、、一番ニンマリしたハナシでした。
というのも、、我が家に遊びに来た方達の多くはご存知だと思うんですが、、伊佐蔵との玄関先での初対面に際してワタクシがよく言ってるセリフと一緒なんですよね。

「いっちゃんはワンワン言って来るかもしれませんけど、知らんフリしてやってくださいね」とか「まるでそこに伊佐蔵が居ないかのように振る舞ってやってくださいね」とか「目を合わせないでやってくださいね」とか、、。

ま、まあ、時々言い忘れる事があって、思いっきり警戒させてしまう事もあり、、スイマセン〜ワハハハ!!!

子犬時代はそれほど気を使わなくても良かったのですが、伊佐蔵はもうすっかりオトナワンコ。
彼の性質はほぼ出来上がっています。
複数頭の子達を、どんなに同じように子育てしても、その子が本来持っている性質は簡単に消えるものではありませんからね〜。

結局、未だに野生生物らしさ丸出しの伊佐蔵坊ちゃんなんですが、、。(←忍者ウンチ健在)
彼の警戒心の強さへの対処としては、これが最も効果的なんですワ。

というのも。
、、ワタクシは伊佐蔵の行動について考える時に、つい野生生物を引き合いに出さずには居れないんですが(≧▽≦)

b0057675_1075929.jpg野生生物が自分以外のイキモノと出会った時に、最も安心する「相手との状況」は?と考えてみると、、。
例えば、、森の中で、十数メートル先に相手の姿を見つけたとして、、草葉の向こうに、チラリと姿が見えるのを想像してみてくださいな。

それは、こっちに気付いてフレンドリーに近寄って来る事ではないでしょうね。
全く知らない相手がニヤニヤ笑いながらコッチに向かって来るのを想像したら、、ワタクシだって相手がニンゲンでも怖いよ。

また、自分をジッと凝視されても怖い。
ひょっとして、、こっちに気付いてるよな?
相手はコッチを襲うつもりなのかな、とドキドキですよね。

勿論、突然牙をむいて襲って来る事でもない。


、、自分に気付かないでいる事だと思うんですよね。


b0057675_10101231.jpg相手が自分に気付かないでいれば、こちらはそこからそっと逃げるか、反対に相手を襲うかの判断も出来ますし、余裕があれば相手の様子をじっくり観察する事だって出来るワケで、、。
何かと遭遇した時に、これが最も安心できる状況ではないかと。

てな訳で、伊佐蔵のような警戒心が強い子にしてみれば、初対面で自分に何の興味も示さない相手は非常に安心できるんですワ。

裏返せば、興味の無いフリをする事によって「ワタシにとって、アナタは空気のような存在なんですよ」と伝えるようなモノ。
つまり、敵意も好意も無い=無害であるという事です。

実際、散歩コースで遭遇する、某オバサンがいらっしゃいまして。
この方、実はチョ〜伊佐蔵ファンなんですワ、ワハハハ。
初対面の時から「いっちゃんって言うの?かわいいねえ〜!!」と思いっきりフレンドリーに接してくれようとして、、、。
結局彼が4歳になった今でも、散歩コースで会う度に伊佐蔵に警戒され続けていらっしゃいます、、(≧▽≦;;)

彼が散歩コースで安心して近寄って行く人は、、ワタクシとのオシャベリに夢中になって、チビズなんぞ見向きもしないような人なんですよね、ハハハハ。
そして、伊佐蔵が「この人は完全に大丈夫」と把握出来ると、彼の方から積極的に挨拶に行くようになるんですワ。


b0057675_1063266.jpgところでハチ公は、、帰らぬ人を待って待って、最後には死んでしまうんですが、、。
日本犬のオーナへの一途なココロを表しているようで、この逸話は多くの人を感動させてくれます。

これには、ホントは駅の周囲でもらってた食べ物目当てだったとか、夢もへったくれも無い説もアレコレありますよね(≧▽≦)
実際、お腹の中には串があったらしいですし。
でも、まあ、オーナーが亡くなって、エサを食べなくなり後を追って死んでしまった老犬のハナシは、、何度か聞いた事もアリ、、。
一つの要因としてはそうだとしでも、、それが100%ではないんじゃないかなあ、なんて思ったりして。

だいたい、オーナーが替わって何年も心を許さなかったハナシは、、日本犬(or日本犬系)の子では、それこそ山のように聞きますワ。
前のオーナーを忘れないんですよね、、。
レスキューされた子達の中でも、引取先がなかなか見つからない犬種でもあります。

先日もヤクルトお姉さんから、同様のハナシを聞かされましたよ。
元のオーナーが亡くなって、新しい家に引き取られた日本犬がいたそうで。
何年も懐かなかった子が、やっと懐いてくれるようになったと思ったら、その頃にはもうすっかり老犬になってて、亡くなるまで幾年も無かった、、とか。

ホントに日本犬って、、頑固で、融通が利かなくて、一途で、、、でもそれが切なくて、愛しくなってしまいますワ。

b0057675_10173061.jpg


※ただいま珊瑚の誕生日イベント実施中〜。
珊瑚自身の抽選により、選ばれた方3名様に珊瑚ストラップをプレゼントです(≧▽≦)/
抽選会に参加希望の方は、8/18日の記事のコメント欄に参加申込コメントを入力してくださいませ!
本日の夜中の12時まで受付ですよ〜。



写真1/素っ裸だけど笑顔の伊佐蔵
写真2~4/ママン様にカイカイしてもらう珊瑚
写真5/平蔵のサークルを乗っ取る珊瑚
写真6/お昼寝平蔵のぶら下がり鼻水
写真7/オトコ組で並んでクンクン
写真8/ママン様にカイカイしてもらう平蔵
by koryu_misumi | 2009-08-25 10:08 | Comments(16)
Commented by ななこ at 2009-08-25 12:11 x
いっちゃんの笑顔、萌え~~~~!!
そうですよね、初対面なのに、慣れなれしく、いっちゃ~んなんて言ってしまって、ウォウウォウ警戒されましたっけ(汗)香龍さんに、何で初対面なのに、ボクの名前知ってんの?!と翻訳してもらいましたよね~まさにそうですね。あーあ、生笑顔見たいなぁ~
Commented by あずき at 2009-08-25 13:23 x
あぁ、そうなんですね~
あずきが来訪者にワンワン吠える理由がわかった気がします
これからはあずきがいないかのようにふるまってもらいます
ありがとうございました!
Commented by むっちゃんママ at 2009-08-25 14:00 x
なるほどって思います
あの 社会性がバッチリっていろんな方から言われる陸奥が
いつも行く病院の先生から この子は神経質な所がある って言われました 陸奥が日本犬っていうことなんですね

映画「HACHI」 の事ですが1週間に1度行く散歩コースでは柴犬オーナーさん達がHACHIの子供時代の事をいろいろと議論していました
やっぱり同じ犬種だと気になる様です。



日本犬
Commented by ハチ母 at 2009-08-25 17:02 x
リチャードギアがインタビューで「日本犬は孤高の犬だ」というような話をされていました。
ハチを見てると、まさにそういう感じです。一人を好むというか、「僕の事は放っておいて!」と言っているような事が度々あります。
でも甘えたい時もあるようですがね(^^)

「HACHI」…ハチの飼い主としても、観に行きたいけど大泣きしそうなので、DVDが出てから家でゆっくり観ようかなとも思ってます。

いっちゃんの初対面の人との接し方、これは参考にしなくては!
役に立つ話ありがとうございます!
Commented by はぴママ at 2009-08-26 00:29 x
いっちゃん、とびきりの笑顔がステキ♪
どれだけ裸ん坊なのか、ちょっと上半身だけでは・・・
(どこまで気になってるんだか!)
いっちゃんの話、すごく勉強になりますね~
自分が野生で暮らしている動物だったら?なんて
想像したことありませんでした!

HACHIについてのリチャート・ギアのインタビューを見て
何だか好感度アップ!
アメリカン・ジゴロだった彼があんなふうになっていたとは♪
本屋さんで映画の写真付きの簡単な物語を立ち読みして
顔があげられない状態になりました
でも下を向いてるから鼻水が・・・
Commented by koryu_misumi at 2009-08-26 10:30
●ななこさん、こんちは!
いっちゃんの笑顔って、ホントに「ニカ〜!」って感じなんですよね〜〜。
もうこれ見せられると必ず「ブッ」って吹き出してしまいます(≧▽≦)
ななこさんが伊佐蔵に会ってもらった時はまたお子様でしたよね、、でも思いっきり警戒してましたっけね、ハハハハ!!
「お客さん」がなんとなく判って来たみたいですよ。
今度会った時は是非タマタマプレイをしてくださいね〜!
Commented by koryu_misumi at 2009-08-26 10:30
●あずきさん、こんちは!
もちろん、ワンコなので自分の敷地内に入って来たヨソモノに対して「番犬魂」も発揮されると思いますよ〜。伊佐蔵はそうですワ。
その間はあずきちゃんもワンワン言っちゃうと思います(≧▽≦)
警戒心が強い子と仲良くなろうと思ったら、最初は無視するのが一番って事ですかね〜〜、ニンゲンとはちょっと違いますよね、ワハハハ!!
Commented by koryu_misumi at 2009-08-26 10:30
●むっちゃんママさん、こんちは!
むっちゃんもバッチリ日本犬の資質を持ってると思いますよ〜。
ニンゲンが相手の時は、ワンコ同士とは違う感覚で対応していると思いますし。
甲斐犬は日本犬の中でも、とても敏感な子が多いですよね。
ヤマドリ猟なんかに活躍する犬種はやっぱり感覚が鋭敏じゃないといけないのかもしれませんワ。
ワタクシもHACHI見てみたい気がします、、。
でも多分大泣きしそうだから、、後でゆっくり〜〜ウヘへヘ。
Commented by koryu_misumi at 2009-08-26 10:30
●ハチ母さん、こんちは!
ホントに日本犬って、そういう子が多いですよね!
欧米犬種に比べて、距離感があるというか、、ベタベタしない子が多いと思いますワ。平蔵はまさにそれですね〜(≧▽≦)
伊佐蔵も時々甘えて来ますけど、、普段は同じエリアにワタクシが居るってだけでホントに満足そうなんですよね。
くっつくわけじゃなくて、その気配を感じられる距離感…が一番心地良いみたいです。
わ、ハチ母さんもワタクシと一緒ですよ、、ハハハ。
とても映画館に見に行く勇気がありません。滝涙になりそうで!!!
Commented by koryu_misumi at 2009-08-26 10:31
●はぴママさん、こんちは!
いっちゃんはブチャイクですが、はち切れそうな笑顔だけは一級品だと思いますワ〜。
オトコマエじゃなくても、この笑顔を見るだけで充分(≧▽≦)
日本犬の場合は、野生生物的な想定をすると、結構納得の行く事が多いんですよ。
欧米犬種と違って「どうしてこうなの?」って思う事が「あ〜そうなのか」って、感じる事が多々あるんですワ。
リチャード・ギア氏は、ああ見えて仏教徒らしいですね。
映画の中の姿ばかり見てるんで、ホントの彼は全然知りませんが、、ワンコ好きってのは確かだと思いました(≧▽≦)
本屋さんで、、、ワハハハ。それ判ります。
ワタクシも立ち読みして思わずジワっとなる事が〜〜。
Commented by SSSGC at 2009-08-26 23:15 x
こちらでは、AKITA INUって、ロットワイラーやアメリカンピットブルテリアと同じように、危険犬種に入ってるんですよ。地域によっては、飼育を禁止されていたり、制限があったりします。
日本犬の特性が、「他人に懐かない、フレンドリーじゃない、凶暴である。」と。

リチャード・ギアのインタビューや、HACHIの映画の中での姿を見てAKITA INUが変な風に流行になって、秋田犬の特性を良く理解せずに飼いはじめ、洋犬用のトレーニングなんぞしてしまったりして、手に負えなくなったり、人や他犬にに危害を加えたとか、捨てられたとか、問題が起きないといいなぁと思っています。

柴犬でさえ、買ってみたものの、なんだか懐かないし、我が強くて手に負えないからと、個人売買のサイトなどで売りに出されてますから、身体が大きい秋田たとなると柴以上にそういう問題が大きくなるでしょうからねぇ・・・。
Commented by ころわん at 2009-08-27 01:58 x
香龍さん、こんばんはぁ~!
「ハチ」・・・私も見ると間違いなく「泣き死に」するタイプです(^^;
秋田犬の特性は以前うちで飼っていたんで良~くわかります。
警戒心は強いですが家族にはとても忠実でおりこうさんでした(^^)
日本犬特有の性質をしっかり持っています。<そこがまた良い!
だからいっちゃんの警戒心の強さは
彼のチャームポイントの1つだと思うんですよ~。
それにいっちゃんってな~んか可愛いんですよね~!
いっちゃんワールド最高!!(^▽^)
いっちゃんと会う時はいっちゃんが納得するまで
思う存分確認していただきますぞぉ~!(≧▽≦)
いっちゃんだけでなく平蔵君と珊瑚ちゃんの可愛さも
た、た、たまりましぇん!!(≧▽≦)

間もなく帰京しま~す。
今年の夏はとても楽しいイベントがあり最高の夏でしたぁ♪
帰京したらまた遊びに来ま~す(^^)
Commented by koryu_misumi at 2009-08-27 09:51
●SSSGCさん、こんちは!
そうなんですよね〜。よその州から知らずに引っ越して来たら、犬を手放せと言われて困った人のハナシを聞いた事あります、、家族なのに、法律でダメなんて。
犬種ならではの性質をそう単純に分類されてもね、、根本的解決法でないのは重々承知なんでしょうけどね、、。
そちらでは、ブリーダーの犬以外は全て去勢&避妊しなければならない法律の所もあるそうですね、ビックリ。

秋田犬は、ウン十年前にアメリカに入ってしばらくして流行した事があったそうですが、その際にもやはり、手に負えなくなって郊外に山のように捨てられた、歴史があったようですね。
大型犬種で、しかも野良で生き抜く力を持っていたため、群れをなし危険扱いされ随分「駆除」されたそうです。
一度そういう歴史があるんですし、同じ轍は踏まないで欲しいですワ。

こういう傾向は世界共通みたいですね。オーストリアでもシェパードが人気の刑事ドラマがあって、制作者側が「ドラマの人気が出るのは嬉しいけど、そのせいで安易に犬を飼う人が増えるのはイヤだ」と言っておりました。
やっぱり、、意識を浸透させる事が大事かなあと思います。
Commented by koryu_misumi at 2009-08-27 09:51
●ころわんさん、こんちは!
ころわんさんは、昔秋田犬と暮らしてらしたから、余計ココロに染みるものってありそうですよね〜。
今の日本人は、日本犬との暮らし方を忘れている部分が多いですが、、そうやって一度でも経験出来たら、その良さに改めてホレボレしちゃいますよね(^^)
ワタクシも伊佐蔵のいかにも日本犬らしい部分が大好きですよ。
人に懐きにくかったり、何でも警戒したり、、全然フレンドリーじゃなかったり、、ハハハハ(≧▽≦)もうサイコーです。
そう言う部分をマイナスとして見る人が多いのがちょっと残念ですワ。
裏返せばそれだけ家族を愛する犬種なんだって事なんですもんね。
それぞれの犬種には、それぞれの長所短所があるって事を、素直にそのまま受け止められるような世界になって欲しいですワ、、。

また伊佐蔵と触れ合って下さいませ。
その時には是非、、今回躊躇した(!?)タマタマいじりも〜レッツチャレンジ!!
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2009-08-28 00:32 x
約束の犬「HACHI」 ワタシも観ました
幼犬時代の柴犬は可愛かったデス~( ◎≧艸≦)
本当に秋田犬らしい感じが高感度∞でした。

ワタシ、秋田犬にはJKCの展覧会とご近所、お散歩の時
合わせて5回くらいしか触らせてもらった事が有りますが
身震いするほどカッコよかったです。

昨年末の全国展で総理大臣賞になった四国犬を見た時と同じ感激でした。

いっちゃんの笑顔が大好きですw
タマタマ・・・デカイ!!!
珊瑚姫・・・最初 ハチジョーくんかと思ってしまいましたよ♪
平蔵殿の鼻水・・・光牙も良くこんな感じで寝ていますw


我が家の4(5)柴はワタシにベッタリ懐いてしまって
皆様のカッチョいい柴犬とはチョットベツモノでしょうかね
特に銀牙は・・・( ◎≧艸≦)
まあぁそれでもイイから健康で居て欲しいです。

Commented by koryu_misumi at 2009-08-28 23:59
●珊瑚&銀牙パパさん、こんばんわ!
やっぱり幼少時代の柴犬っこは可愛いんですね〜。
あ〜見てみたいですワ。
でもやっぱりレンタルになっちゃいそうです、、。
映画を見る余裕が欲しいです〜〜。

秋田犬って、ホントステキですよね!
日本犬唯一の大型犬だし、、昔のように見かけなくなったので、直に眼に出来るとドキドキしますワ。
秋田犬の団体はなんだかアレコレ問題も起きている所もありましたっけね、、。
ワンコにとって、良い道が伸びていればと思います。。

伊佐蔵の笑顔って、ホント癒されますよね(≧▽≦)
彼のこのニカっとした顔を見せてもらうだけで、我が家に居てくれてありがとう〜!って気持になってしまいますわ。

パパさんちの柴軍団はアマエンボウなんですね〜。
我が家はそれぞれ甘え方が違うんですが、、甘えて来るときがハッキリしてるんですよ。
普段は皆それぞれの時間を大切にしているようですワ。
我が家のチビズなりの適度な距離感があるようです。
アマエンボウってだけで、日本犬らしくないって訳じゃないですよ!!
銀牙君には、他にも沢山日本犬らしい所があるじゃないですか〜〜。
ワタクシはパパさんちの柴軍団、大好きですよ(≧▽≦)/