人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

大ちゃん

b0057675_1684133.jpg
昔はチョコチョコ登場してもらっていた、平蔵のライバル「大(だい)ちゃん」が逝ってしまいました。


b0057675_16111868.jpg平蔵が散歩デビューをした頃からのお付き合いだから、なんともう8年以上の関係だったんですね。

アチラは某有名犬舍の出身で、チョ〜男前なオトコノコ。
その当時、平蔵は皮膚が弱くてぼさぼさで、みっともないライバルだったな〜ハハハ。
ちょうど月齢もほぼ同じで、平蔵にとってはまさに同級生という間柄でした。

それでも、お互い会うと「ウガ!」と言っては力比べをしようとして、、。
決して憎み合ってるという間柄ではなく、ホントにいい感じのライバルだったんですよね。
遠くで見つけると、駆け寄っては嬉しそうに笑い合って。
「お〜元気かー」「やるか」「おお、いいぜ!」という風情でしたよ。

とは言っても、オーナーさん達とオシャベリしている間は、ふたりともおとなしく待っててくれましたし。
珊瑚が新しく散歩仲間になった時も、ちゃんと優しく挨拶してくれましたよ。
い、いっちゃんはヤキモチ焼いて〜ハハハ、、。

b0057675_16153240.jpgただ、大ちゃんと接する度に「ちょっとデリケートな子だなあ」という感じを受けてたんですよね。
、、それが、、後々ホントに当たってしまうとは、思いもしていませんでしたが、、。


実は、2年前に、大ちゃんちはリフォームをする事になったのです。
その3〜4ヵ月の間、ちょっとだけ別の家に住む事になった大ちゃん一家。

その初日に、、大ちゃんのその後に影響を及ぼす出来事が、、。
なんと、その初日の夜に、オーナーさんご夫婦に、どうしてもその家に居られない予定が入ってしまったのです。
突然の事で、大ちゃんの預かり先を探す間もなく。
、、今まで来た事も無い知らない家に、大ちゃんだけが留守番をする事に。

それだけなら良かったかもしれませんが、、何と言う事。
よりによって、その日の夜に、とんでもない暴風雨が福岡を襲いました。
バケツをひっくり返したような雨、爆音のように響き渡るカミナリ。

、、、翌朝、オーナーさんご夫婦が駆けつけた時、、大ちゃんは半死状態でひっくり返っていたそうです。

b0057675_16373987.jpgふたりが世話をしても、立っていられない程フラフラで、、何日も食事も水も喉を通らず。
彼にはどんなにかショックな出来事だったんでしょうね。
病院にかかっても、、具体的な病気がある訳ではないので、とにかく元気を取り戻させる事に必死になられてましたよ。

なんとか食事をしても、身体が受け付けないのです。
何を食べてもゲリピーばかり、、みるみる痩せ細って行きました。
このまま逝ってしまってもおかしくないという程に、、。

大ちゃんを元気づける為に、わざわざいつもの散歩コースに連れて来られてましたよ。
すると平蔵がいつものように「ウガ」と行かずに、、「どうしたんだ?」と少し心配そうにしてましたっけ、、。

涼しくなって来ると、少しずつ大ちゃんは復帰しました。
当初のような、うつろなマナザシは消えて、段々元気そうに。
いつも会う度に「体重が何キロに増えたの」と嬉しそうに言われるのを聞いて、「良かったね、大ちゃん。もっと太って平蔵とガウがウっこしよう!」と言ってたのですワ。


b0057675_16423810.jpgしかし、、。
また、この季節がめぐってくると、、。

多分、当時の事を思い出すんでしょうか。
何故かまた、同じように体調を崩してしまっていたのです。
ホントウのトラウマの恐ろしさというヤツでしょうか、、精神が身体を蝕んで行くんですよね、、。

勿論、食べ物や、薬、病院も、ありとあらゆる事を試されていましたが、、。
なにしろ、もう胃腸がキチンと働いてないんだそうです。
この時期になると、彼を生き延びさせる為に点滴を打たなければならない程だったのですよ。


そんな風にして、なんとか2度の夏を乗り切った大ちゃんだったんですが、、。

とうとう、今月、、。


会う度に「具合はどうですか?」と尋ねていたんですが。
先日、オーナーさんご夫婦だけで歩かれている所に遭遇して、ハッとしましたよ。
そうしたら、数日前に逝ったハナシを聞かされました。

大ちゃんはもう居ないけど、、、散歩でもしてないと、家に居てもする事が無いんだそうです。
だから歩いてるんだって言われてましたよ。

ツライ気持を聞かせてもらいました。
その場でチビズを沢山触ってもらって、少しだけ気分が持ち直したようです。
やっぱり、特に平蔵をいっぱい触ってくれてましたワ。



b0057675_16535057.jpg大ちゃんは、平蔵と一緒、、まだ9歳でした。
オーナーさんご夫婦は、多分、あの日留守番させなければならなかった事を後悔されているかもしれませんが、、。

ワタクシは、大ちゃんのデリケートさにも要因があったんだろうなあ、と思います。

我が家のチビズは、こういったデリケートさは持ち合わせていませんが、、。
それでも、嵐の夜に他所の家にひとりで留守番させる事になったとしても、そんな心配はしなくて済みます。
ひょっとしたら、、珊瑚は声枯れくらいしてるかもしれませんが、、。


デリケートな子と暮らしている家は、、もしもの時に安心して預かってもらえる所を、一つくらいは見つけておいた方がいいと思います。


大ちゃんには、、平蔵がいつかそちらに行くまで、ノンビリ待ってて欲しいですワ。
そしたら、今度こそ思いっきり力比べしてくださいまし。


写真2/2年くらい前に撮った、元気な頃の大ちゃんです。
by koryu_misumi | 2009-07-25 16:31 | Comments(16)
Commented by りくママ at 2009-07-25 23:28 x
大ちゃんのご冥福をお祈りします。辛かったね頑張ったね…
天国で元気にお友達と遊ぶんだよ♪
雨・雷の日は本当に怖いですよね…怖がって脱走した子聞いたことありますしね(>_<)
りくはお外飼いだけど…雨・雷の日はいつも心配です…しょっちゅう見に行っています。脱走とか怖いですからね↓↓
Commented by めりはり at 2009-07-25 23:59 x
大ちゃんのご冥福を心からお祈りします。
そして、オーナーさんご夫妻がどれほどお辛いか・・・。
後悔と喪失感でいっぱいの心の揺れ、どうしたら止めることができるのでしょうね。心平静に暮らせる日が少しでも早く訪れますように・・・。
Commented by RUPIKA at 2009-07-26 00:20 x
デリケートが命にかかわるなんて。。
我が家も過去、旅行に行く為に祖父母の家にらっきーを預けた時、
物凄い雷雨で、近くで死者が出た位、酷い事があったんです。
それまで雷平気だったのに、以来、遠くで聞こえても
ガタガタ震えるようになりました;
うちのももしかしたら、大ちゃんと同じようになってたかも・・と思うと
人事じゃありません;;
年齢も1歳違いですし…。ご冥福をお祈りします;x;
Commented by みみこ at 2009-07-26 00:29 x
せつないですね。

まだ9歳。
オーナーさんの心痛いかばかりかと思いますし、香龍さんも。
リアルに知り合いで、同じくらいの平蔵さんがいますし。

数日前、丑の日、東京では完璧な大きな虹が見えました。
翌日の新聞に載るくらいの、それは見事な二重の虹でした。
土用でさばかれたウナギ達が渡ったか、と思ってましたが。
数日前には日食もありましたね。
何か、あっちに魅かれていっちゃったかなぁ・・・。

明日から、うち、旅行で動物病院に黒柴(♀)を預けていくのですが、次回からは一緒にいけるようにしたいなぁと思いました。

大ちゃんに、心からの祈りを捧げます。
Commented by さち at 2009-07-26 14:38 x
会った事のない大ちゃんだけど読んでて涙が出てきました。
我が家のむーくもデリケートなとこがあり人事ではありません。
なのでこんな時とが大家族でよかったと思います。
大ちゃん9歳なんてまだ若いのに辛いことですね。
大ちゃんの飼い主さんもどれほど辛いおもいをしたかと思うと・・・・・
大ちゃんのご冥福をお祈りします。
Commented by うさこ at 2009-07-26 16:47 x
大ちゃん・・・。会った事はないけど、涙がとまりません。
辛かったでしょうね・・・。飼い主さんも・・・。
大ちゃんに何があったのか・・・。
我が家も、お外ワンコです。人ごととは思えません・・・。
少しでも、物怖じせん子に育ってくれるように(良い意味でです!!)
心がけとるつもりですが・・・。
はたして、コレでいいんか?上手くいっとるんか?
悩む事ばかりです・・・。
本人(犬)の産まれ持った性格もあるやろうし・・・。
自分の接し方も大切やろうし・・・。

大ちゃんのご冥福をお祈りします。
Commented by sweety-peach at 2009-07-26 17:30
まだ若かったのにね・・・どんなにか怖い思いをしたんでしょうね・・・
かわいそうに・・・
飼い主さんもどんなにかご自分を責めてらっしゃるでしょうね・・・
どんなに大往生させても結局自分を責めてしまいますから。

今頃は大ちゃんは虹の橋でもう怖くない
もう元気に皆と遊びまわっていますね。

うちの子二匹は両方捨てられた子達。
怖い思いもたくさんしたことでしょう・・・
だからある意味強いかもしれません。

大ちゃんのご冥福をお祈りさせてください。
Commented by なりごま at 2009-07-27 09:44 x
決して、他犬事ではない気がしました。
福岡にごまを連れてきたとき、飛行機に乗せるしかなく、おまけにそのままドッグホテルに預けるしかなかったためか、ら半年くらいは「洗濯機」を動かす度におびえ、離れる事にとても抵抗してましたので。。。
東京に戻る時は、これに懲りて車でのんびり戻りました。
今でも、モーター音は苦手の部類に入るようで、ちょっとしたタイミングで震えだしたりします。
大ちゃんには想像もつかない恐怖だったんでしょう。。。
ご冥福をお祈りするします。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:51
●りくママさん、こんちは!
大ちゃん、よく頑張ったと思いますワ。
ちょっぴり繊細過ぎたんでしょうね〜、、ホントに優しい子でしたよ。
カミナリでパニクって脱走する子は良く居ますが、、あれはやっぱり怖いですワ!
我が家のチビズは全然平気なんですが、近所のチビ&ハナちゃんはとても怖がりなので、いつも心配してしまいます〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:51
●めりはりさん、こんちは!
オーナーさんは当分辛い気持でいらっしゃると思いますワ。
「もうちょっと図太い子になるように育ててたら」とか「あの日連れて行けば良かった」とか、、。
もうこればっかりは時間と、自分自身を許す事かなあ、と。
大ちゃんは絶対責めたりしてないと思いますね〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:51
●RUPIKAさん、こんちは!
こういう繊細な子は、ホントに気を使うと思います。
だいたい、オトコノコの方がこういうタイプの子を見る事が多いです、ワタクシは。
図太くなるように育てるのにも、ある程度限界があったりするんですよね〜。
けっこう遺伝的なものもあるので、ブリーディングにも一因はあると思います。
うわ〜、、らっきーちゃんはそんな経験を、、。
そりゃあ怖かったでしょう。
すこしずつまたカミナリが平気に戻ってくれると良いですね、、。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:51
●みみこさん、こんちは!
そうなんですよね、、ハナシを聞いてて、ふたりとも涙ぐんでる姿を見ると、、。
ワタクシも長い付き合いだし、全然人ごとじゃなかったです。
平蔵も今年は結石だの何だのと、改めて健康について考えざるを得なかったですしね、、。

そうなんですか〜綺麗な虹、最近ワタクシは見る機会がありませんよ〜。
二重の虹なんていいですね。
ワタクシ虹ってなかなか撮影も上手くいかない事が多いんですワ。

おっ、旅行ですか、いいですね〜〜!!
でも、ワンコを預けられる所があるなら、そこに慣れておいてもらうのも良い事だと思いますよ〜。
勿論、ワンコと一緒の旅行も楽しいですけど(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:51
●さちさん、こんちは!
むーくちゃんもデリケートな子なんですね〜。
何かあったときの事を考えたら、やっぱり心配になりますよね。
大ちゃんには、最近の福岡の天気は最悪だったと思いますワ。
気温が35度かと思ったら21度になったり、、おまけにとんでもない暴風雨と雷ですもんね。。
大ちゃんのオーナーさんとは、散歩中に時々会うのでチビズを撫でまくってもらってますよ。
我が家の元気を沢山持って勝って欲しいですワ〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:51
●うさこさん、こんちは!
大ちゃんは食も細めで、なかなか太りきれないデリケートなワンコでした。
以前から、何かストレスを感じると、それがお腹に来るようなタイプの子だったんですよ。
それがあの雷の日に、強く設定されてしまったんだろうなあと思いますワ。
そうですね、ワンコにはどっちかというと無神経な程に図太くなってくれたらいいですね。
そういう意味で心配せずに済みます(^^)
うさこさんちの兄弟、こないだの嵐の日だってフツウだったみたいですね、ハハハ!!
心配する事無いと思いますよ〜。
うさこさんの方が心配性だったりして(≧▽≦)!!
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:52
●sweety-peachさん、こんちは!
大ちゃんには、「あの日の夜」はトンでもない経験だったんだと思いますワ。
そんな天気になったのはオーナーさんの責任でもないのにね、、きっと悔やんでらっしゃるでしょう。
突き詰めたらどんな事だって全く責任が無い事はありえないワケで、、。
それでもこういう事って、最後には自分でどれだけ納得出来るか、、って事なんだと思います。
そうやって自分を責める事を、逝ったワンコは絶対望んでないって事を。

プライムちゃん達は、ある意味強くなれていると思います。
最悪の所から復活してきたんですもんね!
きっと自分の幸せを絶対掴んで放さないと思いますワ(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2009-07-27 11:52
●なりさん、ごまちゃん、こんちは!
ごまちゃんもそんな経験をしてたんですね〜。
洗濯機、、確かに似たような振動と音、、やっぱりトラウマなんですね、、。
実は平蔵も飛行機で福岡に来たんですが、、子犬の頃は散歩の度に飛行機が上を飛ぶと、じ〜っと緊張した顔で見つめてたんですよね。
普段図太くて無神経なヤツだったので「飛行機の経験が怖かったんだなあ」と家族で話してました。
我が家も、平蔵のこの様子に気づいて以来、飛行機を使うのだけは出来ませんよ〜。