人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

八蔵子育てゥヒ話 6

b0057675_1673768.jpg
そろそろ秘話も締めくくりにしましょうかね〜。
、、というか、考えだすとキリが無く延々と続きそうでコワい。ワハハハ!
強制打ち止めです(≧▽≦)

八蔵が生まれて育って行く様子は、日記でご覧頂いていたと思います。
何度も書いて来た通り、彼は肝が据わっていて気が強い(≧▽≦)
自己が強く頑固でヤンチャでしつけには手を焼きそうな、、しかし素直な面も持つ元気な柴犬の王道を行くタイプ。

ニンゲンを信頼し好きになってもらう事については既に書きましたが、、その他の事で、気をつけたのは「嫌な事、苦手な事を作らせない事」なおかつ「自主性を尊重する事」です。
、、、八蔵を育てる手伝いをしている最中に、何度か書いたセリフと思いますが、、。


b0057675_16124787.jpgこれまた個人的な見解で申し訳無いんですが、、日本犬は、嫌な事に対して敏感である、とワタクシは思います。
一度、本犬がイヤだと思い込んでしまったものを克服させるには、根気や時間が必要であり、無理に慣れさせようとすると余計にヒドくなる場合も多いようですね。
欧米犬種性質ベースのしつけ教室に行って、時々こじれてしまう日本犬が居ますが、、多分そういうパターンに陥ってしまったものと思います。

従順な性質の子が多い欧米犬種の場合、「ほんのちょっとイヤだな」と思った事でも、毎日毎日同じ事をやらされていると、その内慣れてしまう、、という場合が多いようなんですよね。
結果的に、イヤでも何でも無くなってしまう。まあ、これが最終目的な訳でしょうが。

しかし、日本犬の場合、この「ほんのちょっとイヤだな」が逆にどんどん蓄積して行くタイプが居るようで。
おまけに我慢強い子が多い犬種だし、、子犬のうちはそれがなかなか表に出て来ない。
ある程度の月齢になり、しつけ教室が終了しても、同じ事を家族は続け、更に蓄積していって、、、。
「イヤだな、イヤだな、イヤだなイヤだな……」
そして、とうとう反抗期を迎えた頃に、ドカンと突然爆発する事もあるんですワ。

家族にしてみれば、サッパリ原因が判らないワケですよ。
せっかく躾教室にまで行ったのに?我が家で何か間違った事をしてしまったんだろうか?しかし、言われた通りにやっているはずなのに。。。
、、そこに原因があったとは、、気づきもしない事だってあるんですよね。


b0057675_16154781.jpg
日本犬は、嫌な事に対して非常に敏感である、、。
ワタクシは、これはおそらく日本犬の野生が強い事が原因のひとつではないかと思います。

というのも、野生生物の場合は、ほんのちょっとの油断が生死を左右する。
過去に一度でも危険な眼に遭う等、イヤな経験をしてしまうと、以降は二度と同じ道を通らなかったり、触れようとしないようですね。
つまり、彼らにとってイヤな経験を忘れてしまうようでは、それこそ死活問題な訳です。
そのイヤな記憶は、その後を生き抜く為の大切な情報なんですから、、反対に「慣れる」なんて「もってのほか」。

野生生物と全く一緒、というワケではありませんが、、様々な犬種の中でも日本犬はこういう傾向がかなり強い犬種であるのでは、、と思います。
当然個体差はあると思いますけどね。


この事を読んで、ワタクシの言う「嫌な事を作らせない事」を「嫌な事を経験させないでおく事」と思わないで下さいね〜。
「嫌な事を、嫌な事と感じさせない経験をさせてしまう(出来るだけ(≧▽≦;))」というのがワタクシの理想です。

しかし、仮に、何かに慣れさせようと無理強いをすると、、その「無理強い」そのものを「嫌な事」として嫌い、逆効果になりかねません。
「無理強い」もまた、自己の強い日本犬が最も嫌がる事だと思います。
それは子犬にしてみると、そのままニンゲンへの信頼度にも関わってくると思いますし。

勿論、ワンコが成長し、オトナになって行く間に、家族との信頼関係は強固になると思いますから、、。
その信頼の上での少々の無理強いは、ある程度許容されるようになるはずですよね。
やむを得ない事情で、彼らが嫌がる事をさせなければならない状況は、現実に沢山あります。

どちらにしろ、毎日を暮らし、その日数が増えれば増える程経験する事柄も増えて行くはずですから、どうしてもイヤな事も経験せざるを得ない。
ならば、出来るだけ色んな経験でイヤと思わずに済むワンコに育てていく方向で行きたいものです。


b0057675_16204386.jpg我が家のチビズは「どうして何をされても怒らないんですか」と聞かれる事があるんですが、、(≧▽≦;;)
それは子犬のうちに楽しい遊びの中に取り入れて「嫌な事」として感じさせないように心がけているからかな〜と思います。

口の中をいじる事や、シッポをつかまれる事、、もうありとあらゆる事を遊びの中に取り入れてます。
遊びながら子犬の表情を見つつ「あ、嫌がりそう」という一歩手前で止めて、別の遊びに切り替えたり、、子犬がまだ楽しい気分の内に「あ〜楽しかったねえ〜」と楽しく締めくくる。

「ウー」と言わせずに済むように心がけてます。
子犬が「ウー」と言った時点で、もうそれは「イヤ」の合図ですから、言わせてしまったワタクシの器量不足なんだと思ってますワ。
その手前を見極められるように、自分が努力するようにしてます。
(引っ張りっこ等で夢中になって言う"ウー"とは違いますよ)

「ウーと言わなくなるまで、慣らして下さいね」と教えるトレーナーさんやしつけ教室もあるようですが、、全くその逆ですよね、ハハハ。


これを繰り返すうちに子犬の「嫌がる」制限枠がどんどん広がって行くんですワ。
同時に「このヒトは(ニンゲンは)、ボクがホントに嫌がる事をしないんだ」とも覚えてもらえます。
それどころか、ニクジュウされる事が楽しくて期待一杯で待つようになったり。

、、すると、たいていの事をやっても、なんとも思わない伊佐蔵みたいな子が出来上がりました。という寸法(≧▽≦;)

これは獣医さんのお世話になる時にもけっこう役立つんですよね。
他人なので何とも思わないって事はありませんが、、それでも優良患畜と言ってもらえます、ハハハ。


b0057675_1623592.jpg無理強いをしない、というのは、その子の自己や自主性を尊重する、という事でもあると思います。

、、仮に嫌がる事をさせなければならないとしても、それらを尊重した上で行うだけで随分違うと思いますよ。
八蔵のようなタイプは、ヘタをすれば頑固に逆らうようになってしまうかもしれませんし、、珊瑚のようなタイプはヘタをすれば信頼を損なう事になってしまうかもしれません。

自己や自主性がハッキリしているという事は、、これまた野生が強い事が関わって来ると思います。

野生生物はニンゲンに頼って生きているワケではありませんから、それだけ脳みそをフルに活用し、自力で考え行動しているはず。
ヒトと暮らす「犬」ともなれば、ヒトに依存する事によって脳の容量を減らして来た歴史はありますが、、、野生が強い犬種という事は、それだけ自分で考え判断しようとする傾向も強い、、とも言えると思うんですよね。
そこが、ニンゲンの思惑通りにいかない部分でもあるのでは。


例えば、首輪を付けるのを嫌がる子が居たとします。
毎回散歩の準備の度に追いかけっこ、、とうとう最後には叱られてしまったり、捕まって強制的に首輪を付けられたり。
それだけで時間をタップリ取られてしまう事も。
毎日の事なんだから、いい加減に慣れてしまえば良いのに。

、、、これになかなか慣れてしまわないのが日本犬なんですよね〜。
まあ「こういうやり取りを楽しんでいるからいいんです」なんて家庭なら、それはそれでいいでしょうが(≧▽≦)

b0057675_16284059.jpg見る角度を変えて「この子には、この子なりの”首輪を付けたくない理由"があるのかも」と、その子を肯定して考えてみると、、。

「無理強い」は当然イヤでしょう。
しかし、何故、無理強いをしなくてはならなくなったか、、根本的原因をクリアしない事にはホントウの問題解決にはなりませんよね。

首輪の装着感がイヤ?
しかし、一旦装着してしまえば、首輪なんぞ関係無しにご機嫌で散歩する子は多いですよね。
とすると「首輪を付ける時」に何かイヤな事が?
確かに、首の後ろなど、自分の眼の届かない無防備な所で何かされるという事は、なんともイヤなものでしょうね。
その他には、野生が嫌がるものと言えば、、金属の音、、?

、、実は珊瑚が首輪をはめるのを嫌がった時期があったのですよ。
ソレ以前に首ヒモだけで散歩をしていた時には問題も無かったのですが、、ある程度大きくなって首輪を付けるようになりました。
その時になんとなくイヤだったのを気づいてやれなかったんですね〜。
反抗期になって「嫌です」という気持を正直に表すようになったようで、、家中を逃げ回っておりました(≧▽≦;)
しかもなかなか装着させない事にオヤジ様がキレて叱ってしまい、余計にヒドくなった事もあったのですワ。
勿論、以後はオヤジ様には装着させませんでしたけどね、、。

観察していくウチに、どうやらあのカチャカチャ言う音が、見えない場所で聞こえるのがどうもイヤらしい、、と気づきまして。

b0057675_16311488.jpgまず無理強いをやめ、珊瑚の自主性を尊重する事にしましたよ。
コチラは追いかけず、我慢強く「オイデ。首輪付けたらご褒美あげるから」と自主的に近寄るのを待ちましたよ〜。
そりゃあ最初は時間がかかりましたけどね。
とりあえず、あまり逃げ場が無いような場所で始めましたワ(≧▽≦)
一歩近づけたら褒めて、また一歩近づけたら褒めて、褒めちぎりながら首輪を付けて。
今ではオヤツが無くても、、それでも我慢しながらちゃんと寄って来ますが、、、そのイジらしさが可愛くてたまりません。

それから首輪を装着するときは、背中側ではなく、出来るだけ珊瑚にも分りやすいように首の前で首輪を留める事に。
以前は首の後ろでカチャカチャ音がする事に緊張して耳が突っ立ってたんですが、、。
嫌ながらも、自分の目の前ではめられているのを確認できるので、少しは安心感があるようです。

今では、珊瑚なりに頑張って装着できています。
すると、毎日毎日、そんな珊瑚が愛しくなって首輪を付ける度に褒めてしまう。
ワンコの自主性を尊重する、、というと、甘やかすイメージや順位に悪影響という声を聞く事がありますが、、。
ワタクシ思うに、その自主性を受け止めてやれるだけでも、充分に上位の存在として認識してもらえるのではないでしょうか、、。

珊瑚自身も、自分の意志を尊重されている事が理解出来ているので、、あの小さな頭の中、自分自身のジレンマと戦っているのでは。
こういう間柄だからこそ、彼女はワタクシの事を心底信頼してくれるんじゃないかなあと思います。

単純に、無理強いせずとも自主的に行動してくれる方が、よっぽどワタクシも珊瑚も嬉しいんですよね。
まあ、これはシバイヌに限った事ではありませんが(≧▽≦)


b0057675_16332444.jpg、、、ワンフレンドさんがお世話になった、某トレーナーさんがこんな感じの事をおっしゃっていたそうです。
「シバイヌはタマゴを扱うように世話をしないといけない。
強く持つと割れてしまうし、優しく持ち過ぎると落としてしまう」

ワタクシは、これを聞いて「ウマい事おっしゃるなあ」と思いましたワ。

そう、タマゴ一つを持つ時に、我々はなんとも微妙なチカラ加減を使っています。
そうっと、でも、しっかりと。
相反する言葉ですけど、でも、その通りだと思いますね〜。


野生の影響は様々だと思います。
上記のような珊瑚みたいな場合もあれば、、皆さんご存知のように伊佐蔵みたいな場合もあるワケで。
その自主性を尊重すればするほど、全くマニュアル通りにいかない、、飼い主泣かせの犬種かもしれませんワ。

世の中の犬種にはそれぞれの魅力があって、そのどれもが人を魅了するものと思いますが、、。
ワタクシは、家庭犬として迎えた時に、家庭の中に持ち込まれるこの野生の混沌さは、日本犬の最大の魅力じゃないかなあと思います。
、、特に野生をかなり喪失しているイキモノである「ニンゲン」としては、その理解出来ない部分が魅力として映っても、なんらおかしな事ではないでしょうね。

今、柴犬は国外でも流行りだしているようですが、、。
願わくば、欧米犬のように改良されず、、この野生を失わずに済むように。


道案内が行き届いたハイキングコースもまた素晴らしいけども。
道無き道を行き、霧に包まれ、かと思うと谷に落ち、かと思うと突然開けた光景にハッとしたり、、シバイヌを育てるって、そういう感じじゃないかなあと思います。
それを楽しむ余裕があれば、、きっと毎日ハッピーハッピーですよ。

ビバ!頑固!
ビバ!強い自己主張!
ビバ〜〜(≧▽≦)/
b0057675_16395881.jpg


という訳で、、最後はなんだかワケ判らなくなりましたが、秘話は強制終了です〜ワハハハ。
by koryu_misumi | 2009-07-19 16:18 | Comments(14)
Commented by sweety-peach at 2009-07-19 20:46
並んで歩いている写真が羨ましすぎです(>_<)

なんだか、17年飼っていた2柴ワンコたちは、
特にしつけとか信頼とかな~~~~んにも考えずに、
でもどこを触っても怒らないし、悩んだことも全く無くて

だからこそここに来て本当に戸惑っています。
きっとおっしゃるように、嫌な事をしない、つまり
嫌な事が何かをわかっている ことが重要なんだと思います。
前の柴の一匹はなぜか前左足を触られるのが嫌い、とか
そういう彼らにとっての嫌な事・・・それを自然理解していたから
信頼関係も自然に築けていたのかなあ・・・と
日記を拝見して思いました。

今はまだ、何が嫌なのか、何が我慢できないのか
それを模索しているのでたまに失敗してしまっていたのかもしれません。

前の生活の情報がいっさいない、って難しいですが
だんだんいろいろわかってくるので、きっとだんだん嫌がる事を避けられるようになるかな、と。

私も、ウーと言わせてしまったり、ましてや噛まれたり
それは皆私の責任だと思っています。

柴犬は卵のように・・・ですね。
Commented by まめママ at 2009-07-19 23:23 x
今日ピットブルを飼ってある方に『しつけ教室へ通われて何が一番勉強になりましたか?これだけは!!って言うのは何ですか?』と言う質問をされて『私は信頼関係を築くことが一番だと思いました』って答えたんですが、ピットブル飼い主『それはどんな事をするんですか?』と聞かれて何と答えてよいかわからなくって・・・・私の中では日々生活の中での全てにおいてだと思っているので、どんな事って言われても・・・上手く説明ができなかったのですが、香龍さんの秘話を読んで!!私がピットブル飼い主さんに伝えたかった事なんです~~ 
なかなか思っていることが言葉にできない私。。。。(泣)

最近になって しつけ教室の先生が言われていた言葉がわかります
香龍さんのブログを読んでいて先生の言葉とつながるんです!!
香龍さんの秘話を読んで日々勉強させていただいています
最後の“道案内が行き届いた・・・・”って、まさに!その通りだと思います。あと数年したら楽しむ余裕ができるかな(笑)
Commented by RUPIKA at 2009-07-19 23:47 x
本当にその通りですねー!
うちは5ヶ月位まで躾け方法を間違っていました。。;
怒鳴ったり、叩いたりして力ずくで教える事が躾けだと。。
ある日のらっきーの反応で、間違っている方法と気付けました。
それでも首輪やカッパを着せる時は凄くいいもの!うらやましい!という
感じを出したので、今でも自分のもの!としっかり思ってます。
あと、シャンプーや爪きりは本当に嫌いなんですが、
嫌いでもやらなきゃダメな事っていうのは理解しているようです。
なので、イライラしたり、鳴いて逃げたり暴れたりしますが、
どこか諦めているというか・・飼い主に反撃というのは考えてないようで
助かっています~。
うちはなんとか苦労もあまりせずに躾けできましたが、
柴犬2代目なのに・・なんていう方が躾けに悩まれていたりして、
個性が強い犬種なのかなーと思っています。
でもやっぱり柴がいいですw
Commented by みみこ at 2009-07-20 01:26 x
秘話、終了ですか~。
ちょっと、寂しいです・・・。

信頼関係を結ぶ。

以下、長々書き連ねたのですが、削除しちゃいました(^^;)

これって、対ワンコだけでなく、全て、生きとし生けるもの全てに一番大事なことでは。

信頼。

全ての土台、基礎ですね。

話変わって。
映画を観に行ったら、「ハチ」の予告が流れました。
予告画面だけで涙ぼろぼろ。(^^;)
ただ、映画の影響で安易に秋田犬を飼う外人が出ないことを祈ります。
秋田犬は、オスなら主人を噛むこともあるキケンがあるってこと、知って欲しいです。
Commented by ランまま at 2009-07-20 10:26 x
初めて飼ったワンコが柴犬だったら、違ってたのかもしれません・・・。

子供の頃に飼ってたのが、“気のイイ雑種犬”だったので、その違いに戸惑いが大きく、あれこれ覗いて(飼育本・マニュアル)やってみて、その結果・・・。

外野(飼育本ズ)に惑わされず、純粋にランと向き合っていたら、遠回りしなくて済んだのかな?と思います。

話せば解る子だったのに、無理強いやゴマカシで済まそうとしていたことに気付き~納得してもらえるように、安心してもらえるように心がけ、それから随分変わってきたと思います。

母曰く、「アンタのことだけは、何か違うって思っとるよね~。犬の仲間って、思っとるみたい~!」 こ、これって・・・??
Commented by マコ姉 at 2009-07-20 22:06 x
ウンウンと頷きながら読んでしまいました。
ワタクシもマコちんに躾を無理強いしたことから、
関係修復までに何年かかったことか~。
残念なことにマコちんは「嫌な事」がちゃ~んとインプットされてしまいまし
たけれどもね。
無理強いしてきた何年よりも倍の時間、
マコちんの気持ちを考えるようになってから、
今、ちゃんとワタクシの目を見てくれる、
遊ぼうと誘ってくれる。
とはいえ、相変わらずわが道を行くこともしょっちゅうですが、
今、とてもシアワセです。ワタクシもマコちんも。
Commented by なりごま at 2009-07-21 04:59 x
先日はお邪魔しました。
おかげで帰りの飛行機の中でチビズさん達の手触りを思い出しつつニヤニヤした変な人だったみたいです。
そうそう、家に戻ったらかなーり長時間「浮気チェック」されました!!
「どこの犬と遊んできたと!」でした。。。

ビバ頑固!自己主張!その通りだと思います。
だからこその柴犬じゃないでしょうか。
だからこそ愛しいのかもしれません。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-21 14:18
●sweety-peachさん、こんちは!
並んで歩いている最中に、口元にチュっとキッスしたりするんですよ〜。
彼らが仲良くしている様子はホントに癒されます(^^)
、、ま、まあ、そんなにベタベタする子達ではないので、しょっちゅう見られる光景でもないんですけどね、ハハハハ。
シバイヌは仲が良くてもお互いの距離感を保ちたがる性質の子が多いようですから、この程度でも充分と思ってます〜。

プライムちゃんたちは、sweety-peachさんが知らない過去があるから、、多分余計に大変だろうなあと思いますよ〜。
普通だったら、子犬から世話して行くうちに、無意識にそういう情報が頭に入って行くものですもんね。
それが無いんですから、、。
ホントに、ふたりの過去を想像しながら手探りしていくしか無いですよね。
でも、基本的にふたりとも凄く良い子みたい(≧▽≦)。
この短期間であの距離感って、とても良い感じに思えますワ!!

相性も良さそうだし。
きっと良い兄弟になってくれるんじゃないかなあと思いますワ。
でも無理しないで下さいね〜。
彼らのペースで、ノンビリゆっくり、じっくり行けるといいなと思いますよ〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-21 14:19
●まめママさん、こんちは!
おお〜ピットブルですか、、。
飼い方がすごく反映される犬種ですよね〜。
アメリカでは、法律で飼えない州もあるそうで。
そうですよね、ワハハハ!!「信頼関係を築く事」が「どんな事!?」って聞かれても〜〜(≧▽≦)/
その家、その家でそれぞれ築き方も違うでしょうし、、それは困った質問されましたね〜!
ワタクシもその場では「え、そ、それは〜ハハハ」って笑ってごまかしたかもしれませんワ!!

ワタクシの記事が何やらお役に立っているようで、嬉しいですよ〜。
ワタクシが書いてるのって、もう自分が体験したのとか、勝手に自分の考えを書いてるだけなんですけど、、。
まめママさんも、道無き道を探検してる最中なんですね、ハハハ。
ワタクシもまだまだ迷いっぱなしです。でもそれが楽しいんですけどね(≧▽≦)
Commented by koryu_misumi at 2009-07-21 14:19
●RUPIKAさん、こんちは!
基本はやっぱり信頼してもらうのが一番かなあと思いますね〜。
まあ、ワンコによっては、犬同士で判りやすい方法をある程度は取り入れないと理解してもらえない部分ってのもあるんですが、、。
そのヘンのバランスはそれぞれ個体差があるので、難しい所かもしれませんね。
らっきーちゃんは爪切り我慢できるんですか、エラいなあ!!
イヤだけど、自分の為にしてくれてるんだ、、って事をちゃんと判っているんでしょうね〜。
珊瑚もツメキリが苦手で、いつも悲鳴を上げるんですけど、、一応は悲鳴だけです、ハハハ。でも近所で虐待してるって思われてるかも(≧▽≦)
、、そうですね、我が家も3匹同じように育てたつもりでも、、やっぱり細かい部分はそれぞれ全然違いました。
個体差が激しい犬種なんでしょうね〜、、そこが魅力なんですけど!!
Commented by koryu_misumi at 2009-07-21 14:19
●みみこさん、こんちは!
ワハハ!す、スイマセン、強制終了してしまって!!
でも、時々思い出したように長文記事を書きますので、それで許してくださ〜〜い(≧▽≦)/
お、、せっかく書いたのを削除してしまったんですか、、、き、気になります〜。

信頼関係って、、ニンゲンよりもワンコとの方がよっぽど築きやすいと思いますよ〜。
基本的に彼らの心には裏が無いので、、こちらも正直になれます。
やっぱり一番コワいのはニンゲン様ですよ〜ハハハ!!

「ハチ」ですね、、ホントに秋田犬を使ってますよね〜。
またぞろグレートアキタを使うのかなあと思ってたんですワ。
本来は「子守り犬」って言われるような犬種なんですけど、それでもイノシシを一撃で倒したりしますもんね。
これもやっぱり、秋田犬の習性を理解して欲しいと願います。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-21 14:19
●ランままさん、こんちは!
ああ〜、それ、何度となく聞いて来た事がありますよ〜。
特に、以前別犬種と暮らしていて、その後初めてシバイヌを迎えた人に。
「前飼ってた子と全然違う」ってセリフ〜〜(≧▽≦)/
シバイヌの場合、本にある通りをしようとすると、全く予想外だったって事多いみたいですね。
やっぱり個体差があり過ぎるんでしょうか、、ちょっとした本には全て書ききれませんもんね、、。
会った時、ランちゃん、すっごく良い子だと思いましたよ。
今ではランままさんの足をテイスティして「効くーー!」って(≧▽≦)!!!
もうすっかりラブラブじゃないですか。
、、ん!?お母様の言葉によると、、。
ランままさんが犬化したって事ですか!?
Commented by koryu_misumi at 2009-07-21 14:19
●マコ姉さん、こんちは!
ワタクシはですね〜(≧▽≦)
マコ姉さんが作ってる御飯を、マコチんがシッポプリプリして嬉しそうに待ってる姿を想像してはニンマリしちゃうんですよね〜!
前がどうだったからって、今がシアワセならそれが一番だと思いますワ。
ワタクシも、伊佐蔵よりは珊瑚に、珊瑚よりは平蔵に、平蔵よりは初代ワンコに、、沢山無理をさせてきたし、無理解だった事が多くて、今でも時々心の中でコッソリ謝ってます。
でもおかげで反対に沢山勉強させてもらってますワ!
これは無駄にしちゃイカンな〜っと思って、八蔵には精一杯注いだつもりですよ〜。
こういうテーマって、まとめて書いた事なんかなかったんですが、、。
ここに書く事で自分でも整理が出来たような気がします。
Commented by koryu_misumi at 2009-07-21 14:19
●なりさん、ごまちゃん、こんちは!
おかげ様で、こちらも楽しい時間を有り難うございました!
電車には間に合いましたかね〜、、伊佐蔵が引き止めちゃってスイマセンでした。
おお!やっぱり浮気チェックを(≧▽≦)/
オスメス3匹分の匂いですからね〜、、乱犬パーティ、、!?

ビバ頑固&自己主張ですよね〜。
ワンコ(柴)を昔亡くしてしまったオーナーさんとオシャベリするんですけど、、。
何故か皆さん、それで苦労したハナシをすんごく嬉しそうにされるんですよね。。
だからこそ、愛しかった、、ってその通りだと思います。