人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

八蔵子育てゥヒ話 2

b0057675_14411477.jpg
さて、八蔵の子育てを手伝うにあたって、、。
当初、彼の将来については、全く未知の状態でおりました。

判っている事は、もし、プロの所に行くんだったらそれほど心配しなくてもいいという事。
、、というのも、彼らは日本犬の扱いには慣れてらっしゃいますからね〜。
様々な年齢の子も居る訳ですから、仮に八蔵が我が家を少々早めに出る事になったとしても、社会性の心配なんぞする必要もありません。
展覧会場でも、ワタクシよく他所のワンコをチラ見して回るんですが、、ほとんどどの子も落ち着いており、彼らが日頃から精神的にも肉体的にも充分満たされているのがよく判りますしね。

ワタクシにとって、最もハードルが高いのは「八蔵が室内家庭犬として迎えられる」という可能性です。

ひとつの家族に「新しい家族の一員」として迎えてもらう事になるのですから、、しかも室内。
その家族のその後を考えれば、生半可な状態で八蔵を渡す訳にはいきません。


b0057675_14415354.jpg何度も書いて来ているように、日本のペット事情の暗い部分は、せっかく小さな家族を迎えた家庭に様々な弊害をもたらしていますよね。
子犬の健康や資質を考えずに行われる繁殖、社会性を学ばないままで売られている子達。


子犬を迎えて暮らして行くうちに、遺伝性の健康トラブルが表に出て来た家庭、、。
、、、例えば一生抱えなくてはいけないものだとしたら。
家族は早い段階で寝たきりの子を抱える事になってしまう事だって、、充分あるのです。
家族にしてみれば、それが原因で愛情が欠けてしまう事などあり得ないとしても、その子が世界で一番と思っていても、、。
現実的な話ですが、その為にかかる医療費が何年も必要となったり、その子を預けて出かける事もできなくなったり。
その子の健康と引き換えに、家族の時間をどれだけ消費しなければならない事か。


b0057675_14441496.jpg子犬を迎えて暮らして行くうちに、遺伝性の資質トラブルが表に出て来た家庭。
、、、例えば、交配に適してない程臆病な子だったとしたら。
ちょっとした事で突然歯を向いてくるような子を、、まさかそれが"臆病"から出たものだとは思わずに「歯向かうとは!」と言って叱る、、犬は更に怖くなって自己防衛の為に余計歯を向く、、それが判らずに更に叱る、、。

もう袋小路にハマってしまうワケです。
本来なら、ひとつの家族として存在しなければならないのに、家族どころか戦いの日々になってしまう。
いつの間にか、何の為に犬を迎えたのかと悩むようにさえなってしまうでしょう。


子犬を迎えて暮らして行くうちに、社会性の不足によるトラブルが表に出て来た家庭。
、、例えば、生後早い時点で母犬と引き離され、毎日を小さなガラスケースの中で過ごした子だったとしたら。

b0057675_1449376.jpg無条件に愛してくれる存在から引き離されて、、誰かと意思疎通を図る経験の無かった子は、、。
タップリ褒めてやっても無表情で喜ばなかったり、、甘え方すら判らずに触れ合いを求めようともしない。
一体この子は何を考えているんだろう???
ホントウなら家族として迎えたのに、、家族ではないような、まるで妙な居候のような存在。
可愛げが無く、いつまでたってもココロが通じ合わないのはどうしてなのか、、。
これではせっかくのワンコとの暮らしなんぞ、実感する事すら出来ません。


、、、、。
少なくとも、ブリーディングをする以上は、上記のようなブリーダーにはなりたくないし、、。
八蔵を迎えるはずの未知の家庭に、そんな思いを味わわせたくないのです。


b0057675_14544516.jpgワタクシの元には、そういったトラブルを抱えた人からのメールが送られてくる事があります。
ワタクシに判る事なら、思いつく限りを伝えるようにしています。
何度も何度もやり取りをして、少しずつでも改善していって、、ホントの「ワンコとの暮らし」が出来るようになってくれたら非常に嬉しい。
色んなトラブルを抱えていても、家族とワンコが協力すれば、、時間はかかっても克服して行く事も多いのです。

しかし、そんなやりとりをする度に、、ブリーディングの世界の抱える問題にドンヨリ沈んでしまうワタクシなのですよ。
、、これから子犬を迎える予定があるならば、、出来るだけ良いブリーダーから迎えて欲しいなあと切に願いますね。


b0057675_1552420.jpg八蔵の場合は、健康と資質については既にノ〜プロブレムな事が判っておりましたので、何の心配も要りませんでした。
その事については、ちょっと、、、というか、かなり気が楽でしたよ〜ハハハ。
これがね〜、、、伊佐蔵とQちゃんの時には健康面については気が気じゃなくて、、寿命縮まりましたもんね。

資質については、珊瑚の素直な可愛らしい性格も良いですし、S丸君の非常に落ち着いて肝の座った性格もグ!!
、、八蔵がどちらに似たとしても、構いませんでしたね。


、、、、。

となると、ワタクシがお手伝いを頑張るのは、社会性と、、しつけの基礎みたいなものかな?

と気楽に思っておったのですが。


そこに思わぬ伏兵が!!!


「帝王切開」です。

、、、続く(≧▽≦)/

b0057675_1591497.jpg
(最近のハチジョ〜(≧▽≦))
by koryu_misumi | 2009-06-05 15:15 | Comments(16)
Commented by 飛龍あね at 2009-06-05 20:40 x
またまた続いた~!!!
八っちゃん大きくなりましたね!
チビッコの時は大きくなるのが早いですよね!
社会性としつけの基礎だけでも香龍さんがお手伝いされていたら、
迎えられたおうちはずいぶん楽だと思いますよ。

うちのお子様はお散歩中にあう柴ワンコには唸るくせに、年が近いビーグルたんとは相撲して遊ぶのです。
それだけでもワタクチ的にはずいぶん楽をさせてもらってます。
ワンコ同士じゃないとできない遊びもあるとおもうので。
Commented at 2009-06-05 20:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-05 21:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-05 21:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-05 21:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by みみこ at 2009-06-06 02:32 x
八蔵クン、幸せそう!
おばちゃんは、うるうるしちゃいます~。

うちの黒柴(♀)は、5ヶ月半までガラスケースの中に居ました。
3回、お店を変わっています。
最初、あんまり鳴かないので、「声帯が無いのか?」と思ったりもしましたよ~。甘え方を知らなかったようで。
でも、体一杯で「嬉しい!嬉しい!嬉しい!」と表現していました。(なんだか、それも哀れでうるうるだったけど)
いまや、ちゃ~んと声に出して不満を訴えるようになりました。(^^;)
最初に飼った(多分最後の)犬がこのこで良かったなぁ~、と思いつつの毎日です。
夕べ、私、捨て犬サイトを見ていて、どんよりしながら寝ようとしたら。いつもはぐっすり寝ているうちの黒柴が起き上がって、寂しげに「抱っこ」といわんばかり。抱き上げて、よしよしして「幸せ?」と言ったら、ぺろんと顔をなめて。ちょっと、泣きそうになりました。
香龍さんみたいに色んなことを知っているわけではないのですが、ブリーディング界の暗闇が、そしてそれ以上に、不幸せなワンコがいなくなるようにと、祈る気持ちです。

更新、楽しみにしています!すごく考えさせられるし、勉強になります!!
Commented at 2009-06-06 10:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2009-06-06 12:16 x
前回の日記用にメモしておいた内容でスミマセンヽ(_ _|||)…
八蔵ぼっちゃん・・・キミはチョト特別な存在なんだね。
帝王切開・・・未知の世界デス!


ワタシも人間だって男の子・女の子と欲しいと思い、2人目までが男の子だったので、次で最後!次は女の子!っと、当時の(約20年前)産み分け方とかの本を読んだり・・・
友人では3人とも男の子だったり、女の子だったりと・・・
我が家は幸い? 人間は3男1女 ワンコは1男2女の子供(孫?)に恵めれました。
珊瑚の相手を探し、ブリーダーさんに「柴犬は親子兄弟と言えども、オスを多頭飼いするのは難しいからやめときな!」と言われた事を想い出しました。
しかし。。。
我が家はご笑覧の通り、今までは何の問題も(小さいのはアリマシタが)無く・・・
こんな平和な柴犬で良いのだろうか? とは言え、銀牙光牙の親子は群れを守る為に、外敵には対応していますが・・・。
珊瑚ちゃんのオンナノコ・・・見たかったでしょうねェ(ゴメンナサイ)
我が家は・・・今回は保留とするつもりです。
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 20:17
●飛龍あねさん、こんばんわ!
まだまだ続きますよ〜。
普段オバカばっかり書いてますから、マジメを書こうと思ったらたまってた分がドッサリ(≧▽≦)
八蔵は相当ヤンチャでしたけど、無事に(!?)可愛がってもらっているようですワ〜。ホントホッとしてますよ。

お〜、お友達ビーグルたんがいらっしゃるんですね!
お友達になれる子は、やっぱり犬種に限らず相性もあるんですよね〜。ニンゲンには判りにくかったりして(≧▽≦)
そうやって遊び相手になってくれるお友達が居ると嬉しいですね〜!
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 20:43
●匿名希望Hさん、こんばんわ!
そうなのですよ〜。
シバイヌが大好きなのですが、、室内で一緒に暮らすにはやはり限界があると思いますワ。
十匹以上でも一緒に仲良く暮らしている犬種の家族がちょっぴりうらやましい時もありますよ〜。

************さて、、。
コメント書かれている間も、、なんか胸に詰まるような雰囲気が感じられます。
文章にするのも大変だったんじゃないですか、、。
Hさんちは、まさに上の記事に書いてあるような、、、そのまんまだったのですね。

まず最初にワタクシの考えを書いておきますが。
Hさんちが抱える問題の根本は、悪質なブリーディングを行ったブリーダーの責任だと思いますよ。
現在のようになった事の原因はそこにあるんですから、Hさんちの誰も(ワンコも)責められるべきではない。
現状に怒りを覚えるなら、その矛先はブリーダーに向けるのが相当だと思います。
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 20:44
●続き
Hさんちが健全なブリーディングで産まれた子を迎えていたとしたら、今頃はもっと素晴らしいワンコとの暮らしができていたかもしれないんですよね。
誰だって、子犬を迎える時には、ごくフツウのイメージを持って迎えるものだと思います。
元気で、懐いて、可愛くて、、特にワンコの犬種を考えればなおさらです。
社交的なのが当たり前のような犬種なのに、ですよ。
ダンナさんも勿論そのつもりで迎えようと言われたはず。
まさかそんな風に陥ってしまうとは、誰も想像しないと思いますよ。

こういう出来事は普通の事ではないんです。異常な事なんですよ。
こんな事になるとは予想できないのは当たりまえです。
知らずにどんどん深みにはまってしまう事を、責めたりするのは間違ってると思いますよ。
H君がそんな子であるのも、H君のせいでもない。
Hさんのせいでも、だんなさんのせいでもないと思います。

ダンナさんの行動は、、自分が言いだして飼い始めた事に対する、後ろめたさがあるんじゃないかと思いますワ、、。
自分への怒りも籠ってるんじゃないかなあ。。
Hさん達がワンコをかばうと言う構図で、もう悪者状態から抜けられなくなってるような気がしますね〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 20:53
●続き
「相手を嫌い」というのでは無いのですが、、今のダンナさんとワンコにとっては、双方の存在自体がストレス源になってると思うんですよね。

既に色んな方法を導入されていると思いますが、、。
ワタクシが考えつくのをちょっと書いてみますね。

たとえば、「ルールを作る」というヤツです。
ダンナさんがくつろぎたい時、ワンコは別の場所に居てもらう、というルールです。
例えば帰って来たその時から、でもいいですし、、御飯を食べ終わってゆっくりしたくなってから、とかでもいいと思うのです。
ワンコにはダンナさんから最も離れた部屋のゲージの中とかに「避難」しててもらうんですわ。
一見、閉じ込めて可哀相に見えますが、臆病な子は狭くて薄暗い空間に安心感を得る子が多いです。また「ここならダンナさんが来ない」と覚えれば、更に安心するようになると思います。もし、別の家族の部屋が適していれば、その方がいいかもしれません。
し〜んとしていると神経過敏になるので、電池式のラジオをそばに置いておくとか、、。雑音に慣らしておくようにするのも良いかと。
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 21:03
●続き
他には、「今すぐなんとかしたい!」というのであれば。。
その、協力的な方に「お泊まり保育」に協力してもらう、なんてのはどうでしょう。
その方の所にワンコを「訓練やお勉強」に出させてもらう、というような感じです。
ダンナさんとの兼ね合いを見ながら、ダンナさんの調子の良い時にチョコチョコ帰宅させてもらう、、勿論、協力が得られないとダメですが。
もし協力して頂けるのだったら、ゴハン代とかは出さなきゃ(≧▽≦)
これも、双方に距離を置く事が出来て、お互い落ち着いて考え直す時間が持てて良いと思いますワ。
徐々にお泊まりと帰宅の比重が変化してくれば、効果が出ている証拠です。

、、それにしても、Hさんちのワンコはまさに悪質ブリーディングのモデルのような反応なんですね、、。
実は殺処分に連れて行かれる子には、そういう子が多いんですよ、、。
もうどうしようもなくなって、、連れて来られるんです。

コメントで長文大変じゃないですか?よろしければメッセ使って下さい。それか本館からメールが出せるようになってますから。
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 21:18
●みみこさん、こんばんわ!
八蔵はもうホントに可愛がられてますよ〜。
ご家族だけじゃなくて、オーナーさんのお友達や、職場の人に迄愛されているようです(≧▽≦)
彼の写真を見せてもらう度に、もうホントに嬉しいワタクシですワ!

みみこさんちの子は、そのような弊害に陥らずに済んでホントに良かったですね〜。
3回もお店を変わっても、ひょっとしたら良いスタッフがいらっしゃったのかもしれませんね。
ワンコにも個体差がありますので、弊害がドカンと出る子や、あまり影響の無い子もいるんですよ。
それでも、健全なブリーディングの子達と比べると比率が全然違いますが。
きっとみみこさんの迎え方も、その子に合っていたんだと思いますワ。
そんな風に、みみこさんの気持の変化を察知して、寄って来てくれるなんて優しい子ですね〜。
ワタクシも寝る前に不幸な子の記事を見ると、、全然寝付けなくなります。
ホントなら世界中の子に何かしてやりたいくらいなんですけど、、出来る事は限られてますもんね。
シバツレで少しは役に立ててれば良いんですが。

まだまだ続きます〜、頑張って書きますね〜!
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 21:25
●匿名希望Mさん、こんばんわ!
お〜ワタクシも時々Mちゃんのブログ見に行ってましたけど読み逃げしてました、スイマセン〜ワハハハ。
ブリーディングや、子育てって、フツウの人は知らない世界ですもんね。
そういう裏側の世界を紹介してみるのもいいなあと思って書いてますよ〜。
まあ、我が家の珊瑚と八蔵の事なので、私情入りまくってますけど(≧▽≦)/
Mちゃんの世界の方がもっとずっと大変なんだと思いますよ。
頭数は少なくなって来てるし、、世界そのものが狭いですから、関わっている人達も限られて来ます。
、、、考え方の多様性も失われてるかもしれません。
でも、、色んな事を知るのは悪い事じゃありませんもんね(^^)/
大変でしょうけど、応援してますよ〜。

おお、ミクシイでワタクシを探す時は「友人を捜す」で「香龍」を入れれると、、数名の検索結果が出ます(≧▽≦)
ただ単に英語に変えただけですしね〜。
写真は子犬のオチリですから、すぐ判りますよ!!
Commented by koryu_misumi at 2009-06-06 21:32
●珊瑚&銀牙パパさん、こんばんわ!
そうなんです、八蔵ってば、、八蔵こそ奇跡の子かもしれませんわ〜ハハハ!!

パパさんちは人間のご兄弟も、チラチラ話題に出るのを見てると、皆素敵なお子さん達って感じがしますよね〜!
ワンコもみんなオリコウさんだし、、。
ワンコファミリーはやっぱり銀牙君がしっかりしてるから、安定してるんだと思いますワ。
銀牙君は性格的にも体格的にも、ファミリーのボスに向いていますよ!
ウチは体格差で平蔵はもう伊佐蔵に負けてますし(≧▽≦;;;)
性格もちょっと優しすぎるのがネック、、。
これが野生なら、多分、取って代わられてると思います〜。
おお、やっぱりブリーダーさんがそういう事を言われてたんですか。ワタクシもホント、誰にでもオススメしませんワ、ワハハハ!!

お〜、パパさんち、、悩まれた結果を出されたんですね。
こういうのって、、ホント胃が痛くなりますよね〜。