人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

八蔵子育てゥヒ話

b0057675_2214343.jpg
皆さんご存知の通り、八蔵の成長の様子は(シバツレにしては)マメに記事にしてきておりました。
彼を送り出したとたん、いつものペースに戻ってしまった軟弱なワタクシなんですが、ワハハ。
せっかく誕生秘話を書いた以上は、子育て秘話も書いておきたいと思います〜。


まず、最初にカミングアウト(!?)ですが。
、、実は八蔵は、産まれて間もない時点で「我が家には残さない」方向で行く事に決まっておりました、、。


b0057675_22154859.jpgさてさて。
帝王切開でこの世に産まれた八蔵。
ワタクシが彼を見て最初に浮かんだ言葉は「オトコノコだ」でした。

というのも、オンナノコだったら我が家に残せたかもしれないし、後々に血統を繋げて行きやすいんですが、、オトコノコとなると簡単にそうは行きません。
なにしろ我が家には既に平蔵と伊佐蔵というオトコ組が。
、、しかもどちらもちょっと変わり種、、(≧▽≦;;)

ん〜、珊瑚はホントにオス腹やったなあ〜。(←産む子がオスばかりという事)


過去にも何度か書いて来ましたね。
日本犬の場合は特にそうかもしれませんが、オス・メスを比較すると、だいたい全般的にメスの方が「飼い易い」。

個人的な感覚で言うと、オス一匹に対するワタクシの身体的&精神的な消費量は、メス三匹分程度に相当するような気がしますね〜。
犬先輩方も似たような事をおっしゃるので、ワタクシだけの感覚ではないようです。

b0057675_22174971.jpg身体的というのは、やはり運動量が一番ですワ。
オスの場合、メスの倍は必要とすると思いますね。
おまけに四肢のチカラは強いし、顎のチカラだって強い。

精神的というのは、オスはメスに比べると意外に精神部分がデリケートだという所。
展覧会でも落ち着いて立ち込めるように、うまく図太く育てるのに気を使う…というような事を犬先輩からもうかがいます。
また、権勢本能や闘争本能もメスより強い子が多いと思いますね〜。

、、これは未手術の場合ですよ。
手術をすると、権勢本能や闘争本能が押さえられる事も多いため、未手術よりも穏やかな多頭飼いが可能になる場合が多いようです。

勿論、オトコノコだからと言って、皆、権勢本能が強い訳ではないと思います。
個体差は当然あって、ヤキモチも焼かない、誰とでも仲良く出来る、、そんな子だっているでしょう。

しかし、、子犬の頃から元々持っているものもあるとはいえ、それらの性質が顕著に現れるのは順位を意識し始めてからだと思うんですよね。
だいたい生後8ヵ月頃から、、遅くても1歳半までに、ではないでしょうか。
これは、生殖能力の成長や反抗期の発動などと重なる頃かと。
実際、伊佐蔵が平蔵に対して下克上を初めて図ったのは、彼がちょうど1歳になろうかという頃でしたしね。

いや〜、あの当時の事を思い出すと、ホントに毎日がドキドキものでしたよ。
流血沙汰も何度もありましたしね、、。


伊佐蔵はヤキモチの強い子ですが、それはこういった性質の一部が強く出ているからだと思いますワ。
権勢本能と言っても、彼は決してボスになりたいワケではないんですよ。
平蔵よりも、珊瑚よりも、もっとワタクシ(ボス)に近づきたい欲求、、それも権勢本能の一部なんだと思います。

b0057675_22194089.jpg元々、頭数の少ない群れで扱われてくる事の多かった日本犬は、犬種的にもこういう性質が現れやすい方だと思いますワ。

群の数が少ないと言う事は、どの子にも下克上のチャンスが廻って来る率が高いという訳で、、自然にそういう本能が強くなります。
よほど体格差が大きいとか年齢差が激しいとか、力関係上ハッキリしたものがあれば、かなり状況は変わるとは思いますが。

逆に、頭数が多い群が向いている犬種…以前も書いた事がありますが、たとえばイングリッシュフォックスハウンドなんかは、群の頭数が多ければ多い程安心する性質。

日本人には想像もできませんが、30匹、40匹というような頭数で飼われるんですよね。
だから、彼らにしてみれば誰がボスかなんて、全然関係ない。
皆仲良く一緒に居る事がシアワセであって、、日本犬のように1〜2頭なんぞで暮らしていたら、反対にノイローゼになってしまう事もあるそうです。


ちと道を外れましたが。
まあ、簡単に言ってしまえば、日本犬は多頭飼いに向いている犬種とはハッキリ言えない。
、、、しかも未去勢のオスばかりならば余計に。
という所でしょうね。


b0057675_22212476.jpg八蔵がそんな子かそうでないか、ハッキリと判るのは上記のようにある程度成長してからです。
それまで我が家に置いておいたとしても。。
その時になって「やっぱり順位争いが激しくて大変だから手放します」なんて事が出来る訳アリマセンがな。

、、、、頑張れば、多分、乗り切れるような気はするんですが、、。
それは、オヤジ様が居る限り、ハッキリ言って無理ですワ(≧▽≦)/
平蔵と伊佐蔵の下克上期にも、ワタクシが決めた簡単な事を守ってくれなかったおかげで、何度もエライ目にあいましたからね〜ハハハ、、。
、、先日、平蔵が結石を患ったのだって、その延長線上ですよ。

チビズを可愛がる気持が無い訳ではないんですが、、。
そんなオヤジ様の事を考えると、これからチビズに対する状況が良くなって行く事は無いと思います。
彼はもう何十年もこうだったし、歳を取った今になって更に良くなるワケありませんからね〜。
これは別に嫌みで書いているワケではなくて(≧▽≦;;)、、現実的な実感なんですワ。


b0057675_22231535.jpgチビズには、こういう部分に於いて、しなくていい我慢や無理をさせているようで、、ホントに申し訳ないといつも思います。
これらを踏まえて諸々考えてみると。
八蔵が我が家に残ったとしても、、いずれどんな事が起きるか容易に想像ができてしまうんですよね、、。


という訳で、彼がオトコノコという事が判ってからというもの、上京している間もその事が頭を離れませんでしたよ。


よくよく考えてみても、、やはり彼は我が家に残せないと思う、、。
どんな子になるかは判らないけれども、、。
家庭犬になるか、プロの所に迎えられるかは判らないけども、、、。

とにかく、出来る限り、子育てを手伝うしか無い!
b0057675_22224486.jpg



という訳で、、子育てゥヒ話、続く!!
by koryu_misumi | 2009-06-02 22:24 | Comments(10)
Commented by みみこ at 2009-06-03 00:46 x
なるほど。
うぅむと唸りながら(?)読みました。
確かに、男の子は大変そうだと思います。(柴、柴系MIX)
それは、公園で実感していることです。
ニンゲンもそうだもんねぇ・・・。

うちは、ジョシばっかでラクなんだろうなぁ~。
(オット、ガンバレ)←ココロの声

毎回、勉強になります!
更新をほんとに楽しみにしています。(無理のない範囲で)
Commented by 雪だるま at 2009-06-03 12:02 x
お久しぶりです。
ずーと読み逃げしながら、心に打たれて、読んでました。

読みながら、珊瑚ちゃんは、やっぱり美人ちゃんだなと
思ってました♪ 顔が小さいですよね。

ところで、天王寺動物園で、オオカミの子が4匹生まれて、
飼育員のブログが掲載中なんです。

アドレスを書いたら、スパムコメントだと怒られました(ションボリ)

天王寺動物園の中の「動物園スタッフブログ」の中の
「チュウゴクオオカミ」です。

4月29日の身体測定の所を見ると、八蔵クンの小さい頃と同じで
サル顔なんですヨ。
オオカミは、犬の先祖なんですよね。

八蔵クン、今頃どーしてるかなぁ~

続きを楽しみに!楽しみに!!しています。
Commented by コロスケ at 2009-06-03 14:04 x
更新のたびにうなずきながら読んで来ました。
私は偶々最初の犬が幸でメスだったからこうゆう事態に至っていますが、展覧会・作出・残留・里親探し…これが100点の答えだなんて思えたことはなく、そのつど考えて道は自分でえらんでいかなくてはなりませんでした。私も珊瑚ちゃんにメスを産んでもらって血統をつないでほしかったです。うまくはいきませんね、それも神様の采配なのでしょうか。
出した子の方が行く末が気になりますね、里のことなど忘れて良いから自分の家族のみなさんと心を通じ合わせてくらしてほしいです。
八蔵君はくったくのない子犬のようでしたからきっと愛されてくらしているでしょうね。リオやリコを見るつど思い出しますよ。
Commented by ころわん at 2009-06-03 17:08 x
まだ本調子ではないんでずっと読み逃げ状態ですみません。
梅雨シーズンは特に体調不良になりやすいですが
香龍さんは大丈夫ですか?くれぐれもお気をつけ下さいね。。。
それにしても毎回素晴らしいストーリーの連続!!
続編を楽しみにしながらいつも読んでますよ~。
香龍さんのブログは本当に勉強になりますね~。
現在ワンコを飼ってる人もこれからワンコを飼おうと思ってる人も
香龍さんのブログを読めば凄く勉強になると思います。<推薦!
香龍先生(と呼ばせていただきます)いつもありがとうございまぁす!
Commented by 飛龍あね at 2009-06-03 20:14 x
オトコノコ2匹は大変ですよね・・・。
ワタクチは1匹でも大変です。
お散歩中に柴犬のオトコノコ(未去勢)2匹とたまに会うのですが、
うちの飛龍も未去勢のオトコノコ(10ヶ月)ですが徐々に戦いを挑もうと
唸っております・・・。
ワタクチ的にはどちらとも仲良くしたいんですが、やはり未去勢同士なので
無理かな??と思っております。
そこは仕方ないかなと・・・。
オトコノコ2匹を育ててらっしゃる香龍さんには頭があがりませんわ!
Commented by koryu_misumi at 2009-06-04 21:25
●みみこさん、こんばんわ!
シバイヌは野生が強いので、その関係も大きいと思いますね〜。
野生生物の世話をするのはホントにデリケートさが必要らしいですし。
、、そこまではなくても犬種の中ではその傾向が強いって事だと思います。
オンナノコはやっぱり母性の関係か、大人になると意外とマイペースさを発揮するようで(≧▽≦)
ニンゲンのオトコも、意外とデリケートな人が多いですもんね〜ワハハハ。
Commented by koryu_misumi at 2009-06-04 21:32
●雪だるまさん、こんばんわ!
読み逃げ気にしないでくださいませ(≧▽≦)/
読んでもらってるだけで有り難いですよ〜。
珊瑚は黙って澄ましているとホントに可愛いですよ〜。。。甘えているときの般若顔もまた可愛いですけど!!!

天王寺動物園!ワタクシも前から見てましたよ〜(≧▽≦)/
もう、ホント可愛いですよね、オオカミの子供達って。
あ、そうなんですか〜、アクセス数が多い所はその手の書き込み内容を拒否するような設定をされているのかもしれませんね。
八蔵のような猿顔も勿論ですけど、、、。
伊佐蔵の小さい時って、ホントオオカミの子みたいだと再認識しましたよ〜(≧▽≦)
八蔵、毎日元気に過ごしているようです。
そういえば、最近彼の様子をUpしていませんでしたね、ワハハハ。
ハが生え変わりだしたとの事ですよ、近々写真を載せようと思います。
もうすっかり顔つきが変わってビックリです!乞うご期待ですよ!!
Commented by koryu_misumi at 2009-06-04 21:41
●コロスケさん、こんばんわ!
コロスケさんが色々思い悩んで子犬を外に出される時の日記を見てると、文章そのものは簡潔ですけども、その裏側はもっと複雑で深いんだろうなあといつも思いますよ〜。
こういう事にはお手本とか無いんですよね、ホントに。
その時自分の中で決めてしまわないとイケナイ。
ワンコの一生を左右するんですもんね、責任重大です(≧▽≦)
、やっぱり珊瑚にはオンナノコが欲しかったですねえ〜。
でもこれも天命と思ってますワ。
ワタクシが祈ったって変わるものでもありませんから、ワハハハ!
でもおかげで八蔵はひとつの家族にシアワセを持って行けたようです、これはホントに良かったと思いますよ〜。
リオちゃんとリコちゃん、かわいい姉妹ですが、、コロスケさんも悩んでらっしゃるんでしょうね。。
Commented by koryu_misumi at 2009-06-04 21:47
●ころわんさん、こんばんわ!
いいんですよ〜〜。体調良くなる迄無理しないでくださいませ!
ワタクシもこの時期は気圧がコロコロ変わるので、けっこう要注意なんですよ〜。
メヌエルの持病がありますからね、、ドキドキ。
このところのゥヒ話は、八蔵が産まれる迄ナイショにしてた事とか、子育て中に書けなかった事を、、自分が忘れないうち(≧▽≦)にまとめて書いてるんですけど、、。
なにか役に立っているでしょうか〜〜?
そうですね〜、ワンコを迎えるにあたって、、書いている事は、普段知らない裏側の話に相当すると思いますので、そういう意味では判りやすいかもしれませんワ。
ころわんさんがいつかワンコを迎えるようになった時の為に、この記事はとっておきますね〜ワハハハ!!
その前に、まずは体調が良くなりますように、、ご養生くださいませ!
Commented by koryu_misumi at 2009-06-04 21:51
●飛龍あねさん、こんばんわ!
飛龍君は元気印ですもんね〜ワハハハ。
日本犬でもある程度の年齢になると、無闇に喧嘩を売らなくなったりしますよ。
それに、一緒に歩いている家族を守ろうという気持もありますから、、ただ喧嘩を売ってるだけじゃない場合もありますね〜。
飛龍君はどっちなのかな?両方かもしれませんね(≧▽≦)
年齢が近かったり体格的に近かったり、また同性ならなおさらチカラ比べをしてみたいとか、ライバル扱いしてしまうって事はありますが、、それでも相性によっては仲良くなる子も居ますよ〜。
我が家の場合は、もうハッキリと平蔵を上扱いしてますから、少しは違うと思います。
、、、でもやっぱりあんまりオススメできませんね〜(≧▽≦;;;)