人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

八蔵誕生ゥヒ話 5

b0057675_22232967.jpg
さて、八蔵のお父さんに関して衝撃の事実が判明した訳ですが、、。
勘の良い方なら既にお分かりかと。

b0057675_2224896.jpg、、、え?
まだ判ってない人がいらっしゃる?
、、、しょうがないですねえ〜、、。

じゃあ、ヒント。
八蔵と伊佐蔵の誕生日は、たった一日違いでしたが、、。
その他に、何か感じた事があったでしょ?


、、、それは、4年の歳月の空きですよ。

そうです。
良い子を産んでもらおうと考えて最初の交配をしたのは、もっとずっと前の話なんですよ、、実は。

b0057675_22263152.jpgS太君はS丸君に比べると、どちらかというと可愛い顔つきをしていました。
また、皮毛の赤さがとても鮮やかで、既に他の子との間に生まれていた子犬達も、それを受け継いでましたよ。

珊瑚との間にコドモが生まれたら、そりゃ〜美形ぞろいの美しい毛皮を持った子が生まれるに違いない、と妄想を抱かずにはおれませんでしたね〜(^^)

性格もとても良く、S丸君とは雰囲気も違って、"はしっこい"感じ。
珊瑚とは交配の前にスキップして、ふたりで楽しそうにお互いを探り合う様子を見せたりしてましたわ。
珊瑚も時々例の般若顔を見せておりましたが、それは我が家で見せるような、本気の盤若ではないのが良く判りましたよ。

b0057675_22282491.jpg「あ、なかなかいい感じですね」とワタクシが言って「うん、嫌がってる風は無いね」とS太君のオーナー。
心配した相性も問題無かったので、ホッとしましたワ。

S太君てば、ワタクシの事も相当気に入ってくれてて、ついでに脚にもしがみついてヘコヘコくれましたけどね、、。
「コラコラ!相手が違うやろ!!」と思わずツッコむワタクシでありましたが、、。

ま、まあ、S太君がうまく珊瑚とくっつけなかったりして、その場に居たニンゲン達がフォローもしました(≧▽≦;)
ワタクシはふたりがくっついている間、珊瑚に落ち着いてもらうべく、彼女の頭半分を抱くようにしてヨシヨシとか、エラいね〜とか、声をかけておりましたよ。

ちなみに、、ブリーダーの中には、オンナノコを専用の器具にくくり付けて動けないようにして、Hさせるトコロもあるようです。
、、家庭犬オーナーにしてみれば、あんまり見たいと思う光景ではアリマセンね。



b0057675_22312637.jpgんが。
ご懐妊ならず。


実は珊瑚は最初のお産の時に、獣医のセンセイに「この子は妊娠系がちょっと弱いかもしれないなあ」なんて言われておりました。
最初の妊娠の経過や、子育て中の経過を総合してそう言われてたようですが、、。
それはワタクシ自身もなんとなく感じていた事です。

本犬は子育てが大好きですが、彼女のお姫様がフツウとちょっと違う事などを考えると、、あんまり期待し過ぎてもイカンなあとは思ってたんですワ。
元々、体型的にも沢山生むタイプではありませんしね。



b0057675_22323970.jpgちょっと話が外れますが、、、珊瑚の体型のハナシが出ましたので、ちょっと寄り道。

、、胴体の長さの具合を「胴引きが長い」とか「短い」とか言うそうです。(他の言い回しもあると思いますが)
だいたい、オンナノコはオトコノコよりちょっとだけ比率が高く、オトコノコに比べて胴長な体型です。
勿論、スタンダードには一定の基準枠のようなものがあって、短過ぎず長過ぎずというのがベストのようですね。

そして、胴引きが長い子は子犬の数が多い傾向が、、短い子は少ない傾向があるようです。
まあ、簡単に言ってしまえば、胴長の子の方がお産に向いてる体型らしいって事になってしまうんですが、、。
珊瑚はどっちかというと、基準枠内ながらも短めのタイプなんですワ(≧▽≦)

b0057675_22331738.jpg実際、獣医のセンセイも、本来は体型的に向いた子を作出に使う方が良いと思うんだけどね、というような意見を言われてました。

フム。
深く考えずにいると、、子犬は沢山産んでもらった方が良さげな気がします。
欧米の犬種には、一度に10頭もの子犬を出産する犬種もあるんですもんね。
、、、しかし、シバイヌという犬種を後世に残していく、という事を考えると、、?

ワタクシはよく日本犬の中の野生について、個人的にも色々な考えをここに書いていますが、、。
「お産」は、その犬種がどれだけ野生に近いか・どれだけニンゲンに近いかが、如実に現れる事柄だと思うんですワ。

b0057675_22341223.jpg元々、日本犬は「自力で育てられる程度の頭数」を生む犬種だと思います。
先に書いたような欧米犬種並みに、沢山の頭数を生む子は居ないと思いますワ。
5〜6頭生んだら、もう「おお、多いですね」という位。
だいたい2〜4頭くらいが平均のようで、産まれてみたら1頭だったという事は珍しくありません。

これは、以前も書いたように、いつでも自然界に返れるだけの野生を持っている事の表れと言えると思います。

想像してみれば、簡単です。
柴犬が野良犬になっても、、大抵の子はうまく子育てをして行きて行けるでしょうが、、。
10頭もの頭数を生む犬種が野良犬になったとしても、、全ての子を育てて行く事は無理に近い。
また、自然分娩がほとんどできず、お産の度に帝王切開が必要、、という犬種も存在しますが、、もうそうなると野良犬で増えて行くのは不可能と言っても過言ではないでしょう。

これらの犬種は、それだけニンゲンの手を必要としている、、つまりニンゲンサイドに立っている証拠だと思います。

b0057675_22392553.jpgワタクシは、スタンダードのサイズに時々感心します。
日本犬が皆、自力で育てられない程の沢山の頭数を産むようになってしまったら、、それだけ野生が失われて行ってる証拠じゃないかと思うんですよね。

このサイズ枠は、その歯止めの役も果たしているような気がするんですワ。



まあ、結局、その時S太君とは子孫が作れなかった珊瑚嬢なんですが。

なぜかその後、、。
久しぶりの展覧会場で大勢のオジサン達に「交配すべったらしいなあ〜ハハハ」と話しかけられましたよワタクシ、、。
、、、、何で皆さん知ってるんですか、、、。
てな事がありましたけどね。
また同時に「良い犬に限ってコドモが出来んかったりするったい(するんだよ)」と慰められたりもして(^^;)

b0057675_22395994.jpgさすがに2回目もすべった時は、、もう情報も漏れませんでしたけどね、、。

つ〜か、S太ってば、種無しじゃないのか!?
いやいや、可愛い子犬達が他に産まれてるやんけ。
そんな事ある訳ないがな。
、、、とすると、珊瑚がよっぽど妊娠しにくいタイプかも。
ホラ、良い犬に限ってコドモが出来ないって言われたし〜。

平蔵の助平って、実は子孫を残すチカラがとんでもなかったって事かも?
ん〜、しかし、、あのタマタマのサイズはごく標準だしなあ。

まさか。
ひょっとして伊佐蔵ってば「奇跡の子(≧▽≦)/!?」ウヒャヒャヒャ!!!

、、、とか、、この間、独りでオバカな事を色々考えたりもしたんですけどね。


b0057675_22412343.jpgまあ、最終的には相手を替えて「三度目の正直」と相成ったワケでございますよ。

ちなみにS丸君は、とっってもジェントルマンな子でしたよ。
まさに魅力的な香りぷんぷんの珊瑚を前に、決して強引じゃない所が好印象でしたワ。

S太君の場合は一緒に楽しく跳ねながら気分を高める感じでしたけど、S丸君は珊瑚に対して、まず低姿勢に伏せてみせ「ボクと仲良くしましょう」と丁寧に申し込んでたんですよね。
ワンコでもこういう時にこんな風に理性が働く子が居るんだなあと、ちょっと感心しましたよ〜。

、、、どこかに居る、黒い好色一代オトコとは別モノでしたワ、ワハハハ!!!



続く!!!
by koryu_misumi | 2009-05-21 22:44 | Comments(10)
Commented by ランまま at 2009-05-22 00:13 x
な~るほど・・・!
繁殖に携わる人々の、意識、知識、モラル、思惑・・・色んなモノが渦巻く世界。
ナンと言ったらいいのか、アレなんですが、珊瑚ちゃんも、香龍さんも、頑張ったんですね~!(←言葉が浮かばなかった・・・)
女が入って行くには、中々ヤリ辛い面も多いかと思いますが?!・・・。
『細腕繁盛記』~更に続く!
Commented by みき at 2009-05-22 00:53 x
それでなのか!
なんだかガテンしました。(まぁ、憶測の範囲ですけど)
血統を考えずに交配する輩が増えてきた今の日本。
最近の犬って、胴が長い子が多いんですよ。
安産(というか帝王切開じゃなくて済む)大き目の犬が
母親にならされることが多いのは知っていましたが
そうか、胴の長さも関係あるのかも。
こういった話をすると「うちの子が悪いっていうの!?」って
思われちゃいそうで、なかなか難しいですよね…
いや、今いる子はいいのだよ…ただ、特技が子作りなんて笑ってないで、
今後のことは…考えて…ね。ってね。
血統のことや交配のこと、洋犬はネット上や本もあるけど
柴についてって知らないことばかりなので大変興味深く
勉強させていただきます。
プレッシャーじゃなくて(笑)


Commented by みみこ at 2009-05-22 01:24 x
黒い好色一代オトコでふいてしましました。(^^;)

そう、アノ器具がショックでした。
いくらスタンダードのためって言っても。
ダメですね~。つい、人間に置き換えてしまって。

続き、楽しみに待っています♪
Commented by 珊瑚&銀牙パパ at 2009-05-23 04:04 x
ヤハリ・・・時折りチョコットニオワセていたので何回か_?とは想像しておりました。
あはははは!器具って、ナナナナなんか アブノーマルな感じが
 ( ◎≧艸≦)スミマセン( ◎≧艸≦)

いつも勉強になります d=(^o^)=b

黒い好色一代オトコ・・・魅力的な香りぷんぷんの珊瑚・・・
イマ、ウチにオリマス ( ◎≧艸≦)
Commented by はぴママ at 2009-05-23 10:13 x
柴犬のスタンダードサイズって、そんなふうにできていたとは!
いや~ホントにお勉強になります
柴わんこはいつでも野生に帰れるんですね・・・
カッコイイなあ
面白いと思ったのは、展覧会場で
「交配すべった」などと話題になっていることです
オジサマたちは日々そういう話題でケンケンガクガク話し合って
いらっしゃるんでしょうね
以前保存会のことを何かで読んだら、その中からまた別の会が
出来た、みたいなことが書いてあったので
いろいろ考え方が違ったりするんだろうな~とは思ったんですが
それだけ皆さん柴犬の保存に熱くなっておられるんだと
ある種の感動を覚えましたよ
香龍さんを通じて、その一部を知ることができるのは
と~~ってもラッキーですよね
続きも楽しみにしておりまする~♪
Commented by koryu_misumi at 2009-05-23 14:36
●ランままさん、こんちは!
ん〜、どの世界も一緒だと思うんですけどね、、イキモノが関わっているのと関わってないのでは、やっぱりかなりイメージも違うと思いますワ〜。
ん?Hの間の事ですか。ワハハハ!!!
いや〜ワタクシこう見えても平蔵と珊瑚のときはたった独りでふたりの世話をしましたからね(≧▽≦)/
実を言うと、そういう事考える余裕無いんです〜〜!
Commented by koryu_misumi at 2009-05-23 14:45
●みきさん、こんちは!
そうなんですよね。
一見、害のなさそうな、、かえって良さそうな行為なんだろうけども、大局を見たら、結果的にその犬種の存続にとってマイナスになってる、、なんて事は沢山あると思うんですワ〜。
性格だって、仮に野生の持つ警戒心を無くしてしまって人なつこさや穏やかさばかりを助長した方が、飼い易くはなりますけど、、、それじゃ日本犬じゃなくなるでしょうね。
まあ、そう簡単に本質は消えてなくなるようなものではないと思いますが。
基点をしっかりとってバランス良くってのが理想なんですけど、、基点が判らなきゃバランスも取れないんですよね。

あ、プレッシャーどうもです、ワハハハ!!
ボチボチ書いて行きますね〜(≧▽≦)/
Commented by koryu_misumi at 2009-05-23 14:48
●みみこさん、こんちは!
でしょ〜、平蔵はホント、助平なヤツなんですよ〜。
普段とのギャップがオカシイです(≧▽≦)

おお、そうなんですか、その光景をどこかでご覧になったんですね、、。
家族同様に思っている家庭犬オーナーからしてみれば、、家族に対してできる行為じゃないですもんね。
、、ワタクシもやっぱりダメですワ〜。
まあ、このヘンはその人のそれぞれ捉え方にもよるでしょうけど、、。
Commented by koryu_misumi at 2009-05-23 14:51
●珊瑚&銀牙パパさん、こんちは!
ハハハ、時々、コメントで誰かに尋ねられたりって事がありましたもんね〜。
その度に答えを濁すワタクシでございました(≧▽≦)
いや〜、器具って、、珊瑚&銀牙パパさんも、とても見られませんよ、きっと。

珊瑚ちゃん、今大変な時期なんですよね。
ウチはもうしばらく大丈夫だと思いますワ(≧▽≦)
でも毛皮が満タンになったら、要注意しなくては〜〜!!!
Commented by koryu_misumi at 2009-05-23 15:06
●はぴママさん、こんちは!
スタンダードサイズを決めたら、結果的にそういう機能も果たしてたって事かもしれませんわ。
どちらにしろ、当初の日本犬達は今の犬達よりもっと野性味に満ちていたでしょうね〜。
展覧会場のオジサン達は顔見知りではあるんですが、ワタクシの事を「あの犬(珊瑚)のオーナー」という覚え方をされてる方が多いんですよ〜。
もう5年前の事でも、未だに「あの時アンタの犬に負けたんや」と言われる位、珊瑚は皆さんの記憶に残っているようです。
だから、子孫に興味津々な方も少なくないんでしょうね。
珊瑚ってば何を間違って我が家に来たんだか?ワハハハ。
おお、柴犬保存会の事ですね。
「古来よりの日本の犬を」という事ですが、古い遺物にある日本犬の骨を見ると、少し違うんですワ。
現代日本人も、元々居た日本人(縄文人)に弥生時代に入って来た人種が混じってますよね。
てな訳で、もっとさらに突き詰めた「古来よりの犬を」という感じでしょうかね〜。
ワタクシはたまたまこの世界に入ったのが珊瑚のおかげなので、日本犬保存会に属してますが、そういう考え方もあっていいと思いますワ。
多様性は生き残りの道の一つの要因だと思いますのでね〜。