人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

八蔵誕生ゥヒ話 2

b0057675_2121697.jpg
さて。
前回の記事を読まれた方には「早く続きを」と思われる方も多いと思いますが。
その前に、交配に対するワタクシ個人の考えをいくつかご紹介。

b0057675_2125118.jpg交配をするからには健全な交配を目指す
特定の犬種であれば、その犬種の「健全」がどのようなものか充分知っておく必要があると思います。
仮にミックスであっても、これは必須だと思いますワ。
例えば両親犬とも健全であるか?生まれる子犬達は充分健全であると予測出来るかどうか?等

交配に関する知識を持っている
交配〜妊娠〜出産に関する知識です。
妊娠中や出産の際の予期せぬアクシデントに充分対応出来るかどうか?等

子育て中に関する知識を持っている
母犬のフォローは充分であるか?子犬が健全に育っているかどうか判断出来るかどうか?等

b0057675_216074.jpg全ての子犬に対して責任を負える覚悟
仮に引取先が見つからない場合や手元に置かなければならない場合、全ての子犬の一生を見る覚悟があるかどうか?
子犬の引取先に対して、充分なフォローや指導(引取先からの相談、例えばしつけや健康状態etc.)ができるかどうか?等

引取先を見極める判断力
、、子犬を安心して引き渡せる相手かどうかを、キチンとチェックできるかどうか?等

今思い出せないのは後で追加します〜ハハハ(≧▽≦;)

プロの方達には「そんな難しく考えなくていいよ、もっと簡単に考えていいよ」なんて笑われる時もありますが。
、、、素人がソレをそのまま鵜呑みしてはイケマセン(≧▽≦;;;)
プロの方達は、これらを自然にこなせるだけの経験と知識を充分に備えているんですからね〜。
その道の玄人が無意識に行うような事を、、、素人はイチイチ真剣に考えながら取り組む必要があると思いますワ。



b0057675_219569.jpgてなわけで、、前回の続きに入るんですが。

珊瑚の重婚(!?)のハナシが出た所で、、素朴な疑問が浮かぶと思います。
それは「何故、平蔵が八蔵の父親ではないのか?」という事です。
かねがねコメント欄でも様々な方にお尋ね頂いてましたっけね〜(≧▽≦)

簡潔に言うと、伊佐蔵とQちゃんが生まれる前から「平蔵の交配は後にも先にも一度きり」と、心に決めていたからです。

ここでもいつも親バカ満開で書いていますが、平蔵はホントウに良い子です。
優しい心を持ち、イザと言う時には頼りになり、落ち着いていて、しっかりとしたアイデンティティがあり、ホントウに賢い。
見た目は確かに展覧会向きではありませんが、忍者のように静かで俊敏な運動能力も持っており、シバイヌらしい資質も持った子だと思いますワ。
人と犬の間柄と言ってしまうには少し勿体ない程の、、ツ〜カ〜の間柄。
彼がどんなに無表情で居ても、ちゃんと気持が伝わり合っている実感。←やっぱりオヤバカ炸裂(≧▽≦)

b0057675_2114396.jpgで、何故。というと。
ご存知の方も多いと思います。
、、、彼は皮膚が弱いからです。
つまり、上に書いた「"シバイヌ"として健全な交配を目指す」に適していないと判断してるからなんですね〜。

すると、振り返って「何故一度だけでも珊瑚と結婚させたのか?」
、、やはり上に書いたような資質を持った平蔵の子孫を残したかったから。に尽きると思いますワ。

正直言いますと、当時のワタクシと今のワタクシの、交配に関する知識は比べようもありません。
今だってまだ全然足りないと思いますけどね、ウヘへヘ(≧▽≦;)
珊瑚を迎えてから色々と勉強を始めたのですが、、、知識を得るにつれ悩みは深まるばかりでしたよ。

b0057675_2116425.jpg獣医さんに相談し、犬先輩方にも相談し。
その皮膚の弱さを後世に伝えてしまうかもしれない可能性の怖さに迷ったものです。
、、最終的に大丈夫だろうとの判断を得るに到ったワケですが。

幸いにして伊佐蔵もQちゃんもデッカく育って、健康優良児になり、、本当にホッとしました。
それどころか、どちらも素晴らしく良い子ですしね(≧▽≦)←やっぱりオヤバ…

勿論、仮に何かが起きたとしても、全ての子犬の一生の責任を負う覚悟…またその場合には平蔵の血筋をそこで断ってしまう覚悟で臨みましたので、その点は後悔していません。
、、、同じような事を当時もやっぱり書いたような記憶がありますワ。
Qちゃんの里にも、この事はちゃんと伝えてあります。それを充分承知で迎えられたのですよ。

b0057675_21181968.jpgただ、、やっぱりその「怖さ」はもう二度と経験したくない、というのが本音です。
どんなに賢くて性質が良い子だったとしても、「では健全な子が生まれるかどうか?」という事とを天秤にかけた時に、、"健全さ"が上回る事が確実でなければ、相当のリスクを生み出す事になりかねない。

生まれる子犬の事を考えた時に、、そしてその子を迎える家族の事を考えた時に。
健全な子であればある程「シアワセな犬生&犬との暮らし」の基礎はより強固になる、、と思いますからね。

交配の喜びと怖さを同時に経験したワタクシ。
しかし、やはり一度きりで封印してしまおう。
もうその経験が出来ただけでも充分過ぎる。
伊佐蔵が手元に残っただけでも充分過ぎる程だったのですが、、。

珊瑚を知るプロの方々にしてみれば「そんな勿体ない事は無い」という事らしいのです。

b0057675_21381017.jpg、、ワタクシ自身も、シバイヌについて勉強を進めるにつれ、、家では散々オバカだのヘタレだのと言われている珊瑚が、実は「けっこう凄い健全犬なのかも」という事が理解できるようになりました。
、、、そして、前回書いたような考えに到ったのですね。

ハイ。
そこで、珊瑚のお相手として平蔵以外のオトコノコが登場するワケですな(≧▽≦)/

続く…ワハハハ!!!
by koryu_misumi | 2009-05-12 21:42 | Comments(14)
Commented at 2009-05-12 23:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by MTK at 2009-05-13 00:05 x
ナルホド、ナットクですぅ。
ワタシが子どもの頃から17年間一緒に暮していた赤柴♂チャム君は
購入したブリーダーさんにすすめられるままに実は一度だけ出場して
特別賞をいただいたことがあります。
(その時優勝できない理由としてハンメイしたのがタマ●マがひとつ足りない、ということだったのですが・・・恥)
それでも何度か交配のお話をいただいていたようですが、私の親はすべてオコトワリしていました。
幼かった私は「チャム君の子どもみたーいッ」と泣きながら駄々をこねてました。その時説明されたコトは香龍さんがおっしゃられていることと同じような気がします。我が親ながらちゃんとしてたんだなぁ
(他のことも親のいうこと聞いとけば良かったのかも?)

スタイルとか、みためも大切だけど、気質も重視!
それは人間もワンコも同じですよね。
いずれにせよ、大切な家族であることはかわりないんだもん

あぁ・・・ナンカクレ攻撃されたら、ワタシ、いちころです。
Commented by もも姉!? at 2009-05-13 00:55 x
ああ、また続いてしまった・・・・・

ぐんぐん読んでしまうんで続きよろしくお願いしますう!
Commented by みみこ at 2009-05-13 01:40 x
待ってました!

「あぁ、そうか、なるほど!」と、ものすごく真剣に読んでます。
うちの黒柴(♀)にも、「交配させようか?」みたいなお話が(冗談かもですが)あったり。
さぁ、避妊させるなら、今!まさしく今!!!なんですが。
でも、親馬鹿といわれようと、うちの子、公園仲間の皆さんに「性格がいい」と言われ、私も「あぁ、初めて飼ったワンコがこのコで本当に良かった!」と思います。
健全で、気質が良い、ただ、小さいだけ。
毛艶褒められ、配色もいい、ただ、小さいだけ。(←くどい)
悩めるワタシに、どうぞ続きをお願いいたします~。
Commented by ななこ at 2009-05-13 13:15 x
私も待ってました!!

親バカはしかたないですよ~私だって平蔵君や、珊瑚ちゃん、いっちゃんにメロメロなんですから~(笑)

子孫を残すって、考えれば考えるほど、奥が深いですね。でも自分の子に、どういう形であれ悲しい思いをさせたくないですもんね。勉強になります!
Commented by 飛龍あね at 2009-05-13 20:46 x
待ってました!!

そうですよね、ただ単に「この子の子供が見てみたい」とゆうだけで
交配・出産させるのは安易な考えなんですよね。
たとえ交配させたとしても、生まれてくる子供にもし奇形の子供が生まれても
きちんと自分のところで面倒見れるかというところまで考えないといけないですからね。
ましてや大型犬とかになると生まれてくる子供も多いと聞きますし。

気質も大切ですが健康面でも考えないといけないですもんね。
もし親に健康面で悪いところがあればその悪いところが遺伝するかもしれないし、
そこがきっかけで他のところに悪いところが出るかもしれない・・・。
その他にもいろんな事を考えて交配させないといけないとワタクシも思います。
安易な交配は絶対に駄目なんですよね!!

ワタクチは飛龍に交配させる気はありませんが、去勢はしない方向で考えています。
麻酔の危険性もありますが、平ちゃんみたいにシーズン中は飛龍に大変な思いをさせるかもしれませんが、
もともともあるべき姿で過ごさせてあげたいと思っているのです。
まあこれも人間のエゴなのかもしれませんけどね・・・。
Commented by koryu_misumi at 2009-05-14 11:01
●匿名希望Uさん、こんちは!
スイマセン〜「続く」、、ばっかりで!!ワハハハ。
一度に書いたらきっと自分で頭がゴチャゴチャしそうで〜〜。

そ、、そうですか〜。
なんとなく伝わってれば良いんですけど、、、なかなか難しいですね、文章で伝えるのって。
いや、ワタクシの場合、口で伝えるのもイマイチかも(≧▽≦;;;)

お勉強は八蔵誕生秘話が終わってから、また改めて一からやってみたいと思います。
八蔵の事と一緒に書いてしまったらイカンような気がしますワ。
八蔵の事は私情入りまくりですけど、お勉強となると、そうも行きませんもんね。
でも、やっぱり一部は重複した内容になってしまいそうですけど、、!

まだまだ文章クドくなってしまうと思いますけど、暇な時にでもつき合ってやって下さいね〜。
どうぞヨロシクお願いしマッッス(≧▽≦)/
Commented by koryu_misumi at 2009-05-14 11:17
●MTKさん、こんちは!
おお〜、チャム氏は特別賞をゲットした事があったんですね!
片タマだったのが原因だったのですか、、、。
なんか、、今聞いても勿体ないような、ハナシです。
きっと両タマ揃っていたら、チャム氏の犬生は大きく変わっていたでしょうね〜。
だって、特別賞をゲットされる程だったんですから、、その他の点が素晴らしいワンコだったに違いありません。
ひょっとしたらMTKさんちの歴史も違った歴史になっていたかも!
片タマだという事を判っていながら、何度か交配の話を持って来る人が居た、、という程なんですから。

、、そこをキチンとお断りされていたご両親、、さすがです。。。
きっと片タマについての知識もご存知だったんでしょうね。

そういう部分を考えても、チャム氏はちゃんと愛されてたんだなあ〜〜って思いますワ!!!

やっぱり大切な家族だからこそ、判断しなければならない事ってありますよね。
すんごく難しい判断だったりしますけど、、。
頑張って続き書きますね!!
、、、落ち着いてパニクらない時に(≧▽≦)/
Commented by koryu_misumi at 2009-05-14 11:18
●もも姉!?さん、こんちは!
まだまだ続きますよ〜ワハハハ!!
オバカな文章、、という訳にはいかないので、じっくり書いて行きたいと思いますね〜。
変換とか間違えそうですワ(≧▽≦)/
Commented by koryu_misumi at 2009-05-14 11:24
●みみこさん、こんちは!
みみこさんも、悩み時なんですね〜。
やっぱり、沢山の情報を仕入れれば仕入れる程、冷静に考える事ができると思いますよ。
ワタクシの文章なんかは、最終的なみみこさんの判断基準の中の1%にも過ぎない事だと思いますワ。
勿論、少しはお役に立てると嬉しいですが、、、。
直接、みみこさんちの子を見せられる方で、、色んな人の意見を、いっぱい聞いてみて下さいませ。
人によっては正反対の事を言われたりもすると思います。
そして、決断するのは、かなり大変な事だと思います。
そればっかりは「頑張って下さい〜〜!!!」と応援するしかアリマセンワ〜〜。

記事は頑張って書いて行きたいと思いますから!!
Commented by koryu_misumi at 2009-05-14 11:28
●ななこさん、こんちは!
そうなんです、、そこなんですよ〜〜。
皆オヤバカになってしまうのは、避けようが無いんですよね〜〜。
だからこそ、自分が客観的に考えられているのかどうか、本当に自信が持てなくなってしまうんですワ。
何度「大丈夫」と言われても、やっぱり心配で心配で!!!

八蔵の場合は、可能な限り心配しなくて済む道を選べたので、その点は有り難かったですよ〜。
Commented by koryu_misumi at 2009-05-14 11:50
●飛龍あねさん、こんちは!
多分、プロでもないのに、自分ちの子の子を、思う人は、、皆そうじゃないかと〜。ワタクシもそのまんまですもん。
そこで、すぐさまそれを実行するか、、実行に際してどれだけの事をするか、、その辺の違いが、その後に影響するんだと思いますワ〜。
日本犬は数は多く出産しませんが、欧米犬種はいっぱい生む犬種が多いですから更に考える必要があるかもしれませんね。

健康面も遺伝する事が判っていても、危険度が高いものから、大して気にしなくていい程度のものまで千差万別ですから、、気質もですけど、やっぱりバランスが良くないとイケナイと思いますねー。
総合バランスが取れてて、バランス数値が高いのがベストって事になるんでしょうか。
これに関する知識や判断力を得るには、やっぱり沢山勉強する事が必要だと思いますワ。

手術に関しては、その子が暮らす家庭がベストと思える道を選ぶのが、一番なんだと思いますよ。
どの道を選んだとしても、その事に対してしっかり悩んで、検証したあげくに、家族の最良の道として出す結論なんだから、、、。
もしワンコに「事と次第」が理解出来たとしても、きっと判ってくれるはずだと思いますからね〜。
Commented by はぴママ at 2009-05-14 22:37 x
どこまでも、どこま~でも深く考えてのことだったんですね
平蔵さまが皮膚が弱くもう交配はさせない、ということは
以前から書いていらっしゃったので
そうであればなおさら、貴重ないっちゃんの存在だったんだと
思っていました
いっちゃんに(シバツレで)出会えて良かったです~
香龍さんが本当にいろいろ勉強されて、深く考えて
いろいろな決断をされていることに頭がさがります
続きもすご~く楽しみにしています!!
S丸くんがどんなコなのかもとっても気になりますう~♪
Commented by koryu_misumi at 2009-05-15 21:35
●はぴママさん、こんばんわ!
考えだすと、まだ足りないような気がしてくる位です〜。
ワタクシ心配性なんですね、きっと(≧▽≦)
伊佐蔵はワタクシの想像以上に、素敵な宝物ですよ〜。
平蔵と珊瑚からそれぞれちゃんと受け継いでるし、、おまけに予想もしなかった、先祖返り!?な所迄。
勿論、問題点もありますし、見栄えはいかがなものか!?という感じですが、、ワハハハ!!
でも、心底、彼を授かって良かったと思います。
彼らのおかげで本当に沢山の事を経験させてもらってます。
自分ひとりのものにしておくのは勿体ないですもんね!
頑張って書いて行きますね〜!!