人気ブログランキング |


柴犬家族との毎日 Every day with Shiba Inu 犬と散歩中に出会う野鳥や野生生物、空の写真…etc.


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋
柴犬のお勉強

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

ワタクシ的ニンゲン観察

b0057675_20134514.jpgはるか昔、まだワタクシが20代で出版関係の会社に勤めていた頃の事。
とある会議が終わってそれぞれ各セクションのブースに戻り、自分のデスクについて一息ついたところで上司がワタクシに言いました。

「あの批判ばっかしてる連中、、一見、会議ではしっかりした意見言ってるように見えるけどさ、実際は意見なんて一つも出してねーじゃん。結局何にも考えてないのと一緒なんだよな」

それは営業スタッフによる会議なのですが、とある案件が出ていて、ワタクシと上司は制作サイドから代表として出席していました。
しかし、、提出された案件に対して批判やケチは出るのですが、そればかりで堂々巡り、、。

結局その時は決着がつかないまま時間になり、次回へ繰り越す事になったのです。
繰り越しによる遅れのシワヨセは、結果的に制作サイドが尻拭いをする事が目に見えていたので、、この上司も相当腹ただしかったとは思いますワ(^^;)


上司は更にワタクシに言いました。
「あいつらの"批判"なんて中身無いんだよ。逆の事をいうか、ケチをつけるかだけなんだもん。それはホントの"批判"って言わねえっつーの。それだったら小学生だって出来るよ。本気で批判する気なら、それなりの代替案持って来いっつ〜んだよ。時間ばっか無駄にグダグダ使いやがって」

その言葉に深くうなずいた記憶があります。

b0057675_20143882.jpg以降、会議の際には営業マン達の観察をなんとなくするようになったワタクシ。
、、、すると、、確かに、中身の無い批判をしている連中はいわゆる「出来ない」営業マンばかりで笑ってしまいました。(人の事は言えない(≧▽≦))

可哀相なのは案件を出した営業マンです。
何しろ「中身がない批判」から得るものは何も無いんですから、案件の再考のしようがありません。
ただ、ひどい言われ様に傷ついたり、落ち込んだりするばかりです。

批判も意見も出さず、沈黙を守るのはほとんどが若葉マーク営業マン達と、特に意見が無い営業マン達、、。
そして、、「出来る」営業マンに限って無駄な批判は一切しないどころか、口を開けて言う事は案件に対する詳しい質問や意見等々、、明らかに有効なものばかりでした。

ここに至ってようやく、可哀相な営業マンは再案を導きだす事が出来、無事会議も終結というワケ。


b0057675_2016313.jpgそこで、ふと。
「こういう会議の場で、中身の無い批判やケチをつける人達ってさ、、出来る人達から見たら、ハッキリ言って……じゃないの?」
大衆の面前で、ろくな知識も無いままに無闇に批判したりケチを付ける事は、、反対に自分の馬鹿さ加減を知らしめている事と同じと気付いたんですな、ワタクシ。


せ、、、せめて自分がオバカとバレない為にも、これから気をつけよう〜っと。
と、以降気をつけるようにしてますが、、、ま、まあ若気の至りとかもありますので〜〜(いや、今はもうイイ年っていうか、、ね、、、)、、完璧にオバカ行為を防ぐ事はできませんけどね、はははは!!

、、、これは、この時の案件に限らず、世の中の事全てに当てはまるのではないか、とワタクシは思っています。
本当の意味で批判やケチをつけるという事は、本来ならそれなりの代替案や、せめて有効的な考えを出すのが筋。


見る角度を変えると、、代替案が出せる程その案件に対しての知識や情報を得ていないと、出来ないのではなかろうか、、。
中身の無い批判やケチをつけると言う事は、、結局、知識が豊富な人達から見ると、その当人の知識の無さを露呈するハメになる、、。


、、、、と、ここまではるか昔の出来事を書いておいて。





仮にネット上でこんな書き込みがあったとします。
「私の家の犬が、留守中にこんな事してしまいました。でも今はとりあえず大丈夫です」


「こんな事」は、一歩間違えば、犬の命を左右するような出来事だとします。
これに対してどんな書き込みが続くだろうか、、、ネットの世界が長い人には容易に想像が付くのでは。


「ウチの犬もこんな事してしまいましたよ」とか。
「そうなんですか、とりあえず大丈夫で良かったですね」とか。
「こんな書き方して、飼い主は事の重大さを認識してないんじゃないですか」とか。
「犬がそんな事するのには、何か理由があるのではないですか」とか。
「その程度の事を防ぐ事もしてなかったんですか」とか。
、、、様々ですよね。

b0057675_20195387.jpg最初の書き込みでは詳細な状況がほとんど判らない文章、、、と言うのに、既に批判を書き込む人達は、、、ワタクシにしてみるとまさに「出来ない営業マン」。(しつこいですが、人の事は言えない(≧▽≦))


しかし、ニンゲンって、自分の最も身近な状況にあてはめて物事を考えてしまうのは、ごく自然な事でしょうし。
そういう意味で考えると「この人達はそういう問題が起きない状況で今暮らせているって事だろうな。それはそれでシアワセだよな」と思ってしまう訳です。

さて、この書き込みがどんどん進むと、、。
批判はエスカレートする場合もあるでしょうし、ある程度の意見も出るでしょうね。

「ウチでは”こんな事”をさせない為にコレをしています」とか。
「コレをするのは飼い主として当たりまえの事だ」とか。
「コレもしてないのに、起きてしまう事は事故なんかじゃない。飼い主の責任だ」とか。
「コレもしてない人間は飼い主失格」とか。


この状況で、一つの流れが生まれます。
書き込みに現れる人達は、犬を大切に思う人達ばかりでしょうから、その方向に進む事が多いようですね。

類似のものを色々見て来ましたが、だいたい対処法や、"こんな事"に対する飼い主の在り方、のような流れが多いように見受けます。
、、残念ながらこの流れは一人歩きして勝手に進んで行くワケですな。

b0057675_20202363.jpgちなみに。
良く見かけるのですが、、。
ミスをした飼い主に対して、"それをクリア出来ているらしい飼い主"が、よくもここまで攻撃出来るなあと感心する程の「攻撃のみ」の書き込みを連発される事がありますね。

「通常なら"知らない人"には"知っている人"が教えてやるのが筋だというのに、、どうしてミスを犯してしまった人に対して、その上級者は指導してやらずに攻撃するんだろう?」と単純に思うと。
ワタクシの中では割合と簡単に答えが見つかります。


それは、"かつての自分"がそこにあるから、、かもしれんな、、と。
犬に対するまともな知識も心得も常識も責任も覚悟も持ち合わせなかった頃の、、初心者の自分。

それを彷彿として腹ただしかったり、恥ずかしかったりするから、、だと思うのです。
、、無意識的なもので本人自身は気付いてないかもしれませんけどね。
これは、ある程度の知識や心得を持ち合わせるようになってから初めて気付く、恥ずかしさ、腹ただしさではないでしょうか。


専門家によると「"投影"に基づく攻撃」=自分の内側の不快を相手に属しているものとして攻撃する事。だそうな。
勿論、全員が該当する訳ではないでしょうけど、、かなり多いような気がしますワ。

まあ、心情的には判らなくもないんですよね、ワタクシも昔はかな〜〜り腹立ててたりしてましたから(≧▽≦;;)(今もか!?)
でもやっぱり裏には犬に対する愛情があるのは確かだろうし、この点はしっかり犬を大切にしてるんだろうなあ、、、、と、これまた思ってしまうワケですな。

b0057675_20212753.jpgただ、、個人的に思うに、、経験が豊富な人は、このような攻撃はあまりしないでしょう。

というのも、経験を積む程、世の中には知識や心得や常識なんぞ無いままに、犬と何年も暮らしている人も居るという事を、、自然と知る機会が多くなると思うからです。

つまり全ての人がワンコと暮らすにあたって飼い主としての自覚を持って臨むワケではない、という事を知る率が上がるという事です。


このような条件にあてはまる飼い主、、としてだけ見れば、それこそ格好の餌食になるでしょうね。
、、、飼い主としての自覚もないのに犬と暮らす!?そんなだから不幸な犬が増えるんだ!、、というような声は、非常によく見られるものです。
しかし、ワタクシには運良く(?)、、その条件にあてはまる人達が全て非難されるべきでない、という事を知る機会がありましてね、、。


ワタクシの経験の一つに。
我が家の近隣は田舎ですので時々犬が捨てられるのですが、殺処分されるのは忍びない…として、飼い犬になった犬が沢山居ます。

そして、その中には、、あんまり犬に関する知識が無い方もいらっしゃる訳なんですな、、。
知人が処理センターに連れて行くといった犬を、ひったくるように引き取った人も居ます。犬と暮らした経験も知識も無いのに。

彼らは元々犬と暮らすつもりなんて無かったのですが、、何故知識も経験も無いままに、この子達と暮らす事にしたのでしょう?

、、、ただその命を見捨てられなかったから、だと思うのです。

ただそれだけで犬と暮らす事を決めたのですから、当然ほとんど知らないまま過ごす人の率は高い。
「だいたい、犬を飼うってこんなもんでしょ」という、感覚は勿論お持ちでしたけども。

b0057675_20215859.jpgどの程度知らなかったか、実際にワタクシが後々知ってビックリした事を挙げると。

「犬のしつけ本」がある事さえ知らずに共に暮らしていた人も居ますし、狂犬病注射が義務である事さえ知らずに居た人、、チョコを食べさせて居た人、、。

そして、知らないが故に、ホントにビックリするような初歩的なミスに陥ってしまう事も。
ほんの少しの知識があれば、免れたかもしれないような、、、確かに現在の常識で言う"飼い主"としては、全くハナシにならないのです。

ですが、ワタクシには責められるはずもアリマセン。
その問題の根本は、捨てに来た連中にあるのですから。


角度を変えて見ると、、似たような状況は都会でも見受けられます。
初めて犬を迎えようとする人に、飼い主の自覚が充分にあるかどうかなんて確かめもせずに、無責任に売買するショップ類は決して少なくありません。

全ての人が「さあ、犬と暮らすぞ。色々勉強して、シアワセな暮らしが出来るように、一緒に頑張るぞ」なんて思って、子犬を捜しに行く訳ではありませんからね〜。

犬との出会いは「運命」でも「直感」でも、何だって良いと思うんです。
その時点で自覚が無い人だって当然居ると思います。
ソレ自体に罪はないと思うのですが、、、問題はその後なんですよね。

b0057675_20225772.jpg初めて犬を迎えようとする人の全てが「良いショップ・ブリーダー」と「そうでないショップ・ブリーダー」の見分け方が出来る訳ではないでしょう。

自覚もないままに可愛い子犬を欲しがる相手にこのようなショップ側が臨むのは、ホントウの犬のシアワセではなく支払の「金」。
周囲に色々と教えてもらえる環境があれば、それでもまだマシとは思いますが、、。
その人の周囲を取り巻く環境によっては、かなり無知な状態で飼い主となり得る人は多いと思うのです。


シバツレを昔から読まれている方の中には、、犬との暮らしなぞこれっぽっちも考えてなかった某家庭に、ある日突然プレゼントとして送られて来た(押し付けられた?)子の話を、、覚えている方も居る事かと、、。
あれも、ワタクシが目の当たりにした経験の一つですワ。

何度か同じ事を過去にも記事に書いて来ましたが。
常識というものは、100%の人が知っている事、、ではアリマセンよね。


それがどんなにメジャーであったとしても、接する機会がなければ、どんな人だって知らずに過ごしているのです。
「知らなかった、では済まされない」というフレーズを良く目にしますが、、知る事のない状況にある人も現実に居る。

多分、犬の世界を見れば見る程、こういう事に触れる機会が増えると思うのですよ。
、、、まだ経験や知識の浅いワタクシは、たまたま運良く経験できて、その事を知ったというだけですワ。

b0057675_20232393.jpgだからワタクシは「なんでこんな当たり前の事もしないんだ!」と怒る前に。

「この人がこんな事も知らないのは、何か訳があるんじゃないのか?」、、と考えてしまうクセがついてしまったんですな。

、、、知識や心得の無い飼い主に遭遇した時に、どんな背景があるかも判らない状況で、すぐさま非難する事が出来なくなってしまったのですよ。


おお〜!?
なんかドエライ脱線してしまったような、、、。
眼が疲れた人スイマセン。
、、、でもまだまだ書きますよ〜わははは!


さてさて、書き込みのハナシの続きですが、、。
「ウチでは”こんな事”をさせない為にコレをしています」というような、具体的な意見が出た時に。
「そうだそうだ」
「そうでないのは論外」
といった流れが出来る事があります。

例えば、これは危険回避の為の「コレ」だとしましょう。
アレとかコレだと判りにくいので、、。

「我が家の犬がノーリードで、他の犬に接触して噛んで(噛まれて)しまいました」というハナシだったとします。

当然、ノーリードの背景を良く知らないままに批判が相次ぐのは予想できます。
「ウチではリードをしっかり付けています」という具体的な意見が出る事も予想出来ます。

「リードを付けるのは飼い主の常識だ」とか。
「ノーリードみたいな事をするバカ飼い主が居るから……」とか。
「犬を飼う資格ありません」とか。

まあ、判りますわな。
で、、確かに正論ですし、なんとなくそのノリで、終息しそうな雰囲気にもなります。


「犬にはリードを付ける」その通り。

、、、以前、状況的にはこのような流れでいた場所を見かけた際に。(その時のハナシはリードじゃなかったんですけども)
「この書き込みを見ている他の人達が、これをそのまま鵜呑みにしてしまうと、危険&片手落ちになる」と思って、思わず書き込みましたよ、ワタクシ。

「それだけでは絶対とは言えませんよ。しつけも必要ですよ。
世の中には、どんなに万全をしていても不測の事態はあります。実際に、病気や何かでリードをしっかり持てない人だっていますからね」というような類いの書き込みですワ。

すると、まさにそれに該当する人達が、、書き込まれて実例を挙げられましてね、、。

そしたら「それは言い訳」「当たり前の事ができないのが理解出来ない」という意見も出ましてね〜。

b0057675_2025335.jpgうう〜ん。
先に述べたように、経験しないと判らない事ってあるんですよね〜。
人によっては理解をしめすorしめさないはあったとしてもね。

昨日まで健康で元気だった人が、ある日突然の事故で、握力をなくす事だってアリな世の中なんですよね。
毎日キッチリリードをつけて散歩していても、なにかのきっかけで新品だったはずのナスカンが壊れてしまう事だって、"絶対起きない"とは言えない。

具体例に関わらず、いつ何が起こるのか判らないのが、現実。

しかし、その事を理解出来ない人にはそれは「出来て当たり前の事が出来ない人」になってしまうようで、、。
自分がいつかその目に遭うかもしれない、、という事は浮かびもしないんでしょう。

該当する人にしてみれば、、、それは「もう犬と暮らす資格が無い」と言われるようなもんですワ。

まあ、人には「理解のし時」がそれぞれありますから〜。
自分が同じ目にあった時に気付く人も居ていいと思うんですワ、、、その時には手遅れな事もあるでしょうけどね。
運が良ければ理解なんかする必要も無いまま過ごせる人も居る事ですし。
それはそれで、今健康でいられる人は幸せだよなあ〜と思ってしまうワケですわ。

ただ、、書き込み場は、、ちょっとモメましたけどね、ははは。


んが。それは置いといて。
いや、その方向に流れて欲しくなかったんだけども(≧▽≦;;)と焦るワタクシ。

「リードを付けましょう。で終わってしまっては、ホントの危険回避にならないですよね。
不測の事態にそなえてのしつけがあるのですから、この先のハナシもした方が書き込みの有効活用につながると思いますよ」というような事も書きましたよ。

b0057675_2027833.jpg例えば、リードが切れてしまった時に「マテ」とか「おいで」とか、しつけておくとか、、。
仮にノーリード状態になったしまった時に、ニンゲンに噛みつかないようにしつけておくとか、、って事を暗に言いたかったんですが。

すると「不測の事態にそなえてのリードでしょう!?だったらリードをするのが当たり前」というヒトも居ましたよ。

それに「しつけって簡単に言うけど、だったらどうすればいいのかハッキリ書けばいいじゃないですか」というヒトもいましたね。

そして相変わらず「当たり前の事もせずにそういう言い訳を続けるのはおかしい」というようなヒトも。


上の人は、、、まあ、そういう思考パターンの人も居るかな、、って感じでしたけども。
次の人の言葉は、、あ〜このヒトは、このしつけで苦労してるんだなあ。と心配になりました。こういう事言うヒトは、その事ですごく悩んでたりするヒトが多いんですよね、、、。

そして、さんざんモメて堂々巡り状態になっていても相変わらずの事を強硬に言う人達、、。

この人達の中には、先に書いたように"理解できない人達"も当然含んでますが、他にも色々いらっしゃるように見受けました。


それは。
"そうでなければ都合が悪い人達"が沢山居るみたい、、やな〜。という事です


「リードをつけましょう」で終わり=それが責任ある飼い主である。という事にしたい人達。
「そうでなければ都合が悪い」、、、つまり、この先のしつけが出来てない&してない、、そういう自分を正当化したい人達、、。
これもまた、無意識的なもので、本人自身は気付いてないかもしれませんけどね〜。

見れば、相変わらずの事を書く人達の中に「その先のしつけが出来ている」と記入している人数は本当にごくわずかでしたからね。

でも、正当化したくて強硬に書けば書く程、、実際は自分自身でその重要性を認識している(けど出来てない)事をバラしているようなもんですから〜、、、。
きっと、ホントは悩んでたりするんだろうなあ、、。
これらの人達には、頑張って「しつけ出来てますよ」と言えるようになるといいなあ〜、、なんて思うんですよね。

b0057675_20281996.jpg他には、、確かに正論ではあるけれども、、ただ、ひたすらにそれを強硬する人の中に、ナマの声がさっぱり聞こえない人もいらっしゃいましたワ。

知識はタップリあるっぽい。見る限りでは知識の豊富な方、、のように見受けたのですが、どうにも犬と暮らしている姿が浮かんで来ない。
ん〜、この人はどういう人なんだろう?良く判らないなあ〜もうちょっと理解したいなあ〜と遡ってよくよく読んでみると、、、。

ふと、ある事に気付いてビックリしました。
「この人の書いてる事は、、皆全て本等に載ってる事ばかり」という事でした。

実際に犬との暮らしを重ねると、本なんかとても役に立たない事に何度もブチ当たりますよね。
結局は犬と自分と試行錯誤で捜して行くしか無いって事なんでしょうけども、、、。

誰しも文章に、それなりの感情とかこもってたり、言葉の端々に犬との暮らしを彷彿とさせる事があるのに、ワタクシはこの人の文章にはそれがサッパリ感じられなかったんですわ。

まさか本を横に置いて、書き込んでる訳じゃあるまいな〜。関わらない方が良さそう〜。
ひょっとしたら、、実際にはろくな経験なんか無くって、、だから融通利かないのかも、、、と思いましたよ、この時は、、。


ところが、この相変わらずな人達の中に。
更にワタクシに判らない人がいらっしゃいました(≧▽≦)/

その人の文章を読めば読む程、、、。

その人は確かに経験アリ…らしい。
犬も複数等と暮らしている…らしい。
その犬達は当然、当たり前の事も、しつけも出来ている…らしい。
そんな自分はバッチリ責任在る飼い主だという自覚もある…らしい。
しかも、この人はバカな飼い主のせいで、犬が不幸になる事を防ぎたいと思っている…らしい!


経験不足から来る、"投影への攻撃"もこの人には必要ない。
しつけが出来てない事を正当化する事もこの人には必要ない。

なのに、どうしてこうも相変わらずで強硬的なんだろう?
何故自分の主張以外の状況がある事を全く認めないんだろう?

自分以外の人に対して、共感するどころか、切り捨てるとは。
経験故か、非情に断定的な文章でエラい人のようですが、、。
、、、自分のやり方こそが、絶対と思っている文章なのですよ、、、。

b0057675_20301553.jpgワタクシは不思議で不思議で。
、、、だって、、、オリコウさんに歩いている犬と人を見ると、犬と暮らすニンゲンなら思わず見てしまいますよね。

「あ、あそこの犬はちゃんとしつけてあるなあ〜、飼い主さんもしっかりリードをつけているなあ〜、エラいなあ」って。

犬と接した年月や量、質、共に経験豊富な人なら、、そうやって他人の眼につく回数だって、タップリでしょう。
そして、、良い飼い主と犬であればある程、、「どうしたら、そんな風になれるんですか?」と聞かれる事だって、増えるはずじゃないですかね〜。ワタクシも時々尋ねますけどね、、。

逆に、最近の連続した犬暮らしでは、せいぜい8年程度のワタクシですら、上に書いて来たような色んな人と接する機会があったんですから、、、。
散歩コースや、病院の待合室や、、それこそ予想もしない場所で。
しかも、そんなにオリコウでもないチビズだって〜のに。

ここまでパーフェクトな事を書く人が、"誰かに相談された事無い"なんて、、そうそうあり得ないと思うんですよね。

まあ、相談する側の人は、、この人にとっては「バカな飼い主」になってしまうんでしょうけども。
犬の不幸を嘆いていながら、自分の主張に見合わない飼い主の場合は、、相談に乗ったりしないで、書き込みのように切り捨ててるのかなあ?

それこそ矛盾してるがな。
、、、いや、バカな飼い主の存在にほとほとあきれ果てて、存在そのものを認めたくないのか?
だったら、書き込みになんか現れないよな〜、、、やっぱり不思議。

そ、、相談された事ないのかな?まさかね〜。
ひょっとしたら、、すんんんんごい人口密度が低い所にお住まいだったりして、、。

でも!
この人が、主張以外の状況の人を認めて助言をすれば!!
これこそ素晴らしい存在になるのでは!?
こんなもったいない事は無いよ!!


、、、、なんとかして理解出来ないもんだろうか、、。
と思ったワタクシは、専門家に尋ねました。

これら「相変わらず」な人達について聞くと、、。
「自己愛が強い人達」にあたるらしい、、。

あ、それは判るワ。
ワタクシも、ちょっとはありますから〜自己愛(≧▽≦)/

でもさ。この、最後の人は違うやろ。
この人は根底に”バカな飼い主のせいで犬達が不幸になるのを防ぎたい"と明らかに考えている。
この人にこっち向いてもらえれば、凄く良いセンセイになりそうなのにな。

すると。
「自分ひとりでそんな大きな事が出来ると思う程万能感を持っていたら、やっぱり"自己愛"」だそうな。


"自己愛"でググって見る事を勧められたので、ググって見ました。
自己愛性人格障害というのがあるそうですね。特徴は以下。


過剰な自尊心。
自分自身にしか興味が無い。
自分は完璧で欠点が無いと思っている。
批判や失敗を認めない。
他人に共感しない。
傲慢な言動。
権力や美への妄想。

5つ以上該当したら、、、。



、、、う、、、、うう〜〜ん、、、。



この人を理解するのはヤメる事にしました、、。



しかし、、、書き込みの場というのは、、該当者達以外にも、その他大勢の集う場所であって、、。
、、いくら正論とは言え、他の人達の判断に多大な影響を与える場で、、それに惑わされるような事は回避したいんだけど。
どうすりゃいいのさ。

「自己愛性人格障害者への効果的な対処法は、関係を持たない事しかないよ」との事。

ええ〜!?

「聴衆は難しいね。巻き込まれるか、一斉に反感を持つかだな」だと。


、、、、、、。

なんとなく別の意味で勉強になりましたよ、、、。


by koryu_misumi | 2008-12-20 20:19 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(8)
Commented by みき at 2008-12-20 22:26 x
こちらでははじめまして。
お友達のサイトではコメントが上下になったり^^;
私はこちらのサイトをよく拝見させてもらってます。
今回の、最後に出てきた人の件!
「同じ人のことちゃうか?」っていうくらいの人がいまして…
私の言うことが他人に褒められることが気に入らないらしく
突然攻撃メールとかきましたよ~!
それはまさに理解不能!!

そして、関係を持たないこと を心に決めました!!
(それでも絡んでこられますけど…一方的な文句言われたり)

香龍さんの書かれている通り、本当に端的にしか物事を考えない人や
自分を正当化することに重きをおいているような人がいます。
私も以前はそういう感じだったのですが、周囲の人間や
犬たちから 矯正する機会を得ました。(でもまだ未熟者ですが)
自分が経験したことのみではなく、色んな角度から物事を
見ることができる人間になりたいと思います。
そんな難しい心境・状況をうまく言葉にできる香龍さん、
尊敬してます。絵も…。
Commented at 2008-12-21 01:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by コロスケ at 2008-12-21 06:48 x
いつもながら読みごたえがありました。
常々ネットの世界等で自問自答していることの出口を頂いた思いです。ネットの中は文字の世界ではありますが、それゆえの難しさもアリ、悲しさもあると思います。<自己愛的人格障害者>自分自身がそうならないように(なってるかも?・汗)みつめなおします。ブログとゆう公共の場で自分の意見を書き、経験を話して居る以上責任ががありますから。
私は人間は成長して行く生き物だと思っていますので、自分も成長をしていきたいです。たとえ歩みがのろくても時々は立ち止まり振り返り人様の意見を聞きながら後戻りして道を修正しながら歩いていきたいと思っています。
たくさんあるネットの世界で香龍さんとゆう人に出会えたことを感謝します。ありがとう。
Commented by もなか at 2008-12-21 09:02 x
自己愛かぁ。そうだったんだ~。

なんか、犬を愛するが故の議論だったはずが、いつのまにか
「相手を言い負かす」ことに摩り替わっていることがよくありますよね。
あれを見るたび、「なんだかなぁ」って思うのです。

ずっと猫を飼っていた友人が、最近犬も飼いはじめたのですが
「猫と違って犬を飼うってほんとに子育てと一緒だね~。大変で育児ノイローゼになりそう。犬友達も育て方、環境も全部違うし・・・。」
って言ってました。
子育てと一緒だから、自分を投影しやすいのかもですね。

私も気をつけようっと、中身の無い批判をしないように・・・(笑)。

うちも田舎だし、ご近所はご老人が多いので、
与えてはいけない食べ物を与えていたり、都会では考えられない飼い方を
している人も沢山います。
でも、私はその人たちを責めることはできません。
その子が幸せならいいかって思うのですけど・・・。
Commented by koryu_misumi at 2008-12-21 20:32
●みきさん、はじめまして!
お〜どなたかと思いましたが、すぐ判りました(≧▽≦)/
実はワタクシも時々ブログ見させてもらってます〜。
ハイ。ニアミスとかしてますね、こちらでは初めましてですね〜!
おお、この最後のような方と接する機会があったんですか!!
うわ〜、、普通に自己愛強い位なら「こんな人も居るさ」で済むんでしょうけど、人格障害レベルになると、、もう素人では手に負えませんね。

そうですよ、専門家でもなければ、関わらないのが一番らしいです。

最後の人以外の人達って、誰もが通る道にいらっしゃる途中なんじゃないかなあと思いますワ。
ワタクシも散々"投影"も"正当化"もしてきてますし、わはは!
だから、こういう人達の気持は判るので、全然嫌いになれません。
でも、自分が色んな角度から見れるようになってきたかな?と感じられるのは嬉しいです。
これも、沢山の人と経験とチビズのおかげですよ〜。
みきさんもそうやって自分で感じられるって、素敵な事ですよね!!
そそ、、尊敬!?何を言ってるんですか〜(≧▽≦;;;)/(テレ)
みきさんが書かれている事と一緒ですよ〜。
、、ちょっとクドく書いただけです、わははは!!!
Commented by koryu_misumi at 2008-12-21 20:46
●匿名希望Mさん、こんばんわ!
わはは〜、ちょっとチビズの話題とは違ったんですけど。
この手の書き込みがよく陥ってしまう、ヨロシクないパターンについて考えてたら、ふと昔の事を思い出したんですよ。
こういう体験をして、理屈が通らない事に悩んでる人って多いんじゃないかなあ〜と思って、自分なりに書いてみました(≧▽≦)
ワタクシが書き込みを眺めてる時って、だいたいこんな感じで人間観察しながら見てるんですよ〜わははは。
、、、世の中って、ホント色んな人が居ますもんね。
ワタクシは、最初に書いた上司の言葉がなかったら、、きっと今の自分とは違ってたと思いますワ。
自己愛も度が過ぎると、他を否定する度も強くなる訳ですから、、やっぱり他を育てられる訳ありませんよね〜。
ワタクシも、ついつい自分本位に考えてしまう事がありますので、、ホントに大事な事が何なのか、、見失わないようにしようと肝に銘じるようにしています(^^;)
Commented by koryu_misumi at 2008-12-21 20:56
●コロスケさん、こんばんわ!
ちょっとした書き込みの場も、結局は世の中の縮図のようなものですもんね〜。自分がその中に居るんだって事を、しっかりと認識させられます。
そりゃ〜色んな人が集うのは当たり前だから、そうそうスムーズに行かないのは判ってるんですけど、、難しいですよね、ホントに。
コロスケさん。自己愛性人格障害者は自分が一番だと思い込んでいるので「見つめ直す」なんて考えは毛頭ないんですよ(≧▽≦)
だから、全然心配する事無いです〜〜!!
コロスケさんのブログは、ちゃんと地に足がついた経験に基づいて書いてあるので、きっと沢山の方の助けになっていると思いますよ。(ワタクシも)
ワタクシも犬の事が好きだから色々と勉強しますけど、、すればする程何も知らない事に気付かされてしまってます。
でも、少しずつでも、日々成長していければ、これはホントに嬉しい事ですよね!!
これからも、ワンコ道を歩いて行きましょうね!!
Commented by koryu_misumi at 2008-12-21 21:15
●もなかさん、こんばんわ!
そうですね〜「自分の意見をこそ正しい」と押し通す事って、ホント「正当化」これぞまさに自己愛かなって。
認めてしまうと自分が否定されるような気がするから、それを逆に消そうとする事で自分が保てる、みたいな感じなんでしょうかね〜。
考えると、ちょっと悲しい話ですワ。
認めたって否定される事にはならないのに、、それだけ自分自身がしっかり持ててないって事なのかな。
まあ、誰しも大なり小なり自己愛があるから、判らなくもないんですが。

ワンコの育児ノイローゼっぽい話は良く聞きますわ〜。
すごく愛情があるからこそ、陥っちゃうんでしょうけど。
もっと気楽にしてもいいんですよ〜って、言っても、それがどの程度かなんて判る訳無いですもんね。
こればっかりはワンコの個体差も、環境も、千差万別。もう応援するしかアリマセン。

もなかさんちのご近所さんも〜。
判ります!ご老人世代は「放し飼いが当たり前」だったりしますよね!
器なんか壊れたスコップだったりとか(≧▽≦;;;)
ワタクシも直接命に関わる事だけは、おせっかい言ってますけど。
ソレ以外では、家族とワンコがシアワセなら、それで充分かもと思ってますよ〜。