柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(659)
(177)
(128)
(110)
(24)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

タグ:虫 ( 24 ) タグの人気記事

季節のよもやま

b0057675_15111514.jpg

屋上でひなたぼっこ中の伊佐蔵坊っちゃん


爽やかな季節ですね〜。
最近は大気の状態もそこそこいい感じで有り難いですワ。
何と言っても、鳥達の歌声の響きが違う(≧▽≦)

我が家の近所の早朝はキビタキ、ホトトギス、ウグイス、時々コジュケイ。
明るい間はヒバリにシジュウカラ、ホオジロ。
夜になるとフクロウ、、あたりが最近の常連さんです。

b0057675_15282507.jpg

クマンバチの羽音が昼寝の邪魔をするの


平坦な散歩コースではイソヒヨドリやコチドリの美しい声に出会え、山コースでオオルリあたりが聞こえて来ると、ひとりニヤ〜っと怪しい笑みを浮かべてしまいます。

鳥は、、特に小鳥は、姿を見つけるのが難しい場合がありますので。
歌声を覚えると、見つける(聞きつける?)楽しみが増えまするよ〜。
案外、皆さんの周りにも、想像以上に沢山の小鳥達が居るに違いアリマセン。

ワタクシの好きな鳥声サイト→野鳥の歌

b0057675_15451442.jpg

も〜、、。


我が家の散歩コースやご近所の楽しみは、鳥達の歌声ばかりではアリマセンよ〜。
小動物や虫達や植物達も輝くこの季節。

我が家の近くの、和散歩コースにもなっている河川敷は、ちょうど蛍の時期となりました。
近隣の田んぼが無農薬&有機農法による稲作をやってくれているおかげですワ。
これはね〜、、地域一帯となってやらなきゃ出来ない事なんですよ〜。

実は今年、河川の土砂撤去が行われたのですが、我が家の近所だけちょっぴり残されています。

b0057675_15350388.jpg

、、ただ一時期的に中断しているだけなのか、ひょっとしたら河川のイキモノ達の為に少し残してあるのか。
そこらはよく判りませんが、、、。

土砂撤去された場所が、これからまた河川のイキモノ達にとってマシな状態に戻って、彼らが増えて広がっていけるまで、、このちょっぴり残された場所がそのままだといいなあ。

大乱舞の年に比べると、、さすがに数分の一に減っています。
それでも今年もゾロゾロと蛍を見に来る人が後を絶たないようです。
数名の和散歩参加者も見にきては、歓声をあげとりましたよ〜(≧▽≦)フフフフ。

b0057675_15565202.jpg

ミヤマカラスアゲハの、、♂とみた


小動物と言えば、例のアナグマさんは、、どうやら同体のようなんですが(≧▽≦)
最近、毎日のように遭遇しております。

でもって、やっぱりニブチンなんですわ、ワハハハ!

先日、T字型になっている側溝を上からふと見ると、側溝の中に居るアナグマの鼻先だけが見えたんですよ。
ワタクシと伊佐蔵は側溝の上に立っておりまして(つまりアナグマの真上)、アナグマからは我々の姿は見えない。

b0057675_16002699.jpg

誰か〜このカタツムリの種類を教えてくれ〜。
ニッポンマイマイかと思ったけど、なんかちょっと違うような…とんがり過ぎてる。


でも「何か匂う、、?」(←我々のニホヒ)と言うわけで、その可愛いお鼻が「クンクン」「クンクン」と空気を嗅いでいる様子を上から見てて、、。
ほれほれ、、ココ、、ココに居るよ〜〜グッフフフフ。。と息をひそめて笑いをこらえてしまいました。

なのに、例によって「安全確認終了!」と出て来ようとしたもんだから、慌てたのはワタクシですよ。ワハハハ!

目の前にニョッキリ出て来られたら、逆にパニクらせてしまいそうなので、、。
そうなる前にわざと大きな物音を立てて、引っ込ませてやりましたよ。。。
こんなんで大丈夫かなあ〜この子、、心配ですわ〜(^^;;;;)

b0057675_16032251.jpg

これはニッポンマイマイと思う


伊佐蔵がちゃんとワタクシに連動して興奮しないで居てくれるから、、と思ってたけど。
ひょ、、ひょっとしたら、このアナグマがか〜な〜りニブチンだから、こんなに接近遭遇で観察出来てたりして!?わははは!な〜んて。
、、こんなアホな事を考えながらの散歩、、毎日楽しいですわ。

伊佐蔵のメンツの為に、言っておきます(≧▽≦)
いっちゃんが、ワタクシと連動してくれてて、しかも落ち着いて穏やかに歩いてくれているのは確かですよ〜。

落ち着いて穏やかに歩いていると、、たいていの犬達に番犬業をされないんですよ。
「アソコの犬にいっつもギャンギャン吠えられるのよ〜」なんてハナシは、散歩コースの他の飼い主さんからはしょっちゅう聞くんですけどね。

「あ?うちは吠えられた事ありませんよ〜」とニンマリ応えてしまうワタクシであります(≧▽≦)

b0057675_16102002.jpg

おまけに、ほとんどの犬達に好かれてるのが有り難い、伊佐蔵坊っちゃん。
そういや、つい2〜3日前、ママン様と伊佐蔵とで夕方の散歩に行ってもらったら、、それぞれ別々に4組の飼い主さん&柴犬と遭遇したそうですわ。

レイカとオバサン。
北斗とおばあちゃん。
ココちゃんとお父さん。
テッちゃんとお姉さん。

全員「いっちゃんスキスキーーー!!」とスキスキ攻撃のお相手をそれぞれ全部にちゃんとして、、。

、、帰ってきた頃には、さすがの伊佐蔵も「今日はちょっと疲れた〜アハハハ」という感じでしたよ、ワハハハ!!
モテるオトコはつらいねえ〜(≧▽≦)

b0057675_16232661.jpg

笑いながら撮影していたら「何笑いようと〜」って。わははは!


この季節の、なんと言う事の無いハナシでした(≧▽≦)


か〜な〜り前の写真シリーズ、今日も放出です。
寒い時期に撮影した、、、「珊瑚マイマイ」(≧▽≦)/))
b0057675_16283629.jpg

グルグル巻きにされて、ムッツリお嬢さん。

b0057675_16290641.jpg

でも、暖かくなって気持ちよくなって、、、ウトウトでした(≧▽≦)可愛いヤツ!

b0057675_16305775.jpg





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_16314665.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2017-05-29 16:33 | Comments(2)

そろそろ今年の和談会

b0057675_13401955.jpg

散歩コースの野イチゴの紹介。
これは「クサイチゴ」の花。


和談会の時期がやってまいりました。
今年最初の和談会は、今月の28日です。

和散歩も和談会も、基本的にくますけさんがやりたいようにやってもらう事にしております。
ワタクシは…その中で好きなようにワタクシを利用してもらえればいいや、というスタンス(≧▽≦)/

で。
今年の和談会は、、更に掘り下げた和談会になる予定らしいですよ、、、。

とか言いながら、オヤツぽりぽり~の会になるんでしょうけども。ワハハハ!
ワタクシは〜オヤツと言えば、アタリメとかナッツ系が好きですが(≧▽≦)

b0057675_13440042.jpg

クサイチゴの実と花。ウマいです。


「自分を信じる事」*「最も疑いたくない自分を疑う事」
「他者の言葉に耳を傾ける事」*「他者の言葉を鵜呑みにしない事」

等々、、。

一見、矛盾しているようで、これらを両立する事の大切さ。
そんな事を皆でオシャベリします。
、、、と言っても、オヤツ食べながら〜ですけどぉ〜〜。

まあ、犬道!!に書いてきた、プラスとマイナスの感情バランスを整える事と似たようなもんですかね。

b0057675_13460565.jpg

モミジイチゴ。葉っぱがモミジのカタチだから。
けっこうデカイ木になります。


現代の地上で最もバランスを崩したイキモノ=ニンゲンである我々が、最も必要としている事のひとつ。。

「調和」

お手本はやっぱり自然界が一番でっしゃろ(^^)
現代のニンゲン界程、お手本にならない世界は無い。ワハハハ!!

、、昔々は手本になるモノゴトが溢れていたみたいですけどね〜。
かつての日本人とか、、ネイティブアメリカンとか、、世界中に調和のとれた姿は見られたはず。。と思います。

b0057675_13491402.jpg

オレンジ色の実がなります。サッパリ味。


他にも、、。

「良い」*「悪い」
「白」*「黒」
「光」*「闇」

無限とも言える数の「二極の価値観」の中で、、我々はどれだけ調和を保っているのでしょうね。

保っている「つもり」の恐ろしさ。
「つもり」がどういう事なのか。

、、それに気づくチカラを育てる事について。。

b0057675_13502576.jpg

ナワシロイチゴの花。苗代の頃に咲くから、らしい。
もちょっとちゃんと咲いたの探したけど見つからず(^^;)


白と黒の間のグラデーションを見れば、、その限定された空間の中で、無限の広がりを知る事が出来ますよね。
どの部分を選択しても、完全に同じ色のグレイは存在しない。

固定された価値観でもって、その無限の中に枠を作ってしまう事は、、その枠外に広がる無限に駄目出しをするのと同じコトと思うんですよ。

価値観が固定されていればいる程、そしてその枠が小さければ小さい程、、外の世界は"ダメ"ばかりになってしまう。
枠の中こそが正しくて安全だと。
、、、角度を変えてみれば、井の中の蛙状態ですね。

b0057675_13524998.jpg

ナワシロイチゴの実。甘い(≧▽≦)
すぐ横にバライチゴの葉が見えてますが、実も花も写真撮れず。


「光」が強くなればなるほど、濃い陰・「闇」を作りますよね。
正論を振りかざせば振りかざす程、より強い反論(別の価値観による正論)が出て来る。

一極だけを選択する事は、、調和を崩す事になると思うんですよ。
カルトは「正しい」と信じる事に沿って行動する。
でも、それが及ぼすモノゴトは、、?


これらは、、光も闇も受け入れた人には無縁の事だと思うんですよね。
そのままを、そのままに受け入れる事。
固定されず不安定で流動的で、でも、確かな「そのまま」を受け入れる。

b0057675_13583416.jpg

これ全部ナワシロイチゴ、、これから熟すゾ〜。


たいてい、、心底、受け入れた事に対して、人は不平や不満や怒り等を覚えなくなります。

あるモノゴトに対して「納得した」「受け入れた」と宣言しておきながら、そのモノゴトや付随するモノに対して怒りを撒き散らす人が居るとするなら。

それは言葉の上の事であって、実際の所は、、、という事でしょうか。
それは、ただ単に感情の矛先を変えただけで、実際の所はクリア出来ていない。
受け入れた「つもり」。


傷ついたり、腹が立ったり、過ちを認めたり、、。
様々なマイナスに触れる時、それは絶好の「学びの場」だと思うんですワ。

勿論、「学び」に触れたからといって、、それを昇華出来るか・どうかは、、。
また『別のハナシ』でしょうけどね〜。

b0057675_14212688.jpg

これはヘビイチゴの実。
食べられない、、事は無いけど、食べられたもんじゃない。という感じ(≧▽≦)


例えば、上に書いたハナシとクロスしますが。。

犬に関して無知だったせいで問題が起きた飼い主。
頑張ってお勉強して、その問題をクリア出来るようになった。
、、とします。

そして、自分はもう"出来る飼い主だ"と自負するようになった時に、、。
同じように犬に関して無知な飼い主を見た時に、それを馬鹿にしたり、けなしたり、こき下ろす。。。。

のは、まあ、昇華出来ていない証拠かと(≧▽≦;;;)
アタマでは理解出来ていても、ココロでは判っていない。という感じ。

b0057675_14282424.jpg

アタマでどれだけ正論を並べ立てたとしても。

ココロの奥底では「かつて無知だった恥ずかしい自分」を彷彿とする飼い主を見た時に、それを受け入れる事が出来ないんですね。

それでココロがざわつく、ムカつく、腹が立つ。
で「あのバカ飼い主が」と。

しかし、このマイナスな感情も「学び」なんだと思いますよ。

どうせなら、せっかくの学びの機会を大切にしたいところでっしゃろ(≧▽≦)

b0057675_14355222.jpg

朝の散歩中に道ばたに居た、ゴマダラチョウ。脱皮したてなのか逃げない。
国蝶オオムラサキの近縁種ですがな


ほとんどの人は傷ついて学び、心理的に昇華する事によって、他者への思い遣りのココロを育てますよね。
それが「成長」であり、そのヒトの人間性の一部となるのでは。

仮に、もし、生涯で1度も傷ついた経験を持たないニンゲンが居たとしたら。
その人は他者への思い遣りのココロなんかカケラも持ってないんじゃないかな。

それでも、上記のように、、傷ついてもそれを昇華出来なければ、傷つける側にまわる、、、という現実も、少なからずあるワケです。

b0057675_14355553.jpg

美しい〜。車が通ったらアブナいので、そうっと近くの緑に移しましたよ。


何度も何度も同じような「学び」を繰り返す、という事は、完全に昇華しきれてないから。

でもこれも、ガツンと昇華する場合もあれば、繰り返しながら少しずつ前進して昇華していく場合もあるわけで。
今すぐクリア出来てなくても、それは悪い事でも何でも無いと思うんですワ。
、、ワタクシは、優しくはないけど(しつこい?(≧▽≦))、寄り添うと決めたらそうしております。
以前もどこかで書いたような気がしますけど、、こういう事に時間や回数は関係無いんです。

見方を変えれば、、。
何度も学びの場が訪れる、という事は、まだ天に見放されてない証拠なのかもしれませんね(^^)

まあ、和談会では、そういう昇華のお勉強をする、、感じになるのかな?

ワタクシだけでなく、皆がそれぞれ「自分はこう思う」「自分はこんな事があった」的にハナシをして、お互いに得る事があるだけでも、どんだけ素敵なんだろう〜。と思いますですよ。

b0057675_14442545.jpg

上記のハナシは、全部自分にも当てはまる事です(≧▽≦)/))

和散歩でも、和談会でも、新しい事に気づかせてもらえるし、、、。
自分がホントにモノ知らずな上に、どんだけ小さい存在か思い知らされる。

、、どんどん小さくなっていってしまう自分がここに居る。

でもそれは、裏返せば、それだけワタクシの世界が広がっていってる、という事なんだと。
関わってくれる人達、犬達の存在がどんだけ有り難いか。

アインシュタインが、
「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるか思い知らされる。
自分の無知に気づけば気づくほど、より一層学びたくなる。」という言葉を残しているけど、、。
本当にその通りだよな〜と痛感します。

、、ワタクシは、限定された世界の、お山の大将でふんぞり返るような生き方に用は無い。のです。

b0057675_14510898.jpg

自分に向き合う事は、、人によっては楽だったり、大変な苦痛だったり。

まあ、苦痛である事が多いかな(≧▽≦;;;)

でも、その痛み(マイナス)を受け入れ、昇華している自分に気づいた時の快さ。

、、、。

、、おや。

痛快って、そういうコトだったりするのかな(≧▽≦)

b0057675_14590037.jpg

和散歩参加者に澄んでるとお褒め頂いてる、散歩コースの川の流れ

願わくば、いずれ多くの人が、、自分だけの調和、自分と犬だけの調和に留まらず、、。
この世界とも調和が取れるようになっていってくれたら。。。

嬉しいなあ~。。

個人的な欲かもしれませんけども(^^;)




チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_15003950.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2017-05-23 15:01 | Comments(4)

大変な台風でしたね〜。

b0057675_20360775.jpg

台風、、全国的に大変でしたね。。

皆様ご無事でしょうか〜〜!?
それにしても、今年は台風の当たり年か何かなのかなあ、、、。
福岡は有り難い事に今回も運が良かったのか、、強風域に入ったものの、ご近所の稲が倒れずに済む程度でしたよ。

実は、台風が来る日には地元の「田んぼアート」イベントが行われまして。
「大丈夫かな〜」と心配していたのに、午前中はイヤと言う程のお天気でした。

b0057675_20412016.jpg

朝の散歩で田んぼアートのそばを歩いていたら、、。

早朝から櫓を組む、地元民。
ついでに田んぼアートを先に見物している模様。

b0057675_20423144.jpg

お店のテントも幾つか並んでましたよ〜。

b0057675_20430028.jpg

散歩コースから撮ると、こんな感じ(^^;)
良く判らん。ワハハハ!

b0057675_20445121.jpg

古代米とも言われる赤米、黒米。
それからアート用に開発された食べられない白米なんかもあるそうで。


午後過ぎてからお天気は急変し初め、やがてもの凄い土砂降りに…。
とりあえず、イベントは午前中で一段落ついていたようで良かったですワ〜。
案外、日頃の行いがいいのかもしれませんよ、地元民〜(≧▽≦)ワハハハ。



さて。
トップの写真の伊佐蔵坊っちゃんですが、、。
以前、チラリと「キャンタマをかぶれさせた」写真を載っけておりました(≧▽≦)

てなワケで(!?)、先日病院へ行ってきたんですよ〜。

b0057675_20501139.jpg

診察代の上に乗せてすぐ。

グフフフ。
所在なげな様子がタマランのう。

b0057675_20510433.jpg

しばらく放置したら、いつの間にか普通になってましたけど。。

以前は塗り薬を頂いていたんですが、、。
伊佐蔵坊っちゃん、カラーとチューブカラーの二段仕立てでも器用にキャンタマを舐めちゃうもんだから、今回は飲み薬を頂きました。

「ああ、これね。高温多湿が続くとねえ、、、」とセンセイ。

どうやら時期的に、他にもキャンタマの患畜が多いようでしたよ。
まあ、診察はあっという間に終了。

b0057675_21034033.jpg

ちゃんと季節になると咲く、彼岸花

まだ強風吹き荒れる時間帯の待合室は閑散としていて、我々と入院中の猫のお見舞いに来た飼い主さんだけ。

だた、伊佐蔵のカラー&チューブカラー二段仕立ての姿は、、、。
猫の飼い主さんには大げさに見えたようで(≧▽≦;;)

「相当な大手術をしたのね」って言われてしまいました。ワハハハ!

「あ、いえ、キンタマをちょっとアレしましてね〜。どうやっても器用に舐めてしまうものですから」とお返事すると。

「ああ、、そうなの〜。そうよね、犬ってどうしても舐めちゃうものねえ」とサラリと受け流されてしまいました。

b0057675_21053073.jpg

むう。
今回は以前の「金を腐食させる事が出来るのは王水」のような面白い展開にはならなかったか、、、。

あの時はギャラリーも沢山居て、狭い空間が失笑で満たされたというのに!!
あれは今思い出してもオカシイんだぞ。。。。

いや。。
こんな悪天候で来る客は早々居らんよな。。



さてさて。
台風のおかげで、、、、。

ちょっと気持ち悪い写真かもしれませんが、、、、。
ワタクシ的には珍しいモノを見る事が出来たので載せます。グフ。。。

「ハリガネムシ」といって、普段はカマキリ等の虫の体内に居る寄生中なんですが…。
これ、カマキリの身体が水中に浸かると、出て来るんですよね。
(↑カマキリの脳を操作して水に飛び込ませる)

それが台風の大雨のせいで我が家のすぐ近くの道ばたに複数出て来てまして。。
どうやら道が川のように水に浸かったせいだと思うんですけどねえ〜。
見たくない人はここで終わりにしてください(≧▽≦)



b0057675_21122374.jpg


いや〜。
カマキリから出たら水中でしか生きられないものを間近に見られるなんてねえ。と思わず観察しちゃいましたよ。
頭をもたげて動く様子を動画に撮ろうかな〜っと思ったんですが。。。

さすがに、、、、あまりにも大衆受けしなさそうなので、止めました。わははは!
25センチ…30センチはなかったと思うんですが、なかなか見応えありましたわ〜。

見た目気色悪いですが、、、(^^;;)
寄生した虫を水に飛び込ませ、それが魚等のエサになったりする事で、水中の生態系にとても影響を及ぼしている虫なんですよ〜。


では、ご覧になった方々の為に。
もちょこっと美しい虫達を目の保養に(≧▽≦)
b0057675_21053073.jpg


イトトンボ。
綺麗で可愛いですねえ〜。

もうね、最近は「ん?飛蚊症?」って思っちゃったりして(≧▽≦)
で、良く見るとイトトンボだったりします。ワハハハ!!!

b0057675_21244994.jpg

これもイトトンボ。

b0057675_21253363.jpg

カラスアゲハと思います。
薄暗かったので、羽の動きにカメラが追いつけず…。

b0057675_21271668.jpg

カラスアゲハの特徴の、美しい背中の羽の色を撮りたかったんですが。。
青〜緑に輝く色を〜〜。。

むぐぐ。。。
ざ、、残念すぎる、、、。

彼岸花と伊佐蔵ショットで許して!!!

b0057675_21313561.jpg






チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_21323806.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-21 21:33 | Comments(4)

闇雲カメラマン

b0057675_20333128.jpg

先日、久しぶりにジロウに会いましたよ。
相変わらず良い笑顔してますね〜(≧▽≦)

平蔵が逝ってから、また朝夕たっぷりと散歩を楽しませてもらっております。
珊瑚は以前よりちょっぴり距離を縮めていますが、伊佐蔵坊っちゃんは遠慮なくガスガス長距離歩けるのが有り難いんですワ〜。

おかげ様で、以前のように、色んな写真を撮る機会が増えました。
、、というか、なんでもかんでも闇雲に撮影している今日この頃です〜わははは。

b0057675_20401390.jpg

幾つになっても、伊佐兄が大好きなジロウ。

b0057675_20412462.jpg

お互い、身体のアチコチをくんくんしあいます(≧▽≦)

伊佐蔵に匂われる間の、ジロウの神妙な表情が可愛いのぅ。

b0057675_20421839.jpg

伊佐蔵も、ジロウにチンをクンクンされたりするんですよ〜(≧▽≦)

そう言えば、平蔵はよく色んな犬に自分を匂わせてやってたっけな〜。
自分は相手を匂わなくてもいいんですワ。
相手が自分を匂って安心すれば、それで良かったんですよね。

だから「平ちゃんだけは大丈夫」という子が良く居ました。

かくいう伊佐蔵坊っちゃんも、アチコチに「伊佐蔵兄ちゃん大好きッ子」が居るんですけどね。

b0057675_20465333.jpg

わははは!!!
ジロウ!そんなんしたら、カメラが〜〜〜〜!!!

あ〜可愛いヤツですワ(≧▽≦)

b0057675_20513807.jpg

季節と言えば、、、。

散歩中に「ボトッ!」と音がしたので「ん?」と音がした場所を見ると、銀杏が落ちてましたよ〜。
あっという間に秋ですワ。
すぐさまカメラで撮影〜(≧▽≦)/))


この季節、この辺りで注意した方が良いのが、、野生生物ですかね。

ええ、ウチのすぐ前に猪の親子が走ってったり〜とか。
ウチのすぐ前の側溝の穴をのぞくと、向こうからアナグマが見てたり〜とか。

後は、、、。

b0057675_20544972.jpg

この時期、蛇が何故かよく出て来るこの辺り、、、。

冬眠前に、腹ごしらえに一生懸命だったりするんでしょうかねえ。
あ、この写真はもう亡くなってます。

ほとんど五体(!?)満足なままだったので、死因は車などではなく。
カラスが頭上の電線に沢山とまっていたので、多分カラスに…かと。

自然界は厳しいね。
ニンゲン世界なんぞ、彼らから見たら、、、ホントにアマちゃんだよな。。

b0057675_20565563.jpg

いっちゃん、死んでるけどこれマムシだから、近寄らないようにしとこう〜。

b0057675_20594402.jpg

気の毒なマムシを撮ってしまいましたので、、。
最後にちょっぴり目の保養。

ムラサキシジミ蝶です。
我が家の裏にやってきてました。

おー綺麗やな〜〜!
と、すぐさま撮影〜(≧▽≦)

自然界は厳しいけど…どんな人工の物でも敵わない程に美しい、とも思うんですよね。





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_21062193.png

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-18 21:09 | Comments(0)

あんよ早い珊ちゃん

b0057675_09361712.jpg

いや〜ホントいい天気が続いております、フクオカ田舎地区です(≧▽≦)

ドタバタのひとつが一段落…またまたお久しぶりの投稿ですワ〜。
、、、まだ他にもドタバタが残ってるんですけどね!わははは!


写真は畦道を歩くお嬢さんの後ろ姿。
可愛い尻尾をユサユサしながら先頭切って歩いてくれております。

「珊ちゃん、今日は絶好調やね〜!あんよが早いねえ〜凄いねえ」

b0057675_09381672.jpg

耳が…。

ちゃんと聞いております。
ふふふふ。
そして得意気にスピードをアップします…可愛いヤツ。。

いいんですよ、先頭歩かせても。
珊瑚の場合、自分が対応出来ないと判断出来るものが近寄ってくるのを確認した時点で、速やかに自主的に後ろに下がってくれますので(≧▽≦)

、、"怖そうな"(珊瑚にとって)犬やコドモを前に見つけると、、。
未だに平蔵の後ろに隠れて守ってもらおうとするお嬢さんなのですわ。ワハハハ!!

時々ワタクシやママン様に突っ込まれております。
「珊ちゃん、まだ平ちゃんに守ってもらうつもり〜!?
平ちゃんもう無理だってば!!」てな感じで(≧▽≦)


さて、そんなお嬢さん。
これまで「年一度のシャンプー歴」を誇って参りましたが、最近のカイカイ対策のためにシャンプーを時々やっております。

そこで活躍するのが、ず〜っと前に購入していた…。

b0057675_09402613.jpg

業務用ペットタオル(≧▽≦)/

ち〜とお高い、、。
でも、実は給水力がハンパないんですわ、コレ。
いつもボロタオルを使っていた我が家なんですが、比べ物になりませんがな。

b0057675_09415986.jpg

こんな感じで使い方を色々説明してあるんですけどね。。


まあ、、、。

こんな風に使います。

b0057675_09423205.jpg


わははは!!

この日は天気がよくて風が爽やかだったので、外のテラスで乾かしたんですよ〜。
あっという間にサラサラになって、本犬もメチャメチャ気持ち良さそうでしたワ。

おかげ様で、カイカイ収まりつつあります。

何かのきっかけで体力や免疫力が落ちてしまう事は、ワタクシ自身が体験済みですので…。
珊瑚もまあ、しょ〜がないですワな。

ワタクシも事故の後はアレやらコレやら…口内炎出来まくり〜の、舌はひび割れて痛い〜の、お尻にはトビヒ出来〜の、次から次へと、、。
健康な人なら何て事の無い事が…口内炎菌もそうですが、例えば蚊に刺されるとかでも(≧▽≦;;)、免疫力等の抵抗力が落ちていると暴れられてしまうんですな。

まあ、でも本人はそこそこ元気だったりしますけどね(≧▽≦;;)
そんなモンですワ。

b0057675_09540901.jpg

ただねぇ、、ワタクシの場合は自分の運命だし。で受け入れも出来るけど。

珊瑚は何も悪い事なんかしてなくて良い子なのにねえ〜。
と思うとちょっぴり不憫なワタクシでありました。
……ええ、ワタクシは極悪人ですので(≧▽≦)わははは!

b0057675_09541642.jpg

まあ、珊瑚のペースに合わせてボチボチ良くなっております。


さて、最近は野生生物を身近に感じる機会が増えてきました。
先日UPしたイタチは、ほぼ毎日のように接近遭遇中です(≧▽≦)
ちょろっと道に出て来ては、歩いて来る我々に気づいて慌てて引っ込む様子が可愛かったり。。

b0057675_10092695.jpg

これは…例のアライグマの足跡のようですな。
我が家から1キロ程離れた田んぼにて。

そういえば、先日、夜のチッコに珊瑚を連れ出した時…。
敷地を出たそこにタヌキが居ましたっけ(≧▽≦)
一瞬見つめ合って、、すぐそばの側溝に逃げ込んでましたけどね〜わはは!

タヌキとアライグマって、同じ生活圏に共存出来るのかなあ?
とりあえず我が家の周りは「まだ」タヌキが居てくれているようです。
時々、側溝の中からバシャバシャと歩く音が聞こえてくるんですよ〜。

b0057675_10135377.jpg

寒くなって来ると我が家のあたりで良く見かけるようになる、チョウゲンボウ。

b0057675_10143932.jpg

朝日を浴びた風景の中に、ノビタキのメス。

b0057675_10143656.jpg

ノビタキちゃん…こっち見てるし(≧▽≦)
朝日が強くて若干ハレーション起こし気味の写真です。

b0057675_10160071.jpg

散歩コースの河原で、セグロセキレイとハクセキレイがなにやら争っておりまして…。
その上を見上げるとそこにキセキレイが「我関せず」という感じで留まってました(≧▽≦)

三種の神器…じゃなくて三種のセキレイやね〜。とひとりでオヤジ的ボケかますワタクシ。

朝日を浴びた姿が美しい〜。
色の鮮やかさが、日の光のおかげで割り増しな感じですワ。
まさに黄色のセキレイ。

b0057675_10272557.jpg

朝日を浴びた蜘蛛の巣も綺麗ですワ〜。

やっぱり、自然はいいのぅ。。

こうやって、色々見ている間はドタバタを忘れてしまいます。
感謝感謝。




b0057675_10332753.jpg宣伝(≧▽≦)/
チビズもモデルのラインスタンプはコチラ〜。

>>>「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2015-10-15 10:34 | Comments(6)

せっかくの彼岸花写真

b0057675_09512872.jpg

ママン様の元に、折り重なって休憩中(!?)のオトナ組(≧▽≦)

ついこないだ、散歩コースの彼岸花が満開で美しい…と書いたばかりだったのに。。
もうあっという間に盛りを過ぎてしまいました。

だいたい、ひとつの花が保つのは一週間くらいだそうですね〜。
それでも毎年、どんな気候だろうが、ほぼ決まった時期に咲いてくれる有り難い花ですワ。

もう終わってしまったけど…せっかく撮影していたのでここにUPしておきますワ。

b0057675_09544318.jpg

朝日を浴びる彼岸花。

b0057675_09550777.jpg

朝日を浴びる彼岸花と赤柴尻(≧▽≦)

b0057675_09553526.jpg

白いのが沢山咲いている場所もありましたよ〜。
紅白で縁起良い感じ。わははは!

花の手前に見えるラインは電気柵で、昼間は切ってあります。
ここらは夜間イノシシが闊歩しておりますので、欠かせませんですね〜。
チビズ全員&ワタクシも触れた事ありますが…。
ビリッ!「おわっ!?」っとなりますです。

平蔵が触れた時は、ものの30秒程でいつもの平蔵に戻って散歩してましたが、珊瑚は立ち直るまで30分くらいかかりましたっけねえ〜。
伊佐蔵はその中間くらいだったように思います。

b0057675_09565324.jpg

別の場所の彼岸花…の根元にヘビの抜け殻(≧▽≦)
まあ、せいぜい60センチくらいでしたか。

この時一緒に居た赤柴ズは必要以上に近寄らず…。
珊瑚に至ってはマムシの件がありますので、更に近寄ろうとはしませんでしたよ〜。

よく観察していると、案の定、眼より鼻で感知して忌避しているようですワ。
ちゃんと判ってるんだなあ。。

b0057675_09560211.jpg

ああ美しい。。
b0057675_10064677.jpg

彼岸花と言えば、黒アゲハが良くやってきます。

このあたりは環境の関係か、アゲハ蝶が沢山居まして。
それでも、今年は例年より当たり年だったように思いますワ〜。
庭にも、何頭ものアゲハがやってきては乱舞してましたよ(≧▽≦)

黒アゲハと言っても種類はいくつかあります。
でも案外、個体差の幅が広くて、同定が難しかったりするんですよね〜。

b0057675_10064832.jpg

2つのアゲハ蝶の写真で言うと。
上はモンキアゲハ。オスメス判らず(≧▽≦)
日本最大のアゲハ蝶と言われております。

下はナガサキアゲハのメス。

個人的にはカラスアゲハやミヤマカラスアゲハを見てもらいたいんですが〜。。
飛んでいる蝶の写真撮るのって、難しいもんですな(≧▽≦;;;;)
庭にもしょっちゅうやってきてはヒラヒラしてるんですが。。。

この二種類、それはそれは美しく光を反射して、青や緑に輝いてくれるんですよ〜。
興味のある方は、ネットで画像を見てやって下さいませね。

b0057675_10291297.jpg

彼岸花、最後の写真は…。
彼岸花の手前、イノシシが掘り起こした跡をクンクン伊佐蔵。

このホリホリ跡がアチコチみられるようになったら「秋だな〜」と感じる田舎地区ですよ(≧▽≦)わははは!



b0057675_10324024.jpg宣伝(≧▽≦)/
チビズもモデルのラインスタンプはコチラ〜。

>>>「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2015-09-25 10:33 | Comments(8)

平蔵スマイル!! animal

b0057675_10202056.jpg

ひゃ〜(≧▽≦)
メチャメチャ嬉しそうやんけ平蔵〜!!

もーこの顔見てるだけでシャーワセやがな!

b0057675_10202448.jpg

お昼のチッコタイムから戻って来て、足を拭く為にママン様に抱っこされている所です〜。

平蔵は、どういうわけかチッコタイムが大好き。
特に屋上でのチッコタイムが好きなんですわ〜。

b0057675_10202718.jpg

実は、お天気が良い日は庭でしてもらうんですが、、。
悪天候のときは屋上でやってもらってます。

眼が悪くなりつつある平蔵にとっては、屋上の方が視界が開けているせいか安心感があるようで。
屋上に出した途端、嬉しそうにはしゃぎながら駆け回るんですな〜(≧▽≦)

b0057675_10203071.jpg

すぐチッコ出来るくせに、嬉しそうにテケテケ小走りしては屋上を一周して来て…。

「ほらー、チッコしなさいよ〜!」とちょっかいを出すワタクシやママン様に「やだよ〜ん」と飛びついて来てはガブ!と甘噛みしたり、噛むふりしたりして、また逃げて行く…。

という”遊び”を繰り返すんですワ(≧▽≦)

b0057675_10203311.jpg

ママン様も平蔵の笑顔が嬉しそう(≧▽≦)

「チッコしないと、コチョコチョの刑やぞ〜!」なんて、両手をワシャワシャしながら駆けて来る平蔵を待ち受けていると、、。
待ってましたとばかりに加速してジャンプしてくるのが、また可愛いんですワ!!

、、そうやって、何週かして遊び疲れたら、チッコをしてくれます。
屋上チッコタイムは、我が家の平蔵との楽しいひとときなんですワ〜。

b0057675_10203883.jpg

あちこち白髪だらけになってきましたが、、、。
老犬もやっぱり可愛いワ〜〜〜。



b0057675_10204292.jpg

散歩コースの蓮も、そろそろ見納めになってきたようです、、。
それでも、まだ幾つか美しく咲き残ってますよ〜。

b0057675_10204524.jpg

撮影していると、ワタクシの耳の脇を飛んで、蜂が蓮の花の中に飛び込んで行きました。

b0057675_10204888.jpg

めまぐるしく動いて、両脚にはタップリと金色の花粉をくっつけてます。

これから、冬に向けてだんだん花も減って行くだろうから、、。
今のうちに沢山ゲットしておかなきゃねー。

b0057675_10205192.jpg

オマエの持ち帰る宝を元に繋がる諸々が無事に冬を越せますように…。



b0057675_10503698.jpg宣伝(≧▽≦)/
ワタクシ作のラインスタンプはコチラ〜。
↓↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2015-09-02 10:57 | Comments(2)

オヤツ食べるチビズ

b0057675_09265841.jpg

お盆が過ぎた途端に、気の匂いが変わったように感じます。

、、不思議やな〜。
季節のイベントって、なんか…そういう区切りの時にちゃんとあるもんなんだな〜と今更ながら感心ですワ。

イマドキのニンゲンより、昔のヒトの方がナンボか鋭敏な感覚を持っていたはずだから、、。
昔の人々は、ワタクシなんぞの感じるレベルよりもずっと明確にハッキリと感じ取ってたんだろうなあ〜。


さて、今日はオヤツを食べるチビズの写真です〜。

b0057675_09270311.jpg

トップの写真を見れば判るように、散歩大好き・ご機嫌さんな平蔵御大。

でも、散歩中にエネルギーが尽きるようで。←?
時々「エナジーが足りないからクレ!」とオヤツを所望されます。ワハハハ!!

勿論、即座にお応えするシモベですよ(≧▽≦)

b0057675_09270640.jpg

季節的に、パンよりも、蒸したカボチャのような水分があるものをお好み。
でも、ジャーキーは乾いていてもお好み(≧▽≦)

b0057675_09270943.jpg

満足そう。

、、、じゃあ、歩こうか?(≧▽≦)


b0057675_09271495.jpg

珊瑚は何故か顔を上向き加減に食べるんですよね。。
だもんで、鼻の穴丸見え状態(≧▽≦)

b0057675_09271792.jpg

美犬のはずなのに、、、。
最近、美犬に見える写真がイッコもないやんけ!!

でも、こういう所も可愛いんだけどね(≧▽≦)←結局……

b0057675_09272067.jpg

トリ。
、、、というにはブサイクですが!!

お決まりの写真が撮れるかと(≧▽≦)


b0057675_09272447.jpg

いっちゃんも鼻の穴を見せたがるのは、、、。

、、、、。
、、、、、、アレか?

、、、遺伝ってヤツか?


、、それには逆らえないのか?

b0057675_09272773.jpg

ああ〜、、顔が崩れまくり〜。
元からだけど〜〜オーッホホホ!!!!←悪

b0057675_09272951.jpg

でも、、、。

ああ、可愛い。

可愛いのぅ〜〜〜!!!←不治の病

b0057675_09273302.jpg

良かったね〜いっちゃん(≧▽≦)


伊佐蔵と言えば、例の虫恐怖症…いつの間にやらほぼ克服出来ているようです。
↑ちょっと忘れていた(≧▽≦;;)

ワタクシはただゼロ基点をキープするだけで、な〜んにもしてないんですが、、。
彼にはそれが一番の特効薬なんですワ。
犬世界には、恐怖症を更なる別の恐怖で押さえ込む、という方法もあるようですけどね。。


オマケ。
b0057675_09583142.jpg

アオモンイトトンボの若いメス。
すっかりオトナになると綺麗なブルーなんですよ〜、お尻のさきっちょにも綺麗なブルーが入るんです。
若い時だけこんな色。

アジアイトトンボの若いメスと間違いやすいようで…(≧▽≦;;)
ワタクシも帰ってから写真を拡大して調べ直しましたワン。

腰の辺りが胴体の赤と同じ色してますよね。
アジアイトトンボのメスの場合は、ここにも背中と同じ黒いラインが入るのでする。

、、、、別にこんな事知らなくても、生きて行けますが(≧▽≦)わははは!!!
イキモノ好きには、同定が出来た時ってのはけっこう嬉しいもんなんですよ〜〜。



同定と言えば…コレも。

b0057675_10122440.jpg

もうすっかり薄暗くなった散歩コースで見つけた足跡。。
お〜タヌキかアナグマかのぅ。と思っておりました。

ので、、帰ってちゃんと調べてみた所

b0057675_10122767.jpg

どうもアライグマのようです。。。

タヌキは上の写真のように、指が5本揃わないらしい。
アナグマは歩き方がガニ〜なので、前足の跡に後ろ足の跡が重ならないらしい。

全体の足跡写真を見ると重なっとるがな、、。
では、、?
と、更に色々捜してみたら、アライグマ。。。


、、、む〜。
とうとうここにも、、!!!



近年、福岡では野良でアライグマが増え続けておりまして。
、、実はハンパ無い程の農作物等の被害等が出ております。

また、ジョーダンじゃないのが、ジステンパーのような、犬にもうつる感染症を振りまくという。。。

たちの悪い事に(!?)、アライグマってけっこう耐性があるらしいんですわ、ジステンパー。
だもんで、キャリアのまま、、そこらをウロウロしてるんですな。

というわけで、被害は農作物だけにはとどまらないようです。
、、アライグマに罪は無くて、何処かの誰かが捨てたり、逃がしてしまったのが元々なんだろうけど。。

き、、気をつけねば〜〜〜!!!!

b0057675_10252466.jpg


by koryu_misumi | 2015-08-19 10:30 | Comments(6)

最近旬のモノ

b0057675_21091353.jpg

連日の猛暑、皆様無事でしょうか〜?

たいていの犬は暑いのは苦手ですから〜、、。
人だけでなく犬の熱中症にも気をつけてくださいませね。

我が家はいつものように保冷剤入り手拭いを首回りに巻いてやっております。
(「保冷剤入り手拭いの御利益」参照。)

この手拭い、数日使うと、アヤシい香りが漂ってきますので…わははは!
その度に違う手拭いに取り替えて、一種のファッションとして楽しんでおりますよ〜。

b0057675_21180510.jpg

有り難い事に、ほとんどがチビズファンの方々から頂いたモノ。

オトコマエの象徴である、歌舞伎の助六がデザインの手拭いは平蔵御大専用に。
可愛い柄はたいてい珊瑚に使いまして、、。
ちょっぴり変わった柄…例えばスイカの柄は、、「伊佐蔵と手拭い」参照〜わははは!!←笑えまする

b0057675_21290393.jpg

さて。
話は変わりまして。

夏の散歩コースでも相変わらず、色んな動植物に出会えているワタクシ達ですが。

最近、朝の散歩で「旬」なのがチョウトンボ。
、、、でも、全然写真に撮る事が出来ないんですよ〜〜トホホ。。。

とてもとても美しいトンボですので、、。
興味のある方は是非ネットで検索して画像を見て見てくださいませね〜。


んで。
夕方の散歩では、タヌキとアナグマです(≧▽≦)わははは!
、、、でも、こちらも全然写真に撮る事が出来ないんですよ〜〜トホホ。。。

というのも、もうすっかり辺りが暗くなっていて、空には星が見えるくらいなもんですから、、。
撮っても画面が真っ暗で何が何やら。

b0057675_21254530.jpg

何度かチャレンジしてみてこんな感じ。。。


しかーーーし!!

、、、ふと思い立ったんですよ。
「死ぬ程画像処理してみれば、何か浮かび上がってくるのでは!?」と(≧▽≦)/))

で、頑張ってみたら、こんなん取れてました!!

b0057675_21264800.jpg

タヌキ(≧▽≦)

中央に佇んでいるの、、見えます〜?
こっちを見ているんですが。。

肉眼だともっと見えるのに、コンデジで撮るのは難しいもんですね〜〜。。

b0057675_21300453.jpg

なんだかこのままだと悔しいので、、。
綺麗な写真を載せましょう(≧▽≦)

b0057675_21310434.jpg

先日の朝、ハンミョウが道案内してくれました。

「おはよう〜」と声を掛けると、こっちを向いてじーっとしてます。

赤柴ズも一緒だったんですけど、、。
けっこう近くまで寄ったのに、逃げていかないんですよね〜。

b0057675_21320895.jpg

拡大してみました。。
美しい虫ですわ〜〜〜。

玉虫に匹敵するくらい綺麗だな〜といつも思うんですよね。
玉虫もこの辺りでたま〜に見る事が出来ますが、、めっきり減っております。。。

赤柴ズも心得たもので、、こういった時に邪魔をする事は無いんですよね。
「そいつ何?」という感じで鼻をクンクンする程度で、、でも、虫をビックリさせるような動きはしないんですワ。

「横からもみたいんだけど〜」と言いつつ近寄ると、ひょい〜っと道案内を。。。

で、またそばまで寄っていくと、ちゃんと(!?)横を向いててくれました(≧▽≦)

b0057675_21341413.jpg
うん。
綺麗綺麗(≧▽≦)!!!

そこは三叉路でしたので、、。
「私たちはアッチに行くけど?」と声を掛けると、別の道に行きましたよ〜。

朝から目の保養になりましたワ(≧▽≦)

b0057675_21353942.jpg
スギナの水玉帽子も美しい〜(≧▽≦)/



by koryu_misumi | 2015-08-05 21:40 | Comments(0)

肝に命ず

b0057675_10542566.jpg

先週の土曜日は「和談会」でした(^^)

「和談会」は、、以前も書いた事があるかと思いますが。
気温の高い夏場の「和散歩会」は犬にも人にも酷なので、その代わりに飼い主さん達だけで集まってオシャベリしましょうよ。という会なんですワ。


特に講義内容を決めているわけでは無く、その場でそれぞれが話したい事を話し…その会話の中に専門的な内容が入っていたり、経験者の経験談を聞く事で答えを見出したり…という感じですかね~。

話の内容も山アリ谷アリ。
笑い過ぎて涙拭いたり。
神妙になって静まり返ったり。

ブログのような公の場では話せない内容や、オフレコネタもアリ。


まあ、どんな感じかと言うのは、、主催者でもあるKさんのブログの記事「安全な場」を読んで下さるとだいたい判るかと思いますワ。(丸投げ(≧▽≦)わはは!)

この会は、会の主旨に共感する人々が集まっている、、。
いわば「類友」の集まりなんですワ~。
共感してくれるヒトが居るって、有り難い事です。
b0057675_10565152.jpg

ただ、類友って、、けっこう居心地がいいんですよね。
価値観が近いモノの集まりですので。
これ、気をつけないと「ぬるま湯の心地」「仲良しクラブ」になってしまう危険性を孕んでるんですわ〜〜。

どういう危険性かと言いますと、、。
"仲良しクラブ"で生まれやすいのは、「井の中の蛙」とか「天狗」とか「ハマる人」、、他には「排他性」等が考えつきます。
これは会の参加者の誰にとっても、、またその人の犬にとっても、よろしくないのは、誰だってお判りかと。

b0057675_10575291.jpg

「井の中の蛙」や「天狗」は、、どんな世界でも、成長する過程で誰もが陥りやすい事だと思います。
まあ、、そこで成長が止まる人も世の中にはいらっしゃるようですが、、、。
有り難い事に、和散歩&和談会ではそういう危険性は生まれにくいと思うんですワ。

というのも、フォーカスするのが自分自身ですからね~。
しかも犬という鏡に映った自分自身です。

例えば、周りと比べて自分の何かが突出しようが、、それを他者と比べて悦に入る事は、あくまでもニンゲン心理のやる事であって、、犬にとってはどーーーでもいいことなんですよね。
どんなに凄い肩書きの持ち主だろうが、美形・美人だろうが、高価なカッチョいいデカイ車を乗り回そうが、、、彼らは当人の真の姿しか感知しない。

犬はそれを鏡のように、反射して見せてくれるんですな(≧▽≦)
それを「ほら、犬がこんな風に反射してくれてますよ」と学ぶのが、和散歩や和談会。。

b0057675_10585145.jpg

ハマる人については、「道具とココロ」「踏みとどまるチカラ」に書いたように、、。
専門家や知識が豊富なヒトのチカラによって&"仲良しクラブ"の中で周りがそれを推奨する事によって、、楽に(!?)人間性を手放しやすくなる状況が生まれるワケですな。

、、、ハマりかける人は大勢いらっしゃる事かと思います。
そもそも誰にでも起こりうる事ですし、ワタクシも経験アリアリ(≧▽≦)わははは!!!

しかし、完全にハマってしまうという事は、まさに"3歳児にハンマーを振るう"事に、何のためらいも良心の痛みも感じなくなってしまう事。。
、、どころか、従順になった犬を見て、その事に喜びを感じてしまう事。。


実は、、。
ワタクシもKさんも凄く気をつけている事なんですワ。
「ハマってしまう人」だけは作らないように。。

b0057675_11004533.jpg

「ハマってしまった経験」をした事があるヒトと、全く経験した事のないヒトの間には、明らかな差異が生まれてしまうんですよね。

それは、、。
ヒトを噛んだ事のある犬と無い犬との間に、とてつもなく巨大な溝があるのと同じように。。

レスキュー活動をした事があるヒトや、沢山の犬に接した事があるヒトなら、この違いは良くお判りかと思いますワ。
たった1度でもヒトを噛んだ経験がある犬と、無い犬の違い。

噛んだ経験のある犬を、どんなに再教育をしたとしても……。
再度噛む可能性の高さは、未経験の犬とは比べ物にならないんですワ。
(勿論、そこの所も、しっかりじっくり勉強している我々でございますよ(≧▽≦))

b0057675_11012755.jpg

ヒトでもイヌでも。
1度でも経験した事は、無かった事には出来ないんですよね。
1度でもその行為を受け入れた事によって脳味噌に刻まれたシワも、消す事は出来ない。

つまり、、ハマってしまった後で、気づく機会があって後悔したとしても、、。
また気づかない内にハマる危険性の高さは、ハマった事の無い人とは比べようが無いんですワ。


「道具とココロ」に、ワタクシは「相談者をそういう人間性のヒトにしたくない」と書いています。
「ワタクシが教えた事のせいで、相談者をそんなヒトに「変えてしまう」事の恐ろしさに、、心底震えてしまうから」と。

その事が、その人の人生にどれだけの影響を及ぼすかと考えてしまうんですよね。
その人の脳にそのシワを作る事に自分が加担したのだと想像するだけで、寒気がします。
こういう事は、たかが犬のシツケの事、、では済まないと思うんですワ。。

b0057675_11024511.jpg

そんなワケで。
会がやっている事は、、とても穏やかでノンビリしていて、、ハタから見ると急かしたくなるような感じかもしれませんが、、(≧▽≦;;;)
でも、そこには、成果を早く出そうと欲する事で生じる、「非自然」な流れを作りたくない、という想いも込められているんですワ。

過去に噛んだ事のある犬でも、、その犬と飼い主が、心の底から納得出来るように導くには、何かのマニュアルを押し付けるのではなく、その犬と飼い主にとって最も自然な流れを見つけてやる事が大事なのだと。。
まあ、これは何度も書いて来た事ですが、、。

b0057675_11042979.jpg

排他性は〜〜。。
世の中の仲良しグループの周りでは良く見かける光景ですね(≧▽≦)ハハハ。

何故、排他性が生まれてしまうのかと言えば…まあ、支配性によるものだったり〜。
自分達を正当化する為に、攻撃対象が必要だから、、だったり〜てな理由が思いつきまする。

、、、仲良しクラブの外側から客観的に見れば…ね。
ムキになって正当化すればする程、、、「何をそんなに必死になる必要があるの?」という事になりますな(≧▽≦;;;)
裏返して考えれば……。

まあ、これも自分自身にフォーカスしていれば、そう問題ではないと思います。
心理的な成長によって、、誰かを攻撃する暇やエネルギーがあるなら、それをもっと有効なエネルギー活用に使う事を知るから。

面白い事に、そういうエネルギーの使い方をしている人には、、排他性の強い人は寄って来なくなるようで。。
やっぱり、、類友じゃないのを感知するんでしょうかね〜。

b0057675_11051709.jpg

というわけで、これからも会を健全に存続させていけたらなあ、、と思いますので。。
上記の危険性を肝に命じつつ、、自責の念を込めて、ありがた〜く参加させてもらっております。


、、、、って、真面目な話書いてますけど。
和談会ではウンコネタとか、タマタマネタとか飛び交いまくり〜の。
お菓子ボリボリ食べながら〜の。

本当のトコはそんな感じです(≧▽≦)わははは!!

b0057675_11064594.jpg

この日の会の後。
参加者がペットサロン「ドッグプール」に預けていた犬を引き出したついでに、入れたばかりの保護犬「萌萌(もも)」ちゃんと、プチ和散歩をする事になりました。

萌萌ちゃん、保護される以前は、飼い主さんとふたりだけの、、ものすご〜〜〜く小さな世界でしか生きて来てない感じの犬でして(≧▽≦;;)
そのあまりの世界の狭さから来る、パニック噛みや他の犬への悪い態度もアリ。。

b0057675_11080107.jpg

初めてワタクシが会った日の表情。

んで。この日は他者に慣れてもらう為に、皆で交代でリードを持ってもらう事に。

最初こそ、気づいた瞬間「わあ!!知らない人!?」とピョンと飛び上がってましたが、、。
和散歩の落ち着いて穏やかな雰囲気の中でみるみるリラックス。
とても良い顔をしてくれてましたよ〜(≧▽≦)
b0057675_11091323.jpg

b0057675_11093360.jpg

これは、つくし嬢。尻尾の巻きが緩いのでリラックスするとすぐ垂れる(≧▽≦)
b0057675_11102245.jpg

犬と人に囲まれてリラックスの萌萌。

この日はわざわざ関西から初参加の方もいらしてたんですけども。。
プチ和散歩のあまりの静かさにビックリされてました、わははは!!
「静かなんですねー!!!」って。
b0057675_11105823.jpg

人の声も、ただ、穏やかにオシャベリする声が聞こえるばかり…。
リードがビシッとなったり、犬にかけるコマンドが響くような事も無く。。

あ〜やっぱり素敵な会ですワ〜〜(≧▽≦)
b0057675_11111870.jpg

萌萌、良い笑顔でした(≧▽≦)


by koryu_misumi | 2015-07-31 11:17 | Comments(2)