柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(634)
(162)
(117)
(107)
(22)

ブログジャンル

犬
日々の出来事

画像一覧

タグ:空 ( 162 ) タグの人気記事

GWはクドりたくなる…

b0057675_09454472.jpg

世間はゴールデンウィークに突入したようですね〜。

犬連れでお出かけの家も多いと想像します。
この季節、短時間でも「車でお留守番」で熱中症になる犬は少なくありません。
また、ちょっと眼を離した隙にさらわれてしまったり…。

b0057675_09484474.jpg

そろそろ一段落のレンゲ

せっかくのGWにこんな事書くのもアレなんですが。
せっかくのGWだからこそ楽しく(かつ隙無く(≧▽≦))過ごして下さいませね〜。

この時期、小鳥達の歌声や、草木の青い香りが辺りに充ちていて、ホントに気持ち良いですワ〜。


…そんなワタクシ、またもやGW病が(≧▽≦;;)
なんかクドクド書きたくなるんですよ、GWって。

この時期、アクセス数が減るので安心してクドれるっていうか(≧▽≦)アハハハ!!

あ?
…何処にもお出かけしませんけど何か?

b0057675_09532657.jpg

アケビの花

さて。

つい先日、飼い主さんと犬の為にワタクシが以前から時々使い回している"「城主と家来」の例え話"を、別の専門家が使っていた…という話を人づてに聞きました。

(あ、くますけさんは使われてますよ〜直接おハナシした人ですから"パクリ"ではアリマセン(^^)
>>>「想いはコトバにリンクする。犬はヒトの想いにリンクする。」)

※「城主と家来」の例え話は犬道!!番外編「道具と心」の中にあります。


ワタクシもネット上で長い事やってますので、それなりの犬ネットワークがあるようで…(^^;)

昔はこのブログのサイドバーにも「リンク一覧」を張っていたのですが、あまりにも多くなり過ぎ…いつしかサイドバーから外してしまったという過去があります。

そんなワケで…。
この「城主と家来」だけに限らず、犬道!!ネタや、普段の記事ネタ等等…ひょんな所からひょんな情報がポロリとやってくるんですワ(≧▽≦)ハハハ。

b0057675_10083000.jpg

で。
それを聞いて思わず「おお〜!」と(≧▽≦)

あのネタは、ワタクシがむか〜〜〜し、ある飼い主さんと犬の為に作った例え話なんですよね。
シバツレに書いたのは昨年になってからなんですけども(^^)、実際はもっとずっと前に作成。

ですので、シバツレUP以前からあのネタをご存知の方は、判ってらっしゃるかと。

それがまあ、どういう使い方をされているのかは知りませんが…。
とりあえず人と犬の暮らしの役に立ててもらえているのなら有り難いですワ。
…曲解されてたり、都合良いハナシにねじ曲げられてなければいいんだけど…(^^;;;;;;)

b0057675_10185967.jpg

野性の藤ちゃん

ご存じない方の為に。

「嬉しいコト」
「四月一日と書いてワタヌキと読む」

にも書いております。
シバツレに書いてある事は誰でも使って下さってかまいませんので(^^)

…"ちゃんと"使ってもらえてるといいなあ。
やっぱり使う人が自分に向き合えないまま、それを他者に対して使われてしまうのは残念ですからねえ…。

だって自分の事を棚上げしてそれを他者に押し付けるって、それも「人間性」だと思うからです。
ワタクシも…自分ちの犬が出来てない事を…和散歩参加者と犬達に押し付けないようにしたいし〜(≧▽≦;;;)

b0057675_10313026.jpg

でもまあ、「四月一日…」の中に自分自身で書いている通りですワ。

読んだ人がそれをどう利用するか?というのは、ワタクシではなく、読んだ当人の問題。

利用する時にワタクシに「利用します〜」と言う人もいるし。
ワタクシに会った時に「実は以前から利用してます〜」と言う人もいるし。
黙って利用する人も居るし。
悪用する人も居るかもしれないし。
金儲けに利用する人も。。


そこは"読んだ人の人間性"というコトですかね(^^)

b0057675_11082797.jpg

露をかぶる姿が美しい

正直、ワタクシは読んだヒトの人間性がどうこう…って所まで責任追うつもりはこれっぽっちもアリマセン。

だって…自分の価値観に照らして他者をジャッジしたり批判したりする、というコトがどういうコトなのか…。
ワタクシはそこを見失いたくないからです。
まあ、、ネット上ではよく見る光景のようですが…。(←ワタクシは見に行かないけどね。ツッコミたくなるから(≧▽≦;;;))

時々書いている事ですが、そのコトに関してはワタクシは常に不安感を持ち続けていたい。
そんな自分に向き合い続けていたい…。

誰かをジャッジ出来る程、自分はご立派な人間なのか?
モノゴトの正否を世界に向けて断定しきるような勘違いヤロウになってないか?
etc.……。

b0057675_11091440.jpg

暑くなると、和散歩はオヤスミして「和談会」になります。

その際に。
「向き合う」「向き合えない」とはどういうコトなのか。とか。
具体的にネット上で見つけた事例を元にして、「向き合えないヒトの特徴」を例に挙げ、それを自分達に照らしたりして自分達の向き合い方を勉強したりします。
(具体的に書く事は出来ません…犬道!!等レベルのお勉強ではアリマセンので)

…だからこそ、ワタクシ自身がまず常に不安感を忘れないようにしたいな。と。

ワタクシは、向き合えない事は悪い事では無いと思うんですよ。
だって世の中色んな人が居るからバランスが取れてるんですもんね〜ワハハハ。

ただ、目の前の犬がそれでシアワセを実感出来ていないなら…それ(犬)は天からの贈り物だと思うんですワ。
自分に向き合う為に。と天が贈ってくれたギフトだと…。

b0057675_11443461.jpg

何が嬉しいかって…。
ヒトとイヌがシアワセな姿を見せてくれるようになる事が、ワタクシの一番のご褒美なんですよね。

ただ、美味しそうにオヤツを食べている姿を見るだけでも嬉しくなって、ああ少しでもお役に立てて良かったなぁ〜って。。

ワタクシが関わるヒトとイヌが自然体で変わって行く姿。
更に成長して、更に高みへと登って行く姿。
それぞれがそれぞれの王道を踏みしめて行く姿。

あ〜その事を想うだけでシャ〜ワセですワ。

ワタクシの事なんぞ忘れて飛び立っていっていい。


いずれ、彼らが降り立つ先にシアワセが増えて行くに違いないんですから。

b0057675_12055270.jpg






チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプに新作が出ました(≧▽≦)

b0057675_12074286.jpg

「柴犬ざんまい2」(新作)
「柴犬ざんまい」もヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!



by koryu_misumi | 2016-04-30 12:08 | Comments(4)

ママン様とオネム珊瑚

b0057675_15072265.jpg

試しに頑張ってスマホから投稿してみてます(^3^)/

気持ち良さそうなお嬢さんとママン様~。
見てるだけでだけでいやされる〰!

b0057675_15092225.jpg

このぶちゃいくな寝顔…ぶくく(*≧∀≦*)

*****ここからパソコンでログインしなおして投稿〜*****

…あらら。

改めて見てみると。むう〜〜。。
やっぱりパソコンから投稿した方がいいかも〜(≧▽≦;;;)

というわけで、ここからはデジカメ撮影でパソコンに取り込んだ写真です〜。
いつものように、美しい光景のお裾分けですよ〜。

b0057675_15201863.jpg

先日の夕方…。
綺麗でっしゃろ〜。

「おーー綺麗やなー」とぼうっと眺めていると…。

ん??

b0057675_15202040.jpg

なんか、あそこに…。

b0057675_15202212.jpg

龍の顔みたいな…。
わ〜コッチ見てるし〜。
しかもニンマリしてるし〜(≧▽≦)

と、毎度のようにシアワセ気分を満喫したワタクシでありました。


シアワセ気分と言えば。。
頂きものですよ!わははは!

b0057675_15212605.jpg

ちょっぴり変わった味わいの柿の種と調味料ですよ〜。
柿の種もこんな風に色々あるんだな〜!と美味しく頂きました。
ありがとうございました(≧▽≦)

b0057675_15212801.jpg

これは…あまりの空腹に、持ち帰る途中で食べた形跡がありますが〜ワハハハ!
カステラと珍味ですよ(≧▽≦)
有り難うございます〜美味しかったです〜!!

b0057675_15214060.jpg

アホですね〜、中身を撮影せずに箱だけ撮影したワタクシですよ、ワハハハ!
悪魔の味…とつぶやいた美味しいお菓子の詰め合せ(≧▽≦)
酒のお供に頂きました、有り難うございます〜!

b0057675_15215530.jpg

やっと…頂いた時期に掲載時期が追いついて来たぞ!

先日の和散歩の際に頂いたばかりの品々ですよ〜(≧▽≦)
色々なクッキーやケーキ、酒とお茶タイムに頂いております〜有り難うございます〜!

わざわざ船に乗って海の神々から頂戴してこられた海藻をお裾分けしてもらいました(≧▽≦)
日々の食卓に上がって頂きます〜有り難うございます〜!





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプに新作が出ました(≧▽≦)

b0057675_15395260.jpg

「柴犬ざんまい2」(新作)
「柴犬ざんまい」もヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!


by koryu_misumi | 2016-04-28 15:06 | Comments(2)

久しぶりにマンガ描いてみた

b0057675_22323592.jpg

ご無沙汰しておりました。

ヒトもイヌも元気に過ごしております〜。
なんだか色々重なって、ちょっとドタバタしておりました。
眼科の定期検診とか〜買い出しとか〜とか〜とか……汗。

お詫び(!?)に、久しぶりのシバツレマンガをドウゾ!!

b0057675_22344929.jpg

b0057675_22345270.jpg

b0057675_22345462.jpg

b0057675_22345717.jpg


実は、犬にとって「首の後ろや肩の辺りに口先をつける・つけられる」という行為は、けっこう意味があったりします。
その時の状況によりけりですが、まあ、犬同士の関係が浅い場合には止めさせた方がいいでしょうね。

珊瑚も最初の頃はビックリして鼻ジワ寄せたりしてましたが(≧▽≦)
今ではもうすっかり「また〜?」って感じです。

b0057675_22350131.jpg


安心して、珊瑚によりかかって休む御大でありました(≧▽≦)

b0057675_22422866.jpg

b0057675_22421550.jpg


すっかり遅くなってしまいましたが…。
いつもプレゼント頂きまして、有り難うございます(≧▽≦)

b0057675_22434690.jpg

前の前の和散歩の時に頂いたものです〜ワハハハ!
ですので、当然既にこの世から消失しております〜美味しかったです(≧▽≦)
有り難うございました〜!

b0057675_22443992.jpg

こちらも、わざわざ遠くから和散歩に参加頂いた上に、頂き物まで!
今日もおいしい酒を堪能させてもらいましたよ〜(≧▽≦)
ご縁に感謝です!有り難うございます〜!

b0057675_22471172.jpg

和散歩終わった後に、美味しく頂きました(≧▽≦)お好み焼き。
ベーコンは食卓で大活躍です〜。
有り難うございました!




チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプに新作が出ました(≧▽≦)

b0057675_22541043.jpg

「柴犬ざんまい2」(新作)
「柴犬ざんまい」もヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-04-23 23:01 | 柴と徒然漫画 | Comments(2)

展覧会から想う事

b0057675_10424405.jpg

先日は日本犬保存会の福岡支部展が久留米で開催されましたよ〜。
行きがけに、先日載せた地図に描いていたマクドナルドが、こつ然と消えているのを目撃して仰天しました(≧▽≦;;;)
良い目印だったのになーハハハ!

当日のワタクシは超早起きして、5時半には家を出ましたよ〜。

b0057675_10434416.jpg

早起きは別にいいんですけどね。
いや〜当日の寒かった事と言ったら!

その場に居たヒトのほとんどが「寒い〜!」と言っていたに違いありませんワ。
久留米の天気予報を見て行ったにも関わらず…体感温度の異様な低さに凍え死にそうでしたよ…。

、、、、いや、死にませんけどね。。。

年によっては、川沿いの桜並木が満開ってな時もあるんですが、今年はその点がちょっぴり残念でしたワ。

b0057675_10441791.jpg

会場は相変わらず沢山の犬達が居るにもかかわらず静かでしたよ〜(^^)

和散歩メンバーが何人か犬連れで見学に来てくれてまして。
その子達がいい塩梅にリラックス出来ている様子が可愛かったです。

b0057675_10443157.jpg

K君なんて、リングとリングの間の通路でスヤスヤ…。
ええ、両側のリングには犬達が立ちこみしているんですよ、ワハハハ。

それなのにこれだけリラックス出来るという事がどういう事か…。
それは、この会場に立ちこめる気の素晴らしさを感じ取っているからだと思うんですよね〜。

寛蔵も連れて来てもらってましたが、リラックスしまくり(≧▽≦)
会場に居た方々にも人気者でしたよ〜。

b0057675_10444804.jpg

どさくさにまぎれてYちゃんの情報ゲットの寛蔵。
向こうでは若い方のK君が芝生むしりに夢中です。

b0057675_10450482.jpg

R君もとっても穏やか…。
この日、R君にとって一番イヤだったのは「遊ぼうぜ!」と押しの強い寛蔵だったかもしれません、ワハハハ!

b0057675_10452197.jpg

ワタクシが、家庭犬オーナーさん達に「会場の雰囲気を味わって欲しい」と思うのは…。
自分ちの犬との暮らしとは違う世界を体感する事で、色々と比較し、実感する事が出来ると思うからですワ。

世界で一番愛している「はず」の我が家の愛犬と、、。
オジサン達からはそっけなく淡々と世話をされているようにしか見えない(≧▽≦)会場の犬達の様子を比べてみて…。


なんでこの犬達はこんなに落ち着いてケージの中に長い事休んでいられるんだろう?
なんでこの犬達は他所の犬が目の前を通っても、吠えたりしないんだろう?
なんでこの犬達は口の中やキンタマいじられても怒らないんだろう?
なんでこの犬達は……。
………。

なんでこの犬達は……世界で一番愛しているはずのウチの犬より、落ち着いて穏やかで、、満たされているように見えるんだろう???


あれ?
自分の愛し方って…どこかズレていたのかな?


と。
自分の愛し方を、改めて冷静に振り返って見る、良い機会にもなると思うんですワ。

b0057675_10474639.jpg

ワタクシがよく使う言葉なんですが「犬が答え」なんですよね。
自分の接し方がどこかズレていれば、犬はそれを反映する…。

どんな専門家が言っている事でも、それを実行した時に犬がオカシクなったり…。
実行し続けても延々と改善が見られなかったりする事は多々あると思うんですワ。


その時に「どこにホントウの答えがあるか」という事を、是非思い出してくれたら…とワタクシは思います。


犬が心底シアワセそうにリラックスして過ごしている姿…。
それこそがホントウの答えなのだと。

学習性絶望感の成れの果てに訪れる、一見、信頼関係のように見える"まやかし"の関係ではなく…。
ヒトとイヌが、心からリラックスして通じ合えた時にこそ培われる信頼関係を構築する為にも。


ただ、世の中には「落ち着いて穏やかな状態の犬」の姿すら、まともに見た事が無いヒトも多いのは事実でして(≧▽≦;;;)
どう見ても、静かだけども興奮状態でいる犬を「落ち着いて穏やか」だと言う飼い主さんは少なくないんですよね。

もし、その自分の感覚が合っているかどうかを確かめたいなら。
日保の展覧会場の端っこで、落ち着いて穏やかに過ごしている犬達の姿は、ひとつの目安になると思いますよ。

b0057675_10474385.jpg

余談ですが…。
つい最近、中学生の女の子が誘拐され、2年間監禁状態で暮らさせられていた…という事件が取りざたされてますね。

オンナノコはその気になれば、逃げる機会は沢山あったのに、出来なかった。
その心理状態をテレビで専門家が説明しているのを見ました。
学習性無力感…学習性絶望感と同じですワ。

学習性絶望感については、ここ、シバツレでも書いてきました。
犬道!!の中でも。

男がオンナノコを監禁するにあたって、最初は恐怖や暴力・暴言等を使用し、オンナノコの逃げる気力を削いで行くんですよね。。
この人の元からは逃げられないのだと…逆らえないのだと…。

そうやって完全に従順になった状態で、、やがて、一種の信頼関係のような関係が構築される…。
多分…一緒に暮らす間には、オンナノコだってちょっと笑う事もあったかと想像します。



同じような事が、ヒトとイヌの間で行われている事を、どうかシバツレの読者の方々には忘れないで居て欲しいのです。

強い道具や強い方法、強い支配性を振りかざして、犬を学習性絶望感へと追い込み、従順にする。
そうする事を「犬を愛する事」だと、その行為を「シアワセな人と犬の暮らし」だと…。
そんな主張が世の中にはある、という事を。

その事に疑問を持たない飼い主さんは、是非気づいてくれたら、と願います。
自分が気づかない内に…。
はたまた専門家の指導の元…。
自分が、オンナノコを監禁した男と同じような行為に染まっている事に。


同じような脳の構造になってしまっていないか。
同じように人間性を失ってはいないか。

そのようなニンゲンを、果たして犬がホントウに愛するかどうか。

どうぞ目の前の犬を見て、自分の内に問いかけて欲しいのです。

b0057675_10551173.jpg

昨日の曙。ちょっと不思議な雲が右側に…。

b0057675_10551469.jpg

彩雲…かな。
美しい。。。

b0057675_10550036.jpg

ホワイトデーに頂いたプレゼントを今頃UPのワタクシです。ワハハハ(≧▽≦;;;)

美味しいお菓子の詰め合せと、和散歩に参加してもらっていると〜っても若い男性から、柴犬柄のハンカチを!
…ワタクシもまだまだ捨てたもんじゃ有りませんね〜ぐふふふ…。←更年期

Yさん、R君、有り難うございました〜!!
日保の展覧会で垂れる鼻水を拭かせて頂きましたよ〜(≧▽≦)



b0057675_10580856.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-03-31 10:59 | Comments(2)

いつもの(?)甘えん坊御大

b0057675_21060835.jpg

いつものように、ママン様に抱っこしてもらって甘々な御大です。

b0057675_21062938.jpg

あ、どうぞどうぞ。
ゆっくり甘えて下さいな(≧▽≦)

b0057675_21063532.jpg

可愛いヤツです。。。

b0057675_21063790.jpg


そんなに気にしなくって良いってば〜〜ワハハハ!



平蔵御大、最近ちょっぴり朝の散歩の勢いが落ちております。

…というのも、彼、老齢化による白内障なんですけどね〜。
また見えているものの、最近明るくなるのが早くなってきたおかげで、散歩コースが眩しくて見えにくいらしいんですわ。

だもんで、夜の散歩コースの方が歩きやすいみたい。
あとは、寝る前の屋上なんかは大好きで、月明かりの下嬉しそうにシャカシャカ歩いておりますよ〜(≧▽≦)


さて、話は変わって。

昨日の夕方、素敵な光景を目撃出来ましたよ〜。
美しい幻日と日暈ですワ。
皆様にもお裾分け〜(≧▽≦)

b0057675_21065017.jpg


太陽の周りに浮かぶ円が「日暈」。
左側にひときわ明るく光る部分を「幻日」。と言います。
幻日は左右に見える事が多いんですが、この日はたまたま左側だけ出てました。

b0057675_21065372.jpg

幻日部分。
綺麗ですねえ〜。

カメラで撮ると、どうしても露出の関係か暗く写ってしまうんですが…。
肉眼ではもっと眩しく輝いてましたよ(≧▽≦)

b0057675_21065562.jpg

暈の部分。
こちらもうっすら虹色ですね〜。

ああ美しい。。。
美しいものを見る事が出来ると、それだけでシアワセ気分になれますワ〜。
…とはいっても、どこを見渡しても美しいんですけどね(≧▽≦)

b0057675_21071016.jpg

散歩コースの山桜。

b0057675_21071257.jpg

これも載せておかないと、あっという間に散ってしまいそう〜(≧▽≦;)

この下をトンネルのようにくぐるのが楽しみなのですよ〜。
小鳥達も朝からこの花びらの中でご機嫌さんなんですワ。


※3月27日、日曜日は、日本犬保存会の福岡支部展が久留米で行われます〜。
興味のある方は見学してみてくださいませね(^^)
だいたい9時〜14時です。(幼稚・幼犬は11時頃かな)


b0057675_13214588.jpg


展覧会中は、大声でのオシャベリや、携帯やスマホの着信音、立ち食いなど、、リングの中のハンドラーと犬の集中の妨げとなるような事はお控え下さいませ。
犬連れでも大丈夫ですが、こちらも同様に展覧会の妨げとならないように、しっかり管理してくださいませね〜。



b0057675_21072279.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-03-26 21:32 | Comments(0)

和散歩に新参者

b0057675_11224311.jpg

すっかりご無沙汰しておりました…。

この時期は、皆様もお忙しい事と思いますワ。
ワタクシも多分に漏れず、なかなかゆっくり写真の整理等に割く時間が無くて〜(≧▽≦;;)
あ、勿論、全員元気に過ごしております〜。

さてさて、今頃、前回の和散歩会の様子を載せちゃったりなんかします。ワハハハ!

ご存知の方も多いかと思いますが、くますけさんの所に来ている保護犬 ニコちゃん大魔王 寛蔵が和散歩に参加しましたよ〜。

b0057675_11330954.jpg

だって、、この頭…どう見てもニコちゃん大……。

この日は休憩の際だけ地面に降ろして、他は皆さん交代で抱っこ散歩だったのですけどね〜。

さすが子犬パワー。
あっという間に陥落するヒトが続出…。

「大事大事抱っこしたらダメ」というお達しがあったにも関わらず…。
やはり子犬の力には敵いませんワ(≧▽≦;;;)

実はワタクシが楽しみにしていたのは、参加犬達の様子ですワ。
こういう、ちょっぴりイレギュラーな出来事の際に犬が見せる様子は、その子を深く知るのにとても役立つんですよね〜。

b0057675_11420245.jpg

「子犬を初めて見る」にも、感じ方はそれぞれ。

なんとなくうっすらと子犬の記憶が思い出された様子。
見慣れない小さな生き物に興味津々の様子。
見慣れないモノへの恐怖が沸き上がる様子。
獲物を見るような感覚が呼び覚まされた様子。
完全に部外者として排除しようとする様子。
子犬をすぐに子犬として認識する様子。
子犬寛蔵の個性まで感知している様子。
子犬だから、とおせっかいを焼きたがる様子。
同じ群れの仲間として受け入れ見守る様子。
等々……。

b0057675_11591823.jpg

更に「犬として認識しているか・いないか」で、分けるだけでも、様々です。

例えば初対面の子犬に対する「一見」攻撃的な態度には色々ありますが。

そもそも犬として認識出来ていない恐怖からの排除←パニック
犬として認識していても、部外者は排除←上より冷静
何なのか認識したいが興味が強くなり過ぎて興奮状態で思わず
犬として認識出来ているが、近寄って欲しくないから←2番目と違うのは距離さえ保っていれば受け入れる
犬として認識出来ているが、シツケがなってないので叱る

等々……。

勿論、どの犬も「上記どれかひとつだけ」の様子ではなく、アレとコレとコレの複合型…なんて様子もありますけどね〜。

b0057675_11591036.jpg

この写真は、途中休憩の際に地面に降ろされた寛蔵と、それを興味津々に見つめるK君。

K君は、最初は寛蔵に興味津々でしたが、やがて犬として認識したようです。
しかし、まだ若い為に経験が少ないんですね〜。
ちょっとどうしていいか判らない。

でも、若いおかげで、オトナになっていく際に目覚める支配性や野性がまだ見られませんので、新参者の寛蔵をコントロールしようとしたり、警戒したり、群れから排除しようとはしません。

その後、また別の場所で休憩した際に、また興味津々に近寄ってましたよ〜。
その際に、寛蔵がグイグイ遊びに誘いに行くと、それも未体験の出来事だったために、若干のパニックに(≧▽≦;)
寛蔵から逃げ出してましたワ〜。

b0057675_12160392.jpg

↑この日の黒柴ズ

でも、あの感じだと…次に会った時には遊ぼうとするかもしれませんね〜。
ちょっとパニックで逃げようとしたけれども、実害は全く無かったので「コワいと思ったけどそうでもなかった?」と学習しているんじゃないかなあ。
寛蔵も、色々学習中ですしね(≧▽≦)

いや〜それにしても、八蔵の小さい頃を彷彿としますよ、寛ちゃん。
ヤンチャで綺麗好きで、怖いもの知らずで…。

先日、ちょっと寄った折には「楽しく負ける」遊び方をひとつ、くますけさんに見てもらいました。

彼は我が強いので「あからさまに負ける」のが凄く嫌いなんですよね〜(≧▽≦)
ですので、どさくさに紛れて「負けている状態」に上手に導くのが、こじれず良い関係を構築するのに一番だとワタクシは思うんですよ。
…まあ、こういうハナシは何度も書いて来たので、以前から読んでくれている方々はご存知だと思いますが(^^)

b0057675_12252393.jpg

そういうワケで、くますけさんに伝えた遊び方は…彼の「負けん気の強さ」を逆利用して「負けている状態を長々と経験させる」遊び方…という感じになりますか。

それまではちょっと「負ける」と感じたら、さっさとその場を放棄して別の遊びに移行していたそうですが。。

この遊びは気に入ってもらえたらしく「もうおしまい〜」とやっても、「もっと!さっきのー!」と所望しておりましたよ(≧▽≦)

次の和散歩会に参加した折には、また一段と育ってるんだろうなあと思います。
楽しみですワ。

※伊佐蔵と八蔵が遊んでいる動画の記事をひとつだけ見られるように変更しました(^^;)
寛ちゃんもこんな感じで遊ぶのが好きなんじゃないかなあ〜。→
「チビ蔵、生後70日」
(動画引っ越し放置状態…ハハハ)

b0057675_12285094.jpg

さて、そんな和散歩会の参加者で「2016年初の和散歩会」に書いたX君のハナシを憶えていらっしゃるでしょうか。
あのX君に、またまた素敵なハナシがあるんですワ。

それは…。
数日、飼い主さんが旅行で留守にして帰って来たら…。
X君、出迎えもなんにも無くてフツーーにしていた。。。というハナシです。

「あの〜これ、大丈夫なんでしょうか」と飼い主さん。

「何を言ってるんですか!それこそ、まさに理想的な姿じゃないですか〜!!スンバラシイ(≧▽≦)」と大喜びのワタクシ。

「…でもちょっと寂しいんですけど…」

「そ、、、そりゃそうですけどね(≧▽≦;;;;)ハハハ………」

b0057675_12354764.jpg

よく聞く話に、留守番が出来ない子…というのがありますよね。
飼い主さんが帰って来たら、も〜〜大騒ぎ大喜び大興奮でワケ分からなくなったり。
そんな子が留守番中何をしていたかと言うと、家中メチャメチャになっていたり。
まあ、分離不安という言葉も良く聞くかと。

それは「飼い主さんの不在」に「不安感」を憶えてしまうから。。

X君のその落ち着きぶりは。
「飼い主さんの不在」に、何の不安感も抱いてないから。
=お留守番が苦痛ではない。
=飼い主さん必ず帰って来る事を信じている。
……。

おおおおーーー。
あの。。あのX君がここまで…(ToT)←感無量

和散歩に参加している姿を見る度に「ああ、オトナになったなあ」と親戚のオバちゃんのように見守ってしまうワタクシですよ。

ただ、ノンビリ歩いてるだけなんですが…やっぱり和散歩っていいなあ(≧▽≦)



b0057675_12414971.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-03-24 12:40 | Comments(10)

またね

b0057675_11311479.jpg

スマホで投稿しようとしたんですが…途中で断念しました(≧▽≦;)
どうも繊細な家電品と相性がヨロシクないワタクシです〜。

平蔵御大、昨日またまた血液検査に行ってきましたよ〜。

基本的に鉄分以外は健康的なバランスで問題ないのは相変わらずなんですが…。
鉄分に関しては、前回より若干改善されていたものの、劇的な改善は見込まれないようですワ〜。

どこが病気というワケでも無く…。
単純に高齢化が進んでいて、彼の場合はその中でも血液を作る能力が衰えつつある、という事ですな。

b0057675_11311627.jpg

こうやって、頭を上げてコチラを見ようとしている間は、まだまだ元気な証拠。とセンセイも(^^)

まあ、本犬はそれなりに元気でご機嫌さんで暮らしていますので、ワタクシはそれをキープし続けたいと思っております。

とりあえず、予防注射は免除される事となりました(^^)

後は、自然のままに。
ゆっくりノンビリ。
甘えん坊でワガママで、たまに癇癪回して(≧▽≦)
突っ込みどころ満載の日々を、ヨロシクね、平ちゃん。

b0057675_11442804.jpg

ご存知の方も多いかと思いますが、先日、くますけさんちの福助ちゃんがアチラの世界に逝ってしまいました。

Kさんとご縁が出来てからずっと知っていた子ですので、、。
あの、会う度に球磨ちゃんや泰蔵を押しのけて、嬉しそうに飛びついて来ていたモフモフの感触を思い出してしまいます。

後ろで「福ちゃんならしょうがないなあ」という風情で、ご挨拶の順番を待っている球磨ちゃんと泰蔵とのギャップがおかしくて。
彼らに守ってもらっていたんですよねえ…。

平蔵のようにジワジワとお別れの覚悟をさせてもらえていれば、それなりに心の整理もつきやすいかと思いますが、突然のお別れとなってしまいました。

b0057675_12085346.jpg

出会ったばかりの頃の福ちゃんは、それはそれは偏っていて…。

前の飼い主が福ちゃんの中に残した「業」の重さには、目を見張るものがありました。

どんな飼い主だったかなんて…福ちゃんを見れば、容易に想像出来るんですよね。
捨てるまで、どんな偏った心理状態で福ちゃんに接していたか、そしてその行動がどんなに偏っていたか。。。。

そして、挙げ句の果てに、自分の業に染まってメチャメチャになった犬が手に負えなくなったら捨てた。

ここを読んでいる方なら良くご存知と思いますが、ワタクシは関わりはあってもレスキュー関係の話はあまり書きません。

それは…。
元の飼い主の歪みに染まった塊を、他人が拾って、その歪みを綺麗にしようとする事がどういう事なのか。という事に触れずに居れなくなるからなんですワ。

b0057675_12194935.jpg

たいていのイキモノは自分の「生」で精一杯。
まっとうに自分自身の王道を歩こうとすれば、周りに手を出す余裕はほとんど無いのでは。

自分に向き合う事ですら、大変な事。
向き合う事が恐怖だったり、耐えられない苦痛だったり、、時々ここに上げるメサイアコンプレックスのように、そもそも見ようとすらしない人がどれだけ居るのでしょう。

つまり。
自分の歪みに向き合えない人が、真に犬の歪みに向き合えるかどうか。という事です。


そりゃあ、カタチだけ良い子にしてしまうのは簡単。
ワタクシもくますけさんも、"そういう"犬を沢山見て来てます。

でも、福ちゃんは、カタチだけの"良い子"ではなく…。
自分の感覚でシアワセを感じる事が出来る子になっていたんですよね。
和散歩の犬達の中で、ご機嫌に歩いていたあの表情。。

b0057675_12302800.jpg

もし、福ちゃんが前の飼い主の歪みを沢山抱えたまま、アチラの世界に逝ってしまったとしたら。

ワタクシは…その「生」を思うとやるせない気持ちで一杯になったでしょう。

犬や猫、我々の身近に居る生き物の多くは…人が吐き出した眼に見えない様々なモノを吸い込んで、生き、死んで行く。


しかし。
福ちゃんが逝ってしまった時に、ワタクシはこれっぽっちもそう感じる事はアリマセンでした。

出会ったばかりの頃の彼を知っているだけに。
ああ、逝くときは、シアワセな福ちゃんに戻って逝ける事が出来て良かったな。って。


くますけさんの元に迎えられて、ホントウに良かったね。って。。。


またいつか会えるでしょう。
その時はまた、飛びついてくるのかな。福ちゃん。



b0057675_12453705.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-03-04 12:44 | Comments(4)

ある専門家さん

b0057675_13231509.jpg

ここんとこ、お仕事がいい感じに充実しておりまして、ゆっくりネット上を徘徊しておりません。
ん~、、、2週間くらいは徘徊してないような…。

和散歩メンバーや犬友達のブログをチラ見し、余った分の時間で自分のブログをチョイ書いたりする程度で、あとは自分のやる事に集中しております~。
…頂きものの写真も溜まってしまってスイマセン(≧▽≦;;)

そんなワケで、チラ見したいな~と思っているブログが山積み状態。
もう少ししたら、堕落した時間が取れそうなので(≧▽≦)、色んな犬ブログを見に行くつもりなんですよ~。

b0057675_13245730.jpg

さてさて。
そんなワタクシですが…先々週の火曜日だったか…ある密約を交わしました。。。

というのはジョーダンでして(≧▽≦)
ある専門家と、お互いの共通の知人を介して口約束を交わしたんですよ~。ワハハハ!

以前、その知人とオシャベリしていた時の事…。
ワタクシの生活圏内に、他にも犬の専門家が居らっしゃる事を知りましてね~。

割と近年始めたばかりの方のようなのですが、なかなか積極的にお仕事されている模様。
で、その方は、どうもワタクシが苦手とするタイプの犬がお得意らしい。と(≧▽≦)
更には、その犬種の犬…何頭も一緒に暮らしていて、知人曰く「とても良い子達ばかり」との事。

b0057675_13245730.jpg

というワケで。
その知人が近々またその人と会うというので、思わずワタクシお願いごとをしたんですよ。

「もし、ワタクシの所に、ワタクシが苦手でタマラン子が来たら、そっちに回してもいいですか~?」って!!ワハハハ!!←他力本願(≧▽≦)
なにしろ生活圏かなりかぶってますんで。

そしたら。。
なんと、その知人を介して、こんなお返事が。

「そういう事なら全然構いません。
実は、逆に自分は日本犬があまり良く判らないので…こちらに日本犬が来たらそちらに回してもいいですか?」との事でした。

b0057675_13262308.jpg

わ~。
なんか面白い話でっしゃろ~!!ワハハハ!

うんうん。
「そういう事なら、こちらも是非ご利用下さいませ~」と、また知人を介してお返事させて頂いたんですよ(^^)


その方、ある専門家の元で犬のお勉強されたらしい、と後で知ったのですが…。
実は、そこ、、15年くらい前に、ワタクシと平蔵がお断りされた所だったのですワ(≧▽≦)

あ、念のため(≧▽≦)
平蔵に問題行動があって行ったのではなくて、平蔵ならアジリティとか軽々こなすだろうなあ~とオヤバカ満載でそういう所を捜したんですわ。
そこはシツケや訓練以外にもそういう事をやっている所でして…。
その時に「柴は…」と言われたんですよね~。

b0057675_13275931.jpg

とは言っても、全然悪口ではアリマセン(≧▽≦)

断られた当時は「え?なにソレ?」と思っていたものですが。
今となっては「道を見失わないように」に書いたように、犬の事で判らない事を隠して引き受けるより、判らない事はキチンと断る方が良心的…と言う事をよ~~く理解しておりますので。

ああ、15年前にもキチンと断った、あの人の元で勉強した人だから、今回のお返事もこうだったんだなあ。。
と、妙に納得した次第なんですワ。

生徒はセンセイの鏡。
この世の中は結局、類友で繋がる。
そういう事なんだろうなあ。。。

b0057675_13305510.jpg

そこで、ふと思い出した事がありまして。

働いていた頃の某上司がですね~…自己愛の強い人で…。
その人のお気に入りの部下達も同類で…。

時々、上司が部下達の仕事ぶりのチェックを入れるんですが、そのお気に入り達は「良い事づくしのウソ八百」ばかり報告していたのには笑ってしまいましたっけ。
でも、その分、その嘘のシワヨセを「他の部下達の責任」として報告しているのには、さすがにムカつきましたけどねえ…。

その上司は、お気に入り達の嘘も見破れないんですワ。
結局、同じ穴のムジナの集まり。類は友を…って事ですな。

b0057675_13341903.jpg

で、正直者達がその尻拭いをして回る、という(≧▽≦;;)ワハハハ!

でも、当時、ワタクシ的にはそれでいいと思っておりました。

だって、、世の中は、正直者が馬鹿を見るおかげで回っている。と思うから。
馬鹿を見る事が出来る人の方が、沢山の学びを得る事が出来る。と思ったから。

そういう事なら、いくらでも馬鹿を見続けてやる。と思ったんですよね…。

彼らの生き方をズルい・得してる、と思うなら、自分も同じ種類のニンゲンになればいいだけの事。
ワタクシは死んでもイヤですけどね。


おお、ちょっと脱線しておりました。

b0057675_13344958.jpg

それで…(≧▽≦;)

先日の「つくしの笑顔…の前に。」の記事が、なんだか異様にアクセス数が伸びていたのでちょっとビックリしました。
ひょっとして、ワタクシが日本犬以外の相談も受けてるって事が、そんなに変だったのかな?(≧▽≦)

そりゃ~日本犬以外も沢山受けてますよ。ワハハハ!
一応、犬道!!に書いている事しか知らないワケじゃないんですからね~。

でも、上記の専門家同様に、ワタクシだって得意・不得意がありますがな。

だって…。
ワタクシが「日本犬びいき」なのは、誰だって判る事ですもんね〜(≧▽≦)ワハハハ!

だからこそ、得意・不得意があるんだと思いますし。
だからこそ、ワタクシよりもその犬種への理解が深い…つまり「その犬種をひいきするチカラ」が強い専門家が居れば、そちらに回した方が飼い主さんと犬の為でもある場合も少なくない。と思うんですよ。
b0057675_13455144.jpg

まあ、このへんのワタクシの考え方は…。
「アキちゃん見なくなりました」にも書いているので、シバツレをキチンと読んでくれている方なら、良くご理解されているはずと思いますけども~ワハハハ!


犬を愛する者同士。
こうやって補い合える、って…悪い事では無いと思うんですよね。

まあ、実際に回し、回される、という事はそんなに無いとは、思うんですけども。
とても心強い口約束が出来たな~とニンマリした話なんですよ。

…よっぽど実入りが良ければ考え直すかもしれませんけど~!?ワハハハ!
せっかく良い話を書いたのに、ブラックを書いてしまうワタクシ(≧▽≦;;)

b0057675_13462976.jpg

とは言っても…その「アキちゃん見なくなりました」や「つくしの笑顔…の前に。」にも書いて来たように、ワタクシの元へ辿り着くヒトとイヌは、他の施設や専門家にかかって、改善が見られなかったり悪化した所が多いのも確か。

改善が見られないだけなら、別の事を教えればいいだけの事ですけども…。
余計に悪化した飼い主さんと犬の相談に乗る時には、やるせない気持ちになりまする。

だって、その悪化させた張本人は「この事」を知らない。

自分がやった事への批判や意見が戻ってくれば、当人にも改善の意識が働くでしょうけど…ワタクシの元に辿り着く人の多くは、その事を自分の中に飲み込んでしまった人ばかり。

てか、言える状況だったなら、"こう"はなってないと思うんですよね。

b0057675_13483508.jpg

その為にはやっぱり「犬バカ一代2」に書いたように、飼い主さんがモノを言いやすい自分で居ないとな…と。
その度に、逆に学ばせてもらっております。
何処かの誰かの姿は、何時でも自分がなり得る姿…だと思いますので…そうならずに居られる努力を忘れないように。

これは、さっきの上司と部下の話とも重なって来ると思うんですワ。
上司は、自分の在り方次第で、結局、学びの為に還って来るモノが決まってしまう。
嘘の報告や上司をチヤホヤするばかりの部下達から…何が得られるというのでしょう。

結局、自分自身も部下も育てる事が出来ない…。

学びと在り方は切り離せない。そういう事なのかな、と思います。


この口約束が、良い類友の縁でありますように。



b0057675_13520419.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-02-29 13:55 | Comments(0)

ヘムヘム〜

b0057675_22493035.jpg

ボチボチと元気な平蔵御大です。

そろそろ狂犬病の注射の時期ですね〜。

老犬になって体力が落ちて来ると、その関係で予防注射を免除(?)になる事もありますが。
最近の平蔵はどうなのかな〜?と血液検査している所です。

b0057675_22520450.jpg

血液検査の結果は、総合的にはバランスも良くいい感じ。

…なのですが、ひとつだけ、ちょっぴり心配な点が〜。
昨年辺りから少しずつ、なんですが、今回も貧血気味な御大なんですワ。

本犬はいたって元気一杯なのですが、血液を作る能力がじわっと衰えている様子。
だもんで、今、ゴハンの鉄分をもうちょいプラスしてしばらく生活し、もう一度血液検査をする事になっておりまする。

まあ、ニンゲンだって年喰えば、アッチコッチ弱くなったり痛んで来たりするモンですからね〜。

b0057675_22542672.jpg

それが判明してからは、時々レバーをゴハンと一緒に与えたりしていたんですが…。
この塩梅がなかなか難しく。

というのも、御大…結石を作った過去がある事は皆様ご存知だと思いますワ。
その関係で結石が出来やすいんですよね。
レバーの量によっては「んっ?最近チッコが怪しいゾ」となり…微調整がなかなか(≧▽≦;;;)

というわけで、今はニンゲン用のサプリのヘム鉄を、彼に合わせた量を与える事にしてるんですワ〜。

b0057675_23035867.jpg

チビズゴハン用に頂いたシャケを、コトコト煮ます(^^)
シャケは軟骨が多く、軟骨が煮溶ける程に煮込むと、硬い骨だけ取りやすくなる。


まあ、新しい分量の鉄分で暮らしても、すぐに成果が出るわけでは無いので…。
2週間程経ってから再検査ですけどね〜。

でもって、注射をどうするか決めましょうねーとセンセイのお言葉でございました(≧▽≦)


ワタクシも最近は、老犬向けのサプリに目が行くようになりまして…ワハハハ!
霊芝が入ったナントカとか、ユーグレナ入りのナントカとか(≧▽≦)
店頭に並んでいるのを見ると、ついじーっと読んでしまうワタクシですよ。

b0057675_23112678.jpg

上の写真のシャケを他の具材と一緒にすると…何故か全体が白っぽくなっちゃいました(≧▽≦)
チビズ絶賛!!シャケ有り難うございました〜!


後は、介護用のグッズですワ。
我が家にも良くペット用の通販雑誌が送ってくるんですが、その辺りもついつい目が行ってしまって、アレコレと見比べたり…ワハハハ!

んが。
先走って用意すると、早く平蔵がそうなっちゃいそうで…(≧▽≦;;)
ママン様とふたりで「必要になったら、その時に買おうね」としゃべっておりまする。

先になればなる程、商品も改良が進んで行くだろうし、、。

b0057675_23230615.jpg


まあ、今の所は必要無いかな
のんびりゆっくりですが、毎日ご機嫌で暮らしてますので(≧▽≦)

初代のワンコは、早くに病気で逝ってしまいましたので…老犬介護の経験が無いんですよね、ワタクシ。
老犬介護のお勉強させてもらいますので、よろしくお願いしますよ、平蔵御大。



b0057675_23254241.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-02-28 23:27 | Comments(0)

ワタクシ的「専門家の選び方」(の一部(≧▽≦))

b0057675_11562418.jpg

23日の日曜日は、和散歩会でした(≧▽≦)
ええ…雪降りましたよ、ワハハハ!!
でも楽しかったですワ~。

有り難い事に、ものすご~~~~く遠方から3柴連れて来られた方もいらっしゃいました。
んが。まだ写真の整理をしておりませんので、次の記事にでもUpしたいと思います~。


さて。
そんな和散歩会。
ジワジワと知名度が上がっているようなのですが、そんな中で、以前から目にする言葉があります。

それは…「和散歩会、こちらでもやってくれるといいのになあ~」という言葉です。

そう、和散歩会は基本的に福岡でやっております。
たまに近隣の県まで遠征しますが(^^)

それを…遠方の方が、Kさんのブログ福の蔵[柴犬のすすめ]やシバツレに載せた記事を見ては「こっちで和散歩会があるといいのにな~」と、思ってくれてるんですね。

b0057675_11572988.jpg

とても有り難い事ですワ。
もしそれがすぐに出来る事なら、いつでも向かいたい。。。

和散歩がただのオフ会ではなく…問題を抱えた人と犬のための会である事はご存知の上で、そう言ってもらえてるんでしょうから。
必要とされるヒトとイヌが居るなら、そこで和散歩が出来れば。という気持ちは山々…。

ですが、今の所は諸事情で限界がありますし、中途半端な事はしたくない、というのが正直な所です。
将来的には、和散歩が出来る人が全国に増えてくれるといいなあ…という願いはありますけどね(≧▽≦)


球磨ちゃんでなくても、導く能力を持つ犬がそこに居れば、和散歩は出来ます。
これは、何度も和散歩に参加して学びを得た方々は、既に…いつの間にか実感出来ている事です。

また、似たような事はシバツレでも時々書いているので、読まれている方はご存知かと思いますワ。
平蔵や球磨ちゃんのような雰囲気の犬&飼い主さんと知り合えたら、一緒に歩いてもらうと良いですよ〜、という事ですね〜。

b0057675_11590877.jpg

とは言っても、、。
平蔵や球磨ちゃんのような犬が近場に見当たらない…。
犬の見分けが難しい…。
という事もあるでしょう。

そうなると、和散歩は諦めて、近場で専門家を捜す事もあるかと思いますワ。

実は、たまにこんな事を聞かれる事があるんですよ。
「自分と犬に合う専門家って、どんな人(所)を捜せばいいんでしょう?」

わざわざワタクシに問い合わせてくれる、という事は。
ワタクシの犬に対するスタンスをご理解頂いた上の問い合わせのハズ…。
ですので、ワタクシのスタンスに乗っ取った考えをそのまま伝える事にしております。

今日は、それの一部をここに書いてみたいと思いますね。
全部書くと大変な文量になってしまいますので〜。
てか、シバツレ読者なら、ワタクシがまず何を書くか…皆さん容易に想像されるのではないかと思いますが!!(≧▽≦)ワハハハ!

b0057675_11581026.jpg

ワタクシ的「自分に合う専門家の見分け方」
…のごく一部のみ(≧▽≦;)

●その専門家の犬を見ましょう●

何度となく書いて来た言葉「犬は飼い主の鏡」…そのまんまです。

犬の専門家をやっていながら、犬と暮らしていない人はほとんど居ないのではないか、と思います。
たいてい、自分の好きな・もしくは得意な犬種の、少なくとも一頭とは暮らしていらっしゃるはず。

その犬を見ると良いと思うのですワ。
それも、仕事をしている時ではなく、普段の…家庭犬としての姿をです。

更に念を押すならば、リラックスしているはずの時の姿です。

もし、訓練系の専門家なら…訓練をしている最中の犬は仕事モードですので、参考にならないと思います。
どんな犬でも、仕事が終わればリラックスするのが当たり前だと思いますので「そういう時の姿」を見ましょう。

また、仕事が終わった後だとしても、、興奮して遊んでもらっている姿もリラックスしている姿とは言えませんので、除外です(≧▽≦)

b0057675_12060607.jpg

例えばしつけ教室の最中で、「休憩」と言って「仕事として伏せた姿で休憩」している姿ではなく。
教室が終わった後、、家庭犬の姿に戻っている時の姿。
しかも、専門家と一緒に居る時の姿です。

仕事外で一緒に居る時…。
どんなに態度や姿が、落ち着いて穏やかな「カタチ」を取っていても…その犬の目つきや表情がリラックス出来ていなければ…。
それはホントウのリラックスではアリマセン。

それは…専門家と一緒に居る時に、常になんらかの小さな緊張や、服従を強いられている状態と言える、と思います。
どこかに「この人の前ではキチンとしなくては」と頑張る心理があるんですね〜。

もし、専門家が居ない時にこそ、犬が心底リラックスする様子を見せるなら…。
その犬にとって、専門家の存在は完全にリラックス出来る存在ではない、という事。

裏返せば専門家の存在そのものが何らかのストレス要因になっている、とも言えると思います。

b0057675_12064689.jpg

服従を強いられている犬と、リラックス出来ている犬は、見た目はちょっと似てますが雰囲気が違うんですよね。

「キチンとしなくては」と落ち着いて穏やかに居る事と、「全部お任せ〜ノンビリ〜」とリラックスするのは…一見似て、中身は非なるもの。

ましてやその目つきがおどおどしていたり、死んだ魚のようであれば。。
同じ「キチンとしなくては」でも、意味合いが違って来ると思いますワ。
「大きな器の犬3」に書いたような、強い"学習性絶望感"による服従状態かもしれません。


何しろ「専門家の犬」ですので、素人から見れば、理想的な姿を見せてくれるのが当たり前かと思います。

特に、教室中なんてのは「道を見失わないように」に書いたように、エンターテイメント性が高い事はその犬も理解していると思いますので。
そこに目を囚われないように…という事ですね。

…ぶっちゃけ。
専門家の犬が「誰が見ても問題を抱えてると判る」ような犬って事は、そもそもあり得ないでしょうけどね。ワハハハ!
だからこそ、気を抜いた…本来リラックスしているハズの時の状態をよ〜〜く観察して欲しいのですワ。

b0057675_12071688.jpg

まあね、パッと見、専門家が飼っているように見える犬でも…。
その犬が、専門家が迎えたばかりの保護犬で「今、育て直し中なんですよ」という場合は、それもアリかと思います。
保護犬を迎えて育て直して、里親を見つける活動に関わっている専門家は少なくありません。

また、問題がヒドイお客さんの犬を一時期的に預かって育て直しをする場合もありますので、その場合もアリですね。

噛み付きがヒドイ場合は、口輪はめてたりするでしょうし。
リードも犬に対して強い専用のモノを付けてたりするかもしれません。
ショックカラーを付けているかもですね。

見るからに"そういう"(=誰が見ても問題を抱えていると判る)姿をしている場合は、どういう犬なのか、尋ねた方がいいかと思いますね~。
すると、その犬がどういう経緯で専門家の元に居るか、またどうやって育て直しているかを教えてくれる事と思います。

b0057675_12114825.jpg

まあ、今時は、誰でもブログやらホームページやらを開設されてると思いますので、、過去記事を見てみればすぐに判ると思います。
その保護犬(預かり犬)がどういう風に成長し、克服して行くか…を見れば、これも専門家を選ぶ参考のひとつになると思いますよ〜。

というのも、そういう記事は、専門家にとって絶好の「自分の能力」を紹介する機会ともなるからですワ。

肝心な事を書いてない場合は要注意かもしれませんね。
"学習性絶望感"を多用している所は…やはり世間体を気にして表沙汰にしない事が多いと容易に想像出来ますので。


万が一、、、、現実には無いとは思うんですが…。
その犬が数ヶ月経っても、半年経っても、一年経っても、、「え?まだあの状態なの…?」「え?まだそんな問題抱えてるの?」な~んて場合は…。

……(≧▽≦;;;)
まあ、これ以上は書く必要はアリマセンか。
書かなくても、誰だって判りますもんね〜ワハハハ!

b0057675_12122889.jpg

ちなみに、もしその専門家がワタクシだったら……。

そういう犬は、いつまで経っても成長出来ない程の極端な偏りや器の小ささを持つ犬だと考えます。
ですので、そんな犬をいつまで経っても教室の場に連れ出す事、そのものが、その犬にとってどれだけの影響があるかを考えてしまうんですね〜。

いつまで経っても変われない程に、器の限界に達してしまった子。。
そんな子に、口輪を付け、ショックカラーをつけ…更にストレスを加えながら教室に引き出す…。

いやいや…無理ですワ〜。
もう、アンタは家でノンビリしてなさいね。と留守番させると思います。
専門家って、、やっぱり犬を愛しているからできる仕事だと思いますのでね。


…まあ、人によっては「恥」と捉えて表に連れ出さない…という方もいらっしゃるかもしれませんけども…。
そういう所にも、その専門家の犬に対する姿勢が伺えるかと思いますよ〜。


他には犬道!!番外編「犬バカ一代2」に書いたような事を踏まえている専門家なら、個人的にもいいな〜と思いますね。
…色々書きだすとキリが無くなってしまいますので、これくらいにしておきましょう(≧▽≦::)

b0057675_12150586.jpg

普段は海辺近辺で見る、イソヒヨドリ。昨年から我が家の周辺で見かける子です。
歌がとても上手なんですよ〜興味ある方は検索して聞いてみて下さいね(^^)


専門家を選ぶために、この「専門家の犬を見る」という方法を選択するに、、ひとつだけ気をつけた方が良い事があります。


それは……。
ストーカーと勘違いされないように、さりげな〜く観察しましょうね〜!ワハハハ!!!



b0057675_12173737.jpg◆宣伝◆

チビズもモデルのラインスタンプはコチラです。
  ↓↓
「柴犬ざんまい」
by koryu_misumi | 2016-01-25 12:17 | Comments(4)