柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(663)
(180)
(130)
(110)
(27)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

タグ:柴犬 ( 663 ) タグの人気記事

イモ姉ちゃん、何度でも登場

b0057675_9264025.jpg

平蔵との散歩を終えて帰り着くと…先に帰っていた赤柴ズが庭に放たれておりました。
ワタクシ達が帰り着く前に、ひと騒動はしゃぎ回ったらしく、既にマッタリモードのふたり、、。

b0057675_926438.jpg

いっちゃんは虫探しに夢中です。
、、もうそろそろ、虫を見つけるのも難しくなってきとるやろ〜。

イモが大好きなイモ姉ちゃん達(ニンゲン=ママン様、犬=珊瑚)は後回しにする事にして、オトコ組の世話を先に済ましたワタクシ。
再び庭に出てみれば、、。

b0057675_9271091.jpg

「珊ちゃん、ここ、ここ」とママン様が芋掘りの手伝いをさせようと、珊瑚を誘導しているではありませんか。

b0057675_9271335.jpg

「ここね!フガフガ!!!」

b0057675_9271713.jpg

どうです、このドヤ顔、、。

b0057675_9272052.jpg

ちょと顔見せてみ、、、。
やっぱりね(≧▽≦)ハハハハ!!

、、、と笑いながら、ふと横を見ると。

b0057675_9272718.jpg

なんじゃこりゃ!!!!鼠が齧ったようなイモがあるやんけ!!!

、、、って。
犯人が分かりきっているというのに、つい突っ込まずには居れないワタクシ(≧▽≦)

b0057675_9273615.jpg

「珊ちゃん、ここにも埋もれてるよ」とママン様。

「判った!ここね!!フガフガ!!」

b0057675_9273938.jpg

芋の尻尾を見つけて、一生懸命引っ張る珊瑚(≧▽≦)

力を込めて、プルプルしてる様子といったら、も〜〜〜〜。

b0057675_927432.jpg

ムキになってるゾ。
可愛い鼻ジワ。

b0057675_9275263.jpg

無事ゲットした後に、またお鼻を見せてもらいましたよ。

、、、、鼻はまっくろくろすけのくせに、、、なんか得意気。ワハハハ!!

b0057675_9275957.jpg

「誰〜こんな齧ったのは〜?」とママン様に言われておりますが、、。
全く耳に入ってない様子〜(≧▽≦)

イモをガン見する様子と、前足の様子を見れば、、もう完全にロックオン状態なのが判りますですな。

b0057675_928491.jpg

やっぱりね!!ワハハハ!!!


後で、これらは綺麗に洗って蒸かして、人と犬のオヤツになりましたよ〜。
美味でした〜(≧▽≦)/
by koryu_misumi | 2012-11-23 09:47 | Comments(4)

ウザくなる程の長文をば。

b0057675_14261782.jpg

なすびのカタチがヘンだぞ!!

ちょいと忙しくしており、放置してしまいました、ワハハハ、スンマセン〜。

さてさて。
昨年から「犬道!! シバツレ流」を書き始めた事もありますし、気になってる方もいらっしゃるかと思いますので、、思い切ってチョイとツッコんだ記事を書く事にします。

ちょっと脱線ものの長文になりそうですが、ご了承くださいまし〜。

***********

b0057675_1428341.jpg

あのリハビリ担当者さんちのワンコ、K君に会ってきました。

、、、実を言うとこれが初めてではなく、、(≧▽≦;;;)
数ヶ月前、K君が施設から戻って来たその2〜3日後には連絡を頂き、一度会いに行ってたのですよ。
ミクシイではチョロっと書いてましたけどね。

その頃は、まだ非常に暑い時期でしたので、外でのアレコレは据え置き…という事にし。
まずは、家の中で出来る事と、家族の意識を変えられる部分から変えて行きましょう、という事で、オハナシしてきたのですよね。

そんな訳で、先日は外でのアレコレ、、、散歩の様子を見たり、自転車走の練習もしてきましたよ〜。

自転車走は、勿論、最初ワタクシが自転車に乗って「自転車走ってのは、こういうモンなんだよ」とK君に憶えてもらったのですが。
飲み込みが早い上に、、K君、初めての自転車走、そ〜〜〜と〜〜〜(相当)気に入ってましたワ(≧▽≦)


K君がすっかり理解した上で、ママさんに乗ってもらったのですが、、。
ママと一緒に並んで嬉しそうに走るK君の表情と言ったら、も〜ホンットにいい表情!!
リードを引っ張る事も無く、テケテケと走りながら「ママ楽しいね!楽しいね!!」と何度もママを見上げるんですワ。
ピリピリと、とんがった表情ばかりを見せるK君の、、そんなリラックスした幸せそうな表情が見られただけでも「今日は来て良かったなあ〜」と思ったくらい。

「K、また走ろうか」とママが声をかけると「うん!!」と嬉しそうに、またテケテケと走りに行くんですよ。

これから、走るには良い季節。
自転車走ひとつを憶えただけでも、これからのK君とママさんには素敵な時間が増えた、、という事になりそうです。

b0057675_14291838.jpg

朝日が眩しい平蔵

K君だけでなく、ママさんにも実感してもらえた事がありました。
それは「日々の積み重ね、常時の積み重ね、、"いつ・いかなる時も”の積み重ね」だという事を、です。

、、犬のしつけや、問題解決、、というと、何故か「アッと言う間に"解決"」出来るものだと思い込んでいる人が、もの凄く多いんですよね。

確かにテレビや出版物や、その他様々な場所で得られる情報には、そういうものが溢れています。
それを、うたい文句にしているものも珍しくないですし、、そういう風にしか見えない記事を挙げているブログ等も少なくないと感じます。
まあ、故意にそう書いてる所もあるんでしょうけども。


しかし、、実際は、それらは問題解決のための諸々の、ほんの一部…氷山の一角に過ぎないのでは。とワタクシは思うのですよ。

これは、その他の様々な事にも言える事だと思います。
例えば、アナウンサーが読み上げる情報、新聞に印刷している情報は、そのモノゴトのごく一部に過ぎず、、その裏にどれだけの情報が埋もれているでしょう?
とある記者は「100の情報を集めても、5しか文章に出来ない」と言っていた事があるのですが、ワタクシもまさにその通りだと思います。


ママさんも、以前は、犬の問題はそういう風に"解決"できるものだと思われていたクチ。


例えば、のハナシですが。
抜群のタイミングと強さで、ビシ!とリードショックを入れて、、それで、とある問題が収まったとしましょう。

一見「解決」したように見える。
ママさんもこれが「解決」だと思われていた。

しかし、根本の部分では解決した事にならないのでは、とワタクシは思うのですよ。

b0057675_14305363.jpg

朝日が眩しい珊瑚

というのも。。
K君を「こんな風」になるように導いて来た要因のひとつは、これまでK君に接して来た人々や状況等の、日々の積み重ね、だと思うのですよね。

これまた、いつものワタクシ流のヘンな例えで申し訳ないんですが、、。
犬の問題の多くは「生活習慣病」みたいなものではないかと思うのですワ。


日々の、、どこかちょっと間違った接し方が積み重なって、、犬によっては徐々に目に見えて悪化する事もあれば、あるきっかけを得た時にそれが一気に表面化したり、。
まるで…不摂生な日々を重ね、徐々に健康を損ねる人や、、それまで何ともなくても、その蓄積がある時欠壊し急に具合が悪くなる人、、そんな感じかな、と。

そして、ビシ!とやって問題が収まったように見える、、これは、注射や処方される薬のようなものだとワタクシは思うのですよ。

確かに、調子が悪くならないように薬を飲んでいれば、その後は以前同様に暮らせるかもしれない。
、、、しかし「生活習慣病」が、生活そのものを変えずに「健康」になるワケは無いのですよね。


我が家のオヤジ様なんぞ、そういうタイプでして。
「薬を飲んでるから、以前同様、何しても大丈夫」とばかりに、相変わらず、添加物テンコモリのジャンクフードも、酒も、喰っちゃ寝の日々も、変えるつもりは無いようで(≧▽≦;;)

そういう事の積み重ねが、薬を必要とするようになった原因でもあるというのに、、。

「これからは、もう少し健康に良いものを食べるよう心がけよう」とか「酒ももうちょっと減らそう」とか「ゴロゴロばっかりせずに、もう少し身体を動かそう」とか、、そういう思考は無いんですな。

生活を改める事で健康になるにつれ、、薬が必要無くなる事もあり得るというのに、ね。


「以前同様に暮らせる」という事と、「健康になる」という事は、、「その人」の見た目は同じでも、根本は全く別モノなのではないでしょうか?

b0057675_14323589.jpg

ビクターかわいいな

犬の問題も同様に。
問題の原因を放置したままでは、、根本的な解決にはならないのでは。と思うのですよ。
時々ビシ!とやって、犬だけにシワヨセを被らせ、、飼い主が以前通りの接し方をしているようでは、、ね。


勿論、その事を理解したとしても、、なかなか実行出来ない状況で暮らす人と犬も少なくない、と思います。

しかし、この事に納得出来ているかorいないか、、それだけでもかなり違うはずだと思うのですよ。
心で納得出来ていれば、おのずと暮らしの中の行動に反映されますし、、なにより、犬が飼い主の心理的な違いを感じ取るのではないでしょうか。

実際、K君のママさんも、常に100%をK君に当てられるワケではアリマセン。
大事なのは、この事の必要性を実感してもらえた事だと思うのですよね。
「日々の積み重ね、常時の積み重ね、、"いつ・いかなる時も”の積み重ね」に納得できているからこそ、、出来る限り、出来る時に出来る事を積み重ねる事が、解決への道筋なのだと、、。



、、、、まあ、中には、、薬を飲みながらの以前同様の生活を選ぶ人もいらっしゃるでしょうけど。

b0057675_1434123.jpg

自然の色の美しい事!!

実は、K君とママさんは、ワタクシと会うまでに複数の専門家(所)を経て来ています。

にも関わらず、、。
「ええっ!?これまで、誰もそういう事を言ってなかったのですか!?」と逆にワタクシがツッコミを入れてしまったという、、。

勿論、初めて会った時にも何度となく説明をしましたが、、頭では理解できていても、心の部分での理解がまだピンと来てない、、という感じでして。
しかし、先日会った時に、ようやく何か実感してもらえたようでホッとしましたよ。


その他にも、、。
「言葉で言ってもダメなんですね」と言う言葉を聞かせてもらえました。
ダメッて事は無いですが、、態度と行動の方が犬には伝わりやすい、と実感してもらえたんですね〜。
勿論、これも最初に会った時におハナシしていたのですけども、、実感が伴うには誰だって時間がかかったりするものだと思いますワ。

、、これも、誰もそのような事は言ってなかったそうで、、。
「ええっ!?これも今になって知った事?」、、と。


散歩も、、。
横に「つく」事は上手に出来るんですK君。なにしろ複数の専門家を経て来ているのですから。
が。
その様子を見れば、、、うう〜〜ん。
歩いているママさんの前を、いきなりフイっと横切って植え込みに突入していったりするんですよ。
ママさん、K君を踏みそうになってしまって、相当アブナいんですワ。

「ええっ?」って、、ここでもツッコミ、、、。

「ついて歩く」事は学習していても、カタチだけしか理解されてなかったんだなぁ、、と。
だもんで、、「散歩の醍醐味」のような例え話をしたり、、。


いや、、もう何度ツッコんだ事かと。。。

b0057675_1436799.jpg

正直、、こんな事はあまりここに書きたいとは思わないのですが、、、、。

初めてK君とママさんに会った時から「そんな事は聞いた事が無かった」という言葉を、ワタクシは何度となく聞かされています。

ふたりが経て来た複数の専門家は、ワタクシが知っている程度の事なんぞ当然判っているはずなのに、、何故教えてくれなかったんでしょうね?
そこが、個人的に悲しいのです。


「カタチを学ぶ事」はアリだと思います。
時々例えとして書きますが、茶道なんてその最たるものかと。

しかし、学ぶとすれば、、カタチだけでは意味が無いのですよね。
カタチをカラダに叩き込みながら、同時に学ぶ事がある、、。
そうしてやがて、そのカタチひとつひとつが腑に落ちて行くようになる、、のでは。



二度会い、ママさんと会話を重ね、K君の様子を観察する限りで、、。
ワタクシは、K君が初めて会った専門家のハナシが、どうしても頭から離れません。
K君が「こんな風に」なった要因のひとつを作った、と思われるヒトです。

K君は、、恐怖によって服従(この単語もあまり使いたくないんですが、、)する事を強いられた経験があります。
正直な所、最初ハナシを聞いたときは「ママさんが過剰に感じただけなんじゃ」と思ったのですが。。
K君は怖がって怖がって、、絶対に、その人を受け入れようとしなかったそうですワ。

犬に受け入れてもらえないって、、、。

K君はワタクシの事を「僕の事をやたらと叱るヒト」と認識しているようですが(≧▽≦)
有り難い事に、良くワタクシの足元で、ヘソ天になってウトウトとリラックスしてくれるんですよね。
叱っても叱ってもワタクシの事を嫌いになったりしない、という事にママさん気づいてくれてました。


"その人"も、専門家ですので、多分、、感情的にならずにやっていたんじゃないかなと想像します。
実際、それで「良い犬」になってきた犬がゴマンと居たからこそ、、その人はその「やり方」をするようになったのでしょうから。

ただ、、、「やり方」ばかりが先行し、大切な事を置き去りにしていたのでは、と、思うのですよね。

b0057675_14383583.jpg

ワタクシが、犬道!!で「やり方」をあまり具体的に書かないのは色々理由がありますが、、ひとつには、それが「安易に成功してしまう事」が恐ろしいからです。

ニンゲンってのは、ワタクシも含めて、、、成功すればする程「味をしめる」イキモノだと思うのですよ。
それが、カンタンであればあるほど、アッと言う間であればある程、、味をしめる度合いは強くなるのでは。
成功する事とカンタンに成就してしまう事が、セットで脳にインプットされるんですな。

判りやすい例えだと、賭け事なんかそうですかね?、、、大穴を経験する程、抜けられなくなる、、。


これは、犬の世界に限らず、ありとあらゆる世界に言える事ではないかと思います。

、、、ワタクシは美大出身ですが、、。
例えば、自分のスタイルを作って成功してしまった作家が、その世界にスッポリとハマってしまって、新しいモノを求めなくなるのを見ると、少し悲しくなってしまうんですよね。
そりゃあ、成功した世界の方が居心地が良いに決まってる。
しかし、もうそこから新たな世界に進む事は無いのでは?と、、。

両方を天秤にかけた時、ニンゲンってのは、どうしても居心地が良い方を選んでしまうもの。
ワタクシもニンゲンですので、、、ニ、ニンゲンですので!!!、、、良く判ります。

しかし、その悪い面は、新しい世界を受け付けようとしなくなる可能性。
、、ある時、成功した世界の何かが否定される事態が起きたとしても、、自分でも気づかないままに、それを受け入れられなくなる事だと思うのですよね。


同じように、、。
例えば、何頭もの犬を相手に接し、、同じ「やり方」でウマく行けば行く程、本人も気づかない内にその「やり方」にハマるようになってしまう事は多いのでは。

、、そうすると、いつの間にか、、、「やり方」のみが先走るようになる、、。
どんな犬に対してもそのやり方で「ウマく行くはずなのだ」と。
そうなれば、犬と飼い主の両方を細やかに判断する事も無くなり、、。


K君には、その「やり方」が合わなかったのですが、、それが逆に無理矢理にでもその「やり方」をK君に押し付け続ける事になったようで、、K君はそこに恐怖を憶えるようになったようです。
人がどうあっても犬は服従しなければならないのだと。

しかし、、K君が教えられた事の、、DV下に構築される上下関係になんと似ている事かと思います。

DVによって培われた上下関係に求められるのは、、主に対する、従の完全な服従。
そこに、まともな相互の意思疎通なんぞは存在しない。
従は「主の指示に従うのみ」で、主に意見する事も、自分で考える事も必要とされない。
考える必要は無いのですよね、、主の言う通りにする事だけ、が求められる事だから。

一方通行の意思疎通しか存在しないのです。
、、いや、一方通行がはたして「意思疎通」と言えるのか?


それは、K君とママさんが、真に必要としていた事であるハズが無い、と思うのですよね。

b0057675_14402496.jpg

おかげ様で、ワタクシなんぞでも犬の相談に乗る事があるワケですが。
ワタクシが犬に会う時に、恐れている事は、自分が「判った気」になる事なんですワ。


飼い主と犬と接するに、、確かにワタクシ自身の過去の経験の積み重ね、得て来た知識が、少ないながらもどれだけワタクシの助けになってくれる事か。と思います。
しかし、同時に、決して忘れてはならないと気をつけているのは、、そんな自分を常に疑う事、です。
ちょっと矛盾を感じてしまうと思いますが、、まさに、そのつもりで居るんですよね。

「自分の経験を、この子にまんま当てはめようとしていないか」と、疑う事、、。
「絶対」なんてモノは絶対(≧▽≦;;)あり得ないという事、、。


ここに、何の不安も感じなくなってしまったら、、ワタクシは同じになってしまう、と思う。


世界中の全ての人と犬に、、同じ存在はひとつとして無いのだから。
ワタクシが今まで感じて来た世界の、そのあまりの狭さで、、世界の全てを把握できるハズが無いのですから。

初めて会う人と犬は、、まさにワタクシが生まれて初めて出会う人と犬。
ワタクシの知らない何かを、沢山持っていて、ワタクシに教えてくれる存在であるはず。
だから、キャンバスは真っ白でなければ。
色のついたキャンバスを持って行くワケにはいかないのだと、、気づかない内に、色をつけてしまっていないか?と、、。
そうやって疑い続ける事で、ワタクシは初心を忘れずに居たい、と思うのです。


K君と接した人も、、犬の世界を選んだ人なんだから、元々は犬が好きで始めたはずだと思うのですよね、、。


b0057675_14474579.jpg

K君とママさんに出会った事で、、ワタクシは、改めて自分のネジをガッツリ締め直す事が出来たように思いますワ。
、、、なんだかもうゴチャゴチャな記事になってしまいましたが、、、(≧▽≦;;;;)

K君とママさん、、今後も見守っていきたいと思います〜。
by koryu_misumi | 2012-11-19 14:44 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(16)

判りやすい柴犬

b0057675_9465167.jpg

チョイ前に、オトコ組で散歩に行きました。

やはり、ママン様&赤柴ズばかりで散歩をしていると、だんだんアヤシい様相を見せるようになってきますからね〜、、。
チョイと伊佐蔵のネジを締める必要がありましたので(≧▽≦)、ワタクシ&平蔵と一緒に歩きながら微調整をば。

b0057675_9465592.jpg

朝日を浴びる伊佐蔵。
、、、ここはオーストラリアではアリマセン。日本です、ハイ。

伊佐蔵はディンゴではアリマセン。柴犬です、、、、、確か、、、。

b0057675_9465931.jpg

遠くにママン様と珊瑚が見えたので、、、平蔵を放ちましたよ。
この日は土曜だったか日曜だったか、、その早朝ですので、、、人も車も全然現れません。

テケテケと合流する様子を、ワタクシと一緒に見送る伊佐蔵の影が可愛い。

b0057675_947261.jpg

三色団子。

b0057675_947510.jpg

ママン様と合流したならば、恒例のオヤツタイムですよ〜。

橋のたもとに腰掛けるママン様を前に、一斉に集合です。

b0057675_947841.jpg

まずは平蔵から〜〜。

b0057675_9471196.jpg

お次は珊瑚〜〜。

b0057675_947141.jpg

最後は伊佐蔵〜〜。
一見同じように見えて、呼ばれるとちゃんとカラダをシャキっとしてますよね、ハハハ。


皆でマッタリとしていたら、、、。
可愛い光景を激写してしまいました。

b0057675_9471954.jpg

ママン様が平蔵を「平ちゃん、オリコウさんやね〜〜」と褒めていると、、、。
隣にいた珊瑚が「あたちも〜」と。

しかし、、ママン様、そんな珊瑚に気づいてません。

b0057675_9472451.jpg

更に平蔵を褒めるママン様、、。
そして、そんな平蔵をムス〜っとして見ている珊瑚、、、、ワハハハ!!!


珊瑚の表情がもう少し良く見えるように、拡大してみましょう。
b0057675_9472828.jpg

この、期待感タップリな、、「おか〜ちゃん、あたちも褒めて欲しいの!」という、表情、、!!
自分でも褒めてもらうつもりでいるのか、既にウキウキしてますよね。

b0057675_9473158.jpg

ああ、それなのに、、、!

「平蔵はあんなに褒めてもらってるのに、、、、」という珊瑚の心の声が聞こえて来そう〜〜。

ああ〜可愛いな!!!!!!


そんな珊瑚があまりにも可愛いので、、。
「珊瑚も褒めてやって」と横から頼んでしまうワタクシでありました。
お嬢も撫でてもらって大満足でしたよ〜〜。

勿論、本気でジェラシーしてると、、様相が若干違うので、そういう場合にはちゃんと注意しますけどね〜。


ホントに珊瑚ってば判りやすい柴犬ですワ。
日本犬は表情が分かりにくい、なんて良く聞きますが、そんな事ない子も居るんだよな〜って思ってしまいます〜。
by koryu_misumi | 2012-11-13 10:16 | Comments(12)

ゆたんぽ犬 animal

b0057675_11421355.jpg

ソファから下りようとした珊瑚を、ママン様が強襲しておりました。

「珊ちゃん!寒いから暖めて!!!」

そして、ちんまりとお腹の辺りに抱え込まれておりました、、。

b0057675_11421639.jpg

この顔、、、。

ブッククク、、、!!


抱っこされて、ポカポカできもち良くなって、そのままスゥ〜と眠ってしまいましたとさ。
by koryu_misumi | 2012-11-12 11:45 | Comments(2)

聞きまつがい

b0057675_9551477.jpg

めっきり寒くなって来ました。
暖かい頃には感じなかったのですが、、冷えると骨折の痕が時々ムズムズします。

孫の手でも買うかな(≧▽≦)!?
ん?、、、イマドキ、売ってるのか!?ワハハハ!!

b0057675_955177.jpg

チロちゃんに会いました。

、、、実はワタクシ、この子の名前を「キーラちゃん」と思い込んでいたのですが、、。
この日、飼い主さんとちゃんとオシャベリする機会があったのでキチンと聞いてみたら「チロちゃん」でした、、、。

以前、こちらの家の子供に尋ねた時に、、「キーラ」って聞こえたんですよね、、、「チロ」が、、、。

、、、耳、悪!!!!

ど〜してまた、ちゃんとオシャベリしたかと言いますと。

少々以前に、、この、チロちゃんが我が家の庭に居りまして、、(≧▽≦;;;)
そう、脱走してたんですね〜ワハハハ!!!

で、保護して家まで護送して、、留守だったので勝手に庭に入り込んでチロちゃんを繋いで帰った、、という。
、、その事をちょっとオハナシしたんですよね。

b0057675_9552146.jpg

嬉しくて勢い余って、平蔵にゴツンとぶつかっております、チロちゃん

b0057675_9552464.jpg

拡大図。平蔵、、、ワハハハ!!!

家族の誰も知らないうちに戻してるので、、脱走事件そのものを知らないかもしれないけど、一応伝えておいた方が良いかな〜と思い。
「チロちゃん、実はこの間、ウチの庭に来てたんですよ〜」とワタクシ。

すると「えっ!?やっぱりそうだったんですか?」と飼い主さん。

聞けば、どこかのオジサンが、チロちゃんがフリーでどこぞの田んぼをウロウロしていた、と教えてくれてたんだそうですワ。
んが。
帰ってもちゃんと家に居るし、、、????

、、、という事でした(≧▽≦)ワハハハ!!!

b0057675_9552731.jpg

我が家の庭に居た時には、、あまりにも自然な様子で佇んでいたもので、、、。
チビズ全員が庭にチロちゃんが居る事に気づいてなかったんですよね〜。
チロちゃんが興奮状態でなくて、ホントによかったですワ。

ワタクシは、たまたまチビズの食器を洗っていて、、ふと視界の端に動くものが見えたので「鳥かな?」と思って見れば、、、チロちゃんだった、という(≧▽≦)

チビズに察知されないように、、普段と同じように、テラスから庭に降りて「アンタ、ここで何しとん?」と話しかけると、お耳をペタンコ。
ちょうどそこに、前日の雨で濡れた首ヒモを干していたのがあったので、そのままそれをチロちゃんに装着したのですよ。

で、サンダル履きのまま、テケテケと、、、。

b0057675_9553139.jpg

チロちゃんは、、、グイグイとエライ勢いで引っ張る子でしたが。
「お天気もいいから、ゆっくり歩こう」と、2〜3度伝えたら、すぐに理解してくれましたよ〜。

ほんの数百メートルの短い散歩を、ふたりで楽しみましたワ(≧▽≦)
たまには、チビズ以外の子と歩くのもオツだな〜、な〜んて、ワハハハ!!!

で、ふたり一緒に、、チロちゃんの家族の誰かが帰って来るのをしばらく待ってたんですけどね〜。
その間も、ホントに良い子でしたワ、、。

聞けば、チロちゃんは以前も脱走した事があるそうで。
その時には、ご近所さんが知らずに「ウチの子になるかい?」と保護してくれていたそうな。
チロちゃんを捜していた家族がその事を知って迎えに行ったら、、、。
たった一日だったけども、すっかりその家の子として馴染んでいたらしい、、ワハハハ!!!

b0057675_9553456.jpg

今回の不法侵入事件は、、(≧▽≦)
多分、、ウロウロしてたら、大好きな平蔵のニホヒがする場所があったから、入り込んだ、、。
そんな感じかな、と思いますワ。

なにしろ、平蔵がお昼のチッコタイムでよく使う場所に居ましたからね〜。

以前のように、知らずに保護してそのまま飼ってしまわれる、、ような事もありますから。
どうせ脱走するなら、また我が家の庭に来て欲しいですワ。
そうすりゃ、必ず保護して家に戻してあげられるからね〜〜〜。

いや、その前に、勿論、する事と言えば、、。
「名札を付けてやって下さいね」と、キッチリ飼い主さんに念を押させて頂きましたけどね(≧▽≦)

b0057675_9553840.jpg



チロちゃんの顔がちゃんと載ってるのは、、最近だとコチラ「ジゴロ平蔵の朝」
by koryu_misumi | 2012-11-10 10:43 | Comments(0)

光一族の野望

b0057675_2032176.jpg

ふと気が付くと、、、あの事故から1年まで、あとひと月を切っていました。

早いなあ〜(≧▽≦;;)
朝の散歩はほぼ元通りに復活しておりますが、、、夕方の散歩はまだ毎日行っておりません。

んが。
日程が近づいて来たら、まさに、あの時、あの場所に、平蔵と伊佐蔵を連れて、記憶の再現をしてみようと思っています。

b0057675_20322353.jpg

朝日を浴びるママン様と赤柴ズ

何か、、、感じるものがあるかな、と思って(≧▽≦;;)

事故後、初めて現場に立った時同様に、、。
、、、特に感じる事も無いかもしれないけれどね、ワハハハ。

何か感じたら、記事にしてみようかな〜。

b0057675_20322735.jpg

いつも元気なレイカ

事故の後、、「暗がりの散歩の安全の為に」と、小さなキーホルダーのLEDライトをシバツレ読者からプレゼントして頂きました。

事故に遭った時には、胸からライトをぶら下げ、ピカピカと存在を主張していたにも関わらず背後から撥ねられましたので、、、「お尻に付けるんですよ!」とね(≧▽≦)

だもんで、ウエストポーチの背中側、、腰の辺りにぶら下げてます。
、、、尻は今、、、貧尻ですので、、、、、ゴホッゴホ。

b0057675_20323164.jpg

、、、ついでに、同じライトを山ほど購入しまして。
チビズ全員の首輪と、オヤジ様とママン様の散歩用ウエストポーチにも装着〜。
夜になると、人も犬もピカピカブラブラさせながら歩いている、という、、、ワハハハ!!!

いや〜、、これが、想像以上に絶大な威力を発揮するんですワ。

夜道を走る車がですね、、、。
今まで無かったくらいに、すれ違う時に徐行してくれるようになったのですよ〜。
そりゃあもう、、それまでとは明らかな違いを感じる程に。

わざわざ車を止めて話しかけて来る人もいたそうで(ママン様談)「犬が居るって、よう判る」との事。。

b0057675_20323554.jpg

おまけに、他に犬の散歩をしている人々が、、、「それ、いいですね〜!」と、一様に声をかけてくれ、、。
そんな訳で、今、、フクオカ西部の片田舎には、首からライトをぶら下げる犬がジワっと増殖中です(≧▽≦)

我が家のは、ネットで購入したものですが、同じ「光一族」(と、我が家で勝手に命名した)の仲間入りしたビクターの首輪は100円ショップで買ったものだそうで。

その情報をゲットしてからは「100円ショップでも売ってるらしいですよ〜」と情報を拡散している我が家です(≧▽≦)
100円ショップなら、気軽に求められるし、心理的にも「それなら付けてみようかな」ってカンタンに導入できますもんね。

b0057675_20323924.jpg

トシ取ると、白髪が増えるんだよ、レイカ。そうでしゅか、平オジチャン。

色付きのライトもあるようで、、赤いライトをピカピカさせて歩くようになった子なども見かけるようになりました、、。

ここは特に、、夜は明かりの少ない田舎ですからね〜(≧▽≦)
都会だと、ここまで目立たないかもしれないけれども、夜、散歩をする事が多い家にはオススメですよ〜。

ワタクシが夕方散歩をしなかった日でも、玄関に「ただいま〜」とピカピカ光を振りまきながら入って来るチビズの様子と言ったら、、、。
も〜「お帰り〜」と迎える声が1オクターブ程上がります、ワハハハ!

b0057675_20324292.jpg

ノビタキのメス、、ではないかと。渡りの途中だったのかな

夜なので、、写真がちゃんと撮れないのが残念なんですが。

これからも光一族が増えてくれるといいなあ(≧▽≦)
勿論、夜道の安全度UPが一番なんですけども、、なんだか可愛いんですワ。

ちなみに、、我が家のチビズは、ライトには特に反応ナシ。
一度だけ、、ママン様によると、どこかのトモダチワンが「なんですか、それアヤシいですよ!」と吠えたらしいですが、、すぐに慣れてしまっていたとの事でした。

更に、ちなみに、、、。
やっぱり100円ショップのライトは、ちょっと輝度が弱いかな〜と思います。
これが200円、とか300円になると、それだけ明るさが違いますね。
by koryu_misumi | 2012-11-08 21:34 | Comments(8)

ここに居るよ

b0057675_9474493.jpg

ほんのちょっとした農道なのですが、ここは、平蔵お気に入りの場所です。

彼が子犬の頃、、この道の両端にニンゲンが立ち、代わりばんこに彼を呼んでは、走らせて遊んでましたので、、そういう楽しい記憶も「お気に入り」の要因。
轍の跡はあるものの、普段車が入って来る事は滅多に無いため、ここでは時々フリーを満喫してもらってます。

b0057675_9475295.jpg

尻尾にリードをひっかけて、、、鼻歌でも聞こえそうですな(≧▽≦)

ワタクシは、、手前にある堤に来ている野鳥達を見たかったので、さっさと堤側に歩いて行きましたよ〜。
散歩コースの水場には、色んな野鳥を見る事ができるんですワ。


、、、、で。

ふと振り返ってみると、、。

b0057675_9475913.jpg

平蔵が、、ちょっぴり不安そうな顔して立っておりました。


平ちゃん。

、、、そっか、、。

若い頃は100メートルくらい離れても、気にもしてなかった平蔵なんだけども、、。
年齢と共に、耳も眼も、、徐々に感覚が閉じられつつある彼。
その感覚の範囲内にワタクシが居ないと、彼はワタクシの存在を感じられなくなるんですよね。


大丈夫。
アンタ置いてどっかに行ったりしないからサ(≧▽≦)

と、フフフと笑ってみせると。

b0057675_948957.jpg

嬉しそうに、駆け寄って来ましたよ〜。

b0057675_9481789.jpg

ちょっとホッとした顔してます。
愛いやつ(≧▽≦)
by koryu_misumi | 2012-11-06 10:12 | Comments(8)

日保九州連合展行ってきました(^^)

b0057675_2174594.jpg

犬バカ香龍、、、更に言えば、日本犬バカ香龍。
またまた日保の展覧会を見に行って来ましたよ〜。
北九州で行われた、九州連合展です(≧▽≦)

トップの写真は、幼稚犬雌のリングの様子。
可愛い子犬達がウジャウジャ〜〜〜。

今回は純粋に見学オンリ〜ですので、気楽に犬達をじっっくり見る事が出来るゾ〜!!とウキウキで行ったワタクシ。
展覧会は、春と秋のワタクシのささやかな楽しみなのですよね。

ところが、、、。
どう言うわけだか、急遽ハンドリングを頼まれるハメに、、、ワハハハ(≧▽≦;;;)
まあ、幼稚犬なのでちょっとホッとしましたけども。

b0057675_21193937.jpg

この子です。

ちなみに、、、これは「立ちこみ」しているワケではなくて、ただ、普通に順番待ってる時の様子。
何か気になる事があって、右の方向を見てるんですが、、綺麗に立ってるんじゃないかなと思いますワ。
この後、急遽ハンドラ−交替となり、、。

犬の構成(簡単に言えば骨格とか)が良いと、特別な事はしなくても「犬は立つ」とオジサマ達が良く言ってますが、、まさにその通り、でしょうか。

骨格なんぞは、ご先祖から受け継ぐ大事なモノで、ブリーディングの良し悪しを映すもののひとつですが、、。
、、骨格に問題があれば、それだけ健康に影響します。
テレビでタレント達が可愛いと騒ぐ子犬達の、、構成が悪くて思わず眼をそらしちゃう、、なんて事は、、展覧会場ではアリマセン。

b0057675_2181028.jpg

順番を待っている間に、チッコしちゃう子犬。
いいのいいの。出物腫れ物トコロ嫌わず。

b0057675_2183221.jpg

順番を待っている間に、飛んで来た枯れ葉をイジって遊んじゃう子犬。
鼻ジワとオテテクロスがカワエエ。

、、、勿論、オトナになったら、こんな事しませんよ〜(≧▽≦)
犬達だって、ちゃ〜んと「リングでは集中する」って事を覚えて行きますからね。

ま、、まあオトナになっても、気合い入り過ぎてウンチもよおしてしまう子は、、時々居ますが、、。

おかげ様で、ハンドリングした子は入賞出来て、ホッと一安心。
自分の犬を引いて成績が悪くたって、そりゃ〜自分と自分の犬の責任だから良いんですけども。。
、、他犬舍の犬を引くのは責任の重さが違うから心臓に悪いですよ〜。

もうね〜、成犬なんて頼まれた日にゃあ、、、、寿命が縮まります、、。
幼稚犬で良かった、、ハフゥ。

b0057675_2185245.jpg

午前では、一頭一頭をつぶさに見るのですが、、。
午後になると、一斉に並んで順番を付けて行くんですね。
これは、その際に、上位に選ばれた子達を、更にリングの中央に集めて、審査の先生が見極めをしているトコロです。

ハンドラ−達の姿にも気合いが入っているのが判るでしょうか。
マンガだったら、、皆さんの気合いが集中して、中央の地面の小石なんかが、フォースのチカラでゴゴゴゴ!!!って持ち上がったりするような感じ、、、?

、、、、、、分かりにくい比喩でスンマッセン、、、。

しかし、成犬ともなると、、これに犬のココロが一緒になっていくんですよね〜。

b0057675_2192090.jpg

写真の黒毛の子は、福岡でも素晴らしい成績を収めてましたっけ。

b0057675_2193916.jpg

中型も沢山居ましたよ〜。

左側は四国犬、右側は紀州犬ですね。
甲斐の姿もあったのですが、撮り損ねました。。

何度も思うんだけども、、やっぱり伊佐蔵の体型ってば中型犬のバランスだワ〜(≧▽≦)

b0057675_2110047.jpg

九州連合杯はこの子がゲットしたと思います。

ん〜〜赤毛も良いけど、、やっぱり黒毛もいいなあ〜〜(≧▽≦)

連合展というだけあって、200頭を越える犬が集まってましたよ〜。
犬を見るだけでも、皆さん、ホントウに犬の管理を良くされてるな〜って、いつも感心しきりですワ。

ワタクシが応援していたT君は、まだちょいとカラダが出来上がってないそうで。
「10キロ走らせちょるんやけど、まだ足らんごた」な〜んて言われてましたよ〜。
ワタクシも身体中モミモミさせてもらいましたけども、、確かにもうちょっと筋肉ついたら、もっとカッチョよくなるゾT君!!って思いました(≧▽≦)

、、毎日10キロですよ。
走らせるのだから、当然自転車やバイクです。
そうやって、タップリの運動をしているおかげで、カラダも健康、ココロもとても穏やか。
あんまり穏やか過ぎて、、「もうちょっと性格悪くなった方が良いんじゃ、、?」って思う位ですワ(≧▽≦)


それにしても、、ああ〜犬バカだらけの半日、、。
ホントに楽しかったですワ〜〜。
スンマセンね〜、ひとり盛り上がりで(≧▽≦)ウヒヒ。
by koryu_misumi | 2012-11-04 22:11 | Comments(4)

28日は、日保展覧会福岡支部展へ

b0057675_20373457.jpg

八蔵ご一行様が遊びに来てくれた翌日の日曜日、、。
日本犬保存会の福岡支部展に行ってきましたよ〜。

、、、とは言っても、写真はトップの1枚だけ、、、。

というのも、こう見えても(!?)ワタクシ、一応、日保のフクオカ支部員(≧▽≦;;;)
この日は早朝から展覧会のお仕事のお手伝いをしてたんですね〜。
それでカメラを持って行ったにも関わらず、ほとんどカメラの存在を忘れていたという、、、。

ええもう朝5時台に早起きし。
薄暗い高速道をママン様の高級車でかっ飛ばし。
、、、どういう訳だか、展覧会の、、、宣誓をし、、、ウヒ〜〜〜〜。

テンパッて宣誓した後は、、マイクのコードに足をひっかけそうになって「おっとっと」と、ハズカスイ姿をオジサマ達に披露、、、。
、、、、ウヒ〜〜〜〜〜〜〜。

出陳者達から「宣誓が良かったけんのぅ〜」と、お褒め(!?)の言葉を頂きましたよ、、フフ…涙。

b0057675_20382758.jpg

展覧会終了後、ワタクシと会えて喜んでくれる泰蔵

当日は最初雨模様だったのですが、時間が経つにつれお天気になって、ホントに良かったですよ〜。
ワタクシは、、テントの中に居る事が多かったのがちょっと残念。

この日も、ワンフレンズがワンコ連れで会場に来てくれました。
100頭を越える犬達が会場に居るというのに、図書館のような雰囲気、、すっかり気に入ってくれているようです(≧▽≦)

b0057675_20385512.jpg

まめちゃんも耳ペタンコで喜んでくれた

、、ワタクシもね〜。
これまで沢山の「犬の集まる場所」に、チビズを連れて出かけた事があるんですけどね、、。

ペット関連イベント、アジリティ等の競技イベント、ペット雑誌のイベント、身近な所でドッグラン、、等々。

どこへ行っても、、ただ、チビズを連れて駐車場を歩いているだけで、突然他の犬に吠えかかられて心臓が飛び上がるような経験をしてきました。
「ウオッ!?」とビックラして見れば、とめてある車の中、はたまた傍に置いてあるバリケンの中から、オッソロシイ形相をした犬がコチラに向かって吠えたてている、、という、、。

(手前味噌ですが)チビズは普通に落ち着いて歩いているだけなのにね〜。

b0057675_20391974.jpg

そばを流れるは筑後川

、、、しかし、日保の会場だけは、そういう経験がほとんど無いんですよね〜。
ただ、駐車場を歩くだけでも、、なんというか、、空気が澄んでいる、というか、、。
「普通に」歩けるんですワ。


展覧会に出て、残って来るような子達は、、例えば、群れであればそれなりに上位に位置できるような子が多いと思うんですよね。
ですので、会場は、それなりの支配性を持ち合わせた子の集まり、とも言えると思うんですワ。
にも関わらず、彼らはとても落ち着いて穏やかな空間に居る、という。。

勿論、リングの中では、その支配性をある程度発揮してもらわなければならないと思いますが、、。
そのタガが外れる事もなく、それぞれの人と犬が適度に抑制し、自制する事で、素晴らしい立ちこみが披露出来るのだと、ワタクシは思います。

b0057675_20394567.jpg

そうそう、面白い光景を目撃しましたワ。
会場に、犬をつれて見に来られる方も少なからずいらっしゃいましてね〜。
、、、その中に、、ワタクシが観察する限りでは、ど〜もかなり"片寄った"っぽい愛玩犬種が、、、。
("片寄り"とは「犬道!! シバツレ流」に書いている"片寄り"の事です〜)

周囲に、他にもはしゃいでいる犬が居ても気にもしてなかった、リングの中の犬が複数、、その犬にだけは、反応して攻撃的な吠え方をしてましたっけ。

駐車場で待機している時と同様に、リングの中の犬達が、見学している人達の連れる犬に吠えるって事は、あまり無い事なんですが、、。
人の眼には、そこらのはしゃいでいる犬と大差ないように見えても、なにやら感じるモノがあるんだな〜と思いましたよ。
、、その場の空気を乱されてイラつく、というか、、その存在がカンに障る、というか、、。

b0057675_20401347.jpg

ワンフレンズの方々には、展覧会のお手伝いまでしてもらって、、ワハハハ!!!
ありがとうござりまする〜〜。

連れて来られたワンズと、終了後にマッタリといたしましたよ〜。
沢山の未去勢&未避妊の犬達のニホヒのタップリと残る会場だというのに、、彼らもとてもリラックスしてくれてましたワ。

犬ッてのは、、ご存知のように、その場所に残されたニホイを嗅ぎ分ける能力を持っているワケですが。
そうやって彼らがリラックスしてくれていたのは、、。
やっぱり、それもまた、会場に残る余韻が落ち着いて穏やかなものだったからではないかと、思うんですよね。


最後に。
b0057675_20405524.jpg

、、、何処に行っても、やっぱりニクジュウせずには居れないワタクシ(≧▽≦)
ゴメンよ、泰蔵〜〜ワハハハ!!

写真、有り難うございました!Mさん!!
by koryu_misumi | 2012-11-02 21:00 | Comments(6)

ハッちゃん来ました

b0057675_1105818.jpg

色々と忙しく、しばらく更新が滞ってしまいました。
あ、ワタクシもチビズも元気に過ごしておりますので、ご心配なく(≧▽≦)

実は、10月27日の土曜日に、お客様があったのですよ〜。
ワンフレンドのRさんと八蔵オーナーさん、八蔵オーナーさんのお友達さん、そして八蔵ですがな〜!!

生憎、お天気が悪く、写真が綺麗に撮れず、、。
ここに載せようにも限られたものしか、、トホホ〜。
載せているものも、加工したものですので、チョイと見づらいかもしれませんがご容赦くださいませ。

トップの写真は、珊瑚を抱っこしているRさん。
抱っこしてもらって得意気な珊瑚ですワ(≧▽≦)
後にさり気なく入り込んでいる平蔵御大、、、。
写真は無いのですが、、皆さんにカキカキしてもらって、ご機嫌でしたよ。

b0057675_111377.jpg

我が家に来たからには、伊佐蔵弄りを堪能してもらわなくちゃね〜ワハハハ!!!

「あのう、、、」と、ちょっと困ったような、観念したようなこの表情がタマランわ!!

b0057675_111660.jpg

勿論、、、グフフフ!!!!
柴倫禁断の、、、、ピーーーー←伏せ字

、、と書きつつも、実は優しいRさんは、いっちゃんのタマタマをカメラから隠してくれているのです(≧▽≦)
次は、、次こそは禁忌を破って欲しい!ワハハハ!

b0057675_111936.jpg

八蔵オーナーさんは既に何の躊躇もなく(≧▽≦)



b0057675_1111376.jpg

そうそう、八蔵ですが、、。
やっぱり我が家に来てすぐは、も〜〜大喜びしちゃって、可愛いったらアリマセンでしたよ〜。

それでも、コレまでよりも早く落ち着いてくれましたので、、チビズが落ち着くのもちょっぴり早かったですわ。
考えれば、八蔵ももう3歳と数ヶ月、、、そろそろしっかりとした落ち着きを見せ始めてもおかしくありません。

だいたい、3歳前後には、年齢的にひとつの区切りがありますからね〜。
「なんだか、最近やたらと通じ合えるようになって来たゾ」なんて飼い主さんが感じる事が多いのもこのあたりかな。

上の写真の、オスワリ八蔵の後ろ姿、、、シャキーンとして可愛いでっしゃろ(≧▽≦)

だもんで、ついワタクシのニクジュウ魂に火がつきまして〜〜〜。
後からコッソリ、頭の上にパンクズを乗せてやりましたわ、ワハハハ!!!

b0057675_1111721.jpg

ところが、更に笑える事に、、、。

八蔵ってば、全然気づかないでやんの〜〜〜(≧▽≦)ブハハハハ!!!
もーー笑った笑った!!!

八蔵オーナーさんも思わず携帯で激写してしまってましたよ〜。
八蔵ってば、、、けっこうニブチンなんだな〜ワハハハ!!

b0057675_111219.jpg

頑固で自我が強いのは相変わらず(≧▽≦)

八蔵オーナさんのお友達が八蔵を捕獲して抱っこしたら、、こんな顔〜〜ワハハハ!
ムスーー。としてますね〜。

赤ちゃんの頃から束縛を嫌い、自由と自由意志を好む子でしたが、、、きっと死ぬまでそうなんだろうな〜。
、、、いや、そ〜こ〜がいいんですが!!!←相変わらずの犬バカ


ワタクシ、時々思うんですよ。
柴犬ッて、レジスタンスみたいな犬だな〜って。

、、、凄く変な考えなんですけどね〜。

今、日本が突然、どこかの国に侵略されて「我々に従順にしてさえすれば、ストレス無く穏やかに暮らさせてやる」って言われたとして、、実際、その通りだったとしたら、、、。

柴犬は、迷わず地下組織でも作って、最後まで抵抗するような、そんなヤツらなんだよな〜、って。
それが良いか悪いかは判らないけれど、、。
ワタクシは、、多分、一緒に潜るタイプの人間だと思うので、、(≧▽≦;;;)

b0057675_1112562.jpg

載せられる数少ない写真の中で、最後はコレ(≧▽≦)

ママン様と遊んでいる最中の八蔵〜。
ムキッパして遊ぶ所は、ホントに珊瑚にソックリですワ。



ああ〜、短い時間でしたけども、ホントに楽しかったですよ〜。
そこに犬が居るだけで、、、ネタは犬のネタしか無いのに、ど〜してこう楽しいんでしょうね〜!?
ワハハハ!!!

、、、、やっぱり犬バカだから、、でしょうな(≧▽≦)/))

また、沢山イヌネタで盛り上がりましょうね!!
Rさん、八蔵オーナーさん、お友達さん、、&八蔵!!

遊びにきてくれて、有り難うございました〜(≧▽≦)/
by koryu_misumi | 2012-10-31 11:54 | Comments(6)