柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(652)
(172)
(127)
(110)
(24)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

後頭部から煙

b0057675_10123007.jpg

犬関係以外の事で色々バタバタしてて、シバツレがご無沙汰になっておりました(^^;)
お久しぶりです〜。

平蔵が逝ってから、4週間経ちましたよ〜。
「あの日」は、8月の最後の週の火曜日だったんですよね。
49日まではあと3週間ですワ。

つい最近だったような。
もの凄く遠い昔に起きた事のような。

ちなみに。
"喪の躁状態・葬式ハイ"がだいたい3週間くらいらしいので、、、。
やっぱりこの「お祝いしたい程の清々しさ」は葬式ハイではないようです(≧▽≦;)

b0057675_10180563.jpg

ワタクシ、年を取るにつれ、だんだん泣き虫になって、、、。
今では割とすぐ泣くようになっちゃったんですけども。

なんだかワタクシよりも、泣いたり、落ち込んだりしてくれた方が沢山いらっしゃったようで(^^;)わははは!!

その話を聞かせてもらう度に、不思議にニンマリと嬉しくて。
平蔵ってば、、本当に色んな人に想ってもらえてたんだなあ〜。と感無量ですワ。

で。

ほほー、、、。
「想い方」も、人それぞれなんだな〜。
と、内心感心しつつ、これまたお勉強させて頂くワケですよ(≧▽≦)

b0057675_10312550.jpg

さて。
御大の亡がらは、庭の片隅に埋葬したんですが…。
なんとなく、ママン様もワタクシも線香をあげたくなって、毎日あげとります。

墓石の替わりに 売れ残って とっておいた平蔵貯金箱をこんな風に置いておりまして。

実は!!
これがなかなかの優れものなんですよ(≧▽≦)
線香を立て、それにそうっと貯金箱を被せておくと、、、。

ほらほら、見えますか〜!?
お金を入れる場所から煙がす〜っと!!!
ちょっとした悪天候ならこのままイケルんですわ。

というのも埋葬した翌日が雨だったもんで、、。
あ〜せっかくのお線香が消えてしまのをどうしたもんか、、と考えていたら、目の前の貯金箱に"閃いた"という(≧▽≦)

b0057675_10343119.jpg

平蔵貯金箱の後頭部から煙が上がるのを見届けた瞬間に、思わずニンマリ。

ちょっとちょっと平ちゃん!!
めっちゃいいやんけ(≧▽≦)/))
ひょっとしたら、これ、この為に作ったのかもしれんよ〜わははは!
と、貯金箱の頭をペシペシ叩いたくらいですがな。

まあ、台風なんかの時にはさすがに中にまで水が入り込んでダメですんで、、。
いずれ、この「即席お墓」を改造してもうちょっとちゃんとしたのを作ろうや(とママン様がワタクシに暗示をかけてきた)という話になっておりまする。

今はただ、ちょっとした盛り土の上に貯金箱をチョンって置いてるだけですもんね。
まあワタクシ個人はどっちでもいいんですが(≧▽≦;;)
ママン様がそうしたいのなら、その通りにしようかなと想います。

、、、なんか、すっごい「庵」みたいのが出来たりして(≧▽≦)ふははは。

b0057675_10463488.jpg

話は変わりまして。
先日25日で、今年の和談会シーズンは終了しました(^^)

平蔵が逝った後の和談会でしたので、当然そういった話も出ましたよ〜。
「心残り」が無い暮らし、、。
毎日を無理せず大事に、共に生きて行く、、そんな話などなど。


シバツレに書ける事は、まさに氷山の一角で、表面的な事しか書けないのですが。
和談会では、水の下の…しかし、見えている場所よりもはるかに深く巨大な部分をオシャベリしたりします。

実際には氷山の一角は、全体のおよそ11%くらいらしいんですが。
シバツレと和段階もそれくらいの割合でっしゃろか、、?

勿論、"ど〜でもいい"話も沢山してますよ。
でも、、本当の所は、ちっとも"ど〜でもいい"話ではないんですけどね〜。
……判りますかね?言ってる事(^^;;;;;)

b0057675_11005783.jpg

何度かシバツレに書いてきておりますが、ワタクシはちっとも優しいニンゲンではありません。ワハハ。

優しくはないけれど。
急かす気は全く在りませんので、幾らでも待つ事が出来ます。
同じ話も心置きなく(^^)、何度でもお付き合い出来ます。
そこん所は、ワタクシ相手に「早く結果を出さなきゃ」と思う必要は全く無い、、とは言えます。

ただ個人的な想いとしては。
人にも犬にも、その生が歩けるはずの「王道」を歩んでくれたら。と願っているのは確かな事です。
それは、、シバツレをずっと読んでくれている方ならお判りかと。
(※ワタクシ的「王道」に関してはコチラ犬道!!番外編「道を見失わないように」)

ただし、王道を選ぶ・歩く「自由」には、「孤独」や「責任」が伴う。

王道を歩くのに、依存は必要無いですし。
無責任に歩くのは、自己チューと同じコトですから。
「自由」は「好き勝手」とは違うと思うんですワ。
(勿論、人として生きて行くに、現実問題として"100%自由"というのは幻想ではあるんですが(≧▽≦;;;)←それを言っちゃあ)

まあ。
ワタクシが優しくない所は、それを反古にしない所、かな。と。
そのへんは、取りつく島が無いニンゲンなのかもしれません。

b0057675_11550638.jpg

ワタクシは、生徒に好かれる為にドリルの答えをすぐ教えてしまうようなセンセイにはなりたくないんです。
ホントにその子の成長を想うなら絶対にしないコトですもんね。

大事なのは答えではなく、答えを導き出す思考力や意思の力を育てる事。
自分の脳と心を、自分自身の力で動かしコントロールする事。
そうやって、自分の人生も動かして行く事。

人は、自分の事を自分で決める力を誰もが持っていると、思うんですよ。

そりゃあ孤独や責任というのは、、。
その単語を想像しただけで、誰だって、なんかコワそうだし嫌がられるし無理っぽかったりしますよね(^^;)

エーリッヒ・フロムってヒトは「自由からの逃走」ってのを書いてましたし。。
(ヒトは自由から逃れる為に束縛される、自由が重荷、、みたいな話です。←チョーーーーーカンタンに言うと)


それでも、、。
和談会でオシャベリをしながら、無意識にそこに込めていた自分の念に気づいた時。。
ホントに痛感したんですワ。


ああ。
ワタクシ自身が、心底失いたくないモノって、、、。

(ココロの)自由なんだなあって。


b0057675_12380820.jpg

平蔵にお花を有り難うございます〜(≧▽≦)/





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_12392401.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-27 12:40 | Comments(4)

大変な台風でしたね〜。

b0057675_20360775.jpg

台風、、全国的に大変でしたね。。

皆様ご無事でしょうか〜〜!?
それにしても、今年は台風の当たり年か何かなのかなあ、、、。
福岡は有り難い事に今回も運が良かったのか、、強風域に入ったものの、ご近所の稲が倒れずに済む程度でしたよ。

実は、台風が来る日には地元の「田んぼアート」イベントが行われまして。
「大丈夫かな〜」と心配していたのに、午前中はイヤと言う程のお天気でした。

b0057675_20412016.jpg

朝の散歩で田んぼアートのそばを歩いていたら、、。

早朝から櫓を組む、地元民。
ついでに田んぼアートを先に見物している模様。

b0057675_20423144.jpg

お店のテントも幾つか並んでましたよ〜。

b0057675_20430028.jpg

散歩コースから撮ると、こんな感じ(^^;)
良く判らん。ワハハハ!

b0057675_20445121.jpg

古代米とも言われる赤米、黒米。
それからアート用に開発された食べられない白米なんかもあるそうで。


午後過ぎてからお天気は急変し初め、やがてもの凄い土砂降りに…。
とりあえず、イベントは午前中で一段落ついていたようで良かったですワ〜。
案外、日頃の行いがいいのかもしれませんよ、地元民〜(≧▽≦)ワハハハ。



さて。
トップの写真の伊佐蔵坊っちゃんですが、、。
以前、チラリと「キャンタマをかぶれさせた」写真を載っけておりました(≧▽≦)

てなワケで(!?)、先日病院へ行ってきたんですよ〜。

b0057675_20501139.jpg

診察代の上に乗せてすぐ。

グフフフ。
所在なげな様子がタマランのう。

b0057675_20510433.jpg

しばらく放置したら、いつの間にか普通になってましたけど。。

以前は塗り薬を頂いていたんですが、、。
伊佐蔵坊っちゃん、カラーとチューブカラーの二段仕立てでも器用にキャンタマを舐めちゃうもんだから、今回は飲み薬を頂きました。

「ああ、これね。高温多湿が続くとねえ、、、」とセンセイ。

どうやら時期的に、他にもキャンタマの患畜が多いようでしたよ。
まあ、診察はあっという間に終了。

b0057675_21034033.jpg

ちゃんと季節になると咲く、彼岸花

まだ強風吹き荒れる時間帯の待合室は閑散としていて、我々と入院中の猫のお見舞いに来た飼い主さんだけ。

だた、伊佐蔵のカラー&チューブカラー二段仕立ての姿は、、、。
猫の飼い主さんには大げさに見えたようで(≧▽≦;;)

「相当な大手術をしたのね」って言われてしまいました。ワハハハ!

「あ、いえ、キンタマをちょっとアレしましてね〜。どうやっても器用に舐めてしまうものですから」とお返事すると。

「ああ、、そうなの〜。そうよね、犬ってどうしても舐めちゃうものねえ」とサラリと受け流されてしまいました。

b0057675_21053073.jpg

むう。
今回は以前の「金を腐食させる事が出来るのは王水」のような面白い展開にはならなかったか、、、。

あの時はギャラリーも沢山居て、狭い空間が失笑で満たされたというのに!!
あれは今思い出してもオカシイんだぞ。。。。

いや。。
こんな悪天候で来る客は早々居らんよな。。



さてさて。
台風のおかげで、、、、。

ちょっと気持ち悪い写真かもしれませんが、、、、。
ワタクシ的には珍しいモノを見る事が出来たので載せます。グフ。。。

「ハリガネムシ」といって、普段はカマキリ等の虫の体内に居る寄生中なんですが…。
これ、カマキリの身体が水中に浸かると、出て来るんですよね。
(↑カマキリの脳を操作して水に飛び込ませる)

それが台風の大雨のせいで我が家のすぐ近くの道ばたに複数出て来てまして。。
どうやら道が川のように水に浸かったせいだと思うんですけどねえ〜。
見たくない人はここで終わりにしてください(≧▽≦)



b0057675_21122374.jpg


いや〜。
カマキリから出たら水中でしか生きられないものを間近に見られるなんてねえ。と思わず観察しちゃいましたよ。
頭をもたげて動く様子を動画に撮ろうかな〜っと思ったんですが。。。

さすがに、、、、あまりにも大衆受けしなさそうなので、止めました。わははは!
25センチ…30センチはなかったと思うんですが、なかなか見応えありましたわ〜。

見た目気色悪いですが、、、(^^;;)
寄生した虫を水に飛び込ませ、それが魚等のエサになったりする事で、水中の生態系にとても影響を及ぼしている虫なんですよ〜。


では、ご覧になった方々の為に。
もちょこっと美しい虫達を目の保養に(≧▽≦)
b0057675_21053073.jpg


イトトンボ。
綺麗で可愛いですねえ〜。

もうね、最近は「ん?飛蚊症?」って思っちゃったりして(≧▽≦)
で、良く見るとイトトンボだったりします。ワハハハ!!!

b0057675_21244994.jpg

これもイトトンボ。

b0057675_21253363.jpg

カラスアゲハと思います。
薄暗かったので、羽の動きにカメラが追いつけず…。

b0057675_21271668.jpg

カラスアゲハの特徴の、美しい背中の羽の色を撮りたかったんですが。。
青〜緑に輝く色を〜〜。。

むぐぐ。。。
ざ、、残念すぎる、、、。

彼岸花と伊佐蔵ショットで許して!!!

b0057675_21313561.jpg






チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_21323806.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-21 21:33 | Comments(4)

闇雲カメラマン

b0057675_20333128.jpg

先日、久しぶりにジロウに会いましたよ。
相変わらず良い笑顔してますね〜(≧▽≦)

平蔵が逝ってから、また朝夕たっぷりと散歩を楽しませてもらっております。
珊瑚は以前よりちょっぴり距離を縮めていますが、伊佐蔵坊っちゃんは遠慮なくガスガス長距離歩けるのが有り難いんですワ〜。

おかげ様で、以前のように、色んな写真を撮る機会が増えました。
、、というか、なんでもかんでも闇雲に撮影している今日この頃です〜わははは。

b0057675_20401390.jpg

幾つになっても、伊佐兄が大好きなジロウ。

b0057675_20412462.jpg

お互い、身体のアチコチをくんくんしあいます(≧▽≦)

伊佐蔵に匂われる間の、ジロウの神妙な表情が可愛いのぅ。

b0057675_20421839.jpg

伊佐蔵も、ジロウにチンをクンクンされたりするんですよ〜(≧▽≦)

そう言えば、平蔵はよく色んな犬に自分を匂わせてやってたっけな〜。
自分は相手を匂わなくてもいいんですワ。
相手が自分を匂って安心すれば、それで良かったんですよね。

だから「平ちゃんだけは大丈夫」という子が良く居ました。

かくいう伊佐蔵坊っちゃんも、アチコチに「伊佐蔵兄ちゃん大好きッ子」が居るんですけどね。

b0057675_20465333.jpg

わははは!!!
ジロウ!そんなんしたら、カメラが〜〜〜〜!!!

あ〜可愛いヤツですワ(≧▽≦)

b0057675_20513807.jpg

季節と言えば、、、。

散歩中に「ボトッ!」と音がしたので「ん?」と音がした場所を見ると、銀杏が落ちてましたよ〜。
あっという間に秋ですワ。
すぐさまカメラで撮影〜(≧▽≦)/))


この季節、この辺りで注意した方が良いのが、、野生生物ですかね。

ええ、ウチのすぐ前に猪の親子が走ってったり〜とか。
ウチのすぐ前の側溝の穴をのぞくと、向こうからアナグマが見てたり〜とか。

後は、、、。

b0057675_20544972.jpg

この時期、蛇が何故かよく出て来るこの辺り、、、。

冬眠前に、腹ごしらえに一生懸命だったりするんでしょうかねえ。
あ、この写真はもう亡くなってます。

ほとんど五体(!?)満足なままだったので、死因は車などではなく。
カラスが頭上の電線に沢山とまっていたので、多分カラスに…かと。

自然界は厳しいね。
ニンゲン世界なんぞ、彼らから見たら、、、ホントにアマちゃんだよな。。

b0057675_20565563.jpg

いっちゃん、死んでるけどこれマムシだから、近寄らないようにしとこう〜。

b0057675_20594402.jpg

気の毒なマムシを撮ってしまいましたので、、。
最後にちょっぴり目の保養。

ムラサキシジミ蝶です。
我が家の裏にやってきてました。

おー綺麗やな〜〜!
と、すぐさま撮影〜(≧▽≦)

自然界は厳しいけど…どんな人工の物でも敵わない程に美しい、とも思うんですよね。





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_21062193.png

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-18 21:09 | Comments(0)

抜ける抜ける〜。

b0057675_10030594.jpg

さて、お嬢さん。
何をされているのでしょう〜?

b0057675_10033321.jpg

だいそん様をかけられているところでした〜ワハハハ!

b0057675_10042229.jpg

いや〜もう、ここ一週間ほど換毛が進む進む!!

抜けて抜けて、、。
も〜〜ハゲ散らかしまくっておりますよ!

、、、。

、、、、あ?
一部の方々にはちょっとショッキングな表現でしたでしょうか、、ゴホッゴホ。


おかげで、あっという間にスレンダーな見た目になりつつありますよ、お嬢さん。
ちょっと前の写真が使えなくなってしまいますわ〜。

b0057675_17353669.jpg

気持ち良さそうでしょ(≧▽≦)ワハハハ!
珊瑚が掃除機で吸われるのが好きで良かったですわ〜。


夜、玄関の網戸が開いたり閉じたりする度に、ウニャウニャ言っていたお嬢さんですが。
昨日辺りから言わなくなりました。

b0057675_10093118.jpg

うんうん。
そうやって、だんだん昇華していくんだよね。

b0057675_10112310.jpg

フカフカ珊瑚の写真を今のうちに放出しておこうと。

b0057675_10120908.jpg

このオチリも、既に毛がばさばさの貧尻になってきております。
手触りわる〜いの。

ああ、愛しの桃尻よ、、、。
しばらくサヨウナラです。。。。

b0057675_10131650.jpg

この暑苦しそうな寝相も。
かなり貧相な状態になってるんですよ、もう。

b0057675_10134514.jpg

いや、それでも可愛い事に変わりはないんですが!!わははは!



話は変わって。
先日の、散歩中の事なんですが。
それまで空やら山やら伊佐蔵やらを見て歩いてたんですが、ふと何気なく川の中に視線を移したんですよ。

今年は本当は溜まった土砂を取り除くって話だったけど、、無かったなぁ。
ホタルがニュースになってちょっと有名になったからかなあ。
…な〜んて思いつつ。

b0057675_10151958.jpg


ふと。
なんとなく何かが気になって立ち止まったんですワ。
「あれ?なんだか川の中が凄く静かなんだけど?」と。


いや…。
川の中っていつもこんな感じやんけ。
普通に水が流れて、普通に虫やら飛んでいて、、。

一体、何を静かと思ったんだろう?自分ってば。
馬鹿だなあ〜ハハハハ。。。。
と、心の中で自嘲しながら、改めて川をす〜っと眺めて、、、、。


ヌオッ!?


b0057675_10191788.jpg

カワセミの親子(!?)がそこに居ました。

b0057675_10263189.jpg

………。

見てる見てる…。

b0057675_10265754.jpg

おおー。
羽ばたく練習してる。

b0057675_10271734.jpg

あ、メッチャいぶかしんでる〜(^^;;;;;)

ゴメンゴメン。
もう覗かないから!!!

慌てて…でも足取りはそうっと、川から離れたワタクシでした(≧▽≦)


歩きながら。
あんな若い個体を見たのは初めてだったな〜!
初見で寿命が延びたかも〜とニンマリしたんですが、、。


あ。


そっか、、、。


何故「凄く静か」と感じたのか、、、。


アレは、カワセミ親子が「息をひそめている」気配を、自分は「静か」と感じ取ったんだ。。

自然な静かさではなくて、カワセミは気配を隠そうとしていた。
そういう事か…。

自分の事なんだけど、ニンゲンの無意識って凄いな〜と、感心した出来事だったんですよ〜。

b0057675_10334998.jpg

こちらは気配隠す気ゼロのスズメ達(≧▽≦)

激減して絶滅危惧種になっちゃうかも、と心配してますが、、。
ここらにはまだ沢山居てくれます。

ええのう。
自然は。





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_10363131.png

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-14 10:37 | Comments(4)

伊佐蔵坊っちゃんはどうかと言うと。

b0057675_09420998.jpg

平蔵が逝った事に関して、伊佐蔵は珊瑚とはまた違う受け入れ方をしているようで。

食後、、。
普段から、歯磨きオヤツはサークルとは別の場所で与えております、伊佐蔵坊っちゃん。
彼がマッタリするにはサークルは狭いので(^^;)あははは。。

で。
平蔵が逝った日の夜は、、。
その移動の際に、横にされた平蔵の脇を普通にスタスタ通り…。
そして、平蔵が寝ているすぐ横で普段通りマッタリしておりました。

……。

…ん?
判っとんのか??

とは思いましたが、まあ、感じ方や理解の仕方はイヌそれぞれですので、放置(≧▽≦)

b0057675_09433671.jpg

ところが夜、寝る際になって…。



あ、その前にちょっと補足を。
ここ数年、いつでも対処出来るように、平蔵の寝る為のスペースはワタクシのベッド脇でした。

が、その日の夜は専用の冷房スペースを作って、その中に安置する事にしたんですよね。
冬だったらあまり気を使わなくて済んだのかもしれませんが、、やはり夏ですからね〜。
出来るだけ冷やしておかないと、彼の身体が悪くなっちゃいます。

老犬平蔵が苦手な夏を乗り切る為に。と購入した、小さなスペースの為の小さなクーラー。。
まさかこんな使い方をするようになるとは…。

と思いながら、最も効率的に冷えるよう、安置する場所を変えたんですよ。
「平ちゃん、冷えッ冷えで気持ちいいね~」と寝かせて、周りに大きめの保冷剤を沢山並べましてねえ。

b0057675_09454985.jpg

まあ、そういうワケで。
いつもなら階段を上がって、2階のワタクシの部屋に入って、すぐ目に入るのは平蔵のサークルとワタクシのベッド。。のはずだったのに。


テケテケとワタクシを追い越して部屋に飛び込んだ伊佐蔵坊っちゃん。
そこで一瞬、ハッとして、そして固まったんですわ〜。

だって、いつも目にするはずの平蔵の寝床が無くなってるんですもんね。
あるハズの場所をガン見したまま、数秒固まっておりました…。


…てか。

え?そこ?

って、思わず吹きそうになりましたよ(≧▽≦)ワハハハ!

b0057675_09465980.jpg

キャンタマをかぶれさせたのよ


それから、どうやら家の中に平蔵が居ない事を理解したようで…。
翌日から時々、急に「ピスピス」言っては、家の中を移動するワタクシに付いて回るようになりました。

一日中ではないのですよ。

時たま、、、何か急に不安になる事があるようで…。
付いてきてベタベタするワケでも無く、ワタクシの姿が見えるその辺で寝てたりするんですよね。


平蔵が居ない。

それだけで、こんな風に不安になる事があるんだなあ〜。。と改めて感心(?)ですワ。
あんなにヨボヨボだったのに、伊佐蔵にとってはその存在が、どれだけ彼に安心感を与えていたのかと。

改めて、平蔵の偉大さ((≧▽≦)!?)に納得のワタクシとママン様でございました。

まあ、どうやら珊瑚も同様のようです(^^;;;)
しばらくはちょっぴり甘えん坊の赤柴ズだろうな〜とママン様と話してます。
その内、自然と落ち着く事でしょう。

b0057675_09480809.jpg

しょぼん
鼻の頭の上に米粒


伊佐蔵の行動で他に面白いのが…。

平蔵がワタクシの横で寝ていた頃は、朝起きてもワタクシに何か言いに来る事は無かったんですよ。
平蔵に遠慮していたんでしょうかね。

それが、、平蔵が逝って3日後くらいでしたか、、。
朝、ベッドの脇にやってきて「おはよう」と言いに来たんですワ。

いつもは寝起きが悪いワタクシですが(≧▽≦)
思わず、へえと思いまして。
「アンタがおはよう言いに来るなんて、珍しいねえ〜」とナデクリしました(≧▽≦)

b0057675_09533939.jpg

もうひとつ、面白いのが…。

逝った翌朝だったか、平蔵の事をしんみり考えながら散歩していたら、、。
伊佐蔵のヤツめ〜グイグイ先頭を歩こうとするんですよ(≧▽≦)

あっ!!
いっちゃんてば、、ワタクシがしんみりしてるの感じてる!!

そうだったそうだった!
伊佐蔵は玉付きオトコ!

無言でお尻にポクッ!と見かけ倒しの蹴りを入れてやりましたよ〜ワハハハ!
そしたらハッと振り返って(≧▽≦)
その顔がまた可愛くてねえ〜。

平蔵が居なくなったからって、自分がエラくなったと思ったらツマランぞ!と目で語ってやると。
「は〜いい」って、それからいつものように歩いてくれましたわ〜。

それから、しんみりしたり、、思い出しては、グモモ!っとボス力を湧かせたり、、、。
心理的にちょっぴり忙しい、翌日でございました。。。わははは!!

あ、今はもうすっかり元通りですので〜(≧▽≦)

b0057675_09553055.jpg

珊瑚も伊佐蔵も、それなりに理解しているようです。
でも、想像よりも時間をかけて昇華してるみたいですよ。

あんなにヨボヨボだった平蔵でも…。
珊瑚と伊佐蔵にとって、その存在は心理的にとても重かったんだな〜と。


珊瑚は夜に玄関の網戸が開いたり閉じたりする音を聞くと、ウニャウニャ言いながらじ〜っと廊下の向こうを見つめるんですよ。
そんな声を出すのは、子犬育て中にしか聞いた事が無いんですが、、。

実は、それは、子犬の事が心配な時に出す声。
誰かを想って出す声、、なんですわ〜。

…平蔵が帰って来たのかと思ってんのかな?

b0057675_10104103.jpg

b0057675_10105268.jpg

b0057675_10105948.jpg

平蔵にお花を有り難うございます。

b0057675_10144007.jpg

いつも彼と一緒に居ます。

この曙も彼そのもの。
昨日の朝ですけどね(≧▽≦)

ああ、今朝は何か普段より清々しいなあと感じていたら…。

b0057675_10173394.jpg

それまで空に無かった彩雲が生まれる様子を見る事が出来ました。

不死鳥のよう、と言ってもらえましたよ〜。

b0057675_10174765.jpg

美しいのぅ。





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_10193874.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-12 10:20 | Comments(4)

珊瑚お嬢さんはどうかと言うと。

b0057675_09153166.jpg

平蔵御大は、ちょうど夕飯の準備に取りかかろうか、という時に逝きましたので。

彼の身体を綺麗にしてやってから、乾かしてもらうのはママン様にお願いして、ご飯を作って、フカフカになった平蔵を特別に作ったフンワリ寝床に横にしてあげて、それからチビズの散歩に急いで出て、帰ってきて赤柴ズにご飯をあげて、、、。

と、ドタバタし終わって、ようやく落ち着く事が出来ました。

ワタクシ自身もそうですが、赤柴ズも同様だったと思います(^^;)

b0057675_09155987.jpg

↑お昼チッコの足拭きタイム中(≧▽≦)

で。
珊瑚は、ご飯を食べ終わってもしばらくマッタリタイムを消化して…それからサークルから出してあげる。というのが日常なんですが。

この日もサークルからノコノコ出てきて、、。
平蔵がいつもとは違う場所に横になっている姿にハッと気づいて、、。
そして、しばらく固まったように見つめていましたよ〜。

ママン様が「挨拶する?」と促したんですが、なにやら妙に距離を取りたがりましてね、、。
それでも、しばしジッと見てましたワ。

b0057675_09135878.jpg

彼女は子犬を死産した経験がありまして。
その時の落ち込みようは、今でも憶えています。

子犬を離したがろうともしない…でも、世話もしない。
抱っこしたまま、じっとうつむいて地をただ見つめるばかりでした。
そんな様子を見て「ああ、判ってるんだ(死を)」と思った事があったんですワ。

だから、ひょっとしたら平蔵が逝った事も、割とすぐに理解するんじゃないかな〜と思っていたんですよ。

b0057675_09243672.jpg

翌朝、平蔵を埋葬し、その他諸々の家事を済ませてから平蔵の徘徊スペースを片付け始めたのですが…。

朝食を済ませたお嬢さんが、そのスペース内にノコノコ入り込んで、リラックスするんですワ。
も〜ジャマでジャマで(≧▽≦)ワハハハ!

でも、考えれば、珊瑚はこれまでだってしようと思えばいつでも出来た事なのに、やった事が無かったんですよね。
いつだったか、、家族が無理矢理徘徊スペースに入るように促したときだけ、チョッと入ったんですがすぐに出てきてしまって。
その時は「案外平蔵に遠慮してんだねえ〜」と笑ってた。

それが、、。

てか、その日、一日、、ずっと残されたシートの上でしか過ごそうとしなかったんですよ。

b0057675_09250718.jpg

平蔵のニホヒが残っているのはそこだけ。
「あ〜平ちゃんのニホヒがするんだね〜」と、ママン様と話しましたよ。


なんだかんだで珊瑚は平蔵にくっつくのが好きでした。
平蔵のニホヒを嗅ぎながら、スヤスヤ寝てる姿を見ると、、。
珊瑚なりに平蔵の事を想ってるみたいやな〜…と。

いずれ、平蔵のニホヒが付いている物は無くなってしまうでしょう。
毛布やら、服なんぞは洗ってしまいますから。


珊ちゃん。
大丈夫、ニホヒは無くなってしまうけど、、平蔵はいつも珊ちゃんを包んでくれてるからね〜〜。

b0057675_09254505.jpg

そうそう。
もうひとつ、珊瑚なりに判ってるなーと思ったのは。

最近はちっとも所望しなかったボール遊びを、しょっちゅう「遊んで!」と言ってくるようになりました(≧▽≦)

ああ、遠慮してたんだな〜…って。
こんなに遊びたかったんだ。

彼女なりに平蔵の世話をしている事を理解出来ていたんでしょうね〜。
年取った平蔵が寄りかかっても、黙って支えてやっていたりしてましたもんね。

もう最近は年甲斐も無く((≧▽≦)!?)、ヘロヘロになりながらボール遊びをしてますよ〜。
まあ、13歳ですので、、持続時間は短いんですけども!ワハハハ!

b0057675_09261113.jpg

ちなみに。
丸1日かかって、徘徊スペースのシートを片付ける事が出来たんですが(^^;;;;)
(珊瑚が使っている間は片付けられず)

シートが片付いた途端に、いつものようにソファやクッションでマッタリしているお嬢さんです(≧▽≦)


更にちなみに。
向こうに見えるPSVitaTVで遊んでいるのはママン様で、遊んでいるのはドラクエヒーローズ2……
もちろん主人公の名前は平蔵(≧▽≦)


b0057675_09295910.jpg


b0057675_09301121.jpg


花の香りで充たされている我が家です。
有り難うございます。

平蔵は愛されてるなぁ〜。
ね、平ちゃん。

b0057675_09304589.jpg






チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_09363361.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-08 09:36 | Comments(10)

キレイサッパリ

b0057675_09450021.jpg

あっという間に今年も9月になってしまいました。
と、同時に徐々に過ごしやすくなってきたように思います。
散歩コースの稲も実が詰まってきましたよ~(^^)

コンパクトな台風が九州を舐めて行きましたが。

我が家のあたりは本当に台風来たの?というくらいに穏やかで。
テレビのニュースを見ながらママン様とふたりで「この辺りだけ別世界みたいだね」と話しているくらいです。

b0057675_09472715.jpg

さて。

読まれた事がある方はご存知かと思いますが、、。
3年前に、犬道!!番外編「どうしてヒトはイヌと暮らしてるんだろう?」という記事を載せた事があります。

それには「ワタクシとチビズとの間にある(見えない)大事なモノ」をヒトコトで言い表すとしたら、なんだろう?、、てな話を一部に書きました。


『日本語の「心」という表現では足りないような気がするんですよね。
う~ん、、「愛」でもしっくり来ないような。
「愛」や「心」や「気持ち」や「思い遣り」や「通じ合い」や「共に過ごした時空間」や「縁」や「運」や、、色んな事をひっくるめた、「何か」、、。』
(どうして…より抜粋)


未だに、、これを言い表す単語をワタクシは知りませんし、出会った事がありません。
「どうして…」の記事では、とりあえず臨時で「ハート」という言葉を利用しましたけどね~。

結局、今でも相変わらず「大事なモノ」とか「大事な何か」みたいな言い回しをしているワタクシです(^^;)

b0057675_09503640.jpg

「何か」

ワタクシがWeb上でシバツレを書き始めたのは、元々は平蔵との間に生まれて育んできた、、その「何か」があったからです。
ヒトコトではウマく言い表せないそれを、世界に向けて発信したい。と当時の自分は感じたんだと思う。

まあ、、今も相変わらず、ウマい事表現出来ずに居るわけなんですけども~~(≧▽≦)ワハハハ!


もし、シバツレを読んで、自分と愛犬との暮らしの役に立ててくれたり、シアワセを感じてくれる人が居るとしたら…。
それは、その人と犬の暮らしの中に「ワタクシとチビズとの間の見えない何か」が流れ込んでいるという事じゃないかな。と思うんですよね。

その人が、そうやって愛犬と培った事を踏まえ、更に他の人と犬の暮らしをフォローしたら、、またそこにも「何か」は流れて行く。

それにはもはや「ワタクシとチビズとの間の何か」という名前は無いけれど…。
でも確かにそこにも「チビズ」は存在するんだと、、ワタクシは思ってるんですワ。

b0057675_09512967.jpg

「何か」は、勿論、ワタクシ&チビズとの間にだけ在るモノではアリマセンよね。
誰の周りにもそれぞれの「何か」があるはず。

そうやって「何か」に、別の「何か」が流れ込んでブレンドされて、更に味わい深い「何か」へと日々変わって行く。



「何か」は、「どうして…」にも書いたように、つながり合い、重なり合い、、、まるで空気のように1ミリの隙間も無く我々の間に充たされている、とワタクシは思います。

今、このシバツレを読んでいるアナタとの間にも、我々と関わる全てのヒトやイヌの間にも充ちている。

シバツレを読むヒトが世界の裏側に居ようが、記事を100年後に読もうが、、「何か」がその"間"を充たす事に距離も時間も関係無いと思うんですワ。
どんなに距離があっても、どんな時間が経っていても、、一瞬で充たしてしまう。



我々は「何か」で充たされた世界の中で暮らしているんだと思うんですよね。

まるで魚のように、、。

b0057675_09515616.jpg



そして。


先日、平蔵御大は、その「何か」そのものになりました。




8月30日の夕方の事でした。




清々しい程、スカッとアッチ側に逝ってしまいましたよ。

何しろ「え!?…い、今!?」って、その時思ったくらいですから(^^;)
まさに不意打ちでした。


b0057675_09544537.jpg

我が家の事はどうぞご心配なさらずに。


実は、以前から「いつか平蔵が逝ってしまったら、自分はどうなるんだろう」とか、色々考えてたんですよね。

きっと普通で居られない。基点ブレブレでオカシクなるかも。とか。
相当落ち込んでしばらく浮上出来ないかも。とか。
本気で平蔵ロスになって、シバツレ止めてしまうかも。とか。

……でも本当にその時にならないと、判らないよなあ~。


なんて、想像してたんですが…。
その逆でした(^^;)


そりゃ~16年も一緒に暮らしていたんですから、悲しくないはずありませんよ。

でも…。
"嘆く"気持ちは全く無いのですワ。

b0057675_09555691.jpg

彼が暮らしていた為に必要だった物を片付けて。
彼が居ない暮らしを、、すぐ翌日から始めて。


、、ふと。


あれ?
平蔵って、、本当に居たのかな?、、って。


彼の居ない空間に何のギャップも感じない自分に、逆に気づく次第。

これはワタクシだけの感覚かなあと思っていたら、、。
ママン様も更に翌日になって「なんか、、最初からこの暮らし(平蔵が居ない暮らし)だったような気がしない?」と。


「そうそう!
あの16年間が、実はたった一晩の夢か幻だったような、そんな感じ」とワタクシも。

b0057675_09573289.jpg

あれだけ24時間態勢で、四六時中彼の世話に明け暮れていた日々だったのに…。
それが突然無くなって、イキナリ違う生活に順応出来るはず無いと思い込んでいたのに…。


それどころか、清々しい程のキレイサッパリぶり。


今、彼が我が家に居た痕跡は、ほぼ跡形も無いんですよね。

考えれば、、彼が逝った翌日、埋葬する時も。
ワタクシもママン様も、彼が存在した証拠を記念に残しておきたい。なんて露程も思わず。
ホントに、平蔵の存在全てを還しました。

彼を還す事に対して、ワタクシもママン様も、何の執着も抱いてなかったのかな、と思います。
そして多分、彼も、、コチラの世界に心残りをする事もなかったのでは。

お互いに、引っ張りあう要因が無い。そんな感じ。



確かに、彼にとっては、至らない部分も山ほどあったワタクシでして。
その事に関しては反省してもし足りない。
せっかくクリア出来そうだった事も沢山あって(^^;)、それをクリアさせてもらえないままだった事に関しても残念極まりない。

b0057675_10014861.jpg

でも、彼との16年間に対しては…。

やり残した事が無いというか。
悔いが無いというか。


「ああ、もぅイヤだな~なんて思いながら平蔵の世話をしていたら、きっと平蔵が死んだ後に"あんなに大変だった"とかボヤくんだろうけど、、。
気持ち的にそういうの全然苦にならなかったから、ちっともそんな感じがしないんだよねえ」とママン様。

うんうん。
そりゃ~しんどかったけど、、"彼に苦労させられた"というのは全く無く…。


彼が逝った翌日の空のように、清々しくスッキリとした後味((≧▽≦;)?)を味わっている今日この頃です。


一応、、。
「軽い"喪の躁状態(葬式ハイ)"かもしれないから、しばらく様子見ないとね~」なんてママン様とふたりで笑っておりますが。
多分、、違うんじゃないかな~(^^;;)

b0057675_10030328.jpg

この感じ、ウマく言い表せなくて。
色々考えてみたんですけどねえ~。。。

朝、凄く素敵な夢から覚めた時に「あ~メッチャいい夢見たな~」と思う、、ああいう感覚なんですよ。

夢だから、もう二度と味わえないのも判っているけど。
でも、思い出す度にニンマリとしてしまう、あんな感じ。

だから。
「ああ~いい16年間過ごさせてもらったな~」というのが、一番、今のワタクシの気持ちを表すのには相応しいかな、と思います。

b0057675_10060918.jpg

珊瑚と伊佐蔵もなんとなく判っているようです。
写真は平蔵が逝った翌日の夕方の散歩の光景。(≧▽≦)

彼らの様子についてはまた別の機会に書きましょうね。



ワタクシは思うんですワ。

世界は「何か」で充たされている。

…ワタクシは平蔵の中に生きてるんだな~と。




彼自身は、、。
彼の人生(犬生(≧▽≦)?)はどんなだったのかな?
と、とあるカードで尋ねてみました。

b0057675_10073728.jpg

「自然体…あるがままに生きた」と。

そっかそっか。

平蔵らしいよね(^^)





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_10102444.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-05 10:10 | Comments(60)