柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(684)
(186)
(134)
(116)
(28)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2013年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

珊瑚と合流

b0057675_16201552.jpg

前回の続きです(≧▽≦)

オトコ組で散歩を続けていると、、ママン様と珊瑚の姿を発見~。
射撃訓練場横の駐車場でボール遊びをしていましたよ。

ボール遊び大好きなお嬢、相変わらず嬉しそうな表情です。
オトコ組をガードレールにつないで、珊瑚を激写するワタクシ。。。

b0057675_16201928.jpg

ボールを投げてもらうと、毬のように跳ねていきます。

b0057675_16202475.jpg

伸びきった短い脚がかわええのう。。

b0057675_16203036.jpg

ママン様にボールを持ってくるお嬢。

頑張って撮影してみたものの、、まだ薄暗かったおかげで、激しい動きのお嬢のまともな写真はほとんど撮れてませんでした、、あははは。

しばらく遊んで、お開き。
待っていたオトコ組の所へ、とりあえずご挨拶に、、。

b0057675_16203449.jpg

挨拶も無いまま待たされていたおかげで、一斉クンクン攻撃!?のオトコ組でしたよ、わははは。

b0057675_16203888.jpg

「ボール、、」伊佐蔵。

「これあたちの~」珊瑚。

「おかーちゃん、何かくれる?」平蔵。

、、、ひとりだけ世界が違う平蔵御大、、、。

b0057675_16204192.jpg

「ねえねえ、ボールちょーだいよ」伊佐蔵。

「いや~~ん、あげないの!」珊瑚。

しばらく様子を見てたんですが、伊佐蔵がしつこかったので「チッ!」と舌打ち一発。

b0057675_16204658.jpg

桃尻を翻し「もう、急いで帰る!」と珊瑚。

その尻を狙う平蔵。
一緒にその尻を狙う伊佐蔵。

、、、なんかいやらしいなあ~この写真は(≧▽≦;;;)

b0057675_16205010.jpg

もう伊佐蔵はこれっぽっちもボールを狙ってないというのに、、。

普段なら、地面にそっとボールを置いてからチッコするはずの珊瑚が、、、。
はしたない事に、ボールをくわえたままチッコしておりました、わはははは!!!

b0057675_16205448.jpg

急いでボールを持って帰らなきゃ!
伊佐蔵に取られちゃう!
お尻をプリプリ、一生懸命なお嬢です。

彼女が必死なのは、取りあいっこになったら、伊佐蔵にはてんで敵わない事を自覚してるから、、。
、、、そんな珊瑚が可愛かったのでもうちょっと見ていたい気もしたんですが~、、(≧▽≦)

ちょっと気の毒になったので「珊ちゃん、ボール預かっとくから、ちょうだい」と預けてもらいましたワ。
ワタクシに預けた途端に、安心してましたよ~わははは!!!

ボールをいつ返してもらえるか、ってのは珊瑚にとって問題ではなくて。
ワタクシが預かれば伊佐蔵の手に渡らない、、という事が解っているから、なんですよね。

b0057675_16205861.jpg

珊瑚が落ち着きついでに、、恒例のママン様からオヤツ。

b0057675_1621293.jpg

毎日可愛い奴らですよ。


by koryu_misumi | 2013-01-30 16:59 | Comments(2)

オトコ組の朝

b0057675_215195.jpg

オトコ組で散歩すると、、男同志ならではのノリがあるようで。
珊瑚が一緒に歩いている時とは明らかにノリが違うんですな。

上の写真は、ふたりで一緒になって、どこぞのオンナノコの残り香をチェックする様子。

んが。あんまり夢中になり過ぎる前に、、。
「それくらいにせぇや!ブラブラブラザーズ!!」と、親子なのにブラザーズ呼ばわりされて中断され、、。
↑何がブラブラって、、、コアなアナタなら分るはず!!

b0057675_2152324.jpg

情報をゲットしそこねた伊佐蔵が、ばっちりゲットしたらしい平蔵に、、。
「ねえねえ!さっきのニホヒ、どんなだった!?」と尋ねたりするという、、。

こんな様子を、ずい分前に「プレイボーイ誌を回し読みするオトコノコ達」みたいな表現をした覚えがアリますわ(≧▽≦)わははは。

b0057675_2152780.jpg

平蔵「今度はこの辺りでマーキングだぜ!」

b0057675_215313.jpg

「、、、、、と思ったら、デカイのもよおした、、」

「ヒトのウンチの邪魔はしません」by伊佐蔵



はあ。←笑い終わった後の余韻

日の出前から、こんな馬鹿受けしてしまっていいんじゃろか。

b0057675_2153619.jpg

狩り中のカワセミさん

以前は散歩コースで会う人々に、「男同士で散歩させてて喧嘩にならない?」なんてよく言われてましたが、、。
この辺りの人々には、もうこれも当たり前の光景になっているようです。

いつぞやは、家族連れで散歩していた某雄犬とすれ違った後に「あの雄犬達とすれ違う時は気をつけなくて大丈夫なんだよ」と、家族に説明してくれている声が耳に入って、嬉しかったですね~。。

b0057675_2154048.jpg

オオバンさん

時々シバツレに登場してもらっている、ラブラドールのマックス(=マッ君)は、未去勢の雄犬ですが、、。
我が家のチビズを見かけた時だけは「平蔵達と挨拶するんだ!」と、その場に踏ん張ったり、伏せたりして動かなくなってしまうんだそうですわ。
、、、なにしろラブの中でもデカイ方だと思いますんで、、そうなったらオバサンにはとても動かせない(≧▽≦;;;)

このネタ、先日初めて聞いたんですよ~。
「他の犬の時には絶対しないのよ~、本当に好きなのね平ちゃん達が」って。

いやあ~親バカですけど、やっぱり嬉しいですよね、こういうの。
未去勢オス同士でも、仲良く出来る子は出来るんですね~。
まあ、相性や歳の差もありますけども。ね~~。


この後、別コースの珊瑚&ママン様と会いましたが、その話はまた次回に(≧▽≦)


by koryu_misumi | 2013-01-29 21:47 | Comments(2)

とら

b0057675_1031531.jpg

2年前に亡くなった、母方の伯父の法事に行ってきました。
ここに行くのが楽しみだったのですよ~。

それは、トップの写真の甲斐犬「とら」に会えるからです。

2年前のお葬式に行った時には、まだ、とらの母犬「あい」が居たのですが、、。
ワタクシが行けなかった間に天へ還ってしまいました。

ママン様は時々訪ねていたし、伯父と共通のニホヒを持っているので、とらはちゃんと憶えていますが、さすがに2年前にチョイと会ったきりのワタクシの事はやや警戒しておりましたよ~。

門扉を開けると警戒吠えして、緊張と不安がごちゃまぜになっている風情でしたが、、すぐにカバンを持つワタクシの握りこぶしをクンクン。
怪しい人ではない、と判断して、そのこぶしをペロペロと舐めてくれましたワ。

b0057675_10315910.jpg

この、とらがね~。
もう可愛いのなんのって(≧▽≦)

平蔵の3~4倍はある、迫力ばっちりの、がっしりとしたドでかい図体に似合わない、それはそれは繊細で、と~~っても優しい気立ての持ち主なんですワ。

かつてあいが健在だった頃、あいはとらの半分~2/3位の体つきだったにも関わらず、とらはてんで頭が上がらず。。
あいはメスでしたが「犬が強い」子で、顔つきも良く目もビシッとした美しい子だったのですよ。
なにしろ、当時ちょっと観察しただけでも、動作が機敏で毅然としており、無駄が無かったですもんね。

ちなみに、とらが小犬の頃は、とらのお婆ちゃん犬が世話を買ってくれていたようで、、彼はおばあちゃんっ子だったのかな(≧▽≦)

庭に居た彼を呼ぶと、上の写真のように低姿勢で嬉しそうに寄ってきます~。

b0057675_1032369.jpg

ママン様のお手手をペロペロ。

b0057675_1032714.jpg

カメラで撮影される事には全く慣れていません(≧▽≦;;;)
嬉しそうにふりふりしていた尻尾の動きが止まって萎えてしまいます、、、わははは!!!

「ごめんごめん、とら。ニラんでしまったねー」とカメラを降ろして話しかけると「大丈夫なんだよね?良かった~」と尻尾をふりふり。

でも「またあの大きな目がニラんだら、いやだから」と、チョイ警戒して距離を保っておりました。
、、、、かわええのう!!!

b0057675_10321347.jpg

法事なので、普段より人の出入りが激しかったこの日。
いっちょまえに、庭石の最も高い場所に陣取って番犬業にいそしんでおりましたよ~。
庭の主、といったたたずまいですね。

この庭石。
あいが元気だった頃、とらは、絶対にこの上に上がる事はなかったのですよ。

当時この庭の主はあいで、とらにはその権限が許されて無かったんですよね。
しかし、あいが居なくなってしばらく経ってから「自分が家を守らなくては」と自覚したようで、徐々に上がるようになったそうです。


群れの上位の存在は、群れのために群れ全体と辺りを見回せる場所を陣取ろうとする傾向があります。
犬の問題行動を導く際に、ソファの上や抱っこ等の高い場所を禁じる、、という手がありますよね。
まあ、あいととらの関係のように、高い場所への権限を許さない事で、人と犬の位置関係を修正するようなものなんですよね。

b0057675_10321780.jpg

あいが元気だった頃、いつもとらが居た場所はこの縁側の付近。
あいに任せて、低い場所で安心しきっておりました、、。
いや、今でもくつろいだりしていますが。

、、、上の写真は「お客さんがいっぱい来てるのに、誰も構ってくれないのでちょっとスネている図」。
ぶっくくく。。。

知らない人はちょっとビビって警戒するくせに。
かまってもらうのは好きなんだよね~。
でも距離感が遠いんだな~~わははは!!!←べたべたくっついて来ない。



ちなみに。
上の写真の左奥に見える庭石、これには思い出がありまして、、。

2年前の葬式の際に、あいはいつもと違う状況を判断して早々に落ち着いておりましたが、、とらはなかなか落ち着く事が出来ませんでした。
あのデッカイ図体から出る、デッカイ声でウオウオと吠え続けていたのですな。

、、、で、とうとうワタクシ、つい、家にいる時に伊佐蔵を注意する時のように、、。
「チチチッ!(注意喚起の舌打ち)もういいよ!」という感じで叱っちゃったんですワ~。
この場合の「もういいよ」は「もう充分だよ」って意味ですよ。。

そしたら、とら。
そらもうびっくりした顔してワタクシを見て、、、。
とことことその庭石の後ろに逃げ込んで、、、。

数秒後、、こんな風に顔の上半分だけヒョコッと出して、ワタクシの事を、、、わはははは!!!!

b0057675_10322139.jpg

も~~~あの時のとらの様子が、いつまで経っても忘れられません(≧▽≦)

わぁ、とらごめん!
とらには厳しすぎたかと、心の中で思わず苦笑してしまいましたよ。

でもね~、そんなとらがまた可愛くて、、。
ずっと会いたかったんですよね~~。

b0057675_10322729.jpg

しかし、さすがに犬の事を良く知らない人には、とらは相当恐ろしい犬に見えるようで、、。
この日もイトコが「怖い~~!噛みつかれそう~~!!」ってビビってましたよ~。

「とらはね~、見た目は怖くて、動作も怪しく見えるかもしれないけど(≧▽≦;)、気立ての優しい、気の小さい子なんよ~。知らんふりして匂わせてやったら、安心してすぐ離れて行くから」と話して聞かせましたよ~。

じ~っと目を見たり、怖がって逃げようとしたら、向こうもビビって慌ててしまうから、ね。と。


、、また会いに行きたいと思いますわ~。
この、、、ブッチャイクな、、おまけにゴマ粒のようなちっちゃなお目目。
かわいいったらアリマセンもんねー!

b0057675_10323120.jpg


by koryu_misumi | 2013-01-27 12:03 | Comments(12)

どんど焼きの場にて。

b0057675_10113361.jpg

ママン様がチョイとお芋をつまみ食いしてるのに気づくオトナ組。。

b0057675_10113654.jpg

自分達がオヤツとして頂いている食材のカホリを嗅ぎつけないはずがありません。

「あれ、、くれるのかな~」と期待感溢れるふたり(≧▽≦)

b0057675_10113990.jpg

そんな様子が可愛くてこっそり撮影してたら、咎められました、わははは!!!




今日は、ちょっと興味深い話を思い出したので書きますワ~。

もう少々前の話ですが、お札や注連縄などを燃やす「どんど焼き(ママン様は"ほっけんぎょう"と言ってた)」、ありますよね。

我が村落も同様に、どなたかの田んぼを借りて、早朝から燃やしていたある朝の事。。
赤柴ズを連れたママン様、火に当たるご近所様と一緒に、しばしその場で歓談したそうです。


その際、我が家のチビズの話も持ち上がり、ついで、「犬話」が色々とあり、その延長で、、、。


「あの辺には、犬の骨がゴロゴロ埋っとるとばい」と、そこから見えるある場所を指さすご近所さん。。。


そう、ご存知の方も多いかと思いますが~。
犬が食材としても見られていたという話なのですね。

まあ、伊佐蔵の毛色の赤さは、、美味しさの証明という、、、。

福岡は大陸からも近いため、大陸の文化が混合している事も少なくありません、、ははは。

で、そこの骨がいつ頃のものかといいますと。。
まあ、戦後の話なんですね~、、、最近っちゃあ、最近の話なんですよ。

シバツレマンガにも描いたことありますけどね(≧▽≦;;;)コチラ。。。


で、さらにその延長線上で、、、。
そのように、全ての食べ物が、本当に貴重で貴重でどうしようもなかった頃。

この辺りでも、犬は確かに、家畜を守る存在として大事にされていたものの。。。
言いつけを守らずに家畜を殺してしまった犬は、すぐさま、殺されていたそうですワ。


生きていく上で、中途半端な甘えや、中途半端な同情、いいわけ等が存在しなかった、、そんな厳しい時代。
それもまだ、その記憶がしっかりと残る人々が今も元気でいらっしゃる、つい最近の事とはね。


、、、今に生きる事が出来て、、ホントに良かったな~と思いますワ。

そりゃあ、今だって、チビズに猫や鶏を獲物として認識する事を絶対に許していませんが(≧▽≦;;)
その当時の人の意志の強さに、自分が適うだろうか、と思うと、、なんとも。。


←うぇぇ「今」で良かったよぅ~~(泣)というアナタ!ドウゾ(≧▽≦)
by koryu_misumi | 2013-01-24 10:45 | Comments(2)

早朝のオトコ達

b0057675_10261624.jpg

平蔵「ねえ、朝のおめざ、まだ~?」
伊佐蔵「おはよおはよ!ねえねえ遊ぼうよ!」

b0057675_10261949.jpg

平蔵「いや、今はその気無いって」
伊佐蔵「そんな事いわずにさ~」

b0057675_10262334.jpg

伊佐蔵「ねっ!」、とチョンと飛びつくフリ。
平蔵「ウッ、、」

b0057675_10262736.jpg

平蔵「そんな事より、、ねえ、おめざにしようよ~」
伊佐蔵「あっちに気を取られてる間、ちょっと平蔵データをゲットみよう、、」

b0057675_10263145.jpg

平蔵「おい、、、、、」
伊佐蔵「ドキッ!!、、あ、、遊ぼ!」

b0057675_10263483.jpg

平蔵「その気はねえって、言ってるだろー!!!」
伊佐蔵「わあ!!」


この、オトコ組のすれ違いな感じ、、、朝っぱらから笑わせてくれます、わはははは!

ちなみに、平蔵は本気で怒っておりませんので、ご心配なく~。


by koryu_misumi | 2013-01-22 10:55 | Comments(0)

平蔵レポート

b0057675_10321694.jpg

こんちは、皆さん。俺平蔵です~。
今日は誰に会えるかなー?
かわいいオンナノコだったらいいなー。

b0057675_1032208.jpg

しばらく歩いたら、「あっち行けー!」ってワンワン吠えながら、パピヨンが走ってきたゾー。

散歩コースの途中にある家庭菜園に時々連れてこられている男の子なんだ。
家庭菜園一帯を一時的な縄張りと思って、近寄るワンコをみんな追い払おうとするのさ。

「おはよ~。番犬してるの?」って、普通に話しかけたら、ちょっと面喰ってたよ。

b0057675_10322612.jpg

「ホラ、大丈夫。仲良くしようぜ。俺はここを通り過ぎたいだけだから、そんな怖い顔して追い払わなくてもいいんだよ」

「そ、、そうなんだ。。」

b0057675_10323236.jpg

俺の事、アブナイ奴じゃないって分ってくれたみたい。
最後には「遊ぼうよ!」って誘ってくれたぜ~。

遊んであげたかったけど、まだ散歩の途中だったから、バイバイしたんだ。
他の子には吠えながら追い立ててくるんだけど、俺の事は優しい顔して見送ってくれたよ。


またしばらく歩いたら、コロン君とシュウ君に会ったんだ。
コロン君は匂い嗅ぎであっちに行ったから、シュウ君とご挨拶、、。

b0057675_10325370.jpg

シュウ君はとってもお利口さんワンコ。
匂ってる間、じっとしててくれるのさ。

b0057675_1033173.jpg

俺の事もこっそり匂ってたよ、わははは。

「こっそりせずに、好きなだけ匂っていいぜ」って、横に立っててやると「ハイ」って低姿勢に俺のチンチンも匂ってた。いい子だな~。

b0057675_1033929.jpg

でも、鼻先匂いに行こうとすると、顔が近付くのがちょっと怖かったみたい。
おとうさんにくっついてたよ。

シュウ君には、顔の挨拶より、お尻やチンチンの挨拶の方が怖くないんだな。
ジロウやレイカなんかは顔の挨拶の方が好きだけど。

、、まあね、シュウ君と俺とは歳の差もけっこうあるしね~。

b0057675_10331634.jpg

会うたびに違うヘアスタイルなんだぜ。

b0057675_10332656.jpg

その後、しばらく一緒に歩いたぞ~。

なんだかふたりとも、俺の周りをチョコマカしてたっけ。
一時的に一緒の群れになったからね~。

b0057675_10372242.jpg

俺が何か匂ってると、ふたりでやってきて「そこ何か匂うの!?」って、、。

ちょっとだけど、わさわさ賑やかな散歩だったっけ。

b0057675_10333316.jpg

今日はオトコばっかりなのが残念だったな~。

今度はオンナノコに会えるといいな!


by koryu_misumi | 2013-01-20 11:32 | Comments(5)

久しぶりの雪景色

b0057675_10492760.jpg

↑ちょいとブレてますが、、。
雪景色の中に佇むお嬢の姿がなかなかでしたので、トップに据えました(≧▽≦)

昨日から雪が降り続いた福岡西部。。
朝起きると、久しぶりにしっかりと降り積もってましたよ~。

b0057675_1050437.jpg

「雪」というだけで、もうすっかりご機嫌の珊瑚嬢。
「ねえねえ!雪よ、雪!!楽しいねー!」な~んて伊佐蔵に何やら言ってる様子、、。

珊瑚は器が小さい分、本当にちょっとした事で”シアワセいっぱい”になれるんですよね~。
可愛いヤツ(≧▽≦)

b0057675_1049593.jpg

伊佐蔵は、と言うと、、。
「うん、まあ楽しいよね」って感じで、普段とあまり変化はアリマセン。
ど~も”雪だから”楽しい、、という感覚はあまり無いようで、、わははは。
、、でも、ほかの子がはしゃぐと、一緒に楽しくなるんですよね。

でもって。雪景色が似合うオトコじゃないかと思うオヤバカ。

b0057675_105082.jpg

嬉しくて興奮していたせいか、あっという間にウンチングスタイルのお嬢、、。
勿論、お宝もあっという間にメルトダウン。

b0057675_10512222.jpg

平蔵御大もしばらくしてウンチングスタイル。
、、何故かこの後、急いで振り返って、お宝の行く末をチェックしておりました、、、。
メルトダウンするのが気になるのかな~?わははは!!


珊瑚がと~っても嬉しそうなので、、。
ママン様が真っ白になった田んぼで遊びに誘ってましたよ(≧▽≦)
かわいい珊瑚の様子を、しばしご覧くださいませ~!!

b0057675_10512731.jpg


b0057675_10513272.jpg

カメラを構えるワタクシにも「楽しいよー!」と(≧▽≦)。
↓拡大~~。

b0057675_10513579.jpg


b0057675_10514295.jpg


b0057675_1051463.jpg

こ~んな広々と駆けまわれるのは、早朝の田舎ならでは。
遠くから嬉しそうに駆けてきます(≧▽≦)

b0057675_10515584.jpg

↓拡大~~~。
b0057675_10515855.jpg


b0057675_105215.jpg


b0057675_10514936.jpg

あ~かわいいな!!
UPできる枚数に限界があるようなので、、ここらで断念、わははは。

そうそう。
平蔵御大は雪の中の宝探しに夢中でしたよ。

b0057675_1052728.jpg

写真よりももっと顔をうずめて、フガフガと楽しそう~。
何を嗅ぎつけてるんだか、、、。



ここらでは、こんな風に降り積もる事も近年滅多に無くなってきておりますので、、。
今朝の散歩は久しぶりにはじけてもらって、無礼講でした(≧▽≦)

次にこんな風に積もるのはいつかな~。
春までに、あるかどうか、、それとも次の冬までお預けかな。

とにもかくにも、楽しい朝の散歩となりました。



オマケ。
これは平蔵の足跡。

b0057675_1054344.jpg

犬の足跡を観察するのに、海岸の砂地や、、薄めの雪の上なんかはけっこう適してるんじゃないかな~と思いますワ。

勿論四つ足で歩いているのですが、柴犬が適度な速さで真っ直ぐ歩いた時、、構成がよろしければ、このように足跡が重なるのですよ~。
例えばこの足跡のひとつだけがはずれていたりするようなら、、その脚がどれか、もしくは背骨の様子や、歩く時の変な癖等を覚えておいて、ふだんからチョイと気をつけてやっておくと、良いかと思います。



珊ちゃんのはじけっぷりに惚れた!という方、ぽちっとな(≧▽≦)

by koryu_misumi | 2013-01-18 11:35 | Comments(6)

犬バカ一代2

b0057675_1010826.jpg

時々は目が疲れるような長文をかけ!と一部のコアな読者から恐喝、、い、いえお叱りを受けました、、わはははは。

ぬう~そうだな~、、。。
チョイ前に書きかけていたのに、なんとなく途中でやめていた記事があったのですが。
某ワンフレンドと電話でおしゃべりしたおかげで「やっぱり載せちゃおうかな」と思ったから、それをば、、。。

まあ、どうせワタクシ個人の勝手な考え方だったりするんですけども(≧▽≦;;)
ほんと~は「犬道!!」の続きを書きたいんですけどね~、、勿論、ちゃんとイラストを描けるようになったら続編書きますワ

b0057675_10101282.jpg

けっこう前の話、、。

我が家の散歩コースで、たま~~に遭遇する某犬がおりまして、、。
未去勢の雄ですが、我が家のチビズとは「一応」触れ合うことが出来ていました。

遭遇した回数は少ない上に、、いつもちゃんと触れ合えるワケではなく。
その子の様子を見て「ああ、今日はちょっと危ないな」「今日はよさそうだな」という感じで、、その時に応じてチビズと触れ合わせたり、触れ合わせなかったり。だったのですよね。


ある時「今日は離しておいた方が良さそうですね~」と、飼い主さんに笑って話しかけたら、、。

「なんかこの頃、変に興奮しちゃって、、」と飼い主さん。

んん、、?、、、ああ、そっか。

どうやら飼い主さんは、自分の犬の興奮がどういう種類のモノなのか、見分けが出来てないようでした。
ですので、、例によっておせっかいながらも、、。
「え~とですね。これは、サカってる状態みたいですね~あははは」と、お伝えましたよ~(≧▽≦)

すると「えっ?そうなんですか?」と飼い主さん。

「今、見ている限りはですね~、、。
未去勢で飼われるのでしたら、、自分の犬がサカッているか・どうか、の見分けは出来るようになっておくといいですよ~。
サカッている時は喧嘩沙汰になりやすいので、、覚えておくと、他所の犬とそういうトラブルを起こさずに済みます。
とりあえず他の興奮の見分けは出来なくても、せめてこれだけでも、、ね。
観察していれば、その他の興奮とは違うのが解るようになりますから」

、、などと、、サカった時の様子等について、ちょっとだけお話しましたよ~。

b0057675_10101646.jpg

その犬は、、未虚勢ですが、はっきり言って、身体的にも性質的にも繁殖には向いていません。
また、残念なことに、飼い主さんがその犬を把握も、管理も出来ていないのは一目瞭然だったのですよね。


だもんで、、そんな彼らを見送った後に、、。
日本の犬世界の現状を憂いている人達の中には、、もうそれだけで即効「去勢」を勧める人も少なくないだろうな~。。と、ふと考えてしまったのですよね。

確かに去勢すれば、ニンゲンにとっても犬にとっても楽になる事や、暮らしやすくなる面も沢山あります。
雌犬の避妊も、同様に。

が。
ワタクシは、過去に繰り返し書いてきたように、去勢や避妊についてはどちらが良いだの・悪いだの…もしくは正しいだの・正しくないだのってのは、無い、と思っています。
それは、各家庭、各飼い主の価値観で決める事だと。。

b0057675_10102065.jpg

、、、、。
、、、、上記の話を、ある人にした際に、こう言われました。
その犬と飼い主の本当のシアワセを想うのなら、去勢をするよう勧めるのが当然なのでは?
自分だったら去勢するべきだと思うし、真っ先に相手にそう言う。。とね。


、、本当のシアワセ?

そんなのは、それこそ当犬と当飼い主が決める事だとワタクシは思います。
他人の言うシアワセの条件を満たせば、それでシアワセになれると?
熟考する間もなく勧められるままに手術をし、その犬が死ぬまでその事を悔いていた飼い主も居る。それもシアワセなのかな?


、、、この人もワタクシも、ふたりとも、犬のシアワセを願っているのは確かです。
が、、立ち位置が違うのは明らかなんですよね。

この事について、ワタクシの考え方をちょいと掘り下げて書いてみたいと思います。

b0057675_10102416.jpg

繁殖に向かない犬。その犬を管理出来ていない飼い主さん。
双方にストレスがかかっている状態、、、。
そりゃ~上に書いたように、、去勢をすれば、どちらもずっと暮らしやすくなる可能性は高いでしょうね。


しかし。
そんな双方のシアワセをワタクシなりに想うとすれば、、。
ワタクシは、まずは、その飼い主さんの価値観を尊重したいのですワ。
裏返せば「別の価値観を押し付けない」という事なんですよね。

飼い主さんの価値観についてろくな知識もないままに、去勢を勧める、、。
そんなマネは出来る限りしたくない。

こういうワタクシの考え方は、、昔書いた「ワタクシ的ニンゲン観察」を辛抱強く読んでくれた方なら、よくお分かりかと思います。
例え、自分が「絶対に良い」と思った事だとしても、それを相手の意志や気持ちやその背景を鑑みずに「去勢するべき」とは、、、まるでテロリストのようだと、ワタクシは思うのですよね。

b0057675_10102831.jpg

その飼い主さんが未去勢の犬と暮らしている様子を見れば、表面的には「そのつもりはない」のではないかと思えます。

しかし、角度を変えて「何故、この飼い主さんは、この犬を去勢しない状態で暮らしているのか?」、、と考えると、それこそ、様々な要因が思い浮かぶのですワ

ただ単に、知識が無いだけかもしれない。
ココロの奥に何かわだかまりがあって、心理的に納得できないからかもしれない。。
ワタクシは、、そんな隠れた要因があるかもしれない事に想いを馳せながら、立ち話をするのです。


他者の価値観というものは、そう簡単に把握できるものではありませんよね。
直接尋ねたって、、いや、そうでなくても、、ワタクシも含めて、人は誰でも嘘をつくし、隠し事もする、体裁を繕う、、。
相手が、価値観の押しつけをする相手なら、なおさら。
それどころか反発を生む事も。

、、一旦、反発を生んでしまっては、もうそこから先に進む可能性は、、減ることはあっても増えることはないでしょう。


だからこそ、その犬と飼い主さんのそのままを肯定する所から、、その価値観を尊重する所から、、だとワタクシは思うのですワ。

b0057675_10103129.jpg

そりゃあ、他者の言うことに全く耳を傾けないタイプの人だって、世の中には沢山いらっしゃいますが(≧▽≦;)
「耳を傾ける余地があるはずの人」まで、、自分の行動如何で「耳を傾けたくない人」にしてしまってはいないか?という事です。


、、別の価値観を押し付ける事で、結果的にその犬と飼い主への将来的なアプローチの道を閉ざしてしまう、、、。
それは、ワタクシにとって「本当に犬のシアワセを願うからこそ避けたい道」。


というわけで。

上に書いた、、繁殖に向かない犬。その犬を管理出来ていない飼い主さん。
そのままを受け入れ、その上で出来ること。が、ワタクシの考えるスタート地点、、。

ワタクシが最初に伝えられる事は「その犬を去勢するべき」という、現状の否定よりも、、「未去勢の犬と暮らしやすくなるためには」という、肯定の上に出来る事。なんですワ。

そこからどうなるか、、未来は、判らない。

しかし、反発を生むことはアリマセン。
それは、お互いの未来の可能性の広がりを潰さずに済んだ、という事だとワタクシは考えます。
相手だけでなく、、おせっかいを焼きたいワタクシの為にも残される可能性です。
、、例えば、、いずれは、去勢についての知識を素直に受け入れてもらえる関係を培えるかもしれない、可能性。

b0057675_10103537.jpg

かつて、避妊をしてなかったオンナノコワンコが、、、、何故避妊をさせないかというと、飼い主さん本人が病気で妊娠出来ない身体になってしまっていたから、、という事があります。

、、大勢の人がしたり顔で手術を勧めてきた。と。
それが世の中の常識だと言わんばかりに。
こっちが間違いだと言わんばかりに。


その、大勢の人達には明かさなかったココロの内を、ありがたい事にワタクシは聞かせてもらえる事が出来た。
そして結局は、避妊の知識について、、他の価値観についてまっすぐに考えてもらえるようになれたのです。

先に書いたように、、ワタクシは「避妊して欲しい」ワケではないのですよ。
未避妊の子と暮らすからこそ、、未避妊について知ってるのと同じ位、避妊についての知識を得ている事が大事だと思うのです。

双方の情報についてフィフティだからこそ冷静な判断が下せるのだと思いますし、、。

そしてまた、、犬道!!に書いたプラスマイナスの感情のバランスと同様に、、感情的な立場で未避妊・避妊の判断を下す事も、、犬にとっては不幸せな事だと、ワタクシは思うから。

b0057675_10103969.jpg

、、ここまで長々と書いたワタクシ的な考え方を、チョイとまとめるとしたら。。

、、、犬ってのは、、人に寄り添い暮らす道を選んだ生き物ですよね。
であれば。
共に暮らす人もまた、、、出来る限り、ないがしろにはしたくないと思うのです。。

相変わらずですが、犬達には本当に感謝です。
犬のおかげで人が好きになれた、と言っても過言ではありませんから。


昔々は、今より遙かに狭くて小さな自分の価値観でしか、物事を見ることが出来ていなかったワタクシ。。。
今でも井の中の蛙には変わりないのですが、、井戸の外の世界を勝手に判断し、思いこみで見るような真似はずっと減ったと思います。

、、減っただけで、、無くなったわけじゃないけどね(≧▽≦;;;;)にゃははは!!!

人は、自分の培ってきた定規でばかり物事を量りがちだけど、、定規を横に置いて、想いを馳せることも出来る生き物なんだよな~と。
犬のおかげで、いつも再認識させてもらえます。

b0057675_10104273.jpg

ただ、ワタクシはある意味「親切」ではない、という事は重々自覚しておりまする。。。汗。
だって、、ぶっちゃけ、去勢をした方がずっと楽になる可能性が高いのに、ね。
親切ぶって、実際はもっと苦労しろ!って言ってるようなもんか、、、、、実は悪いヤツなのかもワタクシ(≧▽≦;;;)




さて。最後に。。。
最初に登場した飼い主さんと犬に、、その数ヶ月後に会うことが出来ましたよ~。

以前伝えた事が、うまいこと機能してなければ、また別のアプローチをするつもりでいました。
、、、そうやって関係を培って、、色々やっても飼い主さん自身が限界を実感するようになったら、改めてそこで去勢の話に向き合ってもらえるかもしれませんし。


で、何と言われたかと言いますと~。

「ウチの犬の、サカった時が解るようになりましたよ!!」って、嬉しそうに言ってくれましたワ。

いや~。ホントに嬉しかったですよ~。。
だって、その数ヶ月間、飼い主さんは自分の犬をつぶさに観察してきたと思うんですよね。
サカる犬の違いを見抜く力が培えたなら、、、その他の事だってクリア出来て行ける力を既に養ってるのも同じ事かと。


あ~、この犬と飼い主さんはこれからきっと大丈夫だな。と思ったんですワ~。

、、今では、たま~に遭遇しても犬達の動向を気にしなくて済むようになりました(^^)
我が家の未去勢の男組とも、、、飼い主達の立ち話の間だって穏やかに佇んでくれてるんですよ~。


彼は、、シアワセワンコだと思いますですよ、、、うん。

b0057675_10104631.jpg


by koryu_misumi | 2013-01-16 10:56 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(8)

平蔵はね、本当は男前なんです

b0057675_10203176.jpg

年齢と共に、、かつて築いてきた「クールで賢くてオンナ好きな男」というイメージがアヤシくなりつつある平蔵です。

、、、あ?
オンナ好きは変わりないか、、、わははは!!

早朝の道端で鼻パクさせてみても、ご覧の通りの仏頂面。

これが珊瑚や伊佐蔵だったら、ちょっと寄り目になったり、笑いがこみ上げるほどの真顔になったりするんだけども、、。
平蔵ってば、ホントにブロガーに非協力的な奴ですよ。

こんな風にママン様がニクジュウしたって、、。

b0057675_1020347.jpg


b0057675_10203616.jpg


b0057675_10203947.jpg

赤柴ズのようなリアクション全くなし。


そんな平蔵の、素敵な笑顔を沢山撮って頂いた、昨年の夏の記事を覚えておいででしょうか!?
「オトコマエな平蔵」


平蔵の、、、本当にいい表情がいっぱいなんですワ~。
今振り返っても、ホントにホントに、良い記念となりました。
福岡&近郊にお住まいのワンコ&オーナーさんで「撮ってもらいたいな」と思われたら、、上の「オトコマエな平蔵」に詳細を載せてますので、ご覧になって下さいね~。


そのプロの写真家さんが、平蔵の事を紹介してくれてるのですよ~(≧▽≦)
、、、上の平蔵のような、ちゃちな写真と違いまっせ!!
見てみてくださいな!!

「犬写真家TAKAのブログ」
「平蔵御大」

b0057675_13545550.jpg




by koryu_misumi | 2013-01-14 10:48 | Comments(6)

撮らせてくれない、、。

b0057675_2182893.jpg

朝起きてくると、、「おはよ~おはよ~!」と嬉しそうにはしゃぐチビズを時々見られます。

特に伊佐蔵は朝の挨拶時に、と~ってもご機嫌。
平蔵や珊瑚にピョンピョンしながら何やら言うんですよね。

で、、3チビ揃ってチャカチャカしてる様子が可愛いので、カメラを構えるのですが!!!!
何故か構えたとたんに「朝のおめざは~?」とスイッチが切り替わる彼ら、、。

、、、ブログ的に、真面目な顔した3チビしか載せられないって、どゆ事よ。
たまには撮らせてくれよう~~~!


おまけ。

b0057675_218318.jpg

日の出前なので、ちょっと薄暗い写真ですが~。

プードルのJちゃんに会いました。トイ、、いやティーカップ?
まだ1歳くらいかな。
あまりにも歳の差がある平蔵御大には、、好きだけども引き気味という感じ(≧▽≦)
落ち着いて穏やかで、とても良い子です。

b0057675_218334.jpg

とても小さいので、触るのも気をつけなきゃ。と思うくらい。
何しろ平蔵がJちゃんのチンチン匂おうとお腹の下に鼻を突っ込むと、、身体が持ち上がるんで、、はははは。
ワタクシが止めに入っております。

、、、しかし、体のサイズから換算すると、かなり充実した散歩量を満喫しているんですよ~。
小型犬では、しっかりした散歩をあまりさせてもらってない子を良く見るのですが、、。
Jちゃんはバッチリです。
この落ち着きは、そのおかげもあるんだろうな~といつも感心。

b0057675_2183673.jpg

平蔵の顔と比べても、こんなに小さい~。


by koryu_misumi | 2013-01-12 21:34 | Comments(2)