柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(645)
(166)
(124)
(108)
(23)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ジロウのオジサン、納得する

b0057675_1385088.jpg
先日の「平蔵誕生記念日クイズイベント」に参加頂いた皆様、有り難うございました!!
これから、頂いた応募を集計したいと思います〜。
さてさて、誰が「馬」ゲットなるか!?
、、、次回の記事までお待ちくださいませ〜(≧▽≦)/




b0057675_13122116.jpg

さて、題名の記事なんですが、、。

昨日の朝はまた散歩コースの途中でジロウと遭遇しました。

たまたまその時は降ってなかったのですが、「よく降りますね〜」と挨拶を交わすオジサンとワタクシ。
ここ数日の福岡は、降ったり止んだりを繰り返しており、、その雨量は半端無い状態です。

昨日はオジサン、、こんな事を言われましたよ。
「ジロウは、ホントに、、雨は全然気にせんのやなあ(雨は全然気にしないんだなあ)

、、ワタクシは、雨の日の散歩の事を言われているのでは無い、とすぐに判りました。

言葉を続けるオジサン「昨日も雨の中、外でオスワリしとったよ」とジロウの事を苦笑い。
「も〜、、犬小屋の屋根を伸ばしてやったり、ジロウを犬小屋の中に押し込んだり、入り口に立て板を置いたりしてたけど、、」

そうなのです。
確か、3月初めの、、ジロウが登場した記事に書いたと思うのですが、、。
オジサンやオバサンが家から出て来ると、ジロウは雨の中でも犬小屋から出て来て、雨に打たれながらじ〜っとオジサンやオバサンを見つめるんですよね。

それを「雨の中でもじ〜っとオスワリしてね。濡れるから出て来なくてもいいのに、、」と言われてたんですワ。

そんなオジサンのジロウを想う気持ちは、、聞かされるワタクシにはホントにホンワカ温かく感じられるものではあったのですが。。
当初から「日本犬は雨くらいではビクともしない犬だから、大丈夫ですよ」と言い続けて来たんですよね〜。

ジロウは外飼いだし健康体ですから、本来の日本犬の持つ、自然に対処できる体質を保持出来ていると思うのです。

しかし、散歩コースで会う時に、度々、オジサンはそんなジロウの為に犬小屋の屋根を伸ばしてやっただの、、犬小屋の横に雨が降り込まないような細工をしてやっただの、、土砂降りの時には、犬小屋の入り口そばに立て板を置くようにして彼が出て来れないようにしてやっただの。。。
微妙にエスカレートしているような、、(≧▽≦;;)

勿論、雨風をしのげる環境を整えてやる、というのは、しごく当然の事です。
ワタクシが気になっていたのはその事ではなく、、。

「雨の日に、自分のためにわざわざ犬小屋の外に出て来て欲しくない」という気持ちを抑えきれないオジサン、、なんですよね〜。

自分が家から出て来ただけで、、自分の為に出て来る、、かわいいジロウが濡れてしまうから、、。
オジサンは、ジロウがしたくてしている事を、その光景が可哀相で素直に受け入れられない様子。

そうやって、、オジサンが犬小屋の入り口を板で塞いだって、、。
結局ジロウは小屋の外に出て来て、オスワリをし、雨の中濡れながらオジサンを見つめるんですな、、。

オジサンがジロウの犬小屋の改造のハナシを聞かせてくれる度に、、、。
「ジロウにとっては、雨に打たれる事なんか、なんて事ないんですよ」とか。
「ジロウは好きでやってるんですから、やらせてやってていいんです。気にしなくていいんですよ」とか。
「雨に濡れる程度でどうにかなってしまうようなヤワな子じゃありませんよ」とか、、。
「伊佐蔵だって屋上で雨の中ぼ〜〜〜っと立っている事ありますよ」とか、、。←?


、、、一体、何回オジサンに言って聞かせた事か、、ワハハハ!!!


それをね。。。
昨日、、「ふと」、、オジサンは心から納得出来たみたいなんですよ。

あ、ジロウはこれでいいんだ。って事を。
そんなジロウの飼い主なんだって事を。

もういつだったか、、ワタクシ的ニンゲン観察という記事だったか、、でも書きましたが。。
人には「理解し時」ってのがあると思うんですよね。
いくら周りが言って聞かせたって、結局は「当人が気付く時」にしか気付けないんですよね。
本人が必死でその答えを捜して頑張っていたとしても、、やっぱり気付ける時にしか気付けない。
それは本人のせいでも誰のせいでもなくて、、そういうもの、なんだと思います。

ワタクシに出来る事は、いつか気付いてくれる日が来る事を信じて(≧▽≦)、話をする事。
勿論、、複数回、話をする機会がある時は、話の角度を変えてみたりしますけどね。
、、だから、たまに2年くらい経って「ずっと前に聞かされた、あのハナシの意味が最近分かった!」なんて突然言われる事があります、、ワハハハ。

び、、微妙に「その時気付いてもらう事が出来なかったワタクシの言語能力の非力さ」に落ち込んだりもしますが、、(≧▽≦;;;)
ま、まあ、世の中そんなものでしょ、、、ね、、??

オジサンは、、自分が可哀相に思っていた事が、実はジロウにとってはそうではないという事を、昨日、突然に納得出来たんだと思います。
、、多分、先日書いた"ゴハンの量"の事で納得しかけていた、、、そのおかげもあるんじゃないかなと思うんですが、、。

ジロウを迎える以前は「犬をサロンで洗ってやるとは。昔は川に放り込んでたんだぞ」なんて言ってたんですよ、オジサンは。ワハハハ!!!
愛情は、こんなにカンタンに眼を曇らせてしまうものなんだなあ〜と、、自責も込めて、改めて認識出来ましたワ。
、、それだけオジサンはジロウが可愛くて仕方ないんですよね。

あ〜、、でも、そんなオジサンがまた可愛く感じられたりもしてね(≧▽≦)ハハハ。


「、、そういう事だったんだなあ〜」オジサンは、なんとなしにうなずいてましたよ。


何が"そういう事"ってのは、きっとオジサンもウマい事言えないんじゃないかな、と思いましたが、、オジサンが何を言わんとしているかという事は、、ホントに良く判りました。

「そういう事なんですよ〜(≧▽≦)」

思わずワタクシもニンマリして一緒にうなずいてしまいましたワ。
万が一ジロウが風邪を引くような事があっても、オジサンは素早く気付ける程にジロウの事を気にかけてくれています。
それで充分なんじゃないかな、と思いますね〜。

、、、もうこれでジロウの犬小屋の"過剰改造"も無くなるかな、ワハハハハ。

**********


b0057675_1312274.jpgジロウには、日本の自然に対応するだけの能力があるのですよね。
ワタクシは、その犬の持つ能力を尊重する事は、、大事な事なんじゃないかな、と思うんですワ。

例えば、書きかけてやめていたカミナリのハナシ。
自然の生き物にはカミナリパニックで野山を狂ったように駆け回る子なんか居ません。
そりゃあ、野生生物にも、あの爆音を怖がる子もいるでしょうね。
怖いものは怖い、、当たり前の事かと。
でも怖くても、彼らは人の手を借りずとも自力で我慢出来てるんだと思いますよ。

犬にもその「カミナリに自力で対処する能力」はちゃんとあるはずです。
その能力を潰さない事、育ててやる事が、、能力を尊重する事になると思うのですよ。
それは、ヘタに手を貸さない事、、能力を発揮しようとして頑張っている子を可哀相に思わない事、、かな。と。
犬は人の感情を読み取る事に長けていますので、、。
個体差もありますが「大丈夫かな、怖がってないかな」と心配してやるだけでも、それを察知してしまい、能力が発揮出来なくなる子だって居る、と思います。

カミナリに、自主的に薄暗い場所に逃げ込んでブルブル震えている子が居たら。。。
ワタクシは、それは一生懸命カミナリの怖さに「自力で」対処している姿だと思います。
可哀相、ではなく、、その子なりに頑張ってる姿、、と捉える。

そこで手を差し伸べると、その能力はどんどん失われて行く事になると思うのですよ。

手を差し伸べるとしたら、、直接その子に差し伸べるのではなく、、その子が頑張れる環境を、、。
そういう時、その子の最も安心出来る、最適な避難場所を確保してやる事かな、と思います。
といっても、ケージ等で充分でしょうけど。
、、例えばお気に入りの毛布を入れてやっておくとか、音に過敏にならないようにラジオをつけてやっておくとか、、。

それが構築出来れば、カミナリが近づき始めた時点で、先回りして"避難場所"に誘導してやる事も出来るようになる。
飼い主の言う通りにする事で、安心を得られるようになる、、のでは。
対処能力を育てるだけでなく、、信頼関係の構築に役立つと思いますね〜。

伊佐蔵は怪我をして痛い時や、恋煩いでお腹の調子が悪い時、ひとりになりたがります。
端から見ると、ホントにションボリと力無くなり、、、駆け寄ってもうギュっと抱きしめてやりたい程の風情。
が、彼には、そんなワタクシを絶対察知させないようにしています。
「ん〜痛いんか、そうかそうか、ワハハハ。大した事ないやんけ!」です。

そして先回りして「ワタクシの部屋で寝てなさい」と言ってやるようにしています。
彼が最も安心してひとりで居られる場所だからです。
すると、、素直に二階に上がって行くんですよね。
、、、あとは放っておいてます。ひとりで対処してるんですから、邪魔しない。
たまには別の場所でひとりになってる時もありますが、それはそれで好きにさせてますよ。

で、ある程度体調が良くなったら、自主的に降りて来てケロッとして「お腹が減った〜」なんて言い出すんですワ(^^)


b0057675_1312374.jpgそれとは違って、ニンゲン等に頼って来る子も居るかと思います。

、、、珊瑚はたまにそういう事をします。
台風の時のような強風の音が苦手なのですが、、自主的に"避難所"に避難する時もあれば、、自主的にワタクシや平蔵のそばに寄り添う事もあるんですワ。

で、平蔵もワタクシもどうしてるかというと、、これも好きにさせてますよ(≧▽≦)
、、ワタクシは勝手にTV見て大笑いしてたりするだけです、ハハハハ。

でも、珊瑚は、そんな平然とした平蔵やワタクシを見て、安心するんですよね。
それが珊瑚の自力なんだと思います。

ここで「珊瑚怖いの?可哀相に、、」と思ったり、声をかけたりすると、、。
珊瑚はかえって安心出来なくなるんですワ。


ん〜、例えば急病で自分が突然入院してみたとします。
自分はとても精神的に不安な状態です。
そんな時、ガラスの向こうに家族が居たとして、、、。
相互間ではハナシをする事が出来ません。相手の態度や表情を見られるだけ。

●同情するような表情でこっちを見ている家族達。
●普段と同じ表情でこっちを見ている家族達。

どっちを見たら、自分の不安感が消えるでしょうね?
家族の同情する表情を見たら、、自分の病気はひどいんじゃないかと勝手に心配したりしますよね。
でも平然としてる家族の表情を見たら、、あ、大した事無いのかな?と勝手に考えてしまうのでは。

犬と人の関係も似たようなものだと思いますよ。
彼らとはほとんどハナシをする事が出来ませんよね。
ある程度通じたとしても、、結局ほとんどチビズは「ワタクシの態度や表情を見て」それを判断材料にするんですワ。

ワタクシと暮らす以上、チビズには"可哀相な犬"になって欲しくありませんので、、。
そうならないよう、頑張る日々ですよ。
いつもいつも平然とするのはちょっと大変かもしれませんけども、、。
まあ、、ハッタリでいいと思うんです(≧▽≦)、、彼らに察知されなければ!!

そして、当然、彼らにも頑張ってもらいます。

、、当記事に書いた人間的「可哀相」は、どれも角度が違うハナシではありますが、、ワタクシは、根本はひとつだと思います。
犬はたいていの人が思うより、強いイキモノなんですよね。
その中に流れるのは、本来は、気高いケモノの血、、それが小さなチワワだったとしてもです。

その血を大事にしたい、、、まあ、ワタクシ的ではありますが、、そういう考え方、なんですよね。

b0057675_13121667.jpg

by koryu_misumi | 2010-06-29 13:31 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(14)

梅雨ですからね

b0057675_21361031.jpg

↑雨の日でもオンナノコ探しに余念のない平蔵

福岡、雨ばっかしです。

、、、まあ梅雨ですからね(≧▽≦)

雨の中では、チビズの写真なんぞろくに撮れないし、、家の中で撮影しようにも薄暗いしで、、。
なかなかこれぞという写真をお見せ出来ないですワ〜。

その他に、使えるネタとしては、、。
平蔵スメルの強さが激増したので、、明日も雨の予報に関わらず、彼を洗おうかなと決意しているくらいでしょうかね!?ワハハハ!!
珊瑚と伊佐蔵はゴシゴシ拭き上げれば、そんなに匂わないんですけどね〜。

b0057675_21361786.jpg

↑雨の中でもバッタを捕まえてビチャビチャ腹這いになる伊佐蔵

ここ数日ちょと放置してたのは、、ホントは放置してたのではアリマセン。
前々回の記事の終わりにチラリと書いた、、「犬にニンゲンの心理を無意識に当てはめるおかげで、意図的ではないにしろ、逆に犬が可哀相な状態に陥っている事は多いと思う」というハナシをですね、、。

例えばカミナリを非常に怖がる子を例に、もうちょっと書いてみようと思ったら、、。
どんどん文章が長くなり過ぎてしまって、結局ボツにする、という事を2回くらい繰り返しちゃったんですよね、ワハハハ。

突っ込んで書くと、我が家のしつけの基本みたいなトコまで行ってしまうし。。
サワリの部分だけ書こうと思ったら、内容が物足りなさすぎで、、。
なかなか難しい、、、。

b0057675_21362081.jpg

↑雨の日だととてもオネム。あまり遊びに誘ってくれない珊瑚

それにしても、雨の日のチビズは良く寝ますワ〜。
犬ッて、ひょっとして低血圧生物なんだろうか?なんて思ったりして。ワハハハ。



※前回の記事にて、平蔵誕生記念日クイズイベント実施中です〜。
皆様ふるってご参加くださいませ(≧▽≦)


解答は当日のコメント欄をご利用くださいませ。
コメント書き込めない方は、本館からメールを出して下さいませ〜。


、、、既に参加頂いている皆様の答えを見ては、思わずニンマリしてしまうワタクシですよ〜(≧▽≦)
by koryu_misumi | 2010-06-26 22:03 | Comments(6)

平蔵誕生記念イベントのお知らせ〜!

b0057675_1116185.jpg
おかげ様をもちまして、、先日平蔵は10歳の誕生記念日を迎える事が出来ました〜!
シバツレをご覧の皆様の、平蔵への愛のおかげでございます(≧▽≦)/

、、、今、、引きました?

トップの写真はつい最近の平蔵御大。
昨年の結石〜膀胱炎事件のおかげで、膀胱のゴムパッキンがゆるんでしまった彼。
年齢的に、完全に元通りには戻らないかも、、とセンセイからも言われておりましたが、、やはり、最長8時間以上の貯蓄は難しい膀胱になってしまったようです。

というわけで、とうとう今年から夜間のみオムツを利用する事にしましたよ〜。
あ、御心配なく、お漏らしをする事は滅多にありません。
せいぜい3~4ヶ月に一度、有るか無いか、、という頻度です。

、、朝、起き抜けの寝とぼけている時が一番危ないんだな〜(≧▽≦)
起きて、立ち上がって、、ブルブルっと全身身震いして、「あ"」ってトコですね、ワハハハ。

彼には、お漏らしした事を気に病んで欲しくない。
だからオムツにしてしまった時は「ヨシヨシ、エラいなあ」と褒めるようにしています。
無理して我慢して欲しくもないですからね〜。。

そんな平蔵ですが、、最近少し落ち着きを無くして来ました。
ん〜正確には「せっかちになった」って感じかな。
外ではコレまでと変わらない落ち着きぶりなんですが、、家の中では少々せっかちが出ます。
これは結石&膀胱炎の余韻による心理的影響と、、若干、老化現象の一つでしょうね〜。
「マテ」が長続きしなくなったりしてますが、子犬に戻っているようで、それはそれで可愛い。

時々、街で、ジジババがちょっとした事を待てずに、店員さん等を急かしている光景を見る事がありますが、、アレと一緒ですワ。
バスが動いている最中に運転手さんに、「両替して両替、早く」とか(≧▽≦)
そういう老人を見かけたときは、温かく見守りましょう。



さて、ハナシは変わりまして(≧▽≦)/
当日の彼ですよ〜。
シバツレのファンで居てくれている、なりさんちから、キッチンドッグさんのケーキが届きました!!!
チビズはここのケーキが大好きなんですよね〜。
もうすっかりニホヒを憶えていますので「あっ!いつもの、アレだね!?」と大興奮(≧▽≦)

例によって、宣伝してしまいますが、、。
ここの品は、ニンゲン用の食材と同じものを使ってあるので、とても安心&安全なのですよ。
というわけで、ニンゲンが食べても全く問題ありません。
ワタクシもいつもお相伴に預かっている、、という訳です、、ワハハハ!!!

なりさん、ごまちゃん、いつも有り難うございます!!平蔵の食べっぷりをご覧くださいませ〜!

b0057675_11413171.jpg


b0057675_11415196.jpg


b0057675_11421219.jpg


b0057675_11423111.jpg


b0057675_11424680.jpg


b0057675_1143818.jpg


b0057675_11432589.jpg


b0057675_11434081.jpg


b0057675_1144547.jpg


b0057675_11441951.jpg



いや〜〜。。。可愛いのう!!!!

それでは!
お待たせしました、「平蔵誕生記念日、クイズイベント」です〜〜!!

このクイズ、形式はカンタン!!!
平蔵の4つの短いムービーをUPします。
それをご覧になった上で、、、。

「彼が何を食べているか」を当てるだけ!!です〜(≧▽≦)

b0057675_11593499.jpg平蔵の一口目

b0057675_1202331.jpg平蔵の二口目

b0057675_1204487.jpg平蔵の三口目

b0057675_121423.jpg平蔵の四口目


全てサイコロ状に切って与えております。
勿論、全てワンコに食べさせても大丈夫なモノです。
彼の食べっぷり、その音、あげているモノの色を良く見て、当ててみて下さいませ〜。

答えは当記事のコメント欄にハンドルネームの後に順番に並べてご記入くださいませ(≧▽≦)/

締め切りは一週間後、6/28の夜00:00迄とさせて頂きます〜。
皆様ふるってご参加くださいませ(≧▽≦)
プレゼントには、地元福岡産の、無添加のワンコ用「馬肉」!!ワハハハ。(←ニンゲン用と同じ基準クリア)

勿論、ワンコさんにアレルギーがある場合や、ご家庭の方針で馬はダメという方には、別途プレゼントを用意したいと思いますので、、馬を気になさらずに参加して下さいね〜!!
by koryu_misumi | 2010-06-22 11:50 | Comments(26)

可哀相なんかじゃない

b0057675_21161685.jpg
タイトルを見て「何が起きたんだろう〜!?」と思われた方も多いのでは。
ご心配なく、全然大した事じゃアリマセン(≧▽≦)

、、、いや、大した事、、になるのかな?ワハハハ!!!

b0057675_21164888.jpgこのセリフ、ワタクシがよくワンコオーナーさん相手に言ってるセリフなんですワ、、。
言い回しは色々ありますけどね。。
、、、今、、「あ、●年前に言われたゾ」ってアナタ、、見てますか〜?(≧▽≦)

キツい(つもりの)言い回しになると「可哀相と思ったらオシマイですよ」ってのがアリマス。
わあ、我ながらなんかイヤだなあ〜、、。

ますます「どんな大した事が!?」と思いましたね〜!?
これ、、つい先日会った、ジロウのオジサンに言ったセリフなんです。

、、、実はオジサン、我々と会う度にジロウの体型の事を気にしてらっしゃるんですワ。

b0057675_21172396.jpg我が家のチビズは、ワタクシの暇にあかして勿体ない時間を裂いてタップリ散歩もしていますし、、。
食事も時々手を抜く事はあっても(≧▽≦;;)、まあそこそこ管理しておりますので、、。

ワタクシが言うのもなんですが、全員、理想的な体型を維持していると思います。
↑身内なので正常な判断が出来ているかどうか自信はありませんが!!(≧▽≦)/
、、これは、まあ、ワタクシがそうしたいから、してるだけなんですけどね。

それをどうしてもジロウと比較してしまうんですよね。オジサン。

ワタクシは、、ジロウは普通の家庭犬なので、健康に問題無い程度であればそれで充分だと思ってます。
以前、成長が一段落ついたジロウの為に、ゴハンの量の調節を進言したハナシは書きましたが、、。
それにしたって、鬼教官みたいに厳しい事は言ってません。

b0057675_21214630.jpgだから、我が家のチビズと比べたら、ちょっとくらいジロウがボヨンとしてたって良いんですよ。
これから展覧会に出る訳でもないし、体型維持が影響するようなスポーツをしている訳でもない。
ジロウの家庭が、特に問題も無く穏やかでシアワセな暮らしが出来てればそれで充分だと思うからです。

それも何度もオジサンに言って聞かせてるのに、、やっぱり気にしちゃうんだなオジサン(≧▽≦)
「そんな体型になってほしいなあ」と平蔵を見ておっしゃる。

、、、ひょっとしてオジサン、、負けん気が強いのかな?

「オヤツは随分減らしたんだよ。こんな、、1センチくらいのオヤツをチョコチョコっとしかあげてないんだよ。、、でも、ゴハンまで減らすのは可哀相だもんなあ」

オジサンは、格好よいスタイルになって欲しい気持ちと、可愛いジロウのゴハンを減らすツライ気持ちとの板挟みになっているらしい、、。

「ゴハンを減らされたジロウの気持ちを思うと、、ね」と。

b0057675_21224710.jpgワタクシ、思わず苦笑してしまいました。
これって、ニンゲンならではの考え方だと思うんですよね〜。
その、オジサンの考える「ジロウの気持ち」は、ジロウがニンゲンだったらという仮定の上での想像に過ぎないんです。

、、しかし、ジロウはニンゲンではアリマセン。

前にも同じ内容のハナシを書きましたが、、(≧▽≦)
、、また同じハナシを、、今度はもうちょっとツッコんでオジサンにしてみましたよ。

ん〜とですね、、犬ッて、お腹いっぱいにしようと思ったら、4〜5日分は食べないと「お腹いっぱい」にならないんですよ〜。
でも、毎日毎日4〜5日分を食べさせるわけにはいかないですよね?

b0057675_2126731.jpgもし、タッップリ食べさせてお腹いっぱい満足させたいんだったら、、4〜5日に一度タップリのゴハンを与える、、という飼い方じゃないと。
勿論、与えたらその後の4〜5日は水しかあげられませんよ〜〜。
、、でもそんな飼い方は、、とても出来ないでしょ?


ウンとうなずくオジサン。

だとしたら、毎日「お腹いっぱいの1/4(1/5)」を食べさせるしか無いんです。
犬には、常にお腹いっぱいになれない状態で一生を送らせるしかないんです。

、、、だからゴハンやオヤツがちょっと増えた、減った程度は、、ニンゲンが思う程、犬には大した差では無いんですよ。


オジサン、うなずきながらも、やっぱり気持ち的に納得出来ないようです。
、、そりゃ〜ね、ワタクシもニンゲンですから(ここでツッコまない!)、その気持ち、凄く良くわかりますワ、、。
あの「くれくれ光線」を発射する時のチビズの目の輝きときたら、、そらもうメロメロですもんね(≧▽≦)

しかし、冷酷にもワタクシは、更にオジサンに「追い打ち」をかけてみました。

b0057675_21313140.jpg、、オオカミの群、ありますよね?
あれって、群が獲物を捕らえたとしても、それが足りない場合には、下っ端のオオカミ達はゴハンにありつけない事もあるんですよ。
でも、一概に可哀相ってワケじゃないんです。

下っ端オオカミにとって、一番可哀相なツライ事は「群を追放される事」なんですよ。
ゴハンが食べられなくても、群と一緒にいる方がずっとシアワセなんです。
その子は、それで、納得してるんですよ。

元々、オオカミの群全体だって、いつも何かを食べられるわけじゃないんですよね〜。
たいていはいつも飢えた状態なんです。
彼らにとっては「飢え」はニンゲンが思うよりずっと、身近な事なんですよ。

犬とオオカミって、そんな大差無いイキモノなんですから、犬も似たようなもんだと思ってみて下さいよ。
毎日でもゴハンが食べられるなんて、けっこうシアワセな事なんです。
ゴハンをチョコッと減らされても、ジロウはちっとも可哀相なんかじゃないんですよ、、。


b0057675_21334771.jpgオジサン、自分がジロウに対してかけている同情心が、、実はあまり意味の無い事らしい、、という事をビミョ〜〜〜に納得してくれたようでした。。。

犬のシアワセは、食べる事だけじゃないんですもんね。
充分シアワセそうなジロウ。
「ゴハンをちょっと減らす」、、、たったそれだけの事が、どれだけ彼を不幸にするでしょう?

でもね。
オジサンには無理して欲しくないんです。
出来る範囲で出来る事をして欲しい。

人が必要の無い無理をすると、ワンコ暮らしのどこかに歪みが出てしまうと思います。
オジサンはしっかりした方だから、多分大丈夫と思いますけども。。
ワタクシには、マッチョなジロウになってもらう事を、諦めてもらった方が有り難い。

、、もし理想的なマッチョ体型にしようと思ったら、ゴハンの事だけじゃなく、ジロウの運動量はきっと足りないはず。
でもジロウには運動が全然足りてないって訳じゃない、充分健康を保ってるレベルなんです。
今よりもっと運動量を増やそうと思ったら、、それこそプロ並みの散歩(散走)をさせなくてはならないでしょう、、それは高い確率で、オジサンやオバサンには重荷になる。

、、ジロウ一家は、無理しなくても、今の状態で充分シアワセそうなんですもんね。

b0057675_21355524.jpg勿論、その事もよ〜く言い伝えましたよ、ワハハハ。
ジロウはこのままで充分じゃないですか〜って。

てか、、考えたら、、オジサン、欲張りなのかもな〜(≧▽≦)

こういう、犬にニンゲンの心理を無意識に当てはめて、、犬の事を可哀相に思ってしまう、、という、コレ。
これのおかげで、意図的ではないにしろ、逆に犬が可哀相な状態に陥っている事は多いと思うんですよね、、。
、、カミナリ恐怖パニックとか、、、。
ジロウの家は特に問題は無い方だと思いますけどね。

いや、"コレ"を書くと、、例によってチョ〜長くなりますのでヤメておきます、、(≧▽≦)!!!
by koryu_misumi | 2010-06-19 21:52 | 犬道!!番外編-長文 | Comments(14)

もう梅雨明けかい!?

b0057675_11285668.jpg
なんか、、今日のフクオカすっごいお天気なんですが。
、、まさか、、もう梅雨明け、、、?


さて、ハナシは変わって、今度の20日で平蔵は10歳になります。

わ〜なんかウソのようですよ。もう10歳!?

、、、え?ワタクシ??
いえ、ワタクシはハタチからはトシ取らない事にしてるんです、ハイ。

、、、、、、。

と言うジョーダンは、そろそろ通じなくなって来た、、ってのがホントのワタクシの年齢です。。。
一緒にトシ取ってるのは確かです。ハイ。

、、勿論、散歩コースの平蔵のお友達ワンコ達も、、一緒にトシ取って行ってます。

b0057675_11381567.jpg悲しい事に、平蔵の先輩ワンコの中には、もう逝ってしまった子も居ます。
ヨボヨボになっても、、やっぱり平蔵に喝を入れてくれてたオジイちゃんワンコとか、、。
珊瑚がジロウを叱るように「ウルサイ坊主だね!」と言いながらも相手をしてくれてたオバアちゃんワンコとか。。

その中でも一番の先輩ワンコはアフガンハウンドのサンデーアニキ。
つい先日、久しぶりに散歩コースで会いました。

彼とは、平蔵が子犬の頃からの付き合いなのですが、、。
未去勢のオスイヌで、仲良くつきあえる子はほとんど居ない、というサンデーが何故か平蔵はとても可愛がってくれるんですよね。

犬を相手に、まるでジロウが伊佐蔵に甘えるように、おしりプリプリ、耳ペコペコで挨拶する平蔵の姿を見る事が出来るのは、唯一、、、。
、、このサンデーを前にした時だけなのです。

b0057675_11463632.jpg実を言うと、サンデーアニキ、もう随分衰えを見せるようになって来ました。。

平蔵とは3歳違いの13歳なのですが、、もう散歩に出る際には、車で特定の場所まで連れて行って、近辺をトコトコと歩き回る程度の「散歩」なのですよ。

散歩が終った後は、駐車場の涼しい場所でひと休みする彼。
、、その前を通る時に声をかけたら、以前はいつも「よう!」という感じでコチラを見ててくれていたのですが、最近は疲れて寝入ってしまっていて、我々が通るのにも気付かない事もあり。

サンデー、長生きしてくれよぅ。


b0057675_1253669.jpg、、彼にはオモシロいクセがありまして。

それは、彼がとても嬉しい時の「甘噛み」なんですが、、、。
それがちょっと腕や手をカプリ、とやるような可愛いモンじゃないんですワ。
ガップリ大口開けての甘噛みなんです、ワハハハ。

ワタクシ、以前、まるで「ワニに食べられる人」のように、顔面をサンデーの口の中に入れてもらった事がアリ。
初めて体験した時はビックリしましたよ〜(≧▽≦)/

元々、滅多にする甘噛みではなくて、よっぽど嬉しい時だけするものだそうで。
また、普段、他人に対してする事では無いらしいので、、、まさかワタクシ相手にその甘噛みをするとは思いもよらなかったママさん。
、、その時は慌てて謝ってくれたんですが。
既に人に怪我を負わせるような子では無い、という事が良く判っておりましたので、、、もうサンデーの目の前で大笑いしてしまった記憶があります。

、、それだけサンデーが心を開いてくれた出来事だったんだろうなあと思いますワ。

b0057675_1291640.jpg自然の摂理とは言え、だんだん、平蔵の先輩が減って行くのは悲しいですね。
でも、その分、、後輩が増えて来ましたワ。

初めて平蔵と散歩を始めた頃は、まっとうな犬のおつきあいが出来るワンコは少なかったんですよ〜。
だいたい、頭数自体が少なかったですけどね。
他犬と見ればガウルような子が多かったのは確かです。
その頃はまだホームページも作ってなかったなあ。。

今では、随分様変わりしました、この辺りも。

さて、平蔵の誕生日イベント、、何しようかなあ〜。
ボンヤリ悩み中です(≧▽≦;;)
by koryu_misumi | 2010-06-16 12:22 | Comments(18)

ジロウ君、そろそろ1歳

b0057675_12251075.jpg
最近のジロウです。
もうそろそろ1歳になります。
後、一週間もすれば10歳になる平蔵と誕生日が近いんだなあ〜。
9歳違いという事ですね。

初めて散歩コースで触れ合った頃には、平蔵と珊瑚が大好きでパチパチとジロウパンチを繰り出して甘えてましたが、、。
最近遊べるのは伊佐蔵だけになってきました。
当時、伊佐蔵のヤキモチを怖がっていたのが懐かしいですワ。。。
あ、今もまだ時々ヤキモチ焼かれてますけどね(≧▽≦;;)

別に平蔵と珊瑚がジロウを嫌ってるというワケではアリマセン。
ジロウの事をだんだん子供扱いしなくなってきた、、という事。
そして、ジロウがだんだんオトナになってきた、、という事です。

特に平蔵の前の最近のジロウは、もう〜かしこまってしまって、、可愛いったらアリマセン。

b0057675_12255173.jpgワタクシ達に気がつくと、その場にオスワリかフセをして我々が近づくのを待つジロウ。
平蔵が挨拶に行くと、まるで「気をつけ」をしているようにキチンとして、、、。
もう、絶対に眼を合わせようとしないんですね〜。

トップの写真を見ればお分かりのように、平蔵から顔を背けてます、ジロウ君。
これは、一見、怖がってるようにも見えますが、、相手に対するそれなりの礼儀なんですよね。
おしりを地面につけた座り具合を見れば、リラックスしているのが判って頂けるかと。
耳だって表情だって、ちっとも緊張してませんよね。
(スイマセン、ラクガキで汗とかドキドキなんて書いてますが(≧▽≦))
よく「犬の眼をジッと合わせるのは、良くない」とか「喧嘩を売っているようなもの」なんて言いますよね。
アレの逆です。

もうガタイは伊佐蔵並みにでかくて、体重だって平蔵よりずっと重いジロウの、、平蔵おじさんに対する気持ちの表れです。

この写真を撮っているワタクシのすぐ横に伊佐蔵が居ます。
平蔵とワタクシの間に伊佐蔵が居るんですが、そっちはヘラヘラしながら笑って見ます。


b0057675_1227463.jpg伊佐蔵へのジロウの挨拶は、とてもアクティブ。
地面に伏せるようにして、シッポはフリフリ、耳はペッコペコにして伊佐蔵の口元をペロペロしに行きます。
こちらも伊佐蔵に対する、逆らうつもりなんか無いという気持ちの表れ。
でも、伊佐蔵に対しては素直に甘えてるんですね〜。
ジロウにとっては、穏やかな平蔵おじさんより、、ちょっと怖い伊佐蔵の方がずっと身近な存在なんだと思いますワ。
そして挨拶が終ったら、ちょっとしたプロレスごっこの時間になる、、というワケです(^^)

ちなみに相手が珊瑚の時でも、同様にシッポフリフリ、耳ペコ、口元ペロペロで甘えに行きます。
珊瑚は、もう図体のデカいジロウの遊び相手はゴメンなので、、例の般若顔で「アガ〜〜」なんて低い声で「ウルサいわねえ」と意思表示してみせるんですが、、、。
これまたジロウには本気で言ってるんじゃない、という事が良く判っているようで(≧▽≦;;)

伊佐蔵への甘えとは違って、母犬に見せるような子犬の甘え方がチラホラ。。。
時々調子に乗って「ガウガウ!」なんて叱られてます。
でも「珊瑚オバちゃ〜ん!そんなん言わんで!!」と更に低姿勢に甘えてたりして。
昨日はプリプリしながら、珊瑚の耳をペロペロしてました、、。
ん〜八蔵とキャラがダブるゾ、ジロウ(≧▽≦)

b0057675_12294965.jpg平蔵は、別にジロウを痛い眼に合わせてなんかいませんよ。
これまで同様に穏やかに触れ合って、これまで同様に叱っているだけなのです。
、、ホントに「カッ!」と一声言って一度突くだけで、本気で噛みついたりしない。
その一瞬でジロウは「ゴメンナサイ!」という態度を示し、、。
その後は平蔵もジロウも、何事も無かったかのような風情です。

なんというか、、余韻が後々まで残らないという感じですね。
八蔵の子育て中にもそういうハナシを書いたかもしれません。
ワンコの「叱る」行為は、瞬殺。
相手に何かを考えさせる暇もアリマセン。
簡潔で無駄が無いんですワ。

ニンゲンが叱る時は、、なかなかそうも行きませんよね。
何しろフツウのニンゲンはスピードが遅いんですから、ワンコにしてみればスローモーションで叱られるようなもの。
その間ワンコには"何か"を考える「暇」が沢山あると思うんです。
わっ怒られるんだ!?とか、、色んな事を。
それでも通じてもらわないと。

b0057675_12313872.jpgワンコが言う事を聞かないから、、と叱る時に、カッとして感情的に叱るのは、、飼い主としての自尊心が傷つけられたからだと思います。
これは、言う事を聞かないワンコと同じ土俵に降りている事になるのでは、と思います。
、、、3〜4歳児レベルの土俵です。
これは「叱る」というより、「怒る」かなと思いますワ。

多分、向けられるその感情の恐ろしさを感じつつも。。
犬って、、自分と同じ格の人の言う事なんか聞きませんよね。

叱る時には「言う事を聞かないでいると、後々良い事がない。キチンと叱らねば」という目線で叱りたいものですね。

そこにあるのは、その子の将来に対して向ける愛情で、、。
そうすると、そうそう余韻が残るような叱り方にはならないし、感情的にならず淡々と出来るのではと思います。
幼児を育てる親のような、ずっと上から目線であって、、そういう違いもワンコはちゃんと感じる事ができるイキモノだと思いますよ。

勿論、そういうワタクシも、平蔵を見習いたいものです〜〜。←有言不実行
、、、ももも、勿論、、そんなしょっちゅう叱ったりしてませんよ(≧▽≦;;)
たま〜に喝入れるから、効くんですよね。


b0057675_12332875.jpgワンコの叱ったり、叱られたり、という関係は、こんな具合でオモシロいです。
お互いの信頼関係がある程度構築できていれば、、、叱る方も本気で攻撃的な事はしませんし、叱られる側も本気でやり返すような事はしません。
(ただしお互いの順位に変動がある場合は、気をつけないとですね)

ただ、社会化不足の子だと「叱られる事」がよく判ってない子も居ますので、、おつきあいを始める頃はその事に注意しながら仲良くなって行くようにしています。
また、自分がエライと勘違いしているワンコも、叱られる事を受け入れにくいと思いますワ。
それもやっぱり注意しながらおつきあいを始めるように心がけています。



b0057675_12352770.jpg散歩コースのM君も、、自分が一番エラいと思ってる子。
未去勢で、引っ張りまくり、ドデカイ図体で、伊佐蔵に対しては常にライバル目線で突っ込んで来るような子なんですが。
この子は、数年前、まだ若い頃に2回程、平蔵が叱った過去があります。
、、、最初に叱った時は、手厳しく叱られたので、キャンと言いましたっけ、、、。

その時、飼い主さんにはキチンと謝りましたが、、幸い、ご理解頂けたので、その後もM君とのお付き合いは続いてます。
おかげ様で(?)今でも平蔵との間に構築された関係は健在です。
平蔵の前では良い子ですし、、調子に乗って飛びついた時も、未だに「カッ」と言われて「ハイ!」って感じですね(^^;)

、、、ただ、M君は家で一番エライと思い込んでるようなので、、、。
M君にしてみたら、その場の順位は「ワタクシ」「平蔵」「M君」「M君の飼い主さん」という、、順位になってるんだろうなあと思いますワ、、ハハハ、、、。
(伊佐蔵にはM君の相手をさせておりません)


b0057675_12375798.jpgそうそう。
ハナシは替わって、ジロウのオジサンがオモシロい事を聞かせてくれました。

散歩コースではジロウにもお友達が増えているようでして、、延々とプロレスごっこができる相手もいるそうです。
当初オジサンは、かつての攻撃的な飼い犬を思い出して、犬友達を作る事に消極的だったのですが、、、。
「ジロウなら沢山お友達を作れますよ。機会があったらどんどん増やして行くといいですよ」と言っておいたのです。

そんな、、今では色んなお友達が居るジロウ。
そんなジロウが「こんな風に挨拶するのはお宅の犬達だけですよ。他の犬にはこんな風な挨拶しない」と言われたのです。

最初はどういう意味か判らなかったのですが。
良く聞くと、ジロウは他の友達ワンコに挨拶する時には、平蔵達に見せるような、尊敬や甘えのしぐさをしないんだそうです。
フツ〜に挨拶するんだそうです。

へえ、と笑ってしまいました。
ジロウにしてみたら、友達、というより、親や兄弟みたいな感じなんでしょうね、我が家のチビズは。
by koryu_misumi | 2010-06-14 12:41 | Comments(8)

わんムービー連発

ここ数日の、我が家の日常風景を連発してみます。
、、、あんまりイベント感無くてスイマセン(≧▽≦;;)


b0057675_104593.jpg「操られる珊瑚」
オヤツを持ったママン様に操られている珊瑚です。
、、、コブラを笛で操るインドの人みたいな、、、(^^;)
珊瑚の迷うオテテが可愛いっしょ!?


b0057675_1061483.jpg「後ろを歩く平蔵&伊佐蔵」
いや、、、別になんて事ない風景なんですが、、。
ウンチをもよおした時、サカってる時、、以外の「フツウの」時は、こんなに落ち着いて歩いてますオトコ組。
カメラを構えるワタクシに「何してんの〜?」とチラチラ目線くれてる、、。
可愛いのう!!

b0057675_1075811.jpg「ヘソ天珊瑚にニクジュウ」
これも、、別になんて事ない風景でスンマッセン。
ボンヤリヘソ天で寝ている珊瑚が、、ボ〜ッとワタクシを見ていたので、ニクジュウしてみました。
ニクジュウされて、なんとなくニンマリしてますね(≧▽≦)
by koryu_misumi | 2010-06-11 10:11 | わんムービー | Comments(6)

階段の上から

b0057675_13165019.jpg


b0057675_1317258.jpg



出かけようと準備をしている時に、ふと階段上を見上げたら、、、。

「ぼく、今日は置いて行かれるんだ、、」と、少し拗ねてるいっちゃんです。

「いっちゃん、もう暑いからしばらくドライブはお預けなんよ〜。オリコウにお留守番しとってな」とワタクシ。

こんな風に可愛く拗ねますが、聞き分けはいいです。ウヒ。←やっぱりオヤバカ大爆発

時々、ワンコ関連の本には「かまわないで出かけた方が、犬も落ち着いている」なんて書いてありますね。
、、でも我が家の場合は、チビズ全員にキチンと言いおいて出かけた方が落ち着いて待ってますよ〜。
by koryu_misumi | 2010-06-09 13:24 | わんショット | Comments(20)

眠いけどかまって欲しい珊瑚

b0057675_11394752.jpg


b0057675_1140074.jpg


b0057675_11401099.jpg


b0057675_11402073.jpg


b0057675_11403326.jpg


b0057675_11405165.jpg


b0057675_11413441.jpg



ラブリ〜(≧▽≦)

子犬の頃から、甘える時や遊ぶ時に見せる、この般若顔、、。
どうしてこう見飽きないんだか。

、、、オヤバカだからでしょうな、フハハハ!!
by koryu_misumi | 2010-06-06 11:47 | 柴と徒然フォトマンガ | Comments(14)

ちょっと前の病院の写真

b0057675_1445278.jpg

ちょっと前のですが、可愛い写真がいくつかあるんですが、、。

、、、もういいや、テキトーに載せてしまえ〜!!

上の写真は、散歩中の平蔵(≧▽≦)/
地面をクンクンしてるトコを呼んだらこんな鼻面になってました。
可愛いのう!!!

b0057675_1461973.jpg

これはフィラリア血液検査に連れて行ったときの。。。
平蔵は勿論、珊瑚も今年からとうとう「初老」って言われる年になってきたので、、もう少し詳しい検査もしてもらいましたよ。

、、、、ん?平蔵はもう 「初」 は要らん、、、のか、、?

b0057675_14244541.jpg

この日、たまたま白柴と胡麻柴を連れた方がいらしてて、、。
平蔵と珊瑚がふたり仲良く椅子に座ってるのを見て「仲が良いのねえ!、、相性が良いんでしょ?」と言われました。

「いえ、相性は、、もの凄く良いってワケではないですよ。そこそこです」とワタクシ。

「でも、こんな仲良く座ってて、、。喧嘩しないの?」

「喧嘩、、する時はしますよ、ハハハ。まあ、そんなしょっちゅうはしませんけど」

すると、そちらの二匹は、とにかく一緒に出来ないらしく、、しかも喧嘩となったらもう、血みどろになるまでやっても止まらない程なんだとか。

「そんなにですか!?」とビックリのワタクシ。

「だから家の中をふたつに区切って暮らしてるの」

、、どっかで聞いたような暮らしぶりですが(≧▽≦;;)、、しかし、聞くとどちらもオンナノコなんですよね。
オンナノコ同士でそこまでってのは、、珍しいんじゃないのか〜?と思ったワタクシ。
未去勢のオトコノコ同士じゃあるまいし、、それに比べたらずっと相性が悪くてもお互いの距離感を保って暮らせると思うんだけど。。

b0057675_14262094.jpg

「、、、ひょっとして全く平等に扱ってらっしゃいます?」

「ええ、そりゃもう」

一応は、、序列をハッキリさせると、ふたりの関係も変わる可能性があるって事を説明してきましたよ〜。
、、でも多分、あの様子じゃ、そのままの暮らしを続行しそうな雰囲気でした(≧▽≦)
それ以外で別に困ってるって感じでもなかったし。

、、、それならそれで良いと思うんですよ。
人間家族もワンコもシアワセなら。

そこのワンコ達、どっちもフッカフカで落ち着いてダッコされてましたもんね。
ワンコ達もその暮らしぶりで満足してるんだと思いますワ。

b0057675_14283064.jpg


ちなみに全員フィラリアは陰性でした(^^)

平蔵はこの頃サカッてたので、また少し体重が減って、、。
コレステロール値が標準より下がってました〜、、やっぱり!!!
これからは痩せないように気をつけないと!!!

珊瑚は、、割と食後すぐだったので、そのせいで中性脂肪が多めに出ちゃいましたが、、これは食後2~3時間以内ならアリな反応だそうですので、とりあえず一安心。
コレステロールも標準内で健康体です。

皆元気で長生きしてもらわないとね〜!!
by koryu_misumi | 2010-06-04 14:39 | Comments(14)