柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(645)
(166)
(124)
(108)
(23)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ビックリな事

b0057675_23152131.jpg
今日はジロウ君とオジサンとオバサンが一緒の所に遭遇しました。
我が家の近所の貸し農園に皆で来られていたようです。

実は、以前ジロウ君とオジサンに会った時に「生後10ヶ月にもなりましたし、そろそろ食事管理をキチンとしないとイケマセンよ〜」というような事を伝えておいたんですね。
家庭犬なので、あんまり小難しい事は言ってません。

まずは可愛がってもらって、しっかり家族として定着してもらう事が先決ですもんね。
それに、成長期にヘタに制限するのは良くありませんし、、。
で、、骨格がほぼ出来上がるのがだいたい生後8ヶ月ですので、、その後の様子を見ていたのですよ。

b0057675_23155416.jpg勿論、ジロウ君ちはフードもキチンと測ってから与えてらっしゃいますが、フードに書いてある量はあくまで「目安」。
フードも色んな種類がありますので、どれを食べさせても同じゃないはずです。

それに、そのワンコの運動量、他に食べてるオヤツ、住環境等でも消費カロリーには違いが出るでしょうから、、。
ある程度固まるのを待って、現在のジロウ君を見て「もうちょっと増やした方がor減らした方が」と伝えようと思っていたのです。

子犬の成長ぶりを見慣れているニンゲンなら、その子の適正ゴハン量や運動量はだいたい判るものですが、普通に家庭犬として迎えた場合に「この量でいいのかな」という判断は、意外と難しいようですね。
ワンコの成長ぶりは個体差もありますからね〜。

b0057675_2316175.jpgまあ、一番判りやすいのは過去に何度も書いた事のある「ちょうどよい固さのウンチが出るゴハンの量」なんですけどね、、。
「ちょうどよい」ってのも、各家庭で微妙に感覚が違うでしょ。

で、ジロウ君、最近の聞き込みではオバサンのオヤツがちょっぴり多いかな?という感触でした(≧▽≦)
勿論、その事はオジサンに伝えておいたのですよ。
でも、オジサン経由で「オヤツを減らした方が」と聞いてから、ちゃんと減らしたそうな。
一日に与えるオヤツの量を"これまで"と決めてしまっているとの事。
、、それで「ジロウ君、ビミョーにスレンダーになってきた、、ゾ!?」という今日この頃だったのです。

今日はたまたまオバサンにも出会えて、、オバサンに納得行く説明をしておくのにちょうど良かったですワ。

b0057675_2318696.jpg「だってね、ジロウはホントに良い子なもんだからね、、」とオバサン。
そら〜もう、ワタクシもその事は充分わかっちょりますがな〜〜(≧▽≦)/
オヤツあげたくなるのだって、もんのすごく判ります〜。

そこで例え話を。
「オヤツ沢山あげるのは、ポテト●ップみたいなスナックばっかり食べさせて、子供や孫を太らせてしまうのと一緒なんですよ〜」と。

オバサン、ハタとしてらっしゃいましたよ。
「そうよね、それはいけないわ、、、」

このおふたりは、ホントの意味で「可愛がる」って事をちゃんと判ってらっしゃいますワ〜。
そりゃあね、こうやってチョコッと軌道修正しなくちゃいけない事だってあるんですよ。
でもそれは、ただ単に知らないから、ってだけ。
ジロウ君の事をちゃんと愛してくれてるから、、こうしてワタクシなんぞが言う事を聞いて理解してくれます。

ほぼ同じ年齢の飼い主さんでも、車椅子になって早死にしたK君のオジサンみたいな人も居るかと思えばねえ、、、。
あの時はワタクシの非力さを痛感しました、、。

b0057675_23192634.jpgそうそう、この遭遇時にワタクシが連れていたのはオトコ組なんですが。

なんと、オバサン。
初めてワンコ同士の遊ぶ姿をご覧になったらしい(≧▽≦)

「ほら、遊んでもらいなさい」とオジサンがジロウ君に言い、ワタクシが「伊佐蔵、ジロウと遊ぼうか!」とワタクシが言って、、。
よっしゃ〜!!と赤柴ズがプロレスごっこを始めたんですが、、。

「ジロウ、ダメよ、そんな叩いたりしちゃ!!」と慌ててオバサンが、、、!!!???

「いいとよ、これ、遊びようとよ」とオジサン。
(いいんだよ、これ、遊んでるんだよ)

「ええ?あら〜!ジロウ、噛みついたりしたらダメよ!」
「ジロウ、そんな飛びついたりして!痛い事しちゃダメよ!」

b0057675_23201448.jpgその度に笑いながら説明するワタクシ。
「大丈夫です、ホントに痛く噛んだりしたら、伊佐蔵の方がお兄ちゃんだからちゃんと叱りますよ。上手にチカラ加減を抜いて遊んでるんですから〜」

「でも怒らせたら大変でしょ!?」

「大丈夫です、伊佐蔵はジロウ君の事、凄く可愛がってますから、叱る事はあっても本気で攻撃するような事はありませんよ」

「ジロウ!そんなに大きな口開けて歯を剥き出しにして!ゴメンナサイね〜!!」と伊佐蔵にまで謝るオバサン、、。

「大丈夫です、こんな風に口の中を見せあうのは、無防備な場所を見せあうって事なので、それなりに心を許してるって証拠なんですよ〜」

オバサン、ホントに?ホントに!?って表情なんですよ〜。
も〜、、申し訳ないけど、ホントに可愛くって(≧▽≦)
何回「大丈夫ですよ」って言った事か、、ワハハハ!!

b0057675_23205575.jpgでも、、そういえば、オジサンも、、チビズとジロウ君が触れ合いを始めた当初はリードをキッチキチにしてましたもんね〜。
以前居た子は庭でも散歩コースでも、相当のガウガウッ子だったようで、、。

なにしろジロウを迎える前「近所に迷惑のかからない子」と希望されてたくらいですもんね。
きっとお友達ワンコも居なかったんでしょう、、。
ジロウ君を迎える10年くらい前に逝ってしまったそうですが。

それを思うと、なんか切なくなってしまいますよ。
こんな風な「ワンコとの暮らし」を、、おふたりとも、これまで経験されてきてなかったんだなあ、、。

これからは沢山一緒に楽しんで下さいね、、。

遊び疲れたジロウ君と、まだまだ大丈夫そうな伊佐蔵はホントに楽しそうな顔してましたよ。
「ホラ、ホントに楽しそうな表情してるでしょう」とワタクシ。
「ホントね、ホントね〜!眼がキラキラしてるわ、良い笑顔ねえ〜」

b0057675_232326.jpgオバサンは、ジロウ君の遊び相手をした伊佐蔵もすっかり気に入ってくれたようです。
実は伊佐蔵は初対面だったんですが、、(≧▽≦)
初対面の人には警戒する彼が、最初から嬉しそうにご挨拶してましたよ。
ちゃんと「ジロウ君のおか〜ちゃんですね」と判ってましたワ。
珍しくもオバサンに「沢山撫でて」もらって、ご満悦でした。

平蔵は、そんなふたりが遊んでいる間は、、そばに立って辺りのチェックです。
こういう時、無防備になっているふたりを守っているつもりなんですね〜。
そんな平蔵も「落ち着いてて素敵だわ〜」って、褒めてもらいましたよ、ハハハ。


それにしても、、今日はオバサンにとってカルチャーショックの日だったんじゃないかなあ。
ワタクシもビックリです。
自分の目の前に「ワンコ同士が遊ぶ様子を見た事が無かった人」が居たとはね〜!

※ジロウ君のオバサンへの説明が忙しくて、、その時の写真撮ってませんでした〜ワハハハ!!!
b0057675_23215582.jpg

by koryu_misumi | 2010-04-29 23:24 | Comments(4)

カオスないっちゃん

b0057675_9414438.jpg
伊佐蔵坊ちゃん、少々前に"またしても"ママン様にドライブ連れてってもらってました。
もうすっかりドライブ大好きっ子になっているようです。
しかし、これから季節的にも日差しが強くなり、車で留守番させる事が難しくなっていく事を考えると、、今年のママン様との「ふたりドライブ」はしばらくお預けになりそうだな〜。

b0057675_9451053.jpgトップの写真は、例によってママン様が車に戻って来た時の伊佐蔵の様子。
既にベロがはみ出して「ご褒美オヤツ受け入れ体勢」に入っている模様です。

でもその前に、荷物を後部座席に積み込むママン様。
そんなママン様の様子を覗き込むいっちゃん(右の写真)、可愛いのう!

そうは言っても、こんな時でもホントに落ち着いた風情。
珊瑚だったら大喜びしちゃって、ドライブボックスから出て来ようとしますからね〜。

b0057675_9485765.jpg


b0057675_949123.jpg


b0057675_9492524.jpg


b0057675_9493820.jpg


いっちゃん、ホントに良い子やな〜。
ママン様がこんなニクジュウ、、い、いえ、食べ物目の前で食べてるのに、ちゃんと自分の順番を待ってるんですもんね。

伊佐蔵ってば、人間家族に対して、負の意識を持った事があるんだろうか、、。

こんなオリコウさんなんですが。。
相変わらずコレです。
b0057675_954208.jpg

※ミクスイ〜のラクガキ日記より
こんな事をしでかしてくれると、彼がただ従順なワンコってだけではない事を思い出します。

ワタクシは毎日屋上のチェックをするのですが(伊佐蔵のトイレ後の掃除とか、寝転がってる伊佐蔵にニクジュウするため)、必ず異物が飛んで来てないかという事もチェックします。

で、、、。
、、、、屋上にコロンと転がってる訳ですよ、哀れなスズメちゃんが。
大喜びで「褒めて!!」って言って来るので、、、ええ、まあ一応褒めてあげます、、凄いねえって、、。

その度にいつも「食べる事を教えてなくて良かった、、」と安堵(!?)するワタクシ。
我が家の庭には、いったい何羽のスズメちゃんが埋まっている事でしょう。
カラスも何度かヤヴァイ所をワタクシが見つけた事もありますしね、、。
↑ワタクシが見つけてなかったら多分犠牲に、、。

伊佐蔵はホントに面白い子ですワ。
もの凄くニンゲン寄りなワンコな所も持つかと思ったら、全く自然に野性寄りな姿も見せてくれます。

こないだ、彼を狂犬病予防注射に連れて行ったんですが、、。
普段なら、全く平静で居られるのに、その日は病院の駐車場で「クンクン、、」と匂いを嗅いだと思ったら、急に不安そうにし始めたのです。

これは、、病院に行く際に、ごくたまに見られる現象なのです、、。
ワタクシの推測なんですが、、どうも病院の患畜の死に面した匂い、もしくは死の匂いを感じ取った時に、こうなるんじゃないかなあと、、。

b0057675_10104227.jpg

そんでまあ、妙に緊張しているために、受け付けの他のワンコに迷惑かけるかもしれない事を考えまして、、、。
彼をダッコして病院に入ったんですよ。
すると、彼的にはダッコされる事でなにやら安心感を得られているようでした。

まあ、そんな不安そうな伊佐蔵がデッカい図体でおとなしくダッコされてる様子は、他のオーナーさん達の目にエラく可愛く写ったようで、ハハハハ。

スズメを狩ったり、、イタチやアナグマを追おうとしたり、、はたまた自分より巨大なワンコが喧嘩売って来るのを買おうとしたり、、するかと思ったら。
こんな可愛くワタクシを頼ったり甘えたり。

平蔵は直接売られた喧嘩は受けるタイプですが、こんな風にワタクシに甘える事はしません。
「早く帰ろうよ」とは言いますが、ワタクシにダッコしてもらう、、なんてところまで頼らないんです。

珊瑚は元々、自分が非力な事を判っているので、喧嘩は買いません。
でも、その分ワタクシの事をとても頼ってくれます。

平蔵プラス珊瑚、、割る2、、、×野生の二乗。

そんな感じなのかな〜、いっちゃんてば(≧▽≦)
by koryu_misumi | 2010-04-26 10:24 | Comments(14)

狂犬病予防注射票&シール

b0057675_10443193.jpg
これは前回書いた記事の時のご夫婦(≧▽≦)

今日は福岡県福岡市の狂犬病予防注射票とシールをご紹介〜。
b0057675_10453215.jpg


福岡市のシールはこんな風にワンコのイラストが入ってます。
これが年ごとに犬種が入れ替わるんですよ〜。
なかなか面白いでしょ。

リフォームする前には歴年のシールが山のようにはってあった我が家の玄関だったんですが、、ワハハハ。
リフォームの際に綺麗に剥がしたので、また3年前から蓄積中です(≧▽≦)

今年から注射票が小さくなりました。
これまでは全国的に良く見るタイプのものだったのですが、、。

b0057675_10481252.jpg


こんな感じに変わりましたよ。

この写真じゃどれくらい小さいか、判りませんよね。

では、、、。

b0057675_1048444.jpg


ちっちゃ!!ワハハハ!!!
でも小さい方が、何かに引っかかって外れる率が下がりますね。


でも、、、、老眼にはキツい。。。
by koryu_misumi | 2010-04-23 10:50 | Comments(18)

ワクワクチン

b0057675_14462077.jpg
ワンコ界はこのところ、予防注射ネタで大にぎわいですね〜。
我が家もご夫婦で、、平蔵はワクチン、珊瑚は狂犬病の予防接種に行って来ました。

そういえば昨年も夫婦で連れて行ったっけなあ。
「夫婦で注射!」参照。可愛い写真がアリますぜ!!
このご夫婦、ふたりで連れて行くと割合と静かなんですが、、今日も「ふたりで一緒だと落ち着いてますね」とセンセイに言われました、ワハハハ。

昨年のその記事にも書きましたが、平蔵は珊瑚と一緒に居ると保護者モードに入ってしまうんですワ。
で、ひとりで行った時はピーピー甘え泣きするんですが、、珊瑚が一緒だと、珊瑚の手前、つい頑張ってしまう、、という(≧▽≦)

珊瑚はやっぱり平蔵にはずっと守って来てもらってますからね〜。
ワタクシとふたりだけより、平蔵が一緒に居る方がずっと安心感があるんでしょう。

しょっちゅう珊瑚のヤキモチとかセクハラ切れとかで平蔵は迷惑被ってたりするんですが。。。
やっぱりなんだかんだ言って、仲良しなんだなあ。


b0057675_14481630.jpgところで注射のハナシが出たので、ワクチンについて、ちと書いてみたいと思います。
今日は副作用のハナシじゃなくて、子犬の時期のワクチンのハナシ。
実は、もう随分前に、某子犬のオーナーさんと話した時の事を思い出しまして、、。


その子は生後約5ヶ月までワクチンを受けておりませんでした。
ただし、それ以外は健全な出生と子育て環境だったようで、健康面についてはノープロブレムな子。

その子が、、新しい家に迎えられ、病院に連れて行かれた際に「ワクチンを3回しますから」とセンセイに言われたのですね。

そのハナシを聞いたワタクシ、その時は気付かなかったのですが、後になって「ん?生後150日なのに、3回も射つ必要ないよ」と気付き。
その後お会いした時にその旨を伝えたのですが、、その時には既に3回終了した後だったのですよ、、。

ワタクシが3回も射つ必要ないと言ってるのは、、。
ワクチンは副作用が心配なので、出来れば何度も射たせたくないって事。
そして、、生後150日以降に3回も射つのは、あまり意味の無い事だからなんですね、、、。


b0057675_14511943.jpg子犬は新しい家に迎えられたら、ワクチンの抗体検査や注射を受けに行きますよね。
迎える前に1度目の接種は済んでいる子が多いと思います。
だいたい生後50日あたりに最初のワクチンを受ける子が多いですので、新しい家に来てから2度目のワクチン接種という子が多いんじゃないかな。
抗体検査を受けて、、抗体が出来てなかったら、2度目、、しかし、また出来てなかったら3度目。
そんなところでしょう。

この間、抗体が出来てないと、なかなか散歩に行けなかったりして、ヤキモキしますよね。
まだ社会化期中の子犬なら、、その子の社会化を発達させるためにも、早めにお友達と触れ合った方が良いに決まってますし。

しかし、こればっかりは子犬の身体に合わせるしかありません。
、、、子犬は母犬から病気に対する抗体を受け取りますが、、実は、これが子犬の中に残っている間はワクチンを受け付けない。
しかも、それは個体差があるんですよね。
だいたい、生後50日〜150日という、、、非常に幅があるそうで。

b0057675_1452378.jpg子犬の身体に残る母犬からの贈り物がいつ消えるのか、、?
消えた直後、その替わりにワクチンを投与すれば、その病気にかかる率はほとんどないでしょうから、その「時」が判れば言う事ありません。
しかも病気は一つではありません。どの病気への抗体がいつ消えるのか?
もうキリが無くなりますよね。

健全な母親から生まれた子であれば、それだけ健全でしょうから、おそらく、母親からもらった抗体が残る期間は長いのではないかと思います。
その間にいくらワクチンを射っても意味が無い。金の無駄使いです。

仮に、毎日のように抗体検査を受ける事ができれば、、、かなり精度も高まるでしょうから、言う事ありませんが、、。
そのために毎日血液をとられる子犬へのストレス。
おまけに検査費は安いものではありません。

、、、とすれば、150日待って、母親からもらった抗体が全部消えてしまってから射てば、ワクチンは一回で済むのでは?
ワクチンの副作用の事を考えても、回数は少ない方が良いに決まってる、、。
、、それはそれで非常に危険ですよね。
ひょっとしたら100日で抗体が消えていたかもしれない、ある病気に対して、子犬はそれから50日間完全に無防備な状態になる。

b0057675_14542643.jpgでは、50日目に抗体検査をして、どの病気の抗体が消えたか調べてからワクチンを打てば?
、、、抗体検査の結果が出るのにどれだけの日数がかかるかを考えると、、。
それを待っている間にも、ひょっとしたら子犬の身体からはどんどん抗体が消えて行ってるかもしれないのですよね。
とすると、検査結果が出た時点で、体内の状況と差が生まれるワケです。

というわけで、ニンゲンは、、子犬が最弱であるかもしれない事(母犬からの抗体が生後50日しか保たない)を前提に、お金の無駄遣いをするワケです。
ワクチンは全く効かないかもしれないけども、万が一かかってしまう可能性を考えると、、ね。

しかし、これは現在の日本の子犬状況を思うと、なかなかのジレンマではないかと思いますよ。

健全な子犬を迎える方が良いのは当たり前です。
しかし、そうなると母体からの抗体が元気に残り続け、なかなかワクチンを受け付けない。
もし社会化期中であれば、残った期間を社会化の発達の為に使えない。

早く抗体が消える子は、それだけ健康に不安がある子とも言えます。
しかし、それだと早い内にワクチンを射つ事ができる。
社会化期の終盤はなんとか社会化の発達のために使う事ができる。


b0057675_14562458.jpgしかし、、どっちも、どっち。
、、、やっぱり社会化期を充分過ごしてから迎えるのが子犬のためには理想的なんでしょうね。

社会化期を充分過ごして来た子は、その後少々の隔離期間があっても問題無いんですから。


おっと、ハナシがずれておりました。
そう、最初に書いたのは「3回ワクチンを射つ」と言われた子の事ですよ。
母体から受け継ぐ抗体は最長でも150日程までしか保たないと言われている。
でも、その子は既に生後150日、、。
ここまで読んでもらってれば、その子がもうすっかりワクチン受け付け体勢万全って事はお分かりですよね。

1回射てば、充分効くのでは。
念押ししても、せいぜい2回射てば。

獣医さんなら、判ってるだろうに、、?
、、、最近では生後40日でも既に母体からの抗体を失ってる、、という弱い子が増え続けているそうで、、ブリーディングの質がどこまで下がってるんだって思わずには居られない程なのに、、???

、、、となれば。
、、お金儲けしたかったのかな、このセンセイは、、。


その事を、、その子のオーナーさんに言おうかな、とも思いましたけど。
まあ、、もう過ぎてしまった事だし。
子犬の頃のワクチンのゴタゴタは、ワンコの一生の内の一度だけだし。。

、、、ま、、まあいいか(≧▽≦;;;)

b0057675_1563856.jpg

by koryu_misumi | 2010-04-21 15:06 | Comments(12)

オトコ組のわんショット

b0057675_21522375.jpg


ああ、可愛いヤツら。

こうやってみると、やっぱり平蔵がお父ちゃんだなあ。
いっちゃんオコチャマ(≧▽≦)


ワタクシを見ているオトコ組を、たまたまママン様が撮影してくれてたんですワ。
by koryu_misumi | 2010-04-19 21:54 | わんショット | Comments(8)

こっちもシアワセ

b0057675_2049106.jpg
最近、ジロウ君と時々会います。
我が家は気候に合わせて散歩の時刻を徐々に変えて行くんですが、、。
最近の「春時刻」で出かけると、、ちょうどジロウ君の散歩の時間帯とかぶって来るようになったのです。

双方ノンビリする余裕がある時は、伊佐蔵とのプロレスごっこに入るのがツネ。
まだや〜らかい動きで伊佐蔵に飛びつくジロウは、見てるだけでホントに可愛くてタマリマセン。
例によって、無駄な動きが多いため、あっという間にヘトヘトになってしまうんですけどね。

b0057675_20534754.jpgそんなジロウ君。
我々と道ばたで遭遇しないまでも、、遠くにその姿を見る事も多いんですが、、。

こないだは、自転車走で家庭菜園場までやってきている様子を、ママン様が遠くから見ていたら、、。
自転車を止めたオジサンにピョンピョン飛びついてじゃれついていたそうな。
オジサンは片手を差し出して、飛びつくジロウ君の相手をしながら歩いてたとか。。

そんな、仲睦まじいふたりの様子を遠くで眺めただけなのに、、。
ママン様はすんごくシアワセな気分になれたと言ってくれました。

そう、ワタクシもよく彼らの姿を同様に見る事があるんですが、、、。
オジサンが持ってる傘を「ボクに持たせて〜」っとジロウ君が言ってる姿とか。
トイレしているジロウ君にオジサンが話しかけてて、その言葉を聞きながら嬉しそうにオジサンを見上げてる姿とか。
はたまた、オジサンが某所の斜面に生えてる山草を採っている周りを、チョロチョロしながらお手伝い(?)している様子とか。

b0057675_2171293.jpgそんなふたりの姿を見るだけで、ホントにニンマリしてしまうんですよね。

ママン様とは毎日のようにジロウ君を見かけた話をし、「ジロウはホントに可愛がられてるよね〜」「素直で良い子だよね〜」と、これまた何度も同じセリフを繰り返してます。

ジロウ君をオジサンに託した際に、ワタクシがしつけとして伝えたのはほんのわずかな事だけ。

「マテだけは教えてやっておいて下さいね。これ一つ覚えておくだけで、沢山の事に応用できますから」

「名前はジロウ君にとって素敵な言葉でないとイケマセン。叱る時には絶対使わないでくださいね。その代わり、良い事の時には沢山呼んでやって下さいね」

「沢山可愛がってやって下さいね」

覚えているのは、その程度です。
時々はオジサンに尋ねられた事を教える事もありましたけどね。
、、オジサンは、マズルコントロールも知らないし、リーダーウォークなんて言葉も知りません。
犬と人との主従関係!?、、そんな事、考えた事なんかなさそう(≧▽≦)

b0057675_21235296.jpgそれでも、ジロウ君はリードを引っ張り過ぎる事も無いし、オジサンが「待ちなさい」なんて言ってると、我々が近づく間も伏せてじっと待ってます。

ホントは飛びつきたくてウズウズしてるのが判るくらいなのにね。
一体どこの躾教室に通ったの!?なんてツッコまれそうに良い子。

オジサンは、ワタクシに会う度に笑いながらこう言います。
「ホントにニンゲンの子供といっちょん変わらんね」
(ホントにニンゲンの子供と全然変わらないね)

それは、以前ワタクシが「ワンコはどんなに大人になっても、頭は3〜4歳児のままなんですよ」と言った事を覚えてらっしゃるからだと思うんですが、、。
オジサンにとっては、まさに孫の相手をしているような感じらしい。
おまけにちょっぴり昔気質なおかげで、かまい過ぎる(甘やかす)事もしてらっしゃらない様子。

b0057675_21413295.jpg、、、それが、自然にオジサンとジロウ君の関係を、理想的な状態に作り上げているように見えるんですよね。

オジサンは褒めるときも、遊び相手をするときも、、まさに「子供の相手をしているオトナ」状態なんだと思います。
きっと、ジロウ君を感情的に叱る事も無い。
ジロウ君は、そんなオジサンの手のひらに乗っかってる事を感じ取ってるんだと思います。

世の中には、、ワタクシ自身も含めて、、あんなに多くのワンコとオーナーさんが、、様々なトラブルや主従関係で悩んでいるというのに、、オジサンとジロウ君には、全く無縁の世界なんだなあ、、。

ワンコの専門的な知識なんかほとんど無さそうだって事は、既に知ってますが、、。
ワンコの本なんてのも見た事もないだろうに。
そんなもんなくたって、理想的な人とワンコの暮らしを作り上げる事は出来るんだよなあ。。

オジサンとジロウ君を見る度に、ワタクシはそんな事を考えてしまいます。
ワタクシは、、オジサンのようになるのはとても無理。
ついつい、甘やかしちゃったりなんかして、、、ワハハハ(≧▽≦;;;)
判ってるんだけどね、自分でも〜〜。
、、オジサンとジロウ君からは、これからも学ぶ事が沢山ありそうですワ。

b0057675_21491562.jpgホントにホントに、このふたりの仲人をして良かったと思います。
ジロウ君とオジサンの姿は、何度見てもホンワカしてしまって、飽きる事がありません。

、、、また明日も、遠くにふたりの姿が見れたらいいなあ。
by koryu_misumi | 2010-04-16 21:59 | Comments(10)

ムキッパ

b0057675_14555539.jpg


b0057675_1456112.jpg


b0057675_14562355.jpg


b0057675_14563468.jpg



ボールを真剣なマナザシで見つめる珊瑚ちゃん。

「ちゃん」というか、、珊瑚悪魔。。。
めくれたクチビル、そのまんまで遊んでおります(≧▽≦)

そういえば、むか〜〜し展覧会場で一瞬脱走した時も。
「珊ちゃん、ほら、ボールで遊ぶ?」と言ったらすぐ戻って来た。

それくらいボール好きです。
ボールじゃなくても好きです。
ボールと言う名の、丸めた軍手でも、、。
by koryu_misumi | 2010-04-14 15:02 | 柴と徒然フォトマンガ | Comments(6)

掃除機かかりました

b0057675_11132883.jpg


b0057675_11134030.jpg


b0057675_11135123.jpg


b0057675_1114399.jpg


b0057675_11141448.jpg


b0057675_11142486.jpg


b0057675_11143384.jpg



平蔵のオトコマエは、日々こうやって保たれているのです。






、、、、ウソです、、、。



人気blogランキングへ アホか!!! ポチ!!!

by koryu_misumi | 2010-04-11 11:18 | 柴と徒然フォトマンガ | Comments(12)

ふぐり祭り

b0057675_1129653.jpg
ものみな狂う春、、。

ワタクシも例外ではありません。
風邪のせいでおかしな事をしでかす毎日ですよ〜。
そう、もはや題名すら伏せ字にしませんがな!フハハハ!!
↑もう「ハズカスイ〜」って言う年齢をとっくに通り過ぎた

本日は「ふぐり祭り」だぁ!!

あっ、、そこのアナタ、、。

逃げないで、、、。


え、、えー。
このサイトの常連さんなら、おなじみの植物、、。
本日は、その絶滅危惧Ⅱ類でもある希少な(!?)植物「イヌノフグリ」の花を撮影してみましたよ〜。
名前はヘンですが、とても可愛いんです。
でも絶滅危惧種なんですよ!!!
何故か我が家の近所には沢山生えてますが、、、。

b0057675_11352116.jpg


携帯のカメラ機能ではこれが精一杯でした、、。
ホントはもっとよく近寄って見ると、ピンク色というか、赤紫色の筋がチョチョっと花びらに入ってるんです。
ワタクシ自身、ろ、ろ、老眼で見るのもツライんですが、、。

せいぜい直径2〜3ミリでしょうね。
この植物の一群を撮影しても、一面緑に写るばかり、、。
花が咲いてるのかどうかさえ良く判らないような小さな花ですワ。

b0057675_11402166.jpg


こちらは全国的にどこでも見る事が出来ますよね。
この、イヌノフグリとオオイヌノフグリって、交雑化しないのかな?
同じような場所に生えてる事も多いんですよ。

b0057675_11423127.jpg


可哀相な事に、ワンコのチッコの刑を受けている事が多いですな。
でも、それくらいの刑罰では簡単に枯れない所に、彼らのレジスタンス精神を感じます、、。←?
これからも不屈の闘志で生き残って行って欲しいものです。特にイヌノフグリの方は。

ワンコと散歩していると、、こんな、普段なら見過ごしてしまうような、、。
いや、実際あんまり小さ過ぎて気付かないんですが!!
そんな小さな花にも愛しさを感じる事が出来るようになります。
、、そんな、すばらしい生命の息吹をPCの前のアナタにもお届けでき、嬉しい限りです。
オシマイ。


ん〜、、材料は「フグリ」と、ちょっとツッコミ所のある内容でしたが、、、我ながら素晴らしい文章の締めくくりじゃないか〜。


、、、、え?

アレは?、、って?

ん〜、、「アレ」って何ですかね〜。
お上品なワタクシには見当もつきませんが。

祭りと言ったからには「アレ」は外せないでしょう、、って???


b0057675_1152381.jpg


コレの事ですかね〜。

突然変異種
別名「オオイヌノオオフグリ

まだ冬毛におおわれて、フワッフワですよ(≧▽≦)/
ベールに包まれているように見えるのは、画像処理してボカしたせいじゃありませんから。ワハハハ!
微妙に地黒が透けて見える所が、なんかちょっとイヤラシイかも。

b0057675_1155455.jpg


くねってみせても可愛くない、、、。
、、、そんな所が可愛い!!ワハハハ!!
by koryu_misumi | 2010-04-08 12:08 | Comments(22)

週末は、、。

b0057675_11184669.jpg
実は先週から、ガッツリ風邪を引いております、ワタクシ。
原因は、まあ、、身体を冷やし過ぎたから、、らしい、、ワハハハ。
水曜日は熱が高くて大変だったんですが、なんとか週末にはある程度治まったので、行って来ましたよ!!

そう、日本犬保存会の福岡支部展です〜ヒャホーーー!!(≧▽≦)/←もうどうしようもない犬バカ

巨大マスクと微熱で赤ら顔のワタクシの目的は、、当然、犬先輩方&ワンコ達の応援&見学ですワ。
もう風邪引いてるのも忘れて、会場をウロウロしてしまいました〜。

当日は「黒柴の飛龍日記」の飛龍君も出られてましたよ〜。
最近は女性のハンドラ−も増えつつあって嬉しい事ですワ。
b0057675_11285155.jpg
す、、スマン飛龍君、、。
バッチリ撮影できたと思ったのに、飛龍君ちゃんと写ってませんでした、、。
おかしいなあ。

、、そ、そう、熱のせいよ。これは。熱のせいなのよ。。。

b0057675_11435477.jpg

今回は会場に沢山の一般人の方がいらしてましたよ。
展覧会が行われている河川敷は、満開の桜並木が延々と続いているんですが、、。
これがまたちょうどいい具合に散り始めの美しい景色なんですわ。
で、花見に来ていた人達の足が 「ん?あそこなにしてるんだろう?」 という感じで向いた模様。

で「犬のどういう所を見てるんですか?」なんて、複数の人に尋ねられました。
一般人とはいえ、なんとなく足が向いた人達の多くは、やはり「犬好き」人種らしく、皆さん少なからず興味をお持ちのようでしたね。
勿論、ワタクシに出来る限りの事を一生懸命伝えて来ましたよ。

本来は、ほんのちょっとしゃべったくらいではとても無理なんですけどね、、。
それでも、大局的な事や、尋ねた人が理解しやすい部分をピックアップしてオシャベリしましたよ。
すると、けっこう引きつけられるように聞いてもらえる方が多くて嬉しかったですね〜。
ワタクシは、、なんだか尋ねやすい顔してるんでしょうかね?ハハハ。

b0057675_11545385.jpg

また会場をウロウロしていたら「☆笑顔の柴犬りくちゃん☆」のりくちゃんとりくママさんに会いましたよ〜。

沢山のワンコが居る光景には慣れているりくちゃんかもしれませんが、、。
この、妙に静かな、、そしてコワモテ(!?)のオジサンたちで溢れ返った(それでも当日は普段より一般の人が多かったですが!!)雰囲気は、さすがに緊張してしまったようです。
そんなりくちゃんが、ちょっぴり可愛く&可哀相で、思わず「大丈夫だよ〜」と声をかけてしまうワタクシでありました、、。
b0057675_1159519.jpg

ちなみに、ワタクシがこの日連れ回していた平蔵御大は、、、。
b0057675_121163.jpg

なんか、、フツーでしたよ。
昔連れ回したときは、オンナノコのニホヒにハイになって、ウルサかったんですが、、、。
↑だから展覧会場にはほとんど連れて行った事が無い。
やはり、、オトコが枯れてきたのであろうか、、。

この日は他の犬先輩に「今、何ヶ月なん?」と尋ねられた平蔵。
「もう10歳ですよ〜わはは、何言ってるんですかー」と笑い飛ばしましたよ(≧▽≦)

「いや〜耳のカタチいいよなって、今言ってたんよ」と他のプロのお友達さん複数に見つめられておりました。
「ふむ。そう悪くないんじゃないの?」とか。

おお、平蔵〜良かったなあ!!
そりゃあね、彼には沢山欠点在るのはよ〜〜く知ってますけどね。
それでもオヤバカ満載でニンマリしてしまうワタクシでしたよ!!!

b0057675_1281689.jpgこの平蔵、実は会場でちょっとした顔を見せてくれましたよ。
それは、リングに入って行こうとする犬が、平蔵めがけて飛びついて来た瞬間、、。
もうその瞬間に「受け」ておりました、、、。

ワタクシが気付くよりも早く「ガッ!」という彼の声にアッと見た時にはもうガップリヨツ。
咄嗟に引き離すまで、半秒も経ってなかったでしょうね。

わあ、こりゃ〜迷惑かけちゃったなあと、慌ててリングの入り口から少し離れた場所に移動し、身を縮めたワタクシなのですが。。
思わぬ事に。
「やっぱりシバイヌのオスばいな。10歳になったっちゃ、気は衰えとらんぞ(やはりシバイヌの雄だなあ。10歳になっても、気は衰えてないぞ)」と。
そこらにいたオジサン達が口々に褒めてくれたんですよ〜(≧▽≦;;)

「シバイヌのオスならそげんなからな(シバイヌのオスだったらそうでなくちゃ)」と。

b0057675_12355266.jpg平蔵にかかってきたのはオスの成犬だったと思います。
相手は、まさに生気満ちあふれる年齢のオス。
平蔵は、、世間ではもう老犬なんて言われる年ですけどね、、。
平蔵の「気」は老化してないって事なんでしょうね〜。

なんだかそんな平蔵御大を更に誇らしく思えた出来事でしたよ。
、、、いや、ホントは出陳の邪魔になっちゃダメなんですが!!

というわけで、当日もタップリ日本犬三昧で楽しませて頂きました。
最後の最後まで見届けて、、先に車に戻っていたママン様と珊瑚の元にもどったワタクシと平蔵。。。

b0057675_12381460.jpg


さ、、珊瑚、、、ゴメン。ハハハハ!!!


当日お会いした皆様、楽しかったですよ〜!!
また、次の機会にお会いしましょう〜!
有り難うございました(≧▽≦)/
by koryu_misumi | 2010-04-06 12:40 | Comments(6)