柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(636)
(162)
(117)
(107)
(22)

ブログジャンル

犬
日々の出来事

画像一覧

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

わんムービー/2009.10.28

b0057675_1324116.jpg「珊瑚とママン様」

久しぶりにムービーUpです。
ん〜新しい携帯、大活躍ですね(^^)/


珊瑚とママン様がボール遊びをしている風景。
「ボール投げて〜」とピョンピョン飛びつく様子。
持って帰って来てそのまま引っ張りっこに持ち込む様子。

可愛いったらアリマセンわ!

ちなみにこの間、オトコ組は既に自転車走を済まして来ておりまして、、近くの日陰でひと休みしてます〜。

※以前もお知らせしましたが、利用していた動画サイトが統合により変更されています。
現在暇を見てはブログに掲載している分からボチボチ引っ越し中です。
最近のは引っ越し済みですが古いものはまだです(^^;)
本館のもその後引っ越ししますので、、閲覧したい方にはしばらくご迷惑をおかけするかと思いますがよろしくお願いします〜。

by koryu_misumi | 2009-10-28 13:32 | わんムービー | Comments(22)

獣臭布団

b0057675_2051164.jpg


b0057675_20511557.jpg


b0057675_20512431.jpg


b0057675_20513691.jpg


※「上半身冬毛のタマタマ」チラ見せサービスショットですよ〜ウホホ!

普段ワタクシのベッドで、ワタクシと一緒に寝ているのは珊瑚です、、。
珊瑚はワタクシの足元で寝る事が多いし、チビズの中では最も体臭の無い子なので、、寝る時に布団や毛布に珊瑚のニホヒを感じた事はほとんどありません。


が。


「さて寝よう」とベッドに潜ると、ワタクシの枕や、布団の首周りの辺りに獣臭が立ち上る事がアリ、、。

理由はご覧の通り。
普段オヤジ様の部屋を徘徊エリアにしているくせに、昼寝をする時はワタクシの部屋に入り込んでいるケダモノが一匹、、。
しかも何故か、枕元とか「寝ている時にワタクシの顔がある辺り」に寝おってからに〜〜。

ああ、、。

伊佐蔵のタマタマが触れていた所に、、ワタクシのホホをくっつけて寝てるかも、、。
by koryu_misumi | 2009-10-25 21:00 | わんショット | Comments(18)

ハコ乗り珊瑚

b0057675_12241068.jpg
オトコ組自転車走中に、別コースの珊瑚と出会うと、時々こんな事します。
この写真は、半月くらい前に撮ったヤツ、、、と思います。
写真整理してたら出て来ました、ハハハハ。
ママン様が携帯で撮影したものですよ。

ちなみに、平蔵は昔、病院に行く時は自転車のカゴに乗せて行ってた事があったんですよ〜。


そうそう、この時に。
「いっちゃん乗せたらどうなるだろうねえ」とママン様。


、、カゴが壊れます。
by koryu_misumi | 2009-10-22 12:27 | わんショット | Comments(10)

立派なアレ

b0057675_2117013.jpg

※写真と文章は関係ありませんのでご了承くださいませ〜。

先日、オトコ組の朝の自転車走の帰り際にマメハナちゃんの所に寄りました。

マメハナちゃん、大喜びでオトコ組とご挨拶。
時々しつけで「ガウ」と叱られる伊佐蔵ですが、立ち上がって両手でパチパチ嬉しそうに彼の頭を叩いておりました(≧▽≦)

b0057675_2119344.jpg


平蔵はもうマメハナちゃんの遊び相手を伊佐蔵に任せて、自分はそばでノンビリ。
伊佐蔵は、果敢に向かって来るマメハナちゃんを手玉に取って(!?)、プロレスごっこのお相手を。

すると、マメハナちゃんオーナーのオバサンが出て来られて、しばしオシャベリをしました。

、、実はマメハナちゃん、以前ダニ〜のせいで掻きむしって耳たぶを痛めた事がありまして。
その事で少し前にママン様がフロントラインのような薬もある、という事を教えていたので、そのお礼を言われたのです。

代々犬や猫と暮らして来た家なのですが、そんな薬がある事をご存じなかったんですね〜。
勿論、ワクチンや狂犬病の予防等は良くご存知だったんですけどね。

b0057675_21292851.jpg


ハッキリ言って、我が家の近所のような田舎では、それらの薬で被る健康被害よりも、使わないで被る被害の方が甚大なんですよね、、。
勿論、薬の種類や成分によりけりですが。
、、マメハナちゃんの家の前の側溝は、毎日のようにアナグマが通っている事が判ってますしね。

まあ、その他にも色々とワンコ関係のオシャベリをしましたよ。
チビハナのその後のハナシとか、、。
その間も、マメハナと伊佐蔵は延々とプロレスごっこです。
数分もすると、マメハナはもうすっかりバテバテになってしまいましたよ(≧▽≦)
真っ赤になったベロをしゃもじのようにヘラヘラさせて、お水をごくごく。

b0057675_21375578.jpg


伊佐蔵は、自転車走の後のプロレスごっこなのですが、年長さんの余裕なのか口を開ける事すらしておりません。

「ハナちゃんくたびれたから、これまでにしようか、伊佐蔵」とワタクシ。

「ハナと遊んでくれてありがとうねえ〜」とオバサン。

、、、、、すると、オバサン、ある事に気付かれました。

「あら、アンタくさ。立派なアレ持っとんしゃあね〜ホホホ!!!」
(「あら、アナタってば。立派なアレを持ってらっしゃるのね〜」)

「あ?コレですか(≧▽≦)」と伊佐蔵のタマタマを指差すワタクシ。

「あたし、あんまり見慣れとらんけんが、、ホホホホ!!!!!」
(「あたし、あまり見慣れてないから、、」)

「ワハハハ!!!これだけが自慢ですから〜(≧▽≦)/」


、、、朝から下世話ネタで大笑いしたワンコオーナー達でございました、、、。


そういや、マメハナちゃんちの先代ワンコは、、オトコノコだったけど、オカマだったもんな、、。

b0057675_21501242.jpg

by koryu_misumi | 2009-10-20 21:49 | Comments(14)

八蔵再び2

b0057675_18522260.jpg
かなり更新遅くなりましたm(-_-;)m。

展覧会場を後にして、我々が向かったのは車で数分のドッグカフェ。
ここは八蔵が何度か来た事がある場所だそうで、、。
八蔵のリラックスぶりを見ていればそれはすぐに判りましたよ。
お友達ワンコやランちゃんと楽しいオイカケッコは勿論の事、、。


、、、厨房まで入り込んで「ここはダメだよ〜」と追い出されてたり、、。

、、、他のお客ワンコの水を、何度もグビグビ我が物顔で飲み干したり、、。

、、、ウンチもしてましたっけね、、。

は、、八蔵、、(≧▽≦;;)


b0057675_20571942.jpgドッグランのような、他のワンコがウロウロしている場所でウンチするとは。
未だに忍者ウンチしまくりの伊佐蔵とは正反対のキャラじゃありませんか!!
(ちなみに、ランに来る度、毎回ウンチしてるらしい、、、ワハハハ!!!)

ふたりとも少なくとも(!?)同じ珊瑚の遺伝子を受け継いでいるはずなのに、この差と言ったら。
八蔵のフレンドリーさや無頓着ぶりは、伊佐蔵の野生生物っぽい警戒心とは正反対ですワ。

ランでの八蔵を見ていたら、どんなに他のお客ワンコに吠えられ続けてもニコニコしてて、少々の事ではイラついたりもしない様子。
とても安定して落ち着いている様は(ぼんやりしている、とも言うらしい)、、やっぱりお父さんワンコのS丸君を彷彿とします。

そう言えば、展覧会場をママン様と八蔵とでウロウロしていた所、、並んだゲージの中に居た四国犬達にワンワン吠えられたそうですが、、。
それを黙ってじ〜っと一頭一頭見て回ったそうですワ。

さて、珊瑚はというと、、、ちょっぴり緊張で固まっておりました。
八蔵にとっては勝手知ったる場所でしょうが、珊瑚にとっては初めての場所。
少し落ち着くまではダッコしてやったり、リードを持っている事にしましたよ。

b0057675_20564529.jpg

しばらくすると、少し落ち着いて来たのですが。
その時には「そうだったのよ。皆あたちより年下なのよ」と言う事を思い出したようで、なにやら強気なキャラに変身しておりました、、、。

そこへ、人間用のランチが運ばれて来たものだから、俄然、珊瑚の般若魂に火がつきましたね。
食いしん坊バンザイの珊瑚は、御飯時に他のワンコがオリコウさんにしていないと腹を立てます。
、、元々は、ニンゲンの食事中にオヤジ様が、(何度注意しても聞かず)あげてしまうのが元で、、こんなヘンなクセがついてしまったのです、、。
ヨロシクないオーナー見本ですね。

という訳で、ニンゲンのお食事がテーブルの上にある間は、チョイとつながれておりました珊瑚ちゃん、ハハハハ。

b0057675_1114585.jpg


「お食事」が終わると珊瑚は八蔵を追い回して「母の威厳」を見せつけておりましたよ(≧▽≦)
まだまだオコチャマ体質の八蔵は、動きがや〜らかくて、珊瑚には余裕で転がされておりました。

b0057675_11125668.jpg、、まだしつけてるつもりらしいです、、、。

ちなみにランちゃんの事はちゃんと「妹分」という認識があるらしく、八蔵みたいに追い回すようなマネはしてませんでしたよ、ハハハ。
ランちゃんは控えめで、可愛かったですワ〜。
盤若姉御が一緒に居たせいもあるかもしれませんけどね。

ワタクシは、、彼らとプロレスごっこしたりするのに忙しくて(≧▽≦)
ほとんど写真撮っておりませんでしたワ。
カメラを構える時間が勿体ないというか、、ファインダー越しに見るより、直に目に焼き付けておきたいというか。

本当に楽しい時間でしたよ。
フクオカからは高速を使えば車で2時間チョイ。
、、、11/30迄は、植木〜菊水間は工事があるらしいので、、アチラを通る方はご注意ですよ。
普段だったらあっという間に通り過ぎる場所を抜け出すのに2時間以上かかりましたから!ワハハハ!!

それでも、八蔵&ランちゃん、ワンフレンズと過ごした楽しさの方がずっと上でしたので。
遅くなって帰り着いても、楽しい気分で疲れる事ができました(≧▽≦)

また会いに行きますよ!←宣言。
今度は、、平蔵を連れて行くかな?

一緒に遊んでくれた皆様&ワンズ、有り難うございました〜。
b0057675_11453730.jpg

by koryu_misumi | 2009-10-18 11:46 | Comments(18)

八蔵再び

b0057675_2164024.jpg
4ヵ月ぶりに八蔵に会ってきました。
ママン様と珊瑚と一緒に熊本県までドライブですよ。(オトコ組は留守番)
福岡県の我が家から、高速を使って行けばほぼ2時間で到着出来る距離です。

、、、ま、まあ途中、連休ならではの渋滞に巻き込まれましたけどね。
一応それも計算内だったんですが、それでもオーバーしちゃいましたけどね、、。

b0057675_21244261.jpg待ち合わせ場所は、日本犬保存会の熊本支部会場。
阿蘇も間近の自然タップリの場所です。

すっかり遅れて行った会場でまず出会ったのは、、一緒に待ち合わせをしていたワンフレンドのランままさんとランちゃんご一行様。
まずは軽くご挨拶をして、広い会場のどこかをウロウロしている八蔵を捜す事に。

今回もママン様は「今度は4ヵ月ぶりやけど、覚えとうかなあ」と心配そうに連呼しておりましたが、、。

遠くに居る八蔵を見つけて、ママン様が声をかけたら、、。
そりゃあもうグイグイとオーナーさんを引っ張って駆け寄ってましたよ(^^)
そんでもって「キュー!」とか「ヒー!」とか奇声を上げながら、ガブリガブリとかぶりつき連発!
、、、足元が芝生だったので判らなかったけど、あれは絶対チビッてたね。と後でママン様と笑ったくらいです。

b0057675_21371895.jpg勿論ワタクシも"かぶりつきの刑"を受けました(≧▽≦)
ママン様は腕とか二の腕でしたが、ワタクシは鼻やらクチビルやら、、顔面全体を随分かぶりつかれましたワ、ワハハハ!!
勿論、愛情たっぷりのチカラ加減を上手に抜いた"かぶりつき"ですので、痛くアリマセン。

ママン様はこの時の様子を、、それこそたった二日で「耳にタコ」が出来そうなくらい嬉しそうに話してくれるんですよ。
八蔵が忘れもしないどころか、あんなに喜んで飛びついてくれたのが本当に嬉しかったようです、、。

八蔵は、時々写真を見せて頂いているのでだいたい判っていたつもりなんですが、、。
間近に見ると、換毛のせいで何とも言えない不思議なVマークがおでこに出ていて、、見れば見る程「ブッ!!」と吹き出してしまうくらいの癒し系フェイスになってましたワ。

b0057675_21512348.jpg八蔵はランちゃんとは以前も楽しく遊んだ間柄で、当日もすっかり気心の知れた間柄、、といった風情。

珊瑚も以前にチラっとランちゃんに会った事があったので「あの子ね」程度に思い出していたようです。
適度な距離感を持って接していた模様。

、、場所を移動するまでは、、。
そのハナシは後ほど。

珊瑚と言えばほとんど写真が無いんですが(≧▽≦;;)、久しぶりにどえらく広い会場の端の方で、ボール遊びをしましたよ。
昔遊んでいた散歩コース途中にある広場は、心ないワンコオーナーのせいで数年前から「犬立ち入り禁止」に。
ですので、こんなに広大な敷地で思う存分走ってボールを追いかけるのは、ホントウに久々だったのでは、と思います。
珊瑚の嬉しそうな表情と言ったら、、、ああ写真撮っておけば良かった、ワハハハ。


b0057675_2233920.jpg言い忘れてはイケナイのが、日本犬保存会の展覧会。
この日も10月というのに、日差しが強いのなんのッて。
さすがの犬達も暑さのあまりベロはみ出してましたよ。

会場には珊瑚の里の方もいらしてましたので、八蔵をダッコしてみせました。
例の可愛い笑顔を見てもらったら、、思わず笑顔になってらして、八蔵のホッペや鼻先をチョンとつついてくれましたよ。
後日電話でオシャベリをしたのですが「あんな風に可愛がってもらうのが、犬にとって一番シアワセなのかもしれんな」と言われてました。

プロの方は勿論、プロの犬達を見慣れてらっしゃるでしょうけど、、、家庭犬でもその表情を見ればどんなに可愛がられているか、ちゃんと判るものなんでしょうね。

b0057675_22205781.jpgまた、それとは別に「何が行われてるんですか?」という方も会場にはいらしてまして。

、、ワタクシよく道を尋ねられたりするんですが、話しかけやすいんでしょうかね〜?ワハハハ。


そこは当然、日本犬保存会の簡単な趣旨の説明や、、こんな事を知ると面白いだろうな、という見所をいくつか、ワタクシに出来る限りをご説明しましたよ〜。

例えば年齢(月齢)別に区分けしてあるリング、、、。
若い犬達だと「なんだかわかんないけど、日頃練習してるみたいにジッと立ってればいいのかな?」程度にしか理解してない子が多いと思う展覧会。
見れば、ちょっとした事でキョトキョトしてたり、微妙に落ち着きが無いというか、そんな所が初々しくて可愛かったりするんですが、、。

b0057675_22305652.jpg壮犬・成犬になってくると展覧会がどういうものか何となく判って来ているようなので。
「よっしゃ!俺はやるぜ!」という感じでビシっと立ちこんでる子ばかりみたいですよ、、とか。

すると「ホントにそうですね!さっきまでは動き回る犬が多かったのに、オトナになると堂々としてて、身じろぎひとつしないですね」なんて感心してくれてましたよ。

こういうのは慣れだけじゃないと思うんですよね。
成犬になると出陳数が減る傾向にあるのは、それだけ淘汰されているからです。
やはり本来は、犬にそれなりの資質があり、、その犬にその資質を十二分に発揮させる努力をしたニンゲンのチカラが合わさってなし得るもの。

b0057675_22332464.jpgまあ、小難しく書いてしまいましたが、、。
判り易い例をあげると、、個人的にはコドモの発表会を想像してもらえれば判りやすいかと思います。

例えば幼少期の、、仮にピアノの発表会、、なんてのは少々間違えても微笑ましいし、とりあえず発表出来ればヨシみたいな部分がありますよね。

でもだんだん年齢を重ねて行くうちに、ホンモノの腕が必要とされて来る、、。
小学校1年生の発表会と、小学校6年生の発表会では、必要とされるものが違って来るし、、発表会に臨むコドモの心構えも成長して来てるワケですよ。
そして、当然のように、、小学校1年生の頃に発表していた全員が、そこまで生き残れているワケでもないですよね。

、、もし展覧会を覗きに行ったとして、犬達の良し悪しは良く判らなくても「あ、あの犬とハンドラーは一体になって頑張ってるな」とか、そういった部分なら誰でも判るんじゃないかなあと思いますワ。

b0057675_233249.jpgさて、八蔵&ランちゃん&珊瑚と戯れつつ、展覧会もチラリと楽しんで、、。
展覧会終了後、我々は別の場所へ移動する事になりました。

それは、八蔵が何度か遊びに行った事のあるドッグカフェ。
、、そこではまた別の楽しい時間を過ごす事になりましたよ〜。

トップの、、ワタクシのスパゲティをガン見している八蔵の写真は、そこで撮ったものです。
珊瑚ママゆずりの食いしん坊な目つきしてますよね、ワハハハ!!!

そのハナシはまた次回に繰り越したいと思います。


b0057675_23345776.jpg


※スイマセン、前回のコメントへは後ほどお返事したいと思います〜!
by koryu_misumi | 2009-10-12 23:38 | Comments(12)

オハナカイカイ

b0057675_1323343.jpg


b0057675_13234882.jpg


b0057675_13241425.jpg


b0057675_13243151.jpg


b0057675_13244865.jpg


b0057675_1325023.jpg


b0057675_13251280.jpg




ん〜、、もの悲しさを感じるこの季節、、。←※秋ですよ、念のため

だというのに。

珊瑚の般若顔にシーズンはないようです、、。


「人気ブログランキング」へ
↑調子に乗ってボチッと、、行きますか!?

by koryu_misumi | 2009-10-09 13:32 | わんショット | Comments(14)

先日の雨の日のオトコ組

b0057675_10502988.jpg
先日の雨の日にも携帯カメラの練習をしてみました、、。
雨を浴びながらワタクシを見上げる平蔵。


眼に雨粒が入らないように、やぶにらみ〜。



ブブ、、可愛いなあ。


さて、伊佐蔵も激写。と。



b0057675_10513982.jpg


ブワッハッハ!!!



ああ、これは久しぶりにお願いしなきゃ!?

人気blogランキングへ

↑よろしければゲリラポチッと!!

by koryu_misumi | 2009-10-07 10:54 | わんショット | Comments(10)

現れたチビハナ

b0057675_1110201.jpg
さて、前回の続き。

消えたチビハナの消息を、翌朝からそれとなく調査してみる事にした我が家。

b0057675_11194083.jpg面白い事に、ハナは屋内に居るのを嫌がる子なんですワ、、あんなにカミナリ苦手な子なのにね(^^;)
だから、カミナリ対策に犬小屋の入り口は反対を向いてるんですよ。
外から玄関を見たら、お尻を向けた犬小屋がそこにあるというワケ。ワハハハ!


ですので、仮に預かっている家があるとしたら、必ず庭や玄関先にハナが居るはずです。
と言う訳で、ワタクシとママン様は、それとなくチビハナを気にかけている(らしい)家々をチェックしながら散歩する事に、、。

実はチビハナ家はあまり他所と交流があるタイプの家ではないようでして、、。
親族も付き合いが無いのか、この9年間というもの、それらしい人影を見た事がアリマセン。

元々、我が家との付き合いはチビハナと平蔵の交流から始まったもの。
チビハナを散歩してくれているTさんも、犬好きが高じてそこまでのおつきあいになったんでしょうから、、犬好きな方々との犬を介した付き合いはあるようです。

b0057675_11213170.jpgしかし、、彼女らの姿はどこにもアリマセンでした。
、、ひょっとしたら、見た事の無い親族が引き取ったんだろうか?
それとも、、まさかまさか、、いやいや、そんな事は無いはず。

あの「ハナちゃんみたいな良い子になって欲しいから」と同じ名前をつけられたマメハナちゃんのオーナーさんも、、我が家からこの事を聞くまで全くご存知無かったよう。
近隣のハナシをまとめると、、ママン様が気付いたのはオーナーさんが緊急入院されたその翌々日の朝。
ですから、時間的にはそれほど経ってないのですよね、、。

「本当に、どこに行ってしまったんやろうね」とママン様と顔を見合わせるワタクシなのでありました。
、、あんなに良い子達なんだから、きっと誰かが引き取ってるとは思うんだけど、、誰も情報を持ってないとはどういうこっちゃ?


その日の夕方。
突然、我が家の玄関ベルが鳴りました。
「これからゴハンなのになあ」などと言いながら出てみると、、、。


なんとなんと!!!
チビハナがそこに〜〜〜〜〜!!!

「チビー!!ハナーーー!!」



b0057675_11322591.jpg無事な彼女らを見て思わず喜ぶワタクシとママン様に、ふたりは耳をペタンコにして飛びついて来てくれました。

そしてその横には、、、。
"おかあ様が犬嫌いなハズ"のTさんが、、。

、、、あれ?

「心配してるだろうと思って、挨拶に来ました」とニッコリTさん。
心配してたも何も、、。
チビハナを預ける相手としては申し分の無い人なのですが、それとなく"犬嫌いなハズのおかあ様"について、尋ねると。


、、、なんだかもう、すっかりチビハナにイチコロのようです、、、(≧▽≦)


b0057675_11392977.jpgそれを聞いて、ホントウにホッとしました。
でも、ちょっとだけホッと出来ない事も、、。

以前、オーナーさん達が入院された時は、近隣とTさんとで世話をしたチビハナ。
でも今回、こうやって完全にチビハナを引き取る体勢で預かっているという事は、、、オーナーさんはかなりヨロシクない事になってるんじゃないかと、、。

Tさんちは、我が家よりもっと西方です。
フツウのワンコの散歩コースで行ける距離ではありません。

「じゃあ、もうこれまでみたいに会えなくなるのかな」とチョッピリ寂しくなったのですが。

「時々こっちも散歩に連れて来ますよ」と嬉しいTさんの言葉。

そうやって話している間も、しゃがんだワタクシやママン様のオマタの間に身体を突っ込んで来ては甘えるチビハナ。

「今度の散歩コースはここより田舎だから、楽しいかな?
慣れない場所だから、慣れるまでリードは着けてもらうんだよ」

b0057675_1155557.jpgチビは普段ノーリードで散歩していました。ハンドラ−の判断で時々リードを着けてましたけどね。
、、チビが保護された当時は、ここら田舎ではそういう飼い方はフツウだったんですよ。
我が家の初代ワンコもそうでしたっけ。

彼女は人から離れて歩く事は無いし、車が来たら脇によって車が通り過ぎるのを待つ事を知っています。

それになにより、、この辺りの人はチビハナが散歩しているのを見たら、、彼女達のために車を徐行してあげる事を知っている人達なのですワ。

まあ、ちょっとハナシが外れましたが、、。
ノーリードに関しては色々ありますが、個人的な考えとしては、諸々の状況&環境が揃っていればアリだと思います。


b0057675_124642.jpg、、チビにそう言って聞かせるワタクシに、Tさんが笑いながら言いましたよ。
「ウチの近所は側溝が無いんですが、それがちょっとガッカリかもしれません、ハハハ」

チビハナの趣味なんですよ。
側溝の中を歩くんです、、。
チビなんて、フタがかぶってる所もくぐり抜けて来るんですよ〜。
で、クモの巣だらけになって出て来ます、ワハハハ。

、、あ〜、そんなメイワクなチビハナに会えるのも時々になっちゃうか。

でも、こんなにいつも通り、元気一杯の様子で本当に良かった。

何しろ、ここ数年ずっとチビハナの散歩をしてきたTさんなんですから。
もう半分はチビハナのオーナーのようなもの。

b0057675_1294134.jpgオーナーが替わってストレスに感じる子は多いと思うけども。
チビハナにはそんな心配は無用のようです。
環境も、、、ここらと違わないくらい、いや、その上を行く田舎だしね(≧▽≦)

まあ、心配と言えば、Tさんは犬好きだけどイマイチ犬に詳しくない所、、かな。

いつだったか、チビハナがお腹を壊して「何処の誰が変なものを食べさせたんだ!!」とTさんが激怒してた事があって。
"チビハナに勝手に食べ物を与えるな!!"と怒りに満ちた張り紙をオーナーさんちの玄関先に貼付けておりました、、。

それを見たワタクシ、散歩コースで会ってその事でオシャベリをした際に。
「そこらのコドモが、良く知らんで牛乳とかチョコとか食べさせてしまったんでしょうかねえ」と言った所、、。

「えっ?チョコダメなんですか?」とTさん。

「えっ、、?」ワタクシ。

、、、てな事がありましたけどね、、、。
いや、勿論、その時に「臨時;犬に与えてはいけない食べ物講義」を道ばたでしましたよ。

b0057675_12171686.jpgまあ、以前にも書きましたが、、こんな事で怒ったりはしません。
知らない事があったら、ただ教えるだけです。
、、大事に至らなくて良かったですけどね(^^)

だって、チビハナ家や同様の家々は、ただ、ここらに捨てられた子の命が消されるのが忍びなくて、保護した人ばかり。
皆、犬を飼いたいと思って迎えた人ばかりじゃないのです。
Tさんだって同じ。
それでも犬達は皆しあわせそうです。

「これから、もうひとりのハナちゃん(マメハナ)ちにも挨拶行って来ます」とTさん。

「あっちも心配しとんしゃったよ」とママン様。

b0057675_12333950.jpg我が家の門を出て、道を歩くチビハナの桃尻を見送ってると、、。
Tさん「チビハナ、全然フツウでしょ?」笑いながら振り返ってました。

「うん。全然。いつも通り(^^)/」

チビもハナも、いつもと同じ可愛い歩き方でしたよ。
新しい日々に対して、何の心配もしていない様子です。
、、、良かったですワ、本当に彼女らにとって最適な道が選ばれて。

チビハナを心配してくれた皆様。
ドキドキさせてしまいまして、スイマセンでした(^^;)
そんなわけで、シバツレに彼女達が登場する回数はグッと減ってしまうと思いますが、、これからのチビハナの犬生を一緒に喜んでもらえたら良いなあと思います。



b0057675_20414737.jpg、、、余談ですが、、、。
以前、Tさんとこんなハナシをした事があります。
Tさんは、チビハナの世話をするようになって、時々自分の田舎へチビハナを連れて行っては散歩をしてらしたんですけどね、、。

田舎独特の、、閉鎖的な地域の雰囲気がもの凄くイヤだったTさん。
そういう地域では家族同様の付き合いをする人達も多いのですが、、同時にプライバシーの壁に関して無頓着な人も多いんですワ。
「だから、ほんっっっとに嫌いでした」とハッキリ言われてたんですよ。

それが、、チビハナを連れて地元を歩くようになってからというもの、、。

「あ、ここにもワンコが居るんだ」とか、散歩中に会った他のワンコ&オーナーさんとオシャベリするようになったり、とか、、。
これまでろくにしゃべった事が無かった人とも、ワンコの話題を介して知り合えるようになった、、とか、、。
そうやってしゃべってみると、実はいい人だったとか、、(^^;)

チビハナのおかげで、これまでとは違った地元の姿が見えて来るようになったんだそうです。
そして、「あ、この辺りも捨てたもんじゃないんだな」と思うようになったと、、。


チビハナチビハナ。
Tさんにとってもまた、彼女達はシアワセを運ぶワンコ達のようです。
また会う時は、、、、。


今度こそちゃんとチビハナを撮影しなくっちゃーーー!!!ハハハハ(≧▽≦;;;)


※チビハナについてもっと知りたい方は「チビハナ(2006/7)」をどうぞ。

写真1/朝の平蔵御大
写真2/ハンター伊佐蔵
写真3/珊瑚姫、歌ってる?
写真4/見上げる御大
写真5/ママン様に撫でてもらう伊佐蔵
写真6/ご満悦伊佐蔵
写真7/階段上から「伊佐蔵は見た」
写真8/眠いけど構って欲しい珊瑚
写真9/散歩コースのコロンちゃん
写真10/シマシマハナちゃん
写真11/駐車場のワタクシに「帰って来たのにどうして家に入って来ないの〜」と悲し気な伊佐蔵
by koryu_misumi | 2009-10-04 21:09 | Comments(32)

消えたチビハナ

b0057675_22211771.jpg
それは、つい先日の事です。

2〜3日に一度は散歩コースで会い、、会わない時でも毎日彼女らの形跡を散歩コースで見る事ができていた、チビハナ。

b0057675_22285392.jpg、、形跡ってのは、田んぼのドロを踏んだ足跡で、もうすっかり乾燥してるヤツが道に残ってたりするんですが、、。
長年彼女らとつき合ってるワタクシには、その足跡を見れば「あ、チビハナや」と判ります。

その彼女達に「最近会わないなあ」と思っていたら、、、。
先日、ママン様が別コースの散歩から帰って来て、ビックリした風情で教えてくれました。

「ちょっと、知っとった!?チビハナ居(お)らんとよ!」
(ちょっと、知ってた!?チビハナが居ないのよ!)

「えっ!?」

b0057675_22355964.jpgなんと、その日珊瑚といっしょにチビハナ家の前を通ったママン様、、。
いつものように、チビハナに挨拶しようと思ったら、、チビハナの姿が影も形も無くなっていたとの事。

そう、、かなり昔から危惧していた事が起きたのです。
シバツレを古くからご覧の方は、うすうすお気づきかもしれませんが、、高齢のオーナーさん達が、とうとう本格的にチビハナの世話を出来ない状態に陥ってしまったのです。

ママン様がビックリしてチビハナ家の玄関に近寄ると、、ドアに張り紙が。
それはこの家に出入りしている看護士の方が書かれたものでした。
オーナーさんが緊急入院された事、その事での問い合わせ先、、。

b0057675_16561236.jpgしかし、そこにはチビハナの事は一言も書かれてありませんでした。
普段なら玄関先に据えてあるハナ用の犬小屋も無く(チビは玄関内)、、ワンコ用グッズが置いてある場所も綺麗に掃除してあったそうな。

「チビハナ、どこに行っとうとかいな」とママン様。
(チビハナ、どこに行ったんだろう)

「誰か預かっとんしゃあんやない?」とワタクシ。
(誰か預かってらっしゃるんじゃない?)

オーナーさん達が揃って短期入院した時には、ご近所で世話をした過去もあるチビハナです。

「でも、犬小屋もグッズも綺麗に無くなっとうとよ。玄関な〜んも無くなっとったとよ」ママン様。
(でも、犬小屋もグッズも綺麗になくなってるのよ。玄関にも何も無くなってたのよ)

b0057675_215174.jpg「処分、なんて事は絶対無いと思うけど、、ひょっとしたらTさんとこかいな?」

※Tさんは「お米屋さん」とシバツレで書いていましたが、昨年から別の方が配達担当になられて、「お米屋さん」と呼ばなくなっております、、。
今では配達コースでもないのに、チビハナの散歩をオーナーさんに替わって毎日行ってくれている方です。


ワタクシの答えにママン様も「、、そうやね、きっとそうよ」

「、、でもTさん、、前に"チビハナを引き取りたいけど、母が犬好かんけん"って言いよんしゃったけどね、、」とワタクシ。
(前に"チビハナを引き取りたいけど、母が犬嫌いだから"って言われてたけどね)

b0057675_2211168.jpg「え〜!?、、じゃあ、チビハナは何処に行っとうとかいな、、」

「うん、、心配やね、、、」

長年付き合いのあるチビハナです。
万が一の時には、ああしよう、こうしよう、、とTさんと話して決めていた事もあるチビハナ、、。
それなのに、あまりにも突然にかき消えてしまいました。


チビハナは一体何処に、、、。



、、、続く!!!

写真/携帯カメラの練習です〜。
写真2~終わりまでは連写機能を使ってみました(^^)
by koryu_misumi | 2009-10-01 22:18 | Comments(22)