柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(659)
(177)
(128)
(110)
(24)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2009年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

平蔵御大の抽選結果

b0057675_12511240.jpg
ジャガジャガジャ〜ン!!

平蔵のバースデイイベントに沢山のご参加有り難うございました。
なんと47名もの方に解答して頂きましたよ〜、ワタクシもビックリです。
こんなに 暇な イベント好きな方が沢山いらっしゃるとは、予想外でした、ワハハハ!!!

それにしても、一体どういう事でしょう。
、、、普段スケベネタばかりなのに、、平蔵ってばモテモテやんけ!!


う〜ん、世の中って不思議ですね。


、、、、。
ワタクシのヨタ話は置いといて、早速結果発表行きたいと思います!
ムービーをUpしますので、どうぞご覧下さいませ。
停止や一時停止、勿論、逆行もできますよ、ワハハハ。
食べているシーンを念入りにチェックしたい方は、動画の進行マークをマウスでつかんで、自分の好きな早さで動かしてみて下さいね。

「平蔵御大の抽選」

ハイ、よくご覧頂きましたか〜!?

平蔵がオヤツを食べている順番は、、。
「A」「D」「B」「C」「E」でした!!

そうです。
なんと!!!!


正解者はたったひとりだけ!!


MTKさんです〜!


MTKさん、おめでとうございます〜!
平蔵ストラップ&ワタクシの焼物等を送付差し上げますね。
お暇な時にでも、どうぞ送付連絡先を教えて下さると有り難いです。
コメント欄を非公開にしてもらってもいいですし、本館のメールを使ってもらってもいいですよ〜(≧▽≦)/

そして、「A」「D」「B」までは合っていたけれど、最後のふたつが入れ違いで惜しい方。

星の母さん、monbasaさん、飛龍あねさん、でしたよ〜(≧▽≦)
こちらの3名様にも、平蔵ストラップを送付しますね!

星の母さんは送付連絡先を把握しておりますので、monbasaさん、飛龍あねさんはMTKさん同様にご連絡くださると有り難いです〜。

参加頂いた皆様!!
解答ご記入順に…ランままさん、もも姉!?さん、なりごまさん、★きらら★さん、momorinママさん、はぴママさん、ひなままさん、星の母さん、うさこさん、そるさん、ななこさん、ムツゴロウおばさん、monbasaさん、めかじきさん、さちさん、もなかさん、飛龍あねさん、はるかさん、Kyraさん、よしかさん、雪だるまさん、*atsuko*さん、珊瑚&銀牙パパさん、きなこパパさん、spockさん、MTKさん、まろまろさん、コロスケさん、ブゥブゥさん、りくママさん、マロンさん、きつねさん、ハチ母さん、たなやんさん、てとさん、りんははさん、リュウ母さん、RUPIKAさん、めりはりさん、きらりんママさん、はるさん、のあの姉さん、ビビ姉さん、purasuさん、港のようこさん、シオンさん、鯖美さん、、、。

、、ゼエ、ハア、、有り難うございました〜"\(≧▽≦)/"


次回は珊瑚の誕生記念日頃にイベント予定しています。
ちなみに彼女の誕生日は8月ですよ〜ウヘへヘ。
今回惜しくも逃した方は、是非、次回にチャレンジしてやってくださいませ〜。
当然プレゼントは「珊瑚ストラップ」ですよ、グフフフ。

このストラップについては、今年2月の伊佐蔵イベントの際に紹介しましたが、、。
実は福岡で、アニマルレスキューの為の費用捻出に活躍してくれているストラップなのですよ〜。
こうやって、ワタクシの手元にある時点で、ほんの少しですがその活動を応援出来ている、という事です。
この可愛いストラップに込められた思いも、ご一緒に送付させて頂きたいと思いますね。




b0057675_1363657.jpgさてさて、平蔵御大ですが、、。
今年は彼にとって波乱の幕開けとなりました。
「八蔵のしつけ係」は本犬もけっこう楽しんでいたようですが、、結石騒ぎと膀胱炎騒ぎは、ホントウにもう大変でしたよ。

元々、子犬〜若い頃の彼は丈夫と言えない体質でしたので、いくらその後の彼が元気いっぱいだとしても、油断する訳にはいきません。
「何かあった時には、生まれつき健康な子に比べ、ダメージが大きい可能性がある」、、と常々考えてます。
ちょっとした怪我でも治りが遅いですしね〜。
まあ、本犬は怪我なんかあんまり気にしないタイプなんですけど(≧▽≦)

非常に現実的な話ですが、ママン様とは時々そういうハナシをします。
、、平蔵は、ひょっとしたら長生きできないかもしれない、、とか。
何かあった時には最悪のパターンになる覚悟をしておかなければならない、、というハナシです。
こういう話題は避ける人も多いかと思いますが、実際に日々彼と暮らして行く上では欠かせない事だと思うんですよね。

b0057675_1371976.jpg今回は命にかかわるような事にならずに済みましたが、、。

膀胱炎を経験したおかげで、彼の膀胱の我慢力はハッキリ落ちました。
、、というのも、おおむね7時間程度はトイレをしなくても大丈夫なんですが、、8時間以上はオシッコを貯められないようなんですワ。
てなワケで、現在は朝夕の散歩プラス「起き抜け」「お昼」「寝る前」にもトイレタイムを設けてます。

勿論、膀胱炎が治った後もマメにトイレを促していますが、その後の経過を観察する限り、、これはもう一生戻らないようですワ。
というか、若い内なら元の状態に戻るチカラも強いんでしょうが、、歳喰ってからだとそうもいかないって事なんでしょうね〜。

彼にしてみれば、自分だけマメに庭に出してもらえるもんだから、ちょっと特別気分らしく、、。
最近なんだかコドモのようにはしゃいでますよ、ハハハ(≧▽≦)
まあ年齢的にもそろそろ素が出始めても良い頃なので、そのせいもあるでしょうね。

b0057675_13755100.jpgよく、歳を取ると童心に返るとか言いますよね。
個体差はあって、怒りっぽくなったとか、甘えん坊になったとか、色々あるようですが、、。
平蔵の場合はジワジワと少しずつ子供っぽく、、自分の気持に素直になってきているような気がします。

勿論、まだまだチビズファミリーの長ではありますけど。
投げてやったオヤツのキャッチ率も下がって来てますしね〜、ワハハハ!!

、、伊佐蔵が1歳の頃だったか、、随分前に平蔵と伊佐蔵のチビズファミリーの長交代のハナシを書いた事がありましたが、、。
そろそろその事を頭に置いておかねばなるまい、という感じですワ。

その分、すこ〜しずつ子供のように素直に甘えたりヤンチャな素振りが増えて来て、なんだか可愛さがUpしてきましたよ。
最近ではあんまりはしゃぐので「ひょっとして、ボケが始まってるんじゃ!?」なんて家族で笑ってます。
まだまだそんな年齢ではありませんが、、可愛さ一杯の彼を見られるのもまたオツですワ〜。


、、、その割にはスケベ魂に衰えが見られないのは、、何故なんでしょう〜〜、、!?
ワハハハ!!!
by koryu_misumi | 2009-06-30 12:56 | わんムービー | Comments(24)

ネン押し(≧▽≦;)

b0057675_163321.jpg


b0057675_1631517.jpg


b0057675_1632960.jpg


b0057675_1634554.jpg


b0057675_164881.jpg


b0057675_1644079.jpg


b0057675_1645123.jpg



え?何のハナシ!?というアナタは、是非6/22の記事をご覧くださいませ〜。

クイズの答えは、6/22のコメント欄にどうぞ。
コメントが利用出来ない方はメールでもOKですよ〜(本館のメールからどうぞ)!!

本日、夜の12:00まで受け付けます(≧▽≦)/
by koryu_misumi | 2009-06-28 16:08 | 柴と徒然フォトマンガ | Comments(2)

梅雨の晴れ間

b0057675_21293473.jpg
題名に深い意味はアリマセン、、。
今日の福岡は梅雨の晴れ間で大変な暑さでしたよ〜。
でも夜になるとグッと冷え込んできました、、。
↑ただ単に我が家が田舎だからかもしれませんが!

今日、何気なく昔の写真を見ていたら衝撃の事実発覚(?)

上の写真を見て「あ、ハチジョ〜だ」と思った方はいらっしゃいませんか?
実はコレ、ちょうど同じ月齢の頃の珊瑚なんですよ〜ワハハハ。
意外と似てますよね?

最近のハチジョ〜はコチラ
b0057675_21315933.jpg
ん〜、ハチジョ〜ってば。
テレっとした笑顔を見る限りでは「ひょっとして、、癒し系の道を進むのでは」と密かに危惧(!?)しておりましたが、、。
珊瑚が同じ月齢の頃にコレで、、後々美人さんに変身したんだから、、。
あ、今は相当崩れた顔ばかり見せてますが

これから化けるかもしれませんね〜。

いや、、、化けないかも、、しれませんけどね、、、。


ちなみに。
同じ月齢の伊佐蔵を見つけてみました。
b0057675_21362862.jpg
、、、、。
同じ種族とは思えんな。


つ〜か、オオカミのコドモの時期と言った方が相応しいような、、。
(ワタクシも天王寺動物園のスタッフブログ見てますよ〜)



さて。
ハナシは変わって。
只今、平蔵のバースデイイベント実施中でございます(≧▽≦)/
ご存じない方は前回の記事をご覧下さいませ〜!
フォトに書き込んだコメントの漢字間違いへのツッコミは却下させて頂きます、ワハハハ!!!

〆切を書き忘れておりました。
〆切は6/28日夜12:00とさせて頂きます!

また。
クイズの答えは、前回の記事のコメント欄を使用くださいませ!

どうぞふるってご参加くださいね〜!!

b0057675_21464650.jpg

by koryu_misumi | 2009-06-25 21:48 | Comments(18)

平蔵9歳の誕生日イベントです〜!

b0057675_20465266.jpg

あ、違った。


b0057675_2047118.jpg
こっちが正しい(?)平蔵でした、ハハハ!!

平蔵の誕生日は20日だったのですが、、すっかりUpが遅くなって申し訳ありません〜。
実はワタクシ、この所の急激な気圧変化のせいか、当日の夕方〜翌日まで、偏頭痛で半死に状態(≧▽≦;;)
あ、ご心配なく〜。おかげ様で今はもうすっかり復活しております。

さてさて。
当日の平蔵に、シバツレ読者 古老 のなりさんから、またまた豪華なプレゼントを頂きましたよ!!
なんと!見た目も素晴らしいピザ風ごちそうです〜!
その時の平蔵の様子をどうぞご覧下さいませ。


平蔵〜、なりさんから、プレゼントが届いたよ!
平蔵にお誕生日おめでとうって!!

b0057675_20561624.jpg

おお〜凄いね、ちょっとお皿に移してみようか。
シンちゃんからもらった豪華なお皿があったから、アレに…。

b0057675_20572153.jpg

ピザ生地に見えるのは大山鶏の胸肉だそうです、、。
ウマそう。

b0057675_20573869.jpg

ちょ、ちょっと待って、一応、ハウスでね!
あと、珊瑚と伊佐蔵にも分けてやってから、、。

b0057675_2058070.jpg

ハイ、平蔵〜。笑って〜!

b0057675_2105116.jpg

アンタ、サービス精神無いね、、。
、、、どうぞ!

b0057675_214912.jpg


、、てな具合に頂きましたよ!!
今回のゴチソウは、さすがにワタクシがつまみ食いするのも勿体なく(≧▽≦)
全て平蔵と珊瑚と伊佐蔵のおなかに入ってしまいました。
珊瑚と伊佐蔵の写真は撮り忘れてました、、スンマッセン、、。

このピザはキッチンドッグさんでお求め頂けますよ〜。
例によって、ニンゲンの食材と同じものを使って作ってあるので、コチラの品物は安心してチビズに食べてもらえます(ニンゲンも、、)
盛りつけも勿論、ピザ風なんですけど、このピザ風の箱に入って送られたら、、嬉しいサプライズですね〜!

なりさん、ごまちゃん、いつもホントウに有り難うございます〜!
、、次はワタクシもつまみ食いにチャレンジしてみますね〜ワハハハ!!
↑さり気なく次を期待しているあたり、、。

さて!またしてもイベント行いますよ〜!!
題して!!!

「どれから食べるかクイズ!」

ええ、題名を読めばもう「ハハ〜ン」って日本中から聞こえて来そうな気がしますが!!
、、、まさにそうです。
平蔵がオヤツを食べる順番を当てるクイズでございますよ〜ワハハハ。

チョ〜簡単。
平蔵の前に図のように5つオヤツを置きます。
彼がそのオヤツを食べる順番を当てるだけ(≧▽≦)/!!

b0057675_21371658.jpg


イベントに参加される方は。。

●この記事のコメント欄にお名前(ハンドルネーム)と答えを書き込んで下さいませ!
●「A.B.D.C.E」とか、予想の順番をお忘れなく!!


プレゼントはトップの写真にもある「平蔵ストラップ」ですよ〜。
トップ3までの方に用意しております。
一応、、標準サイズです、、ワハハハ!!

皆様どうぞふるってご参加くださいませ!!

b0057675_21534929.jpgb0057675_2154063.jpg


ストラップはこんな感じです、可愛いでしょう〜!!
b0057675_21542014.jpg

by koryu_misumi | 2009-06-22 21:10 | Comments(48)

八蔵子育てゥヒ話 4

b0057675_22141069.jpg
え〜、秘話はどこまで書いていたのやら?ワハハハ。

さてさて、八蔵の子育て秘話の続きです、、。
「我が家に置いておかない方向で考え」つつも、その件がクリア出来ない場合には「我が家で責任を持って一緒に暮らす覚悟」で臨んだ、子育てのお手伝い。
、、勿論、そのような事態に陥らずに済むように、お手伝いするワケですが(≧▽≦;)

目標として、ワタクシなりに最もハードルが高いと思う「室内家庭犬の可能性」を掲げておりました。
、、その障害として最初に立ちはだかった「帝王切開」の話は前に書きましたっけね。


b0057675_2215479.jpg家庭犬として育ってもらうにあたり、社会化迄の充実以外に、最も重要な事は「如何に人間を好きになってもらうか」そして「如何に人間を信頼する子になってもらうか」だと思います。

これは、どの家庭でも子犬を迎えた時点から行っている事でしょうね。

ワタクシの個人的な考えですが、、。
ヒトと家庭犬との暮らしで一番大事なのは、まず、家族としてシアワセに暮らして行く事。
お友達ワンコを作ったり、他人にも懐いたり、、なんてのは、二の次だと思うんですよね。
(、、というか、家族との充足感が足りない状況では、他の子や人と仲良くする余地なんか無いでしょうし)

しかし、新しい家庭に迎えられた時点では、、、子犬にしてみればニンゲンがどんな存在なのか、まだ良く判ってないのでは。
ある日突然「今日から新しい家族なんだよ」と別種のイキモノと暮らす事になった子犬の気持を想像してみて下さい。
何しろ言葉(?)も、ボディランゲージ(?)も、犬とは全然違うイキモノなんですからね〜。
おまけに自分の何十倍もあるデカイイキモノですよ。←※ニンゲンの事ですよ、一応念のため。

つまり、迎えた時点で子犬の「犬としての社会化」が充分だったとしても、、、多分「ニンゲンとの社会化(!?)」が充実している子は少ないのではないかと思うんですワ。

ワタクシはこう考えます。
、、この社会化期の時期に「ついでに」ニンゲンとの社会化(?)(←ウマく言い表す単語がワカラン)の基礎を作っておいたら、、かなり違うんじゃないかと。

b0057675_22192539.jpgその基礎がしっかりあれば、、例えどんな家庭に迎えられたとしても、初日からある程度の「人と犬」の関係が「初期設定」的に確保出来るんじゃなかろうか。
、、これは、伊佐蔵とQちゃんの子育てを手伝った時にも強く感じた事なんですよね。


まあ、考えれば、そこまでしなくたって良さそうなもんですが、、。
ワタクシには「新しい家庭に迎えられる迄に、出来る限り万全を施しておきたい」という野望がありまして(≧▽≦)
つ〜か、裏を返せば、せめて我が家に戻って来なくて済む程度に良い子にしておかないとね、ワハハハ!!!


判りやすく言えば、、バイリンガルの家庭に生まれ育った子の多くは、双方の言語をわざわざ勉強する必要なんかありませんよね。
もう無理せず自然にバイリンガルな子になるワケで。
学校に行くようになって「英語」だの「英語の文法」だのに四苦八苦するワタクシなんぞと違って、、空気のようにそれが当たり前。

、、、ワタクシが狙うのはソレですよ。

八蔵の、犬としての社会化も充実させながらも、、。
彼が物心つかない内から、ニンゲンと暮らす事が空気のように当たり前になるように。
しかも自然にニンゲンを好きで信頼してもらえるように。



ところが我が家には、それを阻害するとんだ伏兵がおったワケですがな。


それは、、、オヤジ様です、、。


b0057675_2331050.jpgシバツレを昔からご覧の方はお分かりのように。
悪気は無いけれども、常にチビズにとってヨロシクない事をしでかしてしまうオヤジ様。
、、悪気は無いけれども、相手の気持を考える事をせず、自分本位な行為をするオヤジ様のおかげで、、。
八蔵はあやうく「オジサン嫌い」の犬になるトコロでしたよ、ハハハハ。

しかし、ハッキリ言って笑い事ではないんですね。
まだ非常に若い月齢の八蔵が、、ニンゲンにも色々あって「香龍」「ママン様」「オヤジ様」「その他の人」と個別に認識出来るようになってからは、、あきらかにオヤジ様を避ける様子を見せていたのですから。

オヤジ様は、相手の心について考えるような事はしません。
八蔵が眠くもないのに、眠る子犬の姿が可愛いからといって無理矢理寝せつけたり。
八蔵が遊びたくもないのに、寝ている八蔵を遊んでやるからと叩き起こしたり。
ただ、自分本位に「自分の気持(一応、八蔵を可愛いと思う気持)」を押し付けるだけなのですが、、。


、、そんなオヤジ様を前にして、八蔵は「自分の意志なんぞ、存在しないも同然」に扱われる事を実感するのです。
自分がただのヌイグルミ同然に思われているという事を。


これでは、せっかく芽生えかけた八蔵のアイデンティティの成長に、良い影響がある訳がアリマセン。
オヤジ様のやっている事は、このアイデンティティを否定しているようなものですからね〜。
芽生え始めた芽を踏みつぶしている感じ。

、、ちなみに平蔵が子犬の頃は、あまり平蔵の世話に関わらなかったので、被害は被らずに済みました。
が。珊瑚には、、、ちょっと弊害が出てしまいました、、彼女は今でもオヤジ様が苦手です。
そして、伊佐蔵とQちゃんの子育ての時には積極的にオヤジ様の邪魔(!?)をしたワタクシ(≧▽≦;;)

b0057675_23284551.jpg勿論、ある程度オトナになってしまえば、チビズだってはっきりとした意思表示が出来るようになるので、オヤジ様のような対応をされてもそれほど問題が無いですし、、。
救いは、一応、オヤジ様の行為は"好意的なものであるらしい"って事でしょうかね、、。
決して自分では虐待するつもりなんか無いんですよ。。結果的にそうなっていたとしても(≧▽≦;;)


小さな小さな八蔵が明らかにオヤジ様に対して否定的な態度を見せ始めた時は、、。
実は焦りましたね〜〜。
新しい家庭に迎えられて、、同じような年齢のオジサンを前にした時に、、同じような対応を八蔵がしてしまったらどうしよう〜!?


、と、、とにかく、ワタクシに出来る事は、可能な限りオヤジ様と接触させない事。
そして、ニンゲンを信頼し好きになってもらうよう、素直に育ってもらう手助けをする事、、でした。

おかげ様で、杞憂に済みましたよ〜。
八蔵は迎えられた初日から、誰でも大好き。
勿論、オジサマもノ〜プロブレム(≧▽≦)
初対面の人も大喜びでご挨拶するそうですワ。

先日は散歩中に数人の中学生達に周りを取り囲まれたりしたそうですが、ちゃんと「ハチジョーです!」とご挨拶できたそうです。
子犬の頃って、複数の人間に周りを囲まれたりしたら、けっこう腰が引けてしまうものなんですけどね〜。
彼の肝の太さも相まって、ニンゲンへの応対ではホントに心配する事なさそうで良かったですワ。


他には、工事現場のオジサンにご挨拶したり、、。
子供と遊んでもらったり、、。

時々、そんな八蔵の様子をオーナーさんからうかがう度に、ニンマリニンマリしてしまうワタクシなのでありますよ〜。

b0057675_2345341.jpg



さて、、秘話はこのヘンで終わりかな…?
何か書き忘れた事が無いか、、思い出したら「続き」ますが、、何かあったかなあ〜。
思い出さなかったら終わりかもしれませんワ、ハハハ!!
by koryu_misumi | 2009-06-18 22:21 | Comments(10)

ママン様に甘えん坊いっちゃん

すっかりご無沙汰してしまいました。
実は八蔵の続きがあったんですが、、間違って消しちゃって、、ワハハハ!
その後は別件で暇が取れず、放置状態になってましたよ〜(≧▽≦;;)

、、他に撮っておいた八蔵の写真は、秘話の続きに載せて行きたいと思いますワ。


今日は久しぶりに伊佐蔵に登場してもらいます。
しかも久しぶりのフォトマンガです〜。


b0057675_2155468.jpgママン様「いっちゃん、久しぶりにおか〜ちゃんがカキカキしてやろうか」

伊佐蔵「うん!」

カキカキ…。

b0057675_21555322.jpg伊佐蔵「おか〜ちゃん…」

↑思いっきり甘えたマナザシ


b0057675_21572051.jpg伊佐蔵「い〜気持〜」


b0057675_21574993.jpg伊佐蔵「おか〜ちゃん……」

ママン様「いい気持?」


b0057675_2159468.jpgママン様「いっちゃん、"居ない、居ない、バア!"しようか!?」

伊佐蔵「いいよ〜」


b0057675_220063.jpgママン様「居ない、居ない、、、

ガバッ!!


伊佐蔵「!!!!



、、とまあ、こんな具合に、毎日ニクジュウされている伊佐蔵でありました、、ワハハハ!!!



※アップロード時にアクセストラブルがあったのか、、?
何故か同じ記事がふたつアップロードされてしまっております〜。
後になって気づきました、、(≧▽≦;;)
コメント頂いておりますので、そのままにしておきます。
ご了承くださいませ〜!

by koryu_misumi | 2009-06-15 22:06 | 柴と徒然フォトマンガ | Comments(22)

ママン様に甘えん坊いっちゃん

すっかりご無沙汰してしまいました。
実は八蔵の続きがあったんですが、、間違って消しちゃって、、ワハハハ!
その後は別件で暇が取れず、放置状態になってましたよ〜(≧▽≦;;)

、、他に撮っておいた八蔵の写真は、秘話の続きに載せて行きたいと思いますワ。


今日は久しぶりに伊佐蔵に登場してもらいます。
しかも久しぶりのフォトマンガです〜。


b0057675_2155468.jpgママン様「いっちゃん、久しぶりにおか〜ちゃんがカキカキしてやろうか」

伊佐蔵「うん!」

カキカキ…。

b0057675_21555322.jpg伊佐蔵「おか〜ちゃん…」

↑思いっきり甘えたマナザシ


b0057675_21572051.jpg伊佐蔵「い〜気持〜」


b0057675_21574993.jpg伊佐蔵「おか〜ちゃん……」

ママン様「いい気持?」


b0057675_2159468.jpgママン様「いっちゃん、"居ない、居ない、バア!"しようか!?」

伊佐蔵「いいよ〜」


b0057675_220063.jpgママン様「居ない、居ない、、、

ガバッ!!


伊佐蔵「!!!!



、、とまあ、こんな具合に、毎日ニクジュウされている伊佐蔵でありました、、ワハハハ!!!
by koryu_misumi | 2009-06-15 22:04 | 柴と徒然フォトマンガ | Comments(3)

突然ですが

b0057675_21565396.jpg
突然ですが、、、。
我が家で秋田犬の子犬を預かる事となりました。


、、、。


、、、、、、。




b0057675_2158937.jpgウソです。

八蔵に会ってきました(≧▽≦)


チョコリとネット世界から遠ざかっておりましたワタクシ、、、。
実はママン様と珊瑚と一緒に、熊本県某所まで一泊二日の旅に出ておりましたよ〜。

八蔵が我が家を出てからほぼ二ヵ月、写真やオハナシは八蔵のオーナーさんからうかがっておりましたが、直に会って来ても、、、やっぱり良い子でしたワ。

ママン様は旅に出る前から何度も「ハチは憶えてるかなあ」と心配しておりました。
その度に「80日も家に居たんだから、早々忘れる訳無いよ」と言っていたんですよ。

「でも、誰に会っても大喜びでシッポ振るんやろ?」とママン様「見分けがつかんやん」
「、、、」

b0057675_22104012.jpgそうなのです。
八蔵は、初対面の人でも誰でも大好きで、大喜びでご挨拶するらしい。
我々に会っても、初対面に対する喜び方なのか、既知の我々に対する喜び方なのか、見分けがつかないのでは?というワケなんですワ(≧▽≦;)

しかし、そんな心配は無用でしたよ。
チッコちびる程喜んでくれて、、オーナーさんが「あんな甘え方は他の人にはしない」と教えてくれた程甘えてくれました。

珊瑚にも会わせてあげようと連れて行ったんですよー。
、、まあ、最初は知らない場所なもんで、ちょっと緊張してましたけどね、、。
普段ならすぐシッポがテレっと下がってしまうのに、すぐに八蔵だと判ったらしくシッポが下がるような事はありませんでした。

珊瑚ってば、二ヵ月ぶりだと言うのに、相変わらず八蔵の事をしつけしようと般若顔してましたワ、ワハハハ!!
でも、八蔵もちゃんと本気じゃないと判っているようで「そんなん言わなくたって良いじゃない〜!」と食い下がってましたよ。

b0057675_22574664.jpg

b0057675_22581019.jpg

、、なんか、、こういうトコロは全然変わってないのな、、ふたりとも、、(≧▽≦;;)

が。
八蔵ぼっちゃん、、ハナシによると、とても落ち着いた子だそうですワ。
ワタクシ達が居る間はずっと喜んで興奮してくれていましたが、、普段はすぐに落ち着いてくれるんだとか。
他にも、ゴハンの時の様子とか気になる部分を尋ねましたが、心配するような事は何もありませんでした。
やはり里としては、、新しい家族にメイワクかけてないか気になる所ですもんね、ワハハ。

b0057675_2362455.jpg我が家を出てから、すくすく育って、トップの写真のようにムックムクな姿になってましたよ。
家を出る事は、まだ全身子犬の毛で、チュルンとした体型だったのになあ。
今ではもうすっかりシバイヌらしい姿に。

珊瑚&S丸君ゆずりの緩やかなカーブを描いたフサフサのシッポは圧巻でしたね〜。
今回間近に見て来た限りは、どうやらS丸君のシッポに似ているようですワ。
おまけに姿形も、、ホントにS丸君ソックリ(≧▽≦)/

実は、少々前にママン様もS丸君に会う機会があったんですが。
ママン様のS丸君のイメージは「ぼ〜っとしている」でした、、ワハハハ!!

な、なんという事を言うんですかいぃ!!
確かに、、ボ〜っとしているようにも見えなくはないんですけどね、、。
しかし、ああ見えてもやる時はやるぜなんですよ、彼は。
、、きっと、、。
、、多分。

b0057675_2316178.jpgb0057675_23162779.jpg

八蔵の事に関しては、何の心配もしておりませんでしたが、、。
ホントウにその通りでしたよ。

素直で、良い子に育ててもらってました。
ま、まあ欲を言えばちょっぴりポニョになりかかってるので、ちょっぴりゴハン減らしてやって下さいとお願いしましたが、ワハハハ!!!
彼は食いしん坊だから、きっと何でも美味しそうに食べるんでしょうし〜。

彼の笑顔を見て来たら、ますます何の心配も必要ないって事が身にしみましたよ。
良かったな〜八蔵、良い家族に迎えられて(≧▽≦)



、、、今日の所はこの辺にしておきますワ。
なんか眠気が襲って来ました。
グウ。
b0057675_23235021.jpg

by koryu_misumi | 2009-06-11 23:25 | Comments(32)

八蔵子育てゥヒ話 3

b0057675_20295365.jpg
子犬の成長と「社会化」について、簡単に説明すると、、。
生後〜生後2・3週間位までは「新生時期」〜「移行期」、その後2・3週間〜12週間位までを「社会化期」と言います。

よくワンコの世界では「社会化が足りない」なんて言いますが、、上記の時期をひっくるめて「社会化期までの経験が足りない」というような意味合いで使われる事も多いようですね。

b0057675_20393061.jpg子犬にとって大事なこの期間について考えた時に、ワタクシの頭にすぐ浮かぶのは「三つ子の魂百まで」ということわざです。

「アンタは幼児の頃にしてた事を、40歳になった今でもしてるよ。全く、三つ子の魂百までだね」なんて言い回しに使われるようですな。
この"三つ子"は三歳児という意味ですが、昔の人は"かぞえ"で年を数えていたので、実際は3歳未満。

まあ、使い方としては「ニンゲン、そうそう変わらないもんだよ」てな感じ。
裏返せば、三つ子までに経験した事は百歳になっても影響するんだよ、という事ですかね。

人によっては、この時期までにしっかりしつけておかないと、とんでもないオトナになる。というような受け取り方をしている人もいらっしゃるようですが、、。
ワタクシは違う風に思っています。

ニンゲンは、生まれた時は、ただのほ乳類のイキモノに過ぎません。
ウンチやシッコ以外には、何の引き換えも必要とせず無条件に愛してもらう事で「この世に在るヨロコビ」を実感しながら育ち、、。
また、母親や周囲のニンゲンの影響を受けて、はじめて「ニンゲンの赤ちゃん」になって行くんだと思います。

そして「ニンゲンとしてこの世に在るヨロコビ」を実感していくんじゃないかな、、人として存在する事に、無意識的な自信を持てるんじゃないかな。と思うワケですよ。

しつけなんぞは、それらが満たされてからでも、充分間に合うと思うんですよね。

だから、三つ子までの経験がその人の全てを決めてしまうワケじゃない。
三つ子までに、出来る限り人としての基礎を作ってから、、その上にその人の人生を築いて行くんだと、ワタクシは思うんですよ。



b0057675_2048201.jpgハナシは変わりますが。

以前、外国のアニマル番組を見ていたら、子豚で某実験をしていました。
母親&兄弟達から早く引き離された子豚と、普通に母親&兄弟達と一緒に過ごせていた子豚の違いです。
豚は泳ぐのが得意なイキモノなので、泳ぐ事で双方の違いがどのように現れるかを見ていました。

ひとつの円形プールがあり、水が満たされています。
水面下には一つブロックが置いてあります。
泳いでいる内にブロックに触れない限り、ソコにあるのは判らない。
しかし、ブロックを探し当ててその上に乗る事ができれば、泳がなくても余裕で呼吸が出来るのです。

母親&兄弟達と普通に過ごせた子豚は、、。
プールに入れられた直後はパニクってましたが、やがて落ち着いてプール内を泳ぎ回れるようになりました。
その内、自然にブロックをみつけて上がり、ホッと一息ついていましたよ。

早く引き離された子豚は、、。
ブールに入れられた直後からパニクって、まるで溺れているような泳ぎ方でした。
ちっとも落ち着けずに、自分の足がブロックに触れても気づきもしない程です。
散々バシャバシャと慌て泳ぎ回って、やっとの事でブロックに乗る事ができました。
もうその頃にはヘトヘトです。

、、ハナシはここで終わりません。

時間を置いて、また子豚達に同じ実験をしてもらいました。
普通に過ごせた子豚は、、違う場所からプールに入れられても、ちゃんとブロックがあった場所を覚えていたので、まっすぐソコに泳いで行って早々に休んでいましたよ。

早く引き離された子豚は、、再びパニクってました。
そして、最初に入れられた時と同様に散々パニクって泳ぎ回って、、やっと乗る事ができたのです。


b0057675_20555928.jpg上記の実験から、番組の人物もこんな風な事を言ってましたよ。
子供の時期の愛情と社会化が充分な子は、慣れない状況に陥っても精神的に落ち着けるのが早いのです。
また、同じ状況に接した時には、すぐさま前回の経験を生かす学習能力もちゃんとあります。

しかし、それが充分でない子は、パニックに陥りやすく、落ち着く事がなかなかできません。
その上、前回の経験がなかなか生かせない、、学習能力に問題があるんですよね。
なにしろパニクってるんですから、憶える余裕が無いんでしょう。
おそらく、この子は同じ間違いを何度でも繰り返すんだと思いますワ、、。

上の子豚は、そのようにして経験を生かせた事で、更に自信を深めて行く事が出来るでしょう。
まさに、この世に在るヨロコビを実感していると思います。
しかし、下の子豚は、大事な時期の愛情さえまともに受け取れなかったばかりか、自分に自信を持つ事すらできないのでは?

この子豚は、他の子豚達と一緒にされると、自分の身体に触れたからとキレて攻撃していました。
、、、精神的に非常に不安定で、、しかも、自分に自信が持てない構図。
この子豚は、この世に在るヨロコビを感じる事ができてるんだろうか、、。
実験のためとはいえ、その子豚が不憫でなりませんでしたよ、、、いつかは食べられてしまうんでしょうけどね、、。


b0057675_2143469.jpg親豚が何のしつけをするでしょう?
ただ、普通に親として愛情もって子豚の面倒を見るだけです。
子豚も普通に他の兄弟達とオッパイを飲んだり寝たり遊んだりしているだけです。
たったそれだけの事なのに、子供の発育にどれだけ影響を及ぼしている事か。

番組の人物は言っていましたよ。
これは、ほ乳類に、、ニンゲンにも当てはまる事だ。と。
ワタクシもまさにそう思います。
キレやすい若者達を作ったのは、はたして本人だけに原因があるのだろうか?

、、そして、この実験はそのまま、今の日本のワンコ状況を如実に表していると思いましたね。

勿論、全ての「早く引き離された子」が、皆同じように陥ってしまうワケではないでしょう。
個体差もあると思います。とても強く弊害が出る子、意外とそうでもない子。
弊害の現れ方も様々だと思います、、この子豚のように周囲に攻撃するタイプも居れば、自閉してしまって、なんの反応もない子だって居るかもしれません。

もし、この大事な時期が充分でなさそうな子を迎えてしまって、その弊害が出ているような場合には、、。
多分、早めに迎えた子で、、しつけもとても憶えにくかったり、何を考えているか判りにくかったり、キレやすいとか、おどおどしてるとか、、どうして"こう"なんだろう?と思うような兆候があるかと思いますワ。
そんな子には、、。
まず、経験できなかった愛情をできるだけ取り戻させてやる事が大事だと思いますワ。
「キミがこの世に在る」だけでも、とても素晴らしい事なんだよ。という事を。
この世に在るための自信を。


b0057675_2182224.jpgさて、子豚のハナシは置いといて。
八蔵に関して、、母親の愛情=珊瑚の愛情は、伊佐蔵とQちゃんの時の子育てを思い出せば、まあ充分だろう事。
他の個体との触れ合い=ワンコとしての社会化は、珊瑚は勿論、平蔵もいるからまあ、大丈夫かな。いっちゃんも居るし。
ホントは兄弟が居る方がもっといいんだけど、しょうがない。
、、、と思っていたワタクシですが。

今回は心配していた事があったのです。
前回にも振っておいた「帝王切開」ですね。
、、前フリが長過ぎてスンマッセン

そう、生まれたてホヤホヤで、まだ「犬」としても成立していない時期から、母親から受ける無条件の愛情が、、帝王切開によってどれだけ阻害されるか、という事ですワ。

八蔵の成長をご覧になって来た方には、彼が生まれたてホヤホヤの頃、夜中でも45分置きくらいにワタクシが起きていた事を憶えていらっしゃる方も多い事でしょうね。
、、オッパイを吸う時に、珊瑚の帝王切開のキズに触れてしまう八蔵。
その、まだコブシくらいの小さな八蔵に対して、痛みを訴えてガウガウ叫ぶ珊瑚、、。

その度にワタクシは八蔵を動かしてキズが痛まないようにしてやっていたのですが。
、、八蔵は気にせずオッパイを吸っていたように見えました。



b0057675_20452532.jpgが。

あの珊瑚が、です。


時々無意識に八蔵を避けようとするフシを見せる事があったのです。

あんなに子育てが好きな珊瑚なのに。
勿論、彼女なりに必死で我慢しているのが良く判るのですが、、ふとしたはずみに、そんな仕草を見せる事が時々。

「物心もつかない内から、母親に避けられる子供」とは、、。
八蔵の精神的な成長に影響が出るのでは、と非常に心配しました。

幸いにも八蔵は、ご存知のように小さな事にはこだわらない性格のようで、あまり弊害は出ずに済んだようです。
、、しかし珊瑚には、、。
「もうすっかり治っていて、痛みもないハズですが」と獣医さんに言われた後も。
八蔵がオッパイを吸いに来た時に、小さく唸るなど、不穏な様子を見せる事があったんですよ。

ニンゲンなら、帝王切開が何たるか承知の上ですから、それに伴う事柄を飲み込んで我慢する事も出来るでしょうが、、。
珊瑚にそんな事が判る訳はアリマセン。
彼女にしてみれば、ハンサム君を失って意気消沈している間に、いつの間にか眠ってしまい、気づいたらお腹の部分がもの凄く痛んでいるし、しかも見知らぬ子犬が目の前に!?
、、、ホントに、帝王切開で子育て放棄するワンコが居るのも良く判るような気がしますよ。

b0057675_20523353.jpg有り難い事に、珊瑚は八蔵をとても大事にしていましたよ。
、、子育てはしたい、、、でも痛い。
手術跡に痛みがある間の子育ては、小さなヘタレの珊瑚にとって、大変なジレンマだったに違いありません。
その影響が、、キズが治った後も小さなトラウマ状態になっていたんでしょうね。

観察する限りでは、寝とぼけていた時のような、、意識がしっかりしていない時に避けるフシを見せる事が多かったように思います。
珊瑚の意識がしっかりしている時は、そのような様子はほとんど見られませんでした。

そら、そうだよな。
ボ〜っとしている時には、無意識が働いてしまうもんだよね。
こんな事を経験させてしまって、ごめんよ、珊瑚。

、、、そんな心配も、やがて珊瑚が痛みをスッカリ忘れてしまった後には、しなくて済むようになりましたけどね(≧▽≦)
もう八蔵がうっとうしがる程、彼の世話をする珊瑚に戻っておりましたよ〜ワハハハ。

でも考えようによっては、、。
子犬がもっとデリケートな性格の子だったら。
母犬が、珊瑚程、子育てを大事にする子じゃなかったら。
おそらく、、なにかしら影響が出ていたのではないかと想像できます。


八蔵があの八蔵で、、珊瑚がこの珊瑚でホントに良かったと思いますワ。


ひとつ言える事は、帝王切開は、、しなくて済むに越した事は無い、、という事。
、、子育てをする母親はできるだけ万全で居させてあげる事が大事、、という事ですね。

続く。

b0057675_2215061.jpg

by koryu_misumi | 2009-06-07 20:39 | Comments(16)

八蔵子育てゥヒ話 2

b0057675_14411477.jpg
さて、八蔵の子育てを手伝うにあたって、、。
当初、彼の将来については、全く未知の状態でおりました。

判っている事は、もし、プロの所に行くんだったらそれほど心配しなくてもいいという事。
、、というのも、彼らは日本犬の扱いには慣れてらっしゃいますからね〜。
様々な年齢の子も居る訳ですから、仮に八蔵が我が家を少々早めに出る事になったとしても、社会性の心配なんぞする必要もありません。
展覧会場でも、ワタクシよく他所のワンコをチラ見して回るんですが、、ほとんどどの子も落ち着いており、彼らが日頃から精神的にも肉体的にも充分満たされているのがよく判りますしね。

ワタクシにとって、最もハードルが高いのは「八蔵が室内家庭犬として迎えられる」という可能性です。

ひとつの家族に「新しい家族の一員」として迎えてもらう事になるのですから、、しかも室内。
その家族のその後を考えれば、生半可な状態で八蔵を渡す訳にはいきません。


b0057675_14415354.jpg何度も書いて来ているように、日本のペット事情の暗い部分は、せっかく小さな家族を迎えた家庭に様々な弊害をもたらしていますよね。
子犬の健康や資質を考えずに行われる繁殖、社会性を学ばないままで売られている子達。


子犬を迎えて暮らして行くうちに、遺伝性の健康トラブルが表に出て来た家庭、、。
、、、例えば一生抱えなくてはいけないものだとしたら。
家族は早い段階で寝たきりの子を抱える事になってしまう事だって、、充分あるのです。
家族にしてみれば、それが原因で愛情が欠けてしまう事などあり得ないとしても、その子が世界で一番と思っていても、、。
現実的な話ですが、その為にかかる医療費が何年も必要となったり、その子を預けて出かける事もできなくなったり。
その子の健康と引き換えに、家族の時間をどれだけ消費しなければならない事か。


b0057675_14441496.jpg子犬を迎えて暮らして行くうちに、遺伝性の資質トラブルが表に出て来た家庭。
、、、例えば、交配に適してない程臆病な子だったとしたら。
ちょっとした事で突然歯を向いてくるような子を、、まさかそれが"臆病"から出たものだとは思わずに「歯向かうとは!」と言って叱る、、犬は更に怖くなって自己防衛の為に余計歯を向く、、それが判らずに更に叱る、、。

もう袋小路にハマってしまうワケです。
本来なら、ひとつの家族として存在しなければならないのに、家族どころか戦いの日々になってしまう。
いつの間にか、何の為に犬を迎えたのかと悩むようにさえなってしまうでしょう。


子犬を迎えて暮らして行くうちに、社会性の不足によるトラブルが表に出て来た家庭。
、、例えば、生後早い時点で母犬と引き離され、毎日を小さなガラスケースの中で過ごした子だったとしたら。

b0057675_1449376.jpg無条件に愛してくれる存在から引き離されて、、誰かと意思疎通を図る経験の無かった子は、、。
タップリ褒めてやっても無表情で喜ばなかったり、、甘え方すら判らずに触れ合いを求めようともしない。
一体この子は何を考えているんだろう???
ホントウなら家族として迎えたのに、、家族ではないような、まるで妙な居候のような存在。
可愛げが無く、いつまでたってもココロが通じ合わないのはどうしてなのか、、。
これではせっかくのワンコとの暮らしなんぞ、実感する事すら出来ません。


、、、、。
少なくとも、ブリーディングをする以上は、上記のようなブリーダーにはなりたくないし、、。
八蔵を迎えるはずの未知の家庭に、そんな思いを味わわせたくないのです。


b0057675_14544516.jpgワタクシの元には、そういったトラブルを抱えた人からのメールが送られてくる事があります。
ワタクシに判る事なら、思いつく限りを伝えるようにしています。
何度も何度もやり取りをして、少しずつでも改善していって、、ホントの「ワンコとの暮らし」が出来るようになってくれたら非常に嬉しい。
色んなトラブルを抱えていても、家族とワンコが協力すれば、、時間はかかっても克服して行く事も多いのです。

しかし、そんなやりとりをする度に、、ブリーディングの世界の抱える問題にドンヨリ沈んでしまうワタクシなのですよ。
、、これから子犬を迎える予定があるならば、、出来るだけ良いブリーダーから迎えて欲しいなあと切に願いますね。


b0057675_1552420.jpg八蔵の場合は、健康と資質については既にノ〜プロブレムな事が判っておりましたので、何の心配も要りませんでした。
その事については、ちょっと、、、というか、かなり気が楽でしたよ〜ハハハ。
これがね〜、、、伊佐蔵とQちゃんの時には健康面については気が気じゃなくて、、寿命縮まりましたもんね。

資質については、珊瑚の素直な可愛らしい性格も良いですし、S丸君の非常に落ち着いて肝の座った性格もグ!!
、、八蔵がどちらに似たとしても、構いませんでしたね。


、、、、。

となると、ワタクシがお手伝いを頑張るのは、社会性と、、しつけの基礎みたいなものかな?

と気楽に思っておったのですが。


そこに思わぬ伏兵が!!!


「帝王切開」です。

、、、続く(≧▽≦)/

b0057675_1591497.jpg
(最近のハチジョ〜(≧▽≦))
by koryu_misumi | 2009-06-05 15:15 | Comments(16)