「ほっ」と。キャンペーン


柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(632)
(160)
(117)
(106)
(22)

ブログジャンル

イヌ
日々の出来事

画像一覧

<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

あとちょっとでネズミ年

b0057675_21171147.jpg
今年もあとわずかとなりました。
昨日か今日あたり、御用納めの所も多いのでは?
皆様、帰省や大掃除にと、忙しい所でしょう。

b0057675_21214658.jpg我が家ではクリスマスはさり気なくスル〜っとスルーして、さっさと大掃除や年末年始の準備に頑張る事にしました(≧▽≦)
一応チビズにはケーキを焼いてあげましたけどね、、、。

ど〜せ焼く相手が居ませんよ……ええ、ええ!!

シフォンケーキは簡単ですぐ出来るので最近はしょっちゅう作ってやっています。
(写真はチーズとおからのシフォンケーキ)
チビズの為にチーズは低塩だし、砂糖も使ってません。かわりに蜂蜜を少々入れてますが、これが微かにふんわりと甘くてニンゲンが食べても美味しいんですよ〜。
チビズには激人気の品です。

そうそう、年始の準備と言えば面白い事がありました。
普段は弟君がする、鏡餅の準備なのですが、、今年は帰省の遅い彼に替わってワタクシが用意したのですよ。
家長がするんじゃないの?って思われたアナタ。
、、、ハッキリ言って我が家の(裏)家長はワタクシです、ハイ。


b0057675_21365786.jpgで。
いつもなら夕食の後はのんびり珊瑚のボール遊びの相手なんぞしているワタクシが、昨日は何やらごそごそしているのが、、どうも珊瑚には気になって仕方が無かったらしい、、。

宝珠の玉を作っていたら、、。
「それ、何作ってるの〜?」とテーブルに両手を伸ばしてクンクン、シッポフリフリ。

三方の準備をしてたら、、。
「それ、な〜に?」と脇の下から首をにょっきり出してはクンクン、フリフリ。

鏡餅を重ねていたら、、。
「それ、ごはんと同じ匂いがする〜」と思いっきり鼻を接近させてクンクン、フリフリ。

だいだいを鏡餅の上に載せていたら、、。
「それ、みかんとおなじような匂いがする〜」とこれまた今にもかじりつきそうな勢いでクンクン、フリフリ。

ワタクシが水神様に小さな鏡餅をお供えに行ったら、すかさずワタクシの後ろに金魚のフンのようについて回り、、。

また、火の神様にも同様に行ったら、勿論同様について回り、、。

ホントに小さな子供が興味津々でついてまわってるようで、可愛かったです。





、、、ただ、、。




あとで、、、。

ごはんと同じ匂いがする鏡餅をこっそりペロペロしてる所を、、。

ママン様に見つかってしまった事以外はね、、、。

b0057675_21424090.jpg写真1/キチンとオスワリ平蔵氏
写真2/香龍作シフォンケーキ
写真3/かわいい珊瑚ちゃん
写真4/朝の自転車走の後のご満悦オトコ組
写真5/本日を入れて、あと3日ですね〜。



実は。
あと3日の間に、、かわいい某カレンダーをゲットしたいワタクシでございます。
ウチのチビズではとても撮影できないと思われ、、、(≧▽≦;)
「珊瑚と銀牙のホームページ」でキリ番をゲットするともらえるのですが、、。
先日正夢を見たのですよ〜おホホホ!!!
、、、って、バラしたら正夢にならないんでしたっけ、、?


b0057675_21434215.jpg

by koryu_misumi | 2007-12-29 21:44 | Comments(22)

柴と徒然漫画/2007.12.26

b0057675_2094114.gif
猫(我が家のチビズは"ニャンコ"で覚えている)と一緒に暮らしているワンコは違うと思いますが、、。
そうでない、たいていのワンコは、、ニャンコを見ると興奮するようですね。
やはりハンターの血か?

既にご想像がついてると思いますが、我が家では赤柴軍団がまさにそれですワ。
珊瑚は元々はそれほどでもなかったのですが、、、生まれついての野生児伊佐蔵と一緒に暮らしている内に感化され、最近では興奮するようになりました。

ちなみに平蔵は、ニャンコを狩りの対象とは思ってない様子。
多分、まだ珊瑚も居ない頃、庭に入り込んで来ていた子猫をよく見ていたからだと思います。
ワタクシも工房に入り込んで来る子猫の相手をしたりしてましたし、、。
そういうのを見てきて、彼なりに判断していたのでしょうね。
、、、ホントに賢い子やな〜(親ばか)。

さて。
こんな風に対照的な黒柴と赤柴達なのですが、、。

実はこのハンターズ赤柴軍団、、大騒ぎの割にはハッキリ言って信用度低いんですよね、あははは。
確かに彼らはニャンコのニホヒには敏感です。
とにかく気付くと大喜びしてニホヒを追跡しようとするし、"その辺りに居るはずだ"と大騒ぎ。

が、、、。

そういう時にニンゲンが見るのは、まず平蔵なのですよ。

赤柴軍団が興奮している時、、。
平蔵が黙って、とある方向を見ていると、、たいていそこに猫が居ます。
(赤柴軍団は気付かない、、、)

赤柴軍団が興奮していても、、。
平蔵が全く反応せずにトットと散歩を続けていると、、たいていそこに猫は居ません。
(勿論赤柴軍団は気付かない、、)

おかしなものですよね。
猫に興味の無い平蔵の方が、猫の存在にいち早く気付くとはね〜(≧▽≦)
やはり赤柴軍団は無駄にカロリー消費してるとしか思えない〜〜。
このギャップに毎回笑わせてもらってますわ。


でもね。
赤柴軍団の名誉の為に、、。

時には赤柴軍団の追跡を許してやると、、、ちゃんと猫の所にたどり着くんですよ。
勿論、見つけた瞬間に速攻で逃げられますが(≧▽≦;)
さすがワンコのハナですよね。



シバツレマンガ楽しんでいただけました?
堪能していただいたら、恒例の「人気ブログランキングへ」ゲリラポチッ!をお願いします〜〜(≧▽≦)/

「人気ブログランキングへ」ゲリラポチッ!

(過去ブログに載せた漫画をご覧になりたい方は、カテゴリで「徒然漫画」を選択して遡って見てみてくださいな。)

by koryu_misumi | 2007-12-26 20:44 | 柴と徒然漫画 | Comments(14)

甘えん坊伊佐蔵とママン様

伊佐蔵こと「いっちゃん」は、もう3歳になろうかというのに、未だにオコチャマです。
普通シバイヌの3歳と言えば、、精神的に如実な成長を感じる年頃なはずなのに、、彼の場合はまだまだ先のハナシのようですな。
多分、両親犬の平蔵と珊瑚が一緒に暮らしてるせいかな〜と思うんですが、、。
だもんで、あのオッサン臭い顔に似合わずとても甘えん坊。
それだけなら可愛いモンなんですが、この「あまえんぼ」している所に平蔵や珊瑚がやって来ると、とても嫌がります。

毎回書いてますが、ジェラシーの強い犬と言いますか、、。
その幸せな時間を邪魔されるのが嫌で嫌で、腹を立ててしまうんですな。

ですので、平蔵や珊瑚が傍に居る時、伊佐蔵坊ちゃんを「あまえんぼ」させる事は控えております。
でも、先日、こんな光景を撮影できましたよ〜。



ママン様「いっちゃん。今日は誰も邪魔するのが居らんね〜。
どれ、おか〜ちゃんがダッコしちゃろうか(ダッコしてやろうか)」

b0057675_13524111.jpg

ママン様「カキカキしちゃろうかね〜」

b0057675_13535264.jpg

ママン様「なんね、足ば(を)動かして、、お腹カイイと?(痒いの?)」

b0057675_13545753.jpg


b0057675_13555863.jpg

ママン様「アゴの下がカイイと?」

b0057675_13562960.jpg

b0057675_13565648.jpg

b0057675_13575997.jpg

ママン様「判った判った、ここね〜」

b0057675_13582982.jpg

b0057675_13591510.jpg

b0057675_13594375.jpg


撮っているワタクシまでニヤニヤしちゃいましたよ(≧▽≦)
楽しんでいただけました?
堪能していただいたら、恒例の「人気ブログランキングへ」ゲリラポチッ!をお願いします〜〜(≧▽≦)/

「人気ブログランキングへ」ゲリラポチッ!
by koryu_misumi | 2007-12-23 14:02 | 柴と徒然フォトマンガ | Comments(32)

わんショット/2007.12.20

b0057675_10453514.jpg


b0057675_1045485.jpgb0057675_10462029.jpg

b0057675_1046353.jpgb0057675_10465431.jpg

b0057675_104756.jpgリフォームが終わって、緑の屋上になりました(≧▽≦)
以前のコンクリ仕様と違って、樹脂がタップリ塗ってあるので防水バッチリ。
何層にも塗ってある樹脂は、層の間に特殊なシートを挟んであるので、歩くと微かにフンワリしています。
チビズの足にはいい感じでクッションになっているようですが、、。
雨にぬれると滑りやすくなるので、屋上は晴れた日だけ「遊び解禁」。

前は雨だろうが屋上で遊んでいたんですけどね、、はは。

コンクリの頃よりも居心地が良いのか、寒い日もよく屋上に居ます。
しかしこの色、、撮影するとなんかちょっと色がキツいですね〜。
防水用の樹脂の色があんまり無かったもので(≧▽≦;;;)

近所の御山である叶嶽の参拝所から見えるんですよ、、この色、、うひゃひゃ。
by koryu_misumi | 2007-12-20 10:58 | わんショット | Comments(2)

マキタの充電式クリーナー様

b0057675_1094273.jpg
カテゴリを新しく作ったにも関わらず、まだ一つしかUPしてなかった「ワングッズ」!
久々に新たな我が家のワングッズの紹介です〜。

我が家が以前から「だいそん様(紫)」を使っている事は、割と皆さんご存知だと思いますが、、。
その「だいそん様」の伏兵が、コレ、株式会社マキタの充電式クリーナー。
これがけっこう使い勝手がマルなのですよ〜。

こんな事ありませんか?
、、って、、あるはずですな、、ワンコオーナーなら、、。

1.掃除機をかけた。
2.部屋がきれいになった。
3.ワンコが遊んだ。
4.毛が舞った。
5.掃除機をかけたのは幻覚だったのか?と思った。
6.こめかみに怒りマークが表示された。


ええ、ええ。
我が家では毎日ですよ、コレ、あはははは。

チビズが遊ぶのを見るのは楽しいんですけども。
換毛期ともなると、大きな掃除機をその度に引っ張りだすのはけっこうしんどいものです。
しかし、、。
よく考えると、ホントウに部屋が汚れてる訳ではなくて、、要するに毛だけなんですよね。
そういう時にはコレが重宝します。

小さくて軽いのでサッと出してざ〜〜っと部屋中かけちゃう。
充電式なのでコードの心配も無く、好きな場所に持って行けます。
「強」でかけるとだいたい15分くらいの持続力ですが、毛だけ吸い取るんだったらそれだけで充分です。
あとは部屋の隅っこに立てかけておいて充電しておけばいいんですもんね。
吸引力もけっこうあります。

勿論、小さな小さなゴミ、、、いわゆる粉塵系のゴミまで綺麗にしたいときは「だいそん様」に限りますけども。
ちょっとした掃除ならこれでバッチリです。
例えば、週に1〜2度ダイソン様に活躍頂いて、あとチョコチョコした掃除はコレって感じですね。
紙パックが10枚くらいと、ダストパックがついてますけど、、ダストパックばかり使ってますわ。
一応は環境に優しい我が家、という事で(≧▽≦)

充電池は500回くらい使えるそうです。
我が家ではつ〜はん生活から購入したので、アフターフォローもマル。
(つ〜はん生活での紹介ページはコチラ
以前は充電池に寿命が来たら、本体ごと送って新しい充電池に変えてもらえたのですが、
それだと、我が家のような地方からはちょっと送料が、、という問題がありました。
、、が!
最近のバージョンは電池だけ取り外して送付したら新しいのと交換してもらえます。
勿論有料ですけども(≧▽≦)、サイズが小さいので送料も押さえられてヨシヨシ。

しょっちゅう毛をとる為に掃除機かける家にはオススメです。

b0057675_11205269.jpg

by koryu_misumi | 2007-12-18 10:31 | わんグッズ | Comments(15)

どん底週末、、

b0057675_1024228.jpg


b0057675_102557.jpg



お題目を見て「何があったんだろう?」と思われましたね?
いや、、どん底なのはチビズでなくて、ワタクシなんですが、、、。

実は商売道具がぶっ壊れてしまったのですよ、、、。
窯に火を入れる為のボイラーなのですが、、それが突然反応しなくなってしまいました。
まあ、不幸中の幸いと言うか、焼成中に壊れなかったのだけは褒めてあげなくちゃ、、とは思ってるんですが、、、。

何を隠そう、秋のリフォームの関係で、今冬予定していた個展をキャンセルしてしまったワタクシ、、。
その分暮らしやすくなったから、まあいいやと観念していたのですが。
それでも仕事はしないとやって行けませんからね。
せめて来年を迎える前に一度くらいは窯に火を入れたい、と頑張っていたのに、コレですがな。

ツイてない時は、ツイてない事が重なる、、というんでしょうかね。
色々やっても自力では修理ができないと判った時点で、、しばし放心してしまいました。
あ〜、これでは商売上がったりやんけ。
修理に出して、直ればいいけど。
、、、買い直しかもな。

どっちにしろ、即日ってのは無理だろうから、年内にまた焼けるかどうか、、。



はあ、、、、。



、、、と30分くらい落ち込んでたんですが。


ふと見ると、心配そうにワタクシを見上げるチビズの目。
「どうしたの?」と小首をかしげて、小さくシッポを振ってくれてました。

そうやね。
チビズがこうやって居てくれるだけで、シアワセ者やね。
と、落ち込むのも早いが、立ち直りも早いワタクシ。
今出来る事をするしかないよな!
とは言っても、焼き物の会社はお休みだっけ。


、、、、とうわけで、結局チビズと遊ぶしか無かった週末でした(≧▽≦;;;)
(週末はボイラーに係っていたので、マンガ描けませんでした。スンマせん)

b0057675_10291948.jpg


写真上/たまに平蔵と伊佐蔵も遊びます。
でも平蔵はオトナなので、あっという間に終わってしまうんですよね、、。
それでもついつい平蔵を誘ってしまう伊佐蔵でありました。
ちなみに珊瑚は既に伊佐蔵と遊びまくって、疲れて休んでる所です。
写真下/オトコ組、満開の図。
どちらもママン様にお腹を撫でてもらってご満悦。
by koryu_misumi | 2007-12-17 10:40 | Comments(6)

絶対行けません

b0057675_9553197.jpg
ちまたで某「犬が登場する映画」が上映中らしいですな。
なんでも、、新潟の地震の時のとあるワンコがモデルだとかなんとか、、。


ええ、ホントウは詳しいハナシも知ってるんですけどね、、。
色んな動物番組で取り上げられたのもたいてい見てるしね、、、。
ホンモノのマリちゃん勿論可愛い子なんですが、、映画ではワタクシ好みのシバイヌが出てるって事も良く知ってるんですけどね、、、。


でも絶対見に行けません。


なんで、、?って、、。


コマーシャル見ただけで涙腺大爆発なのに、映画館なんて行ける訳ないんやんけ!
ワイドショーで「ちょっとだけご紹介しましょう」なんて、ほんのわずかな映像ですら袖口グシャグシャですがな。

映画館なんていった日にゃあ、、、、。

泣き死にます。

多分。


まあ、ニンゲン、"年喰うと涙もろくなる"とかいいますけどね。
ハッキリ言って「子猫●語」の頃さえ、コマーシャル見て涙腺堤防欠壊してましたから、、年齢的なものでもないようで。

そうそう、あの、北海道某湖に沢山あるので有名な藻の一種と同じ名前のワンコの名前の短編映画「マ●モ」もね。

、、泣きましたよ。

ええ、ええ。

あの犬小屋から出てるのが、作り物のワンコ足だって事だってちゃんと判ってるのにね。
更にわざわざPCの動画ファイルの10センチ角程のち〜〜さな映像で、、
「こんな小さな画像なら、平静を保てるに違いないぜ!」とか言いながら見たってね。
しかも。
「感動的な音楽があるからイケナインだよ!無音声で見れば大丈夫だぜ!!」とか言いながら見たってね。

「泣いたら負けだ!それこそが作り手の思うつぼダゾー!いっぱいのかけそばー!」
、、、とか、ワケわからん気合いを入れたってね。


大洪水なんだもんな、、、。


だから寿命を縮めるようなマネはしません。
多分翌日まで目の周りが殴られたようになる事は、容易に想像できますので、ハイ。

、、、ママン様は果敢にも「見に行こうかな〜」なんて言ってます。


一応「サングラスを持って行くように」と助言してますわ(≧▽≦)

b0057675_10191727.jpg


b0057675_10193612.jpg



写真1/珊瑚と伊佐蔵、どちらもヘソ天で寝てますワ、寒いのに。
写真2&3/平蔵に好き好きする珊瑚。耳がペタンコなってますね。
by koryu_misumi | 2007-12-14 10:21 | Comments(34)

2007.12.12/ワンムービー

b0057675_9571973.jpg珊瑚の「いちごのおもちゃでひとり遊び」

ヘソ天女王の珊瑚ちゃん。
ひとり遊びする時もヘソ天です。
彼女の口にちょうどよいサイズの、綿で編んであるイチゴ形のおもちゃ。
相当気に入っているようで、いつまでもむにゃむにゃ遊んでます。

ちょっと換毛中なので、自慢のお腹の裏白が薄いんですけども。
そこはまあ、珊瑚の可愛い動作に免じて見逃してくださいませ、あははは。

ちなみに、本館にも載せている、2004.4の頃の珊瑚の「珊瑚ちん、ひとり遊び」
、、、今では4歳4ヶ月になるというのに、生後9ヶ月の頃から全く成長がみられませんな、、。

、、、そこが可愛い所なんですけど(≧▽≦)!
by koryu_misumi | 2007-12-12 10:02 | わんムービー | Comments(18)

柴と徒然漫画/2007.12.10

b0057675_12134073.gif
先日、休み時間に伊佐蔵と遊んでやったら、、。
相当ハイになっていたらしく、マンガのような事態が起こってしまいましたよ、あはは!!!

普段は屋上へ出るチビズのために、網戸を開けてやってるんですが。
その網戸の開いている所と、網戸そのものの半透明な部分を見誤ったらしく、、。
まさに勢い余って(?)網戸をぶち破ってしまった、、という訳です。

大きな音にビックリして駆けつけた時には、なにやらオロオロとしている伊佐蔵と、大穴開いた網戸がそこに!

「なんじゃこりゃ〜〜〜なはははは!!!」

も〜怒るどころか、おかしくておかしくて(≧▽≦)
近所に響き渡る程馬鹿笑いしてしまいました。
、、当のぼっちゃんは「ボクは叱られる事をしたんじゃないか」とオロオロしてましたけども。
わざとやったんじゃないんですし、怒りませんでしたよ、ハイ。

それどころかネタ提供どうもありがとうございますって感じですかね。

まあ伊佐蔵の肩を持つ訳ではありませんが。
屋上は過酷な環境ですので、、網戸も少々劣化がきていたんだと思います。
伊佐蔵の脳みそと首は大丈夫だったかと、、後になって見てみたのですが、蚊程にも気にしておりませんでした。

さすが、伊佐蔵。そうでなくっちゃねえ〜!


え?



信じられない?




では。証拠写真。
b0057675_12154454.jpg



ちゃんと本人写り込んでるし(≧▽≦)




シバツレマンガ楽しんでいただけました?
堪能していただいたら、恒例の「人気ブログランキングへ」ゲリラポチッ!をお願いします〜〜(≧▽≦)/

「人気ブログランキングへ」ゲリラポチッ!

by koryu_misumi | 2007-12-10 12:29 | 柴と徒然漫画 | Comments(22)

ひとにしられでくるよしもがな、だよね、伊佐蔵

b0057675_10383638.jpg
我が家の近所にイノピピが徘徊する季節となりました。
友達の庭では既に罠にかかったイノピピもいるようで、、(ちなみに友達は囲炉裏端の店をやっている…料理されてしまったのであろうか、、)。
当然、山方面の散歩コースはどこもかしこもイノピピがほじくり返した跡ばかりです。

b0057675_10405568.jpgそんな散歩道。たまには上を見ながら歩いていると、、トップの写真のような山の幸を見つけました。
まるで野いちごが巨大化したようなその姿。
最初何の実だか判らなかったのですが、チョイと調べてみると「サネカズラ」という蔓性の植物で、昔々はこの蔓から採る液体を整髪料に使っていたそうな。
ほほ〜、これがあの、歌に歌われたサネカズラか〜、、という事で、有名な句を写真と合わせてUPした次第。

素晴らしい赤い色はまるでビルマルビーのような美しさですねえ。
これで食べられれば嬉しいんですが、、、あはは。

b0057675_10502160.jpgこれはヤマブドウ。川の対岸だったのでちょっと写真が遠いんですが、チラリと実が見えるの、判ります?
年によって、甘くてウマい時と、とても食べられたもんじゃない時、、どういうワケか気まぐれな味付けなんですよね。
写真はまさに野生のものなのですが、、これをちゃんと栽培して商売されている所もあるようで、そういう所のは実も沢山成って、甘くて美味しいんだろうなぁ、、。

まあ、我が家のチビズは拾い食いはしませんが、食べられる実を見つけたときは時々ワタクシがあげてます。
木いちご、野いちご、ナツメ、ぐみ等々。
そうそう、先日は伊佐蔵がドングリを拾ってはむしゃむしゃしてましたわ、、。
(勿論ワタクシの承諾済み)
不思議な事に、平蔵と珊瑚はドングリを拾っても食べないんですが。
やっぱり伊佐蔵ってば野生の血が強いんでしょうかね?

b0057675_11183273.jpgその伊佐蔵坊ちゃん。
またしても恋煩いをしております。
今日は朝から早起きして屋上を開けろと要求し、寝とぼけ眼のワタクシにドアを開けさせてました。
おまけにお腹はゆるゆるになるし、朝御飯は食べないし。
おかげで今朝から「伊佐蔵隔離体制」を実行中ですわ。

いっちゃんてば、野生児でワイルドかと思いきや、こういう所はその風体に似合わず妙にデリケート。
恋煩いの度に食欲とお腹の調子が狂います。
、、、、そのくせ食べもしない御飯が入った器の傍で、ごはんの番犬してしまうんですけどね、、。
こんな時に平蔵や珊瑚が近寄ろう物なら「ボクの御飯を横取りする気だなー!」と勘違いしてしまうので、気をつけてあげないといけません。
とは言っても、そのままだとかえって伊佐蔵が可哀相なので、さっさと器を取り上げて片付けてやりました、ははは。
、、でもそれとは別に平蔵と珊瑚だけ御飯を食べているのが気に触るのか、それで八つ当たりする事が過去に何度か。
自分は食欲無いくせにね、、もぉ幼児と一緒ですわ。道理が通らないというか。
てなワケで、よけいな心配をせずに済むように「隔離体制」。

一定時間経つと、落ち着いていつもの伊佐蔵に戻ります。
すると「お腹が減った」だの「遊びたい」だの言いだすのですよ。
そうしたら隔離体制を解除してあげます。
伊佐蔵の恋煩いのピークは早朝から午前中いっぱい、という感じですね。
あとは夕方の散歩の直後は、まだニホヒの余韻が残っているせいかやや興奮していますが、、朝のように食欲がなくなる程ではアリマセン。

b0057675_11163194.jpgこういう所は平蔵に似てても良かったのになあ。
平蔵なんてしょっちゅうハレたのホレたのやってますが、かえって食欲増して元気いっぱいになるくらいなので、心配なんかした事無いのに。
なんと言っても平蔵は、チビズの中で一番図太い神経の持ち主ですもんね。
伊佐蔵は恋に関してはストイックな珊瑚に似ているようです。
、、、ま、まあ珊瑚も食欲だけは減った事ありませんが、、、。

ホントにそれぞれ体質も個体差があって面白いですワ。
伊佐蔵が食欲も無く窓の外をじっと見つめる姿は、、まさに恋煩いの青年って感じで、可愛くてなりません。
ちょっと真剣に思い詰めすぎる感もありますけども、、。
今時の若い人達にしてみると、うざったいタイプのオトコかもしれませんね、あははは。
一歩間違うとストーカーになりそうな、、そんな感じ(≧▽≦)
サネカズラの一句は、なんとなく今の伊佐蔵の心境と言った所でしょうか?

b0057675_11423545.jpgでも救いは。
この恋煩いはほんの数日で終わってしまうって所ですかね。
2日も経つと、まるで何事も無かったかのように、いつもの伊佐蔵に戻ります。
きっとその恋煩いの相手のオンナノコの「真・お姫様(妊娠可能期)」の間だけって事なんでしょうが、、。

その"瞬間"を見逃さない所は、、やっぱり平蔵の遺伝子を受け継いでるって事なんでしょうねぇ〜、あははは。



b0057675_11473349.jpg写真1/サネカズラ
写真2/サネカズラアップ
写真3/ヤマブドウ
写真4伊佐蔵満開の術…よかった、タマタマに毛が生えてて、、
写真5/平蔵氏
写真6/珊瑚嬢
写真7/これは何の実だろう?
by koryu_misumi | 2007-12-07 11:53 | Comments(10)