柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(674)
(185)
(133)
(116)
(28)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

順調でございます〜(≧∇≦)

b0057675_2133153.jpg
先日のシバツレ日記において、皆様には、沢山の暖かいお言葉を有り難うございました〜!!
おかげさまで順調に回復しているママン様でございます。
ワタクシもなんとか頑張っております、もうちょっとの辛抱でございます(^∇^)/

さて、今日は、ママン様が骨折する直前に撮っていたかわいいチビズの写真がありますので、それをUpですよ〜。

b0057675_21361633.jpg

珊瑚はママン様が朝からノンビリしていると、土日と思い込んでいるらしく、、。
そりゃあ〜もう定年退職してるから、毎日土日と同じようなモンなんですが(-∇-;)
これまでの我が家の土日と言えば、「パン食」で「特別に無礼講」の日だったワケでして。
普段は許してもらえない「椅子にあげてもらえる」「パンクズをもらえる」という特典があったワケですよ。
それが珊瑚にとっては「最近毎日特典の日なのね」という感覚らしい。
こうやって、ママン様の椅子の空きスペースに上がり込んで、腕の間からテーブルの上を物色しているんですね〜。
可愛いヤツめ。

b0057675_21403641.jpg

何も貰えない事に、あきらめて珊瑚が降りて行った後に、、今度は平蔵が来ました(≧∇≦)
強引に顔を出しているので、とんがった顔になってますわ、アハハハ。

ちなみに伊佐蔵は一番下っ端なので、特典日でも椅子にあげてもらえません。
、、ので、こんな写真もありませんわ〜。
スイマセン、伊佐蔵ファンの皆様〜〜、、って、、居るのか!?(≧∇≦)
というのも、チビズの序列の為にそれぞれ微妙に許可レベルが違うのですよ。
例えば。
●ママン様の部屋に入れるのは平蔵だけ。
●ワタクシの部屋に入れるのは平蔵と珊瑚だけ。
、、という具合に「椅子の上」も含めて、ありとあらゆる場面にその許可レベルがあるんですね〜。

その前に、、伊佐蔵に椅子の上許してたら、、そのうち壊れそうですな、椅子が、、。

ところでママン様が骨折した翌日に、伊佐蔵坊ちゃんはご機嫌ナナメで平蔵に喧嘩ふっかけてしまいました。
、、次のシバツレネタにしましょうかね(≧∇≦)

写真1/チビズ集合写真
写真2/珊瑚ちゃん
写真3/平蔵さん
by koryu_misumi | 2007-04-26 21:54 | Comments(22)

ヒマ無し香龍でございます

b0057675_10531940.jpg
皆様ご無沙汰しておりました。
実は前回の日記に書きそびれていた事なのですが〜。
ワタクシ、ただいまなかなかブログを更新できない状況にあります。

え?個展の準備、、?

b0057675_1056485.jpgハイ〜それもありますが(ちなみに5/14~5/20、福岡天神にて(≧∇≦))、、。
そんな事より、ママンが利き腕を骨折してしまいまして、、その分も兼ねて忙しくなってしまったからなんですよ、アハハハ。
4月に定年退職したママンに、ゆっくり羽を伸ばしてもらいながらも、、、個展前という事もあって、これまでの家事のちょっぴり何割かを分担してもらっていたワタクシ。
ほんのそれだけでも「お〜、こんなに仕事に専念できるとは夢の様〜」と有頂天になっていたんですが、、。
その矢先の出来事でございました。
、、、おかげでママンが定年退職する以前より、更に忙しくなってしまい、、(≧∇≦;)

シバツレネタはいっぱいあるのですが、、(ああ〜勿体ない〜〜)しばらくは簡単更新か、更新のスパンが開いてしまうと思います。
どうぞご了承くださいまし〜。

ちなみにママン様は、元気いっぱい(?)養生生活を送っておりますので御心配なく。
今ではすっかり左手でお箸も上手に使える程、順応してますので〜アハハハ。

b0057675_1054815.jpgところでママン様。
部屋を片付けている最中にズッコケそうになって、思わずその辺りに手をついたのが骨折の原因なんですが、、。
あまりの痛さに声を殺してうずくまっていた所。
そこへ駆けつけてきたのは伊佐蔵坊ちゃんでアリマシタ。
この間、平蔵と珊瑚&オヤジ様はお昼寝中、、。
「またおか〜ちゃんが、何かひっくり返したんだな」程度に思っていたんでしょうな(≧∇≦)
実際、時々そういう事します、ママン様。
チビズが慣れてしまうくらいにね、、。


駆けつけてきた伊佐蔵は、ママン様の様子を覗き込み「キュウキュウ、、キュウキュウ」と心配そうに声をかけていたそうですよ。
あ、ワタクシはこの時トイレに行っておりまして〜〜(≧∇≦)
、、、でも後で「アンタ達すぐに来んかった。薄情者〜」と平蔵や珊瑚と一緒に批難されてしまいましたけどね、、。

んで、本人は捻挫と思い込んでいたワケなんですが、、。
様子を見ると捻挫どころじゃ無さそうなので、速攻で病院に連れていった所、骨折と判明。
ほとんど動かさずにすぐ連れていったので、ズレも無く、手術の必要もなくて済んだと医師に言われましたよ〜。良かった良かった。
病院から帰ると、チビズ全員…特に伊佐蔵は母にくっついて心配そうにしていました。
なんとなく飛びついてはイケナイのが判るのか、皆そうっと甘えてましたね〜。

今は毎日チビズと一緒に、のんびりお昼寝してもらってます、ママン様(^∇^)
両脇と足元に3匹揃ってママン様のボディガード&湯たんぽ犬タンポですワ。
チビズの癒し効果で、きっと早く良くなってくれる事でしょう。

、、そ、、そうでないと、、、こ、困る〜(≧∇≦;;;)

写真1/玄関にて
写真2/昼寝したままだった、薄情夫婦
写真3/心配してくれた、優しい伊佐蔵
by koryu_misumi | 2007-04-23 11:12 | Comments(28)

マウス事件

b0057675_10102621.jpg
ささ、寒い〜。
先日から寒気のおかげで一気に2〜3月へ逆戻りした寒い福岡です。
なにしろ山間部では雪降ったくらいですからね、、アハハハ。
雷は鳴るわ〜、雹は降るわ〜、辺りは昼間っから真っ暗になるほどの雨雲に覆われるわ〜で、なかなかスリリングな数日でした。

なのに。
なのにちっともいつもと変わらないチビズ(-∇-;)
あまりにも激しい雷に、一旦仕事の手を止め、家電類のコンセントを抜いて回ったワタクシに「散歩?もう散歩に行く!?」と嬉々として見上げる平蔵、、。
鳴り響く雷よりも、自分が寝ている場所を取られる方がイヤで平蔵にヤキモチ般若顔する珊瑚、、。
背後でバンバン雷落ちているのに、ポケットに手を突っ込むワタクシの姿に「オヤツ出すの?」とお利口に催促する伊佐蔵、、。

、、ワタクシと母は、、雷が好きなんですが。
その影響なんでしょうかね(-∇-;)?
おかげで遠雷鳴る中、身の危険を感じつつも、いつもと同じように散歩しておりましたよ、アハハハ。


b0057675_1011231.jpgところで、話は全然違う話題に移りますが、、。
我が家が田舎にある事は皆様ご存知だと思います。
んでもって、野生生物の宝庫(?)でもあるワケですナ。
イノシシやタヌキ、ハヤブサ、、、なんて〜のはもう普通に居るワケなんですが、、。

実は、先日の夜。

久しぶりに居間でちょいとテレビゲームをしていたワタクシ。
寄りかかっているソファの上には、母と珊瑚がスヤスヤと寝ており、ワタクシのお股の間には伊佐蔵がでかい図体を埋めて寝ておりました。
(この時、平蔵はオヤジ様と一緒に別の部屋でスヤスヤ)
皆寝静まってしまったし、たまには…という事で、テレビの音量も小さくささやかに遊んでいた、その時!!!
ワタクシの左脇を、小さなイキモノが幻のように駆け抜けて行ったではありませんか!

んが!?

b0057675_10114734.jpg普段から小さな目を更に"点"にして、フリーズしたワタクシ。

ホントウに一瞬でしたが、そのイキモノの姿は網膜に焼き付いておりましたよ。

それは、、なんと、野ネズミでした。

田舎で良かったなあ〜と思うのは、家の中に入り込むネズミが「ドブネズミ」のような”ラット”ではない所ですな(≧∇≦)
ラット系のネズミはデカイし、可愛くないので(←偏見)あんまり好きではないんですが。
野ネズミは”マウス系”で可愛いんでスワ〜。
目がクリクリっとしてて、タマゴサイズ(S)の小さな身体。チョコマカと動く姿もプリティ〜。
よくペットとして可愛がられているジャンガリアンハムスターや飛びネズミなんて、原産地ではマウス系野ネズミですもんね。
まあ、家を建て直してからというもの、家の中に小動物が入り込む事は無かったんですが、、。
この日は母がアチコチ開け放して掃除してたので、、多分そんな時に入り込んでいたんでしょう。
建て直す前は時々入り込んでいたっけ、、(-∇-;)ホントにボロボロでしたもんね〜壊す直前は、、。

b0057675_10121971.jpgで。それが、事もあろうに、ゲーム中のテレビの後に逃げ込んだのでございますよ(≧∇≦)

きっと誤って昼間入り込んでからというもの、、居間が静かになるのをじっと待っていたに違いアリマセン。
なにしろ犬が3匹も居るし(-∇-;)…ネズミにとっては地獄の使者も同然ですよ。
彼(彼女?)にとっては、地獄に迷い込んだ気分だったでしょう(≧∇≦)
でも、なんとかして外へ帰りたかったのではないかと、、。
小さな身体で何時間もじっと息を潜めていたかと思うと、ちょっと可哀想になりました。

しっしかし!
ここで騒いで赤柴軍団を起こしてしまう訳には行かない〜〜!!
もっと大騒ぎになる事間違い無しですワ。

ワタクシは股の間の伊佐蔵を起こさないように、そうっと立ち上がって、テレビの後のガラス戸を開けました。
で。なんとかネズミを出そうと思って床をそうっと叩いてみた所。
テレビの下を覗き込んでみても姿も見えない、、。
「なんとか出られたかな」とまずはホッと一安心でした。

ところが。
後になって「ネズミが出たとよ〜」と母に言いながら台所を片付けていたワタクシの、ちょうどその視線の向こうにはテレビがあるんですが、、。
その隣のゴミ箱の足元の暗がりにキラリと光が!!

「まっ、、まだおるがな〜!」
その光は、ネズミの目が光を反射したものだったのです。

b0057675_1013081.jpgどうやらテレビの横のゴミ箱の影に隠れていたらしい。
ゴミ箱の周りも懐中電灯で照らしてチェックしていたんですが、、上手く見つからないように立ち回っていたのでしょう。
「お母さん…さっきのネズミ、まだおった。伊佐蔵をさりげなく捕まえとって。」と咄嗟に頼みました。
そして、足音を忍ばせて再びガラス戸を開け、、。
「どこ?」と母。
野ネズミちゃんは、平蔵のサークルの脇にそうっと出てきて、辺りをうかがっているではアリマセンか。
更に、逃げやすいようにカーテンもそうっと、、、。

ああ〜っ!!

野ネズミちゃんが気配を察知して、チョロロ〜〜ッと走り出してしまいました。
その時になって始めてその存在に気づいた赤柴軍団!
今の今まで熟睡していたとは思えない程の反応ぶりです。
自分を捕まえていた母の腕などものともせず、はじかれたように飛び出す伊佐蔵。
ソファの上に駆け上がってネズミの行く末を追う珊瑚。

可愛いとはいえ、野ネズミです。
直接接触するのだけは避けたい〜!
「ダメ!!ダメダメダメー!!」と母。
慌ててソファの反対側を突っ走ったワタクシ。
ソファを隔てて、出会い頭のワタクシの目に彼らの姿が映った時には、まさに伊佐蔵はネズミを手で押さえようかという瞬間でした。

「マテ!」

b0057675_1014861.jpgワタクシの声に一瞬躊躇の伊佐蔵。
そのスキに伊佐蔵のシッポを捕まえる母。
伊佐蔵の猛追を逃れた野ネズミちゃんは、そこから冷蔵庫の後に隠れ込んでしまいました。
勿論それで伊佐蔵の興奮が収まる訳ではありませんが…とりあえず、引きずって下がらせましたよ(-∇-;)
ここからなら、お勝手口に誘導出来そう。
てなワケでお勝手口を開放して、ホウキで脅かして追い出す事に成功しました(≧∇≦)/
野ネズミちゃんも、無事野に戻る事が出来てホッとした事でしょう。

その時になって、、。
ソファのテッペンで固まった珊瑚に気づいた訳ですナ(≧∇≦)

そう、珊瑚ちゃん。
ビックリ仰天してしまって、すっかりフリーズ状態でした、アハハハ。
彼女はホントにハプニングに弱いと言うか、許容量が小さいと言うか、、そこがまた可愛いヤツですよ。
もう、目が真ん丸になって、ソファの上からお勝手口を瞬きもせずに凝視しておりましたよ。
そこで「珊瑚、ビックリしたねえ〜」と抱き上げて声をかけると、ちょっと我を取り戻した様でした。

伊佐蔵は、やはり伊佐蔵らしい反応でしたね(≧∇≦)
あとほんの少しでも遅かったら、きっとあのデッカいニクキュウで野ネズミを押さえ込んでいた事でしょう。
想像するだけで、ヤベ〜〜と思いますワ。
野生生物は何を身体に持っているかワカリマセン、、それが一番コワい所です。

とにもかくにも。
野ネズミにも、チビズにも、、ニンゲンにも一件落着でホッとした夜でございました(≧∇≦)

写真1/散歩中の伊佐蔵の、朝からデレッとした笑顔
写真2/カメラを構えると寄ってきました平蔵
写真3/平蔵を抱っこしていた母の、その膝に更に強引に上がってきた珊瑚「あっちいってよ」と平蔵に目で訴えてますな、、。
写真4/展覧会場でも伊佐蔵より大きいタマタマワンコは居なかったように思う、、。
写真5/やっと撮影できた「マメちゃん」
写真6/「もうちょっとでネズミ捕まえるとこだったのに、、」
by koryu_misumi | 2007-04-18 23:59 | Comments(18)

恒例の春

b0057675_1644341.jpg
季節はすっかり春爛漫といった今日この頃ですが。
我が家のオトコ組にももれなく恒例の「春」がやってきました(-∇-;)
そう、、散歩コースに漂う香しい"お姫様(ヒート中のオンナノコ)のニホヒ"、、。

b0057675_1645622.jpg今朝も「早く早く早く!」と玄関ひっかいて散歩を催促した平蔵。
散歩コースに点在する、お姫様が残したオシッコの跡を見つけると、ついついペロペロしたくなってしまう彼ですが、、。
ワタクシが、そうしないように目を光らせているにも関わらず、思わずペロペロしようとしてカミナリ落っことされてます。
、、オシッコチェックをすると、H可能な時期かどうか判断できるらしい、、。

叱られるのは重々承知しているにも関わらず、、そして何年も何年も叱り続けてこられたにも関わらず、本能的なものが相当強いのか、ちっとも憶えられません(-∇-;)
この時ばかりはクールで頭の良い平蔵はどこかへ行ってしまうらしく、もう何も考えられないといった感じです。
助平オトコの悲しい性というヤツですな。

珊瑚のなら、、許さないでも無いけど、、やっぱりどこのコか判らないようなのはねえ、、ちょっとね。

と言っても、珊瑚は自分のオシッコ姿をじ〜っと見つめられるだけでも般若顔になってますので、その心配はアリマセン、アハハハ。
ちょっとでもそんな素振りを見せようものなら、地獄から呼び出された召還獣よろしく平蔵に裁きが下されます(≧∇≦)
でもすんごい嬉しそうに逃げるんだよな、平蔵、、。

上記さえちょっと気をつけていれば、普段よりハイな平蔵の散歩姿を見るのは楽しいもんですよ、アハハハ。

b0057675_16465372.jpg同じオトコとして、見逃せないのが伊佐蔵なんですが。
彼もまた時々ペロペロの誘惑にかどわかされておるようです(-∇-;)
頼みもしないのに、好色一代男遺伝子がしっかりと受け継がれている模様、、。
頭と性格のいい所だけ似てくれれば良かったものを、、ハァ。
、、ひょっとして、「頭&性格」って「好色」とセットなのか!?


勿論、こちらもワタクシの鋭い目が光ってますので、そんな素振りを見せた時点で睨まれます。
すると、、なんと伊佐蔵坊ちゃん、、。
「ぼ、ぼ、ぼく、してないです」と上目がちにしながらも、微かに開いた口元からヨダレがそりゃ〜もぉダラダラと!!
口から地面まで筋引いて落ちるではアリマセンか。
瞬間大量生産のその生産量たるや、ビョーキじゃあるまいかと一瞬ビックリするくらいですよ。
もう「ヨダレ過剰分泌症候群」とか、そんな名前付いてそう(≧∇≦)


素敵なお姫様のカホリに、、ヨダレを垂らすとは。


、、まるで漫画やな、いっちゃん、、(-∇-;)


b0057675_16484253.jpgちなみに、珊瑚嬢のお姫様はまだまだ先です。
現在の毛並みを見るだけでも、、しばらくは安心できるのが判ります。
たいていは、生え変わった毛がすっかり満タンになって『まさに今美しい!』という風情になって来ると要注意。
"お姫様"は、外見もまさに"お姫様"と呼ぶに相応しい時期にやってくるもんなんですよね〜。
彼女の桃尻は、まだ青い桃、といった感じです。

これがフッサフサの美味しい綿菓子のような桃尻になる頃、、。
我が家には"お姫様"という名の、般若姫がやって来る事でしょう、、(≧∇≦)

b0057675_16531760.jpg

写真1/散歩中の平蔵と珊瑚。最近の珊瑚は御機嫌です
写真2/ハイに歩く平蔵
写真3/相変わらずデレっとした笑顔の伊佐蔵
写真4/赤柴親子、一緒に番犬の図。コーモン様の高さがあんなに違う、、
写真5/オトコ組、でっかい息子が甘えてます
by koryu_misumi | 2007-04-13 16:56 | Comments(20)

Salvador Dali

「サルバドール・ダリ」

シュルレアリズムの画家として有名。
ぐんにゃりと小枝に引っかかった時計の絵、などというと「あ〜」と思われる方も多いのではないだろうか。
そんな彼は、彼の存在そのもの・人生そのものがアートだったとも言える。
彼の風貌を思い浮かべると、両側にピンと跳ね上げた鼻ヒゲを思い出さずにはいられない、、。
、、、。



てなわけで。


我が家ではこれを「ダリひげ」と呼んでいる、、。

b0057675_2072165.jpg


珊瑚嬢、ここ3日程「ダリひげ」続行中です。
寝癖で型がついたんだか知りませんが、可愛いのでいつまで保つか見守っている所ですワ(≧∇≦)

それにしても、、、なんてアーティスティックな我が家、、フフフ。
by koryu_misumi | 2007-04-10 20:15 | Comments(18)

飼い犬に手を噛ま、、!?

b0057675_2249121.jpg
まず初めに、、念のために宣言しておきます。
「先日のシバツレカレンダーのガードレールですが、決して落書きはしておりません」
あれは落書きしたように画像処理しただけですので〜〜アハハハ(≧∇≦)
ワタクシはもっと字が下手です、ハイ。


b0057675_2252169.jpgさて、話は変わりまして、チビズの話題とまいりましょう。

我が家の散歩コースには、名前は知らなくとも、もうすっかり顔なじみの方々が大勢いらっしゃいます。
犬好きな人はチビズに声を掛けてくれますし、そうでない方もにこやかに挨拶してくれます。
先日夕方の散歩の時に出会ったお二人も、そんなオジサン&オバサン(ご夫婦ではない)。
すれ違う時には必ずお互い笑顔で会釈して、朝には「おはようございます」夕方には「こんにちは」とご挨拶するのですが、、。

その日のふたりの笑顔は、どこか違っていた。

「こんにちは〜」といつものように、のんきに挨拶しながら通り過ぎようとした我々に、なにやら怪訝な表情で近寄って来るふたり。

"ん?なんかついてるのかな、ワタクシの顔に?"と思ったのもつかの間。

「あんた、、腕は大丈夫な?こないだ腕に噛み付かれよったごたあばって、、離れんでふりまわしよったろ?」
(あなた、腕は大丈夫かい?この間腕に噛み付かれていたようだけど、、離れなくて振り回してただろう?)

一瞬、何の事か判らず「は、、?」と目を丸くしていると。

b0057675_2256959.jpg「噛み付いとったのは、どれね?この犬ね?」
(噛み付いていたのは、どれだい?この犬かい?)
「こげんしよったろうが」
(こんな風にしていたでしょ)
、、と腕を伸ばしてブンブン振り回してみせるオジサン、、。

「、、、、?」←ワタクシ。
その時、ハタと合点が行きました。
その日の朝の散歩の時に、伊佐蔵のリードを引いていたワタクシ、、。
意外にも散歩を始めてすぐにウンチをしてくれたので、ご褒美の代わりに「いっちゃん早くウンチしたな〜。オリコウさん〜」と軍手の取り合いっこをして遊んだのを思い出しました。
他にも、、軍手に喰い付いた彼と、ヨイショヨイショと引っ張りっこしたり。
軍手に喰い付いた彼をぶら下げたまま「ブ〜ン」と振り回してやったりするんですが、、。

そうやら、その姿が、、遠くから見ると、、。

腕に喰い付いた犬と、それを引き離そうと振り回すワタクシの姿に見えたらしい、、(-∇-;)

た、確かに遠くから見るとヤバい光景かも、、アハハハ。

b0057675_22565728.jpg「あ、喰い付いていたのはコレです(≧∇≦)」と笑いながら伊佐蔵を指差すワタクシ。
ついで、噛み付かれていた訳ではなく遊んでいた事を説明すると、オジサンとオバサンは「え?遊びよったとな?(遊んでたの?)」とビックリ。
そして皆で苦笑してしまったのでアリマシタ〜〜(≧∇≦)

オジサンもオバサンも平蔵が散歩を始めた頃からの知り合いな上に、犬が好きな方達なのでよく触れ合ってもらっているんですが、、。
チビズが人に噛み付くような犬達じゃないって事、、良くご存知なのになあ。
よっぽど遠くから見る光景がヤバそうだったんでしょうナ、アハハハ!!

し、しかし、、。
こんな遊びしょっちゅうやってるソ、ワタクシ、、。

時々、、遠巻きに我々を避けて散歩される方に気づく事があるんですが。
ひょっとして、、ひょっとしたら、、(-∇-;)

ナハハハ、、。

b0057675_2365971.jpg写真1/ワタクシに噛み付いていた(ように見られた)伊佐蔵
写真2/公園で一休み、見つめ合う夫婦
写真3/遅れた赤柴軍団を待つ平蔵
写真4/涸れた溝に、野生生物のニホヒを感じた珊瑚、、気になりつつもシッポが、、(-∇-;)
写真5/散歩中のデレッとした笑顔&あくび伊佐蔵(トップの写真とは別犬、、)
by koryu_misumi | 2007-04-06 23:08 | Comments(14)

サクラと一緒に

b0057675_15103661.jpg
皆様ご無沙汰しております〜!
生きてます〜〜(≧∇≦)
某団体の展覧会も無事終わり、事後処理に追われておりましたが、やっと一段落着きました。
ここ数日、すっかり放置してしまいスイマセンでした!
皆様には「ビョーキなんだろうか」とか「インフルエンザ!?」とか「夜逃げか!」とか、色々ご心配をおかけしましたが、相変わらず元気に過ごしておりましたよ。
、、え?
全然心配してない、、、?
そ、そうっすか(-∇-;)


b0057675_15211342.jpgさて、今月もつたないシバツレカレンダーをUPしましたので、使いたい方はどうぞお好きに使ってやって下さいまし。画像のサイズ変更や、いっちゃんにヒゲを書き加えたり、ハナミズ書き加えてみたりしてもかまいませんので〜、アハハハ!!!
満開のサクラをバックに、ちょいと格好つけている伊佐蔵坊ちゃんであります。

サクラといえば、福岡のワタクシの行動圏では、エイプリルフールの日曜日あたりが一番の見時でしたよ〜。
あいにく微妙な小雨模様でしたが、お祭り好きの福岡県民はめげる事無くあちこちの花見地区でどんちゃん騒ぎ。
その日は展覧会の最終日だったのですが、、なんとな〜くアルコール臭ただよう来場者もいらっしゃったりしてね(-∇-;)
それでも皆さん、レベルの高さに「感動した」とか「素晴らしい」とか言ってもらえて嬉しかったですね〜。
某外国人の来場者はすごく気に入ってもらえたらしく、再び来場されて「知り合いのアーティストに配るから、案内ハガキちょうだい」(←英語…なんとかヒアリング(-∇-;))とハガキを何枚も持って帰られてましたっけ。
、、最終日だったんですけどね、、アハハハ。

b0057675_15254177.jpg話は変わって、展覧会期間中はちょっぴり寂しい想いをチビズにさせてしまったワタクシですが、、。
散歩の際には、この素敵な季節を出来るだけタップリ満喫しようと普段より楽しい散歩を心がけておりましたよ〜。
散歩コースには、この間、レンゲとサクラが満開ですし、3月下旬から飛び回るツバメの舞も楽しいし。
田んぼのレンゲはまるで絨毯のようにフッカフカに生い茂っていますので、皆で飛び込んでノーリードにした平蔵と追いかけっこします。
平蔵が伏せてしまうと、その姿がすっかり隠れてしまう程のレンゲ。
珊瑚や伊佐蔵は子鹿のように高くジャンプしながら平蔵を探します。
そのチビズの姿がも〜〜カワイインだなあ(≧∇≦)/
見つかった平蔵は「ハッ♥」と嬉しそうな声を出して、あっという間にまたレンゲの中に飛び込んで行くんですよ〜。
もうしばらくすると、このレンゲは田んぼの土に鋤き込まれてしまいますので、楽しむなら今のウチ、、ですね。

ちょっと心配なのが、ツバメの来福時期が随分早い事と、、。
中国大陸から漂って来る大気です。
黄砂も汚染物質も一緒に飛んでくるのですが、、今年はこれまた凄いですよ〜。
先日は、雲一つないお天気だと言うのに辺り一面霞がかかったようになる程で、、その凄さときたら!!
なんと、歩いているワタクシの足元に影もできないくらいです。
「晴天なのに、影が無い!」と父とビックリしながら散歩しました。
チビズにはマスクさせる訳にもいきませんし、、早く収まって欲しいものです。

b0057675_15422395.jpg写真1/伊佐蔵カレンダー
写真2/レンゲの中の平蔵「追いかけて来んと?」とこっちを見てます
写真3/平蔵と珊瑚、サクラをバックに
写真4/レンゲの中、おいかけっこのオトコ組
by koryu_misumi | 2007-04-03 15:43 | Comments(18)