柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(637)
(162)
(118)
(107)
(22)

ブログジャンル

犬
日々の出来事

画像一覧

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日保北九州支部展のご報告(^∇^)

b0057675_11314513.jpg
今日は先日3/25の日保北九州支部展へ見学に行ったときのご報告です〜。
またしてもすっかり遅いUPになりました、、わははは。

なにを隠そう、今週はワタクシが代表を務めている例の某集団の展示会を公的美術館で開催しておりまして、月曜日が作品の搬入と飾り付けだったんですね〜。
今回は公の美術館。一年半前から準備に取りかかっておりましたので、、なんとかこぎ着けられてホッとしているワタクシでございます、、。
あ〜、この一年半の長かった事。ようやく肩の荷を下ろせた感じで、燃え尽き症候群に落ち入りそうです(-∇-;)
まあ、おかげでワタクシの作品は、、あまり力を入れられませんでしたけどね、、ニャハハハ。
最近のブログが微妙に放置加減だったのはそのせいでございます。すいませンでした(≧∇≦)

当日は、風が強くてなかなか複雑なお天気でした。
太陽が出ているときは気持ちがいいのですが、ちょっとでも曇ると寒気を催す程だったのですよ。
その日の朝は石川県で地震が起き、そのニュースを見てからワタクシは出かけたのですが、、会場の皆様は早朝に家を出られた方ばかりなので、ワタクシが到着した頃にも、勿論この事をご存じなかったようでした。
つい2年前にも同様の体験をしたワタクシ。被害に合われた方々の気持ち、、お察しします。

b0057675_11322029.jpgこの日の会場もなかなかの盛況ぶり。男前や美人ワンコが沢山来てました。
また、例年そうなのですが見学組が多いんですね〜、北九州支部展は(^∇^)
見学だけでも顔見知りになった方が数名いらっしゃる程で、、今回もちゃんとお見えでしたよ。
その顔見知り、というワケではありませんが、見学組に男前ワンコがいらっしゃいまして、ちょっとおしゃべりさせて頂きました。
この男前君、名前はりき君。
お〜、こんなに男前なんだから、是非展覧会に出して欲しいですねえ〜。なんて早速勧めるワタクシ、、。
伊佐蔵よりよっぽど良い評価頂けるハンサムだよ、、(≧∇≦)
「上の方の順位はプロに任せておいて、素人は参加する喜びを味わうだけでも楽しいですよね〜」とオーナーさんと盛り上がってしまいました。
このりき君、遠くから見ていても、会場に来ていた色んなワンコに(モチロン出陳ワンコにも(≧∇≦))遊ぼうよポーズをみせていて、性格もすっごくいい子のようです。
また、秋にも会いたいですねー。
ブログでの紹介、快諾していただいて有り難うございました(^∇^)/

b0057675_11324865.jpgその他にも連れて来られたワンコを見て回ろうと、会場周辺をウロウロしていると、なんと、有色の紀州犬君が!!
思わず「おお〜有色紀州!カッコいいぃ!!写真撮らせてくれー!」と声を掛けてカメラを構えると、、このワンコ、ポーズを決めつつもシッポをクリクリ。
人なつっこい子ではアリマセンか〜。
紀州犬といえば現在見かけるのは白い犬ばかりで、ワタクシも滅多な事では有色犬を見る事がアリマセン。
珍しいのと嬉しいのとで、ついつい近寄ってナデクリ回してしまいました。そのうちホントに気を許してくれて、立ち上がってワタクシの腕に手をかけて、キッスの嵐をプレゼントしてくれましたよ〜。
実は、撮影したときは気づかなかったのですが、すぐそばのベンチに座っていた方がオーナーさんだったらしくて、、オハナシする事が出来ました。
有色紀州犬が珍しい上に、こんなに間近で見る事が出来て嬉しい、、と素直に言ったら。
そちらでは有色紀州ばかりを繁殖していらっしゃるとの事で、しかも「ウチのはみんな猟犬だよ」だそうです。
こんなに人懐っこくて可愛いしぐさを見せる子にも、猟犬としての別の顔があるんですね〜。
はては北海道まで旅立って行くココの犬達は、大型猟に活躍しているそうですよ。
北海道では、、クマとかも相手にしているらしい、、。
生まれる子犬は90%以上が有色と聞いてビックリ。
この写真の子の毛色は胡麻毛に分類されますが、ワタクシが以前別の会場で見た茶色の有色紀州犬と色合いがかなり違う事を話すと、これは「ヌタ毛」と言うんだと教えて頂きました。
イノシシなどが身体についた虫をとる為に、ドロの上で転げ回ったりしますが、、そういう場所を「ヌタ場」と言うんだそうです。その感じにちなんで「ヌタ毛」。
猟犬の毛色を表現するのに相応しい単語ですね!

b0057675_11331329.jpgこんな調子で見学しつつもウロウロしていると、「りきとさくらとぽんぽん(とさよ)の庭」のりき君とさくらちゃんの孫にあたる子が登場〜。
ゲン君というそうですが、、。
もう、ホントにいたずらっ子でヤンチャ坊主という顔つきがタマリマセン。
ワタクシが遊び相手をしてやると、いっちょまえに「ウガルルル〜」なんて言って、可愛いったらないですね〜。
このまま連れて帰りたい可愛さです。
この日は初めてリードを付けたので、それが気に入らなくてヒモにガブガブ喰い付いてました、、アハハハ。
今度展覧会で出会うときは、ホンモノのヤンチャ坊主になってる事でしょうね。楽しみでです。
是非とも応援させて頂きますよ!!


b0057675_11343195.jpgそうそう、今回は参考犬として、前前年の広島全国展で文部科学大臣賞を取得した「達磨の誉錦号」が参考犬で来ていました。
8歳とは思えない若々しさ!立ち姿の見事さ!
そして何より、間近で見る事の出来た歩様の美しさ・軽快さにビックリです。
彼のような体型のワンコで、骨太な感じが、歩くとなんとなく(ワタクシには)重そうに見えてしまう子が時々居るのですが、、そんな感じは微塵も受けないどころか、リズムの良い足運びが素晴らしー。
全国展で見たときの方が、もっとピリピリした緊張感があったような気がするのですが、、、今は逆に余裕綽々といった風情で、それもまた良かったですね。
途中、日差しの強さにベロはみ出してしまいましたが、、それでも男前はやっぱり男前ですワ(≧∇≦)
「このまま会場に残ったら、今日の本部賞さらっていくよ」なんて、皆が言ってましたが、その通りだと思いましたよ〜。
リングから出た後、大勢の人達と一緒に彼のそばに言ってみましたが、、彼もホントに人なつこい、性格の良さが溢れたワンコでした。
試しに"おいで"と手を伸ばしたワタクシにタタタと駆け寄ってくれてキッスしてくれましたもんね〜ウエヘへヘ〜〜(≧∇≦)/”
その日は沢山のすばらしいワンコにキッスされまくって、嬉しいワタクシでございましたよ。
今回の話はなおなお母さんの「お庭番」でもご覧頂けます〜。

b0057675_113563.jpg今回も、見応えのあるリングばかりでホントに楽しかったです。
犬先輩や犬馬鹿仲間とのハナシも相変わらず盛り上がりましたし。
審査されていた先生も、ちょっぴりアクシデントがあったにもかかわらず、軽快に審査されておりました(^∇^)
展覧会はこうでなくちゃねえ〜。という感じです。
和やかさと張りつめた空気とが混在して、なんとも面白い時間を過ごす事ができましたよ〜。
今春の見学は、多分これが最後になりそうです。(5月に個展控えておりますので、、エヘへ)
今度は秋まで楽しみに待つ事にしましょう。
今秋はなんといっても熊本での全国展が楽しみ。
福岡からは割とすぐに行ける所ですので、ずぇっったいに行かなくては(≧∇≦)!

写真1/本部賞争い、雌部
写真2/りき君。男前で良い子です〜。
写真3/有色の紀州犬。
写真4/ゲン君、サイコーな笑顔
写真5/達磨の誉錦号
写真6/北九州支部のお弁当、650円です(^∇^)ウマい!
by KORYU_MISUMI | 2007-03-28 11:49 | Comments(14)

両親からの報告

b0057675_1913199.jpg
先日窯に火を入れた為、チビズの散歩を両親にお願いしました。
ところが、そういう時に限って事件が発生するワケなんだな。アハハハ(-∇-;)
両親から聞いた話は、なかなかエキサイティングでドキドキするようなハナシでしたよ〜。

その日の夕方。
散歩コースにある伯父の家を、散歩のついでに尋ねようと言う事になっていたらしい両親とチビズ、、。
叔父の家に向かうため、狭い路地に入り込むと。
、、、なにやら向こうから駆けてくる犬が!!
なんと、平蔵の5歳の誕生日にもイチャモンつけてきたアイツではありませんか。「平蔵、5歳になる」参照。

b0057675_1157653.jpgソイツは何故か珊瑚目がけて飛びかかってきたそうです。(一番弱そうだから、、(≧∇≦)?)
平蔵と珊瑚のリードを引いていた母は、思わずその瞬間、珊瑚のリードを引っ張って引き寄せたのですが、、。
珊瑚に襲いかかろうとしたソイツの首筋には、その時既に平蔵がガップリと牙を立てていたらしい(-∇-;)
その後戦闘が始まり、ソイツが暴れまくっても、平蔵は食らいついたまますぐに離さなかったそうです。

ちなみに、この間。
珊瑚は例によって「珊瑚どこに居たっけ?」と両親とも思い出せない程影が薄く、、。
伊佐蔵は周りでワンワン言っていたらしい、、。

凄まじい声が響き合う中、、。
ソイツの飼い主は道ばたで近所の人と井戸端会議中、、、。
よその犬と喧嘩しているのを判っていながらもおしゃべりが大事なのか、"放置"です。
「この犬を離して下さいよ!(怒)」と思わずムカついた母。
こっちはリード付きで、ソイツはノーリード。こちらからは離しようがありません。
すると、なんと。
「早く行って下さい」との返事。
要するに"さっさと通り過ぎてくれ"という事らしい。
この犬は時々この路地に放してあるので、路地そのものを自分の縄張りと勘違いしている節があるんですよね、、。
だから多分、"縄張りを出たら、襲いませんよ"と、そういう事なんじゃないかと。

b0057675_19141126.jpgその場は、平蔵に敵わないのが判ったのか、一旦ソイツも引き下がって逃げて行ったらしいのですが、、。
すぐそばの伯父の家の敷地に入ろうとした所で、また走ってきたそうな。
懲りないヤツ、、というか、、頭悪いのか?
今度は平蔵と珊瑚はすっかり伯父の敷地内に入ってしまっており、ソイツの応対をしたのは手前に居た伊佐蔵坊ちゃんだったのでありました(≧∇≦)。

両親の説によると、、。
「いっちゃん、どうしていいかワカランような感じやったね(≧∇≦)」との事。
ソイツがワンワンいいながら、伊佐蔵に噛み付こうとしても避けるばかりで、本気戦闘モードに入らなかったそうです。
「なんか伊佐蔵は鷹揚にあるよ〜」と父。
どうやら伊佐蔵もワンワンと対処しながらも「本気で喧嘩するの?本気?」という感じだったようで、、アハハハハ。
上手に避けて、肉を噛み付かせるような事はなかったようですが、若干毛を引っ張り出されたらしい(≧∇≦)
1対1になると、どうしていいのか判らなくなるのかな?
それとも、相手にならないと見切って、本気で相手をする気がなかったのか、、?

両親の話を聞けば聞く程、伊佐蔵が本気を出してなかったのがよく判りました。
まあ、そういう大事な判断は平蔵に任せてきましたからね〜。
でも実を言うと、ちょっとホッとしました。
野生が強い伊佐蔵なので、家庭犬として野生が強くなり過ぎないように、優しい子になるように、と育ててきたつもりのワタクシ。
ひょっとしたら、それが伊佐蔵の魅力を削いでしまうかもしれない。という事は判っていつつも…です。
そうやって、無駄かもしれないけれど、微力ながらやってきた事の小さな答えの一つが見られたような気がしました。
ソイツの事はワタクシも良く知っているので、多分伊佐蔵が本気を出したらコテンパンだと思うのですよね。
でもそうしなかったとは、、、いっちゃんエラい!!

b0057675_19173570.jpgひょっとしたら、、いっちゃんは器の大きな素敵なワンコになってくれるのかもしれないなあ〜。
と、親バカ炸裂でニンマリしてしまいました。

それにしても、やっぱり平蔵はいざと言う時に頼りになりますワ。←何度書いたか、このフレーズ(≧∇≦)
帰ってきてから、母は逆に「相手の犬に出血でもさせてしまったら、イカンやろ〜」と心配する程でしたが。
平蔵も本気噛みはしてなかったようで、出血沙汰にはならなかったらしい。
初めての相手ではないので「あ、またアイツか」くらいに思ったんでしょうナ。
初めて喧嘩した時は一方的に向こうが流血ものでしたが、、。

「あ、あれ、もう●度目だから、ちょっとくらい怪我させたってヘーキヘーキ、アハハハ」とワタクシ。

「え!?」

「もう何回か平蔵にヤラレとるんやから、たいがいで敵わんって憶えればいいのにねえ〜(いいかげん、敵わないって憶えればいいのにねえ)。懲りずに襲って来るとは、、よっぽど痛い目に合わんと判らんやろ」

「そんな事とは知らんかった、、」

「だいたい、そんな事判ってて放しとるんやから、何か起きたって悪いのはあっちやんね(そんな事判ってて放してるんだから、何か起きても悪いのは向こうだよ)

b0057675_19181443.jpgまあ、犬と言うのは喧嘩した相手をそう簡単に忘れる訳無いと思うのですが、、。
だいたい、一度ならず何度か手あわせれば、お互いの力量も判って無駄な事はしなくなるもんなんですけどね。
そんなアイツの頭の悪さもさることながら、、いつもいつも、あそこのオーナーには腹ただしい事この上無しです。
あの家は、代々犬を迎えているんですが、そのどれもがしつけらしいしつけをされてきた事がない様子。
呼び戻しも出来ないような好戦的な犬を、路地に出す行為を何とも思ってないようですし。
勝手に路地に面した他所の家の敷地に入り込んでウンチをする事も、、。←モチロン知らんフリ。
伯父の家の庭にも入り込んで、たまたま玄関を開けた時に凄い剣幕で吠えられたと伯母がこぼしていた事もあるくらい(-∇-;)

このすぐ近所にも時々路地に出ている別の家のワンコが居ますが、、この子は他所の子と悶着を起こすような子でもないし、ちゃんと呼び戻しも出来ているので「人に迷惑かけなければ、まあOK」という我が家ではそんなに目くじら立ててません。
(ウンチしてるのかどうかちょっと気になりますが、、)

「子は親の鏡」と言いますけど、ワタクシに言わせれば「犬はオーナーの鏡」と言えるんじゃないでしょうかねえ。
コイツだって、別の家に迎えられていれば、もっと素敵なワンコになっていたかもしれません。
逆に可哀想なワンコなのかもしれませんね、、。
そんなオーナーに、母はしっかり文句をアレコレ言っておいたそうですよ。
さ〜すがワタクシのママン(≧∇≦)

その後、、平蔵はあっっっという間に、普段の平蔵に元通りし。
珊瑚はそれから妙におとなしくなり。
伊佐蔵は家に帰り着くまで背中の毛を逆立てて、後を振り返り〜振り返り〜と警戒しておりましたとさ。

写真1/フラッシュ不使用&使用伊佐蔵
写真2/頼りになる平蔵氏
写真3/頼りにならない珊瑚嬢
写真4/こうやって日々鍛えてます
写真5/夫婦でオヤツを待つ図
by koryu_misumi | 2007-03-23 19:23 | Comments(26)

日保福岡支部展覧会にて

b0057675_22431978.jpg
ちょいとご無沙汰してしまいました。
有り難い事に(?)すっかり忙しくなっている香龍でございます。
というのも、元々忙しい上に、先日現実逃避展覧会へ出かけまして、、エヘへヘ(-∇-;)
そのとばっちりを受けている所なんですよ〜アハハハ。

b0057675_2244451.jpgさてさて、3/18の日保福岡支部展覧会では、伊佐蔵坊ちゃんを連れていきました。
そう"駄犬ちゃんの挑戦"です。
以前挑戦した時よりは、随分落ち着いて立ち込めるようになってましたよ〜(≧∇≦)
前半の個体審査の際には、やや緊張して耳が動いてしまった以外は割としっかり立ってました。
ワタクシの気のせいか、審査される先生、、なんだか他のワンコよりもじっくりご覧になっていたような気がします。

むう、あまりの展覧会向きでない容姿故にどこを見たら良いのか困ってらっしゃるんじゃあ、、、?
と思いつつ、ワタクシも緊張してハンドリング、、。

やがて、一通りご覧になった後、先生は再びかがみ込んで伊佐蔵の目をじ〜〜〜っと覗き込まれました。
と。
、、まずい。
リード越しに伊佐蔵の警戒心が伝わって来る〜〜( ̄□ ̄;)!!

「、、ウフッ!

ぎえ〜〜やってしまったあああ〜〜!!
そうなのです、、。
自分の目をジワジワと近寄りながら覗き込まれた先生を『アヤシい人!!』と警戒してしまったんですね〜アハハハ!!!
笑いごっちゃないって、、(-∇-;)

b0057675_22443452.jpgしかし、先生。
「おっ(^∇^)」となにやら楽しそうなマナザシ。
再び同じようにして伊佐蔵をジワ〜〜っと覗き込まれるではアリマセンか。
すると同じように、伊佐蔵の鼻先が膨らんで「ワフンッ!」(-∇-;)
その伊佐蔵の様子を最後にご覧になって、、微笑みながら「ハイ、終了です」と先生。

ひょっとして、、センセイ、、個人的にこういう犬、好きなんじゃ、、?
いやいや、まさかな〜アハハハ。
、、、、。
と。なにやら不思議な気分でございました。

後半では、伊佐蔵坊ちゃんが中央に呼ばれるような事は起きませんでしたが、、。
なにやら棄権される方々がゾロゾロと、あれよあれよと4〜5組居なくなりました。
簡潔に言いますと。坊ちゃまの結果はビリから2番目でしたよ〜ウヒャヒャ(≧∇≦)
今回の野望はビリから3番以内が目標だったのに、、!惜しい〜。

b0057675_2247331.jpg話は変わって、今回はなんと約170頭もの参加頭数で壮観でした。
なにしろ、1組あたりの頭数が多いので、いつものリングより一回り大きなリングが作られていたくらいです。
午後の部で、一度に17頭もの犬が一斉に並ぶ様は見学冥利につきる光景。
子犬ちゃんもアチコチで見る事が出来ましたし、美人ワンコに男前ワンコと、ワンコ好きにはタマラナイ〜!
犬先輩方が連れて来られたチビさんたちを抱っこさせてもらって、子犬のカホリを思いっきり吸い込んでムフ〜(≧∇≦)
おまけに福岡支部展という事もあって、会場をウロウロするだけで「おっ、こんちわ!」とか「あんたも物好きやなあ〜」←?とか、名前もろくに知らないのに、大勢の人から声を掛けてもらいました。
帰る頃には「お疲れさん」なんて言ってもらって。
、、、ワタクシも、もうすっかりこのアヤシげなオジサン達のお仲間になってしまったんだなあ〜〜と感慨深い物がありましたね、アハハハ。
犬馬鹿仲間の「りきとさくらとぽんぽん(とさよ)の庭」のなおなお母さんとも、いつもの犬馬鹿話に花が咲きましたし、ネットで知り合った方ともお会い出来たりと、展覧会には他にも楽しみが一杯。

あ〜〜、すっかり癒されました(^∇^)/


、、、その分後でツケが回ってくるのは判ってるんですが、、。


や、やめられない〜(≧∇≦)/”

b0057675_22473516.jpg


写真1/伊佐蔵の個体審査風景、、ガタイがデカイので顔が小さく見えてしまう、、。
写真2/幼・幼稚犬のリング。ちゃんと立ち込んでる!
写真3/犬先輩"森のクマさん"ちの若犬君。
写真4/顔見せに連れて来られてました子犬ちゃん。かわいい〜〜ン!
写真5/河川敷は極寒でした、、ハナミズズルズル顔真っ赤でした。
今日のオハナシはなおなお母さんの「お庭番」でもご覧に慣れますよ〜(^∇^)
by koryu_misumi | 2007-03-21 22:53 | Comments(6)

チビズのクシャミ

b0057675_1130025.jpg
寒くなったり、暖かくなったりを繰り返しながら、やっと春本番の福岡といった所でしょうか。
2月に桜(サクランボ)と伊佐蔵の写真を撮ったかと思えば(載せそこねましたが)、先日はみぞれが降る天気。
今朝は幸いにもいいお天気で、いつになく長い期間ツクシが採り放題のご近所も、既にツクシ採りの人々の姿がチラホラです。

b0057675_11302827.jpgこの季節。花粉症には辛い季節でしょうね。
香龍母はこの時期、顔のほとんどをマスクで覆って"アヤシい人状態"ですが、、。
我が家のチビズも歩いていてクシャミを連発する事がありますよ。
といっても、原因は別。
車の排気ガスなのですよ〜。
ブ〜ンと車をやり過ごした後、よく3匹そろって「クシャン!クシュン!」とやっております。
そりゃあ、そうだよなあ〜。チビズの鼻先は、まさに排気ガスが出る位置と同じ高さ。
車をやり過ごす時は道から離れてあぜ道に誘導したりするんですけどね、、。
ダンプともなるとそんな事やってもほとんど意味無し。

我が家の散歩コースは見渡す限り田んぼが広がって、風も良く走る所なので、空気が淀むような事はあまりないのですが、、。
それでもあれだけ敏感に反応するんですから、やはりヨロシクない成分がタップリなんでしょう。
チビズにはできるだけ健康で居て欲しいので、クシャミを聞く度に「気をつけなくては」と思います。
ここらは田舎なので、それでも車は少ない方、、。
都会のワンコはもっと大変なんだろうなあ、、と思います。

b0057675_11305872.jpgさてさて。
実を言うとワタクシ仕事が満杯ですっっっっっごく忙しいんですけども、、。
明日は日保の福岡支部展に行ってこようと思います(≧∇≦)
やっぱり欠かせませんわ〜〜展覧会は!
ワタクシにとっては、もはや「季節の風物詩」になっております故。
可能な限り近隣の展覧会はのぞきに行きたいところです。
現実逃避とも言う、、。

福岡支部展は九州最大級の河川”筑後川”の河川敷でここんとこ毎年行われています。
ワタクシの犬先輩で大師匠のO氏とお仲間の方達が、昔、支部展の会場にもっと良い場所を探していた頃に見つけた場所だそうでして。
当時は茅などが覆い茂っていて、地面もデコボコで色々大変だったそうです。
広い河川敷なので、風の通りも素晴らしく良いんですが、、。
むう〜、週間天気予報ではまた大陸から寒気が!?
強風吹きすさぶ中の展覧会になりそうな予感、、(≧∇≦)
たいてい、ここではハナミズ垂らしながらの展覧会になってはいるんですけどね。
今年もそうなりそうです、、。

また皆様にもご報告しましょうね〜。
お楽しみにしてくださいまし(^∇^)/

b0057675_1138480.jpg

写真1/いつもの母の抱き枕。気持ち良さそうにこのまま1時間くらい寝てました。大事な所満開ですナ、、。
写真2/平蔵氏。いくらコッソリオヤツを食べても気づかれます、、。
写真3/珊瑚の"小石蹴り"は相変わらず楽しそうです。
写真4/チビズの昼寝風景。お座敷犬だからボロ毛布敷いてありますのよ〜ホホホ!!
by koryu_misumi | 2007-03-17 11:42 | Comments(20)

想像妊娠は終われども…(-∇-;)

b0057675_10234616.jpg

珊瑚ちゃん、想像妊娠はほぼ終了、、のようです。
オッパイの状態も以前と同じ感じになってきたし、巣作りもすっかり卒業。
ウンチ●ーターは、、まだちょっと用心してます(≧∇≦)
んが。
随分元通りになったとはいえ、いまだに精神的不安定状態が残っているのでございますよ。
ひょっとして、、それが"正常"な状態か?珊瑚の場合、、。

b0057675_10245136.jpg「お姫様中or妊娠中〜出産直後」期間にしか見せなかったのと同じ甘えん坊な珊瑚はいまだに健在でして。
ワタクシから離れる事を、かなり嫌がる様子。
近所のポストまで郵便物を投函しに行って帰ってくるだけでも半狂乱でお迎えだし、、。
一定時間離れていると自主的にワタクシを探して屋内を徘徊し、いつの間にか傍らで安心してお昼寝していたり、、。

ま、まあそれはそれで可愛いんですけどね(-∇-;)
でも最近困った事と言えば、、。
仕事場のワタクシを呼ぶ事ですワ。

いえ、呼ばれたからと言って、すぐに駆けつけるような甘いワタクシではありませんよ。
クセになってしまっては本当に困ってしまいますからねえ。
本心はすぐさま駆けつけたい所なんですけども〜〜(≧∇≦)
ただ、家の中に居る時と違って、庭に設置してあるボロくて小さな工房には、、、ワタクシの姿が見えてもそばに行く事が出来ないんですな、珊瑚ちゃん。
で、夕方も4時頃になると、、。

b0057675_1025323.jpg「キュウ、、キュウ、、」から始まります。
ふと目を上げると、寂しそうな表情でこっちをじ〜っと見つめている珊瑚。
い、イカンイカン。気づかないフリして仕事しないと、、。

そのうち。
「ウニャ、、、キュウ、、、ニャウ」とだんだん音量がアップ。ネコのような鳴き声です。
さっきまで伏せていたくせに、こうなって来るとオスワリまでして、かわいい前足をチョンチョンとガラスに当ててみたりなんぞしています、珊瑚。
、、お、かわいいなあ〜、あの仕草、、って、、ヤバいヤバい!仕事仕事!!

それからそのまましばらく経過すると。
「ウニャニャ!!、、、アン!!」と微妙な甘ったれた吠え声になって、、。
仁王立ちになって、こっちを一生懸命見つめております。
時々前足でガラスをドンドン叩き始め、、ガラスの前を右往左往し、ますます落ち着きが無くなってきました。
、、、ちゅ〜か、こっちまで落ち着いて仕事出来なくなってきたよ!

最終的には、、。
「アウアウアウ〜アオ〜!!」と半泣き状態。
後ろ足で立ち上がって、全身全霊の力でバンバンガラスを叩く訳ですナ、、、。
その頃になると、もう目つきが怒ってます。
”どうちてこんなに呼んでるのに、来てくれないの!?”という感じで目尻がつり上がって、鼻息ムフムフですワ。
、、もう癇癪回してるな〜。
む〜、あと5分くらいは仕事するつもりだったんだけど、、。
オトコ組が八つ当たりされそうな予感〜(≧∇≦)


b0057675_1034131.jpg当然のごとく家族からも苦情が出ております、、アハハハ。
「珊ちゃん、ちょっと静かにしなさい〜」
ウルサいので、家人が気を紛らわしてあげようと遊びに誘っても、すぐに遊びやめてしまうらしい。
普段は「ボール命」の珊瑚なのですが、1〜2度遊ぶとすぐまたガラスに向き直ってワタクシに「こっちに来て光線」発射ですワ。

なんとか仕事が終わる時間まで粘って、やっと真打ち登場となります(-∇-;)
もう近所に聞こえるくらいの甘え声を出して、ピョンコピョンコ飛びはねてお出迎え〜。
耳はペッタンコ、オメメは線になるほど細まって、小さな口にワタクシの手をくわえてアグアグ、、可愛いったらありゃしません。
そりゃあ可愛いんだけどね、、この仮性の依存症〜、はやく収まってくれんかなあ。
お姫様&妊娠〜出産期間限定の甘えん坊だったのに、、。

デスクワークをしてる時は問題ないんですが、、。
工房が居間の目の前にあるっつ〜のがネックでしょうかね、アハハハ。
しかし、、仕事中にあんなに切ないマナザシで凝視されてると、、どうにも集中できまへんがな〜〜〜(≧∇≦)!!
by koryu_misumi | 2007-03-14 10:40 | Comments(10)

空薬莢の落ちている散歩コース

b0057675_10451276.jpg
↑UPし忘れていた3月カレンダー(-∇-;)
子犬の頃の珊瑚を使用してみました。


昨日の朝は銃声で目が覚めました。
同時に犬の吠える声も一緒に。
布団の中で耳をすますと、犬の声は1匹だけのようです。
銃声の様子からニンゲンは1〜2人といった所でしょうか。
狩っているのはイノピピかな?ヤマドリかな?あの小規模な感じはヤマドリかも、、などと考えながらまどろんでおりました。

b0057675_10593827.jpg我が家の近所の山々は猟場になります。
散歩コースに路上駐車してある軽自動車の上に、よく金属製のガッシリしたゲージが載せてあるのを目撃したり、たまたま彼らが帰る時だとそのゲージに立派な甲斐犬がおとなしく乗っていたり、、。
はたまたそんな人達が落として行ったカラ薬莢が落ちてたりなんかして(-∇-;)
たいていは土日の朝に見る事が多いので、普段はちゃんと別のお仕事がある人達なんでしょうね。

先日も住宅地を駆け回ったイノピピが捕らえられていましたが、、。
「ウチのチビ達、猪に襲われたらどうするかねえ」と母。

「う〜ん、、いっちゃんなんか、もうトチ狂って飛びついて行くやろうねえ」とワタクシ。

「で、バカ正直に正面切ってって、バ〜ンとはじき飛ばされたりして」

「そうそう、アハハハ!!!」

母子で残酷笑いのふたり、、。

「平蔵は?」と母。

「意外に牙からは逃れて頑張りそうな気がするけど、どうやろ?」

「珊瑚はもう考えんでいいね」

「そうそう、あっという間に逃げまくって、、、でもスンゴク遠くからワンワン言ってそうな感じ〜。アハハハ!!!」

b0057675_11162358.jpgまたしても残酷笑いの母とワタクシでありました。
でもね。
我が家のチビズは、頂いた美味しいイノシシ肉を何度も堪能しておりますので、、。
多分イノシシのニホヒは憶えてしまってるでしょうね。
「あ、これは食べ物のニホヒだ!!」って、、(-∇-;)。

というか、、。
チビズが襲われる前に、まず一番デインジャラスな目に遭うのはワタクシじゃないのか!?

、、、、。

願わくば、山からイノシシが降りてきて鉢合わせするような事が起きませんように〜〜(≧∇≦)!!

写真1/カレンダーです。使いたい方はお好きなようにお持ち帰りくださいませ。サイズ変更等どうぞどうぞ。
写真2/珊瑚と伊佐蔵の緊迫した見つめ合い。伊佐蔵は獲物を狙うポーズなので、バランスをとる為かシッポが半タレ。驚く事に、このまま10分もじっとしている事もあります!
写真3/平蔵が座っていた椅子の上に、後から乗ってきた珊瑚、、。平蔵迷惑そうです(-∇-;)
by koryu_misumi | 2007-03-11 11:22 | Comments(12)

小さな宝物達

b0057675_13161437.jpg
先日「愛犬の友」の3月号を購入しました。
今回は”総力特集”と銘打って日本犬の話がアレコレ載っています。
普段はごくたま〜〜〜〜にしか買わないんですが、、ゴホゴホ…スンマセン出版社様、今回は本屋に行くのが楽しみだったのですよ。

b0057675_1316473.jpg日本犬大好きなワタクシとしては、特に昭和29年の日本犬を語った座談会の様子は、読んでいて非常に興味深かったです。
日保の展覧会や先輩方とのおつきあいの中で「こうじゃなかろうか?」と個人的に思っていた事にも触れてありました。
トップの方の記事には、日本犬の特質として良く耳にする「悍威」「良性」「素朴」についても、判りやすく紹介してあり、思わずチビズの事を思い浮かべながらフムフムと読みましたよ〜。
興味のある方は読んでみてはいかがでしょう?

ところで、我が家の柴犬軍団の中で、最も「悍威」「良性」「素朴」を満たしているのは、、やっぱり平蔵かな。
彼は、それこそ…姿形だけを見れば、理想的なスタンダードとは言いがたい(≧∇≦)
ですが、普段の静寂さ、落ち着き、いざと言う時の頼りになる様子、どんな時も冷静にワタクシの声が聞こえる事、その頭の良さや、弱い犬や子犬には優しい事、、、。

例えばワタクシが仕事の合間に、ふとベランダで春の日差しを浴びながら一休み、、メジロが枝から枝へと飛び移る様を眺めたり、花の香りが漂ってきたりと世界の素晴らしさを満喫している時、ごく自然に傍らに伏せて、ワタクシを邪魔する事なく共に暖かな日差しを享受する、、。
その風景がまるで空気のように当たり前である事、、等々、色々あげればキリが無いくらい、ワタクシから見ると良い柴犬です。

b0057675_13191924.jpg欲を言えば、もうちょっと野性味が欲しい所と、、オンナ(&オカマ)好き過ぎるのがネックですかねえ〜うひゃひゃ(≧∇≦)
でもまあ、普通の家庭犬にしてはなかなか上出来なのでは、と。
、、ハッキリ言って、親バカと言われれば、もう全くその通りなんですが!アハハハ!!
エラい先生方から見たら、鼻でせせら笑われそうです。
しかし、我が家のニンゲンは『この素晴らしい(と思い込んでる)コの子孫が欲しい』からこそ、伊佐蔵を残したと言っても過言ではありません。

珊瑚姫は、、「悍威」あたりがちょっと足りなさそう〜(≧∇≦)
リングの中ではすごく落ち着いて立てていたんですけどね。
犬先輩方のおっしゃるには「ワタクシがそばにいるので安心している」から落ち着いて立っていたらしい。
確かに最初の頃は、別の方にハンドリングしてもらった時や、してもらおうとした時はキョトキョトして落ち着かなかったですもんね〜。
、、、だからコワイって〜のに、ワタクシがハンドリングするハメになったんですけども(-∇-;)
それでも、最近はヘタレ具合も随分良くなってきました。
この3年半で経験値を稼いだんでしょうな。
精神的にもようやくオトナっぽくなってきましたし、これから本当のオトナ珊瑚が出来上がって行くのでは、と思います。

b0057675_13203311.jpg伊佐蔵はまだホントに一人前ではないので、判断するのは避けときましょう。
ワタクシ個人は…何度も書いてきましたが…本当のオトナになるのはせめて3歳以降…5歳くらいからではないかと思います。
実際、平蔵や珊瑚を見てきても、そう実感しますし。
まだまだ未完成の彼、これから変異して行く可能性は大いにあります。
ちゅ〜か、死ぬまで”こんなん”だったら大変やがな(≧∇≦)!
でも基本的に日本犬らしい気質をタップリ持っているような気がしますよ〜。←やっぱり親バカですな。

まあ、誰が何を言おうが、結局自分ちの小さな家族が世界で一番と思ってるワケで!!
平蔵の事をスケベ〜だの。
珊瑚の事を般若姫〜だの。
伊佐蔵の事を先祖返り〜だの、散々悪口いいつつも。
全部ひっくるめて、ワタクシの宝モノである事に代わりはありませんよ〜(≧∇≦)/



しかし、今回掲載されていた、座談会、、。
とても興味深く、楽しくも読ませてもらいましたが、、初めて日保の"スタンダード"を読んだ時に感じた、別の感覚も同時に蘇ってきました、、。
以来、ずっと持ちつつけている感覚ではあるのですが、文章にするとなるとなかなか、、アハハ(-∇-;)←文才ナシ
でも、いつか書いてみようかな。と思います。


写真1/仲良し寝っ転がってプロレスごっこ母子
写真2/ワタクシの良き相棒平蔵
写真3/「居間に入れて、キュウキュウ」という伊佐蔵に「入れてあげないわよ、ウ〜フ」と睨む珊瑚(その時の気分です珊瑚は、、)
写真4/薮の中に小動物が居たらしい、、探してます伊佐蔵。
by koryu_misumi | 2007-03-09 13:30 | Comments(18)

さ、寒い!

b0057675_18415461.jpg

この間まで"5月並みのお天気"だの、"気象歴史上何番目の暖かさ"だの言っていたのに!
、、先日よりの寒さは「一体何が起きたんだ!」という感じです。
今日は朝から粉雪が辺り真っ白になるほど降り続いて寒いのなんのって。
先週撮っていた"満開の桜と伊佐蔵"の写真を、遅ればせながらUPしようと企んでいたのに、、これではとても無理ですナ。
、、、万が一の事を考えて、暖房器具を片付けてなくて良かった〜。

b0057675_18464378.jpg散歩中のチビズの背中には、まるでケーキの上の粉砂糖のように降り積もる雪、、。
平蔵と珊瑚はホントに美味しそうな(!?)ワンコに見えます(≧∇≦)
い、伊佐蔵は、、"粉砂糖"というフレーズが似合わないので却下。アハハハ!!
しかし「犬は喜び…」とは良く言ったモノですね。
散歩に出たチビズのハイになる様子と言ったら、もう可愛くてタマリマセン。
皆スキップ状態で楽しく散歩しておりましたよ。
、、、ニンゲンは凍えそうなんですけども、、(-∇-;)
そういえば、、冬眠から目覚めていたカエル達や、菜の花に群がっていたアブラムシ達、それに群がっていたテントウムシ達は、大丈夫だろうか、とちょっと心配です。

本当なら、そろそろ珊瑚嬢と伊佐蔵坊ちゃんをお風呂に入れてあげようと思っていたんですが、、こ、この寒さでは躊躇せずには居れません。
しかし伊佐蔵なんて、、いつだったっけ最後にお風呂入れてあげたの、、(-∇-;)?
え、え〜〜と、、?
記憶がありません、アハハハ!!!!
だって匂わないんだも〜〜ん。
健康な日本犬ってのは、いつまでも良い皮毛状態を保つもんなんですよ、フフン。
↑イイワケ


b0057675_18552888.jpg話は変わりますが、最近散歩中にイトコの家のワンコ”ケン”ちゃんに良く会います。
過去にもなんどか日記に登場いただいたので、憶えていらっしゃる方も多いかと思いますが。
このケンちゃん。
びっくりする程伊佐蔵との相性抜群で、お互い見つけると駆け寄ってガウガウッこするのですよ〜。
初めて会った頃は、、違う意味でガウガウ言ってたんですけどね、伊佐蔵、、。
回数を重ねるウチにすっかり心を許して仲良しになってしまったのです。

このケンちゃん、いわゆるオカマ君なのですが、、。


このところ平蔵がすっごく言い寄るんですワ、、。


そりゃあ、正式なオトコノコじゃあないけどさ。
いくらタマタマが無いからって、、、”オンナノコ”でもないんだけどね、、。
もう会うとオシリ匂い〜の、鼻でつつき〜の、何やら一生懸命アプローチの平蔵。
目がラリッてるんですよ、、。
ケンちゃんはオシリに平蔵の鼻先がツンと来るので「ウヒャッ、何するんですか〜(≧∇≦)」と慌ててるんですが、平蔵は全く気にせず、、。

b0057675_1952984.jpgへ、、平蔵、、(-∇-;)

だてに「好色一代男」の異名を持っておりませんな。
彼の好色ぶりはバイセクシャル(?)だったという、驚愕の事実発覚です。

、、、、。

こんな話、、あ、、あんまり自慢出来ないよ、平蔵、、アハハハ(T▽T)。


写真1/平蔵、ちょっとフカフカになってきました。
写真2/珊瑚に遊ぼうポーズの伊佐蔵。
写真3/ケンちゃん。ちょっと前に撮っておいたもの。
写真4/平蔵に寄りかかって寝ようとする伊佐蔵。つぶされてます平蔵(-∇-;)
by koryu_misumi | 2007-03-07 19:18 | Comments(14)

御機嫌いっちゃん

b0057675_214808.jpg

3/2金曜日の午前中、ちょっとだけ時間が取れたので久しぶりに伊佐蔵をドッグランへ連れていきました。
まとまった時間がなかなか取れないワタクシなので、、取れると決まったら平日だろうが速攻で行動です(≧∇≦)
平日なのでランはスペースタップリでした。
かわいい白柴っぽいコや、ミックス君、他にも2〜3頭のワンコが来ておりましたよ。

b0057675_21484387.jpg実は日記には書いていませんでしたが、ひと月くらい前にもランに連れていかれた伊佐蔵、、。
なんと、その時は「こんな風景初めて」という程、大型犬ばかりのランでして。
しかも伊佐蔵が苦手な黒っぽい子ばかりだったのです(-∇-;)
入った瞬間から「え?」と怪訝な様子だった伊佐蔵、、。
結局、ど〜もイマイチ不機嫌で遊べないまま帰ってきたのでありました、、アハハ。

これでランがイヤになったりしなけりゃいいけどなあ〜。
と、ちょっと心配していたのですが、幸いにも今回は大型犬は1匹だけ。
しかも明るい色のゴールデン君で、伊佐蔵も前から知ってる子でした。
機嫌さえ良くなれば、後から黒っぽい大型犬が入ってきたって大丈夫な彼なので、その後は安心して遊ばせられましたよ。

b0057675_21492385.jpg今回は白柴(?)ハナちゃんが、散々伊佐蔵を追い回してくれて、最初っから超御機嫌(≧∇≦)
ヘタレの恐がりワンコが尻尾を巻いて隅っこで小さくなっていても「大丈夫だよ、遊ぼうよ」と優しくご挨拶。
すると、伊佐蔵が挨拶している間だけその子のシッポがクルリンと立ち上がるのですよ。
他にも「あっち行け〜!」とガウガウワンコが伊佐蔵に怒っても「そんなに怒らないで、ボクを追いかけてみてよ」と低姿勢にオシリを持ち上げて誘ってみたり。
すると、その子はだんだん伊佐蔵にガウガウ言わなくなって、表情が変わって行ったのですよ〜。
後になってちょっとだけ追いかけっこに乗ってくれたり、、。
あ〜、やっぱり伊佐蔵は良い子やなあ〜、、(≧∇≦)
、、、機嫌が良ければね、、。

b0057675_21521068.jpgこの日は伊佐蔵坊ちゃん。
初めてドッグランの水を飲みました(≧∇≦)
なにを隠そう、我が家のチビズは家以外の場所で水をあまり飲まないのですよ、、。
我が家の井戸水を飲み慣れているので、水道水のあの塩素の匂いが気に喰わないのかもしれませんね〜。
しかし、他所で水道水を飲まなければならない状況はいつ起きるか判りませんので、、、ランに行く度に「飲んでご覧」と練習のためにも勧めていたのです。
、、結局徒労に終わっていたワケですが(-∇-;)

しかしこの日は、あまりにもはしゃいで走り回ったために渇きを我慢出来なくなったのでしょう。
とうとう、渋々ながらもランのワンコ用水道水を飲んでいました、、。

でもホンのちょっとだけ(≧∇≦)
思わず記念撮影するワタクシ、、

結局、家に帰ってから、がぶ飲みしてましたけどね、アハハハ。
、、しかも何故か平蔵の水をね、、(-∇-;)

b0057675_2152404.jpg写真1/甘えん坊ポーズの伊佐蔵
写真2/ランの伊佐蔵、御機嫌です
写真3/ハナちゃん。ボールを死守です
写真4/ランの伊佐蔵、やっぱり御機嫌
写真5/水道水を飲んでいる伊佐蔵!



※追記
「香龍の焼き物」更新致しました。
トップページの目次を判りやすくリニュ。
PC環境で覗けなかった方も、見られるようになったと思います(^∇^)。
品物はマグカップを若干追加でございます。
ワンフレンズは皆様、2割引サービス!!
興味のある方は是非ご覧くださいませ(^∇^)/
こちらのコメント欄でも受け付けます〜。メルアド記入の際は「非表示」にしてください。
また、ワタクシのメルアドをご存知の方は直接メールでも受け付けております〜。

by koryu_misumi | 2007-03-04 21:59 | Comments(12)