柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(668)
(183)
(130)
(113)
(28)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2007年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本犬保存会佐賀支部展に行ってきました

b0057675_22113792.jpg
前回の日記で書いた通り、今日は日本犬保存会の佐賀支部展に行ってきた話をチョイとしましょう(^∇^)

実は伊佐蔵坊ちゃん連れていきました。
本当はワタクシだけ出かける予定だったのが、急遽母も一緒に行く事になった為です。
父にチビズ全員の面倒を半日見てもらうのがちょっと心配だった訳でして、、。
珊瑚はイマイチ父を信頼してないので、、それもあって「連れていってよ〜」と泣きわめいたのかも(前回日記参照)。アハハハ。
どうせ連れていくなら、、ひょっとしたら今季1度くらいは伊佐蔵を出陳するかもしれないし、、というワケで慣らしの為にも連れていったのです。

佐賀支部展は、他の支部と日程的にダブっていたので、いつもよりちょっと頭数が少なめの展覧会のようでした。
それに、どういうワケか前日までのポカポカ陽気がウソのように極寒日和(-∇-;)
「うるるる〜」と巻き舌になりながらの見学と相成りました。
勿論、久しぶりに犬先輩方や顔見知りの方々ともご挨拶できましたよ〜。
でもちっとも久しぶりの気がしません。不思議ですね。
皆さん「おお。いつ来とったん?」なんて声かけてくれまして、、ワタクシも随分顔が知られるようになったものです。

b0057675_22121335.jpg参加数が少ないとは言え、良い犬が沢山来ていました。
母は、ワタクシの足元にぼ〜っと立つ伊佐蔵と見比べて。
「リング見て、いっちゃん見たら、違う犬」と、高笑いしておりましたが、、ふと口ずさむとこれで"一句"出来とるやんけ!!アハハハ!!!
犬先輩もこうやって連れて来られる伊佐蔵に、毎回声を掛けてくれます。
「オ。来たな〜伊佐蔵。おい、おまえは何犬や〜?」なんて、伊佐蔵をからかったりしてね(≧∇≦)
でも、とってもニコニコしながら伊佐蔵に声を掛けてくれているのですよ〜。
伊佐蔵があまり展覧会向きでない事は皆さん充分ご存知なのですが、だからといってそれを心底バカにされたりしません。
皆さん"求めるものは究極の柴犬"…ですが、ブチャイク伊佐蔵に触れる姿を見ていると、結局は"ただ本当に柴犬が好き"というのが真の姿のようですね(^∇^)。

たまに、展覧会場で見学に連れて来られた家庭犬を、「ちょっと見せてご覧」なんて言いつつ、いかにもエラそうに「この犬はここがツマラン」だの「どこそこがイカン」だの、素人には判らないような専門用語を連発してケチョンケチョンにけなすような人を見かけます。
そりゃあ、業界では凄い方かもしれない。
しかし、けなされた方は、頼みもしないのに自分の小さな家族を勝手に評価された上に、ヒドい事を言われてすっかり消沈されてるんですよね、、。
どんなに見栄えが良かろうが悪かろうが、その人にとってはただ愛する小さな家族なのにね。
確かに理想の犬の姿を後世につなげて行くには、理想の条件を満たした犬を残して行く事が必須でしょう。
展覧会で淘汰されていくのは当然です。
しかし、それを遵守するあまり、"人が犬を可愛がる気持ち"を忘れているんじゃないだろうか、、なんてちょっと悲しくなってしまうのですよね、、。

b0057675_2213465.jpg幸いな事にワタクシがこの世界に入ってお世話になってきた先輩方は、家庭犬を家族として可愛がる気持ちも判ってらっしゃるようです。勿論、"可愛がる"にも色々種類はあるでしょうけども…ハハハ。
上に書いたような事は一切されませんし、ワタクシがブチャイク伊佐蔵を展覧会に出陳する事すら「やってごらん」と温かく見守ってくれるような人達なのです。
ワタクシは良い先輩方に恵まれて、シアワセ者ですね。
しかし、、不思議なのが、伊佐蔵をケチョンケチョンにけなす人が居ても良さそうなのに、、まだ一度も無い。ワタクシいかにも素人面してウロウロしてるのになあ、、(-∇-;)

(あ、念のために書いておきますが。
勿論、ワタクシ自身は理想の犬を見極める目を養う勉強をさせてもらってます。家庭犬を愛する心は勿論大事ですが。日保の追い求める姿を同じように求めていきたいと思っているのも事実なのですよ)

個人的な考えですが、これから家庭犬としての柴犬の有り様はますます変わって行く上で、こういう気持ちをないがしろにする事は出来なくなるのではないでしょうか。
そうでなければ、いわゆるプロの柴犬と家庭柴犬の間には、気持ちの面でどんどん深い溝が刻まれていくばかりかも。
この溝は深くなっていって欲しくない、、と思いますね〜。

ちゅうか、ワタクシのようにですね。
ど〜んと日保の世界に飛び込んでみる家庭犬のオーナーさん、もっと増えて欲しいなとも思うのですよね(≧∇≦)
どんなプロだって、最初はみんな素人なんですから!
、、、ワ、ワタクシは今でもしっかり素人ですから(≧∇≦)!!

写真1/皆さん一生懸命ハンドリング中です。
写真2/ワタクシの犬先輩方のワンコ、このグループで1席(黒柴手前)&2席(その隣赤柴)ゲットされてました。
写真3/噂をされて?クシャミ伊佐蔵坊ちゃん(≧∇≦)


※3/1追記
「香龍の焼き物」更新致しました。
トップページの目次を判りやすくリニュ。
PC環境で覗けなかった方も、見られるようになったと思います(^∇^)。
品物はマグカップを若干追加でございます。
ワンフレンズは皆様、2割引サービスにしています。
興味のある方は是非ご覧くださいませ(^∇^)/

by koryu_misumi | 2007-02-28 22:47 | Comments(20)

スリムママ

b0057675_2165872.jpg

想像妊娠中な珊瑚ママですが、、なんとなくピークは過ぎたような感触。
まさか本当に妊娠しているのでわ!?とドキドキした時期もアリマシタが、上の写真の通り、ウエストきゅっと引き締まったナイスバディを見る限りは、そんな事無さそう。

、、、ちゅ〜か、珊瑚のお姫様管理には充分気を使ってますからね。
間違ってもそういう出来事は起こりませんがな、ホ〜ホホホ!!!←本当は冷や汗かきました、、。

b0057675_21473461.jpgまあ、授乳の為にオッパイ周りの毛が落ちてますので、その分スリムに見えるって〜のもありますが、アハハハ。
それにしても、、珊ちゃん、ますます美人になってるような気がするなあ〜。←親バカ炸裂
珊瑚の本当の美しさはこれからなんじゃないかと思うんだけど。
これで顔と胸まわりの裏白がここまで上がってなければ、、ホントに展覧会に連れていきたいトコロです。

過去にも書いたと思いますが、ワタクシ個人は5才あたりからの柴ワンのオトナの魅力が大好き。
展覧会に出ている子達は、若い子が多くて、、青いと言うか、なんというか、、個人的にはちょっと物足りないような気もするんですが(≧∇≦)
、、といいつつも、日曜日は日本犬保存会の佐賀支部展を見に行きました。
まだ写真の整理をしていないので、後日その話をUPする事にしましょう。

この珊瑚ちゃん。
ナーバスなのの一環(?)として、、過去の妊娠中と同じく、非常に寂しがり屋に変身しております。
日曜日の展覧会に出かける日も、ギャンギャン泣いて1メートル以上もの高さでジャンプを繰り返し「行かないでよ〜〜!あたちも連れていってよう〜」と泣きわめいてましたっけ、、、。
一応他の家族は居るんだけどね、、(-∇-;)ワタクシじゃないとダメらしい、、。
普段なら外出する時も「いってらっしゃい」とあきらめ顔で見送ってくれるくらい聞き分けがいいのに。
今はまるで分離不安かと見間違う程です。
ちょっとした買い物くらいなら連れていくようにはしてるんですがねえ。

b0057675_2155397.jpg本当に未だに珊瑚は「香龍ッ子」です。
嬉しいような困ったような、、。
でも、いつもの珊瑚も、ナーバス珊瑚も、、どんな珊瑚もやっぱり可愛いお嬢さんです。


写真1/屋上でまぶしい表情の珊瑚
写真2/散歩コースの岩の上
写真3/何やら嬉しい夢を見ている珊瑚、ニヤリと笑ってます
by koryu_misumi | 2007-02-26 22:02 | Comments(20)

マメちゃん

b0057675_19274315.jpg
散歩コースに、昨年迎えられたばかりのかわいい子犬が居ます。
名前はマメちゃん♂。

、、、どう見てもニューファンドランドか、ニューファンMIXっぽいんですが。

それでも名前は「マメ」ちゃん(≧∇≦)
きっと迎えられたばかりの頃は小さかったんでしょう、、アハハ。
まだ生後数ヶ月なのですが、既に平蔵の倍以上はありまして、、。
でも子犬のしぐさタップリに巨体をクネクネしながら飛びついてきてくれるのは可愛くてタマリマセン。

b0057675_19281188.jpgマメちゃんと会うときは、まず伊佐蔵は少々離れた場所で待つようにしています。
、、なにしろ散歩コースの彼は、警戒心強すg…ピーーー
やや興奮が落ち着いてからちょっとだけ挨拶させるようにしているのですが、、それでも触れ合う程接近すると、ヤキモチたっぷりの声でワンワン吠えてしまいます、伊佐蔵、、。
一応マメちゃんの事はちゃんと憶えてはいるんですけどね、、もうちょっと回数を重ねないと落ち着かないでしょうナ。
あんな子犬にヤキモチ焼くとは、、ちっとも精神年齢が成長してない証拠デス(-∇-;)

てなワケで、まずは平蔵と珊瑚が挨拶に行きます。
するとマメちゃん大喜びでピョンピョンしながら平蔵と珊瑚にご挨拶〜。
もうすっかり我が家のチビズを憶えていてくれていて、遠くにチビズの姿を見つけるとその場に座り込んで動かなくなってしまうくらい、、アハハハ(-∇-;)。
時にはフセまでして、発進準備OK体勢ですワ。
「マメちゃん、おはよう〜」と近寄って行くと、大喜びでフセの体勢から飛び出してきてくれます。

b0057675_19285564.jpgマメちゃんが一番好きなのは平蔵のようです。
今日もニンゲンの子供顔負けサイズの"犬パンチ"をビシバシ平蔵に繰り出してましたよ、アハハハ。
まるで平手で叩かれているかのような平蔵。
でも彼はマメちゃんが"子犬"と言う事をちゃんと判っているので、全然怒ったりしません。
逆に、軽いフットワークでちょっと相手をしてあげたりして、、優しいヤツ〜。
勿論、マメちゃんが余りにも調子にのると、軽く「ガウ」と言ってたしなめます。
それも厳しい口調ではないので、マメちゃんも「ハ〜イ」という風に素直に引いて、また「遊んで〜」という感じです。

平蔵はホントに子犬には優しい子ですワ。
ま、まあこれが「ガキ犬」に成長して来ると、「ゴルァ、クソガキ!きちんと挨拶せんかい!」という感じにちょっと厳しくなりますけど、、。
それでも、たいてい子犬の頃に接した事があると、ガキ犬になっても、成犬になっても慕う場合が多いですね。

ちなみに、この"子犬"と"ガキ犬"の成長度合い、、イマイチワタクシには見極めきれないんですよね〜(≧∇≦)
平蔵の中ではちゃんと幼稚園生、小学生、中学生、、といった風な判断があるようです。
逆に平蔵を見ていて「お、この子はもう悪ガキに成長したんだな」な〜んて判るくらい。
これは、相手がニンゲンでも同じなんですよ、平蔵(-∇-;)
小学年が平蔵にイタズラしようとすると厳しく叱るような声を出します。
逆に赤ちゃんがビシバシ平蔵を叩いても、全然気にしません。
また、オトナの人には低姿勢に甘えるし、、ご老人だと優しくそうっと挨拶に行きます。
年齢に応じたニホヒか何かあるんでしょうかね、、?

b0057675_1944676.jpg珊瑚も子育て経験を経てからというもの、子犬には随分優しくなりました。
巨体のマメちゃんが激しく挨拶してきても「ウルサい子ねえ、、まあしょうがないか、、」という風情で、別段怒ったりしません。
、、ちょっとうっとうしそうですが、、、アハハハ。

いつかこのマメちゃんの写真を撮ってみたいものです。
なにしろ動きが激しくてまともに、、、(-∇-;;;;;)

写真1/岩の上でハイポーズ夫婦
写真2/れんげが咲いてます
写真3/神妙な面持ちの伊佐蔵
写真4/平蔵に甘えてキッスしている伊佐蔵
by koryu_misumi | 2007-02-23 19:45 | Comments(21)

平蔵、頼りにされる

b0057675_11122645.jpg
今日の福岡早春情報は〜(≧∇≦)、、ツクシ出没です、、。
ウソみたいに暖かいですね。
今年の日本犬保存会の春季展覧会は、、、皆様ワンコの皮毛を保つのが大変かもしれませんねえ。
ワタクシは見学と駄犬ちゃんの挑戦を考えておりますよ〜アハハハ。←コワイもの知らず

b0057675_11142759.jpgさて。
先日、散歩中には初めて見る白い紀州犬が20メートル程前方を横切って行くのが見えまして。
思わず身体に力が入るチビズ。
特に伊佐蔵坊ちゃん、、。
珊瑚はさりげなく平蔵の斜め後ろに、、(-∇-;)。

が、当の紀州犬はチラリと一瞥くれただけでトットコ言ってしまいました。

状況判断でさっさと緊張を解き、、、というかさほど緊張してなかったんですが(≧∇≦)、、元通りの散歩を続ける平蔵。
珊瑚と伊佐蔵はまだ余韻の興奮が残っているようです、、。
と。
その時。
珊瑚と伊佐蔵が慌てた風情で平蔵の両側に駆け寄って、2匹で平蔵の鼻先にチュンチュンチュンと。

思わず父と顔を見合わせました。

どう見たって、それは、さっきの白い犬の事をなにか平蔵に言いつけているようにしか見えなかったからです。
まるで「さっきの白いヤツ、初めて見るね!」とか「アイツ知ってる?」とか、しきりに平蔵に訴えているようでした。
当の平蔵は「あ〜、ハイハイ。判った判った」とうっとうしそうでしたが、、(-∇-;)
両方からフガフガと鼻をつつかれて、迷惑そうにしながらも邪険にせずに「ウンウン」と言っている彼、、。

あ〜やっぱり平蔵は頼りにされてるんだなあ。

と、たわいのない話かもしれませんが、、朝からかわいいチビズファミリーの姿を見られて良い気分のワタクシでございましたよ〜(^∇^)



b0057675_1115933.jpg話は変わって、珊瑚嬢はまだまだ続行中です。
最近では換毛なんだか想像妊娠のせいなんだかワカリマセンが、オッパイの周りの毛が集中的に抜け落ちて、、。

"授乳体勢バッチリ"(≧∇≦)

オッパイをつまむと、透明な液体がちょっぴり。
幸い(?)ミルクは製造してない様子です。
、、しかし、昨日あたりからマウンティングを要求しなくなり、朝食後のピリピリ感がやや落ち着いてきた模様。
そういえば、ここ2日程、夜中の迷惑巣作りしてないような、、。
ひょっとしたら、、もう想像妊娠のピークは過ぎたのでしょうか?

もうしばらく経過を見なければならないようですナ(-∇-;)。

写真1/チビズの体格差が如実に表れた写真です(≧∇≦)
写真2/4キロの体格差がありながらも仲良く遊ぶ親子図
写真3/相変わらず伊佐蔵、、ハズしてくれませんワ。
by koryu_misumi | 2007-02-21 11:20 | Comments(14)

わんショット/2007.2.17

先日撮っておいたものです。
珊瑚ちゃん、普段は小石拾いに熱心なんですが、、珍しくこの日は"まつぼっくり"をゲット。
嬉しそうにくわえては投げてもらってました。
途中、どうしてもそれが欲しい伊佐蔵が横からチョーダイ攻撃。
2匹でまつぼっくりくわえたまま、数十メートル歩いてましたよ、、アハハハ。
その後これまた珍しく平蔵が「あれ、小石じゃない」と気づいたらしく「何それ」と寄ってましたっけ。

b0057675_19293091.jpg珊瑚の口にはいっぱいいっぱいのまつぼっくりです(-∇-;)

b0057675_1929558.jpg←良く見ると珊瑚の鼻先が変形してます。
いっちゃん相変わらず強引、、。

b0057675_19301377.jpg平蔵は横取りしないので、珊瑚は唸りもしません。
というか、得意げに見せびらかすように振り回してみせたりしてね、、。


ちなみに帰り着くまでにかなりむしられていた"まつぼっくり"なのですが、、。
最後のトイレタイムに置き忘れておりました、、。

で、、翌日「あっ、これ!」と拾ってました、、(≧∇≦)
by koryu_misumi | 2007-02-17 19:39 | わんショット | Comments(14)

ただいま続行中

b0057675_1056289.jpg
珊瑚ママ、頑張って想像妊娠中です(-∇-;)

オッパイはますます美しい桃色になり、若干ピョコリンと可愛らしく大きくなってきました。
いつもよりご飯を食べ足りないらしく、朝食後のデインジャラスタイムもやや時間がかかるように、、。
また、普段から眠い時もやや神経質なのですが、それも過敏なようです。
まあ全体的にナーバス度がUPしたという事でして、、相変わらず期待を裏切らず、、ですかナ、わはは。
救い(?)は一日中ずっとナーバスではないというところです。
思い出したように時々なるアタリが、"想像"なのかなあ〜という感じ。

b0057675_1057163.jpg昨日の朝はオヤツをオネダリしていて、伊佐蔵との接近遭遇にイラっときたらしく、ギャアギャアやってしまいました。
普段は仲良く並んでもらうのにねえ、、。
突然の事なので、伊佐蔵も咄嗟に受けてしまって、それにビビった珊瑚の油に火が〜。
が、ちょうどその場を通っていた父が、間髪入れずスライディングで2匹の間に滑り込み(≧∇≦)
ワタクシはたまたま伊佐蔵の後ろに立っていたので「いっちゃん、待って」と彼のシッポをつかんで引き寄せました。

元々伊佐蔵は喧嘩する気なんか毛頭ないものですから、ワタクシに引っ張られた後は身構える事も無く、素直にその場に立って黙っておりました。
が、もう珊瑚の頭は真っ白ケ(-∇-;)
パニクってしまって、スライディングポーズの父の脇の下から顔を出してギャアギャアですワ。
伊佐蔵がこんな時平蔵に似て冷静で良かったですよ、ホントに。
彼は我を忘れた珊瑚ママを前に「一体どうしたんだよう〜」と半分キョトンとしてました。

おかしかったのが平蔵。
事件はちょうど平蔵が乗っていた椅子の脇で起きたもんだから、最初は自分に向かって珊瑚が文句言ったのかと思ったらしい。
思わずビックリしてピョン!と立ち上がって椅子の上でグルグル回ってました、、アハハハ!!
「え?なになに?オレ何かした!?」と珍しく慌ててたようです。可愛いなあ!

b0057675_10574620.jpgんで、いつまでも父にはスライディングポーズをさせている訳にもいきませんので。
こんな時の「珊瑚の落ち着かせ方法」を実行。
彼女だけ一部屋にいるのだったら、しばらく放置してあげれば充分落ち着くんですが、、今回は目の前に伊佐蔵がじっと立っているまま。落ち着けと言っても聞こえないでしょう。
しょうがないので、悪鬼もかくやという風情の珊瑚を抱きしめてあやしてあげる事に、、。
平蔵や伊佐蔵と目が合わない場所に行って、落ち着くまでユラユラと抱っこしてあげるのですよ。
パニクった時に大声や刺激する動きをすると、平蔵や伊佐蔵と違って許容量の狭い珊瑚はますますパニクってもっと収拾付かなくなります。
自分で売った喧嘩を受けられて、逆にビビってパニクるなんて、、ホントにもうしょう〜がない子やなあ。
小さな珊瑚の頭をワタクシの心臓に部分にくっつけて、心音を聞かせながらしばらくすると、本当にすう〜っと落ち着くんですよ。

伊佐蔵には、、言っても判らないでしょうけど「珊瑚は赤ちゃん居ると思い込んでるから、あんなんなんよ〜。許してやってな〜」と後で言って聞かせました(-∇-;)
平蔵は珊瑚のこういう所をホントに良く理解していますが、、伊佐蔵もちゃ〜んと判っているようです。
この後も、やや余韻の残る珊瑚に唸られても相手にしてませんでしたよ。
それどころか「そんなに怒らなくてもいいだろ〜」と逆に低姿勢になって珊瑚の機嫌を治してました、アハハハ。
ホントに珊瑚はオトコ組には甘やかされていると言うか、、良い夫と息子を持ったもんです(≧∇≦)

一番困ってるのは、ワタクシかな?
ワタクシと珊瑚は、夜一緒に寝ているのですが、、。
彼女、夜中にふと目覚めて突然巣作りしたりするんですよ〜(-∇-;)
布団の上でゴソゴソ回転しつつ、布団の表面をザリッザリッと掘り続けるんですワ。
こっちはいくら布団越しとはいえ、身体の上をボコボコ歩かれる上に、延々と取り憑かれたように穴掘りを続ける珊瑚に『珊ちゃん、、眠れないんだけども〜(T▽T)』と思わず苦情を、、、。

b0057675_1155331.jpgそれが、ど〜も寝とぼけているらしいんだな(≧∇≦)
半分眠ったような感じで掘り続けるんです、アハハハ。
しょうがないので、これも確保して寝付くまで抱きしめ攻撃ですワ。
すると、、いつのまにかスヤスヤと眠ってます、、。
困ってしまいますが、、やっぱり可愛いヤツですね。

願わくば、、このまま朝まで熟睡してくれえ〜、、、と願いつつ。
ワタクシも一緒に眠るのでアリマシタ。

写真1/風呂上がりのワタクシに、お迎えの笑顔珊瑚。
写真2/換毛で灰柴状態の平蔵。やっと生え始めてきたぞ〜。
写真3/ソファにもたれて、見返り珊瑚。こうやって見るとシッポデカイ!
写真4/オヤツの為なら「立ち芸」伊佐蔵。
by koryu_misumi | 2007-02-15 11:18 | Comments(14)

わんショット/2007.2.13

b0057675_10392834.jpg「伊佐蔵のヨダレ滝」

伊佐蔵が、オヤツをマテしている所です。
本当の彼のヨダレ滝は、口から床まで筋状に流れる程凄いんですが(-∇-;)、それだとムービーに撮った時にイマイチ判りづらい、、アハハハ。
で、ポタポタと落ちるタイプのヨダレの登場です。
待っている間に口の中でヨダレが製造されて、だんだん溢れ出す感じが良くわかってもらえるのではないかと思います。

最後にオヤツを貰った後の彼は、本当に美味しそうにハムハムしてますね〜。
「うんうん、そんなに美味しいとね」と思わず声をかけたくなります(≧∇≦)。

※ムービーはプレイボタンを押してからダウンロードするようになりました。ポチッと押してから見てくださいまし




b0057675_10445273.jpg「香龍の焼き物」久々にUPしました(^∇^)
(日記の「etc.」にもリンク作っています)
ワタクシの焼き物のごく一部ですが、今回は白をベースにしたものを載せています〜。
興味のある方はちとのぞいて見てやってくださいまし。
※シバツレをご覧の方は「ワンフレンズ割引20%off」になります。
初めてご注文の際はその旨お知らせくださいね。

※PC環境の関係で「ギャラリー」ボタンから進めない方は直接コチラへどうぞ!
by koryu_misumi | 2007-02-13 10:46 | わんムービー | Comments(12)

想像、、

b0057675_23395441.jpg
2月3日の日記では、ウ●チイーターという、何とも喜ばしくもない称号で呼ばれた珊瑚嬢ですが、、。
それとなく様子を観察していたら、、なんとなくおかしい。
いや、普段からオカシイんですが、、アハハ、それとは違ったおかしさですワ(-∇-;)

どうやらこのところ、ウ●チイーター事件も含めて何やら妙な行動を取っているのですよ、、。

いつもなら、夕飯の後は居間で家族と一緒にうたた寝をする彼女。
ところがここ数日、時々思い出したように真っ暗なお座敷に「入れて」と要求しては、お座敷用の低いテーブルの下に潜り込んでなにやらゴソゴソ、、。
初めてこの行動をした時には、思わず母と顔を見合わせた程ですがな。
普段惰眠をむさぼるこの時間帯に、わざわざ寒くてひっそりした座敷に入りたがるなんて珍しい事もあるもんだ。と。
しかし、数度も繰り返すうちに気になり出したワタクシ。
先日「何やっとんじゃ?」と眉をひそめてそうっと覗き込むと。
テーブルの向こうから「ガリッガリッ」という奇妙な音が、、。

b0057675_23422525.jpg実はそのテーブルは、ワタクシの焼き物を入れる桐箱を山積みにした脇にくっつけて設置してありまして、その山とテーブルの間に畳んだ段ボール箱を挟んでおりました。(桐は傷つきやすいので)
ちなみにこのテーブル、ニンゲンが這って入れるかどうか、という低さ。
その穴蔵のようになったテーブル下の奥の方に潜り込んで、なにやらお嬢さんやっている様子。
「んんんん〜?」
ワタクシから見えるのは丸々とした綿菓子のような珊瑚のオシリとシッポだけ。
しかし、全身が小刻みに動いているので、なにか一生懸命やっているらしいというのは判るんですが、、。

「珊ちゃん?何しようと、、?」と、つい声をかけてしまいました。

すると珊瑚は、ハッとして振り返ったのですが、すぐにまた向こうを向くのです。
とうとうワタクシも這いつくばってテーブルの下に潜り込んでみました。
す、す、すると、、!
なんと段ボールで作った壁を一生懸命掘っているではアリマセンか!

こ、こ、この姿は見覚えがあるゾ〜〜〜!!



そう、お産の為の巣作り、、。



b0057675_23431076.jpg段ボールは、ここ数日の珊瑚の努力の成果のおかげで、まるでネズミがかじったかのようにぼろぼろになっておりました。
幸い桐箱は無事でしたが、、アハハハ(-∇-;)
こんな事なら、初めて気づいた時に見れば良かった、、、。

他のワンコのウンチには見向きもしない珊瑚の、先日のウン●イーター事件はまさに珊瑚の母性のなせる技。
そしてこの巣作りもまた、、。

そういや、お姫様からおよそ2ヶ月経過している今日この頃だし、、。
オッパイの色が最近綺麗だなあとは思ってたんだよな〜、、。


そういった諸々を考えると、どうやら珊瑚ちゃん。

想像妊娠の可能性が(-∇-;)、、アハハハ。


そう思うと、最近の珊瑚の様子に合点が行く所が幾つかあります。
お姫様シーズン以外は落ち着いた食後が過ごせる珊瑚なのに、最近妙にナーバスだったり、、。
普段はほとんどしないマウンティングを毛布相手に頑張ってみようとしたり、、。
精神状態がちょっぴり不安定なのですよ。
まあ、時期が過ぎれば元に戻るそうですので、大して心配はしてませんけどね。
ただ、妊娠中神経過敏状態になるとすると、、平蔵と伊佐蔵が当分八つ当たりされる度合いが増えそう〜アハハハ。

この想像妊娠が、どの程度まで進むかは今後様子を見て行きますワ。
度合いが強いと、オッパイがふくれてきたり、ミルクも出てくるようになったり、ヌイグルミを子犬扱いするようになったりと、色んな症状が出てきますが、、珊瑚はどこまで症状が進むんでしょうねえ、、。

写真1/笑顔珊瑚ちゃん
写真2/ご夫婦、目がリディック、、。
写真3/親子、ソファカバーの下に潜った珊瑚&その上に寝ている伊佐蔵。



b0057675_8164838.jpg「香龍の焼き物」久々にUPしました(^∇^)
(日記の「etc.」にもリンク作っています)
今回は白をベースにしたものを載せています〜。
興味のある方はちとのぞいて見てやってくださいまし。
※シバツレをご覧の方は「ワンフレンズ割引20%off」になります。
初めてご注文の際はその旨お知らせくださいね。

by koryu_misumi | 2007-02-09 23:50 | Comments(17)

お先にどうぞ!

b0057675_15321948.jpg
我が家のクールな好色一代男こと、平蔵氏は、、。
まさに今、寒さと戦う男となっております。

今冬は暖冬の関係もあってか、ど〜〜も換毛がスムーズに行きません。
秋口のちょっと冷え込んだ頃に抜け出したのはいいんですが、、それからダラダラと続いて今に至っています。
もう抜けてない様子なのでこれから生えてくるんでしょうけども。
この時期の平蔵は、ちょうど成長途中の子犬の時期を思い出させて可愛くてなりません。

が。
このツンツルテンな姿に「あら、平ちゃんビョーキなの?」なんて散歩コースで尋ねられる事もアリ、、、。
「い、いえ、毛が生え変わってる最中なんですよ〜」とワタクシ。
「冬毛に、、?」と当然の質問。
「そ、、そうです、、」
と語り合う人々の頭上でヒバリが、、。


、、もう春になりますよ、平蔵さん、、。


b0057675_1536327.jpgそんな平蔵。
最近は男組ではしゃいで、妙に伊佐蔵とも仲良く過ごしているんですが。
あまりにも仲良くしすぎると、また伊佐蔵が「自分と平蔵は同等だ」、、な〜んて、良からぬ事を考えやしないかと、ちょっと心配しておりました。

ところが先日、とある出来事を母から聞きまして、ホッとしたのですよ〜。

というのも、我が家のチビズは、それぞれニンゲン家族と一緒に夜寝ておりまして。
平蔵は母と、珊瑚はワタクシと、伊佐蔵は父と。
で、朝起きるとそれぞれ階段や廊下を通って居間に行くのですが。
その途中に玄関があり、そのちょっとした広場がちょうど朝の挨拶場になっているんですね(^∇^)
特に伊佐蔵が「おはよおはよおはよ!!!」と地獄の暑苦しさで挨拶。
平蔵は最初だけちょっと鼻を会わせると、伊佐蔵と珊瑚の激しさから逃げるようにさっさと居間へ早歩き、、、。

が、冬ですので、居間の扉は閉まっています。

ドアに詰め寄るチビズ。
ちょうど廊下に居た母。
ドアを開けてやろうとすると、、、。

なんと、伊佐蔵は自主的にサッと平蔵より後ろに下がって、先に平蔵を通したのだそうですよ〜。

b0057675_15474686.jpg普段全然気にしてなかったもので、ワタクシも気づいてなかったのですが。
そ、、そういえば、、似たような状況の時もそうだったかも、、。

何気ない仕草の中に、ちゃんと平蔵を敬う気持ちが表れているんでしょうかね(^∇^)?
道を譲るとは伊佐蔵坊ちゃんてば、、オリコウさん。
ワタクシが心配するような事はなかった訳ですね〜。

顔を洗って遅れて居間に到着したワタクシは、朝からこんなチビズの話を聞いて「うへへへ〜」と一日良い気分で過ごせました(≧∇≦)。

これからも仲良くしてちょ〜だい、かわいいチビズ軍団!

写真1/ツンツルテン平蔵
写真2/伊佐蔵はどうしていつもシャッター切った瞬間こんな面白い顔してくれるんだか、、
写真3/父に小石ケリしてもらってます、珊瑚。片足あげるのクセです。



b0057675_10285470.jpg07.02.08追記
「香龍の焼き物」久々にUPしました(^∇^)
(日記の「etc.」にもリンク作っています)
今回は白をベースにしたものを載せています〜。
興味のある方はちとのぞいて見てやってくださいまし。
※シバツレをご覧の方は「ワンフレンズ割引20%off」になります。
初めてご注文の際はその旨お知らせくださいね。

b0057675_10291915.jpg
by koryu_misumi | 2007-02-06 16:00 | Comments(12)

ウ●チイーター

b0057675_11302540.jpg
皆様はもうすっかりご存知ですが、伊佐蔵はもう2才、、、。
そう、もうすっかり2才だというのに。
珊瑚ママ、やってくれました。

昨日の夜に、ウ●チをゴチソウになったのですよ、、。
普段は伏せ字にしないこの単語を、、ついつい伏せてしまうワタクシ、、。

b0057675_1138572.jpgいまだに忍者ウンチをしている伊佐蔵坊ちゃん。
頻度は落ちたものの、したくなる時は夕飯の後で、、場所は屋上を指定なさいます。
その間珊瑚は彼女の個室(座敷とも言う)で夕食後のまったりとした時間をお過ごしなワケですが。
その日だけは廊下へのフスマに隙間があったらしい、、。

「ウンチしたよ〜」と大喜びで屋上から戻ってきた伊佐蔵を居間に迎え入れたのを聞きつけ、コッソリと抜け出していたのですな(-∇-;)。

すぐウンチを始末しにいけなかったワタクシ。
ふと珊瑚の番犬吠えの声が聞こえたのですが。
「あれ?珊瑚の声、、なんかすごい遠くで声が聞こえるんですけど、、」と頭の中でアラートが。
座敷に居るはずの珊瑚の声が、何故こんな遠くから?
、、ちゅ〜か、珊瑚はどこに!?
「珊瑚は!?」と思わずワタクシ。
「え?お座敷やないの?」と両親。
慌てて座敷をのぞいても、勿論姿はナシ。

b0057675_11475484.jpg居間のドアを開けて「珊瑚ぉ〜」と呼んでみると。
なんと、ワタクシの声に嬉しそうな足音が階段の上から、、、。
トコトコトコ〜ッと居間に走り込んできました。

「、、、珊瑚屋上から戻ってきたよ、、」
「、、、え、、」
「座敷の廊下側のフスマが開いとった、、」
「、、、、」
絶句のニンゲン達。

呼ばれたらすぐに戻って来るのはすんんごいオリコウさんなんだけども(-∇-;)
ひょっとしてひょっとしてひょっとしてぇえええ〜〜。
ヒエ〜〜。


屋上にあるはずの、伊佐蔵のウンチの姿は無く、、。


翌日の珊瑚のウンチは盛大な物でした、、。


勿論、しばらくは誰もが珊瑚のキッスから逃げまくってました、、。



もう"子犬"のウンチ食べるのはヤメテクレェ〜!

写真1/2月の携帯待受画面カレンダーを作ってみました。いつものボ〜ダホン用ですが、お持ち帰り、サイズ変更、どうぞお好きに使ってくださいまし〜。
写真2/うたたね珊瑚。このまま船漕ぎます(^∇^)
写真3/こっそり持ち出してイタズラしてるつもりの伊佐蔵。最初からバレバレです。
by koryu_misumi | 2007-02-03 11:56 | Comments(22)