「ほっ」と。キャンペーン


柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(632)
(160)
(117)
(106)
(22)

ブログジャンル

イヌ
日々の出来事

画像一覧

<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

だいそん様に休み無し

b0057675_9491020.jpg
やっと秋の気配が少し感じられるようになってきました。
我が家でも夜になると庭で秋の虫達が大騒ぎ、、。
夜の11時でも気温は30度なのに、何故か過ごし易いのは湿度が下がってきたせいでしょうか?

そして、、ようやく珊瑚の換毛が一段落着いたと思って、ホッとしていた矢先。
なんと平蔵と伊佐蔵が、もう夏毛を脱ぎ始めたではアリマセンか!!!
オトコ組にブラッシングを駆けていると、綿毛がボワボワと、、、。

ぐえ〜。
だいそん様には夏休みも無いのか!?

そ、そういや、もうすぐ9月だもんな、、。
珊瑚も、お姫様が無い時にはたいていこの時期に冬毛の準備を初めてましたっけ。
まあ、日本犬オーナーなら誰でも、季節を感じる風物詩ではありますが。
それにしても、いつもいつも季節に遅れる平蔵が、今季まともに換毛始まったとは、嬉しい事です。

b0057675_9511029.jpgどうしても、皮膚がデリケートな子は換毛のリズムも乱れがち。体臭もするしね。
昔々の平蔵は、綿毛も少なくてバサバサだったのですが、何年もかかって自家製ご飯で体質改善したおかげで、今では随分フカフカになりました。
それでも、虫さされ等にはいまだに弱いんですけどね〜。まあこれはしょうがないですかね。
あとは何と言っても換毛のリズムさえうまく整ってくれれば、、、と思っていたのですが、やっとこさその傾向が。
良かったなあ〜〜。

それにしても、やっと伊佐蔵のゴールデンボールが毛に覆われ出して、目の毒でなくなってきたと言うのに、、。
、、またこれから毛が抜けるんかい、、(-∇-;)
もう、彼のゴールデンボールの自己主張の激しい事は皆さんご存知だと思うんですが、、それでも毛が生えると少しは目立たなくなるんですよ。
夏休みに帰省してきた弟は、彼を「金 玉男」という、なんとも絶妙なネーミングで呼んでましたけどね、、。
このごろは「二粒の巨峰ちゃん」とか「イチジクちゃん」とか、更にワケの判らん呼び名で呼ばれております、、。
その上、彼の真っ白いフカフカの毛で覆われたオチン●ンは、、集音マイクと言われ、、、。


b0057675_9523869.jpg、、、こ、これ以上お上品な読者を逃してしまうような文章は、、やめておかないと、、、(≧∇≦;;)。
一部の人には絶大な支持を受けているようですが

いっちゃん、、とうとうもう一つ上のランクの首輪を買わなければいけないようです。
今、4号サイズの首輪の、外から2〜3番目の穴を使ってるんですが、、それだと時々首輪の端っこが外れている事があるんですよね。
いつか首輪が外れてしまう恐れがあるので、、5号サイズを買い直さなければ〜〜。
彼は、体重12.5キロと、最近ずっとこの調子なのですが、、、どうも首周りは、それとは別に太くなってきたみたい。
むう、やっと青年の体つきからオトナの体つきへ変化し始めているのでしょうか?
平蔵も1才半ころの写真を見ると、スル〜ンとした体つきですもんね。首周りも細かったし。
アバラが開いてきて、今のような砂時計体型になったのは3才頃からでした。
ワタクシ的には、伊佐蔵ボッチャンもう少し体高低くなって欲しいんですが、、アバラが開くと1センチくらい体高が沈む子もいるらしいので、そうなってくれれば有り難いですな〜。勿論、まだまだ先の話ですけども(-∇-;)

いや〜、この甘えん坊は、そうなるまで余計に時間がかかるかもしれませんな!
両親ともに揃って一緒に生活しているせいか、ホントにいつまで立っても子供ですワ。
精神的に成長しないと、身体もそれに伴わないような気がしますよ。散歩中のヤキモチ焼きも相変わらずですし、、。

b0057675_9533822.jpgそういえば、先日、チビハナに会ったのですが、また伊佐蔵がヤキモチ焼いたらウルサいので、ワタクシ我慢して知らんフリしていたのです。
、、、すると、なんてこったい。
チビハナともおとなしく挨拶するではアリマセンか!

むぐぐう〜〜、このバカタレが!!
ワタクシだってチビハナをナデクリ回したいのに〜〜〜〜!!
おまへの為に我慢してるんだゾ〜〜!!

、、、と心の中で伊佐蔵を罵倒したのでありました、、。

ああ〜、ヤキモチ息子or娘をお持ちの皆さん。
ワタクシの気持ち、判ってくれますよね!?



写真1/集合笑顔写真、、かわええの〜(≧∇≦)←親バカ
写真2/平蔵、大あくびでちょっと間抜けな顔、アハハ
写真3/珊瑚、クレクレ光線発射の図
写真4/ちょっぴり叱られて、シュンとしている伊佐蔵

※先日の日記で「ポチ」っとお願いした件ですが。
なんと!UP直後は450位代だったのに、、、今見たら50位代におりました、、。
そ、そんなに沢山ポチッとしてくれているとは!!(全く予想外)
有り難うございます〜〜。

てなわけで、本日も「特別にポチっとしてしんぜよう」という方に(≧∇≦)
b0057675_107229.gif人気ブログランキングへ投票〜


by koryu_misumi | 2006-08-30 10:11 | Comments(24)

ゆで卵事件

b0057675_11175376.jpg
昨日珊瑚嬢はエラい目に遭いました(-∇-;)

トップの写真は、その朝の風景なのですが、、。
いつもは平蔵が陣取る母の背後をゲットした珊瑚ちゃん。
平蔵なら母の腕の上にアゴを載せてオネダリするのですが、珊瑚は座高が低いので母の腕の下から顔をひょっこり出すのですね。
この写真も、時々パンクズを頂いて御機嫌なお顔です。ついでに母の携帯を覗き込んでいる所。

この直後、母が口にしたゆで卵が、この日の彼女の運命を変えるとは一体誰が想像したであろうか(おおげさ)!!

なんとそのゆで卵、ワタクシだったら大喜びな、ゆるめの半熟卵だったのですが。
それが、、母がガブリといった瞬間に、白身の割れ目から珊瑚の顔にドバッとたれてしまったのですよ!アハハハ。

「ひゃ〜!」(←その場に居合わせたニンゲン達の悲鳴)

b0057675_11184266.jpg珊瑚の顔だけでなく、母の服にも一杯ついてしまった半熟の黄身。
慌てて拭くも、珊瑚の顔や頭、背中までアチコチまっきっきです〜。
勿論、これ幸いと、こぼれた黄身の処理に一役買った珊瑚でありました、、。
こぼれた黄身よりも、珊瑚のヨダレでビチョビチョになる母、、。
「さ、珊ちゃん、、服が濡れて冷たい〜」と不評でしたが、そのような苦情を聞く珊瑚ではアリマセン。
ペチョペチョペチョと一心不乱です(-∇-;)
しかし、見る見るうちに乾いて行く黄身に、珊瑚の顔はカピカピになっていくではアリマセンか。
ワタクシは重大な決断を下さねばなりませんでしたよ。

そう、それは、お風呂。

チビズはこの時、"朝ご飯まだ"の状態です。この後、すぐにご飯の予定でしたが、ご飯直後のお風呂は身体に悪いので避けたい、、。
し、しかしこんなにお腹がすいている時に珊瑚を風呂に入れるのもなあ、、(いや、ワタクシが被害を被る率がUPするという、、(-∇-;))。
そう思う間も、増々カピカピになっていく珊瑚を見るにつけ、もう選択の余地はないと断念。

「この後ご飯なのよ〜嬉ちいなあ〜」とご機嫌な彼女を拉致、風呂場に監禁したのでアリマシタ。

すぐにはどういうワケだか判らなかったようですが、、、ドバドバと風呂桶に溜まるぬるま湯を見て、あの珊瑚が落ち着いているわけアリマセンがな(≧∇≦;;)
キュ、、キュウウウ〜〜〜!!
闇の魔王(ワタクシ)がニヤリと笑いつつ後ろ手にドアを閉めると、それこそ目を真ん丸にしてヤダヤダヤダ〜と大騒ぎです。

b0057675_11192046.jpgまずはちょうどいい機会だとばかりに、オシリにちょっとだけシャンプーをつけて泡立て、肛門腺をムギュっと。

ヒ〜〜〜!!!アオアオアオアオア〜〜!ウヒュア〜!!

もうアメンボのように這いつくばってその場から逃げようとします。
ま、まずい。
今日は日曜日、、この時間帯はまだ眠っている人も多いはず〜。
慌てて「珊瑚、大丈夫大丈夫〜」となだめすかしてオシリを流すと、悲鳴を上げるのをヤメた珊瑚。それでも鼻息がムフムフ。口はハアハア。
むう、イキナリオシリを絞ったのはマズかったか(-∇-;)
ビビリンの珊瑚です。ビックリしたのでしょうね。アハハハ。

その後は、風呂桶にそうっと漬けてから全身を洗ってあげましたよ。
さすがに悲鳴はあげませんが、なんとかして風呂桶から脱走しようと試みる彼女。
その指先までピンピンに張った姿は、まるで捕まった沢ガニのようです、、、。
やっぱり、イキナリ朝風呂はないよなあ〜(-∇-;)
でもしょうがないんだよ、珊瑚ちゃん。見た目は一応、美犬で通ってるわけだしね。
まあ、おかげですっかり綺麗になりました。
珊瑚は日頃から臭わないので、あまり汚れに気づかないんですが、、こうやってお風呂でマッサージしてあげると、ぬるま湯が随分濁って「けっこう汚れてたんだなあ」と気づいた次第。
そういや、いつだっけ洗ったの?、、、ちょうど良いきっかけでしたワ。

お風呂のドアを開けると、珊瑚の悲鳴に心配した平蔵が伏せて待っていました。
へ、平蔵、、優しいヤツ(T_T)。
思わず平蔵に「怖かったとよ〜」とオシリプリプリ、耳ペコペコ、甘噛みガブガブの珊瑚でありました、、。
でもあまりの珊瑚の勢いに「ウワッ!、判った判った、もういいって!」と逃げまくる平蔵でアリマシタ、、。
それを見て「何よ!せっかく言ってるのに!!」と逆に腹を立てる珊瑚でアリマ、、、、(-∇-;;;;)

b0057675_11195532.jpgちなみに、風呂から上がった珊瑚に「珊瑚、ごめんね〜、お母ちゃんが悪かった」と母が声をかけると、母にまで「ヒドい目に合ったとよ〜」と一生懸命言いつけているようでした(≧∇≦)
、、、いいんですよ、ど〜せあたしゃ、嫌われたって。なにしろ闇の魔王ですから。
おまけにその日は半日程ご機嫌斜めでして、、。
そりゃそうだよな。朝ご飯お預けでお風呂に入れられるし。
皆さんお分かりでしょうが、その半日、平蔵&伊佐蔵が珊瑚に八つ当たりされていた事は言うまでもアリマセン、、、アハハハ。



※けっこう前からひそかに登録していたのですが、、。
おヒマでしたらどうぞポチッと。
人気ブログランキングへ投票〜b0057675_11334320.gif


写真1/珊瑚、母と一緒に。興味津々で携帯を見る。
写真2/ソファの背もたれに、のりかかってます平蔵。
写真3/ソファにのっかって、満開笑顔の伊佐蔵
写真4/いつものヤツ(-∇-;)
by koryu_misumi | 2006-08-28 11:38 | Comments(26)

K君

b0057675_10132476.jpg
ある所に、某犬種のK君というワンコが居ります。
以前はよく初老のおばさんが一人でお散歩させてあり、、まだ我が家に平蔵しか居ない頃にはよく仲良く挨拶したものでした。
K君の家では、K君が初めてのワンコで、しかもワケあってオトナになってから迎えられたそう。
勿論、大変可愛がられているのですが、ワンコとの暮らし方が良くわからない、、という事もあるそうで、そのためよく立ち話をしたものです。
話の中では、愚痴もこぼされてました。

勿論K君についての事です。

K君は見た目も明らかに太っている某小型犬でした。
ちょっとでも散歩しようものなら、ゼ〜ハ〜息苦しそうにし、座り込んでストライキをするようなワンコ。
そして、そのおばさんの愚痴というのが。

無責任にK君を甘やかすオジサンについて、、、。

b0057675_101453.jpgK君と知り合った頃、オジサンはとある入院生活を無事に終え、退院したばかりで自宅療養中だったと思います。
そのせいもあってか、オジサンのK君にそそぐ愛情はひとしおだったようで、、。
しかし、それはかなり道を踏み外したものでした。
聞くと、オジサンの胸ポケットにはいつも「ぽっき〜」や「ぷりっつ」のような人間用のオヤツが忍ばせてあり、K君に乞われるままに食べさせているとか、、、おかげでご飯のフードには見向きもしないとこぼされていました、、。
しかも、オジサンからオヤツを取り上げても、、いつの間にかコッソリ買って来るらしいのです。

K君の太り様は、まさにこのせいでした。

その太り具合を心配するような事を、差し出がましくもワタクシも何度か言った事があります。
するとやはり、かかりつけの病院の先生にも同様の事を言われていたようで。
太り過ぎも原因ですが、どうもその他にも健康を害しているらしく「このままこの生活が続くと、今に歩けなくなりますよ」との事。
しかし、このオジサンは、おばさんがどれだけ忠告しても聞く耳を持たないのだそうです。
しつこく言うと、しまいには怒り出してしまうとか。
K君の事だけにおよばず、おばさんが言う事なす事、全てが気に喰わないらしく、まるっきり反対の事をするらしい、、、。
その話に、我が家のオヤジ様がダブってしまうワタクシでしたが、、(-∇-;)
「一度会ったら、私の代わりに言ってくれませんか?私の言う事なんか全然聞かないけど、、あなたの言う事だったら聞くかもしれないから」とワタクシに言うおばさんに、勿論深くうなずいたのでアリマス。

b0057675_10144950.jpgそのまま、出会ってからおよそ1年も過ぎた頃、やっとオジサンも散歩されるようになりました。
そして、とうとう道ばたでゆっくりおしゃべりする機会を設けたわけですが、、、。
時間のある時におしゃべりをすると、オジサンは饒舌でした。おばさんは横で黙って笑っています。
、、そして、、いつもの世間話をしていく内に、K君の話になり、、。

予想通りと言うか、、オジサンは、自分の甘やかし具合を得意になって話すのです(-∇-;)
この親バカぶりを分かってくれ、とでも言わんばかりに、胸ポケットのオヤツの事や、K君が可愛くて、見つめられたらあげてしまう、、というような話をたっぷりと。
、、その気持ちは良くわかる。
しかも良く聞くと、チョコがついているのまであげているらしい。
「チョコレートはダメですよ。犬には毒も同じです」とワタクシも穏やかに言っていたものですが、そうやって甘言を聞いてもそれすら本気に受け取らず、"食べたがっているものを与えて、何が悪いのだ?食べたって何ともないじゃないか"という認識なんですね〜。参ってしまいました。

b0057675_10152851.jpg更には「美味しいものを我慢して長生きするよりは、自分が食べたいものを食べて早死にする方が幸せでしょ」とまで、おっしゃる。
つい前年まで、オジサンが死と隣り合わせの入院生活をしていたのを知っているので、その気持ちも分かる。
が「身体に無害な美味しいものも他に沢山あるんですよ。良くないものはやっぱり与えてはイケません」と粘ったのですが。
、、、おばさんの気持ちが良くわかりましたよ、、、。
オジサンは甘やかす喜びに溺れている、、そこにホントにK君の事を考える隙は無いのでしょう。その言い逃れをしているような感じを受けましたねえ。
しかし、可愛がる事と甘やかす事は、似ているけれど根本的に違う。
しかもそれがK君の命まで脅かしているとなれば、、。

とうとう、笑顔も見せずにハッキリ言いました。
「このままでは、本当に早死にしますよ」

さすがのオジサンも、、表情が変わって口を閉じてしまいました。
こういう事でワタクシが嫌われる事は全然苦になりません。もう二度と散歩の途中におしゃべり出来なくなってもかまわない。
、、、それでオジサンがK君にしている事をヤメてくれればね。

b0057675_10161088.jpg
その後、K君の家にはK君の弟分が増え、その弟君は非常に排他君でしたので(-∇-;)、、挨拶も出来なくなり、、唐突に道ばたでおしゃべりする機会が無くなってしまいました。こちらにも珊瑚が増えていて、平蔵に珊瑚を守る気持ちが出ていましたしね。
それでも、お互い笑って頭を下げて挨拶してましたよ。心の中では「どうなったんだろう、、」と思いつつも。
その頃は、K君も元気そうに見えていたのですが、ある日を境に、急に姿を見なくなったのです、、。

そして、その2〜3ヶ月後。
驚くべき景色を目にする事に。

目前に歩くK君と弟君。
いえ、、その姿は。

、、、、車椅子姿のK君でした。

もう絶句してしまった事は言うまでもアリマセン。
それでも、嬉しそうに散歩している老夫婦とK君と弟君、、、。
いつもなら気に触らないようにさりげなく脇道に避けて通るのですが、この時ばかりは脇道もない状態でした。
、、、K君の弟君がギャンギャン吠え立てるのを、おばさんが引き寄せています、、。
徐々に近づいて来る彼らを見ながら、平静を装うのは難しかったですね。
とりあえず、お互い笑顔で挨拶して、、すれ違い様に、思わず「K君、車椅子になったんですか?」と声をかけました。
すると、オジサンは笑いながらK君と車椅子を抱き上げて「そうなんですよ」と車椅子を見せてくれました、、。

b0057675_10165144.jpgワタクシには、そのオジサンの笑顔が、、なんだか不思議でした。
特注品の車椅子を、嬉しそうにワタクシに見せるのです。
"こんな事までしてあげているんだよ”というような、ちょっと得意になっているような感じに受け取れたのです、、。
勿論、これはワタクシが勝手に感じただけの事ですけどね。

それ以上話をせずに、その場を立ち去りました。
その後も、彼らを遠くに見かけると、できるだけおしゃべりをしないで済むように、、それとなく避けるようになってしまいました。
K君が車椅子姿になってしまった理由を、知りたくないからです。
ひょっとしたら、、、事故かなにかで必要になったのかもしれない。
でも、、そうでなく、、、もしかして、もしかしたら、、と。
なんだか恐ろしくて、聞きたくないからです。

あの忠告の日が無かったら、多分素直に「一体どうしたんですか?」と聞けたと思うのですが、、「もしかして」が心のどこかに引っかかってしまってダメですね(-∇-;)
それ以降、彼らを遠くに見る度に、何とも言えないやり場の無い気持ちになります。
救いは、、K君自身は、車椅子になろうが、とても幸せそうだという事です。
でも、、、彼にはもっと健康で、、ひょっとしたら車椅子もいらない犬生も歩けたかもしれない、、という事を知っているワタクシにとって、、それは素直に喜べなかったりするんですよね、、。

写真1/ちょっと前に撮っていたのですが、台所の入り口にて
写真2/散歩中平蔵
写真3/カメラ目線珊瑚
写真4/暑いオトコ伊佐蔵
写真5/前回の日記のトップと同じ時に撮った、ちょっとだけ違う写真
写真6/以前撮っておいたのですがUpし忘れていた、蝉の脱皮姿
by koryu_misumi | 2006-08-25 10:36 | Comments(30)

平蔵のライバル出現

b0057675_971281.jpg

弟こと「しんちゃん」が帰ってしまった三角家では、、既に元通りの3人&3匹の生活に戻っております。
今年の夏休みはやや長めでしたので、3匹もしっかり甘えていたようでした。

、、、、特に珊瑚が。

え?"平蔵"の間違いじゃないの!?、、と、今思いましたね〜?

勿論平蔵はしんちゃんとの触れ合いを毎日楽しみにしておりましたが、、。
実は、今季その平蔵に「強力な」ライバル出現となったのですよ。

以前から「柴と徒然」をご覧の皆様はご存知だと思いますが。
我が家に迎えられてわずか数日後、帰省してきた弟と濃密な幼犬期を過ごした平蔵にとって「しんちゃん」はすなわち「ボクのアニキ」、、と言うわけで、それこそ大好きな家族の一員として慕っております。
が、、珊瑚にとってはそうではアリマセンでした。
珊瑚と弟が初めて出会った時には既に生後半年が経過しておりまして、、。
勿論、すぐに懐きましたが、、どこか微妙に距離を追いていた珊瑚嬢。平蔵が弟にベタベタ甘えている間も、遠慮気味な風情でアリマシタ。
以降何度も帰省してきているワケですが、年に1週間ちょっとしか居ない弟は珊瑚にとって「長い間ウチに泊まるお客さん」程度の態度だったのです(-∇-;)

b0057675_98482.jpg、、、その珊瑚に今季変化が!

ふと、気づくと、この暑いのに昼寝をする弟にピッタリくっ付いて寝ている珊瑚、、。
弟に甘えようと耳ペコですり寄る平蔵に、わざわざ遠くからあの般若顔で「ウガルルル」と怒る珊瑚、、。
弟が行く所、行く所について回る珊瑚、、。

妙に平蔵に言いがかりをつける珊瑚の姿に家族が頭をひねり始めたのが、弟帰省2〜3日後から、、。
”この所、随分仲良しに戻ったねえ”、、などと話していたばかりなのですが。
「最近はこんな(般若)じゃ無かったとよ、変やね〜?」「何をそんなに怒りんぼになっとるん?」
しかし観察を続けるうちに、、どうやら弟に甘える平蔵を見て、ヤキモチを焼いているらしいと判明したのです。
弟曰く「3年目にして」、ようやく珊瑚は芯から弟の事を好きになった模様。
お、、遅過ぎる、、(-∇-;)

その珊瑚嬢、、。
散歩中は立ち止まって振り返り、後ろを歩く弟が追いつくまで動かなかったり、、アハハハ。
しかも、自分のリードを弟が持つと、俄然張り切ってガンガン歩いたり、、(≧∇≦)
もう、すっかり弟が気に入ってしまったようです。
ちゅ〜か「しんちゃんはあたちのものよ!」状態、、。
弟に平蔵や伊佐蔵が甘えていると、ソファの上で眠っていてもむっくりと半身を起こし、、それこそ凍り付きそうなマナザシで睨んでおりまして、その表情と言ったら、、。
「見てん珊瑚の顔!」「す、凄い目つきや〜」「コワ!!」とその般若ぶりに家族は大喜び。←?
、、、勿論、当の珊瑚はジェラシ〜に取り憑かれてそれどころではないようでしたが、、、(-∇-;)

b0057675_9101526.jpgそれにしても不思議なものです。
伊佐蔵は初対面にして弟の事を家族と判断していたようですが、何故珊瑚はこんなにも時間がかかったんでしょうね〜?
や、、やっぱりトリ頭なのかな、アハハハ。
、、、珊瑚らしいといえば、らしい話ですな!!

平蔵はそんな障害にもめげず、それとなく弟に甘えておりましたよ。
なんといっても夕方になると「早く散歩に行こうよ〜」と毎回のように訴えてましたしね。
それに、、弟が帰ってからは、弟が使っていたシーツをぐしゃぐしゃにしてその上に丸まってずっと眠っていました、、。
でも、今回はいつもより長期の滞在でしたし、平蔵もよく分かっているのか、割と踏ん切りがついているようです。
、、、それどころか、最近になって散歩コースにお姫様が出没し始めたらしい(≧∇≦)
好色一大オトコにとっては、落ち込むヒマなどナイというワケですよ、ひゃひゃひゃ。

逆に珊瑚が全く不似合いな事にしょんぼりしておりました。
あのツチノコスタイルでじ〜〜っと廊下で玄関を見やっていたりしてね。
ほ〜、こんな珊瑚の姿も、、微妙に気色悪いけど可愛いやんけ、、などと思うワタクシ。
3歳頃のワンコはホントに変化がありますが、珊瑚も着々と変化し続けているようです。

珊瑚の場合、、、ちょっと予測がつかない変化だけどね、、、ハハハ(-∇-;)。

b0057675_911795.jpgb0057675_915285.jpgb0057675_915167.jpg

写真1/ああ〜、揃ってこんなカワイイ顔で見上げられると、、陥落です(≧∇≦)
写真2/珊瑚の笑顔
写真3/珊瑚の寝顔
写真4/弟が帰ってしょんぼり珊瑚、落ち着き平蔵、オコチャマ伊佐蔵

※2001.9&10に思い出し日記追加
by koryu_misumi | 2006-08-24 09:22 | Comments(6)

わんショット/2006.8.22

「平蔵の"おいしそうだな〜"」

ちょっと前に撮っておいた写真ですが、載せ忘れてました、アハハ。
これは、某土日の朝の風景です。

土日の朝ご飯はいつもより無礼講な我が家。
平蔵はいつも、母が座る椅子の上を半分占領し、こうやって食卓を見つめます。
運がいいときはもらえるのですが(チビズが食べられる食材)、たいていはこうやって見つめるだけで終わってしまいます。

くれないのは分かっていても、ついついねだってしまうのがワンコの性(さが)、、、。
平蔵の目が最後には寄り目になってるのがカワイイ(≧∇≦)
こんな時はみんな子犬の頃のままです。

b0057675_925833.jpg

b0057675_9253313.jpg

b0057675_9255089.jpg


※弟帰省中の話を書きたいのですが、ちょっと時間が取れないので次回に繰り越しです〜。
今回はかわいい平蔵の姿でご勘弁を(^∇^)
by koryu_misumi | 2006-08-22 09:35 | わんショット | Comments(10)

手作りリード

b0057675_10515139.jpg

この日記の写真をご覧になっている方には、もうお気付きの方もいらっしゃるでしょうが、、我が家では、散歩の際には名札のついた"首輪"と別に、"首ヒモ"をかけてから出かけます。(最近珊瑚のが無かったのですが、今は調達済み(^∇^))
何故かと言うと、、、散歩中にチビズとはぐれてしまった時の為なのです。
実は迷子になって彷徨うウチに、首輪が無くなってしまうワンコは意外と多いらしいのですが。
その多くはリードがついたまま迷う間にリードが何かに引っかかったりして、首輪まで外れてしまう、、という事もあるようで。
チビズを失う事をなによりも恐れているワタクシは、出来るだけその可能性を減らそうと、首輪と首ヒモを別々にしている、、というワケ。

b0057675_1059458.jpg首ヒモは市販でもありますが、最近は意匠に凝ったり、材質に凝ったりしたオシャレな首輪&リードが主流になり、なかなか見かけなくなってしまいました。
、、、ちゅ〜か、もう都会には無さそう、、。
そこのアナタ!!「え?首ヒモってな〜に」とか、今思ったでしょ!
それでも、お店に並んでいると必ずチェックを入れ、買い求めるようにしているのですが、、さすがに首ヒモのロングリードは売っておらず、、。
必然的に「自家製」という事に。
ちなみに写真は市販の首ヒモ。
先日も新たなロングリードを作ったので、ここで紹介してみようと思い立ちました(^∇^)
作り方は簡単。材料さえ揃えば5分で出来上がりですよ〜。


b0057675_117324.jpgまずは材料から。
1.手頃な太さのロープ(これは太さ8ミリの八編みロープ)
2.そのロープがちょうど2本きっちりおさまる位の内径の丸リング(二重リングではなく、継ぎ目が無い太いもの)×2個
3.(2)のリングがちょうど中にスッポリ入ってしまう位の内径の丸リング(これも2と同じようなもの)
※ロープはお好みでいいですが、、化繊だとリードが足に巻き付いた時にヤケドや怪我をし易いので、化繊で無い方がオススメです。


b0057675_11145114.jpg最初に、このように(2)のリングを二つとも通した後に(3)のリングをロープに通します。


b0057675_11153774.jpg写真のように、(3)のリングをロープの輪の中に残したまま、(2)のリングに再びロープを通します。


b0057675_11165869.jpg次に、ロープの先端を曲げて再び(3)のリングに通します。


b0057675_11188100.jpgそうやって通したロープを真っ直ぐに伸ばしてみると、、あら不思議。
写真のようになります〜。
リングが重なった部分の拡大写真が下の写真です。

b0057675_11184421.jpgb0057675_11185758.jpg


b0057675_11211975.jpgそうしたら、残ったリングにロープを通します。
ほぼ首ヒモの姿は出来上がりました。


b0057675_11215413.jpg重なったリングの手前まで、独立したリングをギュッと寄せるとストッパーの役目を果たします。緩めるときは、この独立リングをまず緩めてから、重なったリングを緩めるだけ。


b0057675_1124234.jpg頭2個分程輪の部分をとった後に、ロープを閉じます。閉じる幅は5〜7センチ程。
針に通すのは糸ではアリマセン。「テグス」を使って、コレでもかコレでもかと閉じます。テグスがすり減ってキレたときの事を考えて、2〜3本のテグスで閉じまくります。


b0057675_11265845.jpg閉じ終わり。
ロープの端っこはテグスで上手にほどけないように閉じてしまいましょう。


b0057675_11275587.jpg最後に念には念を入れて、テグスで閉じた部分に接着剤を流し込み、後はその部分をテープでグルグル巻きにしたら完成〜!
ど〜です、簡単でしょう〜。
馬鹿力いっちゃんが勢い余ってビヨ〜ンとなってしまっても全然平気です。
手元は簡単に結んだだけですが、キチンとしたい人は同じようにテグスで閉じてみてください。ワタクシはこの結び目が結構重宝しておりますので、このままです。


※(2)のリングはちょうどロープ2本ピッタリか、ほんのちょっときついくらいがちょうど良いです。ユルユルだとイケませんよ〜。
でないと、独立リングがストッパーの役目を果たしません。

※我が家では首ヒモで毛切れしている様子はアリマセンが、首へのダメージが気になる方は、ロープが入るくらいのホースの切れっぱしを購入して首に当たる部分に通しておくと良いですよ(^∇^)。今はかわいいスケルトンピンクのホースとかもありますしね。

今日は写真が一杯になってしまいましたね(-∇-;)
スンマセン〜。
by koryu_misumi | 2006-08-19 11:43 | Comments(4)

伊佐蔵、、またまたしても初体験

b0057675_1033168.jpg
月曜日は弟こと「しんちゃん」が帰省してきたので、夕方の散歩は弟と父に頼む事にしました。
まあ男同士、つもる話もあるでしょうし、、なにしろ平蔵がやる気満々なのですよ(≧∇≦)
「しんちゃん、もうそろそろ散歩に行こうよ」と早い時間から準備体操し〜の、ペロペロして弟に催促し〜の。
その姿の微笑ましい事と言ったら、ホントに弟との散歩を楽しみにしているようです。
しかし、、、その後まさかあんなイベントが起こるとは、、。

その間ワタクシは夕飯の準備をしたのですが、、さあ、あとは彼らが帰ってくるのを待つだけ、という頃に。

ワンワンワン!ギャンワン!

なにやら激しい犬の吠え合う声が我が家のすぐ近くで聞こえるではアリマセンか。
はっとして耳をすますと、、、珊瑚と伊佐蔵の声!

慌てて外を見渡しました。
すると、隣の家の前の道に困った様子の父と弟、大騒ぎしているチビズの姿。そして、帰路を塞ぐように立ちはだかるノーリード犬が。
すぐさま外履きを履いて飛び出していきました。
チビズとの間にノーリード犬を挟んで近寄ってみると、、なんとも大きなブチの犬です。
見た目はブチ模様も体格もまるでカレリアン・ベアー・ドッグのよう。
しかし大きな犬と言えども、フツウは3匹もの犬が相手と見ると、たいていは分が悪いと思って立ち去るものですが、、。
その犬は睨みつけるようにチビズを見ています。

b0057675_1043475.jpgと同時にチビズを見やると。
平蔵はまるで正眼で構えるかのように、ただ静かにその犬を見ております。牙も剥かず一言も声を発しません。平蔵らしい姿です。
珊瑚は後ろの方で吠えています。一生懸命牙を剥いておりますが、、あくまでも後方に居るあたりが珊瑚(-∇-;)。しかしシッポを下げずに懸命な様子を見ると、珊瑚も少しは度胸がついてきたのかと一瞬嬉しくなりました。
そして血気盛んな伊佐蔵は、絶えず吠え続け、身体中に「来るなら来い!!」と溢れんばかりの闘志です。伊佐蔵のリードを持つ父が半分引きずられそうになっている姿は、、やる気派満々だけども、やはり青さが一杯。

ワタクシはゆっくりその犬の背後に立ちました。
ワタクシに気づく犬。
「な〜に?迷子になったとね?」とフツウに声をかけると、駆け寄ってきてワタクシの匂いをかぎ、シッポを軽く振るのです。見上げる目も、飼い犬らしいマナザシ。
フム。人を襲うような犬ではないらしい。、、ん〜?この犬どこかで見た事あるような、、
そのブチ犬は、平蔵とは決して目を合わそうとしません。、、というか避けているようです。
、、、平蔵の静かな気迫に負けているらしい。
その様子を見ると、何とかイケルかも、、と思ったワタクシ。なにしろ家までたったの数メートル。
これまでも、攻撃的なノーリード犬と出会った時には、たいてい、平蔵を先頭に睨みつけながらゆっくりと近づくと逃げていく場合が多いですし、、この時はニンゲンも含めれば、総勢5匹も居るんですからね〜。

b0057675_1053539.jpg「そうっとおいで」と父と弟に声をかけました。

しかし、これはワタクシの判断ミスでした。チビズの後ろに立つ父と弟は、平蔵の気迫の方が勝っているとは気づいても居ません。
あっと思う間もなく、すっかり興奮しきって吠えまくる伊佐蔵が真っ先に飛び出して来るではアリマセンか。
いや、父が伊佐蔵を制しきれなかったのかもしれません。あのガタイですから本気になれば相当な力なのですよ。
しかも悪い事に、そのブチ犬、、挑戦的に地面を後ろ足で蹴り上げて見せつけております。
そして、、、その犬がひたすら見ているのは、伊佐蔵のみ。
平蔵は相手にするつもりは無いが、青二才の伊佐蔵なら相手にしてやるぞ!という感じでしょうか(-∇-;)
さ、、珊瑚は言わずもがなですがな。

ああ〜しまった。

ワタクシの心の声が聞こえたのか、伊佐蔵へと詰め寄るブチ犬。
「ダメ、ダメ!」とワタクシや父がどちらの犬にも言いますが、、例え伊佐蔵が聞いても、ブチが聞くはずも無く、、。
鼻と鼻が擦れ合う程に近づき、お互いの目を睨みつけ合います。
その瞬間がひどく長く感じました、、。
、、、が!
とうとうたまりかねた二匹が戦闘状態に!
伊佐蔵の倍以上もありそうなブチ犬と伊佐蔵が半立ちになってガウリあった瞬間。その体格差を活かし、覆いかぶさるように襲うブチ犬の牙を避けた伊佐蔵の身体が巻き込まれたように転がってしまいました。しかしすぐさま立ち上がり、反撃。
どちらも引く様子は全くナシ、、。こうなるとヘタにニンゲンが手を出しては危険です。
伊佐蔵は喧嘩の最中に身体を捕まえても、間違って人の手を噛むような事はしませんが、、このブチ犬はワカリマセンしね。ちゅ〜か大きくて捕まえるなんて無理(-∇-;)

b0057675_1073133.jpg喧嘩の決着がつくまでノンビリ見守るつもりは毛頭アリマセン。
咄嗟に離れて事の次第を見守っていた弟の手から平蔵のリードを奪い取り、喧嘩の場へ駆けながら「平蔵ッ!」と平蔵に声をかけると、ワタクシの意図が分かっているらしく鉄砲玉のごとく飛び出します。
(念のため書きますと。勿論ホントに平蔵に喧嘩をさせるつもりは無く、追い払う為の演技ですよ、エ・ン・ギ)
と。平蔵が参戦と見るや、ブチ犬は飛び上がって伊佐蔵から離れました。平蔵にはかなわないと思っているのです。
その姿をすぐさま追おうとする伊佐蔵。彼のリードを一生懸命引く父。
「平蔵!追え!」と声をかけ「ゴルァ〜〜!!」と一緒になって追いたくると、ブチ犬はあっという間に後ろを向き脱兎のごとく逃げ出して行きました、、。

、、必要以上に追う事もアリマセン。もう我が家の前でしたしね、、。

例によって、何も無かったかのように澄ましている平蔵を他所に、伊佐蔵は初めての強烈な体験だった為に、家に入ってもひどく興奮していました。
パッと見た所怪我もしてないようなので、自信喪失しないように「いっちゃん逃げんかったね!エラかったね〜、強かったね〜〜」と褒めてあげましたよ、、。
後で身体を吹き上げる時に念入りに点検をすると、横腹のあたりに食いつかれた跡が、、、とは言っても、毛がブチ犬のヨダレで濡れていただけで、身体そのものは無傷。ギリギリの所で上手に避けていたのでしょうね。
その後も身体を吹き上げてもらった伊佐蔵は、すかさず窓辺にはり付き、あのブチ犬がまだ居ないかと厳しい目つきで番犬業にいそしんでおりました。
この様子なら自信喪失なんて事も無いでしょう、、、まあ、伊佐蔵にトラウマなんて似合いませんしね〜アハハハ。
ちなみに珊瑚は、やっぱりちょっぴり怖かったのか、ワタクシが居間に戻るとシッポをフリフリして甘えてきましたよ(≧∇≦)

b0057675_1081448.jpg「それにしても、あの犬、、なんか見覚えがあるんよね」とワタクシが頭をひねっていると、、。
実は割と近くの家の子だった事を母が思い出しました。
小さな子犬の頃はおばあさんが散歩させてあって、平蔵とも軽く挨拶するカワイイ子でした。年齢的には珊瑚と同世代だったような気がします。
しかし、おばあさんの息子さんであるオジサンは、、いわゆる防犯ベル犬が欲しくて保健所からブチ犬を貰われてきたようで。
引っぱりクセをそのままに巨大化するにつれ、おばあさんでは手に負えなくなり、、代わりにオジサンが散歩させている姿も以前は時々見かけてました。
、、、しかし、思えば最近見かけた記憶がアリマセン。
そして、"オジサンが散歩のかわりに夜になると外に放している、、"という事をおばあさんが母にこぼしていたそうな。(この事件が起きた時は、、まだ夜では無かったですけどね)
ワタクシも散歩姿を見かけなくなって久しかったので、見覚えはあったものの咄嗟に思い出せなかったんですな。

この辺りは本当に田舎です、、。
こういったモラルの低さそのものが、"イナカモン"のイメージになっているのがイヤですね。
昔はヒトとイヌとの暮らしも、そういうモノではありましたが、、今はそれが許される時代では無くなってきました。
我が家の近隣は、それを知りつつも、、昔のままの認識を変えるつもりの無いヒトが大勢居る所なのですよ、、、ハア(-_-;)。

b0057675_1085249.jpgところで、後でふと思ったのですが、、。
あの時、伊佐蔵が居なかったら、喧嘩沙汰にもならず、ブチ犬と平蔵はお互いを思い出して、、挨拶してたかもしれない。
思い出せば、子犬の頃散歩コースで出会ったら平蔵にじゃれついてましたし、、。
そういや平蔵は、喧嘩沙汰の最中も自分のリードを持つ弟を困らせる程引っ張ったりしてなかったような気もするんですよね。

、、これまでも幾度となく日記に書いてきましたが、、。
散歩中の伊佐蔵の「群れを守ろうとする」排他的意識は相当強い(T_T)
ドッグランではあんなに優しい犬になれるのになあ〜。
「散歩コース」と「ドッグラン」では、彼の認識に天地の差があるようです。
散歩コースも縄張りだとして、排他的っちゅ〜のは分からなくもないのですが、あんなにギャアギャアいきり立たずに、平蔵のように落ち着いて黙っていれば、ブチ犬もわざわざ文句つけに寄って来なかったと思うのです。
彼のリードを持っていたのが"チビズの信頼に欠ける父"、、という事も要因の一つですが、これは運が悪かったとしか言いようが無い(-∇-;)
しかし、今一番血気盛んな年齢ってのも勿論あるでしょうが、、なんとか平蔵のように冷静な犬になっていって欲しいものですな〜。
、、、って、同じ事ばっかり言ってるような、、、(-∇-;)。

あ、でも勿論、今回の件で一番悪いのは誰かと言うと、、、ブチ犬を放したヒトですけどね!!
by koryu_misumi | 2006-08-17 10:17 | Comments(32)

運動不足

b0057675_13483262.jpgb0057675_13485034.jpg数日前、香龍母は誕生記念日を迎えました。
珊瑚と同じ、、"獅子座のオンナ"です、、、、(-∇-;)
b0057675_1349651.jpg弟こと「しんちゃん」が母の年齢の本数分の薔薇を誕生日プレゼントで送ってくれたので、記念にチビズと一緒に撮影したのですが。
ふと、見比べて見るとチビズのサイズの違いがよく分かって面白いので、ちょっと載せてみました。
珊瑚なんて軽々とダッコされてますけど、伊佐蔵はやっと抱えているみたい、、やっぱり重いんだな、アハハ(≧∇≦)

ちなみに、今日はしんちゃんがお盆休みで帰省の予定です。
朝から都心は大規模な停電騒ぎで大変だったようですが、、多分無事に帰ってくる事でしょう。
「今日はしんちゃんが帰って来るよ」と時々聞かされている平蔵は、昼寝の最中にも急に頭を起こして耳をすまし「キュウ〜」と言っては、また寝る、、を繰り返しておりまして、、。
その様子を見ているだけでも「まだかな〜」と待ちきれない平蔵の気持ちが良くわかります。
毎度ながらホントに可愛いヤツですよ(^∇^)


b0057675_13533194.jpgそれにしても、わが町では大変な猛暑がもう2週間以上も続いております。
雨の一滴も降らず、、元々よく風が吹く地域なのですが、それすらも淀んでいるようで、遠くを見渡すと汚れた空気の層が漂っているのが見える程です。
まあ、最近は中国大陸から流れて来る汚染大気が原因のスモッグ問題もある九州ではございますが。
周囲は山や水田に囲まれた田舎だと言うのに、日の出の時点で既に30度、、日中は36度近くになる事もしょっちゅうで、、その上夜の9時になってもまだ30度。
ワタクシも、作業場で1時間も作業をしていると、、いつの間にか汗が出なくなっている事に気づき、慌てて休憩と水分をとる次第。
まさに熱中症の一歩手前ですな。
おんぼろ作業場なのでしょうがないですが、、扇風機の風をあびながら作業してもコレですからね〜。
ハッキリ言って仕事がはかどらず閉口しております(-∇-;)

となれば、困るのはチビズの散歩なのですよ。
いえ、フツウにテケテケ歩くだけなら、この程度さほど気にもしないチビズなのですが、、、。
さすがにいつものように自転車走ができません。
正直言って、どうも筋肉落ちてきたようです。

b0057675_13541338.jpgワンコが元気でオリコウさんでいられるための条件として欠かせないのの一つが「運動」。
多頭飼いの我が家でも、過去を振り返って思い出せば、喧嘩をしやすいチビズの状況に「空腹」と「運動不足」をあげずには居られません。
「元気でオリコウさん」というのは、つまりは"身体の健康"と"心の健康"のバランスが良い状態だと思うのですが、、運動不足はそのどちらにも影響してくるようですね。
特に我が家の場合、伊佐蔵のような若いワンコ程その傾向が強い。
一頭飼いならば、あきらかにオーナーに対する態度が違ってくるでしょうし、我が家のような多頭飼いならなおさら、チビズがお互い仲良く居られるか否かに関わってきます。
あまり運動を必要としない犬種や、体質的にあまり運動出来ないワンコでも、それ相応の運動許容量を満たしてあげるのは、けっこう大事な事だと思うのですよ。

んが、この天気!
ワタクシもヒマを持て余しているワケではないので、いつも遊んであげられるわけもないのですが。
おかげさまで夜は「アタチと遊んでもらうと!」by珊瑚、「ボクが遊んでもらうと!!」by伊佐蔵、、と代わる代わる遊んであげる毎日、、。
というか、2頭一緒に遊んであげたりとかね、アハハハ。
、、、ハア。
もぉヘトヘトです(≧∇≦)。
でも本当に楽しそうに遊ぶ顔を見ると、、、やっぱり相手してあげてしまうんだな。
そしてくたびれた頃にパタっと横たわって満足そうな顔を見るとね〜。

あ、ちなみに平蔵は、、さすがにあまり遊ぶ気はしないようです。
もうオジサンだしね〜アハハ。
でも散歩中一番元気なのは平蔵なのですよ。なにしろマーキングの鬼!ですから(≧∇≦)
どんなに暑くても、オンナノコ探しとマーキングに余念がないのです。
そのくせ、散歩から帰ると一番早く復帰するのは彼だったりするんですから、不思議なものですね。

b0057675_13544875.jpgそれでもこの2週間の間に何度か、30度以下の朝を迎えた時や、夕方涼しくなった時にはすかさず自転車を持ち出すようにはしておりますよ。
おとついの夕方は29度だったので、伊佐蔵を海まで走らせてあげました。
もう「待ってました」とばかり、本当に嬉しそうに走るんですよね〜。
海まで片道約2.5キロ、、一度しか止まりませんでした。
そして波打ち際で遊んだり休んだりして、また帰路も止まらず、、ワタクシの方がヘトヘト、、上り道だし(-∇-;)
家の近くで、さすがに疲れただろうと思って自転車を降りた矢先に、虫を見つけてはしゃぐ伊佐蔵ぼっちゃん、、。
体力底なしかも、、。
それでも、その夜はとても落ち着いていて、すっかり満足していたようでしたよ〜。

いえ、くたびれているワケではないんですよ、、。
なにしろ相変わらず「遊んでよ〜」って言いにきて、、、。
こっちが撃沈ですワ(-∇-;;;;)

なんだかんだ言って、親バカまっしぐらなワタクシでアリマシタ。
あとは、、雨乞いが成功することを祈るのみ!!(≧∇≦)

写真1.2.3/香龍母と薔薇と記念撮影
写真4/薔薇が入っていた箱に収まる平蔵。この後そのまま寝ていた、、。
写真5/散歩中珊瑚。すっかり毛が落ちましたね。
写真6/散歩中伊佐蔵、呼ぶと「な〜に」と振り返るのがカワイイ。フサフサシッポが復活してきました。
by koryu_misumi | 2006-08-14 14:13 | Comments(20)

真夏日2週間経過(雨降らず)

b0057675_11211676.jpg
オヤスミしていて済みませんでした。諸事情でパソコンの前にゆっくりする時間がなかったので遅くなりましたが、、。
本日「この珊瑚はいつの珊瑚?」クイズの正解発表です〜〜!!


b0057675_112320100.jpg珊瑚:みなちゃん、こんにちは。
このあいだは、あたちのバースデイイベントに参加ちてもらって有り難うございます。
あんなに沢山のファンがいるなんて、あたち嬉ちいです!!
これはやっぱりあたちの魅力のおかげかちら、、?

あたちの赤裸裸な写真の撮影年月、、なかなか難ちかったでちょ?
ムフフフ、、、。
では。
まず、正ちい撮影年月を発表ちます!
ダラララララ、、、、ジャ〜〜ン!!
写真1/2003年10月
写真2/2003年12月
写真3/2004年2月
写真4/2004年12月
写真5/2005年6月
写真6/2005年11月

でちた〜!

全部当たった人は居ませんでちた、、珊瑚ちょっとショック。
oyaJんさん、spockさん、まろまろさんがイッコ間違い!惜ちい〜!!
何故か皆さん"写真3の2004年2月"でツマヅキです〜(≧∇≦)
oyaJんさん8月、spockさんは7月、まろまろさんはoyaJんさんと同じ8月と間違ってまちた〜〜。

惜ちいヒトが3人もいらっちゃるので、その中から更にあたちがひとり選びまちた!
その様子はコチラ(≧∇≦)/
b0057675_11215465.jpg「珊瑚選びまちた」
ダラララララ、、、、ジャ〜〜ン!!
「まろまろさん」に決定〜〜!!!
惜ちくもあたちの選考に漏れたoyaJんさんとspockさんには、残念賞です〜。
oyaJんさんの連絡先は香龍が知っていますので、spockさんとまろまろさん!どうぞ「コメントを非公開」にポチっとちて連絡先を教えてくださいまち!「非公開」にちないとイケマちぇんよ〜!
後日改めて香龍がご挨拶ちたいと言っております。

ひなままさん、シオンさん、美和&あられさん、ころわんさん、たにゃさん、ちかねぃさん、なりごまさん、残念賞oyaJんさん、マコ姉さん、さくらmamaさん、Saoriさん、はるさん、匿名希望さん、えりさん、残念賞spockさん、当選者まろまろさん、花ままっ@ばばーさん、コロスケさん、マロンさん、Kyraさん、りょっちさん、参加ありがとうございまちた〜。

これからも、あたちの事見守ってあげて下さいね!
まだまだ沢山炸裂ちて行きたいと思います〜。、、、ところでサクレツってな〜に?

またいつか違うイベントを考えると香龍が言ってますので、その時はよろちくおねがいちます〜。


、、、珊瑚の挨拶、読みにくくてスイマセンでした。
どうしても読みにくい方は「し」を「ち」に置換して読んでやってください、、アハハハ(≧∇≦)

b0057675_11321182.jpgさてさて、そんな珊瑚の誕生日でしたが、なななんと〜。
なりさんとごまちゃんちから、珊瑚へ可愛いケーキが届いたのですよ〜。クルクルロールが美味しそうなケーキです!(勿論試食済み(≧∇≦))
う〜〜ん、Kitchen Dogさんのケーキはいつもながら美味しいです。人も一緒に楽しめる安全な材料で作ってあるので、いつも一緒に食べさせてもらってるんですが(いや、、ちょっとだけ)、これがけっこう美味しいのですよ〜!!
素材の味がそのままに。人間用のケーキのように甘く味付けしてあるワケではアリマセンが、そこがまたGood!!

なりさん、ごまちゃん、ホントに有り難うございました〜(≧∇≦)!

勿論、中央に乗っているワンコのカタチのクッキーは珊瑚だけにあげました。もう大喜びで食べてましたよ。
なにしろ記念撮影中の顔の真剣な事(≧∇≦)(トップ写真参照)
目が真ん丸になってのどがゴクンと言ってました、、アハハハ。
最近はオカラと寒天をベースにした、さっぱりオヤツばかりだったので相当嬉しかったようです。
今回は伊佐蔵も全然警戒もせずにあっという間に食べておりましたしね。、、、その後平蔵のサークルと珊瑚のサークルを覘いて"食べ残しがないか"までチェックしてましたから〜(≧∇≦)/”

b0057675_11335870.jpg更に更に、後日、我が家にお客様が!
いつもこの「柴と徒然」をご覧頂いているマロンさんです〜〜(≧∇≦)
チビズに沢山のプレゼント&ニンゲンにもおいしいプレゼントを持ってきてくれました。有り難うございます〜!!

マロンさん、まずは平蔵に地獄の洗礼挨拶を受けておりましたが、いつになく大喜びの平蔵、、、ひょっとしてマロンさんちのオンナノコ柴犬"くりちゃん"の香りがしたのでしょうか〜?マロンさんにキッスの嵐で、相変わらず好色一大男ぶりでしたよ、、アハハハ。その地獄ぶりに「す、スイマセン」と何度もコメツキバッタのように頭を下げる香龍でございました、、。

その次には珊瑚が挨拶「珊ちゃん小さい〜」と言われてましたよ〜。なにしろすっかり夏毛に着替えておりましてツンツルテンですからね、アハハハ。
それでも一生懸命かわいいオシリをプリプリして、平蔵よりはお上品に挨拶してました。ソトヅラは良いんですよ、、この子は(≧∇≦)

そして最後に大御所登場、伊佐蔵ぼっちゃんがご挨拶〜。
その前に平蔵と珊瑚が大喜びで挨拶しているのをガラスの向こうから見ていたせいでしょうか。
なんと警戒全くナシの喜び挨拶でしたよ(≧∇≦)。しかも両手で抱きついてマロンさんを捕縛、でっかいベロでベロベロ攻撃してました。
あまりのベロベロに顔を背けて避けようと思っても無理な大きさ、、アハハハ。見ていて逃げられない様子が可哀想でしたよ〜。といいつつ笑っていたワタクシ、、。
「いっちゃん、、お、大きい〜〜(^∇^)」とマロンさん。「大きいとは知っていましたが、実物を見ると本当に大きいですね〜」と喜んで(?)いらっしゃいました。
ついでにタマタマの大きいのも見てもらいました、、アハハハ!!!!

b0057675_11343159.jpg挨拶だけはいつも大騒ぎのチビズですが、最近来客がいくつかあった事もあってこういった状況にすっかり慣れてしまった様子。
この日もすっかり落ち着いてノンビリしておりましたので、ワタクシとマロンさんもまったりとした時間を楽しく過ごしました。
いつまでも「掻いて」と要求する平蔵にも、飽きもしないでずっと掻いてもらったり。
珊瑚のヘソ天姿を見ては笑ってもらったり。
勿論、伊佐蔵の脳天から満開の花開く笑顔を見て、楽しんでもらったり、、。

しかし伊佐蔵の事を「いっちゃん、絶対損してますよ」と断言されました。
やっぱり実物を見ると、かなりイメージが違うらしいのです。
あの大きさも勿論ですが、甘えん坊なしぐさや目つき、伊佐蔵らしい部分は、日記の写真や文章だけでは伝わりきれてないのでしょうか。
これは、伊佐蔵を直にご覧になった人のほとんどが言われるので、、実際そうなのかもしれません。
ニンゲンでも何故か写真写りが悪い人とか、、居ますからね〜アハハハ(≧∇≦)

b0057675_1135939.jpgこの日も例に漏れず、写真を撮るのを忘れておりました〜(T_T)
なにしろ、まったりとマロンさんと時間を過ごすのが楽しかったですからね!!
なんというか、ノンビリした時間を、ゆったりと過ごしたような気がします〜。
マロンさん、楽しい時間を有り難うございました!!

それにしても、最近伊佐蔵は急に人当たりが良くなってきたようです。
やはり、こうやって色んな人が遊びにきて、可愛がってもらえるのが分かってきたからでしょうか、、。
散歩のときも、昔のように警戒モード丸出しでは無くなってきましたよ〜。
以前は、ハナから「アヤシいヤツ」と決めてかかってましたが、最近はワタクシや平蔵や珊瑚の様子も判断材料にして、相手を見るようになったようです。
散歩中に初めて挨拶する人にも、とりあえずは吠えずに居ますしね〜。
、、、勿論、知らない人が「いっちゃん」なんて声をかけたら「ボク知らない人なのに、どうして名前知ってるんだよ」とばかりに逆に警戒しますけどね〜アハハハ。

やはり「何事も経験」という事でしょうね〜。
楽しい事でも、怖い事でも、体験した時の記憶は大事な経験です。
楽しい事は楽しい記憶に。怖い目にあったとしても怖くない記憶に。
そんな経験を沢山させてあげたいものです。

それにしても、もう本当に耳にタコ坊主でしょうが、、。
ウチのチビズはたくさんの人に愛されてて、本当に本当に幸せ者です。
ここにアクセスしてくれる、皆さんの、目に見えない気持ちが心底嬉しいです。
きっと一度もコメントやメールされてない方も、たっっくさんいらっしゃるんでしょうけど、こうやってチビズを見守ってくれてるって事が、とても幸せな事に感じます。

ワタクシはこうやっておバカな事を書いていくだけしか出来ませんけども。
これからも、どうぞチビズをよろしく見守ってあげてくださいまし〜〜(^∇^)/"

写真1/なりさんとごまちゃんからプレゼントしてもらったロールケーキを前に。
写真2/珊瑚のご挨拶
写真3/珊瑚の選択ムービートップ
写真4/ロールケーキを前に真顔で我慢
写真5/マロンさんから頂いたプレゼント類!
写真6/プレゼントのオモチャであそばれる平蔵
写真7/魅力が伝わりきれない伊佐蔵(-∇-;)
by koryu_misumi | 2006-08-12 11:49 | Comments(27)

伊佐蔵、またしても初体験

b0057675_13344199.jpg
日曜日の事、、いっちゃんが初めて腹を下しました。

それは普段ならとっくの昔にお昼寝モードな頃に始まった、、。
確か午前10時半くらいだったであろうか。伊佐蔵が時折窓の外を見つめ、、ピスピス、と鼻を鳴らし始めたのは。
彼がピスピス言う時は、何かを催促する時や寂しい時などが多い。
「な〜に、いっちゃん?」と声をかけると、タタタとドアまで小走りに行き”ドア空けて"とカリカリ。
なんだ廊下へ行きたいのか、と思って出してやると、今度は玄関でピスピス。
「散歩は夕方まで待ちなさい」と言うと、しばらくはおとなしくその場で伏せていた。

が、次第にピスピスが激しくなり出したので、こりゃヘンだと気づいたワタクシ。
その様子が、昔平蔵が「腹壊して外に出たい」と言っている時と酷似していたので何気なく伊佐蔵のオシリを見ると、なにやらモコモコしているではアリマセンか。
確か朝の散歩では健康ウンチしたはずなのに?、、しかしこんな時間に言い出すとはやはりフツウでは無さそう、、。
てなワケで屋上への扉も開け、家のアチコチ(薄暗くて人に見られなさそうな場所)に沢山シートを敷いてやりました。
いつもならちょっと外へ連れ出してやるのですが、この日に限って家に居るニンゲンはワタクシのみ。

b0057675_13353922.jpg結局お昼12時まで我慢しておりまして(家の中でしたっていいのにねえ)。
やっと母が帰ってきたので、この猛暑の中、日陰の多い山歩きと相成りました。
いっちゃん、、、外へ出た途端早歩きで歩く歩く!!猛スピードで半分小走り状態です(≧∇≦)
、、、わかるよ、いっちゃん。ニンゲンも腹壊した時、そんな風にトイレに駆け込むものさ、、。
な〜んて思いに耽る間もなく、たどり着いた空き地で●■▽●□▽〜〜〜。
お上品なワタクシが文字にするのもおぞましい勢いで、ほぼ完全にお腹の中をすっからかんにしてくれましたよ。

直後スッキリしたのか、破顔の笑顔でワタクシを見上げるいっちゃん。
「スッキリしたねえ〜」と笑ってやると、それまでの様子はどこへやら。
すっかりご機嫌で元気に臨時の散歩を楽しんでおりました。

それよりも、腹を下す原因がハッキリしません。
ご飯はいつもと同じ量だけ食べたし。
家の中には拾い食いできるようなモノはなかったし。
熱射病の初期症状、、?まさに鬼の霍乱(日射病)になってしまう〜。
あと考えられるのは、あくまでも推測ですが、、除草剤もしくは牛乳から作られたオヤツではないかと。
一応今も気をつけてみておりますが、いっちゃんの様子に変化はアリマセン。
いつもの通り元気一杯で暑苦しい伊佐蔵でございます。

で、その後はすっかりお昼寝モード、、だったのですが、なにぶん生まれて初めての体験だからか微妙に不安らしく、珍しくも子犬の頃のように平蔵にくっついて寝てましたっけ。
おお〜。こんな光景は半年ぶりくらいかと、思わず見入ってしまいました。
伊佐蔵もいざと言うときはやっぱり平蔵を頼りにしているようですね。
なにしろ寝顔の安心しきっている様子がタマリマセン。

b0057675_133647.jpg

しかし、その日。
伊佐蔵らしい出来事がありましてね、、、。
夕ご飯の時です。
あきらかに勘違いなのですが、、、。
お腹の事を考えていつもの半分のご飯を差し出してやると、、オスワリをして見つめるものの、食べようとしない。
ご飯を食べると、またお腹を壊すのではないかと思っているらしい。
しかし食べたい(ヨダレが)。
さっぱりした豆腐ならどうだろう、、と思って出してみるけど、これも同じ態度です。

最初は食欲がないのかと思ってご飯を引いてみたものの、食い入るような目つきで平蔵の食事風景を見ている姿は、やはりお腹減っている様子。
なにしろ出すもの出してしまったのがお昼の12時。
この日の夕飯は夜の9時。
あの後も夕方の散歩では元気一杯跳ね回って、帰ってきても珊瑚とプロレスして、、さすがに少しは空腹なはずです。
これで元気も無いのだったら、無理には食べさせませんが。

b0057675_13372356.jpgどうみたって「本音は空腹」(≧∇≦)

試しに、オヤツを投げて与えるように、豆腐を「ホラ」と投げてやるとパクン!
、、、条件反射ですな。
また「ホラ」パクン!「ホラ」パクンパクン!!
美味しそうに食べるではアリマセンか。

では、と言う事でごはんをひとつまみ「ホラ」パクン!
「ホラホラ」パクンパクン!!
もっとという様子です。これで警戒も溶けた模様。
「ご飯食べてみる?」とお皿を置くと、いつもと同じようにパクパク食べてました。
、、、しかし量が少なかったのでアチコチ放浪して、"足りない"と意思表示してました、、、(-∇-;)

あ〜、伊佐蔵が食欲なくなったら、それこそ一大事ですもんね。
でも健康優良児、復活もあっという間でした。
今まで具合が悪くなった事といえば、今回とホッカイロ発熱事件くらいですかねえ〜。

ちなみに、今回の伊佐蔵のブツは、、、物理的要因で拾えませんでした、、。
なにしろしっかりした固形じゃなかったもんで。
今頃微生物が分解してくれているとは思うのですが、普段キチンと拾っているだけにそれだけが心残り(-∇-;)
しばらくあのコース、、通らないでおこうっと、、。
微生物さん、ヨロシクお願いします〜〜〜!!


※珊瑚のバースデイイベントにご参加の皆様、有り難うございます!!
既に沢山のコメントを頂いてとても嬉しく思っております〜〜!
コメント欄にお返事書き込むとゴチャゴチャになりそうなので、ここでお礼申し上げる事をご了承くださると有り難いです。
え?何、そんな話知らん!という方は是非ご一緒にご参加くださいませ〜。
締め切りは8/10の午前12:00までなので、今からでも大丈夫ですよ。
「この珊瑚はいつの珊瑚?」イベント
クイズの答えは、この日のコメント欄にご記入くださいますようお願い致します。


写真1/くしゃみの瞬間、息を吸い込んで今まさに、、という時です
写真2/ソファに仰向けにもたれて寝てます
写真3/平蔵によりかかって昼寝
写真4/いつもの伊佐蔵
by koryu_misumi | 2006-08-08 13:52 | Comments(14)