柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(645)
(166)
(124)
(108)
(23)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

トリ頭返上!

b0057675_10345757.jpg

b0057675_10353589.jpg福岡最近暖かいです。
昨日なんて3月〜4月の気温でした。
もうフキノトウが顔を出していたりして、、。いつもの年よりかなり早いゾ。
おまけにあろう事か珊瑚嬢の毛がチラホラと抜け始めたではアリマセンか〜。
か、換毛!?
珊瑚嬢の春の換毛はこれまでいつも2月下旬頃に始まり、ちょっと早めかなあ〜という子ではあるんですが、、。
でも本当の春が来るまでに、最低でももう1度は寒波が来ると思うので、もうしばらく持ちこたえて欲しいものです。
平蔵なんてやっと冬毛が揃いだしたというのに〜(-∇-;)。

珊瑚の話題と言えば、、。
先日、ぽ●タマという某動物テレビ番組でチョッちゃんという母犬の話がありました。
やつれた迷い犬チョッちゃんは、実は子犬を生んだばかりの母犬で、空き家でたった1匹で子犬を育て、やがてはチョッちゃんを見守ってくれた家族の元へ迎えられる、、という話です。
その再現フィルムに出ているチョッちゃん役の子がまた可愛い(≧∇≦)。やつれたように見えるように毛をカットされてたのかな、、、。それがまた何とも言えなく可愛かった。
んで、子犬を一生懸命育てたチョッちゃんの姿についじ〜んとしてしまったミスミ家。
世話をしてくれた家の人を、子犬の所まで案内したり、、時期が来ると子犬を連れてきたり。

b0057675_1036069.jpg「チョッちゃん賢い〜!」
「子犬の為にエラいねえ」
「ウチの珊瑚には無理やね」
「人を案内するって事が、まず出来んね、あははは」
、、、珊瑚のトリ頭ぶりを大笑いする残酷な家族一同。

しかし。
しかしですよ。
その直後、我が家のトリ頭珊瑚嬢はワタクシを案内してみせたのですよ。

え?いやいや、伊佐蔵の所なんぞじゃアリマセンよ、あはは。
、、、そんな所に案内するワケ無いじゃないですか、あはははは!!!

ボールの所へです。
実は珊瑚、どうやっても取れない所にボールがあるのを知っていました。
手を一生懸命伸ばしてみたり、背伸びをしてみたりしていたのですが、物に挟まっていて取れなかったのです。
で、その日はそれがどうしても欲しかったらしく、ちょうど家族で残酷笑いをした直後にトコトコと私の所へやって来ました。
そして物言いたげにじっと人の顔を見るではありませんか。
「どうしたん?珊瑚?」と声をかけると、こちらを振り向きながら、ボールの方へ目線をやり、、そして「付いて来て」という素振りをしてみせたのですね〜。
たった今、テレビの中でチョッちゃんがしてみせた技ですよ。
「お!?珊瑚ひょっとして案内しとるん?」と家族で見守る中。
わざと「何を言いようと?珊瑚?」と問いかけてみると、やはり珊瑚は「こっちに来て」という風にワタクシの顔を見、ボールがある方向を見、ワタクシが付いてくるのを確認してトコトコと案内をするんですね〜。
そして、ボールがある場所まで来ると、再びワタクシとボールのある辺りを交互に見て、何かを訴えるではないですか。
「そこに何かあると?」と聞くと、今度はじれったいように足をモジモジさせて一生懸命な顔(≧∇≦)。
もお〜可愛いのう〜〜!
「どれどれ?」と言いながらワタクシが探していると、もう嬉しくて仕方が無い様子。
目はキラキラ、ピョンコピョンコワタクシに手をかけて「早く早く」と催促ですよ、、、。

b0057675_10365330.jpg「あったよ〜ボール!」と投げてあげました。
その後の珊瑚は、、もうお分かりですね。

自らの欲求を満たす為なら、意外にも珊瑚は「トリ頭」返上で賢い様子を見せてくれます(^∇^)。
細長い袋にボールやオヤツを入れて、ホジホジさせて遊ばせる時でも、なんとも賢い取り方をします。
袋の外側から足で中のボールを袋の口へ押し出し押し出し、、そして戻らないように袋の途中を足で押さえて、あっという間に取ってしまうのです。
本当なら時間をかけて遊ばせようという思惑があったんですが、、ちっとも時間稼ぎにならない〜。
ただし、この賢さは直接自分の欲求と関係無い時には働かないんですナ、あははは。
そこが珊瑚らしい所ですが(≧∇≦)

ひょっとして、チョッちゃんのような境遇に置かれたら、珊瑚も同じような事をするかもしれない、、と少し感心したワタクシでございました。

b0057675_10372424.jpg写真上/集合写真
中央上/眠い珊瑚
中央/珊瑚のオシリ♥
中央下/珊瑚の寝顔
下/母にダッコされて熟睡珊瑚
by koryu_misumi | 2006-01-31 10:46 | Comments(8)

伊佐蔵、久々のドッグラン

b0057675_11212236.jpg

日曜日は久しぶりに伊佐蔵を連れて、我が家から割と近い西部運動公園へ行って来ました。
野性味タップリの伊佐蔵を、できるだけ沢山の犬と仲良く出来る犬にしておこうという作戦なんですけどね。

ちょっと久々だったため、伊佐蔵の様子が気になる所でした。
、、んが。
ランに入る前からもう大興奮!
ランに入ると「早くリードを外して〜」と言わんばかりにグイグイ首を引っこ抜こうとするんですね〜。
「マテマテ」とやっとの事で外してやると、喜び勇んでランの中へ走って行きました。
もうすっかりドッグラン大好き犬になっているようです。むふ〜よしよし。

b0057675_112268.jpgまずは伊佐蔵ぼっちゃん、アチコチフラフラと歩き回っていると「わ〜綺麗な柴犬〜(シバケンと呼ばれていた)」と他のワンコオーナーさんに言われてましたよ、ふはははは。
「柴犬て、こんなに綺麗な犬もおるんやねえ。シッポがすごいフサフサ〜」と言う声も、、、。耳ダンボ香龍です。
ふはははは!!!!いや〜もっと言ってくれ〜!(≧∇≦)/”
いつも珊瑚の猫じゃらしのような巨大シッポを見慣れていたもので、伊佐蔵のシッポがフサフサとは、、この声を聞くまで思いもよりませんでしたが、やはり、我が家のチビ(?)が褒められると嬉しいもんですナ〜。

ランには既に数匹のワンコがいらっしゃいました。
なんとその中の1匹は柴犬の子犬ちゃん〜〜!4ヶ月です。
「ふうた君」という男の子なのですが、あんまり可愛いので最初女の子かと思った程、、わはは。
いや、、伊佐蔵を見慣れているとね、、。
どんな子もかわいく見えてしまう、、というか。

ふうた君はフレンチブル君と小さくて可愛いプロレスごっこを楽しんでました。
勿論、伊佐蔵もクンクン挨拶に行き、軽く追いかけっこに誘ってました。
「そうっと追いかけっこせなよ〜。子犬やけんね」と伊佐蔵に声をかけるワタクシ。
でも伊佐蔵はそんな事言われずとも分かってるようで、怖がる子や小さな子をむやみやたらに追いかけ回したりしません。
それどころか、ふうた君に「遊ぼうよ!」と立ち上がって前足でビシバシやられても「お?お?」とビックリしては、追いかけてみろ〜とばかりに逃げてみせたり、、。
散歩中に会う犬には警戒心丸出しで興奮するくせに、、何故ドッグランだとこんなに良い子なんだろう?

b0057675_11224253.jpg後半になると、ワンコメンバーも入れ替わり、何故か大型犬がゾロゾロとやって来ました。
レトリバー系だけでも5匹程、ポインター君も。巨柴候補伊佐蔵が小さく見えてしまうゾ〜。
他にコーギーやハイブリット(MIX)ワンコも。
皆楽しそうに遊んだり、時々怒ったり、なんとも楽しそうなランです。
コーギー君は家族と一緒に居るあたりを確保したいらしく、他のワンコがよって来るとワンワン言って追い払ってましたっけ(≧∇≦)。
勿論伊佐蔵もワンワン怒られて「うひゃ〜」と逃げてましたが、、あまりコーギー君が調子に乗って吠えかかると、急に逃げるのを止め、顔を突き合わせてじ〜っと睨み返してましたよ〜〜。
ウエ、喧嘩するか?と見守ってたら、コーギー君、、気迫負けしたのか、吠えるのを止めて家族の元へ戻って行ってました、、、。
い、いっちゃん、、、(-∇-;)
その後もそのコーギー君と伊佐蔵は特に仲が悪くなる風もなく、追いかけてもらったりしておりましたが。
しかし何故か伊佐蔵にだけは強く吠えないコーギー君だったのでした。

ランを満喫している割には相変わらず人にはシャイな伊佐蔵ですが、この日は何故か伊佐蔵を気にかけてくれている男性がいらっしゃいました。
伊佐蔵を「おいでおいで」と呼んでは、ちょっと近寄った伊佐蔵を撫でようと手を出して、脱兎のごとく逃げられてましたが、、(-∇-;)
そんな伊佐蔵を可愛く思ってくれたのか、伊佐蔵をじ〜〜っと見つめていらっしゃると、、。
ちょっとドキドキしたのか、ワフっとその人に小声で吠えた伊佐蔵。
「伊佐蔵、怖い人じゃないよ」と遠くから声をかけると、奥様らしき人に「怖がらせんと!(怖がらせないの)」と逆にたしなめられてました、、スンマセン〜、ウチの伊佐蔵のせいで(-∇-;)。
でもこの日はいっちゃん、後ろを向いている人や、じっとしてくれている人にはそうっと近寄って手の臭いを嗅がせてもらう程度には成長してましたよ(^∇^)。それでも撫でられそうになると、あっという間にかき消えてましたけどね、、あはは。

b0057675_11231767.jpgその方達は最後まで伊佐蔵の事を気にかけていらっしゃいましたよ〜。
帰る時に「いっちゃん!帰るよ」と呼ぶと、すぐにワタクシの元へ走って来た伊佐蔵を見て「凄い〜お利口〜」と感心してもらい。
「ハイ、スポ〜ン(首輪に首を入れる)」と言うと素直に首輪に首を入れる伊佐蔵を見て「凄い〜」とまたまた感心してもらい。
思わずお互い笑って挨拶しながら、おいとましました。

その日はすっかりくたびれたらしく、帰るなりグ〜スカ昼寝の伊佐蔵。
ランで他の犬達と仲良く出来るのは分かったけど、、今後の課題は人間ときちんと挨拶できるようになる事、、かな(-∇-;)

写真上/ランで走って御機嫌伊佐蔵
中央上/ふうた君
中央下/ふうた君とフレンチブル君と遊ぶ伊佐蔵
下/遊ぼうポーズの伊佐蔵、、その前に変な半透明のものが写ってました、、。オーブ( ̄□ ̄;)!?
by koryu_misumi | 2006-01-30 11:32 | Comments(10)

おや、、?

b0057675_10591751.jpg

b0057675_115192.jpgおや、、?
珊瑚急に逞しくなったんじゃ?

な〜んて思ったアナタ。
そうでない方ももうお分かりですね。
この男前は伊佐蔵の弟Qちゃんです〜〜!
Qちゃんの家から、写真を送ってもらっていたのですが、スキャナの具合の関係でUPが延び延びになってました。写真は昨年の5月から10月末までのQちゃんです。
先日やっと徒然漫画の新作もUPできた事だし、、ようやくQちゃんの登場とあいなったワケ。

Qちゃんのパパママとは時々電話で話を聞いている香龍。
どうやらQちゃんは新しい家に行ってからと言うもの、お子さまが居ない家庭と言う事もあって、まさに人間の子供同然に可愛がってもらっている模様ですよ。
いつぞやは、こんな話が。
Qパパは釣が趣味なのですが、、、釣り上げた小アジ64匹。
なななんと!全部Qちゃんの御飯に変わってしまったんだとか〜(≧∇≦)
我が家の自家製御飯の作り方を教えていたのですが、、、まさか釣り上げた魚全部Qちゃんの御飯にしてしまうとは、、、Qパパママ恐るべし!

b0057675_11175288.jpgそれに、とてもヤンチャで元気一杯なイタズラッコらしく、既に破壊された小さな家具があるとか、何とか、、。
木をかじるのが好きという事を聞いたのでフェッチを教えてあげていたら、その日の内に購入されたそうな。
今ではすっかりお気に入り、ガジガジしているそうです。

そんなヤンチャ坊主の割には、散歩中にどんなに他所のイヌに吠えかかられても、まるで他人事のように澄ましているらしい、、。
その上、散歩を始めた頃、リードがはずれたオスイヌに脚を噛まれた事があるらしいのです。でもそれよりビックリしたのが、翌日からもちっとも変わり無く、他の犬を気にする風もないそうな、、。鈍いのか?それとも楽天主義?
どこかのブチャイク犬と違って、とにかく初めて会う人&会う犬にも全く警戒しないので、皆に挨拶してもらっているらしい。
、、、見習え!伊佐蔵!

b0057675_11245540.jpgQパパママの溺愛ぶりは、、、。
実は新しい家庭に行くまでのQちゃんの可愛い写真を沢山郵送していたんですが。
どうやらそれを全部部屋の壁に張り付くし、、、いらっしゃるお客さんに見せておられるそうな。
、、、もちろん話題はQちゃんの話、、、わはははは!!!
それに、先ほどのアジの話からも想像つくように、そしてまた写真を見てちょっと気がつくように、、、。
Qちゃんに食べさせ過ぎていた模様〜(≧∇≦)
昨年10月末にQちゃんの体重が14キロにもなったと聞いた時は驚き桃の木山椒の木ですよ。
たくましい成犬ならまだしも、、若犬ですからね。体高は伊佐蔵とほぼ同じくらいらしいので「太らせ過ぎないように」と手紙を書いてしまいましたよ。
それだけ可愛がってもらってるってのが分かって、半分は嬉しいんですけど、あはは。

それにしても、なかなか男前だと思いませんか〜?
綺麗な赤毛はママ譲り。スッキリした笑顔はまさにオトコ版珊瑚。
、、良かった性格は珊瑚に似なくて、、。
是非展覧会にも出て欲しいですね〜〜もうちょっと痩せてから。

b0057675_11263690.jpg本当は今すぐにでも遊びに行きたいのですが、、なかなか時間が取れないのが現状。
で、でも、いつか必ず!!
せめてワタクシだけでも会いに行きたいと思ってます。
ワタクシの事、、覚えてるかなあ〜。
平蔵は生後55日頃にほんの10日前後弟と一緒に暮らしたのを、数カ月後にもちゃんと覚えてましたが、、。
Qちゃんは生後70日くらいまで一緒に暮らして、、でも離れてもう10ヶ月ですもんねえ。
伊佐蔵と一緒にちょこまかストーキングしてくれてたんですが。
ああ〜覚えていてくれえ〜。
行った時にはガンガン遊んでやって、ワタクシのニホヒをしっかりつけて、写真撮りまくって、、、で、是非また日記にUPしようと思います。
その時までQちゃんの話題は、お預けです。
こう御期待〜〜(≧∇≦)

そうそう、日記だけを御覧の皆様。
先日本館(HP)チョコリと更新しました。
トップを変更。今までQuickTimeでしか見られなかったムービーを他のソフトでも見られるように。今までどこにもUPしてなかったムービーも2点追加してます。
徒然漫画の新作も久々に。リンクにも新しい顔が増えました。
どうぞおヒマな時に御覧くださいね。

b0057675_11465894.jpg


写真上/10月末のQちゃん
中央上/5月末のQちゃん
中央/10月末のQちゃん
中央下/7月のQちゃん
その下/6月末のQちゃん
もっとその下/10月末の、だっこされてム〜としているQちゃん
by koryu_misumi | 2006-01-26 11:52 | Comments(26)

ケーキを前に、、。

b0057675_18202922.jpg

先日の伊佐蔵の誕生日には、皆様のお祝いの言葉ありがとうございます。
とても沢山の書き込みを頂いたので、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

ホントに皆様、ありがとうございます!

な、、なんかちょっと普通の1歳の若犬に対するお祝いの言葉とは、、違うのが多かったような気がしますが、、(-∇-;)
いえ、決してありがた迷惑とか、余計なお世話、、とかそんな事思ってませんので(≧∇≦)!!わははは!!!
伊佐蔵がオッサン臭い外見のデッカいミョ〜な1歳の犬って事はまぎれもない事実、、。
、、、、。
自分で言ってしまいました。

b0057675_1821430.jpg実は当日、いつも我が家のチビズがお世話になっている、なりさんとごまちゃんちから、素敵なケーキを送って頂きました。
なりさん、ごまちゃん!ありがとうございます〜〜!!
これがまた、人間と同じ食材で作ってある(つまり人間が食べても良い)ケーキ。
真っ白なチーズでデコレートしてある、なんとも美味しそうなケーキなんですよ、ふはははは。
勿論、チーズに目の無いチビズ、、。
夕飯の時にいつものご飯の量を減らして、デザートにこのケーキをあげようともくろんでいた香龍でございますが、、。
解凍が済んで封をあけた途端に、それまでケーキの存在に気づかなかかったチビズの真っ黒い鼻がピョコピョコと!
「なんか美味しそうな臭いがする!」とばかりにワラワラとよって来るではアリマセンか。
「ちょ、ちょっとこれ夕ご飯の時だってば」と言っても分かる訳もなく(-∇-;)
グイグイと攻めよられるワタクシは、とうとう根負けしてチビズの鼻面にチーズを塗り付けてやりましたよ。わははは。
神妙な顔をして自分の鼻先をペロペロするチビズでございました。

勿論その後、執着心丸出しのストーカーズに付け回されたのは言うまでもアリマセン、、。

b0057675_18235710.jpgんで!
お楽しみの夕飯の前に記念撮影〜。
伊佐蔵の前に置いて撮影したんですが、、もお、待っている間伊佐蔵の喉が「ごくり、ごくり」と(≧∇≦)!!
そんでもって、じっと座っている事すら我慢できずに、後ろ足がモジモジ、モジモジするんですね〜。
写真をご覧頂くと分かると思いますが、ミョ〜な内股になってるでしょ、わははは。
こんな時も平蔵と珊瑚とは違いますね。平蔵はピースカピースカ訴えますし、珊瑚は真顔になって微動だにしません。

それがこのケーキ、人間が食べても美味しいんだナ。
チーズは濃厚だし、カボチャの自然な甘さもグ〜。人間用のケーキのように味付けしてはありませんが、素材の味がそのまんま!
甘くなくても美味しいもんなんですね。

チビズはお皿が洗い立てのようにピッカピカになるほど、美味しそうに食べてました。
あ、勿論主役は伊佐蔵です。平蔵と珊瑚はお裾分けですがな(≧∇≦)。
で、普段なら食後は勝手勝手にハウスから出てきてくつろぐのですが、、。
この日ばかりはハウスから出てきませんチビズ。
”もっとちょ〜だい”と言っているらしい。
普段イモとか麩とか地味〜なオヤツばっかり食べてるから、そりゃ〜もう凄いゴチソウだったに違いない、、。
珊瑚なんてかんしゃく回して「もっともっともっと〜〜!!」と叫んでました。
、、、でしばらく隔離されてました、、、あははは、、。

皆様のお家のワンコにも是非味わって欲しいものです。
是非、という方はコチラ!Kitchen Dog!

なりさん、ごまちゃん、ありがとうございました〜。
皆様も、これからの伊佐蔵の成長を見守ってあげてくださいね(^∇^)/

b0057675_18254315.jpg
写真上/集合写真
中央上/ケーキ(^∇^)
中央下/ケーキを前にしたモジモジ伊佐蔵
下/出番のなかった両親
by koryu_misumi | 2006-01-24 18:27 | Comments(16)

伊佐蔵の誕生日

b0057675_11412912.jpgおかげさまで、今日伊佐蔵は1歳になりました。
まだ生まれて1年しか経ってないのが不思議なような、、、。
1年前の今日は、手のひらの上にチョコリンと乗る程の小さなイキモノだったのに、今では昼寝するワタクシを圧死させようかと言う程の重さになりました。
ワタクシの手の上にウンチ落としてくれたのも懐かしいオモヒデ(≧∇≦)。
赤ちゃん犬の頃から臆する事なく探検魂丸出しで、徘徊してました。Qちゃんは珊瑚にべったりだったのに、対照的な兄弟でした。
生まれて2ヶ月で大地震を経験。あの時はキョトンとしていてちっとも怖がる風もないニブい子犬だった。

イタズラも沢山しています(現在進行形)。
彼に昇天させられたスリッパは数知れず、、。
見つかった時の「シマッタ」という表情が可愛くて、全然心底叱る気になりません。
一番のイタズラはホットカーペットのコードをぶっちぎった事かな。今ではちぎれた所に新しいコンセントをはめて、短いコードで活躍中です。
その他には父のハンテンのヒモをぶっちぎったり、、とか、母の割烹着のヒモをぶっちぎったりとか。ヒモ系は要注意です(≧∇≦)

b0057675_11443549.jpg平蔵と珊瑚から良い所を沢山もらったブチャイクちゃん。
パパママより大きな図体して、そのくせ小さな子犬のようなしぐさを見せる、不思議な生物。
パパ平蔵にはどんなに迷惑がられても、甘えてプリプリして、ほっぺたや耳を甘噛みして、くっついて寝て、、。
ママ珊瑚とは毎日毎日過激なプロレスをして、それでも体力余って、遊びに誘って終いには怒られて、、。
人間家族は完全に信頼してくれているのか、どんな事をしても安心して身をまかせてくれます。重いけど。
電話をしていると、何故か大喜びして駆け回り、、、夜中に爪切りを初めて見て、番犬吠えして家族を起こし。
やっと外でウンチするようになってきましたが、やはり家の中では忍者ウンチです。
ウンチの後に褒めるの忘れていると、拗ねてあっち向いてツチノコふて寝。

平蔵と珊瑚とは違った魅力満載の我が家のデカチビちゃん。
これからもどうぞヨロシクお願いしますね(≧∇≦)


b0057675_11431244.jpgb0057675_11434089.jpgb0057675_11435235.jpg
by koryu_misumi | 2006-01-22 11:46 | Comments(42)

ボギー

b0057675_221182.jpg先日の夕方の散歩、、例によって父とチビズと一緒に川沿いの道を歩いておりました。
この川、反対側にも同じように道があり、そちらには桜がず〜っと並んで植えられてます。
たいした川幅でもないので、あちらとこちらで散歩している者同士挨拶することも。

そんないつもの散歩風景に異変が。
「まて〜!」
「止まれって!ボギー!!」
なにやら子供達の悲鳴にも近い叫び声が微かに、、いやだんだん近づいて来るゾ。
思わず立ち止まり声のする方を凝視するチビズと父、そしてワタクシ。

それは、川の反対側の道を向こうから走って来る子供達、そしてニューファンドランドとおぼしき黒い大きな犬。なんとノーリードじゃアリマセンか。
子供達は小学生らしく、自転車に乗っている子が3〜4人、走っている子が6〜7人、、総勢10人程の大所帯。
そのボギーと呼ばれている犬は、叫ぶ子供達を周りに何とも嬉しそうな顔をしてタッタカランニング。まさに自由を満喫。
唖然とする我々を尻目に、みるみるウチに(川向こうを)通り過ぎて行ってしまいました、、、。
ところが。
「ボギー、ここで曲がれ!曲がれ!」
男の子が自転車でボギーの進路を塞ぐようにして、途中の橋を渡らせ方向転換させております。
ほ〜、器用なモンやな、、、とか感心してる場合じゃない!ちゅ〜ことはこっちに向かって来るって事やんけ〜!

b0057675_2215842.jpgとうとうメロスのように走り続けていたボギーの足が止まりました。ボギーと対峙するチビズ。
「ボギー、ダメ!ダメ!!」一斉にボギーに叫ぶ子供達。
平蔵は黙って背中の毛を逆立てていますが、伊佐蔵は思わず何度かワンワンワン。珊瑚は小ダヌキ状態で平蔵の陰に隠れておりました。
あたりは騒然(主に子供達の大声で、、、)。
「ヒモでつないどかな、イカンやろが」ノーリードで散歩させていると思った父が子供達に注意しています。
どう見たって様子がおかしいのが一目瞭然だろ〜〜。
「スイマセン。脱走したんです」可哀想に子供達はゼ〜ハ〜言ってます。
子供達はなんとかボギーを通り過ぎさせようと努力しているのですが、、どうにも言う事を聞かない。おまけに子供達自身がボギーをちょっと怖がっているのが見え見え。
「予備のリードがあるけど、要る?」とワタクシ。
チビズのリードが切れてしまった時や、迷子を保護した時の為に、臨時のリードをいつもウンチ袋に忍ばせてあったのです。ケンネルなどのショウで使われるような、細くてヒモだけのヤツです。途中に金具が付いていて絞める事が出来るようになっている代物。
子供達はお礼を言うと、ボギーの首にリードを取り付けようと一生懸命。見てるだけでもおっかなビックリという感じ(-∇-;)、、。
、、、だったので、平蔵と珊瑚のリードを父に預け、ワタクシがオヤツを手にボギーに寄ってはめてあげました。

で、また我が家は散歩を始める事に、、、。
ビビってしまった珊瑚はワタクシや父、平蔵にくっつきながら歩いてます。垂れてしまったタヌキシッポが可愛い(≧∇≦)。伊佐蔵はまだ全身の毛が逆立ったまま何度も振り返っていますが、平蔵は既にいつもの彼に。
が!!!!
「ダメだってば!ボギー!!」
またしても背後で子供達の騒ぐ声。
振り返ると、リードを引く子に反抗して首を抜こうとしているボギーの姿が、、。
あ〜〜そうやってむちゃくちゃすると、かえって良く無いが〜、と思っていたら目の前でスッポン!!
「ああ〜!」
こちらへ向かってやってくるボギー。
”それ以上近づくな!”と平蔵が警告の吠え声。
どうやらボギーは珊瑚の事が気になっているらしい、、、。止めた方がいいのにねえ。
でも、あ〜ヒート中でなくて良かった。もしそうなら凄いイベント見る事になったかも。
伊佐蔵は闇雲に怒ってますが、平蔵は意外と落ち着いた風情。警告を発した後は黙ってボギーを睨みつけております、、。勿論珊瑚は限りなく背後に(≧∇≦;;)。
その間もリードをボギーの首にはめようと一生懸命の子供達。喧嘩せずに済むように止めようとする子供達。周りで大声出すだけの子供達、、、。
田舎の注目浴びまくってましたよ我々は。
で、、再度ワタクシが出陣しました。

b0057675_2224431.jpg「よしよし」と言いながら頭を撫でると、嬉しそうにデッカい頭をゴンと寄せて来るボギー。
平蔵とは歯を向き合ってましたが、お利口さんです。
子供達には、今度は無理に引っ張らずにゆっくりつきあってやるように言うと、数人でリードをつかんで一緒に帰って行ってました、、ボギーに引っ張られながら、、。
子供一人で引くなんて、とても無理なデカイ犬でしたワ。
リードを持つ2〜3人を好き勝手引っ張りながら歩いて行く様子を見るとちょっと不安でしたが、根が優しい犬種だし、ワタクシが相手した時には従順でしたので、まあ大丈夫でしょう。
子供なのでちょっと舐められてるんだろうなあ。

父に預けていた平蔵と珊瑚のリードを受け取りに戻ると、珊瑚がシッポをクリクリ耳をペコペコにし、ピョンコピョンコと嬉しそうにワタクシに抱きついてきました。
、、、ワタクシがあの”怖い大きな黒い犬"を撃退したと思ったんでしょうか?
見るとさっきまでの様子はどこへやら。意気揚々とシッポを持ち上げ、先頭切って歩き出しました、、もう怖いものアリマセンて感じです。
「よかったね〜、大きな犬あっちへ行ったよ〜」と父と声をかけてやると、更に嬉しそうに歩き出す始末。
きっと撃退したと思ってるな、、。
平蔵はあっという間に普段通り。元々平蔵もボギーも喧嘩する気はなかったようですし、睨み合ってる間も落ち着いたもんでした。警告さえ破らなければノープロブレムです。ただ周りが勝手に大騒ぎしてただけで、、、(-∇-;)。
伊佐蔵はまだ全然経験値が足らん(≧∇≦)。姿が見えなくなってもグイグイ引っ張って後を追おうとしてました。背中の毛も逆立ちっぱなし、、、まだまだ青いな。

「あげな大きな犬やとい、オトナがおらんげな、、(あんな大きな犬なのに、オトナが居ないとは)」と父が憮然として言い放ちます。相変わらず人の言う事を聞いてない。
「”脱走した”って、子供達が言いよったやん!」とワタクシ。
おそらく子供達だけで居る時にボギーの脱走に気づき、それで皆で追いかけてきたのでしょう。時間はちょうど帰省ラッシュの頃、、ボギーの家のオトナはまだ仕事場から帰ってきてなかったのかも。
それにしても大きな犬がノーリードで走ってる姿は壮観でしたよ。周りに大勢引き連れてね、、わははは。
攻撃的な犬でなかったので無事に収拾できましたが、、今考えても子供達だけでは、、きっとどうしようもなかったでしょう。
たまにはワタクシも役に立つワケなんだな〜ウヘヘ(≧∇≦)
by koryu_misumi | 2006-01-21 22:08 | Comments(4)

巨大湖出現

b0057675_15194799.jpg

数日前から風邪引いてます、、。
ごぶさたしてたのは、そのせいでして。咳に始まって、涙と鼻水地獄の日々、、熱は時々ちょっと出るくらいなので、ただの風邪でしょうが、、なかなかキツくてヘバっておりました。
おかげさまで、ちょっと復活です(-∇-;)

b0057675_15204227.jpgこの間、我が家ではどんなイベントが行われていたかと言うとですね。
、、またしても伊佐蔵ネタなんですが。
それもいつものヨゴレネタ、、、わははは。

ある朝、チビズにご飯をあげようと居間に入ったんですが。
目の前のホットカーペット(表面樹脂コーティング)の真ん中に巨大な湖が出現しているのを目の当たりにしました。
まるで砂漠の湖のようにこつ然と。
息を飲み込むワタクシ。
その湖畔にたたずみ、緊張した面持ちでワタクシを見つめる珊瑚。
窓辺で番犬スタイルのまま、こわばった顔をこちらに向けワタクシを凝視する平蔵。
勿論犯人は分かっているのですが、一応現場を見た訳ではないので「誰!こんな所にオシッコしたのは!!」と犯人追及の目的もあって、厳しい声を荒げました。

b0057675_1527915.jpgいや〜、ついさっきまで珊瑚と伊佐蔵は大暴れしていたんですワ。
で、興奮した彼らが水をカブ飲みしてたのは知ってたんです。
、、、子犬が大暴れした直後によくお漏らしするって事は百も承知だったのに、、。
あの、あまりにも子犬離れした風貌のせいで、ついついそんな事忘れてしまうワケなんだな。

で、限りなくクロに近い犯人犯犬を、ちらりと居間を一瞥して探しましたが見当たりません。
あれ?
居間の扉は閉まってる。
目の前に居るのは平蔵と珊瑚だし。
ま、まさか珊瑚が久々にお漏らし!?
、、、それにしては、この大容量の湖は、、。
あたりはピリピリした空気に包まれ(勿論演技ですよ、演技)、平蔵も珊瑚もただ沈黙を守るのみ。

b0057675_15214132.jpg、、、と。
キュ〜〜〜ウ〜〜〜、、、、
何とも消え入りそうな悲しげな声がテーブルの陰の方から聞こえるではアリマセンか。
んが!?と思ってそちらを見ると、今の今まで隠れていたらしい伊佐蔵が、頭を下げてそうっと出て来ました。
視線は床を這いつつも、、時々上目遣いにワタクシを見るその顔!

どうやら、お漏らしした事を気にして隠れていたらしい。
でも、ワタクシが怒っているのを知って自首してきたのです。
足取りも重くトボトボとワタクシの前にやってきて、うなだれるその姿を見ると、、もお演技ですら怒る気になれませんがな〜〜。
まさに「ごめんなちゃい、、、ボクですう、、、」と言っているかのようです。
うにゃ〜〜、なんて可愛いんだ伊佐蔵!!

でも必死で怖い表情を取り繕いましたよ、、わははは。
「これ、したのいっちゃん!?」とコワい顔して、静かに聞きます。
目だけでチロリと見上げ、スンスンと鼻をならす伊佐蔵。
「ここで、オシッコしたらイカンの知っとるやろ?」と睨みつけます。
黙ってじ〜〜っと悲しげな目で、ワタクシを見つめる伊佐蔵。
「、、、、、、、、もう、こんなことしたらイカンよ」というと、シッポをフリフリし、、全体重をかけてワタクシのお腹に頭を押し付けてきました。
そして、そのまましばらく動きませんでしたよ、、。
大きな甘えん坊です、ホントに。

b0057675_15221768.jpg怖いけれど、ちゃんと自主的に出て来るとは、、ホントに素直な子です。
前にも似たような話書きましたっけね。
そのあと、「いっちゃんお利口やけん、こんな事もうせんね」と念を押し、「もう怒ってないよ」と許してやると巨体にもの言わせて抱きついてきました。
でっかい耳をペコペコさせて、大きなベロで顔中ベショベショにしてくれましたよ。
粗相の始末をしている間中、ワタクシの服を嬉しそうに甘噛みして引っ張ったり、、もお邪魔邪魔!
そうなると、平蔵と珊瑚もホッとしたのか一緒になって嬉しそうにまとわりついてきました。
きっと平蔵と珊瑚も心配していたんでしょうね〜。

改めて、伊佐蔵がまだオトナでないって事を思い出しましたよ、、わはははは。
子供の頃の大暴れ後のお漏らしは、故意ではないのでそんなに叱りません。
寝とぼけてお漏らしする事もありますよね、犬って。
それにしても、久々のお漏らしでした(-∇-;)。
by koryu_misumi | 2006-01-18 15:32 | Comments(18)

わんムービー/2005.01.14

b0057675_11503728.jpg珊瑚と伊佐蔵の日常

これが毎日、、我が家の屋上で繰り広げられる風景。
喧嘩してるんじゃありませんヨ。遊んでるんです、、恐ろしい事に。
見慣れると可愛いモンですナ。
出来れば音量をUPして、珊瑚の声を聞いて欲しいです。
ちょっと画質が荒いのは許しておくんなまし。
by koryu_misumi | 2006-01-14 11:52 | わんムービー | Comments(24)

幻の犬

b0057675_10573029.jpg

b0057675_1058038.jpg近所の家に、新しい子犬が来ているらしい。
という事を数ヶ月前から知っている。

らしいというのは、まだ姿も見た事が無いし、鳴き声すら聞いた事がないから。
人づてに聞いた所によると、その子は6ヶ月を過ぎて買われてきたそうで、シェルティらしい。
、、、「らしい」ばっかりですが、しょ〜がないですな。

で、もう9ヶ月にもなるというのに、まだ外で散歩をした事がないそうな。
家の中でトイレが出来るようにしつけをしている、、という話は、これまた人づてに聞いていた。
でも、散歩もしてないのは何故?

b0057675_10591295.jpgそれが、もうどうしようもない程、ビビリンらしいのです。
家の中ですら、まだ完全に安心出来てないようで、何か物音が聞こえるだけでビクビク。
ヤクルトお姉さんがやって来ようものなら、その間中、ずっと全身ブルブル震えているんだそうな。
、、何もかもが怖くてしようがないらしい。
なんとか短い間なら庭に出る程には、、、なっているらしいんですが。

そのコの話を聞く度に、ちょっと不憫に感じます。
今頃は、家でも外でもはしゃいで、子犬らしさを世界中に振りまいていい年頃なのに。
そりゃあ、臆病なコというのも居るものですが、、それだって数ヶ月も家族と暮らせば、家の中くらいは安心できる場所になっているはず。
この噂のコは、ちょっと度が過ぎているような気がするんですよ。

b0057675_10595393.jpgその家の人達が、勿論とてもその子を愛してるし、可愛がってるのは知ってます。
、、、問題は。
その家に迎えられるまで、そのコは一体どんな半年を過ごして来たのだろう?と言う事です。
なんだか、、ろくな目にあってきてないのが、想像がつくというか、、アリアリというか。

それとも、と別な意味で勘ぐってしまうワタクシ。
犬は、、こういった性格が遺伝的に子孫に伝わるという事は既に確認されてます。
ですので、良心的なブリーダーはこういった性格の強い犬による繁殖はしない。

でも救いは、今、その子が可愛がられているらしいという事ですワ。
その家にやってくるまでの短い期間より、これから新しい家族と一緒に、素晴らしい時間を過ごす方が長いんですよね。
きっといつか、楽しそうに散歩している姿を見られるようになる、、と思っています。
ま、まあ、、我が家のケダモノ達との接触は、きっと地獄の番犬ケルベロスの群れに見えたりして、、、当分無理でしょうけどね。
by koryu_misumi | 2006-01-11 11:02 | Comments(18)

昨年、最後の伊佐蔵ネタ

b0057675_11405654.jpgあっという間に戌年も1週間過ぎてしまいました。
今年の寒波は凄いようですね。これ以上被害が大きくならないと良いのですが、、自然の凄さを改めて実感せざるを得ません。
本当ならそろそろ平蔵と珊瑚をお風呂してやろううかと計画してるんですけども。
あまりの寒さにワタクシが躊躇するというか、、、。

え?、、伊佐蔵?
、、、伊佐蔵は、実は忙しい年末に風呂済みだったんすよ。

今明かされる事実。
それは、昨年末の某寒い日。
例によって屋上から響く、伊佐蔵の悲鳴のような変な鳴き声を聞きつけたワタクシ。
柵かなにかに脚でも挟んだのかと、階段を1段飛びして駆け上がりまして、、。
ある衝撃的な光景を目に。

それは、屋上中にコロコロと転がるウンチ様のカケラ。
ビビってクルクル回る伊佐蔵と一緒に、彼のオシリにくっついて高速回転するウンチ様。まるで某遊園地の人気絶叫マシーンのようです。
そして、何度もへたり込んだ跡がアリアリの、ウンチまみれのいっちゃんのオシリ。

b0057675_11413152.jpg「いっちゃん(-▽-;)!!」
爆笑と驚きの入り交じったワタクシの声に、一瞬救いの目を向けた伊佐蔵ボッちゃま。
その目は恐怖に染まっておりました。
そう、、、、、彼は初めての体験だったんです。

「ウン釣り」

何か目に見えないモノが自分のオシリに取り憑いている!
そんな感じなんでしょうかねえ〜。
まだ回転しようとする彼のシッポを捕まえ、ティッシュで取り憑いてるブツを取ってあげました。

まあ、伊佐蔵が風呂に入ったのは、、そういう訳でして(-∇-;)
勿論屋上も綺麗にしましたよ、、。

ちなみにお風呂はけっこうお利口に入っておりました。
家族も「え?お風呂入ったと?」という位(≧∇≦)
おかげで今、いっちゃんはフカフカですワ。

、、でもいまだに子犬の臭いがするのは、、、、何故。

b0057675_11415839.jpgb0057675_11421427.jpg


写真上/屋上でまぶしい伊佐蔵
写真中央/散歩中の伊佐蔵
写真下/テーブルに鼻を押し付けブタ鼻平蔵、プロレス中母子
by koryu_misumi | 2006-01-08 11:48 | Comments(12)