柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(634)
(162)
(117)
(107)
(22)

ブログジャンル

犬
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:わんレシピ( 6 )

フリーズプチトマト

b0057675_11392574.jpg
今日はレシピ、、というにはおこがましいのですが(≧▽≦)/
久々にカテゴリ「わんレシピ」記事です、ハハハ。

ワンコ暮らしの皆様、、。
暑い夏ともなれば、ワンコのオヤツも夏仕様になるかと思います。

随分前に載せた、寒天のオヤツはイマイチ人気にピンキリがあったようで、、ん〜ワンコの好みも色々あるんだなあと痛感しましたよ。
、、というか、舌が越えたワンコにはちょっと粗品過ぎたかもしらんな、、と反省。
う、ウチのチビズは普段粗食ばっか食べてるからなあ〜ハハハ、、。

今日は、アチアチワンコ達へのチョ〜簡単なヒンヤリオヤツ。

その名も「フリーズプチトマト」
、、そのままなんですが、、。

ええ、調理(!?)と言えば、凍らせて皮を剥くだけ。ヒャヒャヒャ。

b0057675_11431199.jpgまずはこの不況に備えて、ママン様が始めた、屋上の家庭菜園から熟れ熟れのプチトマトをゲット。
、、、リッチな家庭は店頭でお求めくださいませ。

プチトマトでも大き目のより小さいサイズの方がオススメです。


b0057675_11444744.jpg家庭菜園の良い所は、流通を考えなくて良いトコロ。
極限まで完熟状態のヤツをゲットできる事でしょうかねえ。

ヘタを取って、洗います。


b0057675_11453455.jpg洗ったらテキトーに水気を切って、ラップで包みます。
個別包装の必要はありませんよ。
まとめて包んでOKです。


そのまま冷凍庫へ、、数時間、、、。




b0057675_11463722.jpg凍ったプチトマト。
カチンコチンですよ〜ハハハ。


b0057675_1147580.jpgこれを水でジャブジャブ洗います。

すると、、、!?


b0057675_11473332.jpgあら不思議。
皮がツルリンと湯剥きをしたように綺麗に取れるようになります。

水洗いしたおかげで、表面がある程度解凍しています。
氷で歯を痛めてしまうワンコも居ますが、これならワンコの歯にも優しい堅さですよ〜。




散歩から帰って来て、ハアハア状態のチビズにこのフリーズプチトマトをあげていますよ。
以前は氷を与えていたのですが、歯の事を考えるともうすこしや〜らかいのをあげたかったんですよね。

これなら簡単ですし、トマトは身体を冷やす作用もありますので、一石二鳥!
チビズ全員、大好きです。

ただし、野菜類のほとんどはアルカリ性食材ですが、トマトは何故か強い酸性食材です。
特にペーハーバランスに要注意のワンコは、一日の摂取量のバランスを考えて与えて下さいませね。

また、若干利尿作用があるようです。
就寝前などは避けた方が良いと思います。
我が家では朝の散歩の後、夕方の散歩の後にそれぞれ1個ずつ、一日2個を基本に、、たま〜にあまりにも暑い昼間にあげていますよ〜。

たった一個ですけど、あげない時より散歩の後の熱が早く引くようです(≧▽≦)/

b0057675_1203937.jpg

by koryu_misumi | 2009-07-09 12:00 | わんレシピ | Comments(16)

ポリポリクッキー

b0057675_1026258.jpg

チョ〜簡単に出来るクッキーの紹介。料理した事が無い!という人でもラ〜クラク(≧∇≦)

、、以前紹介したオカラクッキーは、水分調節がち〜と難しかったようで(-∇-;)
お店で売っているオカラの水分含有量は色々ありますのでねえ、、。
人によってはサクサクに仕上がらない場合もあったようで、申し訳ナッシング。←オヤジギャ、、、

しか〜〜し!
今回のレシピは、きっと!!というか、高い確率で
バッチリポリポリクッキーに出来上がる事でしょう。材料も作り方も簡単ですよ〜。


材料
●小麦粉1.5カップ
●一緒に入れたい具材/カボチャ、人参、バナナ、ブロッコリー、肉ミンチ、魚ミンチ、、、等どれでも、カップ1杯分程度
人参やバナナなら1本程度で充分です。
●オリーブオイル小さじ1杯
、、、、だけ!!

小麦粉は太りやすいので、おデブが気になる方は上記プラス
●オカラ1カップ(水分ができるだけ少ないもの)

更に健康を考慮するならば、遺伝子組み換えでない国産もので有機栽培無農薬や減農薬がベスト、、、(-∇-;)


b0057675_10334541.jpg今回は人参クッキー&カボチャクッキーです。プラスオカラで行きましょう。

b0057675_10344056.jpg人参やカボチャはラップでくるんでレンジで3〜4分、チンとします。
指で押してグズグズと煮くずれる程度に。後で粉と混ぜ合わせやすいように簡単に微塵切りしておきます。
ミンチ類はそのまま使えます。バナナはレンジにかけずにみじん切りにするだけでOK。

b0057675_10371033.jpg打ち粉用に少し小麦粉をとっておき、後は全部一緒に入れてひたすらこねる!
材料の水分量だけでこね上げます。

b0057675_10374733.jpgひたすらこねて、、水分が多いようなら小麦粉を足してください。
小さく丸めようとしたら、ちょっと割れてしまうくらいの水分量に練れ上がればOK。
指で押しても写真のように押した所がボソっとなってますね。
水分量が多いと、綺麗に焼き上がりません。

b0057675_10401545.jpg打ち粉を振って、麺棒で広げて行きます。
厚さは3〜4ミリ。

b0057675_10411774.jpg広がったら、良く切れるナイフでカットしましょう。

b0057675_1041512.jpgクッキングシートを広げた鉄板に並べて、オーブンで焼きます。
温度150度にて、35分。
焼き上がったらオーブンがある程度冷めるまで放置。

b0057675_10425393.jpg出来上がりです〜。トップの写真は人参とカボチャのポリポリクッキー。
左の写真はどこかで見た事あるようなお菓子の空きケースを利用して収納でございます(^∇^)
勿論、ニンゲンが食べても美味しいザマスよ〜。
カボチャなんてほんのり甘いですしね(≧∇≦)
皆様、是非作ってみてはいかがでしょう!?



生地をしばらく寝かしてから焼くと、よりカリッとなるようですが、バナナは変色しやすいですし、お肉類は衛生面を考えると早めに焼いた方がいいでしょう。
サツマイモはレンジでチンとするとホクホクになってしまい水分が足りない事がありますので、湯であげたものを使うとベストです。

ほかにもアレンジで、芥子を散らしたり、ごまを散らしたり。
全粒粉なんてつかっても味わいが違いますよ〜。
by koryu_misumi | 2006-10-17 10:51 | わんレシピ | Comments(20)

ひんやり寒天オヤツ

b0057675_9401088.jpg

久々チョ〜簡単ワンコ用オヤツのご紹介〜。

夏、、気温が高くなり過ぎると、さすがの食いしん坊ワンコも食欲がなくなる事がありますね。
ちなみに我が家のワンコは気温35度以上になると、ご飯も気が進まない様子になります。
ご褒美オヤツにいたっては、ぱさぱさした食感のものや、クッキーのようなものは特に、、気温が30度以上になると「いらん」と振り向きもしない事もしばしば。
ご飯を冷たくするワケにもいかないので、せめてオヤツだけでも、、というのがコレ。

散歩から帰ると氷を上げる事もあるのですが、キンキンに冷たいものをしょっちゅうあげていたのでは、ニンゲンと同じで胃腸を弱くしてしまいます。
、、、でこのオヤツの登場〜。
作り方は簡単。

水/500cc
寒天/水の容量に適した分量
天然ダシ粉末/適量、イリコとか煮干し粉末以外のものなら、カツオでもサバでも、昆布入ってても何でも
オカラ/カップ半分〜2/3程度

だけ(≧∇≦)!!これまた低下カロリ〜です。

b0057675_9404530.jpg水と寒天を鍋にいれ、熱します。
寒天が溶けたら粉末ダシとオカラを入れ、全体に熱が通ったら火を止めます。
トレイ等に広げて、冷まし、ある程度冷ましたら更に冷蔵庫へ。
綺麗に固まったら、2センチ角にカット。

b0057675_9411623.jpgあとは乾燥しないように容器に入れて冷蔵庫で保存です。

b0057675_941534.jpgど〜〜です。コレマタちょ〜簡単でしょ(≧∇≦)
あげる時は、食べさせる分だけちょっと早めに冷蔵庫から出しておいて若干冷たさを除去しておいてもいいですね。
そのままあげても氷程冷たくアリマセン。
自分ちのワンコにちょうど良いだけ適量を与えてくださいませ。

ちなみに、ダシだけを寒天で固めても美味しく食べてくれますが一個あたりの水分量が多いので、、トイレが近くなる場合もあります。
オカラを入れたのは、一個あたりの水分量を減らすため(^∇^)
アレルギーの心配等が無い子には、寒天のかわりにゼリーでもいいですが、こちらは溶け易いかもしれませんね〜。

ちなみにトコロテンやゼリーが苦手な珊瑚も、オカラのおかげでちょっとモサモサした食感になったせいか、美味しそうに食べてくれましたよ〜、アハハハ。

b0057675_9422314.jpgb0057675_943089.jpgb0057675_9431240.jpg

写真1/父の晩酌のおこぼれを狙う珊瑚、、でももらえずに、ふてくされてます。
写真2/散歩中の平蔵の笑顔♥
写真3/同じ昼寝姿母子
写真4/散歩中の伊佐蔵の笑顔♡
写真5/母子の背中、、、同じ赤柴なのに、随分色が違いますね
by koryu_misumi | 2006-06-28 09:50 | わんレシピ | Comments(24)

シシシチュ〜

先月の日記「伊佐蔵、初めての経験」で紹介した美味しそうなイノピピ肉、、。
つい先日、三角家一同の腹に収まりました。

、、、旨かったっす。。

たまにはこんなネタもヨロシイですかな(≧∇≦)。

さて、巨大イノピピ肉のカタマリを「りきとさくらとぽんぽん(とさよ)の庭」のお家から頂いた我が家。
まずは、流水でじっくり解凍してから料理の準備です。
レンジの解凍機能や、冷凍庫から冷蔵庫へ移したりしても解凍は出来ますが、、なんといっても一番綺麗に解凍できるのは流水ではないかと思います。解凍時の汁(なんだったっけ、、ぺ、ペリット、、は鳥が吐き出すヤツだ、、え〜と?)も出ないしね、、(-∇-;)


b0057675_11254392.jpg野生のイキモノの肉な為、ガッチリ芯まで火を通さなくてはならない、、ので、チビズには火を通したジャーキーを。人間用には「ボタン鍋」もいいかなとも思っていたのですが、ちょっと考え直してシチュ〜にする事に。
イノピピ肉、包丁の刃を入れると見事な深紅と白い脂身が何とも言えず美味しそうです。
え?人間用のほうが量が多い、、?それは目の錯覚でしょう、アハハハ。


b0057675_11264552.jpgチビズ用のジャーキー、まずはじっくり芯まで火を通して余分な油脂分を落とすように茹でております。
ヒト用にはサイコロ状に切った肉の表面をまずは香ばしく炒めてうまみを中に閉じ込めます。、、途中でタマネギが褐変してうまみが増すまで一緒に炒めている所。


b0057675_11284748.jpgb0057675_1129094.jpgジャーキー用の肉に火が完全に通ったら、湯からあげて薄くスライスします。
後は低い温度で乾かすようにじっくりジャーキーにするだけ。
オーブンだと4〜50度でじっくり1時間程(スライスの薄さによって変えてくださいな)、、その後はオーブンが冷めるまで放置。
オーブンの設定温度が低く設定できない、、という所は食器乾燥機などでじっくり乾かすと良いでしょう〜。本格的なジャーキーの道具をお持ちの方はそれを使ってもいいですね。他には虫が付かないように網に入れて風通しの良い所に陰干しをしてもOK。
ハイ。イノピピ肉の完全無添加ジャーキーの完成〜。
その間人間用のは野菜類を加え、軽く炒めた後、スープを入れて煮込みへ。


散歩に行っている間、コトコト煮込んでヒト用のシチュ〜完成〜。
お箸でホロリと割れる程のイノピピ肉。美味しさもしっかり残っていて劇的に旨かったですよ。
イノピピ肉の匂いは甘い、、というか、、野生のケモノの匂い、、というか、イノピピが食べている野草の香りがしみているような、ハーブっぽい香りです。
市販の肉でもハーブだけを食べさせている豚等がありますが、それよりもっと染み込んでると思いましたね。
実は両親には黙って食べさせたのですが「こりゃ〜上等の肉ばい」「美味しい」とガンガン食べてました。
、、、、後でイノピピ肉と言うまで、自分たちがイノピピを食べたとは思いもよらない様子でしたよ、アハハハ。
そういえば「肉」という字は「シシ」と音読みするんでしたっけ、、イノシシから来てるのかな?

と、お気楽に思っていたら、たにゃさんが教えてくれましたよ〜。「肉」。漢字検定協会の参考書に、 「肉」の音読みは「ニク」、訓読みは"なし"、表外訓として「しし」が載っている。
それから、シシと読むのは猪だけじゃなくて、鹿も同じみたいですね、、、との事です。
これで一つ賢くなりましたね、皆様(≧∇≦)/ありがとうございます〜たにゃさん!


b0057675_11523784.jpgこの写真、完成ジャーキーにケダモノと化したチビズのマナザシです、、。

人間用のジャーキーも作りたかったなあ〜。でも野生のイキモノなので「火を通して食べてね」と言われたので断念。
何しろ本当のジャーキーは生肉をタレにつけて、それでスモークするんですもんね、、。
ワンコ用もタレ無しで生肉を乾燥させて作ってあげてもいいんですが。安全性という事で今回のようなジャーキーにしました。
本来、加熱肉より生肉の方が消化が上手だそうですね、ワンコは。
、、魚は逆だとか。生魚の消化は加熱魚より苦手らしい(-∇-;)
まあ、洋犬・日本犬では違いがありますが、、、。
勿論、牛でも豚でも鳥でも魚でも同じ感覚で作れますよ〜。あ、肉類は脂身が少ない赤身がヨロシイですよ。脂身は取っておいた方が日持ちもします。魚も同様で油脂分の少ない魚がいいですね〜。
自家製完全無添加ジャーキー、是非作ってあげてはどうでしょう?
これならガンガン与えてもジャーキー症候群の心配も無いですし、作るのも楽ですよね。



b0057675_12143651.jpg
ついでに、、昨日作ったチビズご飯の元(≧∇≦)
今回のご飯の元は、キビナゴ、小豆、芽ひじき、サツマイモ、大根、人参、おから、寒天、玄米粉で作りましたよ〜。普段は大豆も入れるのですが、今回はキビナゴたっぷりだったので、タンパク質も充分かな?という事で外して、、。
保温鍋でじっくり半日煮た物です。
小分けして冷凍しておけば、数日ラクチンです(≧∇≦)
与えるときは解凍&暖めます。やはり解凍しただけの冷たい物より暖かい方が美味しそうな匂いもしますしね。
て、ご飯と混ぜて、ワンコ飯にしてから与えてます。
by koryu_misumi | 2006-04-27 12:09 | わんレシピ | Comments(10)

チーズおからクッキー

たまにはこんなネタもいいですかね。
我が家のチョ〜簡単オヤツのご紹介〜。
チーズ風味のおからクッキー。ただ混ぜて低温のオーブンで焼くだけ(≧∇≦)

b0057675_1094268.jpg材料
チーズ=豆腐1/4丁分程度(塩分の少ないナチュラルチーズなど)
おから=1.5カップ〜2カップ程度(遺伝子組み換え大豆でないもの)
小麦粉=大さじ2〜3杯程度
水=カップ半杯〜2杯程度(おからの含む水分量によって加減)
チーズの他に、魚ミンチなどもイケますよ。
上記はオーブンの40センチ四方の鉄板2枚分くらい。


b0057675_10144694.jpg上記の材料をフードプロセッサーにかけてトロトロにします。
ナチュラルチーズはレンジで柔らかくしておきましょう〜。
ホットケーキのタネよりは水分少なめに。
購入したおからの水分量によって異なるので、加減を見ながら水を追加してくださいな。


b0057675_10155241.jpg鉄板にクッキングシートを敷き、材料を薄〜く均等に広げます。
厚さは3〜5ミリ程度ですかね。ちょっと触ると底が出てしまう位。
均等に広げておかないと焼きムラが(≧∇≦)
焼き上がった後で割りやすいように、筋を入れておくと便利ですよ〜。


b0057675_10172864.jpgオーブンにて180〜200度の低温で、のんびりゆっくり40分程焼きます。オーブンによっては時間に差があると思いますので、その辺の微調整はどぞヨロシク。
焼き上がり図。薄いきつね色赤柴犬色になって、カリカリになっていたら出来上がり。
均一に広げられなくて、薄い部分がすっかり焼き上がってるのに、厚い部分がまだちょっと柔らかめ、、という時は、そのままオーブン内で冷めるまで待つとけっこうカリカリになります。また、乾燥機などで乾かしてカリカリにした方がいいです。それから更に焼くと、薄い部分が焦げ付く事もあります。


b0057675_10231585.jpgすっかりカリカリになったら、後は適当なサイズに割るだけ。
ど〜です。
カ〜ンタンでしょう!
チーズの香りタップリ。でも実はほとんどがオカラで低カロリーなオヤツです。
我が家のチビズにはかなりの人気。
沢山あげても体重にほとんど影響ないようですナ(≧∇≦)
かなり油脂分を含まないので日持ちもしますよ。あとは密封用器に入れて湿気から守りましょう。
by koryu_misumi | 2006-02-24 10:40 | わんレシピ | Comments(18)

カリカリササミオヤツ

b0057675_18253550.jpg日記(というか、、)始めました。徒然に書きます。1月末の大雪の頃、熱だして1週間ゾンビ状態の時に唐突に思い付いたんです。いや〜あの頃は死にかけてました。年末年始の大忙しが祟ったんでしょう、、。
ところで唐突ですが、先日平蔵と珊瑚のおやつ作ったんです。皆さんも作ってみては?簡単だし。
平蔵と珊瑚の相手をしていて思うんですが、、オヤツとは「量」じゃなくて「回数」らしい。(ウチのワンコだけか?)とにかく小さくても何度かあげると満足する。で、このオヤツ。とことん、小さいです。
材料はササミ。
1.ササミは茹でると、細く裂けるようになりますね。それをお皿にならべる。ゆで汁は何かの料理に御利用下さい。
2.電子レンジでチン。我が家では600Wで4〜5分。「ぽん」とはじけたものをお皿に戻したりするために途中で様子を見る。
連続して何度もレンジをかけるとお皿が熱くなるので、その時は若干の時間調節。
3.あとは覚まして、密閉容器に。
とても簡単ですね〜。ササミは油分も少ないので酸化が遅く、小さい上に、高タンパク低カロリーなのでGood。乾燥剤も入れておけば日持ちしますし、人間が食べても何の問題もありません。これは日頃良く作るオヤツ。ポリポリという食感が我が家のワンコには受けてます。
b0057675_1545292.jpgb0057675_15451122.jpgb0057675_15451987.jpg
by koryu_misumi | 2004-02-01 00:00 | わんレシピ | Comments(0)