柴犬家族との徒然 Shiba-Inu


by 香龍

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

etc.

カテゴリ

柴と徒然漫画
柴と徒然フォトマンガ
わんショット
わんムービー
わんレシピ
わんグッズ
犬道!!シバツレ流
犬道!!番外編-長文
シバツレ屋

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2001年 11月
2001年 10月
2001年 09月
2001年 08月
2001年 07月

検索

タグ

(684)
(186)
(134)
(116)
(28)

ブログジャンル

犬
動物・ペット

画像一覧

伊佐蔵坊っちゃんはどうかと言うと。

b0057675_09420998.jpg

平蔵が逝った事に関して、伊佐蔵は珊瑚とはまた違う受け入れ方をしているようで。

食後、、。
普段から、歯磨きオヤツはサークルとは別の場所で与えております、伊佐蔵坊っちゃん。
彼がマッタリするにはサークルは狭いので(^^;)あははは。。

で。
平蔵が逝った日の夜は、、。
その移動の際に、横にされた平蔵の脇を普通にスタスタ通り…。
そして、平蔵が寝ているすぐ横で普段通りマッタリしておりました。

……。

…ん?
判っとんのか??

とは思いましたが、まあ、感じ方や理解の仕方はイヌそれぞれですので、放置(≧▽≦)

b0057675_09433671.jpg

ところが夜、寝る際になって…。



あ、その前にちょっと補足を。
ここ数年、いつでも対処出来るように、平蔵の寝る為のスペースはワタクシのベッド脇でした。

が、その日の夜は専用の冷房スペースを作って、その中に安置する事にしたんですよね。
冬だったらあまり気を使わなくて済んだのかもしれませんが、、やはり夏ですからね〜。
出来るだけ冷やしておかないと、彼の身体が悪くなっちゃいます。

老犬平蔵が苦手な夏を乗り切る為に。と購入した、小さなスペースの為の小さなクーラー。。
まさかこんな使い方をするようになるとは…。

と思いながら、最も効率的に冷えるよう、安置する場所を変えたんですよ。
「平ちゃん、冷えッ冷えで気持ちいいね~」と寝かせて、周りに大きめの保冷剤を沢山並べましてねえ。

b0057675_09454985.jpg

まあ、そういうワケで。
いつもなら階段を上がって、2階のワタクシの部屋に入って、すぐ目に入るのは平蔵のサークルとワタクシのベッド。。のはずだったのに。


テケテケとワタクシを追い越して部屋に飛び込んだ伊佐蔵坊っちゃん。
そこで一瞬、ハッとして、そして固まったんですわ〜。

だって、いつも目にするはずの平蔵の寝床が無くなってるんですもんね。
あるハズの場所をガン見したまま、数秒固まっておりました…。


…てか。

え?そこ?

って、思わず吹きそうになりましたよ(≧▽≦)ワハハハ!

b0057675_09465980.jpg

キャンタマをかぶれさせたのよ


それから、どうやら家の中に平蔵が居ない事を理解したようで…。
翌日から時々、急に「ピスピス」言っては、家の中を移動するワタクシに付いて回るようになりました。

一日中ではないのですよ。

時たま、、、何か急に不安になる事があるようで…。
付いてきてベタベタするワケでも無く、ワタクシの姿が見えるその辺で寝てたりするんですよね。


平蔵が居ない。

それだけで、こんな風に不安になる事があるんだなあ〜。。と改めて感心(?)ですワ。
あんなにヨボヨボだったのに、伊佐蔵にとってはその存在が、どれだけ彼に安心感を与えていたのかと。

改めて、平蔵の偉大さ((≧▽≦)!?)に納得のワタクシとママン様でございました。

まあ、どうやら珊瑚も同様のようです(^^;;;)
しばらくはちょっぴり甘えん坊の赤柴ズだろうな〜とママン様と話してます。
その内、自然と落ち着く事でしょう。

b0057675_09480809.jpg

しょぼん
鼻の頭の上に米粒


伊佐蔵の行動で他に面白いのが…。

平蔵がワタクシの横で寝ていた頃は、朝起きてもワタクシに何か言いに来る事は無かったんですよ。
平蔵に遠慮していたんでしょうかね。

それが、、平蔵が逝って3日後くらいでしたか、、。
朝、ベッドの脇にやってきて「おはよう」と言いに来たんですワ。

いつもは寝起きが悪いワタクシですが(≧▽≦)
思わず、へえと思いまして。
「アンタがおはよう言いに来るなんて、珍しいねえ〜」とナデクリしました(≧▽≦)

b0057675_09533939.jpg

もうひとつ、面白いのが…。

逝った翌朝だったか、平蔵の事をしんみり考えながら散歩していたら、、。
伊佐蔵のヤツめ〜グイグイ先頭を歩こうとするんですよ(≧▽≦)

あっ!!
いっちゃんてば、、ワタクシがしんみりしてるの感じてる!!

そうだったそうだった!
伊佐蔵は玉付きオトコ!

無言でお尻にポクッ!と見かけ倒しの蹴りを入れてやりましたよ〜ワハハハ!
そしたらハッと振り返って(≧▽≦)
その顔がまた可愛くてねえ〜。

平蔵が居なくなったからって、自分がエラくなったと思ったらツマランぞ!と目で語ってやると。
「は〜いい」って、それからいつものように歩いてくれましたわ〜。

それから、しんみりしたり、、思い出しては、グモモ!っとボス力を湧かせたり、、、。
心理的にちょっぴり忙しい、翌日でございました。。。わははは!!

あ、今はもうすっかり元通りですので〜(≧▽≦)

b0057675_09553055.jpg

珊瑚も伊佐蔵も、それなりに理解しているようです。
でも、想像よりも時間をかけて昇華してるみたいですよ。

あんなにヨボヨボだった平蔵でも…。
珊瑚と伊佐蔵にとって、その存在は心理的にとても重かったんだな〜と。


珊瑚は夜に玄関の網戸が開いたり閉じたりする音を聞くと、ウニャウニャ言いながらじ〜っと廊下の向こうを見つめるんですよ。
そんな声を出すのは、子犬育て中にしか聞いた事が無いんですが、、。

実は、それは、子犬の事が心配な時に出す声。
誰かを想って出す声、、なんですわ〜。

…平蔵が帰って来たのかと思ってんのかな?

b0057675_10104103.jpg

b0057675_10105268.jpg

b0057675_10105948.jpg

平蔵にお花を有り難うございます。

b0057675_10144007.jpg

いつも彼と一緒に居ます。

この曙も彼そのもの。
昨日の朝ですけどね(≧▽≦)

ああ、今朝は何か普段より清々しいなあと感じていたら…。

b0057675_10173394.jpg

それまで空に無かった彩雲が生まれる様子を見る事が出来ました。

不死鳥のよう、と言ってもらえましたよ〜。

b0057675_10174765.jpg

美しいのぅ。





チビズもモデル!
ワタクシ作のラインスタンプのご紹介(≧▽≦)

b0057675_10193874.jpg

「柴犬ざんまい2」
「柴犬ざんまい」
ヨロシクドウゾ!

もしくは、ラインストアのクリエイターズスタンプにて
「柴犬ざんまい」「柴犬ざんまい2」で検索ドウゾ!!

by koryu_misumi | 2016-09-12 10:20 | Comments(4)
Commented by つるこ at 2016-09-12 17:27 x
いっちゃん…☺️
きっと、寂しかったり、平蔵さんの穴を埋めなきゃ!って思ったり、同じ男だからこそ多くのものを感じているのかもしれませんね。

前回の日記も拝見したのですが、珊瑚ちゃんがシートの上で平蔵さんの存在を体で確認しているかのような様子に、思わず涙が溢れてコメントできませんでした。

今の私、きっと珊瑚ちゃんと話が合うと思うんですわ。
一緒に酒を酌み交わして、朝まで語らいたいですねぇ。

よぼよぼになっても、心の中の大きな部分を平蔵さんがしめていたんでしょう。
大きいというか、分銅程度のものでも、心のバランスを保つのに欠かせないというか。

うちの息子はですね、1ヶ月経とうとした頃にいきなり
『くくら(さくら)はー?くくらは、どこいったのー?』と聞いてきました(笑)。

彼の中では、さくらが死んだことは些細なことで、忘れかけてるんでしょうね。
それより、尻尾に捕まって歩いたり、ご飯あげたりしたことの方が大きいのでしょう。
何というか、それが本質ですよね。

もう会えないという意味で死は大きな出来事ですが、本当に大切で心に残ってるのは、一緒に暮らした記憶なんだと。
ふと、子供の方が大切なことを知ってる気がした出来事でした。
Commented by ころわん at 2016-09-13 16:13 x
平蔵くんの旅立ちはいっちゃんなりの受け止め方をしたんでしょうね。
で、いっちゃんは香龍さんの気持ちもちゃんとわかってて、
いっちゃんなりの励まし方をしているんだと思います。
でもいつも居る場所に平蔵くんが居ない事に、ふと寂しさを感じるんでしょうね。
いつも当たり前のように居た大切な家族が居なくなるのはそう言う気持ちになりますしね。
珊瑚ちゃんも気持ちは同じような感じでしょうね。ただ表現の仕方がそれぞれなんだと思います。
香龍さんもまだ色々疲れが取れてないかもしれないので身体に気をつけてくださいね。
Commented by koryu_misumi at 2016-09-14 09:27
> つるこさん
こんちは!

伊佐蔵はオトコならではの行動なのかな〜?と思いましたよ。
前々から油断したらす〜ぐ調子に乗るヤツですのでーわははは!

珊瑚でしょ〜、、あの日は本当にシートの上でしか過ごそうとしませんでしたよ。
いつもなら窓辺やソファやお気に入りのフカフカの場所に行くのに。
ニンゲンみたいに涙したりしないけど、犬的には泣いているのかもしれないと思ったんですワ。

珊瑚は〜〜案外酒乱のような気がします!わははは!
ぐでんぐでんになって、絡みまくり〜〜(≧▽≦)
でも珊瑚なら絡みも可愛くていいかもしれませんね。

おお、王子がそんな事を!!
つるこさん、思わず胸がツーンとしたんじゃないですか〜〜。

そうなんですよね、毎日当たり前だった光景は、すっかり脳裏に刻み込まれていて…。
逝ったのは判っていてもそれが蘇って来る、そんな感じだと思います。
今でもある意味、平蔵と一緒に歩いているような感覚があるし。。
もう細胞ひとつひとつに記憶として刻印されてるのかもしれんな〜、なんて思ったりして(^^)
そういう意味ではいつまでも生きてるんだと思います。
Commented by koryu_misumi at 2016-09-14 09:27
> ころわんさん
こんちは!

伊佐蔵は伊佐蔵らしい受け取り方だったのかな〜と思いましたよ(≧▽≦)
ぼっちゃん、ワタクシを元気づけてくれてるんですかね〜?
そ、そ、そんなに気の効くヤツだったか、、、。
、、、、、あっ!!
そうだった、ころわんさんは伊佐蔵ファン第一号だったんでした(≧▽≦)/))ワハハハ!

そうなんです。
こんな伊佐蔵や珊瑚のおかげで、いつもと同じように暮らせる…という部分があるんですよね。
平蔵が居た頃のように、朝と夕と散歩して、ご飯をあげて、ボール遊びして、、。
有り難い事です。
ワタクシの心配までしてくれて有り難うございます(≧▽≦)
ころわんさんも、涼しくなったら疲れが出やすいですので、気を付けてくださいませね〜!